太田房江 参議院議員
23期国会発言一覧

太田房江[参]在籍期 : |23期|-24期-25期
太田房江[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは太田房江参議院議員の23期(2013/07/21〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は23期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院23期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
太田房江[参]本会議発言(全期間)
|23期|-24期-25期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院23期)

太田房江[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|-24期-25期
第185回国会(2013/10/15〜2013/12/08)

第185回国会 国土交通委員会 第8号(2013/11/26、23期、自由民主党)

○太田房江君 自由民主党の太田房江でございます。  今日は当選後初めての質問の機会をいただきました。ありがとうございます。これまでは答弁側の経験しかございませんで、そういう意味でも本当の初質問でございますが、一応ぐるっと見回したところ紅一点でございますので、一応ですね、紅一点でございますので、どうぞよろしく、大臣を始めお願いを申し上げたいと存じます。  さて、今回の交通政策基本法案ですけれども、この法律案は我が国の総合交通体系を構築していく上でその基本的な視座となる諸点を与えるものでありまして、その意義は大変大きいと考えております。そしてまた、その基本理念として、豊かな国民生活や地域の活力の向……

第185回国会 消費者問題に関する特別委員会 第5号(2013/11/29、23期、自由民主党)

○太田房江君 ありがとうございます。  自由民主党の太田房江でございます。消費者特において初めての質問をさせていただきます。ありがとうございます。  そしてまた、今日は、磯辺様、土屋様、三木様、大変お忙しいところ、三人の参考人の皆様方、お運びいただきまして、ありがとうございます。時間が限られておりますので、早速本題に入らせていただきます。  私も消費者行政を旧通産省で担当したことがある身として申し上げますと、消費者行政の基本的な考え方、これは、まず被害は発生させない、もし発生したら拡大させない、それでも被害は根絶できない、だから被害を救済する、こういうことであろうかと思います。そして、この法案……


■ページ上部へ

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

第186回国会 国土交通委員会 第9号(2014/04/10、23期、自由民主党)

○太田房江君 おはようございます。自由民主党の太田房江でございます。  今日は、質問の機会をいただきまして、誠にありがとうございます。質問に入ります前に、一言申し上げたいと存じます。  去る三月三十日の朝、沖ノ鳥島の工事現場で痛ましい事故が起こりました。現在も行方不明のお二人の捜索が続いておる状況です。お亡くなりになった五人の方々と御遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げますとともに、行方不明のお二人の御無事をお祈り申し上げたいと存じます。また、原因究明と再発防止、これに万全を期していただきたいと存じます。  それでは、質問に入ります。今日の議題となっております株式会社海外交通・都市開発事業支援……

第186回国会 消費者問題に関する特別委員会 第5号(2014/05/21、23期、自由民主党)

○太田房江君 自由民主党の太田房江でございます。  本日は質問の機会をいただきまして、誠にありがとうございます。時間が限られておりますので、早速本題に入りますけれども、本法案審議の背景に、昨年発生をいたしました食品表示に関する一連の不正事案があることは言うまでもございません。これに関連して、私、大変すばらしい記述を食育基本法、平成十七年に施行された法律でございますけれども、この前文に見付けましたので、少し御紹介をさせてください。前文にこう書いてございます。  様々な経験を通じて食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められてい……


■ページ上部へ

第187回国会(2014/09/29〜2014/11/21)

第187回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2014/11/05、23期、自由民主党)

○太田房江君 自由民主党の太田房江でございます。  本日は質問の機会をいただき、本当にありがとうございます。時間が限られておりますので、早速質問に入ります。  まず、不当景品類及び不当表示防止法の一部を改正する法律案に関してですが、この一部改正案につきましては課徴金導入の在り方が一番関心の高い点となっておりまして、この点につきましては当委員会でも既に相当時間を掛けて審議が行われてまいりました。本年六月六日に成立をいたしました改正景表法の附帯決議には、課徴金についての賦課要件の明確化や減算・減免措置の必要性、また、事業者の経済活動を萎縮させることがないように配慮するということなどが盛り込まれたと……


