国会議員白書トップ衆議院議員山田美樹>委員会発言一覧(全期間)

山田美樹 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

山田美樹[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは山田美樹衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 山田美樹 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 経済産業委員会 第3号(2013/03/22、46期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党東京第一区選出の山田美樹でございます。  今回、初当選をさせていただきまして、国会の場で質問させていただくのは、きょうが初めてでございます。拙い部分もあるかと存じますが、何とぞよろしくお願いいたします。  私は、今から十七年前、社会人としての生活を通産省でスタートいたしました。かつて、我が国を高度経済成長へと導き、MITI・アンド・ザ・ジャパニーズ・ミラクル、通産省と日本の奇跡とうたわれた通産省は、国のために働きたいという志を持つ多くの若者にとって憧れの存在でした。  私自身は、行政から民間へ、そして国政へと働く場所をかえてまいりましたが、今回、再び我が国の経済産業……

第185回国会 経済産業委員会 第4号(2013/11/08、46期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党東京一区選出の山田美樹でございます。  アベノミクス第三の矢、経済成長戦略のかなめである産業競争力強化法案について質問のお時間をいただき、心より御礼申し上げます。  昨年末に発足した安倍政権のもと、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を一体として進めてきた結果、日本経済に明るい兆しが見えてまいりました。ことし二〇一三年は、日本の経済が長い冬を脱して、未来に向けて歩み始める最初の年になろうかと思います。今このときに国にできる全てのことをやりたいという思いが結実したのが、この産業競争力強化法案だと思います。法案をまとめられた関係者の方々の御尽力に……

第185回国会 内閣委員会 第2号(2013/11/06、46期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党東京一区選出の山田美樹でございます。  本日は、質問の時間をいただき、心から感謝を申し上げます。  昨日、閣議決定がなされ、秋の臨時国会の重要テーマとなると言われております国家公務員制度改革と国家戦略特区について、質問をさせていただきます。  私は、社会人としての生活の半分を霞が関で、半分を民間で過ごしました。霞が関から民間に転じたとき、官と民の間に大きな隔たりがあることに衝撃を受けました。物事が動くスピード感、顧客志向が生み出す質の高さ、極限までの効率化、民は官よりはるかに先を行っている、民間企業で当たり前のことをなぜ官にはできないのか、このままでは政府の政策は国……

第186回国会 内閣委員会 第9号(2014/04/02、46期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党東京一区選出の山田美樹でございます。  本日は、質問の時間をいただき、心から感謝申し上げます。  今から九年ほど前になりますが、私が霞が関を出て、民間の経営コンサルティング会社で働き始めたとき、最初のプロジェクトが、外資系メガファーマが別の外資系製薬会社を買収した、ポストMアンドAの組織統合でした。プロジェクトの期間は一カ月。かつて省庁再編の一部にかかわっていた私には、霞が関の十倍の速さで仕事が進んでいくことに衝撃を受けました。行政の仕事はコンセンサスを得ながら進めていくもので、スピードが速ければいいというものではありませんが、現実に日本の行政が世界の動きから取り残……

第187回国会 経済産業委員会 第6号(2014/11/05、46期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党東京一区選出の山田美樹でございます。  本日は、質問の時間をいただき、心から感謝を申し上げます。  経済再生への期待を受けて発足した安倍政権がもうすぐ丸二年を迎えます。アベノミクスの効果で進んだかに見えた景気回復への道のりも、やや足踏みしている感があります。  私の選挙区は東京の都心ですが、東京ですら景気はよくなっていないと感じます。二年前とは町並みが違っています。おととしの暮れの衆議院選挙のとき、お店の中から手を振ってくれたお店が、今はもうないのです。新宿の小滝橋通りのお肉屋さん、下落合駅前の居酒屋さん、目白通り沿いのガソリンスタンド、芝商店会の生活雑貨屋さん。 ……

