国会議員白書トップ衆議院議員中村裕之>委員会発言一覧(全期間)

中村裕之 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

中村裕之[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは中村裕之衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 中村裕之 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 国土交通委員会 第15号(2013/05/29、46期、自由民主党)

○中村(裕)委員 自民党の中村裕之でございます。  質疑の機会を与えていただいたことに心から感謝を申し上げます。  また、太田大臣におかれましては、技術的知見はもちろんでありますけれども、しっかりとした理念を持って、国土づくり、そして交通の確保に取り組んでおられることに心から敬意を表し、太田大臣に質疑をさせていただくことを光栄に存ずる次第でございます。  さて、日本国内で暮らしていますと、海賊といいましても、人気アニメですとか、売れ筋の小説ですとか、そうしたことしか頭に浮かばないわけでありますけれども、グローバルな視点に立つと、まさに目の前の危機であります。  そこで、まず大臣の認識をお伺いし……

第183回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第7号(2013/04/05、46期、自由民主党)

○中村(裕)委員 おはようございます。自由民主党の中村裕之でございます。  インターネット選挙を解禁する公職選挙法の一部を改正する法律案について、以下伺ってまいります。  初めに、基本的な確認でありますけれども、本法案の成立により、どのような効果を期待しているのか、両案提出者に伺います。
【次の発言】 有権者が必要な情報をリアルタイムに発信し、民主主義が高まる、そして、若い有権者の関心が高まって積極的な参加が得られるというようなことでございますが、例えば二十代の有権者の投票率については、現状どのような状況で、この法案の成立によってどの程度上がると期待できると考えていらっしゃるのか、見解を伺いた……

第183回国会 総務委員会 第3号(2013/03/19、46期、自由民主党)

○中村(裕)委員 自民党の中村裕之でございます。  昨年の総選挙で初当選をさせていただきました。選挙区は北海道四区ということで、札幌市、小樽市、そして十九の町村の郡部から成る選挙区でありますが、その十九の町村部で二〇〇三年から北海道議会議員を務めてまいりました。  この間、小泉政権による三位一体改革もございました。また、夕張ショックがありまして、北海道の自治体は財政健全化法で言う早期健全化団体の指定を受けないために、それぞれが、多くの自治体が給与の独自縮減に取り組んできたところでありまして、そうした財政力の弱い自治体にとっては非常に地方交付税というのが命綱になるわけでありまして、そうした声を随……

第186回国会 原子力問題調査特別委員会 第4号(2014/04/24、46期、自由民主党)

○中村(裕)委員 おはようございます。自由民主党の中村裕之でございます。  本委員会で初めて質問の機会をいただきました。心から感謝を申し上げます。  また、田中委員長におかれましては、一昨年の九月十九日発足以来、重要な役割を責任を持って取り組んでこられたことに、心から敬意を表したいと思います。  そこで、初めに、規制委員会の役割について確認をさせていただきます。  規制委員会が安全性の判断を下すことは、再稼働の最終判断に当たっての必要条件であるけれども、十分条件になるかは別問題だと、かつて規制委員会の方で表明をされたというふうに承知をしております。現在もその見解で間違いがないのか、田中規制委員……

第186回国会 国土交通委員会 第2号(2014/02/21、46期、自由民主党)

○中村(裕)委員 おはようございます。自由民主党の中村裕之でございます。  冒頭、このたびの豪雪により亡くなられた皆様に心からお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げたいというふうに思います。北海道開発局のノウハウなども助言として活用しながら、早期の復旧を目指していただければというふうに思います。  また、日ごろから敬愛する太田大臣に、しかも大臣所信に対する質問の機会をいただいたことに心から感謝を申し上げまして、質問に入っていきたいというふうに思います。  太田大臣、太田大臣は所信の冒頭で、昨年をメンテナンス元年と位置づけられて、インフラの老朽化対策に取り組んできたと……

第186回国会 国土交通委員会 第9号(2014/04/09、46期、自由民主党)