■ページ上部へ

第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 国土交通委員会 第13号(2015/06/02、23期、自由民主党)

○太田房江君 おはようございます。自由民主党の太田房江でございます。  質問に入ります前に、昨日、前衆議院議長の町村信孝先生が逝去されました。  町村先生は、整備新幹線建設促進議員連盟の会長でもいらっしゃいまして、整備新幹線の建設、そして早期開業を通じて、交通政策の発展に大きな御功績を残された方だと存じます。質問の前に、皆様方とともに御冥福をお祈りしたいと存じます。  それでは、早速質問に入らせていただきます。  その新幹線でございますけれども、私は実は旧国鉄マンの子弟でございます。東海道新幹線が開業いたしました一九六四年、新幹線勤務となりました父に伴いまして、広島県の呉市から愛知県豊橋市に移……

第189回国会 国土交通委員会 第18号(2015/07/02、23期、自由民主党)

○太田房江君 どうも皆様、おはようございます。自由民主党の太田房江でございます。  今日は、一般質疑の時間をいただきまして誠にありがとうございます。  まずは、今日は、一昨日に発生をいたしました新幹線火災について一言お伺いをしておきたいと思います。  事件についての詳細は今警察において捜査が続けられている最中だと聞いておりますので、私はここではまず事件の巻き添えとなって亡くなられました方の御冥福をお祈り申し上げますとともに、多くの方が負傷されておられます、この方々の一日も早い御回復をお祈りいたしたいと存じます。  ところで、安全、安心、快適、この新幹線で今回のような事案が発生をいたしましたこと……

第189回国会 地方・消費者問題に関する特別委員会 第5号(2015/06/10、23期、自由民主党)

○太田房江君 自由民主党の太田房江でございます。  本日は質問の機会をいただき、誠にありがとうございます。  地域再生法改正案を中心に質問をさせていただきますけれども、去る五月十七日に行われましたいわゆる大阪都構想についても最初に触れさせていただきたいと思います。  この住民投票、御承知のとおり、僅差ではありますけれども否決をされました。通常は、いちびりという言葉もございますけれども、変化を好む大阪人気質、これが勝つんですけれども、今回のいわゆる都構想に対しましては、都にはなれないということに加えまして、大阪市という政令指定都市がなくなって五つの特別区が設置をされるということについて、政令市の……


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 外交防衛委員会 第16号(2016/05/10、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) 今委員御指摘のようなことに基づきまして、私ども二〇一一年十月にその検証を行った報告書を出しております。この中では、持ち帰った御遺骨の方に日本人以外の御遺骨が混入しているという事実は認められなかったわけでございますが、このときに遺骨収集事業を中断をいたしましたので、これを進めるためには、このフィリピンにおける遺骨収集事業の在り方を再検討する必要があるということで、その方向性についてもこの中で触れております。  大きなところで申し上げますと、一つは、遺骨の収集はフィリピン国立博物館職員の同行の下でのみ実施するとともに骨学等の研修を受けた当省の職員を現場に派遣すること、そ……

第190回国会 厚生労働委員会 第2号(2016/03/08、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) この度、厚生労働大臣政務官を拝命いたしました太田房江でございます。  両副大臣、三ッ林大臣政務官とともに塩崎大臣を補佐して最大限努力をしてまいりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

第190回国会 厚生労働委員会 第3号(2016/03/10、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) 今御指摘のございました身元保証や死亡後の葬儀などの業務を行っている事業者につきましては、残念ながら網羅的には把握はしておりません。一部の社会福祉協議会が有償サービスとして見守りや預貯金の払戻し、入院、入所時の支援、死後の葬祭時の支援を包括的に提供しているという事例は把握をしております。
【次の発言】 大阪府を八年間お預かりした者として、今回のこの同意を求める要請につきましても拝見をいたしましたし、私は残念ながら知事が大臣室に来られたときには他の公務がありまして同席はできませんでしたけれども、直接副知事に連絡を取りまして、この件についてしっかり進めていただくように要請……

