国会議員白書トップ衆議院議員土井亨>委員会発言一覧(全期間)

土井亨 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

土井亨[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは土井亨衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 土井亨 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

44期(2005/09/11〜)

第163回国会 内閣委員会 第7号(2006/01/19、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 自由民主党の土井亨でございます。  きょうが初質問で、多少緊張しておりますが、また要領も得ない質問になるかと思いますが、ぜひよろしくお願いをさせていただきたいと存じます。  冒頭でありますけれども、先ほど官房長官から、安全対策、各省しっかりと連携をとりながら推し進めている、その対策もしっかりと構築をしているという御報告がございまして、私もその資料を拝見させていただきました。  きめ細やかに、本当に子供の安全をしっかり、地域、社会また学校含めて連携をとりながら何とか守っていこうという意気込み、そういうものを感じさせていただいております。  あとは、今議論になっておりましたように……

第164回国会 総務委員会 第13号(2006/03/17、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 ただいま議題となりました決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。     独立行政法人の組織・業務の見直しに関する件(案)   政府は次の事項について配慮すべきである。  一 独立行政法人については、行政改革推進の観点から、絶えず見直しを図り、事業の効率化、不要な事業の廃止、組織の統合等を推進するとともに、国民生活の安定と社会経済の健全な発展の観点から必要とされる事業については、重点的に充実・強化を図ること。  二 役職員については、かかる見直しを進める中にあって、役職員総数の縮減合理化を徹底……

第164回国会 総務委員会 第18号(2006/04/25、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 おはようございます。自民党の土井亨でございます。  分科会のときに、大臣には道州制を含めた地方分権につきましていろいろ御質問をさせていただきました。きょうもまた、地方自治法一部改正ということで、私自身は、本来は地方自治法のあり方というものをぜひ議論したいなというふうに思ってもおりますが、委員会で一部改正法というのが出ておりますので、その部分を若干初めにお聞かせいただきたいというふうに思っております。  先ほど葉梨委員からいろいろお話がございまして、長と議会の緊張関係、私も地方議会出身者として、本当の意味での緊張関係が保たれる地方議会制度とはどういうものだろうか。私自身が実感を……

第165回国会 総務委員会 第7号(2006/11/28、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 自由民主党の土井亨と申します。よろしくお願いをいたします。  きょうは、大変貴重な御意見を賜りまして、まず心から御礼を申し上げさせていただきます。  私、宮城県仙台出身でありまして、県議会議員も経験をさせていただいて、寺田知事さん初め北東北三県の知事さん方がいち早く広域行政、広域連携ということで取り組まれた、その姿を大変うらやましくも感じさせていただいたところでございましたし、また、そういう広域行政を展開する中で、国と地方のいろいろな摩擦やら壁というものを実感的に感じられながらの広域行政推進だったというふうに思っております。また、資料を見させていただくと、今度は北海道さんも加……

第166回国会 総務委員会 第8号(2007/03/13、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 自由民主党の土井亨でございます。六番目でございまして、質問も重複するところも多いかと思いますが、お許しをいただきたいというふうに思います。  先ほど、萩生田委員から大変厳しい御指摘をされました。NHKの改革といいますか、そういうものがまだまだ進んではいないのではないか、そういう御指摘もございました。  三カ年計画の二年目ということで、一生懸命取り組まれているとも思っておりますし、また、十九年度予算の事業計画等々、いろいろな資料を読ませていただいても、コンプライアンスの徹底、ガバナンスの強化ということと、視聴者の皆様方の信頼を回復するというような強い意気込みは感じられるんですが……

第166回国会 内閣委員会 第7号(2007/03/23、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 おはようございます。自由民主党の土井亨でございます。  きょうは三人の先生方に、十分間という短い時間でありましたけれども貴重な御意見を賜りまして、まず御礼を申し上げさせていただきます。  初めに、この法律は、国際犯罪を未然に防ぐということではまさに国際社会との協調、協力、同一歩調ということで、私は大変大切な法案だというふうに思っております。その中で、先ほど中野目先生の方から、組織という部分でFIU業務が金融庁から国家公安委員会に移管された、これは専門技量、専門的知見を持っているということで大変いいことだというようなお話を賜りました。  改めて中野目先生にお伺いをさせていただき……

第166回国会 内閣委員会 第22号(2007/05/25、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 自由民主党の土井亨でございます。  きょうは、質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。遠藤委員は郵政省出身のばりばりのキャリアでしたので、今この霞が関の現状をつぶさにお話をいただいて、頑張っている皆さんも多い、また、いろいろな意味で人事管理、今までのシステムが若い皆さん方の仕事に対する意欲を失わせている部分もあるんだというような、いろいろなお話をいただきました。  私は地方議員出身でありますし、私のおやじは地方公務員でもありましたし、兼業農家でもありましたから、こういう霞が関で働く官僚の皆さん方には全く無縁の中で生きてまいりました。そういう中では、一人の国民と……