○中村(裕)委員 自由民主党の中村裕之でございます。  愛知県も東京都も桜がきれいな季節を迎えているということでありますが、北海道、私の選挙区では、あと一カ月ほど満開の時期が後になります。そうはいいながらも、三陸鉄道が全線を開通した、桜の時期に間に合って開通をし、太田大臣からは、喜びが爆発をしているというお話がありました。心からお祝いを申し上げたいというふうに思います。  それでは、通告に従って、本日議題となっている両法案について、順次質問をしてまいります。  初めに、都市再生特別措置法の一部を改正する法律案についてであります。  この法律案は、市町村が立地適正化計画を策定して都市機能を誘導す……

第186回国会 総務委員会 第20号(2014/05/13、46期、自由民主党)

○中村(裕)委員 おはようございます。自由民主党の中村裕之でございます。  参考人の先生方には、それぞれ御多用のところ当委員会に御出席をいただき、そして大変貴重な御意見を賜りましたことを私からも感謝申し上げる次第でございます。まことにありがとうございます。  それでは、行政不服審査法関連三法案について、順次質問をしてまいりたいというふうに思います。  この三法案の改正について、その肝になるところは、私なりには、やはり審理手続が公正であり、中立性を保てるというところをきちんと担保されるのかというところにあるのではないかというふうに考えております。  そうした中で、小早川先生からは、同じ穴のムジナ……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 国土交通委員会 第3号(2015/04/15、47期、自由民主党)

○中村(裕)委員 おはようございます。自由民主党の中村裕之です。  太田大臣と議論できることを心から感謝申し上げまして、早速質問に入らせていただきます。  大臣は、四月十一日に中国、韓国の観光担当大臣と会談をされ、翌十二日には三カ国会合を行って、観光分野における日中韓三国の連携強化を共同声明に盛り込むなど、大きな成果を上げられたと感じております。統一地方選挙の真っただ中でありましたので余り報道は大きくされませんでしたけれども、私としては非常に高く評価をしたいと思っているわけでありますけれども、大臣から、このたびの会合、会談の意義と成果についてお話をいただければと思います。

第189回国会 国土交通委員会 第11号(2015/05/22、47期、自由民主党)【議会役職】

○中村(裕)委員長代理 次に、足立康史君。

第189回国会 国土交通委員会 第19号(2015/08/26、47期、自由民主党)【議会役職】

○中村(裕)委員長代理 次に、松原仁君。

第190回国会 原子力問題調査特別委員会 第2号(2016/04/07、47期、自由民主党)

○中村(裕)委員 自由民主党の中村裕之でございます。  田中規制委員長と議論するのは私は二度目になりますけれども、二〇一二年九月に委員長に就任をされて三年半経過をしたところであります。  田中委員長は、三・一一福島第一発電所の事故の翌月、四月に原子力の専門家の十六名の皆様で次のような声明を出されているんですね。原子力の平和利用を先頭に立って進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に、国民に深く陳謝をする。こういうふうにおっしゃっております。  相当強い思いを持ってこの声明を出された、緊急提言という形の中での冒頭の部分ですけれども、相当強い思いを持って出されたというふうに私は理解を……

第190回国会 総務委員会 第4号(2016/02/24、47期、自由民主党)

○中村(裕)委員 自由民主党の中村裕之でございます。  質問の機会をいただいた理事初め先生方に大変感謝をしております。ありがとうございます。  今回の地方税の改正について、法人課税、法人事業税と並んで大きな項目になる自動車車体課税についてまず伺ってまいりたいと思います。  と申しますのも、車体課税については、納税者が一般ユーザーから事業者まで多岐にわたるという点がありますし、地方税も課税され、国税も課税され、ある意味、取得時の課税もあり、保有に対する課税もあるという複雑な面があるわけでありまして、そうしたものを一度わかりやすく整理しておく必要があるというふうに思っておりまして、その意味で、車体……

第192回国会 国土交通委員会 第7号(2016/12/02、47期、自由民主党・無所属の会)

