国会議員白書トップ衆議院議員河上覃雄>委員会発言一覧(全期間)

河上覃雄 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

河上覃雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは河上覃雄衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 河上覃雄 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

39期(1990/02/18〜)

第118回国会 地方行政委員会 第9号(1990/05/24、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 私、神奈川の三区から初めて当選いたしました河上覃雄でございます。当委員会で初めての質問になりますけれども、何分ふなれのため、基本的なこと、あるいは素朴な御質問等があるかもしれません。地方行政委員会におかれましては、地方自治に精通された諸先輩等がたくさんいらっしゃるわけでございますけれども、私も、現在鋭意地方自治については猛勉強中でございます。いろいろと話が飛ぶ場合もあるかもしれませんが、何とぞよろしくお願い申し上げる次第でございます。  それではまず最初に、公営住宅に関する質問をいたしたいと思います。  これは六十三年度現在でございますが、全国の住宅総数はおよそ四千二百万戸、そのう……

第120回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1991/03/06、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 時間も限られておりますので、早速質問に入りたいと思います。  「選挙権の平等の確保は議会制民主政治の基本であり、選挙区別議員定数の適正な配分については、憲法の精神に則り常に配慮され」るべきである。これは御承知のとおり六十一年の国会決議の一文でありますけれども、冒頭、この点を確認いたしながら、まず定数是正問題について大臣並びに関係者にお尋ねをしたいと思います。  昨年の二月に執行されました総選挙の結果をめぐりまして、首都圏四都道府県の合計十七選挙区で、定数配分の不平等を放置したままの選挙であり、これは違憲である、こういう訴訟があったわけでございます。この選挙において、御案内のように最……

第120回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1991/03/20、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 公明党の河上でございます。  お疲れのところ大変恐縮でございますが、時間も三十分と限られておりますので、端的にお伺いさせていただきたいと思っております。  まず第一点目は、答申で総定数を五百程度とされているわけでございますが、行財政改革、あるいは午前中も議論が出ております公的補助等の考え方が盛り込まれているわけでございます。こうした側面から考えれば、五百十二、その定数は減らす方向で臨むべきではないか、むしろ本則である四百七十一、こう考えるわけでございますが、この五百程度とした背景、そして根拠、これをお示しいただきたいと思います。

第120回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1991/03/27、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 公明党の河上でございます。簡潔に定数是正についての我が党の考え方を述べさせていただきたいと思います。  リクルート事件に象徴される政治の構造腐敗を主とする国民の政治不信というのはいまだ根強く残っておりますし、政治改革の断行は急務の課題であると考えております。政治改革は、金権腐敗政治に対する反省と原因の徹底究明の上に立って行われるべきであり、最優先して取り組むべきことは、政治資金の規制強化と政治倫理の確立であると考えます。にもかかわらず、政治の構造腐敗の責任を選挙制度に転嫁し、早急に実現すべき課題をすりかえようとする政治改革の姿勢は到底容認できるものではありません。  平成二年の国勢……

第120回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第8号(1991/04/10、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 これは確認ということでお考えを示していただきたいのですが、例えば小選挙区に三百、この際に各党一名ずつ立つという原則になるわけでございますが、この自民党さんのお考えになりますと、この一名を決定するシステムですね、各選手区に一名を配置していくわけですけれども、どのような決定システムになるのか、その辺をちょっとお考えを示していただきたいと思います。

第120回国会 地方行政委員会 第6号(1991/03/12、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 時間に限りがございますので、端的に御質問をしたいと思います。私、今回の自治法改正における代執行の問題と、そして地縁による団体の二点に絞って御質問をさせていただきたいと思います。  まず第一点目に、昭和二十二年の自治法改正に伴いまして、地方自治法で定めました国の機関と地方自治体の長との間に職務執行命令訴訟制度が導入されました。当時の制定の目的並びに意義についてお尋ねしたいと思います。
【次の発言】 いわゆる裁判抜き代執行制度につきましては、百四そして百七、百八、百十七国会におきまして継続審査、そして審議未了、廃案、こうなって成案に至らなかったわけでございますが、自治省としては、この問……

第120回国会 地方行政委員会 第8号(1991/04/16、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 早速質問に移りたいと思っております。  まず地方交付税の関係でございますが、減額措置の妥当性の観点から御質問をいたします。交付税は地方団体の共通の固有の財源であり、国の財政上の都合で減額することは地方団体の自主性というものを阻害するおそれがあるのではないか、こう思うわけでございますが、そこで、今回五千億の減額措置の妥当性について、まず自治省の見解をお尋ねしたいと思います。
【次の発言】 今回の特別措置のうち四千五百二億円は、交付税総額の安定的な確保の特例措置を定めた附則第三条に基づくものとされているわけであります。しかし、この附則は五十九年度の改正で設けられたものでありまして、その……

第120回国会 地方行政委員会 第10号(1991/04/18、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました政府提出の地方交付税法等の一部を改正する法律案につきまして、賛成の討論を行います。  今回、政府から提出されている平成三年度の地方交付税法等の一部を改正する法律案は、その内容に問題点を含んでおりますが、地方公共団体への影響、ひいては住民生活の充実の観点から、本改正案に賛成するものであります。  以下、その主な理由を申し述べます。  賛成の第一の理由は、本年度の交付税において創設されました地域福祉基金であります。この基金の創設は、我が国の地域社会における高齢化の進展に対応したものであるとともに、我が党の主張に沿うものであり、評……

第121回国会 労働委員会 第2号(1991/09/04、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 時間に限りがありますので、私の方からは、まず時短の問題と、そして医療、福祉分野で働く看護婦さん等の人材確保及び労働条件の改善の二点について、簡潔に伺いたいと思っております。  御案内のように、我が国の経済は世界のトップレベルにあるのに対しまして、生活者が必ずしも豊かさあるいはゆとりを実感できない要因の一つに、労働時間の長さが挙げられております。本年六月の臨時行革審豊かなくらし部会の第一次報告の中にも、「ゆとりのある生活の実現」これに今後の改革の方向として時短の問題が示されておるわけであります。そこでまず、時短についての実態並びにその分析について基本的な見解をきょうはお伺いしておきた……

第121回国会 労働委員会 第4号(1991/09/25、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 公明党・国民会議の河上でございます。  参考人の皆様には御多忙の折、本当に御苦労さまでございます。もうお疲れになったことと思いますが、もうしばらくでございますので、どうぞよろしくお願いしたいと思います。  私は細かい個別的な問題をお尋ねしたかったわけ。でございますが、二十分の限られた時間でありますので、時短についての基本的なお考えをお伺いさしていただきたいと思っております。  初めに、各参考人それぞれにお伺いしたいわけでありますが、六十二年の労基法の改正によりまして一週四十時間、一日八時間、この労働制の原則が定められました。しかし、この規定につきましては六十三年四月一日から当分の間……

第123回国会 労働委員会 第1号(1992/02/26、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 午前中に質問が同僚議員から出ましたが、厚木の海上自衛隊体育館における建設現場の事故について御質問をしたいと思います。  働く者にとりまして、職場で生命の安全が確保されるということは極めて重要なことであろうと思います。昨年、広島の橋げた落下事故、松戸の隧道水没事故あるいは移動式クレーンにかかわる事故等、一度に多数の死傷者を出す重大な災害が多発したわけであります。こうしたやさき、極めて残念なことでありますけれども、去る二月の十四日、海上自衛隊厚木基地の体育館建設現場におきまして、死者七名、当時聞くところによりますと出稼ぎの方がお二人いらっしゃった、負傷者十三名に及ぶ痛ましい事故が発生し……

第123回国会 労働委員会 第3号(1992/03/26、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 私は、自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、日本共産党及び民社党を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     労働保険の保険料の徴収等に関する法律及び雇用保険法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、次の事項について適切な措置を講ずべきである。  一 本格的な高齢化社会の到来を迎え、高年齢者の雇用の安定及び失業の防止を図るため、六十歳以上への定年延長及び六十五歳までの継続雇用を強力に推進すること。  二 女子労働者の就労機会を確保し、併せてその失業を予防するため、パートタイム労働者対策……

第123回国会 労働委員会 第4号(1992/04/15、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 早速質問に移ります。  勤労者一人の年間総実働時間は平成二年で二千四十四時間でございます。そうしますと、勤労者が職場で生活する時間は、一年間の生活時間のうち約四分の一を占める。大変長い時間就労をしている。豊かな生活、実りある職場生活を実現するためには職場の安全性というものは極めて重要である、こう考えております。  近年労働災害による死傷者数は、昭和三十六年から全体的には減少の傾向にありますけれども、しかしながら、残念なことにここ数年は死亡災害が多発しておりました。労働災害による死亡者数は、平成元年より増加している傾向にございます。また、もう一つの点として、発生する災害も大型化してい……

第123回国会 労働委員会 第5号(1992/04/24、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 私は、自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、日本共産党及び民社党を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     介護労働者の雇用管理の改善等に関する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、我が国における急速な高齢化の進展等に伴い、介護業務に係る労働力への需要が増大していることにかんがみ、本法の施行に当たり、次の事項について特段の配慮をすべきである。  一 我が国における急速な高齢化の進展等に伴う介護業務に係る労働力への需要の増大に対処し、及び介護労働者の福祉の増進を図るため、介護労働者の雇用管理の改善の……

第123回国会 労働委員会 第6号(1992/05/13、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 最初に、日本の労働時間は国際的にもかなり高い水準にあるわけでありますが、日本の長時間労働が社会に対して与えた影響について、大臣はどのように分析なさっているのか、この点からお伺いしたいと思います。
【次の発言】 平成三年度総実労働時間は二千六時間、目標の一千八百時間に対してなお二百六時間不足をしているわけであります。  六十三年に閣議決定されました経済五カ年計画中の一千八百時間は既に絶望的、こういう状況にあるわけですが、この絶望的な原因について、どう分析なさっていますか。
【次の発言】 今大臣からいろいろと幅広い観点から御説明いただいたわけでありますが、週四十時間労働制、一千八百時間……

第123回国会 労働委員会 第7号(1992/05/20、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 私は、前回の質問で総論について触れました。したがいまして、今回は、本法の内容に即しまして簡潔にお伺いをしたいと思っております。細かい議論となりますが、何とぞよろしくお願いしたいと思います。  冒頭お尋ねをしておきたいと思いますが、本法は、完全週休二日制の普及促進あるいは所定外労働時間の削減、年次有給休暇の取得促進など、総実労働時間の短縮を前提としております。  そこで、五年という時限立法によって達成しようとする本法の目標あるいはねらい、これはどこにあるのか。まず、大臣にその御見解についてお尋ねしたいと思います。
【次の発言】 時短の促進に当たりましては、中小企業に課された課題という……

第123回国会 労働委員会 第9号(1992/05/27、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 私は、自由民主党、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議及び民社党を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     職業能力開発促進法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)  政府は、次の事項について特段の配慮をすべきである。  一 有給教育訓練休暇制度の周知、普及をはじめ、各種助成制度の活用等により、企業、労働者の自主的な職業能力開発の促進を図ること。その際、事業内職業能力開発計画の策定や実施、職業能力開発推進者の選任等について、労働者の意見が十分反映されるように行政指導を行うこと。  二 公共職業能力開発施設の……

第126回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第17号(1993/05/14、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 政治改革論議を開始して以来昨日まで、この委員会では七十四時間三十二分だそうでございますが、本会議を含めますと八十時間を優に超えるのではないか。答弁者の皆様には本当に長時間にわたる論議に心から敬意を表したいと思っております。  答弁者そして委員の皆様の今のお気持ちは、活発なる議員間の議論と長時間に及ぶ審議を通して何らかの改革のあかしを国民の皆さんの前に示さなければならない、このようにお考えになっているのではないかと思います。しかし、具体的な改革の方向というものはいまだやぶの中でございまして、残念ながら万一平行のままで終わるようなことがあれば、国民の政治に対する不信感というものは頂点に……