第166回国会 内閣委員会 第28号(2007/06/13、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 自由民主党の土井亨でございます。  もう、きょう最後の質問でございますので、皆さんお疲れだというふうに思いますので、重複する質問は省かせていただいて、なるべく簡単に早く終わらせたいと思いますので、大臣、よろしくお願いをいたします。  銃器対策の質問をしなければならないんですが、重要施策ということで、一点だけ、交通局長においでをいただいております。  先ほどの道交法の改正におきまして、委員の皆さんから飲酒運転について大分議論がございました。認識ということだけでちょっとお伺いをさせていただきますが、今アルコール検知器というのが大分流通しているようでございまして、一般の人がそういう……

第168回国会 内閣委員会 第8号(2007/12/05、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 おはようございます。自由民主党の土井亨でございます。  きょうは増田大臣に、とりわけ地方分権担当、また地域再生担当大臣ということで御質問させていただきたいと存じます。時には大臣のことを知事と呼んでしまうかもわかりませんが、御容赦をいただきたいと存じます。  私は宮城県仙台の選出でありまして、県議会議員出身でございます。そういう意味で、宮城県にも改革派知事と呼ばれる方もいらっしゃったわけでありますし、また、何人かのそういう改革派知事さん、知事会をリードしながら、本当に国に地方分権を叫びながら、何とか厚い壁を崩そうと一生懸命取り組まれたというのも目の当たりにしております。  また……

第169回国会 総務委員会 第14号(2008/04/11、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 おはようございます。自由民主党の土井亨でございます。  私自身まだまだ素人でありますけれども、この電波法につきましては、自分の考えも含めて質疑をさせていただきたいというふうに思います。  今回は使途拡大がメーンということで、この電波利用料財源というものの使途について、もう少ししっかりと国民の皆さんのニーズにこたえよう、また、デジタル放送の対応等々、取り組まれるというふうに思っております。  ただ、今いろいろ無駄遣いというものが大変問題になっておりまして、一方で国民の皆さんの怒りも買っているということでありますから、どんな財源であっても、その制度にしっかりのっとって、適正な運用……

第169回国会 内閣委員会 第6号(2008/04/02、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 おはようございます。自由民主党の土井亨でございます。  十二月にも大臣に、若干特区についてお話をお伺いさせていただきました。今回の地域再生法の一部を改正する法律案、また構造改革特区法の一部を改正する法律案、私自身、両方とも必要だというふうに思っております。  必要というよりも、現状、いろいろな特区認定をしながら地域で頑張っていらっしゃる、そういう方々が、一つは、これではまだ足りないというような壁にぶち当たって、いろいろ酒税法を含めた改正というものも必要だというような形での一部改正法と、地域再生法に当たっては、民間になるから、そのことも踏まえて今改正をしなければいけない。ともに……

第169回国会 内閣委員会 第15号(2008/05/14、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 おはようございます。自由民主党の土井亨でございます。質疑をさせていただきたいと思います。  私自身、正直申しまして、この基本法が本当に必要なのか、悪い意味で必要なのか、そこまで国家公務員、公務員の皆さん方は自浄能力がないのかというような思いがございます。  たび重なる不祥事等々を含めて、この国の公務員のあり方が問われているのは確かでありますし、また、九七年の行政改革会議最終報告書にも、公務員の制度改革ということで報告書が出ておりまして、以来、いろいろな施策を講じてまいっておりますが、国家公務員に対する批判というものが今もって国民の皆さんから払拭されない。  私の小さいころは、……

第171回国会 総務委員会 第10号(2009/03/25、44期、自由民主党)

○土井(亨)委員 自由民主党の土井亨でございます。  ただいま、前段で秋葉委員からいろいろお話がございました。不祥事が続いて、その信頼回復のためにこれまで頑張ってこられた、そういうものに対しては大変敬意を表しております。  しかしながら、私自身は、基本的にNHKに対する視聴者、日本国民の皆さんの信頼というのは大きいものがあるのだろう、大きいものがあるがゆえにやはり厳しい目も当然あるわけでありますから、そういう中で、約一万六千人の職員をまとめていく、一つのベクトルを持ってしっかりと公共放送としての役割を担っていくということを考えますと、これは大変なことだなというふうに思っております。  そういう……


46期(2012/12/16〜)

第183回国会 国土交通委員会 第16号(2013/06/05、46期、自由民主党)

○土井委員 自由民主党の土井亨でございます。  初めに、先月二十七日には、委員会の理事の皆さん方に、被災地宮城に足を運んでいただきながら視察をしていただきましたこと、心から御礼を申し上げたいと存じます。  今、被災地は、懸命に復興に向かって取り組んでおります。しかしながら、この復興を進めるに当たって、国の法律や規制等々が邪魔をするというか壁になって、なかなか前に進まないというのも現実でございます。そういう意味では、きょう質疑をさせていただく中で、主に、視察でいろいろお話を聞いたことをもとに、お話を伺ってまいりたいというふうにも思います。  冒頭でありますが、私も三年三カ月落選をいたしておりまし……

第183回国会 東日本大震災復興特別委員会 第7号(2013/05/08、46期、自由民主党)【議会役職】

○土井委員長代理 ありがとうございました。  以上で参考人の方々からの御意見の開陳は終わりました。
【次の発言】 これより参考人に対する質疑を行います。  質疑の申し出がありますので、順次これを許します。門博文君。