第190回国会 厚生労働委員会 第4号(2016/03/15、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) 介護福祉士の養成施設に対しまして、御指摘のように国家試験の義務付けを行い、介護福祉士の資格取得方法の一元化を進めたいということで、この方向性につきましては改正法案についても全く変わるところはございません。  これを実現していくために今回も様々な措置を講じておるわけでございますけれども、現行法どおりに二十八年四月からこれを施行いたしますと、これまで施行延期が繰り返されてきた経緯もございまして、養成施設や学生が円滑に対応するための準備がいまだ十分にできていないという現場の声も聞かれます。  こうした混乱を生じるおそれがございますので、これを回避するために、そしてまた、何……

第190回国会 厚生労働委員会 第8号(2016/03/23、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) 私も福島にはまだ行っておりません。

第190回国会 厚生労働委員会 第12号(2016/03/31、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) 御指摘の障害認定についてでございますけれども、障害者福祉法という法律の別表の中で、一定の客観性、明確性を確保するために、主として医学的な観点からの身体機能の状態、これを基礎としつつ、日常生活における制限の程度も考慮して、認定基準に基づき判断をしていると、こういうことでございます。  御指摘の軟骨無形成症の場合あっては、低身長に加えて、例えば上肢や下肢の機能に著しい障害があるなど肢体不自由の認定基準に該当する場合には身体障害者手帳の交付対象となっております。また、軟骨無形成症につきましては昨年七月から障害者総合支援法の対象疾病となりまして、身体障害者手帳の有無にかかわ……

第190回国会 厚生労働委員会 第13号(2016/04/05、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) お答え申し上げます。  戦傷病者の方々は、さきの大戦におきまして傷を負われたり疾病にかかられたりしたということで、現在もなおその傷病で御苦労をされているというふうに認識をいたしております。  戦傷病者の方々の現状といたしましては、恩給法の増加恩給や戦傷病者戦没者遺族等援護法の障害年金等を受けている方の人数で申し上げますと、人数が最も多かった昭和三十九年度、このときは約十四万七千人の方がおられましたが、現在ではこれが七千七百人に減っているということでございます。ただ、この七千七百人の方がまだ御労苦続いておられるということは大切なことであり、またこの方々が平均年齢九十二……

第190回国会 厚生労働委員会 第15号(2016/04/21、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) お答え申し上げます。  歯科衛生士法という法律もきちんとございますけれども、その中で歯科衛生士さんは、歯科疾患の予防処置、それから歯科診療の補助、さらには歯科保健指導を通じまして、口腔の健康保持増進に大変重要な役割を果たしていただいていると思います。  特に、高齢化が進展してまいりますと、基礎疾患、糖尿病や高血圧症を持った方々が歯科の診療を受けなくてはならないということで、診療所に来院できない方も増えてまいります。そういたしますと、これまでの歯科診療所における齲蝕や歯周病への対応に加えまして、在宅で患者の全身の状態に配慮しながら口腔ケアや摂食機能の維持向上等を行うな……

第190回国会 厚生労働委員会 第20号(2016/05/19、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) お答え申し上げます。  委員御指摘のように、この地域格差が今地域包括ケアシステムの構築において出てきておる、これをできるだけ解消していくという努力が私どもに求められております。地域によって高齢化の状況あるいはそれを支える社会資源が異なっておることを踏まえて、地域の実情に応じた体制整備、これを市町村が主体的に進めていくということが必要であると考えております。  厚生労働省においては、保険料や要介護認定率等の集計結果を見える化するシステムを整備しておりまして、各市町村がそれを見て自分たちの置かれている状況を的確に把握して他の市町村と比較したり、あるいは取組施策を併せて享……

第190回国会 国土交通委員会 第8号(2016/04/26、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) 御指摘のこの透析患者の問題、透析医療の確保には大変多くの水が必要でございますし、また専用の設備、経験のある医療従事者等が必要であることから、原則として専門の透析医療機関で実施することが望ましいとされております。  熊本県では、当初、計二十七施設、約二千人の透析患者の方々が透析を受けられない状況が発災直後にはございましたけれども、その後、厚生労働省として、県や透析医会と連携をしながら、早急な透析の再開、安定化に向けまして様々な対策を講じてまいりました。この結果、まだ御不便はお掛けしておりますけれども、熊本県の九十四の透析施設のうち透析不可能施設は六施設になり、患者は約……