第126回国会 大蔵委員会 第3号(1993/02/17、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 大蔵委員会では初めての質問になりますが、私の質問は、今回の法案についての範囲内に限定させていただきまして質問をいたしたいと思います。  初めに、承継債務の件からでございますが、一般会計の承継債務、これはなかなか難しい表現でございまして、国民の皆さん方には余りよくわからない。私は、極めて素朴かつ基本的な表現になりますが、そもそも地方公共団体や国鉄が借りた債務をなぜ一般会計が承継しなければならないのか、この点をまずお伺いしておきたい。
【次の発言】 それぞれの経緯を説明していただいたわけですが、私の質問が悪いのか、そうしたことを踏まえて、なぜ一般会計が承継しなければならないのか、私はそ……

第126回国会 大蔵委員会 第5号(1993/02/26、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 参考人の皆さんには、大変早朝から御苦労さまでございます。  私は、三十分間でございますので何点がます質問をしたいわけでございます。  初めに加藤参考人にお伺いをいたしたいと思いますが、平成五年度の税制改正については政策理念が不在している、こういう批判もあります。バブル崩壊によりまして、景気が政府の見通しを上回る勢いで悪化していく中で、税収の落ち込みも一段と厳しくなってきております。四年度の補正予算では、約四兆九千億円近い減額修正が余儀なくされたわけでございます。このような環境の中で五年度税制改正が行われたわけでございますが、そのために税制の理念についての論理が棚上げされて、何とかし……

第126回国会 大蔵委員会 第6号(1993/03/09、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 初めに、金丸前自民党副総裁が所得税法違反で逮捕されまして、割引金融債が所得隠しに使われた、この点が明らかになったわけでございますが、まことに遺憾なことだと思います。  そこで、政治資金が私財として蓄財されるという、かねてから政治家に向けられておりました錬金術、この疑惑が明らかになったと思うわけでございますが、金融商品を悪用し脱税で逮捕されましたが、税制や金融を主管する大蔵大臣はこの事件に対してどんな感想をお持ちか、認識をお持ちなのか、まずここからお尋ねをしたいと思います。
【次の発言】 そこで、これまでの脱税事件の中で割引債によるものは何件あって、その額は幾らだったのか、平成元年か……

第126回国会 大蔵委員会 第9号(1993/04/20、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 短い時間でありますので、端的に質問をいたしたいと思います。  今回新たに導入いたします優先出資制度の背景になる認識について、まずお尋ねをしたいわけでございます。  そもそも協同組織金融機関は、中小企業あるいは農林漁業者並びに個人などの一般の金融機関から融資の受けにくい立場にある者、この方々が構成員となって相互扶助を目的として設立されたものであります。したがって、出資資格者の限定や出資者当たりの出資の制限などによって自己資本の充実に限界があることは既に指摘をされているわけでございます。またさらに、金融の自由化、国際化が進展する中でその必要性は高まっていることも、これは広く公知されてい……

第126回国会 大蔵委員会 第11号(1993/05/25、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 予算委員会に引き続きまして大変御苦労さまでございますが、私は三十分でございますので、大臣、どうぞよろしくお願い申し上げます。  初めに、今もお話がありました所得税減税について、この際、大臣に御見解を伺いたいと思います。  与党の責任者であります梶山幹事長が、五年度予算の年度内成立を前提といたしまして、所得税減税については前向きに検討する、こう公約をいたしました。公党間の約束事でございますので、その発言は極めて重たいわけでございます。しかし、四月十三日の総合経済対策等に所得税減税は盛り込まれておりません。補正予算にも計上しなかったわけでございます。  私は、与党・政府は一体である、そ……

第126回国会 予算委員会 第16号(1993/03/01、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 公明党・国民会議の河上覃雄と申します。同僚議員が後半質問に立たせていただきますので、私の方は簡潔に、まず経企庁長官にお尋ねをいたしたいと思います。  いまだ長く続いておりますこの複合不況に対する適切な分析というものは、今後の景気対策、経済政策の重要な課題でございます。  そこで、まず平成四年度の実質経済成長率は、政府は三・五%から一・六%に下方修正いたしたわけでありますが、果たして一・六%は達成できるのか、甚だ疑問が多いところでございまして、一・六%を達成するためには、後半の二・四半期を年換算にしてそれぞれ四%台の勢いで伸びる必要性があると思うのでございます。しかし、九三年一−三月……

第126回国会 労働委員会 第4号(1993/04/02、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 法案から離れて大変恐縮でございますが、雇調金の関係について若干御質問をさせていただきたいと思います。  日産の座間工場の自動車生産ラインの廃止が発表されて一カ月以上経過をいたしました。地元座間市を初めといたしまして、商店街あるいは下請企業に不安や動揺もございます。とりわけ下請企業は、現下の不況と重なりまして、特に依存度の高い下請企業あるいは一定業種につきましては、雇用不安を含めて深刻に受けとめておる企業も少なくございません。  私も実は一日かけて六十から七十軒ぐらいの中小零細企業の方あるいはそこにお勤めの方に、いろいろなお話を聞いてまいりました。  座間市の商工会でも会員を対象にア……

第126回国会 労働委員会 第8号(1993/04/21、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 労基法の質問に入ります前に、一点御報告を求めたいと思っております。  それは、昨日午前中に大臣が佐川急便の社長をお呼びになったという報道が夕刊で出ておりました。内容は新聞報道に若干載っておりますけれども、労基法違反あるいは安衛法違反ということでございまして、改善計画を来月末までに提出せよ、このように大臣の方から異例とも言えるような対応をなさったと報道されておりました。  そこで、この問題につきまして、調査結果の報告と、あわせまして、労基法、安衛法違反を含めまして今後の労働省としての対応方、この点についてお伺いしておきたいと思います。

第126回国会 労働委員会 第11号(1993/05/11、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 私は、自由民主党、日本社会党・護憲民主連合、公明党・国民会議及び民社党を代表いたしまして、本動議について御説明申し上げます。  案文を朗読して説明にかえさせていただきます。     労働基準法及び労働時間の短縮の促進に関する臨時措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   豊かでゆとりある勤労者生活の実現、「生活大国」への前進、国際協調の推進等の観点から、労働時間の短縮は国民的課題となっていることにかんがみ、政府は次の事項について適切な措置を講ずるべきである。  一 猶予措置の対象事業について、猶予期間中であっても、できるだけ早期に週四十時間制が実施されるよう、関係省庁が……

第126回国会 労働委員会 第13号(1993/06/02、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 それでは、残り時間が十五分でございますので、これまでの議論を整理補完する形から今後の議論につなげていきたい、こういう視点から、簡潔にお尋ねをいたしますので、どうぞ明快にお答えいただきたいと思います。  もう形容詞も背景も全部省いてストレートにお伺いしますが、一つは、将来、パート労働者はさらに増加する傾向にあるか否か。そして、基幹的労働力になると考えられているか。さらに、基幹的労働力として位置づけるべきであるとお考えかどうか。まず、この三点、明確に御回答ください。
【次の発言】 次に、この法案の目的でありました「雇用管理の改善等」、これについてお伺いします。  一般論として雇用管理と……

第126回国会 労働委員会 第14号(1993/06/03、39期、公明党・国民会議)

○河上議員 長勢先生から一般論としてのお尋ねがございました。その前提として、永井先生が先ほど申し上げられたように、罰則規定を伴う以上、立法に当たっては慎重の上にも慎重を期さなければならない、基本的にはこういう立場をとらなくてはならないと思います。  私どももいろいろと実態調査等も行ってまいりましたし、一人一人の議員が公平を期するために聞き取り調査等もやったデータ等もございまして、この法律案を作成する上でいろいろな努力もしてまいりました。その上に立ちまして、今八百万人を超えるという、そして今後ますます拡大するであろうと思われるパート労働者、この量的な側面、さらに、それが質的にも基幹的労働力になる……

第126回国会 労働委員会 第16号(1993/06/07、39期、公明党・国民会議)

○河上委員 私は、日本社会党・保護憲民主連合、公明党・国民会議及び民社党を代表して、内閣提出の短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律案につきまして、自由民主党、日本社会党・護憲民主連合、公明党・国民会議及び民社党提出の修正案及び修正部分を除く原案に賛成し、日本共産党提出の修正案に反対の立場で討論を行います。  パートタイム労働者の雇用の安定、労働条件の改善が叫ばれるようになってから既に久しいことは、御承知のとおりであります。  パートタイムの労働契約も契約でありますから、労使両当事者の合意によることは当然です。しかし、労働契約の場合、労働側が弱い立場にあることから、いずれの国においても労働……


40期(1993/07/18〜)

第129回国会 石炭対策特別委員会 第3号(1994/06/02、40期、公明党)【政府役職】

○河上政府委員 労働政務次官に就任いたしました河上車雄でございます。  先ほど労働大臣が申されましたように、石炭鉱業を取り巻く環境は厳しいものがございます。全力を尽くしまして職務を全うしたいと考えております。  何とぞ、委員長初め委員各位の御指導、御鞭撻をよろしくお願いを申し上げます。(拍手)

第129回国会 労働委員会 第1号(1994/06/01、40期、公明党)【政府役職】

○河上政府委員 労働政務次官に就任いたしました河上覃雄でございます。  経済社会が急速に変化する中で、働く方々の雇用の安定と労働条件の向上を図り、真に豊かでゆとりある勤労者生活の実現を目指す労働行政は、ますますその重要性を増すとともに、的確かつ迅速な対応が求められております。  私は、鳩山労働大臣とともに至大を尽くしてまいる所存であります。委員長初め、委員各位の一層の御支援、御協力をお願い申し上げまして、私のごあいさつとさせていただきます。  どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)

第132回国会 労働委員会 第7号(1995/03/10、40期、新進党)

○河上委員 この法律に入る前に一点だけ、急激な円高の雇用に対する影響ということで御質問をいたしたいと思います。  三月に入りまして、急激な円高で、一時は八十八円台をつけたわけでございます。仮に現在の円高水準が定着すれば、最悪期を脱したと言われております雇用情勢が再び悪化するような事態になりかねない、そして雇用調整も起こりかねないという指摘もあるわけでございまして、急激な円高に対する対策、これは不可欠でありますけれども、労働省としては、今回の円高に対しまして、雇用に与える影響というものをどのように分析をなさっているか。  この点とあわせまして、日本経済の今後の課題として、構造改革やマクロ政策を打……

第132回国会 労働委員会 第9号(1995/04/14、40期、新進党)

○河上議員 ただいま議題となりました介護休業等に関する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。  我が国は、世界に例を見ないほど急速に人口の高齢化が進行しておりまして、二十一世紀初頭には世界一の超高齢社会が到来するのであります。それは先進諸外国が経験したことのない急激な変化であります。その結果として、高齢あるいは疾病のために介護を要する高齢者が急増しており、これに対応する施設・制度の充実は国民の切実な要請であり、それにこたえることは政治の急務であります。  また、今日、急激な核家族化と女性の就業率の増加が進行しており、その結果、高齢者等の介護を担う勤労者の精神的・肉……

第132回国会 労働委員会 第11号(1995/04/28、40期、新進党)