第185回国会 国土交通委員会 第1号(2013/11/01、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 おはようございます。  このたび、国土交通大臣政務官を拝命いたしました土井亨でございます。  梶山委員長を初め理事、委員の皆様の格段の御指導を心からお願い申し上げます。(拍手)

第185回国会 国土交通委員会 第6号(2013/11/13、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 近年は、人口の減少、少子高齢化が加速度的に進展をいたしておりまして、特に地方の運輸事業の経営悪化が深刻となっております。また、過疎化が進む地域の交通をどのように確保することが大切か、待ったなしの課題だというふうに認識をいたしております。  また、国際的な競争がますます激しくなる中で、国際的な人、物のネットワークを充実させていくことが喫緊の課題と承知をいたしております。  さらに、首都圏の直下、南海トラフなど、近い将来、大地震に見舞われる可能性が高い中、東日本大震災の経験を踏まえ、巨大災害への備えを万全なものとすることも緊急を要するものと考えております。  その上で、今回、交通……

第185回国会 災害対策特別委員会 第3号(2013/11/01、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 信楽高原鉄道は、本年九月、御指摘がございましたように、台風十八号によりまして、橋梁の橋脚五本のうち一本及び橋桁が二つ、流失や土砂流入などによりまして被害を受けたというふうに認識をいたしておりますし、被災の直後には、信楽高原鉄道と合同でJR西日本が現地調査を実施しまして、今後の復旧に向けたアドバイスを行っております。現在は、復旧方法や復旧事業費等について、地元の甲賀市において調査が行われていると承知をいたしております。  今回の災害復旧の進め方につきましては、甲賀市の調査を踏まえ検討することといたしておりますし、上下分離した鉄道事業者に対する鉄道軌道整備法に基づく災害復旧事業費……

第185回国会 財務金融委員会 第3号(2013/11/06、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 社会資本整備事業特別会計につきましては、一般会計からの繰り入れの比重が大変大きくて、一般会計と区分経理する必要性が乏しいことなどから、今般、廃止、一般会計化が法案に盛り込まれたところでもございます。これにより、社会資本整備事業につきましても一般会計と一括して経理され、一般会計によって総覧することが可能になり、我が国の財政の効率化及び透明化に資することが期待されるというふうに存じております。  国土交通省といたしましては、我が国の財政の効率化及び透明化の取り組みを不断に図るという今般の特別会計改革の趣旨を踏まえつつ、引き続き、予算の適正かつ効率的な執行を図るとともに、無駄の排除……

第186回国会 国土交通委員会 第2号(2014/02/21、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 お答えをいたします。  ただいま御指摘ございましたダムの事業の検証につきましては、現在までに、対象八十三事業のうち六十三事業について対応方針を決定し、四十三事業の継続と二十事業の中止を決定したところでございます。  御指摘の法律につきましては、ダムの検証の結果、中止されたダム事業の進捗状況、水没予定地であった地域の状況等の実情を勘案し、今回、国会への提出を見送ることとしたものであります。

第186回国会 国土交通委員会 第5号(2014/03/26、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 先生から二月二十六日の分科会で御指摘をいただきましたことも踏まえまして、水面を含む河川敷地を雪捨て場として活用するに当たりましては、まず、あらかじめ河川管理上支障がない場所を把握し、関係自治体に事前に連絡をすること、また、緊急時には河川法上の手続は事後でも可とすること、ダム湖等の水面への雪の投下につきましては、河川管理施設等の構造及び操作等に支障がないことが確認された場合には許可をすることなどについて、各地方整備局に指示をいたしますとともに、地方整備局を通じまして、全国の都道府県にも周知をするように指示をいたしたところでもございます。先生の御指摘のあった神奈川県に対しましても……

第186回国会 国土交通委員会 第9号(2014/04/09、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 今お話をいただきました競合関係にある鉄道が存在する場合にも、鉄道事業者が、安定した経営を確保することが可能か、しっかりと見きわめた上で、施設整備の適否を判断することが必要であります。  一般論といたしまして、公営鉄道である地下鉄については、既に市街地が形成された大都市の中心部において、地下に鉄道を通すことで、ほかの交通モードでは担えない、大量輸送を担う交通機関としての役割を果たしております。  一方、民営鉄道は、沿線開発と連携させつつ、郊外部から都市の中心部にかけての通勤通学等の輸送需要を分担するという役割を果たしておりまして、この役割分担というか、適切なネットワークが形成さ……

第186回国会 国土交通委員会 第12号(2014/04/16、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 ただいまお話をいただきましたとおり、新しい事業年度が始まるのを機に、JR北海道の代表取締役である社長と会長を一新するとともに、副社長につきましても、JR東日本の協力を得まして選任をいたしたところでございます。新たな体制のもとで、総合的かつ抜本的な安全対策を策定の上、これらを確実に実施し、新生JR北海道としてスタートを切ってもらうことといたしております。  また、島田新社長、須田新会長及び西野副社長に対しましては、就任後に、太田大臣から直接、まずは日々の運送の安全の確認と確保、そして命令した安全対策の確実な実行についてしっかりと取り組み、会社の再生と利用者の信頼回復を図るよう、……