第187回国会 内閣委員会 第2号(2014/10/15、46期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党、東京一区選出の山田美樹でございます。  本日は、質問の時間をいただき、ありがとうございます。  まず最初に、拉致問題担当大臣も兼務されている山谷えり子国家公安委員会委員長に、北朝鮮による拉致問題についてお伺いいたします。  今から十二年前、私は内閣官房の職員でした。小泉政権下で拉致問題が急展開したため、私は、直接の担当者ではありませんでしたが、何度か御家族の方々の会合などのお手伝いをしたことがありました。  最も心に残っているのが、拉致被害者の蓮池さんと地村さん御夫妻が、北朝鮮に残してきたお子様方五人を連れて再び日本に帰ってきた日のことです。  羽田空港から御家族……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 財務金融委員会 第8号(2015/04/10、47期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党東京一区選出の山田美樹でございます。  本日は、質問のお時間をいただき、ありがとうございます。  春は始まりの季節です。ことしは八十九万人の方々が新社会人として四月一日を迎えられたそうです。  十九年前、私が社会人になった一九九六年は、東京銀行と三菱銀行がそれぞれ別々に新卒を採用した最後の年でした。金融ビッグバン構想、そして晴れて社会人になったその年に住専問題が勃発し、翌年には、長銀が破綻、国有化されました。  あれから二十年、今も同じ名前のまま残っている銀行はほとんどありませんが、そこで働く方々の思いや組織のDNAは、会社の名前は変わっても、志は変わらずに受け継が……

第190回国会 安全保障委員会 第2号(2016/02/23、47期、自由民主党)【政府役職】

○山田大臣政務官 外務大臣政務官の山田美樹でございます。  外務大臣政務官としての職務を全うするため、岸田外務大臣の指導のもと、我が国の安全と繁栄のため、外交、安全保障政策上の諸課題に全力を尽くして取り組む決意です。  左藤委員長初め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。

第190回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2016/03/31、47期、自由民主党)【政府役職】

○山田大臣政務官 おはようございます。外務大臣政務官の山田美樹でございます。  日米同盟の強化、ロシアとの平和条約交渉への取り組み等の重要問題について、外務大臣政務官としての責任を果たすべく、岸田外務大臣を補佐してまいります。  渡辺委員長を初め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)

第190回国会 外務委員会 第1号(2016/02/24、47期、自由民主党)【政府役職】

○山田大臣政務官 外務大臣政務官を拝命いたしました山田美樹でございます。  G7伊勢志摩サミットを初め、日本外交にとり大変重要な時期に外交の仕事にかかわれることに感謝しながら、日本の将来の発展につなげられるよう全力を尽くします。  特に、担当である欧州諸国との関係強化、中東の安定と繁栄に尽力します。経済外交、人権、女性の活躍を推進するとともに、我が国の立場を戦略的に広報する対外情報発信を積極的に進めてまいります。  岸委員長を初め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。

第190回国会 内閣委員会 第9号(2016/03/25、47期、自由民主党)【政府役職】

○山田大臣政務官 お答え申し上げます。  御指摘のプリエスタブリッシュトダメージズの制度は、侵害行為があった場合に、権利者が、損害と侵害行為との因果関係の立証をせずに侵害者に対して侵害行為の類型に応じた一定の範囲の額の支払いを求めることができる制度でございます。  侵害行為の類型に応じた一定の範囲の額の支払いを求めることができるようにするためには、その一定の範囲を特定する基準や方法を法定することが必要であり、このような制度を法定の損害賠償と和訳することとしたものでございます。  なお、一九九五年に発効したWTO協定の知的所有権に関するTRIPs協定の訳文においても、プリエスタブリッシュトダメー……

第190回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2016/03/30、47期、自由民主党)【政府役職】

○山田大臣政務官 外務大臣政務官を拝命いたしました山田美樹でございます。  外務大臣政務官として、あらゆる機会を捉えて各国に拉致問題を提起し、国際社会の理解と協力を得るべく、岸田外務大臣を補佐して、全力で取り組んでまいる所存です。  今津委員長を初め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。

第193回国会 外務委員会 第7号(2017/03/29、47期、自由民主党・無所属の会)

○山田(美)委員 自由民主党東京一区選出の山田美樹でございます。  貴重な機会をいただきまして、ありがとうございます。  限られた時間ですが、日米の通商問題、テロ対策、中東情勢、質の高いインフラ輸出、文化外交と地方創生について御質問を申し上げます。  最初に、トランプ政権の通商政策についてお伺いします。  先般発表されたUSTRの通商政策課題の中では、WTOへの懐疑的な見解や、通商法三〇一条の発動の可能性が言及されていました。また、二年に一度のWTOの対日貿易審査では、米国は日本に対して、自動車と農業分野でさらなる市場開放を求めています。  WTOというと、かつては日米欧の貿易摩擦が中心でした……