○河上議員 委員御指摘のように、政府案にはこの規定はないわけでございますが、新進党案といたしましては、介護休業中の所得保障は介護休業中の労働者の生活保障のために必要である、さらには、現実に介護休業の取得を選択することを容易にするためにもぜひとも必要なことであると考えております。  介護休業中の社会保険料につきましても、賃金の支払いを受けていない場合についてまで社会保険料を、個人負担の義務を負わせるということは酷であると思いますので、育児休業の場合と同様に、労働者本人の負担分についてはこれを免除する必要がある、このように私どもは考えた次第でございます。  もう一点のお尋ねでございますが、介護休業……

第132回国会 労働委員会 第12号(1995/05/11、40期、新進党)

○河上委員 新進党の河上覃雄でございます。  お三方の陳述人におかれましては、まことに本日はありがとうございます。時間も十五分なので、技術的なところからお尋ねをいたしたいと思っております。  先ほど、介護休業制度の導入の困難性ということで御指摘がございました。特に富田さんにおかれましては、みずからの体験を踏まえられて介護の実態というものを鋭くお述べいただいたことに対しましては敬意を表するわけでございますが、これは個人のお立場からの受けとめと私も理解いたしております。  そこで、企業がこれを導入することについての困難性の御指摘は先ほど申されたとおりですが、反対に、企業として介護休業制度を導入した……


41期(1996/10/20〜)

第140回国会 労働委員会 第2号(1997/02/21、41期、新進党)【議会役職】

○河上委員長代理 次に、大森猛君。

第140回国会 労働委員会 第3号(1997/02/28、41期、新進党)【議会役職】

○河上委員長代理 次に、中川智子君。

第140回国会 労働委員会 第9号(1997/05/07、41期、新進党)【議会役職】

○河上委員長代理 次に、塩田晋君。

第140回国会 労働委員会 第10号(1997/05/09、41期、新進党)【議会役職】

○河上委員長代理 これにて鍵田節哉君の質疑は終了いたしました。  次に、武山百合子君。
【次の発言】 これにて中桐伸五君の質疑は終了いたしました。  次に、松本惟子君。

第140回国会 労働委員会 第12号(1997/05/16、41期、新進党)

○河上委員 今大臣から最後に御答弁もございましたように、今回の労働基準法の女子保護規定の撤廃を含めました均等法の改正は極めて重要かつ重大な法律改正であろう、こう思います。  考えてみますと、連休明けの五月六日の本会議から、きょうの審議が終わりますとほぼ二十時間を審議に費やすことになるそうでございまして、その意味では大事な法案の審議に対して一定の時間を費やしながら議論をさせていただいたな。しかし、まだまだ十分審議の行き届いていないところもございますし、これから私は、なお足りなかった部分等を整理しつつ質問をさせていただきたいと思っております。  その前に、この委員会を通じましての議論を、私なりの整……

第140回国会 労働委員会 第13号(1997/05/23、41期、新進党)

○河上委員 中小企業は我が国の社会の中でも非常に大切な役割を担っていると思っておりますが、全企業に占める中小企業の割合が九八・三%、非常に多いわけでございまして、また全労働者に占める中小企業の労働者の割合も七六・三%という、質、量ともこ中小企業が日本の経済を支える非常に重要な存在であるというのはこの一端を見てもおわかりだと思うわけでございます。さらに、これからベンチャーとかさまざまな企業による雇用創出というものが期待され、中小企業の役割というものもその中でますます重要なものになると思われます。  しかし、中小企業の労働条件や福利厚生というものを考えてみますと大企業とかなりの格差があるわけでござ……

第142回国会 予算委員会 第22号(1998/03/10、41期、平和・改革)

○河上委員 平和・改革の河上覃雄でございます。  きょうは、大蔵不祥事と政治倫理を中心に質問をいたしたいと思います。  まず、一連の不祥事は一向に改まらないばかりか、ことしに入りまして、ついに、将来の幹部候補生でありますキャリア組を含めまして四名の逮捕者を出したわけであります。さらになお逮捕者が出るかもしれないと言われております。  その意味で、まさに大蔵省は地に落ちた感を深くするわけでありますけれども、問題の本質は、大蔵省そのものの体質にあるのではないのか。従来のように陳謝あるいは通達等の小手先の対応で対処する姿勢を改めまして、根本的な解決を図らなければならない段階を迎えたと言えるわけであり……

第142回国会 労働委員会 第3号(1998/03/13、41期、平和・改革)

○河上委員 委員の皆さんには大変お疲れだと思いますが、頑張って質問をさせていただきたいと思います。  きょうは三十分という短い時間でありますので、私は、当面の課題であります諸問題の二点について限定してお尋ねをしたいと思います。一点は山一証券の倒産に伴う雇用問題、それからもう一点は、時間がありましたら昨今の雇用情勢について触れさせていただきたいと思っております。  まず、山一証券の自主廃業、倒産は、働く方や社会に大変大きな影響を与えたと私は思っております。大手は倒産しない、こういう神話もあったわけでありますが、その意味で神話が崩れたという点、あるいは、私の会社は本当に大丈夫なんだろうか、働く方々……

第142回国会 労働委員会 第4号(1998/03/18、41期、平和・改革)

○河上委員 時間が三十分で非常に短いわけでございますので、早速質問に入らせていただきたいと思っています。  所信の質疑の際にも若干お話を申し上げましたが、九八年一月の失業率が三・五で、昨年十月から四カ月連続で最悪の実績。特に男性の失業率は三・七%で、過去最悪の記録。さらに、男性失業率の年齢別、つまりリストラの対象と見られます五十五歳―六十四歳の層につきましては、何と五・八%、五カ月連続で前年同月比を上回る実態にある。それに対して、有効求人倍率も、本年一月では〇・六四と、六カ月連続で下降。このような実態になっているわけでございます。民間の信用調査機関であります帝国データバンクの九七年一月から十一……

第142回国会 労働委員会 第5号(1998/03/20、41期、平和・改革)

○河上委員 この法律について何点か確認をいたしたいと思いますが、昭和三十三年に制定されました駐留軍関係離職者等臨時措置法、今回まで七回にわたって有効期限の延長を行ってきたわけでございますが、今回改めまして有効期限を延長する必要性ということについて、まず御見解を賜りたいと思います。
【次の発言】 防衛施設庁、いらっしゃっておりますね。  何点か御確認させていただきたいと思いますが、駐留軍従業員というのは、使用者が在日米軍であるところから、働き方もアメリカンスタイル、このような形が専らだと思っております。細かく細分化された職種に長年従事してきている方が多いと思います。したがって、一たん離職をいたし……

第142回国会 労働委員会 第8号(1998/04/17、41期、平和・改革)

○河上委員 最後の質問でございますので、三十分間よろしくお願いいたします。  退職金制度の普及率が極めて低く、独力で退職金制度を持つことが困難な中小零細企業に働く勤労者の福祉向上、このために本制度は有用である、私はこう考えております。この立場から、心配な点をきょうばいろいろと質問をしてまいりますので、大臣、的確にお答えいただきたいと思います。  特に、本制度を維持、発展、安定、充実と申しますか、そこまで全部くるめて言いまして、そのために必要不可欠な点はいろいろあろうと思いますが、運用利回りの件が一つ、それから加入促進という観点が一つ、私はこの二つに集約されると思います。  そこで、運用利回りに……

第142回国会 労働委員会 第11号(1998/04/28、41期、平和・改革)

○河上委員 長い本会議に続きましてお疲れでございましょうが、私の方は四十分間でございますので、いろいろお伺いしたいのでそのまますぐ質問に入りたいと思います。  先ほどの議論でも出ておりましたが、三月の失業率は三・九%と戦後最悪の水準に達しました。また、有効求人倍率は、過去最低の昭和五十三年一月の〇・五一倍には届かないものの、〇・五八倍と七カ月連続低下という状況であります。特に、雇用者数あるいは就業者数ともに引き続き減少をしている。その意味では、労働市場は最悪の実態を示していると言えるわけであります。まず、この三月の雇用情勢に対する認識と、対処方法はどのように考えられているか、この点から御質問い……

第142回国会 労働委員会 第12号(1998/05/06、41期、平和・改革)

○河上委員 前回議論をいたしまして、本日も、前お二方の議論を聞きながら、私からも初めに時間外労働の関係、そして次に裁量制、この二点に絞って、通告した量が非常に多かったそうですからどこまで進むかわかりません、それは次回に回させていただきたいと思いますので、ぜひともよろしくお願いを申し上げたいと思っています。  初めに、時間外の問題についてお尋ねをいたしますが、三六協定の届け出件数、平成八年度の実績で八十二万一千五百六十件、こういう実態になっております。この八十二万の中には当然、新規であるとか変更であるとか更新であるとか、これらも含まれておりますので、八十二万件の届け出がそのまま事業所数に当たると……

第142回国会 労働委員会 第15号(1998/05/15、41期、平和・改革)

○河上委員 本会議終了後、引き続き審議になるわけでありますが、私は、前回の質疑を通しまして、特に裁量制については、対象となる労働者の裁量の範囲ということを質問をさせていただきました。さらに、使用者が指示することのできる範囲、これについても言及をさせていただきました。また、裁量労働制の趣旨が、一日八時間、週四十時間を骨格とする労働時間法制に与える影響、これらの点につきまして、基本的な考え方あるいは問題点となる課題としている部分、これらを具体的な側面から質問をさせていただいたわけでございます。その際、大分積み残しもございまして、最後に私は新たな裁量労働制の業務の内容を質問しようと思っておりましたが……

第143回国会 労働委員会 第2号(1998/09/03、41期、平和・改革)

○河上委員 ただいま議題となりました労働基準法の一部を改正する法律案に対する修正案につきまして、提出者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。  同法律案は、さきの百四十二回国会において参考人の意見を聴取するなど慎重審議を行いましたが、継続審議となって今国会に至ったものであります。今国会に入り、前国会の審査を踏まえ、自由民主党、民主党、平和・改革、自由党及び社会民主党・市民連合の五会派間で数次にわたり精力的な協議を重ねた結果、本案に対して、新たな裁量労働制、時間外労働に関する激変緩和措置等についての修正案の意見の一致を見たものであります。  その修正案の趣旨は、次のとおりであります。  まず、……

第144回国会 労働委員会 第1号(1998/12/07、41期、公明党・改革クラブ)

○河上委員 大臣、朝予算委員会から夜労働委員会まで、大変お疲れのことと思いますが、私の持ち時間は三十五分と極めて短い時間でございます。どうぞ、きょうは大臣就任以来初めての議論になると思いますが、なるべくわかりやすく私も質問をさせていただきたいと思いますので、簡潔に、明瞭に、明快にお答えをいただければ幸いでございます。まず、本法に入ります前に、本年の四月、先ほど安定局長から御説明ありましたように、我が国の失業率は戦後初めて四%台を記録いたしました。さらに、六月には過去最高の四・三%。七月には求職活動をやめた人がふえたために四・一%に低下いたしましたものの、八月には再び四・三%、過去最高の水準に達……

第145回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第1号(1999/01/19、41期、公明党・改革クラブ)【議会役職】

○河上委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、私が委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。  今日、我が国経済を取り巻く状況が依然として厳しい中、国民の消費生活の安定と向上のため、消費者の利益保護等を図ることはますます重要となってきており、本委員会の活動には大きな期待が寄せられております。  何分微力ではございますが、委員各位の御支援と御協力をいただきまして、公正、円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。

第145回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第2号(1999/03/04、41期、公明党・改革クラブ)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  物価問題等国民の消費生活に関する件について調査を進めます。  この際、堺屋経済企画庁長官から所信を聴取いたします。経済企画庁長官堺屋太一君。
【次の発言】 次に、消費者行政及び物価対策関係経費の概要につきまして、政府から説明を聴取いたします。経済企画政務次官今井宏君。
【次の発言】 次に、平成十年における公正取引委員会の業務の概略につきまして、公正取引委員会委員長から説明を聴取いたします。公正取引委員会委員長根來泰周君。
【次の発言】 以上で説明は終わりました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。下村博文君。