第186回国会 国土交通委員会 第14号(2014/04/23、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 四月二十日夕刻に起きました交通事故、このバス車両につきましては、当該事故の約八時間前に、長野県安曇野市の一般道において別の衝突事故を起こしたということを確認いたしております。  事故が発生した場合、個々の事故の状況に応じ、警察において適切な対処がされるものと認識しておりまして、国土交通省といたしましても、警察の指導等に従うことが適切であると考えております。  また、昨年八月より施行されました交代運転者の配置基準については、長距離運行の際の運転者の過労運転を防止するため、ワンマン運行に係る運転時間等の基準を新たに定めたものであり、回送区間におきましても、その対象に含まれておりま……

第186回国会 国土交通委員会 第15号(2014/05/14、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 御指摘のとおり、大変難しい問題ではありますけれども、東日本大震災の際には津波が約七分程度堤防を越流し、堤防が壊れました。これらの状況を踏まえ、国土技術政策総合研究所におきまして水理模型実験を実施いたしております。  根固めや樹林により粘り強い効果を確認いたしておりまして、具体的には、樹林を配置した堤防の模型を用いた延長四十メートルの水路での実験では、越流水深六メートル時におきまして、盛り土が〇・五メートル洗掘されるまでに約一・五分程度要したことを確認いたしております。また、根固めを配置した堤防の模型を用いた延長四十五メートルの水路での実験では、越流水深二メートルで十分越流させ……

第186回国会 国土交通委員会 第16号(2014/05/16、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 今先生から詳しく御指摘をいただきました。建設業法上の鋼構造物工事業には、工場内での鉄骨などの製作、加工を行う工程が含まれております。  我が国の鉄骨、橋梁などの施工技術は大変高く評価されておりまして、技能実習においても、これらの技能を磨いた外国人に、今回の緊急措置において活躍をいただくということは大変有効だというふうに考えております。  したがいまして、元請企業が下請の受け入れ企業を適切に監理することができる体制の構築を前提といたしまして、鉄工職種についても緊急措置の活用が可能となるよう、関係府省と調整を進めてまいります。よろしくお願いいたします。

第186回国会 国土交通委員会 第19号(2014/05/27、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 申しわけありません。御質問をいただきました。  改正案におきましては、入札契約適正化の基本的な事項といたしまして、その請負代金の額によっては公共工事の適正な施工が通常見込まれない契約の締結防止を図ることといたしております。  具体的には、低入札価格調査制度を活用いたしまして、基準価格を下回る額の応札があった場合には、ダンピングのおそれがあるものとして、適正な施工が可能かどうかの観点から調査を行い、不適当な受注を排除するなどという措置をとっているところでございます。  その上で、御指摘がありました、ダンピングではない応札の中から、企業努力の成果として提出をされる技術提案等を踏ま……

第186回国会 国土交通委員会 第20号(2014/05/30、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 建設工事の請負契約につきましては、紛争を未然に防止するために、建設業法によりまして、今、書面による契約を義務づけているところでもございます。  また、国土交通省といたしまして、中央建設業審議会において、戸建て住宅などの比較的規模の小さな民間工事を想定した標準的な約款を作成し、建設業者に対し、その使用を勧告しているところでもございます。  今御指摘いただきましたように、二〇一〇年には、建設業者の倒産の結果、個人の発注者が大きな損害をこうむる事例もあったことを踏まえて、この約款を改正し、工事の出来高に照らし過度な支払いをしないよう、契約書に標準的な支払い割合を例示し、同約款の利用……

第186回国会 国土交通委員会 第21号(2014/06/11、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 先生御指摘いただきましたように、国土交通省といたしましても、この多層構造の適正化に向けて実態把握を進めるという形で、現在、全日本トラック協会と連携しつつ、実態を的確に把握できるような調査方法の検討を行っているところでございまして、今後速やかに調査を実施してまいりたいと考えております。
【次の発言】 御指摘いただきましたように、契約にない附帯サービスを荷主から求められたり、トラックドライバーの労働時間にしわ寄せが来ているという状況を改善していくということは大変大切だというふうに認識をいたしております。  このため、先ほどから先生御指摘いただいておりますように、まず、多層構造の弊……

第186回国会 災害対策特別委員会 第8号(2014/08/28、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 ただいま御指摘がございました、新しく復旧事務所を設けよというお話でございました。  現在、安佐南区及び安佐北区を含む広島西部山系の直轄砂防事業につきましては、中国地方整備局太田川河川事務所が担当いたしております。一日も早い被災地域の復旧復興に向け、まずはこれらの既存の体制を最大限に活用するとともに、その強化を検討してまいりたいと思っておりますし、砂防堰堤を緊急的に整備し、次の大規模災害の発生を防ぐための対策を集中的に実施いたしてまいります。そのためにも、県と市を初め関係機関と連携し、全力で取り組んでまいります。  次に、現在、土砂災害専門家やTEC―FORCEが、周辺の渓流も……