○中村(裕)委員 自由民主党の中村裕之でございます。  質問の機会をいただいたことに心から感謝を申し上げまして、早速質問に入ります。  この夏、北海道、東北地方を直撃した複数の台風によりまして、二十四名というとうとい人命が失われました。住民生活や地場産業にも甚大な被害が発生したところでありますけれども、国土交通省を挙げて激甚災害にも御尽力いただき、感謝を申し上げるところであります。  激しさを増す豪雨等の災害から国民の命を守ることは、国の重大な責務であります。そこで伺いますが、国土交通省では、昨年の鬼怒川氾濫を受けまして、堤防の強化等を計画的に推進する方針を示されたところであります。その計画の……

第193回国会 安全保障委員会 第2号(2017/03/09、47期、自由民主党・無所属の会)

○中村(裕)委員 自由民主党の中村裕之でございます。  質問の機会をいただきましたことに感謝を申し上げまして、早速質問をさせていただきます。  今、我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しているというのは、我が国政府の認識でもあり、そして、国民の皆様も強く感じていらっしゃることと思います。  特に、北朝鮮の弾道ミサイル発射については、先月の二月十二日、安倍総理が訪米中に弾道ミサイルを発射した、それに続いて今回、三月六日早朝には四発の弾道ミサイルを発射し、そのうち三発が我が国の排他的経済水域内に落下をしたということでありまして、まさに新たな段階に入ったものと私も感じているところであります。……

第193回国会 国土交通委員会 第21号(2017/05/30、47期、自由民主党・無所属の会)

○中村(裕)委員 自由民主党の中村裕之でございます。  質問の機会をいただいたことに心から感謝を申し上げまして、住宅宿泊事業法案について質問させていただきます。  飛躍的な外国人観光客の増加、地方都市を中心に空き家の増加、そしてシェアリングエコノミーの進展という中で、規制にかからない形で、ネット上を中心に民泊サービスが横行しているという状況であります。  何らかの規制をかけていく必要があるというふうに思いますけれども、まず、政府として、この違法民泊の実態をどのように把握していらっしゃるか、どのくらい我が国で違法民泊が拡大しているというふうに捉えていらっしゃるか、その点について確認させてください……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 環境委員会 第5号(2018/04/17、48期、自由民主党)

○中村(裕)委員 おはようございます。自由民主党の中村裕之です。  中川大臣と議論をする機会をいただいたことに、まずもって心から感謝を申し上げます。  環境委員会では初めての質問となりますが、よろしくお願い申し上げます。  それでは、初めに、省エネルギーについて伺ってまいりたいと思います。  中川大臣は、大臣所信の中で、パリ協定のもとで我が国は世界の脱炭素化を牽引するという強い決意を表明され、徹底した省エネルギーを推進すると述べられております。環境先進国である我が国がこういった立場で決意を持って徹底した省エネルギーを推進するということは、私は非常に大切なことだと思っております。  その徹底した……

第196回国会 国土交通委員会 第6号(2018/04/04、48期、自由民主党)

○中村(裕)委員 自由民主党の中村裕之です。  質問の機会をいただきましたことに心から感謝を申し上げまして、国政に関する話題について御質問をさせていただきます。  まず、G20サミットの来年の開催についてであります。  首脳会議は大阪で、そして、合わせて八つの関係閣僚会議が国内で開かれることが公表されました。例えば、外務大臣会合は愛知県、財務大臣会合は福岡県福岡市、保健大臣会合は岡山市というようなことが公表されたところでありますけれども、石井大臣が所管をする観光担当大臣会合は、私の地元倶知安町に開催が決まりました。本当に地元は喜びに沸いているところでありまして、石井大臣におかれましては、大変御……