第145回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第3号(1999/08/13、41期、公明党・改革クラブ)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  物価問題等国民の消費生活に関する件について調査を進めます。  この際、栗原裕康君外六名から、自由民主党、民主党、公明党・改革クラブ、自由党、日本共産党及び社会民主党・市民連合の共同提案による遺伝子組換え食品の表示問題に関する件について決議すべしとの動議が提出されております。  提出者から趣旨の説明を求めます。栗原裕康君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  採決いたします。  栗原裕康君外六名提出の動議に賛成の諸君の起立を求めます。
【次の発言】 起立総員。よって、本動議のとおり決議することに決しました。  この際、政府から発言を求めら……

第145回国会 労働委員会 第11号(1999/05/11、41期、公明党・改革クラブ)

○河上委員 公明党・改革クラブの河上でございます。  きょうは、参考人の皆さん方には大変貴重な御意見をいただきましてありがとうございます。  十五分ですから、早速質問に入らせていただきたいのですが、まず、北浦参考人にお伺いをいたします。  二十六業務に限定されております現行の派遣労働制度は、創設以来、現在八十六万人の派遣労働者を数えるに至りました。そして、一万六千の事業所、売上高も一兆三千三百億円と大きな市場に成長してきたわけでございます。  そこで、今回、雇用労働分野の規制緩和の一環といたしまして、派遣労働の対象業務を原則自由、いわゆるネガティブ化をするという改正案を提出されているわけでござ……

第145回国会 労働委員会 第13号(1999/05/14、41期、公明党・改革クラブ)

○河上委員 公明党・改革クラブの河上でございます。  四十分でありますので、私は、さまざまなこれまでの議論を通じて出てきたものの中で、特に業務そして期間の問題、この点に重点を絞りまして何点か御質問をいたしたいと思っております。  私の一番確認したいところは、同一業務という中身の点でありまして、その前提といたしまして、まず冒頭確認をいたしたいのは、今回の改正で、労働者派遣事業の対象業務を、現行の専門的または特別の雇用管理を必要とする二十六業務とそれ以外の業務の二本立てにしたという点です。この二本立てにいたした理由はどういう考えに基づくものでしょうか。この点、まず御回答いただきたいと思います。

第146回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第1号(1999/10/29、41期、公明党・改革クラブ)【議会役職】

○河上委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き私が委員長の重責を担うことになりました。  委員各位の御支援と御協力をいただきまして、公平、円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの桜田義孝君の動議に御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       小林 多門君    桜田 義孝君       下村 博文君    西川 公也君       石毛えい子君    松本 惟子君……

第146回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第2号(1999/11/11、41期、公明党・改革クラブ)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  この際、堺屋経済企画庁長官並びに小池経済企画政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、これを許します。経済企画庁長官堺屋太一君。
【次の発言】 次に、経済企画政務次官小池百合子さん。
【次の発言】 物価問題等国民の消費生活に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として、下村君の質疑に際し、運輸省自動車交通局長縄野克彦君、矢島君の質疑に際し、経済企画庁国民生活局長金子孝文君、中川さんの質疑に際し、公正取引委員会事務総局審査局長平林英勝君及び公正取引委員会事務総局経済取引局取引部長上杉秋……

第146回国会 消費者問題等に関する特別委員会 第3号(1999/12/15、41期、公明党・改革クラブ)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今国会、本委員会に付託されました請願は、遺伝子組換え作物の表示と見直しに関する請願外十七件であります。各請願の取り扱いにつきましては、先刻の理事会で慎重に協議いたしましたが、採否の決定はいずれも保留することになりましたので、そのように御了承願います。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  物価問題等国民の消費生活に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審……

第147回国会 労働委員会 第2号(2000/02/24、41期、公明党・改革クラブ)

○河上委員 きょうは、二十分の短い時間でございますので、私は、均等法上の枠を超えるかもしれませんが、セクハラの問題の一端について大臣と政務次官の御意見をお伺いしたい、こういう視点であえて質問をさせていただきたいと思います。  昨年の四月に、均等法の改正に伴いまして、セクハラ防止に関する企業の配慮義務が盛り込まれました。均等法施行後間もなく一年を迎えるわけでありますが、その効果が適切にあらわれているかどうかということが大切なことだろうと思っております。  そこでまず、セクハラに関する苦情などの実態が、均等法施行以前と施行後、どのように変化してきているのかな、対価型そして環境型の両面から、その実態……

第147回国会 労働委員会 第5号(2000/03/24、41期、公明党・改革クラブ)

○河上委員 おはようございます。公明党・改革の河上でございますが、きょうは二十分でありますので、早速質問に入らせていただきたいと思っております。  今回の雇用保険法の改正の最大の柱は、給付日数体系の見直し、この点にあると思います。従来の、年齢のみに依存しました給付日数体系を見直して、離職の理由に応じて給付日数にめり張りをつける、給付の重点化を図るというものでありますが、例えば、四十五歳以上五十九歳以下、勤続二十年以上の者で比較をしてみますと、離職理由によって、片や百八十日、片や現行よりも手厚い三百三十日と、百五十日間の差が生じることになるわけでありまして、このような差を制度的に設けることは、私……

第147回国会 労働委員会 第9号(2000/04/21、41期、公明党・改革クラブ)

○河上委員 この審議に先立ちまして、先日私は、横浜港の港湾労働の一端を視察してまいりました。  確かに、はしけを利用し荷物を肩に担ぐ旧来の荷役作業というものも一部分ありましたけれども、大型機械を利用してコンテナが次々に運ばれてくる光景はまさに圧巻でありました。著しく近代化をしていらっしゃるな、これが素直な実感でございまして、現在の荷役作業等は技術や技能を持つ労働者でないと十分対応できないということ、まずこの点について見聞をいたしてまいりました。  さらにまた、コンテナターミナルで、仕事の変動に対応するために、一人の作業員がフォークリフトやクレーン、あるいは大型特殊などの資格を取得するように勧め……

第147回国会 労働委員会 第10号(2000/04/28、41期、公明党・改革クラブ)

○河上委員 きょうは二十分でございますので、早速質問に入りたいと思います。  国際化しております企業の競争力を確保することを目的といたしまして、平成九年以来、会社合併法制の合理化、あるいは持ち株会社の創設のための株式交換制度などの導入、また産業競争力強化を目指しました産業活力再生特別措置法の制定など、企業の組織の再編成を容易にするための法整備というものが着実に進められてまいっております。  しかし、一方では、企業の組織再編などが労働者に少なからず影響を与えることから、これらの問題に対応するための労働者保護に関する法制というものも求められております。  確かに、労働関係の承継に関する明確なルール……

第147回国会 労働委員会 第11号(2000/05/10、41期、公明党・改革クラブ)

○河上委員 前回、私は、勤労者の不安を解消するという観点から、特に解雇を中心として質問をいたしてまいりました。きょうは、労働条件という観点から、時間も二十分でありますので、数点質問をさせていただきたいと思っております。  申し上げましたように、会社分割など企業の再編に伴いまして、勤労者は、解雇の不安、あるいは労働条件がまた低下するのではないかという不安があります。  今申し上げましたとおり、前回、解雇についての観点から、私は、会社分割に際して解雇をされるようなことはないのかという質問をいたしました。労働省からは、その際解雇されることはないという答弁があったわけでございますが、今申し上げましたよ……


42期(2000/06/25〜)

第150回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第7号(2000/11/06、42期、公明党)

○河上委員 私どもで一時間を得ましたが、ちょっと食い込みましたので、早速、前置きはなしにいたしまして、きょうは野党に対する質問を中心に何点か確認をいたしたいと思います。  今いろいろと議論がございました。それは私の方からもまた具体的にもう一点お尋ねをしたいと思っておりますが、その前に、私どもは、今回あっせん利得処罰法という法律を提出いたしましたが、政治の質を変え、そして政治公務員の廉潔性を確保し、国民の信頼を保護するという観点から、与党三党といたしまして真摯な検討を重ねまして、このいわゆるあっせん利得処罰法案を今国会に提出したわけでございます。  野党各党も、あっせん利得処罰法案を今国会の最重……

第150回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第9号(2000/11/08、42期、公明党)

○河上委員 大分時間が押しておりますので、すぐ質問に入りたいと思います。  前回に引き続きまして、私は、私設秘書の概念について野党の皆さん方にお尋ねをしたいと思います。  今小林委員からもお話がありました。一口に私設秘書と言っても非常にさまざまでございまして、専ら政治活動を補佐する者、あるいは専ら事務所の受付業務に従事するいわゆる事務職員という人たち、あるいは運転業務だけ専属でやっている方、加えて申し上げれば、パートやあるいはアルバイトとして政治活動の一部あるいは事務に携わっている方々もいらっしゃる。こうして考えてみますと、その態様というものは非常に千差万別でございます。  昨日、参考人質疑で……

第150回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第10号(2000/11/09、42期、公明党)

○河上委員 私は、自由民主党、公明党並びに保守党の与党三党を代表して、ただいま議題となりました、いわゆるあっせん利得処罰法案につきまして、賛成の討論を行うものであります。  今日、これまでのような官僚主導では、政策立案と改革の実現は困難になりつつあります。政治には、今や総合的な政策を立案し、これらの変化にスピーディーに対応することが強く求められています。  このとき、この状況において、政治の担い手である政治に携わる公務員は、みずからの政治活動を律する必要があるとの決意のもと、今回、あっせん利得処罰法案の成立を期することは時代の要請であると考えるものであります。  与党案は、政治に携わる公務員の……

第150回国会 労働委員会 第2号(2000/11/15、42期、公明党)

○河上委員 労災保険の審議に入りましたが、きょうは、初めに労災のお話を少し伺うとともに、後ほど、やや法律から外れますが、雇用保険のいわゆるあぶれ手当と言われるものに対する事件の概要についてちょっと御質問をさせていただきたいと思っております。  この労災保険というものは、全事業主の負担によります保険料が主たる財源になっているものでございますが、今回、二次健康診断等給付の対象にしています脳・心臓疾患、いわゆる生活習慣病とも呼ばれておりますが、食事など私生活の状態も大いに発症に関係する疾病である、このように思うわけでございますが、こうした疾病の予防につきまして労災保険で対応するということ、この理由に……

第151回国会 国土交通委員会 第2号(2001/02/23、42期、公明党)

○河上委員 きょうはいろいろと都合がございまして、午後の一番バッターでございましたが、最終バッターになりました。  これまでの議論を伺っておりまして、やや重複というより、かなり重複するところがあるかもしれませんが、それぞれ、私も現地に行ってまいりましたので、それらを踏まえて質問をさせていただきたいと思います。  大臣からもございましたが、初めに、去る一月の二十六日、JR新大久保駅でとうとい命を失われた韓国留学生イ・スヒョンさん及び関根史郎さんに心から哀悼の意をささげるとともに、その勇気ある行動に衷心から敬意を表するものでございます。  そして、一月の三十一日、日航機のニアミスによりまして負傷さ……

第151回国会 国土交通委員会 第3号(2001/03/09、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。  三十分でございますから、早速質問に入ります。  これまでの立体交差化及び構造改良の指定状況を見ていますと、どうも期限末の一、二年間に集中をしているという実態がございます。もちろん、さまざまな事情があると思います。その指定がおくれる理由の大きな要因の一つとして、鉄道事業者と道路管理者の調整が済んだものから指定をしているのではないのか、この点が指摘されるところでございます。  今般、このような実態を踏まえて、改善案といたしまして、都道府県知事の申し出制度あるいは裁定制度の導入というものが盛り込まれるわけでございますが、この改正によって、従来と比較をいたしま……