第186回国会 東日本大震災復興特別委員会 第6号(2014/06/18、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 JR山田線の復旧につきましては、早期にというお声をいただいております。現在、御指摘いただきましたように、自治体、JR東日本、三陸鉄道が鋭意議論を重ねております。  今お話しいただきました復興調整会議等々、なかなか進んではいないというような御批判もいただいておりますが、国土交通省といたしましても、引き続き、この調整会議等の議論が進むように促してまいりたいというふうに思いますし、また、関係省庁と連携をしながら、しっかりと議論を、早期に結論が得られるように努力を重ねてまいりたいというふうに考えております。(発言する者あり)

第186回国会 農林水産委員会 第20号(2014/06/18、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 国土交通省といたしましては、河川が本来有している生物の生息、生育、繁殖環境等を重視いたしまして、その保全、創出をする多自然川づくりを全ての川づくりの基本といたしているところでございます。  具体的には、魚類の生息、生育の場となる空隙を確保するための石積みによる護岸の整備や、連続性を確保するための堰への魚道設置など、個別の箇所ごとの状況に応じた中で取り組みを行っております。  今後とも、ウナギを含めまして、多様な動植物の生息、生育、繁殖環境に配慮した多自然川づくりを進めることにより、良好な河川環境の保全、創出に努めてまいります。


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 国土交通委員会 第21号(2015/12/03、47期、自由民主党)【政府役職】

○土井副大臣 おはようございます。  このたび、国土交通副大臣を拝命いたしました土井亨でございます。  今村委員長初め理事、委員の皆様方の格段の御指導を心からお願い申し上げます。よろしくお願いいたします。  ありがとうございました。(拍手)

第189回国会 東日本大震災復興特別委員会 第3号(2015/03/26、47期、自由民主党)

○土井委員 おはようございます。自由民主党の土井亨でございます。  きょうは、時間が十分ということで、短い時間でありますけれども、大臣には、いろいろな御発言もあったように思いますし、真意をぜひお伺いいたしたいと思います。  まず初めに、今、震災から四年がたちまして、被災地の心配事は、自治体がそうでありますけれども、集中復興期間五年後、財政フレーム、財源フレームがどうなるのか、今のままでしっかりと国の支援が受けられるのか、そういう心配事であります。  でありますから、昨年の秋、また選挙後等々を含めて、被災自治体からは、現在の財源フレームをぜひ継続してくれ、こういう要望がたび重なって、要望活動が行……

第189回国会 予算委員会 第14号(2015/03/05、47期、会派情報なし)

○土井委員 こんにちは。自由民主党の土井亨でございます。  きょうは、お忙しい中、貴重なお話をお聞かせいただきまして、改めて御礼を申し上げます。  私自身、宮城県仙台選出でございまして、まず、東日本大震災等々を含めて、島根の皆様方にも大変お世話になり、御支援をいただいて、今復興が進められております。改めて御礼を申し上げます。ありがとうございます。  それでは、質問をさせていただきたいと思います。  今、四方のお話を聞いて、ある言葉を思い出しました。単純な言葉なんですが、ない物ねだりよりある物探し。何から何まで国に頼って無理を重ねていた、それよりも、その地方に、地域にあるいいものを生かして、どう……

第189回国会 予算委員会 第16号(2015/03/12、47期、自由民主党)

○土井委員 第二分科会について御報告申し上げます。  本分科会は、総務省所管につきまして審査を行いました。  詳細につきましては会議録に譲ることといたしますが、その主な質疑事項は、地方創生のあり方、地域おこし協力隊の推進の必要性、消防団の充実強化対策、郵政民営化の今後の動向、公共放送としてのNHKのあり方、臨時・非常勤職員及び任期つき職員の任用のあり方等々でございます。  以上、御報告申し上げます。

第190回国会 国土交通委員会 第3号(2016/03/15、47期、自由民主党)【政府役職】

○土井副大臣 ただいまのお話にありましたとおり、「こしょう」の表示が出ていた踏切道におきまして、通行者が遮断機のおりている踏切道内に入り列車と接触する事故が発生をいたしておりました。  そういう事故を受けまして、国土交通省としては、平成十八年三月に、遮断機がおりた状態になった場合などにおいても「こしょう」を表示しないように改良を行うよう鉄道事業者に指示をしてまいりました。また、この改良が行われるまでは「こしょう」表示箇所のマスキングを行うこと、「こしょう」の表示が出ていても踏切道を渡らないよう注意を喚起する看板等を設置いたしてまいりました。この緊急措置を平成十八年五月末までに実施するよう、あわ……

第190回国会 国土交通委員会 第9号(2016/04/20、47期、自由民主党)【政府役職】

○土井副大臣 お話がございましたとおり、観光立国の実現、また何よりも地方創生に向けて、クルーズ船の寄港促進を図ることは大変重要なことだというふうに認識しております。  港湾管理者など全国百十六の自治体で構成をされます全国クルーズ活性化会議と連携をいたしまして、取り組みを進めているところでもございます。  例えば、国土交通省におきましては、この全国クルーズ活性化会議の会員とクルーズ船社のキーパーソンとの商談会を開催しており、昨年十二月には青森市でも開催をいたしております。  また、クルーズ船社が必要とする我が国各地の港湾の岸壁などの諸元データや寄港地からアクセスできる観光地の情報をウエブサイトを……