第197回国会 災害対策特別委員会 第3号(2018/12/06、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  議員御指摘のとおり、学校施設は児童生徒が一日の大半を過ごす学習、生活の場でありまして、災害時には地域住民の避難所にもなる極めて重要な施設であります。  今般の重要インフラの緊急点検におきまして、全国の学校施設等を対象に、災害時に落下等により人命にかかわる被害が懸念される外壁や天井等について、耐震性や劣化状況の点検を行ったところでありますけれども、その結果、安全性に課題のある学校施設が存在していることが判明をしたところであります。  今後につきましては、児童生徒の安全を確保するとともに、学校施設が避難所として機能を十分果たせるように、非構造部材の耐震性の……

第197回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第4号(2018/11/21、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 地域における公民館につきましては、社会教育法第二十条において規定をされております。「市町村その他一定区域内の住民のために、実際生活に即する教育、学術及び文化に関する各種の事業を行い、もつて住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与することを目的とする。」とされております。
【次の発言】 結論から申し上げますと、禁じられておりません。  社会教育法第二十三条第一項第二号には、公民館が特定の政党の利害に関する事業を行い、又は公私の選挙に関し、特定の候補者を支持することは禁止をされております。この規定は、公民館の政治的中立性を確保するために……

第197回国会 総務委員会 第4号(2018/12/04、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  公立小中学校等は、児童生徒の学習の場であり、その学習環境の安全性を確保することは重要であると認識をしております。そうした中で、豊田市において小学生の方が熱中症でお亡くなりになったということは痛恨のきわみでありまして、心からお見舞いを申し上げたいと思います。  十一月七日に成立をした補正予算においては、児童生徒の日々の学習に際して、熱中症を予防し、安全を確保する観点から、現在の公立小中学校等のエアコン設置率が六割程度である中で、残りの四割程度の普通教室全てに設置できるよう、所要の額を計上し、臨時特例的な措置としての新たな制度を創設し、支援することといたし……

第197回国会 文部科学委員会 第1号(2018/11/09、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 おはようございます。  このたび、文部科学大臣政務官を拝命いたしました中村裕之でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  大臣政務官として、大臣、副大臣とともに、教育の再生及び文化の振興に全力を尽くしてまいります。  今後とも、亀岡委員長そして理事、委員の先生方の格別の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。  ありがとうございます。(拍手)

第198回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2019/04/11、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  世界の大学の評価については、多様にありますけれども、例えばタイムズ・ハイアー・エデュケーション誌の世界大学ランキング二〇一九では、世界二万校に及ぶ高等教育機関の中から千二百五十八校がランクインをしておりますけれども、その中に我が国の大学は百三校ランクインしておりまして、国別で申し上げますと、昨年、世界第三位であったものが第二位と、米国に次ぐ順位となりました。  また、日本で最高位となっている東京大学については、二〇一八年、四十六位だったものが四十二位へ、また、二位の京都大学については、七十四位から六十五位へと順位を上げているところであります。  一方、……

第198回国会 厚生労働委員会 第16号(2019/05/10、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  自閉症など心に障害のある方々を含め、障害のある子供については、中学校卒業後に多様な学びの場を整備することが重要であると考えています。  この多様な学びの場の整備に関しましては、小学校から中学校段階においては、通常の学級、通級による指導、特別支援学級、特別支援学校といった連続性のある多様な学びの場が整備されている一方、高等学校段階では、主として高等学校の通常の学級か特別支援学校のいずれかに限定されていたところであります。  近年では通級による指導を受ける中学生が増加しておりまして、十年前の約六倍になるなど、高等学校段階での通級による指導の必要性が高まって……

第198回国会 厚生労働委員会 第18号(2019/05/17、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 詳しく調べていませんので、今、この場ではお答えができません。
【次の発言】 教育委員会又は小学校、中学校、それぞれどのような形で参加をしているかということの実態がつかめていないということです。
【次の発言】 早急に実態の把握をしていきたいと思いますが、相手もいることですので、次の審議というのはいつになるか、早急に調べていきたいと思います。
【次の発言】 お答え申し上げます。  学校や教育委員会では、要対協において虐待ケースとして進行管理台帳に登録された児童生徒について、おおむね一カ月に一回程度、対象となる児童生徒の出欠状況や欠席の理由等の情報提供を行うこととしております。学校……