第151回国会 国土交通委員会 第5号(2001/03/16、42期、公明党)

○河上委員 ただいま議題となりました高齢者の居住の安定確保に関する法律案に対する附帯決議案につきまして、自由民主党、民主党・無所属クラブ、公明党、自由党、保守党及び21世紀クラブを代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文はお手元に配付してありますが、その内容につきましては、既に質疑の過程において委員各位におかれましては十分御承知のところでありますので、この際、案文の朗読をもって趣旨の説明にかえることといたします。     高齢者の居住の安定確保に関する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、特殊法人等への事務・事業の委託(特殊法人等の業務の追加)等については、行政……

第151回国会 国土交通委員会 第7号(2001/03/27、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。きょうは、参考人の皆様には、大変御多忙の折、当委員会に参考人として御出席いただきましてありがとうございました。  初めに家田参考人にお尋ねをしたいんですが、先ほど意見陳述の中で、鉄道事故の大きな項目の2の最後の(3)の中で、「事故調査体制整備のあり方」という項目がございますが、実効性、機動性のある効率的な調査機関を極力迅速に整備するという御指摘がございました。特に技術面あるいは組織面の観点から整備が必要だ、こういう意見陳述がございましたが、参考人におかれましては、この組織的側面における整備というのは、具体的に言うとどんなことをイメージされているのか、家田参……

第151回国会 国土交通委員会 第8号(2001/03/28、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。  三十分でございますので、早速質問に入りたいと思いますが、その前に、大臣には、昨夜は御苦労さまでございました。前回、前々回、その前と三回ぐらい私も質問いたしましたが、大臣の参議院あるいは他委員会への御出席のもとで、いつも調整弁の役割を持たせていただきました。ここで目の前で大臣に質問するのはきょうが初めてでありますので、具体的な観点から質問をさせていただきたいと思いますので、大臣もまたよろしくお願いいたします。  航空事故調査委員会が設置法に基づいて昭和四十九年一月に設置をされたのに対しまして、鉄道事故調査におきます事故調査検討会というのが、法的権限のない……

第151回国会 国土交通委員会 第13号(2001/05/23、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。  きょうは、参考人の皆様方には、大変に御多忙の折、ありがとうございます。  早速質問に移らせていただきますが、まず大塚参考人にお願いを申し上げたいと思います。  実は、きょう参考人として御出席していただかない方の中に、駅周辺の飲食店やら、あるいは旅館を経営する方等々いらっしゃいます。今回、中小企業者への配慮に関する事項が指針の中で盛り込まれております。完全民営化に伴いまして、まさに民民の調整になるわけでありますが、今申し上げたこの配慮について、どのようなお考えで臨むのか。できれば、具体的な事例があれば、それを挙げて御説明いただければ幸いです。

第151回国会 国土交通委員会 第14号(2001/05/25、42期、公明党)

○河上委員 二十分でございますから、早速質問に入りたいと思います。  国鉄改革以来十四年を経まして、改革は一定の成果を上げる中で、今回、本州三社の完全民営化の改正案が審議をされているわけでございます。しかし、お話が出ましたように、三島会社あるいはJR貨物はいまだ厳しい経営状態にある。そこで、申し上げましたように二十分でございますので、きょうは、三島会社及びJR貨物の中の特に貨物の問題について、具体的にお尋ねを申し上げたいと思っております。  まず最初に、今回の改正法の附則第二条におきまして、いわゆるローカル線の維持に関する事項が指針に盛り込まれることになっています。また、JR本州三社において正……

第151回国会 国土交通委員会 第18号(2001/06/05、42期、公明党)

○河上委員 大臣、けがをなさったということでした。冒頭、お見舞いを申し上げます。大事に至らずよかったと思います。終盤を迎えましたし、いよいよ参議院選も近くなりましたので、どうぞお体を大切にしていただきたいと思います。  早速質問に入ります。  本改正案が、非常に放置艇が多くなっておる、そういうところで、きちっと処理をしていこう、その趣旨には全く賛成でございますので、私どもとしても大変結構である、あとは効果をきちっとどのようにしていくか、後ほど時間があれば質問をさせていただきたいと思いますが、きょうは、ややそこから離れまして、今回登録業務を新たに追加する小型船舶検査機構、これらに対する課題につい……

第151回国会 国土交通委員会 第21号(2001/06/12、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上覃雄と申します。参考人の皆様方には、本日は、大変に御多忙の折、ありがとうございます。  早速質問に入りますが、まず森地参考人に。  今回の改正案は、事前説明会の開催の義務づけあるいは公聴会の義務づけ、第三者機関の意見聴取、事業認定理由の公表などを盛り込まれております。この改正によって地域住民の声というものが十分に反映されるとお考えか、また公共事業の事業規模、対象事業の公益性などによって関係者の意見の反映の仕方に工夫が必要であるのかなと私は考えるのですが、どのようにお考えでしょうか。
【次の発言】 先ほど陳述の中で大変参考になるお話をいただきました。時間管理の概念の導入の……

第151回国会 国土交通委員会 第22号(2001/06/13、42期、公明党)

○河上委員 本を持ってきませんでしたのでサインは求めませんが、土地収用法の改正につきまして、何点か質問をさせていただきます。  今回の改正が、事前説明会や公聴会を義務づけたことを初めといたしまして、第三者機関の意見聴取、認定理由の公表、私は、現行法に比べまして透明性、公平性、合理性が確保されました点におきましては、大きな前進であり、一定の評価をするものでございます。  しかし、一方、これまで土地収用法の執行に当たりましてさまざまな問題が起きてきたことも事実でございます。こうした背景の一つに、認定されました事業が地域住民に十分な理解が得られなかったこと等が指摘をされております。  当事者を初め地……

第153回国会 国土交通委員会 第2号(2001/11/09、42期、公明党)

○河上委員 十分でございますが、なるべく五分程度で終わりにしたいと思いますので、答弁も簡潔によろしくお願いいたします。  きょうは、自動車事故対策センターによる介護料支給制度について質問をいたしたいと思います。  自賠責保険料の運用利子を財源といたしまして、自動車事故によって頭部または脊髄に損傷を受け、常時介護を必要とする重度後遺障害者を抱える家族の精神的、肉体的、経済的負担の軽減を図るために介護料を支給するものとなっております。これまでは、常時介護が必要な重度後遺障害者の中でも、特に最重度の被害者を対象に介護料を支給してまいりました。しかし、今後は、労災保険制度を参考にいたしまして、常時介護……

第153回国会 国土交通委員会 第5号(2002/01/10、42期、公明党)

○河上委員 私の与えられた時間は二十分でございますので、極力簡潔に質問をいたしたいと思いますが、よろしくお願いを申し上げます。  今回の不審船の対応を通じまして、危機管理における情報の共有あるいは情報の的確な伝達ということが極めて重要であると改めて痛感をいたしております。  海上自衛隊のP3Cが不審船を発見いたしまして、防衛庁から海上保安庁に情報が通報された以降、警察機関である海上保安庁が第一義的に対処をした対応というものはやむを得ないものであったと私は考えております。しかし、海保の要員の負傷あるいは不審船の沈没、乗組員の行方を見失った結果など、反省すべき点もあるのではないかと思っておりますし……

第154回国会 経済産業委員会 第3号(2002/03/15、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。  参考人の皆さんには、大変にありがとうございます。十分間でございますので、要を得て私も質問をいたします。よろしくお願いを申し上げたいと思います。  港参考人にお尋ねをしたいと思いますが、先生の文献を読ませていただきまして、IT革新を積極的に活用する、その方向性を私も共有できるわけでございますが、コスト面などさまざまな課題も多いわけでございまして、また国際競争力というものが激化する、中小企業は非常にその意味では、その点からいえば欠けているわけでございまして、しわ寄せがさらに一層進むのではないのか、こういう心配もあるわけでございます。  そこで、IT革新時代……

第154回国会 経済産業委員会 第8号(2002/04/10、42期、公明党)

○河上委員 今回の弁理士法改正では、侵害訴訟の代理人となるための能力担保措置として弁理士会が研修を行うこととなっておりますが、この研修の効果を上げるために、特許庁は、講師の派遣などにつきましての支援をどのようにお考えでしょうか。
【次の発言】 きょうは法務省にもおいでいただいておりますので、ただいまの点につきまして、裁判所や弁護士会、司法研修所等いろいろあると思いますが、この機関に対しまして講師の派遣要請をした場合、法務省としてはどのような対応をお願いできますか。
【次の発言】 ぜひとも、新しい改正でこのような訴訟代理権の一部が付与されるわけでございますので、どうぞしっかりお取り組みいただきた……

第154回国会 経済産業委員会 第12号(2002/04/23、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。本日は、大変に御多忙の中ありがとうございます。  まず、時間が十分でございますので、勝俣参考人にお尋ねをいたします。  これまで電気事業者の皆さんが、新エネの研究開発を初め、新エネルギーの余剰電力の購入やグリーン電力制度の導入など、その普及促進に対しまして自主的に、積極的に取り組んでまいられたことはよく承知をいたしておりますが、今回、電気事業者に毎年一定量の新エネルギーの利用を義務づける法案が提出をされておりまして、今後のエネルギーの政策におきましては大きな転換点になるというふうに考えます。しかし、この制度もまだ諸外国では十分な評価も得ていないところでござ……

第154回国会 経済産業委員会 第16号(2002/05/21、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。最後の十分でございますので、お疲れでございましょうが、どうぞよろしくお願いを申し上げます。  秋元参考人にお伺いいたしますが、経団連では自主行動計画など、地球温暖化を初めといたしまして、エネルギーをめぐる諸課題の解決についていろいろとお取り組みをなさっていると認識をいたしております。  エネルギー政策基本法の第十条では、法制上、財政上または金融上の措置について定めておりますが、経団連におきます温暖化対策への取り組みなどをサポートする上で、政府に期待する措置としてどのようなものをお考えか、まずこの点について御見解を賜りたいと思います。

第154回国会 経済産業委員会 第19号(2002/05/31、42期、公明党)

○河上委員 九番バッターでございまして、きょうは十番バッターまでおりますので、あと一時間、よろしくお願いをしたいと思います。  最初に、一昨日の質疑で、リサイクルに要する費用についての議論にやや混乱があったように感じました。  そこで、国民の、そしてユーザーに御理解を十分得るということは最も大切なことでありますし、議論が未整理のまま進むことは余りよろしくない、こういう意味で、最初にその点について再度整理をして御答弁をお願いしたい、私はこう思っておりまして、質問をいたしたいと思います。  メーカーに払い渡される料金よりも実際のリサイクルコストが低かった場合の料金についての考え方と、メーカーに払い……

第154回国会 経済産業委員会 第25号(2002/07/02、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。  お三人の参考人の方々には、お忙しいところ大変ありがとうございます。  十市参考人と新井参考人にお尋ねをいたしたいと思いますが、アジアの石油の輸入が急増している実態について、今後のエネルギー需給を考えた場合に、アジア地域の需要増というものが我が国の安定供給に大きな影響を及ぼす可能性がある。また、アジア地域の国々は、我が国のように石油危機を実質的に経験いたしておりません。そのため、エネルギー安全保障上の不安がないとは言い切れない、あるかもしれないというふうに考えるわけですが、この観点から、我が国としてアジア諸国に対して、エネルギー安全保障を強化する上からど……

第154回国会 経済産業委員会 第26号(2002/07/03、42期、公明党)