第193回国会 財務金融委員会 第4号(2017/02/21、47期、自由民主党・無所属の会)

○山田(美)委員 自由民主党、東京一区選出の山田美樹でございます。質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。  限られた時間ですので、私は、社会保障の観点から、医療と医薬品に係る税制を中心に御質問を申し上げます。  トランプ政権の発足で日米の貿易収支が再び注目されていますが、物の輸出もさることながら、日本企業が持つ技術やノウハウなど知的財産権の収入、いわゆる知財収支が過去十年で何と五倍も伸びており、昨年は過去最高の二・四兆円の黒字に達したそうです。日本の技術貿易の稼ぎ頭が自動車と医薬品です。  医薬品研究開発には二十八年度補正予算でも五百五十億円を計上いただいていますが、どうやら、委託……

第193回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第6号(2017/05/31、47期、自由民主党・無所属の会)

○山田(美)委員 自由民主党、東京一区選出の山田美樹でございます。  質問の機会をいただき、感謝申し上げますとともに、このたびの改正案を作成されました関係者の方々の多大なる御尽力に深く敬意を申し上げます。  まず冒頭に、先日亡くなられました与謝野馨先生の御生前の多大なる御功績に深く敬意を表しますとともに、心から御冥福をお祈り申し上げます。  与謝野先生が中選挙区時代から四十年近く御活躍された東京一区は、平成六年に現在の小選挙区比例代表並立制に移行して以来、同じ地域のまま変わらずに今日まで来ましたが、今回の改正案では、港区と新宿区の一部が隣接区に移行するとの案になっております。  この地域にとっ……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 厚生労働委員会 第3号(2017/12/01、48期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党の山田美樹でございます。質問の機会をいただき、ありがとうございます。  私の地元は、東京の都心の赤坂や六本木、歌舞伎町、神楽坂、秋葉原などの繁華街を抱えております。ここ数年の外国人観光客の増加に伴いまして、民泊におけるごみ出しや騒音などのトラブルが地域の住民にとって深刻な問題になっていることから、新宿区や港区、千代田区など、各自治体においてもさまざまな検討や対策がなされているところであります。  全国では、旅館業法上、無許可営業の可能性があるもので指導に至ったケースは昨年度一年間で一万八百件ある。そのうち半分以上が大阪、京都、東京に集中をしていると聞いておりますし、……

第196回国会 厚生労働委員会 第7号(2018/04/04、48期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党の山田美樹でございます。  質問の機会をいただき、ありがとうございます。きょうは三十分時間をいただいておりますので、早速始めさせていただきます。  私は、東京都の千代田区、港区、新宿区を地元としております。昨年末の旅館業法改正の際にも質疑の機会をいただきまして、東京の都心における民泊の現状をお伝えしつつ、問題提起をさせていただいたところです。今回は、特に新宿区の例を中心に、都市部における生活保護の実態を踏まえて、自治体が抱える課題の解決と子供の貧困への対応策について議論をさせていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。  最初に、路上生活者、いわゆるホ……

第196回国会 厚生労働委員会 第12号(2018/04/24、48期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党の山田美樹でございます。質問の機会をいただき、感謝を申し上げます。  そして、今、三人の参考人の方々から貴重なお話をいただきまして、ありがとうございました。  短い時間ですので、早速質問に移らせていただきます。  菊池参考人からは、現在のさまざまな社会的な問題の中には、従来型の経済的給付や医療、介護のサービス給付だけでは解決できないものがあるということ、そして、生活困窮者自立支援制度は、従来の社会保障の概念を変える二十一世紀型の福祉であるというお話を伺いました。非常に明快に学問的、体系的な御説明をいただきましたので、生活困窮者自立支援制度や今回の法改正の意義について……

第196回国会 厚生労働委員会 第21号(2018/05/22、48期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党の山田美樹でございます。  参考人の方々におかれましては、御多忙の中、国会にお越しくださり、貴重な御意見を賜りましたこと、心から御礼を申し上げます。  私からは、最初に、今回の法改正について山田久参考人から御評価を伺った上で、企業における取組について輪島忍参考人に御質問を申し上げます。  私は、議員になる前、伝統的な日本の大組織とアメリカの経営コンサルティング会社、フランスの事業会社の日本支社、三つの職場で、それぞれ、年功序列型賃金で残業手当が支払われる働き方と、今回の高度プロフェッショナル制度に近い働き方、そして、管理職として労働時間規制が適用されない管理監督者の……