第190回国会 国土交通委員会 第16号(2016/05/20、47期、自由民主党)【政府役職】

○土井副大臣 都市再生特別措置法は、民間の資金やノウハウなどを最大限活用し、民間事業者が行う都市開発事業等の推進を通じて、都市の再生を図ることといたしております。  具体的には、大都市や地方中枢都市につきましては、政令で都市再生緊急整備地域を指定し、その中で、容積率緩和等が可能な都市再生特別地区制度、民間事業者による都市計画提案制度等の規制緩和を講じております。また、国土交通大臣が認定をいたします大規模で優良な民間都市開発事業につきましては税制や金融支援を講じており、これまでに九十一事業を認定いたしております。  一方で、地方都市も含めた全国的な都市再生を進めるため、国土交通大臣が認定した小規……

第190回国会 災害対策特別委員会 第3号(2016/03/17、47期、自由民主党)【政府役職】

○土井副大臣 御指摘いただきましたとおり、豪雪地帯では人口の減少、高齢化が全国を上回るペースで進んでいるというふうに思っておりますし、また、そういう中では、雪崩等々もございますが、特に高齢者の皆様方にとりましては、雪おろしや除雪の作業が大きな負担になっているというふうに認識いたしております。  昨年までの三年間の雪害、雪による被害ということにおきましては、死亡者数は、年平均九十四名亡くなっておりまして、屋根の雪おろしなどの除雪作業中の事故が七割を占めております。このうち六十五歳以上の高齢者が八割を占めておりまして、高齢者の除雪中の事故が多発をいたしております。  加えて、除雪されない空き家、倒……

第193回国会 原子力問題調査特別委員会 第4号(2017/06/12、47期、自由民主党・無所属の会)

○土井委員 自民党の土井です。よろしくお願いをいたします。きょうは御苦労さまでございます。  委員長を初め、理事の皆さん方、委員の皆さん方でアドバイザリー・ボード、本当に先生方の提言の一番初めがしっかりと実現をされて、先ほどのお話のように、継続的に私たちにいろいろお話をいただければというふうに思います。  時間も時間ですので、簡潔にお話を伺いたいと思います。  私も報告書を読ませていただいて、これは安全神話とかそういう以前の問題で、事業者の責任、規制当局の責任、政府の責任、こういうものが全く機能していなかった、ずぶずぶだったからこそ起きた人災だという、私からすると、報告書はそういう結論なんだな……

第193回国会 財務金融委員会 第10号(2017/03/22、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長代理 次に、宮本徹君。


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 外務委員会 第13号(2018/05/30、48期、会派情報なし)【政府役職】

○土井副大臣 小熊先生には、地元の議員として大変御尽力をいただいておりまして、改めて敬意を表させていただきたいと存じます。  ただいま外務副大臣からお話しいただきましたこの文言等々につきましては、たびたび先生から御指摘をいただいていると承知をいたしております。  今回の島サミットにおきましては、吉野大臣が参加をさせていただきながら、原発事故等々に対しての政府の取組また考え方を各国、島嶼の首脳の皆さん方に御説明をさせていただいております。  残念ながら、言葉が含まれていなかったという点は重々承知をしながら、私どもも、複合災害であり、原発事故は当然含まれているもの、そういうふうに承知をいたしており……

第196回国会 東日本大震災復興特別委員会 第3号(2018/03/23、48期、自由民主党)【政府役職】

○土井副大臣 復興副大臣の土井亨でございます。どうぞよろしくお願いをいたします。  総括業務、地震、津波災害からの復興及び復興五輪の推進に関する事項を担当させていただいておりますとともに、宮城復興局に関する事項も担当させていただいております。  吉野大臣をお支えし、被災された多くの方々が復興に希望を持てるよう全力で取り組んでまいりますので、谷委員長始め、理事、委員各位の御理解と御指導を何とぞよろしくお願いを申し上げたいと存じます。  それでは、平成三十年度復興庁予算について御説明を申し上げます。  復興庁においては、復興・創生期間の三年目を迎えるに当たり、被災地の抱える課題の解決に直結する取組……

第196回国会 東日本大震災復興特別委員会 第4号(2018/04/03、48期、自由民主党)【政府役職】

○土井副大臣 ただいま復興五輪の方向性について御質問をいただきました。  私どもも、二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピック競技大会は、復興五輪として、世界から寄せられました多大な支援に感謝をあらわすことができる最大限のものだというふうに認識をいたしておりますし、被災地が復興をなし遂げつつある姿をぜひ発信をしていきたい、そういう思いで取り組まさせていただいております。  ただいまお話しいただきましたように、その中でも、野球・ソフトボールは福島県営あづま球場、サッカーは宮城スタジアムなど、被災地での競技開催が決まっているということは、大変意義深いことだというふうに思っております。  その上で、……

第200回国会 国土交通委員会 第1号(2019/10/23、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 会議を始めさせていただきます。  このたびの令和元年台風第十九号による被害で亡くなられた方々と御遺族の皆様に深く哀悼の意を表させていただきます。  また、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、負傷された方々の一日も早い御回復をお祈り申し上げたいと存じます。  これより、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと存じます。  全員御起立をお願いをいたします。――それでは、黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席お願いします。
【次の発言】 この際、一言御挨拶を申し上げます。  このたび、国土交通委員長に就任をいたしました土井亨でございます。 ……