第198回国会 厚生労働委員会 第20号(2019/05/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 前回の委員会で、最後に岡本先生から手引の見直しについて御質問いただいたわけですけれども、時間がない中での御質問で、私もそのポイントについて理解ができなかったということがあって、十分な答弁ができずにいたことを御理解いただきたいと思います。  先生の今お話しになった点でありますけれども、このたび文科省が取りまとめしました学校、教育委員会等向けの虐待の手引では、要保護児童対策協議会と学校、教育委員会の連携について、要対協への参画や進行管理台帳に登録された児童生徒等の情報提供の必要性を明記しているところでありまして、また、要対協に学校が参画することで虐待のおそれのある児童生徒等の情報……

第198回国会 厚生労働委員会 第21号(2019/05/24、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  学校が家庭内の虐待を把握した場合は、児童虐待防止法第六条の規定に基づき、速やかに、これを市町村や児童相談所等に通告しなければならないとされておりますことから、学校が当該保護者へ連絡をとることは想定されないと考えております。  また、今回の事案を踏まえ、先般、文部科学省において作成しました学校・教育委員会等向け虐待対応の手引きでは、学校として虐待を把握した場合や通告を行った場合には、虐待を認知するに至った経緯や通告元に関して、学校から保護者に伝えないように記載しているところでありまして、文部科学省としては、学校における児童虐待への対応について、本手引の趣……

第198回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2019/03/19、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  教育、文化を通じた地域活性化の事例については、文部科学省としては網羅的には把握しておりませんけれども、具体的な例として、島根県海士町のように、急激に生徒数が減少する高校において、地域との協働のもとに、教育魅力化に向けた取組を行って、生徒数の増加や人口の社会増につながった例があるほか、鳥取県三朝町では、文化財の外国人向けの発信強化によって、また新潟県十日町市では、地域における芸術祭の実施によって、外国人観光客の増加や地域への経済波及効果につながった例があるということを承知しております。  文部科学省では、こうした事例も参考にしながら、高等学校が市町村、高……

第198回国会 内閣委員会 第6号(2019/03/15、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 太田議員の質問にお答えいたします。  今般の幼児教育無償化の対象範囲は、法律によって、幼児教育の質が制度的に担保された幼稚園、保育所、認定こども園を基本としながら、待機児童問題により認可保育所に入りたくても入れない方もいることから、代替的な措置として認可外保育施設等も対象としているところであります。  お尋ねの「森のようちえん」については、運営の主体が多様でありまして、幼稚園、保育所、認可外保育施設、自主的なグループなどさまざまな施設や団体が取り組まれていると承知をしているところであります。設置形態等も多種多様でありますことから、一律に今般の無償化の対象とすることは困難である……

第198回国会 内閣委員会 第7号(2019/03/20、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  学校教育におきましては、学習指導要領の規定に基づきまして、児童生徒の発達段階に応じて、乳幼児との触れ合いや保育などに関する教育が行われている現状であります。  具体的には、例えば、中学校の技術・家庭科では、幼児との触れ合いができるように留意すること、また、高等学校の家庭科では、乳幼児との触れ合いや交流などの実践的な活動を取り入れるよう努めることとされているところでありまして、さらに、小中高等学校の総合的な学習の時間においては、児童生徒等の実態を踏まえ、各学校の判断で、乳幼児と触れ合ったり交流したりする活動を行うことができるとされているところであります。……

第198回国会 内閣委員会 第8号(2019/03/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  平成二十九年度に文部科学省が実施した調査によりますと、小中学校の不登校児童生徒数は十四万四千三十一人であります。そのうち、民間団体、民間施設等で相談、指導等を受けた児童生徒は三千百六十七名ということで、二・二%となっているところです。  今般の幼児教育の無償化は、三歳から五歳の子供さんを対象に、認可外保育施設の取扱いについても、どうしても待機児童問題によって認可保育所に入れない方もいらっしゃることから、やむを得ず認可外保育施設を利用する人について、代替的な措置として対象としているところでありますけれども、六歳以上のフリースクール等に通う方についてであり……