○河上委員 長時間にわたります御審議、大変御苦労さまでございます。私と、あと保守党の西川先生の三十分ずつでございますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。  まず最初に、エネルギー施策の方向性につきまして、石油公団廃止の議論の前に、政府のエネルギー政策全体についての認識と、そして政策のあり方についてお尋ねをいたしたいと思っております。  まず一つ目でございますが、世界のエネルギー需要というものは、今後、アジアを中心とする発展途上地域の需要の伸びによりまして、二〇二〇年には九七年比で五七%も伸びる見通しもございます。このうち、半分近くはアジア地域に集中するということです。  特に、このア……

第154回国会 経済産業委員会 第27号(2002/07/05、42期、公明党)

○河上委員 石油公団廃止法につきまして、三十時間近く議論をいたしてまいりました。主に行革の観点、そしてまた石油の持つ国際性、戦略性、両方非常に重要な問題であると思っておりますが、きょうは最後でございますので、二十分間、確認的な意味を含めまして質問をさせていただきたいと思っております。  きょうは石原行政改革担当大臣にお越しをいただいておりますので、行革担当大臣に幾つか質問をさせていただきたいと思っておりますが、まず、この石油公団廃止関連二法案の評価について、行革大臣の御見解を伺いたいと思っております。  この法案は、小泉内閣の柱であります一連の特殊法人改革のいわば先陣を切りますものでございまし……

第154回国会 経済産業委員会 第29号(2002/07/25、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。  ただいま同僚議員から激しい、盛り上げるお話がありましたので、少し冷静に御質問をさせていただきたいと思いますが、皆様方の厳しい現状を裏打ちするお話をいただきまして、同感の思いがいたします。  実は、つい先日も、私は神奈川県でございますが、商工会議所の会頭を初め副会頭の皆さん方と懇談をいたしまして、今お話しになられたような、そのままのお話をちょうだいいたしました。しかるべき実情、現状についても伺ったところでございます。と同時に、私も中小企業の皆さんが集積している地域、大田区もつい先日行かせていただきましたし、来週は東大阪等へ足を向けようと思っておりますし、……

第156回国会 経済産業委員会 第7号(2003/03/18、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。  持ち時間二十分ですが、実は調整しなくちゃなりませんので、手短に、私の方は、高木参考人から、まとめて三点お話をさせていただいて終わりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。  一つは、金融機関などの出身者を産業再生機構の職員といたしますと、機構の業務との間で利益相反が発生する、機構は一切採用すべきでないという意見もあるわけでございます。特に、金融機関などの出身者の採用を禁止した場合、機構の業務が円滑に運営できるのか、逆に、金融機関などの職員を採用した場合に利益相反を防止することが不可能なのかにつきまして、民間ファンドなどの例を踏まえて参考人の御意……

第156回国会 経済産業委員会 第15号(2003/05/13、42期、公明党)

○河上委員 公明党の河上でございます。きょうは、本当に貴重な御意見をいただきまして、ありがとうございます。  早速、藤参考人にお尋ねを何点かいたしたいと思いますが、海外でアンバンドルしたところでは送電設備の建設が進んでいない、このように聞いております。特に、長期的な需要の増加が見込める我が国におきまして、アンバンドルは安定供給の上からどのような問題がおありとお考えになられるか、この点からまずお伺いをいたしたいと思います。
【次の発言】 次の問題ですが、自由化と原子力の整合につきまして、平成十六年度末をめどにこれから具体的な経済措置などのあり方について検討をすることになっております。その際、事業……


43期(2003/11/09〜)

第159回国会 経済産業委員会 第3号(2004/03/12、43期、公明党)

○河上委員 公明党の河上覃雄と申します。  本日は、早朝からお出ましをいただきまして、大変にありがとうございました。  三番バッターといいますと、ほとんど、いろいろな質問も既に出ておりますので、重複を避けつつ、何点か各参考人の皆様にお尋ねをいたしたいと思っております。  中小企業の景況感につきましては、ほぼ、先ほど陳述でもお話がございましたし、ただいまのお答えの中にもございました。これらについては、基本的な認識は一致をいたしております。私も、日本商工会議所やらさまざまな団体の皆様にそうした状況を伺いますと、ほぼ同じ認識をお持ちのように思っておりますのであえてお尋ねは申し上げませんが、こうした前……

第159回国会 経済産業委員会 第5号(2004/03/19、43期、公明党)

○河上委員 おはようございます。公明党の河上でございます。  三十分間でございますので、すぐ質問に入りたいと思います。  まず最初に、中小企業金融におけるファンドの活用の意義についてお尋ねを申し上げたいと思います。  中小企業の事業再生、創業あるいは起業、この促進のために、ファンドを通じた資金供給の活性化というものが私は大変重要であると思っております。しかし、我が国のファンドは、平成三年の実績ベースで見ますと、アメリカの六兆円強、イギリスの七千億強に対しまして二、三千億円と、かなり投資規模としては小さいわけでございますが、この実績は、アメリカの三十分の一、イギリスの三分の一と、欧米に比べてかな……

第159回国会 経済産業委員会 第8号(2004/04/07、43期、公明党)

○河上委員 おはようございます。  中小企業三法に引き続きまして、本日は、ただいまお話がございましたように、国民生活に多大な影響を及ぼすだろう法案の審議に入るわけでございますが、野党第一党の欠席を大変遺憾であると思っておる次第でございます。  きょうは私だけになりそうでございますので、ぜひともよろしくお願いを申し上げたいと思っております。  今回の改正が、市場の信頼性や利便性の向上など幾つかの要点があると承知しておりますが、委託者保護の観点からいえば、大きな前進につながるものと評価をいたしております。  第一に、本年末の委託手数料の自由化を控えまして、商品取引員間の競争が激化することが予想され……

第159回国会 経済産業委員会 第15号(2004/05/14、43期、公明党)

○河上委員 公明党の河上覃雄と申します。どうぞよろしくお願いを申し上げたいと思います。  本当にきょうは御苦労さまでございます。斉藤参考人は昨日も参議院の方にお出ましをいたしたと伺っております。五月雨的になってしまうと思いますが、何点か質問をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。  初めに、産業再生機構及び中小企業再生支援協議会がスタートしてちょうど一年を超えたところでございまして、先ほどもあったと思いますが、斉藤参考人は再生機構の果たしてきたこの間の役割、また井上参考人には中小企業再生支援協議会の役割、多比羅参考人には両方含めまして、ぜひとも一年たちました御感想と、……

第161回国会 経済産業委員会 第1号(2004/10/22、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  この際、一言ごあいさつ申し上げます。  このたび、経済産業委員長に選任されました河上覃雄でございます。  御承知のとおり、我が国を取り巻く経済及び産業の諸情勢は、回復に向かっているものの、原油価格の高騰、地域間における回復のばらつきなど、懸念材料も見受けられます。  このような現状のもと、景気の安定成長に向けて、構造改革、規制改革のより一層の推進を初めとして、中小企業支援対策、エネルギー政策など、解決すべき問題は山積しております。  かかる重大なときに当たり、適切な施策を推進し、国民生活の安定と向上を図るため、本委員会に課せられた責務はまことに大きく、……

第161回国会 経済産業委員会 第2号(2004/10/27、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  議事に入るに先立ち、たび重なる台風被害及び新潟県中越地震によりお亡くなりになられた方々と御遺族の方々に衷心より哀悼の意を表し、お悔やみを申し上げます。  また、被害に遭われた方々には、一刻も早い御回復と復旧を心から願い、お見舞いを申し上げます。
【次の発言】 経済産業の基本施策に関する件並びに私的独占の禁止及び公正取引に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  両件調査のため、本日、政府参考人として内閣府産業再生機構担当室長藤岡文七君、内閣府政策統括官柴田高博君、警察庁生活安全局長伊藤哲朗君、金融庁検査局長西原政雄君、金融庁監督……

第161回国会 経済産業委員会 第3号(2004/10/29、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  本日付託になりました内閣提出、経済上の連携の強化に関する日本国とメキシコ合衆国との間の協定に基づく特定原産地証明書の発給等に関する法律案を議題といたします。  これより趣旨の説明を聴取いたします。中川経済産業大臣。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  本日は、これにて散会いたします。     午後二時九分散会

第161回国会 経済産業委員会 第4号(2004/11/05、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  議事に入るに先立ち、去る十月二十九日の委員会において、私の発言の中に、次回の委員会開催に関し、的確さを欠く部分があったことを遺憾と存じます。  今後は、一層円滑な運営に努めてまいる所存です。よろしくお願いを申し上げます。
【次の発言】 内閣提出、経済上の連携の強化に関する日本国とメキシコ合衆国との間の協定に基づく特定原産地証明書の発給等に関する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣参事官宮野甚一君、内閣官房内閣参事官林肇君、法務省入国管理局長三浦正晴君、外務省大臣官房審議官中富道隆……

第161回国会 経済産業委員会 第5号(2004/11/10、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、アメリカ合衆国の千九百十六年の反不当廉売法に基づき受けた利益の返還義務等に関する特別措置法案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として外務省経済局長佐々江賢一郎君、経済産業省通商政策局長北村俊昭君、経済産業省通商政策局通商機構部長小川恒弘君、経済産業省貿易経済協力局長中嶋誠君、経済産業省産業技術環境局長齋藤浩君及び資源エネルギー庁次長細野哲弘君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第161回国会 経済産業委員会 第6号(2004/11/12、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案並びに仙谷由人君外十六名提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  これより両案について順次趣旨の説明を聴取いたします。細田内閣官房長官。
【次の発言】 次に、提出者菊田まきこ君。
【次の発言】 これにて両案の趣旨の説明は終わりました。  次回は、来る十七日水曜日委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午前十時三十一分散会

第161回国会 経済産業委員会 第7号(2004/11/17、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案並びに仙谷由人君外十六名提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として公正取引委員会事務総局経済取引局長伊東章二君、公正取引委員会事務総局審査局長楢崎憲安君、警察庁刑事局長岡田薫君、法務省大臣官房長小津博司君、経済産業省大臣官房商務流通審議官迎陽一君、経済産業省大臣官房審議官舟木隆君及び国土交通省大臣官房審議官中島正弘君の出席を求め、説明を聴取いた……

第161回国会 経済産業委員会 第8号(2004/11/19、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案並びに仙谷由人君外十六名提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として公正取引委員会事務総局経済取引局長伊東章二君、公正取引委員会事務総局経済取引局取引部長山木康孝君、公正取引委員会事務総局審査局長楢崎憲安君、総務省自治行政局長武智健二君、経済産業省貿易経済協力局長中嶋誠君、国土交通省大臣官房長峰久幸義君及び国土交通省大臣官房審議官中島正弘君の出席……

第161回国会 経済産業委員会 第9号(2004/11/24、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案並びに仙谷由人君外十六名提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として公正取引委員会事務総局経済取引局長伊東章二君、公正取引委員会事務総局経済取引局取引部長山木康孝君、公正取引委員会事務総局審査局長楢崎憲安君、資源エネルギー庁長官小平信因君及び国土交通省総合政策局長丸山博君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第161回国会 経済産業委員会 第10号(2004/11/26、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案並びに仙谷由人君外十六名提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  本日は、参考人として、社団法人日本経済団体連合会経済法規委員会競争法部会長・住友化学株式会社特別顧問諸石光熙君、社団法人経済同友会代表幹事北城恪太郎君、弁護士・日本弁護士連合会消費者問題対策委員会委員安保嘉博君、法政大学法学部教授・法学部長岸井大太郎君、弁護士・元中央大学法学部教授伊従寛君、以上五名の方々に御出席をいただいております。  この際、……