第200回国会 国土交通委員会 第2号(2019/10/30、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件につきまして調査を進めます。  この際、お諮りをいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として国土交通省大臣官房公共交通・物流政策審議官瓦林康人君、総合政策局長蒲生篤実君、土地・建設産業局長青木由行君、水管理・国土保全局長五道仁実君、道路局長池田豊人君、住宅局長眞鍋純君、鉄道局長水嶋智君、自動車局長一見勝之君、航空局長和田浩一君、観光庁長官田端浩君、内閣府大臣官房審議官黒田岳士君、大臣官房審議官小平卓君、政策統括官青柳一郎君、消費者庁審議官高島竜祐君及び経済産業省大臣官房審議官河西康之君の出席を求め、説明を聴取い……

第200回国会 国土交通委員会 第3号(2019/11/08、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、港湾法の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣赤羽一嘉君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。  次回は、来る十三日水曜日午前八時五十分理事会、午前九時委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。     午前九時二分散会

第200回国会 国土交通委員会 第4号(2019/11/13、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、国土交通行政に関する実情調査のため、去る六日、十七名の委員が参加し、鶴見川多目的遊水地、横浜港南本牧埠頭及び気象庁本庁の視察を行いましたので、参加委員を代表いたしまして、私からその概要を報告を申し上げます。  まず、鶴見川多目的遊水地についてであります。  鶴見川流域では、急激な都市化で一気に大量の雨水が河川に集まり、水害が頻発するようになったため、河川と流域が一体となって治水対策に取り組むという総合治水対策が進められております。  鶴見川多目的遊水地は、この総合治水対策の一環として、……

第200回国会 国土交通委員会 第5号(2019/11/27、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件につきまして調査を進めます。  この際、去る二十日、国土交通行政に関する実情調査のため、長野県に視察を行いましたので、参加委員を代表いたしまして、私からその概要を御報告申し上げます。  参加委員は、理事小里泰弘君、金子恭之君、工藤彰三君、根本幸典君、小宮山泰子さん、委員矢上雅義君、高橋千鶴子さん、そして私、土井亨の八名でございます。  このほか、現地参加議員として、篠原孝君、井出庸生君が参加されました。  本視察は、本年十月に発生した台風第十九号により、千曲川の河川堤防、鉄道、道路といったインフラ施設に大きな被害がもたら……

第200回国会 国土交通委員会 第6号(2019/12/09、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今国会、本委員会に付託になりました請願は一件であります。本請願の取扱いにつきましては、理事会におきまして慎重に検討いたしましたが、委員会での採否の決定は保留することとなりましたので、御了承願います。  なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付をいたしましたとおり、交通安全対策の総合的な充実・強化等に関する陳情書外二十四件であります。  また、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、大分自動車道及び東九州自動車道の濃霧対策に関する意見書外百十八件であります。  念のため御報告申……

第201回国会 国土交通委員会 第1号(2020/03/04、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。  国土交通行政の基本施策に関する事項  国土計画、土地及び水資源に関する事項  都市計画、建築及び地域整備に関する事項  河川、道路、港湾及び住宅に関する事項  陸運、海運、航空及び観光に関する事項  北海道開発に関する事項  気象及び海上保安に関する事項 以上の各事項について、本会期中国政に関する調査を進めたいと存じます。  つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

第201回国会 国土交通委員会 第2号(2020/03/06、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  国土交通行政の基本施策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、参考人として独立行政法人住宅金融支援機構理事田中敬三君の出席を求め、意見を聴取することとし、また、政府参考人として国土交通省大臣官房長野村正史君、大臣官房公共交通・物流政策審議官瓦林康人君、大臣官房危機管理・運輸安全政策審議官山上範芳君、大臣官房技術審議官東川直正君、総合政策局長蒲生篤実君、土地・建設産業局長青木由行君、水管理・国土保全局長五道仁実君、道路局長池田豊人君、住宅局長眞鍋純君、鉄道局長水嶋智君、自動車局長一見勝之君、海事局長大坪新……

第201回国会 国土交通委員会 第3号(2020/03/18、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、土地基本法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  この際、お諮りいたします。  本案審査のため、本日、政府参考人として国土交通省国土政策局長坂根工博君、土地・建設産業局長青木由行君、都市局長北村知久君、道路局長池田豊人君、住宅局長眞鍋純君、航空局長和田浩一君、観光庁長官田端浩君、内閣府大臣官房審議官黒田岳士君、総務省大臣官房審議官稲岡伸哉君、法務省大臣官房審議官竹内努君、財務省大臣官房審議官住澤整君、厚生労働省大臣官房審議官岸本武史君、大臣官房審議官度山徹君、雇用環境・均等局就業子育て世代支援対策室長辻田博君、農林水産省大臣官房審議官……

第201回国会 国土交通委員会 第4号(2020/03/24、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  趣旨の説明を聴取いたします。国土交通大臣赤羽一嘉君。
【次の発言】 これにて趣旨の説明は終わりました。
【次の発言】 この際、参考人出頭要求に関する件についてお諮りいたします。  本案審査のため、参考人の出席を求め、意見を聴取することとし、その日時、人選等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次回は、来る三十一日火曜日午前九時二十分理事会、午……