第198回国会 厚生労働委員会 第18号(2019/05/17、48期、自由民主党)

○山田(美)委員 おはようございます。自由民主党の山田美樹と申します。  質問の時間をいただきまして、感謝を申し上げます。  児童虐待をめぐっては、昨年三月の目黒区の結愛ちゃんの事件、ことし一月の野田市の心愛ちゃんの事件を始め、痛ましい事件が相次ぎました。子供たちを虐待から守る体制の整備が急務であります。  私の地元の港区では、二〇二一年四月に、児童相談所を含む子ども家庭総合支援センターの開設を予定しております。建設予定地が表参道にほど近い南青山の一等地であることから、近隣住民の反応がメディアでとりわけ大きく報道されました。  実際には、地元の方々のお声を伺いますと、多くの方が御理解を持ってく……

第198回国会 財務金融委員会 第13号(2019/05/15、48期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党の山田美樹と申します。  本日は、一般質疑のお時間をいただきまして、ありがとうございます。短い時間ですが、未来の税制について問題提起をさせていただければと思います。  世の中の最近の動きは非常に速くて、一年一年のインクリメンタルな改正では追いつかないという気がしております。例えば、働き方の多様化とともに現行の複雑な所得税控除の仕組みは意味がなくなるのではないだろうか、人工知能や物のインターネットによって無人の事業体ができたらどのように法人税を課すのか、カーシェアが進むと車の保有に偏った車体課税制度では税収が確保できなくなるのではないか、自動運転が普及して路線価の概念……

第198回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2019/05/17、48期、自由民主党)

○山田(美)委員 自由民主党の山田美樹と申します。  質問の機会をいただき、感謝を申し上げます。  菅拉致問題担当大臣におかれましては、御出張お疲れさまでございました。  今から十七年前、私は内閣官房の職員でした。小泉政権下で拉致問題が急展開したため、私は、直接の担当者ではありませんでしたが、何度か拉致被害者の御家族を御支援する機会をいただきました。  拉致被害者の一人、横田めぐみさんは、私が通っていた東京・大井町の私立小野学園幼稚園の先輩です。北朝鮮が一度目の調査を発表した二〇〇二年九月十七日、私は、当時、官房副長官でいらっしゃった安倍総理が横田めぐみさんの御両親と面会されている部屋の前で、……

第200回国会 財務金融委員会 第3号(2019/11/13、48期、自由民主党・無所属の会)

○山田(美)委員 おはようございます。自由民主党の山田美樹です。  質問の時間をいただき、ありがとうございます。  今般の外為法の改正案については、米国や欧州を始め各国が投資規制の強化に乗り出す中で、テロ対策を含めた安全保障の観点や機微技術を保護する観点から、我が国も適切な投資規制を行うべきだと考えます。特に、米国の投資規制であるCFIUSのプロセスにおいて、企業の支配につながらない投資についても広く規制の網をかける改正が来年二月までに施行されることになっており、日本も早急に制度整備することが求められているかと思います。  他方、我が国への対内直接投資は更に促進しなければならないのも事実です。……


各種会議発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会第七分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)

○山田(美)分科員 おはようございます。自由民主党東京一区選出の山田美樹でございます。  本日は、質問のお時間をいただきまして、ありがとうございます。  本日で、安倍政権発足から百十一日目を迎えます。昨年末の衆院選では、私は、「経済再生 挑戦!」をキャッチフレーズに選挙戦を戦ってまいりました。アベノミクスも、当初は期待先行と言われておりましたが、最近では、タクシーの運転手さんや飲食店など一番景気に敏感と言われる業界の方々からも、最近景気がよくなってきたよという声が少しずつ聞こえるようになってまいりました。  しかし、何といっても景気回復の鍵を握るのは、日本の全雇用数の三分の二に相当する二千八百……

第186回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2014/02/26、46期、自由民主党)