第198回国会 内閣委員会 第20号(2019/05/29、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  DVと児童虐待が密接に関連していますことから、学校において、児童虐待を含め、さまざまな課題を抱える児童生徒に対し、心理の専門家であるスクールカウンセラーや福祉の専門家であるソーシャルワーカー等と教職員が連携協力をして、個別の児童生徒の状況に応じて、チームで支援することが重要であると考えているところであります。  文部科学省におきましては、こうした認識のもと、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの配置の充実に努めてまいりましたけれども、今年度予算において、スクールカウンセラーを全ての公立小中学校に配置する、スクールソーシャルワーカーを全ての中……

第198回国会 内閣委員会 第22号(2019/06/12、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  経済的な理由により就学が困難な児童生徒に対して就学援助がなされるためには、児童生徒の保護者が制度を認知するということが重要であることから、子供の貧困に関する指標として、市町村における制度の周知状況が指標となっているところであります。  この制度の認知状況の差が大きいということを先生御指摘でありますけれども、文部科学省としても制度が周知されることが重要だと考えておりまして、教育委員会への、担当者会議などを通じて、こうした周知を徹底するように、お願いというか、啓蒙しているところでありますけれども、少しずつ改善は図られているものの、まだ地域ごとに差があるとい……

第198回国会 法務委員会 第5号(2019/03/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  平成二十七年六月の法曹養成制度改革推進会議決定においては、法科大学院集中改革期間の成果について、期間経過後速やかに分析、検討することとされていることを踏まえまして、総括については、この期間は間もなく終わりますので、その後速やかに行ってまいりたいと考えております。  一方、先生御指摘のとおり、法曹志願者の減少は解決すべき喫緊の課題でございまして、そうした課題を早急に是正するために法曹養成制度を再構築することが必要だというふうに認識をしておりまして、今国会に関連法案を提出しているところでございます。  以上です。

第198回国会 法務委員会 第19号(2019/05/24、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  高校生が妊娠をしたということを学校で把握したケースというのを調査しております。文部科学省で、平成二十七年、二十八年の二カ年度に妊娠を学校で把握したケースというのは全国で二千九十八件、これは全日制と定時制がほぼ半々なんですけれども、二千九十八件のうち、懲戒として退学処分をしたというケースはありませんが、学校が退学を勧めたというケースが三十二件、調査では確認をされております。それ以外に、自主的に退学したというのが六百四十二件というふうに、全日制と定時制でそういうふうに数字が調査上出てきています。  そのことから、平成三十年三月に文部科学省では、妊娠した生徒……

第198回国会 法務委員会 第20号(2019/05/29、48期、自由民主党)【政府役職】

○中村大臣政務官 お答え申し上げます。  高等学校の生徒が妊娠した場合には、関係者間で十分に話合いを行い、母体の保護を最優先としつつ、教育上必要な配慮を行うべきものと考えております。  先ほど審議官から答弁しましたとおり、平成三十年三月に全国の高等学校に対して通知を発出しておりますけれども、妊娠した生徒が引き続き学業を継続するために、当該生徒及び保護者と話し合い、当該生徒の状況やニーズも踏まえながら、先生御指摘のとおり、養護教諭やスクールカウンセラー等も含めた十分な支援が必要であることを示しているところであります。  休学に至った場合に学べる体制ということで、なかなか文部科学省としてそれを全国……

第200回国会 文部科学委員会 第3号(2019/11/05、48期、自由民主党・無所属の会)

○中村(裕)委員 自民党の中村裕之です。  参考人の皆様におかれましては、大変な方針転換がある中で、こうして率直な御意見をいただきましたことを感謝申し上げます。  そして、四人のお話を聞いて、四技能をバランスよく学ぶ英語教育の重要性を皆さんがお訴えになりましたし、それをはかる試験をできるだけ公正なものに、いい形で行うために、これまでも大変な御努力をいただいてきたということがよく伝わってまいりました。心から敬意を表する次第です。  私自身、今回の延期の判断は大変残念に思っています。それはなぜかというと、これまでの英語教育、四技能をバランスよく伸ばす英語教育、学校教育等がなかなか効果が目に見えてあ……