第161回国会 経済産業委員会 第11号(2004/12/01、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案並びに仙谷由人君外十六名提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として公正取引委員会事務総局経済取引局長伊東章二君、公正取引委員会事務総局経済取引局取引部長山木康孝君、公正取引委員会事務総局審査局長楢崎憲安君、経済産業省大臣官房審議官桜井俊君、資源エネルギー庁原子力安全・保安院次長三代真彰君及び国土交通省大臣官房審議官中島正弘君の出席を求め、説明を……

第161回国会 経済産業委員会 第12号(2004/12/03、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  請願の審査に入ります。  本会期中、本委員会に付託されました請願は七件であります。  本日の請願日程第一から第七までの各請願を一括して議題といたします。  まず、審査の方法についてお諮りいたします。  各請願の内容につきましては、請願文書表で御承知のことでもありますし、また、先ほどの理事会におきましても御協議願いましたので、この際、各請願につきまして紹介議員からの説明聴取等は省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  これより採決いたします。  本日の請願日程中、……

第162回国会 経済産業委員会 第1号(2005/02/18、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。  経済産業の基本施策に関する事項  資源エネルギー及び原子力安全・保安に関する事項  特許に関する事項  中小企業に関する事項  私的独占の禁止及び公正取引に関する事項  鉱業と一般公益との調整等に関する事項 以上の各事項につきまして、議長に対し、国政調査の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 経済産業の基本施策に関する件、私的独占の禁止及び公正取引に関する件並びに鉱業と一般公益との調整等に関する件について……

第162回国会 経済産業委員会 第2号(2005/02/23、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  経済産業の基本施策に関する件並びに私的独占の禁止及び公正取引に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  両件調査のため、本日、政府参考人として内閣府産業再生機構担当室長藤岡文七君、内閣府大臣官房審議官香川弘明君、財務省国際局長井戸清人君、文部科学省大臣官房審議官樋口修資君、厚生労働省大臣官房総括審議官恒川謙司君、厚生労働省大臣官房審議官岡島敦子君、厚生労働省大臣官房審議官大槻勝啓君、厚生労働省大臣官房審議官北井久美子君、厚生労働省大臣官房審議官中島正治君、厚生労働省職業安定局高齢・障害者雇用対策部長金子順一君、厚生労働省職業能力……

第162回国会 経済産業委員会 第3号(2005/03/09、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  第百六十一回国会、内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案並びに第百六十一回国会、仙谷由人君外十六名提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  お諮りいたします。  両案につきましては、第百六十一回国会におきまして既に趣旨の説明を聴取しておりますので、これを省略いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 次に、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として……

第162回国会 経済産業委員会 第4号(2005/03/11、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  第百六十一回国会、内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案並びに第百六十一回国会、仙谷由人君外十六名提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として公正取引委員会事務総局官房審議官和泉澤衞君、公正取引委員会事務総局経済取引局長伊東章二君、公正取引委員会事務総局経済取引局取引部長山木康孝君、金融庁総務企画局参事官大藤俊行君、法務省刑事局長大林宏君及び国税庁長官官房審議官岡本佳郎君の出席を求め……

第162回国会 経済産業委員会 第5号(2005/03/15、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  この際、政府から発言を求められておりますので、これを許します。中川経済産業大臣。
【次の発言】 午前十時から委員会を再開することとし、この際、休憩いたします。     午前九時四十七分休憩
【次の発言】 休憩前に引き続き会議を開きます。  経済産業の基本施策に関する件、特に中小企業問題について調査を進めます。  本日は、参考人として、愛知産業株式会社代表取締役社長井上裕之君、全国商工会連合会会長清家孝君、全国電機商業組合連合会副会長北原國人君、東成エレクトロビーム株式会社代表取締役社長上野保君、以上四名の方々に御出席をいただいております。  この際、参……

第162回国会 経済産業委員会 第6号(2005/03/16、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、中小企業経営革新支援法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として金融庁総務企画局審議官振角秀行君、金融庁証券取引等監視委員会事務局長長尾和彦君、文部科学省大臣官房審議官山中伸一君、文部科学省大臣官房審議官小田公彦君、経済産業省大臣官房商務流通審議官迎陽一君、資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長岩井良行君、中小企業庁長官望月晴文君及び国土交通省大臣官房審議官阿部健君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第162回国会 経済産業委員会 第7号(2005/03/23、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、原子力発電における使用済燃料の再処理等のための積立金の積立て及び管理に関する法律案、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律案の両案を議題といたします。  これより順次趣旨の説明を聴取いたします。中川経済産業大臣。
【次の発言】 これにて両案の趣旨の説明は終わりました。  次回は、来る三十日水曜日午前十時五十分理事会、午前十一時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午後零時十七分散会

第162回国会 経済産業委員会 第8号(2005/03/30、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、原子力発電における使用済燃料の再処理等のための積立金の積立て及び管理に関する法律案、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律案の両案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として資源エネルギー庁長官小平信因君、資源エネルギー庁電力・ガス事業部長安達健祐君、資源エネルギー庁原子力安全・保安院長松永和夫君、資源エネルギー庁原子力安全・保安院次長三代真彰君及び環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長南川秀樹君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか……

第162回国会 経済産業委員会 第9号(2005/04/01、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、有限責任事業組合契約に関する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として金融庁総務企画局審議官振角秀行君、財務省大臣官房審議官佐々木豊成君、国税庁課税部長竹田正樹君、経済産業省大臣官房審議官寺坂信昭君、経済産業省大臣官房審議官宮本武史君、経済産業省経済産業政策局長北畑隆生君、経済産業省産業技術環境局長齋藤浩君及び中小企業庁長官望月晴文君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第162回国会 経済産業委員会 第10号(2005/04/08、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  資源エネルギー及び原子力安全・保安に関する件について調査を進めます。  本件調査のための関西電力美浜発電所三号機二次系配管破損事故現場の視察につきまして、その概要を私から御報告申し上げます。  去る六日、福井県美浜町の関西電力株式会社美浜発電所を視察いたしました。当日の参加委員は、私を含め、河村建夫理事、吉田治理事など十五名であります。  御承知のように、昨年八月九日に発生した美浜発電所三号機二次系配管破損事故は、死傷者十一名を出す国内原子力発電史上最悪の事故であり、エネルギーを所管する私どもとしては、この事故を非常に重く受けとめております。先月三十日……

第162回国会 経済産業委員会 第11号(2005/04/15、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  資源エネルギー及び原子力安全・保安に関する件、特に関西電力美浜発電所三号機二次系配管破損事故についての最終報告書について調査を進めます。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  本件調査のため、本日、参考人として美浜発電所三号機二次系配管破損事故調査委員会委員長朝田泰英君、電気事業連合会会長・総合政策委員会議長藤洋作君、関西電力株式会社取締役会長秋山喜久君及び関西電力株式会社取締役辻倉米蔵君の出席を求め、意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  ……

第162回国会 経済産業委員会 第12号(2005/04/20、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  資源エネルギー及び原子力安全・保安に関する件について調査を進めます。  この際、平井卓也君外二名から、自由民主党、民主党・無所属クラブ及び公明党の三派共同提案による原子力発電の安全確保に関する件について決議すべしとの動議が提出されております。  提出者から趣旨の説明を求めます。吉田治君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  採決いたします。  本動議に賛成の諸君の起立を求めます。
【次の発言】 起立多数。よって、本件を本委員会の決議とすることに決しました。  この際、中川経済産業大臣からただいまの決議に対し発言を求められておりますので、……

第162回国会 経済産業委員会 第13号(2005/04/22、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、原子力発電における使用済燃料の再処理等のための積立金の積立て及び管理に関する法律案、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律案の両案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  両案審査のため、本日、政府参考人として内閣府大臣官房審議官塩沢文朗君、外務省経済局長石川薫君、財務省主計局次長杉本和行君、文部科学省大臣官房審議官森口泰孝君、文部科学省科学技術・学術政策局原子力安全監片山正一郎君、文部科学省研究開発局長坂田東一君、経済産業省地域経済産業審議官薦田康久君、資源エネルギー庁長官小平信因君、資源エネルギ……

第162回国会 経済産業委員会 第14号(2005/05/11、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、商標法の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として公正取引委員会事務総局経済取引局取引部長山木康孝君、経済産業省経済産業政策局長北畑隆生君、経済産業省製造産業局長石毛博行君、特許庁長官小川洋君、特許庁審査業務部長脇本眞也君、中小企業庁長官望月晴文君及び国土交通省鉄道局次長杉山篤史君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第162回国会 経済産業委員会 第15号(2005/05/13、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  経済産業の基本施策に関する件並びに私的独占の禁止及び公正取引に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  両件調査のため、本日、政府参考人として公正取引委員会事務総局経済取引局取引部長山木康孝君、総務省大臣官房審議官河野栄君、外務省大臣官房審議官西宮伸一君、文部科学省大臣官房審議官木谷雅人君、農林水産省農村振興局整備部長南部明弘君、経済産業省通商政策局長北村俊昭君、経済産業省通商政策局通商機構部長小川恒弘君、経済産業省産業技術環境局長齋藤浩君、経済産業省製造産業局長石毛博行君、経済産業省商務情報政策局長豊田正和君、資源エネルギー庁……

第162回国会 経済産業委員会 第16号(2005/05/18、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、不正競争防止法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、参考人として日本道路公団副総裁内田道雄君の出席を求め、意見を聴取し、また、政府参考人として内閣官房知的財産戦略推進事務局長荒井寿光君、内閣府大臣官房審議官中村吉夫君、金融庁総務企画局審議官鈴木勝康君、総務省総合通信基盤局電気通信事業部長江嵜正邦君、財務省大臣官房審議官青山幸恭君、文化庁次長加茂川幸夫君、経済産業省大臣官房審議官舟木隆君、経済産業省大臣官房審議官岩田悟志君、経済産業省経済産業政策局長北畑隆生君、特許庁長官小川洋君、特……

第162回国会 経済産業委員会 第17号(2005/06/08、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、不正競争防止法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として公正取引委員会事務総局経済取引局取引部長山木康孝君、公正取引委員会事務総局審査局長楢崎憲安君、厚生労働省職業安定局次長高橋満君、経済産業省大臣官房商務流通審議官迎陽一君、経済産業省大臣官房審議官舟木隆君、経済産業省経済産業政策局長北畑隆生君、経済産業省製造産業局長石毛博行君、資源エネルギー庁長官小平信因君、特許庁長官小川洋君、特許庁総務部長澁谷隆君、国土交通省大臣官房技術参事官中尾成邦君及び国土交通省道路局次長増田……

第162回国会 経済産業委員会 第18号(2005/06/10、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、エネルギーの使用の合理化に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として経済産業省産業技術環境局長齋藤浩君、資源エネルギー庁長官小平信因君、資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長岩井良行君、国土交通省大臣官房審議官和泉洋人君及び国土交通省総合政策局次長平田憲一郎君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第162回国会 経済産業委員会 第19号(2005/06/14、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、エネルギーの使用の合理化に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、参考人として、社団法人日本経済団体連合会環境安全委員会共同委員長山本一元君、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授石谷久君、株式会社住環境計画研究所代表取締役中上英俊君、気候ネットワーク代表・弁護士浅岡美恵君、以上四名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人各位に一言ごあいさつ申し上げます。  本日は、御多用のところ本委員会に御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。参考人各位におかれましては、それぞれのお立場から忌憚のない……

第162回国会 経済産業委員会 第20号(2005/06/15、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、エネルギーの使用の合理化に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として経済産業省大臣官房商務流通審議官迎陽一君、経済産業省産業技術環境局長齋藤浩君、資源エネルギー庁長官小平信因君、資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長岩井良行君、国土交通省総合政策局次長平田憲一郎君、国土交通省土地・水資源局水資源部長仁井正夫君、国土交通省住宅局長山本繁太郎君、国土交通省自動車交通局次長松尾庄一君、気象庁長官長坂昂一君、環境省地球環境局長小島敏郎君及び環境省環境管理局長小林……