第190回国会 災害対策特別委員会 第5号(2016/05/02、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) お答え申し上げます。  被災地の現場におきましては、この医療分野においても様々なトラブルや混乱、これはある程度は致し方ないと私も思うのですけれども、今の薬師寺委員の御指摘にはしっかり耳を傾けなくてはならないと思います。  厚労省は、今御指摘ありましたように、DMAT、JMAT、DPATと、段階を追うごとにそれぞれ得意分野を持ちます医療チームを派遣して、現場の方々の医療ニーズに沿うように活動をしてまいったわけでございます。急性期においてはDMAT調整本部というのが全体のDMATの、全国から集まってきますDMATの調整を行いました。そして、少し落ち着いてきた段階では県の……

第190回国会 財政金融委員会 第8号(2016/03/29、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) お答え申し上げます。  国家戦略特区における家事支援外国人受入れ事業の趣旨については、今、福岡副大臣から御説明のあったとおりでございます。特区の区域内において、今ちょっと御指摘ございましたけれども、お帰りにならなきゃいけないというような御指摘もございましたけれども、外国人の方が炊事、洗濯、掃除、買物等の家事支援を行うということでありますけれども、一方、介護保険の方、こちらの方は高齢者の自立支援や介護の重度化防止という観点から一定の生活援助を行いますが、その主体は介護福祉士等一定の資格を有する訪問介護員がこれを行います。そしてまた、要介護高齢者の身体介護に付随して行う……

第190回国会 地方・消費者問題に関する特別委員会 第3号(2016/03/18、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) お答えいたします。  地域の医療提供体制についてのお尋ねでございますけれども、この医療提供体制は、医療法という法律に基づきまして、都道府県が地域の実情を踏まえつつ医療計画を策定する、そしてそれを計画的に整備していくという形で進んでおります。周産期医療、今お尋ねの産科は周産期医療に属しますけれども、これも大変重要な課題でございまして、重点的に取り組む対象になっております。  都道府県が医療計画を策定する際には、単位として二次医療圏、御案内だと思いますけれども、二次医療圏を取ります。これは、救急医療など基本的な医療が受けられる一つの固まりのエリアということだと思いますが……

第190回国会 地方・消費者問題に関する特別委員会 第6号(2016/04/06、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) お答え申し上げます。  CCRCの導入に伴って御指摘のような懸念が自治体の首長さんやあるいは介護の施設関係者等にございますことは、私、この地方特の委員でもございますので、よく承知をいたしております。  一つ申し上げておきたいのは、現行の制度、これにもきちんとした安定装置が組み入れられているということをまず御理解いただきたいと思うんですね。というのは、移住先自治体において医療や介護の負担が過大に増加しないように、これは現行制度でそうなっているわけですけれども、医療や介護において公費負担をする自治体の公費負担分には地方交付税という地方財政措置が講じられることになっており……

第190回国会 予算委員会 第12号(2016/03/09、23期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(太田房江君) お答え申し上げます。  地域支援事業の介護予防・日常生活支援総合事業は、これまで全国一律の給付であった要支援者の訪問介護、通所介護について、地域の実情に応じ、要支援者の多様な生活へのニーズに即してきめ細かく対応可能とする見直しを行ったものでございます。  従来の訪問介護、通所介護に相当する専門的なサービスを必要とする方にはこれまでどおり事業者からの同様のサービスを受けることができるということになっておりまして、それ以外にも多様なサービスを受ける基盤をつくるということで、NPOや民間企業など多様な主体のサービスの充実を図ることとしたものでございます。  専門性といえば……


太田房江[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|-24期-25期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院23期)

 期間中、各種会議での発言なし。

太田房江[参]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|-24期-25期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

太田房江[参]在籍期 : |23期|-24期-25期
太田房江[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 23期在籍の他の議員はこちら→23期参議院議員(五十音順) 23期参議院議員(選挙区順) 23期参議院統計



■著書
2020年10月新刊