第200回国会 文部科学委員会 第8号(2019/11/20、48期、自由民主党・無所属の会)

○中村(裕)委員 自由民主党の中村裕之です。  きょうは、質問の機会をいただきまして、理事の皆さん、本当にありがとうございます。感謝を申し上げ、質問させていただきます。  文部科学省が取り組んでいる高大接続に関してでありますけれども、高校生に明確な学習目標を提示して、そして高等学校教育、大学教育を改革していく、こういった流れの中で、今まさにセンター試験から共通テストへという切りかえが行われようとしているところでありますが、その目玉であった英語の民間テストが延期をされることになりました。私にとっては非常に残念だという思いであります。  英語四技能をしっかり学ぶことが高校生のときから必要であり、そ……


各種会議発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会第六分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)

○中村(裕)分科員 自由民主党の中村裕之でございます。  石原大臣にお出ましをいただいて質疑をさせていただくこと、大変光栄に存じます。  大臣、大臣の縁の深い小樽市も私の選挙区でございますので、お疲れとは思いますけれども、どうぞよろしくお願い申し上げます。  私の選挙区、北海道第四区でありますが、ニセコ積丹小樽海岸国定公園がずっと広がる、本当に自然豊かな、海の幸、山の幸に非常に恵まれた地域であります。  自然豊かな地域でありますけれども、その自然豊かな中でも、ちょっと困ったことが起きております。生態系の関係でありますが、ゼニガタアザラシですとか、トドですとか、オットセイですとか、海の中ではそう……

第186回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2014/02/26、46期、自由民主党)

○中村(裕)分科員 おはようございます。自由民主党の中村裕之でございます。  冒頭、このたびの豪雪災害で亡くなられた皆様に心からお悔やみを申し上げますと同時に、被災をされた皆様にお見舞いを申し上げたいというふうに思います。  茂木大臣、松島副大臣には、連日の長時間の審議の中、きょうもまた予算委員会の長時間の、本当に長時間の審議となりますけれども、どうぞよろしくお願いしたいと思います。  きょうは、地域における石油製品の安定供給の確保という視点で、主にガソリンスタンドやSSの過疎の問題について伺ってまいります。  東日本大震災の発生から間もなく三年を迎えるわけでありますけれども、震災発生直後、ガ……


47期(2014/12/14〜)

第193回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2017/02/22、47期、自由民主党・無所属の会)

○中村(裕)分科員 おはようございます。北海道第四区選出の衆議院議員、自民党、中村裕之でございます。  加藤大臣におかれましては、安倍政権の一丁目一番地である働き方改革、しかも最大のチャレンジともおっしゃっているその政策課題に、先頭に立って担当大臣として取り組んでいることに敬意を表しますし、大きな成果を上げることを私も期待している一人でございます。  その中でも最重要課題であります同一労働同一賃金について、まず伺っていきたいと思うんです。  私の地元にはニセコリゾートというエリアがございまして、世界一のパウダースノーを求めて世界じゅうから観光客の方が押し寄せている状況にあります。  それだけで……


48期(2017/10/22〜)

第201回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2020/02/25、48期、自由民主党・無所属の会)

○中村(裕)分科員 おはようございます。自由民主党の中村裕之です。  本分科会のトップバッターでの質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  麻生財務大臣におかれましては、先週も一週間、第一委員会室に張りついて予算委員会への対応をされた後に、G20財務大臣・中央銀行総裁会合ということでサウジアラビア・リヤドに御出張をされ、本当にお疲れのことと思いますけれども、ぜひ、きょう一日も、長い審議になりますけれども、よろしくお願いしたいと思います。  私も、経済人である麻生大臣と、一度、日本経済について議論してみたいと思っておりました。  初めに、日本経済の将来見通しについて、少し長いスパンで……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

中村裕之[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書