第162回国会 経済産業委員会 第21号(2005/07/15、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  経済産業の基本施策に関する件、特に企画室研究費問題等について調査を進めます。  この際、政府から発言を求められておりますので、これを許します。中川経済産業大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として人事院事務総局人材局長藤野達夫君、経済産業省大臣官房長鈴木隆史君、経済産業省大臣官房総務課企画室長佐味祐介君、経済産業省経済産業政策局長北畑隆生君、経済産業省経済産業政策局産業構造課長森川正之君及び経済産業省製造産業局長石毛博行君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

第162回国会 経済産業委員会 第22号(2005/08/02、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  資源エネルギー及び原子力安全・保安に関する件、特に原子力政策について調査を進めます。  この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  本件調査のため、本日、参考人として原子力委員会委員長近藤駿介君、電気事業連合会専務理事伊藤範久君、六ケ所村長古川健治君、社団法人日本電機工業会原子力政策委員会最高顧問・株式会社東芝執行役専務庭野征夫君の出席を求め、意見を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 この際、参考人各位に一言ごあいさつを申し上げます。  本……

第162回国会 経済産業委員会 第23号(2005/08/03、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 これより会議を開きます。  経済産業の基本施策に関する件、特に特別会計、アスベスト問題等について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として財務省主計局次長松元崇君、文部科学省大臣官房審議官藤木完治君、厚生労働省労働基準局安全衛生部長小田清一君、厚生労働省労働基準局労災補償部長森山寛君、農林水産省大臣官房審議官佐久間隆君、経済産業省大臣官房長鈴木隆史君、経済産業省大臣官房総括審議官石田徹君、経済産業省大臣官房地域経済産業審議官薦田康久君、経済産業省大臣官房商務流通審議官迎陽一君、経済産業省経済産業政策局長北畑隆生君、経済産業省貿易経済協……


各種会議発言一覧(衆議院)

39期(1990/02/18〜)

第118回国会 予算委員会第一分科会 第1号(1990/04/26、39期、公明党・国民会議)

○河上分科員 私は、厚木基地のNLPの問題並びに硫黄島の整備について質問をさせていただきたいと思います。  まず、硫黄島等の関連施設の問題でございますけれども、現在、硫黄島のNLP暫定使用に伴う関連施設の整備の進捗状況並びに完成時期の目安等についてお尋ねしたいと思います。
【次の発言】 NLPの硫黄島暫定使用につきまして小笠原村との間に合意ができました段階で、施設庁は早ければ本年秋ごろから訓練を開始したい旨の意向と聞き及んでおりましたけれども、ただいまの説明あるいは進捗状況の上から果たしてそれが可能なのかどうか、この点についてお尋ねしたいと思います。

第118回国会 予算委員会第七分科会 第1号(1990/04/26、39期、公明党・国民会議)

○河上分科員 私は、陸運支局並びに自動車検査登録事務所の分割の件につきまして御質問をいたしたいと思います。  まず、支局並びに登録事務所等の業務の内容につきまして御説明いただきたいと思います。
【次の発言】 先日、埼玉県の春日部事務所が誕生しているわけでございますが、このような登録事務所が新たに設置される場合の基準についてお伺いしたいと思います。
【次の発言】 過日分割されましたこの春日部事務所、その場合、以前は埼玉支局に位置したわけでございますけれども、この埼玉支局につきましてのまず車の保有台数はどれくらいあったのか、そして車検扱いの台数は、さらに一日の検査の台数、そしてそこにおける職員数、……

第120回国会 予算委員会第四分科会 第2号(1991/03/12、39期、公明党・国民会議)

○河上分科員 時間に限りがございますので、端的に御質問をさせていただきたいと思います。  まず、ゴールドプラン策定後、ホームヘルパー、ショートステイ、デイサービスは平成二年度でどのぐらいふえたのかお尋ねしたいと思います。
【次の発言】 次に、ボランティアの確保という観点から。このボランティア、どのような施策を講じていらっしゃるのか、具体的にお尋ねをいたしたいと思います。
【次の発言】 今もお話が出ましたホームヘルパー、これは地位の向上を図るべきだと思っておりますし、給与の側面あるいは労働条件の改善、さらには、社会的に大切な仕事になるわけでございますので、もう少ししっかりとした認知も必要ではない……

第120回国会 予算委員会第七分科会 第2号(1991/03/12、39期、公明党・国民会議)

○河上分科員 私は、普通郵便局の設置の問題につきましてお尋ねをいたしたいと思います。  市制施行地で集配郵便局のない自治体がございますが、集配郵便局を設置する場合の基本的な考え方についてまずお尋ねをいたしたいと思います。
【次の発言】 私の居住する区域の中に綾瀬という市があるわけでありまして、この綾瀬市は特定郵便局が三局あって、普通郵便局はございません。市からもさまざまな要請、要望等が郵政省当局に参っておることと思いますけれども、この綾瀬市、国の機関がほとんどないというのが現状でございまして、警察署もございません。そして保健所等もございません。しかも全く駅がない。綾瀬市を通過するのは新幹線の素……

第120回国会 予算委員会第八分科会 第1号(1991/03/11、39期、公明党・国民会議)

○河上分科員 私は、地震の問題につきましてお尋ねをしたいと思います。  改めて言うまでもありませんが、我が国は環太平洋地震帯に位置しておりまして、地殻変動が厳しく、地震活動が活発でございます。日本の国土と周辺の大陸棚の面積は世界の総面積の〇・一%にすぎないとされておりますが、そこから放出される地震のエネルギーというものは地球全体の約一割を占めて、その結果我が国におきましては、マグニチュード八クラスの巨大な地震が十年に一回、マグニチュード七クラスの大地震が年に一回程度で発生をしております。最近とみに言われておりますが、相模湾西部、小田原周辺でございますけれども、マグニチュード七クラスの地震の発生……

第123回国会 予算委員会第一分科会 第2号(1992/03/12、39期、公明党・国民会議)

○河上分科員 私は厚木基地のNLPの問題から入りたいと思います。  ミッドウェーが退役いたしまして、後継艦にインディペンデンスが配備されました。インディペンデンスはミッドウェーに比べまして一回り大きい、空母の優劣を示す搭載機数も、はるかに上回っているわけでありまして、F14トムキャットを初め攻撃力、戦闘力は、ミッドウェーよりもはるかにすぐれておる。このインディペンデンスの配備に伴いまして、厚木基地周辺の住民は、従来にも増して不安感を持っているところであります。  実は、私もこの厚木基地の周辺に住まいを構えておりまして、我が家の上空はNLPがありますと、飛ぶ音のすさまじさのすべてを認識をしている……

第123回国会 予算委員会第五分科会 第2号(1992/03/12、39期、公明党・国民会議)

○河上分科員 早速質問に入ります。  まず、トリクロロエチレンは無色透明の有機化合物でございまして、金属の脱脂洗浄あるいは各種溶剤等に広く用いられております。しかし、地下浸透をしますと分解が困難になるために、地下水の汚染が生じた事例もたくさんあるわけでございます。このトリクロロエチレンの人体への影響といたしまして、神経障害などを生じさせるおそれがありますほか、巷間発がん性を有するとの報告もされているようでありますけれども、発がん性のある有害な物質であるのかどうか、まずお尋ねしたいと思います。
【次の発言】 トリクロロエチレンは、平成元年の四月に化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律、これに……

第123回国会 予算委員会第二分科会 第2号(1992/03/12、39期、公明党・国民会議)

○河上分科員 たばこについての広告並びに自動販売機の深夜稼働のあり方につきまして、未成年の喫煙防止という視点から質問をいたしたいと思います。  まず、たばこ広告のあり方でございますが、たばこ事業法に基づきまして、大臣の指針が平成元年十月に告示されております。日本たばこ協会がとりました施策、さまざま自主的基準を設定いたしましたが、大臣のこの告示を受けて日本たばこ協会が自主基準を強化した結果、未成年者の喫煙は減ったのか減らないのか、この点からお尋ねしたいと思います。
【次の発言】 それでは未成年者の喫煙防止に向けての対策を講じましても、その効果がはっきりわからなければ次策がとれない。ぜひその効果等……

第126回国会 予算委員会第一分科会 第2号(1993/03/05、39期、公明党・国民会議)

○河上分科員 限られた時間でございますので、簡潔にお尋ねをいたしたいと思います。お答えも簡潔にいただきたいと思います。  厚木基地、硫黄島のNLPについてお尋ねをしたいと思いますが、平成三年から硫黄島でのNLPが開始されました。まず、平成三年から五年二月までのNLPの日数と回数、硫黄島と厚木基地、それぞれに分けて御報告いただきたい。
【次の発言】 NLP代替施設のうち、隊舎の二棟は既に完成をいたしておりまして、残りの二棟も本年度末には完成すると伺っておりますが、これらの施設について、米軍の見解あるいは感想はどんなものなのか、お答えいただきたいと思います。

第126回国会 労働委員会パートタイム労働に関する小委員会 第1号(1993/04/27、39期、公明党・国民会議)

○河上小委員 御苦労さまでございます。公明党の河上でございますが、高梨先生に二点お伺いをいたしたいと思います。そして荒川参考人に二点お尋ねをしたいと思います。  高梨先生、一つは、今回の法律の性格でございますが、私ども社公民連四党共同提案で法律を出させていただきましたけれども、当然その中身については十分触れていただいたと思います。そうしますと、大変内容において性格が異なっていることにお気づきだと思います。  その点から申し上げますと、今回の政府案の法律につきましては、雇用管理の改善あるいは能力開発、向上など環境整備という側面が強いように思うわけでございますが、先生もお言葉をお使いになっていらっ……


40期(1993/07/18〜)

第129回国会 決算委員会第二分科会 第1号(1994/05/26、40期、公明党)【政府役職】

○河上政府委員 労働省所管の平成二年度決算について、その概要を御説明申し上げます。  まず、一般会計の歳出決算について申し上げます。  歳出予算現額及び歳出予算額とも四千二百二十六億三千四百四十二万円余であります。  この歳出予算現額に対しまして支出済み歳出額四千二百億八千六百七十二万円余、不用額二十五億四千七百七十万円余で決算を結了いたしま した。  次に、特別会計の決算について申し上げます。  まず、労働保険特別会計について申し上げます。  この会計は、労災勘定、雇用勘定及び徴収勘定に区分されております。  初めに、労災勘定について申し上げます。  歳入につきましては、歳入予算額二兆二千百……


41期(1996/10/20〜)

第142回国会 予算委員会第一分科会 第2号(1998/03/20、41期、平和・改革)

○河上分科員 この後すぐ、十時から常任委員会で質問がありまして、若干繰り上げてでないと間に合いませんものですから、短目にやらせていただきたいと思っております。  今、同僚議員からもお話がありました。また、後の議員の皆さん方も全く同じであると思いますけれども、本年一月早々に行われました神奈川県厚木基地におけますNLPの訓練につきましては、突然に、そして異例な形で実施された。もう十分、施設庁、防衛庁も地元の激しい苦情というものを聞き及んだと思いますけれども、私は、今後このような突然の実施をぜひとも繰り返させないために、ちょっと細かくなって大変恐縮なのですが、今回の突然のNLPにつきまして、事実確認……


43期(2003/11/09〜)

第162回国会 法務委員会財務金融委員会経済産業委員会連合審査会 第1号(2005/04/20、43期、公明党)【議会役職】

○河上委員長 次に、谷口隆義君。


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

河上覃雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書