第201回国会 国土交通委員会 第5号(2020/03/31、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○土井委員長 これより会議を開きます。  内閣提出、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  これより質疑に入ります。  本日は、本案審査のため、参考人といたしまして、中央大学研究開発機構・機構教授秋山哲男さん、NPO法人ちゅうぶ代表理事尾上浩二さん及び一般社団法人全日本視覚障害者協議会代表理事山城完治さん、以上の三名の方々に御出席をいただいております。  この際、参考人の方々に一言御挨拶を申し上げます。  本日は、御多用中のところ本委員会に御出席をいただきまして、大変ありがとうございます。本案につきまして、それぞれのお立場から御忌憚のない……


各種会議発言一覧(衆議院)

44期(2005/09/11〜)

第164回国会 予算委員会第二分科会 第2号(2006/03/01、44期、自由民主党)

○土井(亨)分科員 おはようございます。自由民主党の土井亨でございます。  きょうは、質問の機会を与えていただきましてありがとうございます。  私も地方議会、県議会議員出身でございまして、ある意味、地方の議会におりますと、やはり地方分権、地方分権何ぞやというそもそも論があるんですけれども、権限また税財源の移譲、もっと地域が地域の自主性、またいろいろな地域の事情を踏まえながら地域なりの地方自治体経営をしたい。そのためには、やはり分権というものは、地方から見ると大きな期待を持っていろいろ議論をさせていただいておりました。  地方分権というか、国の形を変えるという意味では、私が県議会におりましたとき……

第166回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2007/02/28、44期、自由民主党)

○土井(亨)分科員 おはようございます。自由民主党の土井亨でございます。  きょうは、トップバッターということで、大臣に直接質問をさせていただきますこと、大変光栄に存じております。  地方の財政というのは大変今苦しいというのは、もう周知の事実でございます。また、地方もしっかり行財政改革に取り組んでいるというのも、私は事実だというふうに思っております。そういう中で、夕張市が財政再建団体ということで申請をし、市議会で財政再建計画を議決して、大臣のところに御提出いただくというようなことになっております。そういう意味では、私は地方財政の厳しさを物語っているのではないかというふうに思っておりまして、私も……


46期(2012/12/16〜)

第186回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2014/02/26、46期、自由民主党)【政府役職】

○土井大臣政務官 先生から貴重な御意見をいただきました。もう先生、専門家でいらっしゃいますので、私の方からお答えをするというのも大変恐縮をいたしますが、御指摘いただきましたとおり、建設産業は災害対応や除雪等を担う地域の守り手でもあります。そのためにも、経営の安定化を図っていくことが大変重要だというふうに思っております。  このため、地方公共団体を含め、入札時の適切な地域要件の設定などにより地元建設企業の受注の機会を確保いたしますとともに、複数年契約の導入などを通じて、地域のインフラの維持管理等の計画的、安定的な確保を図ってまいりたい、そう思っております。  さらには、地域の建設産業の施工力や技……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2015/03/10、47期、自由民主党)【議会役職】

○土井主査 これより予算委員会第二分科会を開会いたします。  私が本分科会の主査を務めることになりました土井亨でございます。よろしくお願い申し上げます。  本分科会は、総務省所管について審査を行うことになっております。  平成二十七年度一般会計予算、平成二十七年度特別会計予算及び平成二十七年度政府関係機関予算中総務省所管について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。高市総務大臣。
【次の発言】 この際、お諮りをいたします。  ただいま総務大臣から申し出がありました総務省所管関係予算の概要につきましては、その詳細は説明を省略し、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ありませ……

第190回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2016/02/25、47期、自由民主党)【政府役職】

○土井副大臣 お答えをいたします。  ただいま御指摘いただきましたように、公共交通の各モードの適正な役割分担を行い、交通渋滞の緩和、交通に起因する環境負荷の低減を図ることは、安全で円滑な交通の実現や都市の魅力を最大限に高めるために重要だと考えております。  このため、バランスのとれた交通体系の構築に努める観点から、地方公共団体が策定をいたします公共交通に関する施策を含む整備計画に対しまして、社会資本整備交付金等を活用して支援を行っているところでございます。そういう観点で支援をさせていただいております。
【次の発言】 社会資本整備総合交付金の適切な執行を図る観点から、国土交通省は、地方公共団体に……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第八分科会 第2号(2018/02/26、48期、会派情報なし)【政府役職】

○土井副大臣 先生にも大変御心配をいただいておりまして、改めて感謝を申し上げたいと存じます。  地震、津波被災地域では、生活インフラの復旧がほぼ終了いたしておりまして、住まいの再建も今春までには九割が完成する見通しであるなど、復興は着実に進展をしていると認識をいたしております。復興庁といたしましても、地震、津波被災地域については、復興・創生期間内でのインフラ整備の完了を目指しまして、引き続き全力で、関係府省との連携をいたしながら取り組んでまいる決意でもございます。  また一方で、福島の原子力災害被災地域の復興再生には中長期的な対応が必要であると考えており、国が前面に立って取り組むことが必要であ……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

土井亨[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書