○山田(美)分科員 自由民主党東京一区選出の山田美樹でございます。  昨年に引き続き、この予算委員会経済産業分科会にて質問の時間をいただきましたことに、心から感謝を申し上げます。  本日は、地域でのアベノミクスの担い手である商店街の活性化についてと、そしてまた、グローバルな成長戦略の担い手として期待される医療分野の二つのテーマについて質問をさせていただきます。  まず、今国会でも経済産業施策の目玉となっている商店街の活性化についてお伺いいたします。  安倍政権発足以来、商店街に対して大きな支援をいただいていることに、改めて御礼を申し上げます。  私の選出元である東京一区、千代田区、港区、新宿区……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 内閣委員会農林水産委員会連合審査会 第2号(2015/12/03、47期、自由民主党)【政府役職】

○山田大臣政務官 お答え申し上げます。  WTO農業協定第四条二の規定は、加盟国は、通常の関税以外の国境措置であって交渉の結果関税化されることとなったもの及びこれに類する措置を維持し、導入し、あるいは再び導入してはならないとの趣旨でございます。  豚肉差額関税制度は、我が国に輸入される豚肉に対し、関税暫定措置法の関係規定によってあらかじめ定められた暫定税率で課される関税の組み合わせの制度でありまして、通常の関税の形式をとるものであります。  したがって、本制度は、WTO農業協定第四条二が禁止している、通常の関税以外の国境措置であって交渉の結果関税化されることとなったものには当たらないということ……

第189回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2015/03/10、47期、自由民主党)

○山田(美)分科員 自由民主党東京一区選出の山田美樹でございます。  本日は、質問の時間をいただき、心から感謝を申し上げます。  私は、医療、介護の専門家ではありませんが、かつて経営コンサルティングの会社に勤めていたとき、国内外の製薬会社の組織再編や営業改革のプロジェクトにかかわりました。質の高い医薬品を多くの患者さんに届けたいというMRの方々の熱意と使命感は、職業の枠を超えて、働くことの誇りを教えてくれました。  また、国内大手メーカーの一般用医療機器の中国市場への販売戦略プロジェクトでは、上海に常駐して、中国の主要都市の消費者ニーズの分析や、欧米メーカーとの競合分析などを行い、中国人の方々……

第190回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2016/02/25、47期、自由民主党)【政府役職】

○山田大臣政務官 お答え申し上げます。  外務省では、これまでも、在外公館を最大限に活用しながら、日本産酒類を初め日本産品の海外展開支援に取り組んできているところでございますが、焼酎についても、大使公邸でのレセプションですとか在外公館の文化行事などの場でPRを行ってきております。  例えば、去年の九月には、在英国日本大使館で薩摩藩留学生の渡英百五十周年を記念する事業を実施しました際に、薩摩焼酎を約一千二百人の参加者に紹介いたしました。  そして、昨年の十月には、在ドイツ日本大使館の大使公邸において奄美の黒糖焼酎を紹介するレセプションを開催し、レセプションの後に多くの蔵元が輸出契約を結ぶことがで……

第193回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2017/02/22、47期、自由民主党・無所属の会)

○山田(美)分科員 自由民主党の山田美樹でございます。  本日は、質疑の時間をいただきましてありがとうございます。  昨年の秋から、自民党の国土交通部会で副部会長を務めさせていただいております。国土交通政策について勉強を深めるにつれて改めて強く実感しておりますのは、この分野は、ほかの行政分野にも増して、国と都道府県、市区町村との連携がかなめであり、この連携なくしては物事が前に進まないということです。  きょうは、三十分という限られた時間ですが、日ごろ、地元である東京の都心で直面している課題について議論を深めてまいりたいと思います。  まず、東京圏の鉄道交通についてお伺いいたします。  東京オリ……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第五分科会 第2号(2018/02/26、48期、自由民主党)

○山田(美)分科員 自由民主党の山田美樹でございます。  質問の機会をいただき、ありがとうございます。  本日は、患者価値に基づく医療、介護の報酬体系と、地域における医療・介護提供体制の将来像について、議論を進めてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。  去年のこの時期、私は、衆議院の財務金融委員会での所得拡大促進税制の議論の中で、大企業も中小企業も賃上げするのですから、医療関係者も処遇を改善すべきであると訴えました。今回の診療報酬、介護報酬改定では、人件費は辛うじて〇・五五%、〇・五四%のプラス改定となりましたが、処遇改善としては十分と言うにはほど遠い水準であろうかと思います……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

山田美樹[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書