国会議員白書トップ衆議院議員小倉将信>委員会発言一覧(全期間)

小倉将信 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

小倉将信[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは小倉将信衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 小倉将信 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 財務金融委員会 第9号(2013/05/21、46期、自由民主党)

○小倉委員 自民党、新人の小倉將信でございます。  本日、財務金融委員会で初めて質問に立たせていただきます。委員長、理事、委員の皆様には、このような機会を与えていただき、大変感謝をいたしております。  私は、大学卒業後、日本銀行で国際金融や銀行、証券のリスク管理に携わってまいりました。しかしながら、奉職期間はわずか七年半でございまして、今三十一歳の私には、バブルの時期も知らなければ、その後の日本におけます金融危機のときもまだ高校生でございました。その意味では、本日は、大先輩方に胸をおかりするつもりで質問をさせていただきたいと思います。どうかよろしくお願い申し上げます。  さて、今回の法改正は、……

第186回国会 環境委員会 第5号(2014/04/08、46期、自由民主党)

○小倉委員 東京第二十三選挙区、町田市、多摩市選出、自由民主党の小倉將信でございます。  このたび、環境委員会で初めて質問に立たせていただきます。東京の国会議員の大先輩であります石原大臣の前で、私も国会議員にならせていただいて、きょうこうやって質問させていただくことを、大げさではなく夢に見ておりましたし、大変光栄に存じております。また、このような機会を頂戴できましたことを環境委員会の理事並びに委員の皆様方に改めて感謝を申し上げたいと思います。  さて、IPCCの第三十八回総会が先月横浜で開催されました。この総会では、気候変動が環境に与える影響について、最新の科学的な知見に基づく議論が行われ、そ……

第186回国会 財務金融委員会 第11号(2014/05/09、46期、自由民主党)

○小倉委員 おはようございます。自由民主党の小倉將信です。  金融商品取引法等の一部を改正する法律案並びに保険業法等の一部を改正する法律案について質問をさせていただきます。  このたびの金融商品取引法の改正案は、千五百兆円に上ると言われております個人の金融資産を成長マネーに振り向けるための施策であると理解しております。  日本経済の弱点は、欧米と比べて、リスクマネーが少なくて、新陳代謝が悪いこととも言われております。今回の金商法の改正によりまして、ベンチャーが小口で資金を集めることができるクラウドファンディングの拡充及び上場前でも資金調達しやすくする新たな非上場株式の取引制度を創設したことは、……

第186回国会 消費者問題に関する特別委員会 第6号(2014/04/15、46期、自由民主党)

○小倉委員 自由民主党の小倉將信です。  本日は、消費者問題に関する特別委員会で初めて質問に立たせていただきます。  参考人の皆様におかれましては、御多忙の中、当委員会にて御説明を賜りまして、本当にありがとうございました。  また、委員長、理事並びに委員の皆様には、このような貴重な機会を設けていただきましたことを感謝申し上げたいと思います。  十五分という限られた時間でございますので、今回の景品表示法の中で、とりわけ課徴金について詳しくお伺いしたいと思います。  課徴金につきましては、法四条に、法施行から一年以内に検討を加えて、必要な措置を講ずると書いております。これを受けて、消費者委員会では……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 環境委員会 第5号(2015/05/15、47期、自由民主党)

○小倉委員 おはようございます。自由民主党の小倉將信です。  本日は、環境委員会で貴重な御質問の機会を与えていただきましたことを、北川委員長初め各委員の皆様方に厚く感謝を申し上げたいと思います。  本日は、水俣条約に我が国が参加をするに当たって、その前提となる国内措置を担保するための法案審議であります。  ことしで水俣病の公式確認から六十年が経過をいたします。水俣の海は、かつて公害の舞台になったとは思えないほど今では美しい姿を取り戻しておりますが、当時被害に遭われた方々の塗炭の苦しみというものは今なお続いております。  事ほどさように、公害というものは、一度発生をしてしまうと、とてつもない長い……

第189回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2015/05/12、47期、自由民主党)

○小倉委員 自由民主党の小倉將信です。  大臣所信に対する質疑の先頭バッターで立たせていただきましたこと、委員長初め委員の皆様方に改めて感謝を申し上げたいと思います。  過去、消費者問題は、事業者や企業にとりましては、なるべく目をつけられたくないもの、あるいは、なるべくなら避けて通りたいものという印象で捉えられてきたかと思います。ただ、昨今では、消費者に対する安全性、機能性、科学的根拠といった要素は、消費活動や経済活動を大きく左右する、事業者にとってはある種の付加価値を生み出す分野になっております。  ですから、各企業でも、ユーザー対応やクレーム対応の窓口には細心の注意を払っているものと思われ……

第189回国会 予算委員会 第14号(2015/03/05、47期、自由民主党)

○小倉委員 自由民主党の小倉將信と申します。  意見陳述人の皆様におかれましては、御多用の中、本日の地方公聴会においでくださいまして本当にありがとうございます。また、大島座長初め予算委員会の派遣団の皆様には、この地方公聴会の場で貴重な機会を頂戴できましたことを改めて感謝申し上げたいと思います。  けさ、我々は、小松空港におり立ってから、まずは商工会議所を訪問させていただいて、近江町市場、そして金沢駅と訪問させていただきました。いずれも、三月十四日に開業を控えます北陸新幹線に対する期待と熱気、こういったものを肌で感じました。  私自身も、今回質問をさせていただくに当たりまして、多少ではありますけ……

第190回国会 環境委員会 第5号(2016/03/25、47期、自由民主党)

○小倉委員 自由民主党の小倉將信です。  本日は、丸川大臣初め環境省の皆様方に質問をさせていただく機会をいただきまして、ありがとうございました。また、委員長初め理事、委員の皆様方にも感謝を申し上げたいと思います。  早速質問に入らせていただきますが、先日、丸川大臣が国立公園の視察をされたというような報道を拝見させていただきました。観光ツアーを開発するなどして、国立公園の外国人観光客の訪問数を今の四百三十万人から一千万人ぐらいにふやすというような具体的な数字についても言及されたというふうに伺っております。  これまで安倍内閣では政府を挙げてインバウンドに取り組んでおりまして、昨年の観光客数は、二……

第192回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2016/11/22、47期、自由民主党・無所属の会)

○小倉委員 自由民主党・無所属の会の小倉將信です。  本日は、質問の時間をいただきまして、ありがとうございます。  前回私が消費者特委で質問させていただいたのが昨年の五月でありまして、そのときには、その前の月にスタートしたばかりの機能性表示食品制度と、あと遺伝子検査のあり方について質問させていただきました。  今回は、機能性表示食品制度がスタートしてから一年半が経過したということもございまして、そのフォローアップも兼ねて、再度質問させていただきたいなというふうに思います。  一年半が経過したということで、せっかくの機会ですので、機能性表示制度が始まってよかった点について幾つか御紹介をまずさせて……

第193回国会 経済産業委員会 第16号(2017/05/26、47期、自由民主党・無所属の会)

○小倉委員 自由民主党の小倉將信です。  本日は質問の機会を頂戴いたしまして、どうもありがとうございます。  化審法の質問に入る前に、前回の委員会で維新の木下委員が触れていらっしゃいました次官・若手プロジェクトについて私も簡単に触れさせていただきたいと思います。  私も、この次官・若手プロジェクトを拝見させていただいて、非常によくできているなと思います。こういった官公庁の公表物にしては珍しく、今風の表現で言えばバズってると言うんですかね、インターネット上で非常に議論が喚起をされています。もちろん賛否両論あるのは承知しておりますけれども、霞が関の官僚の政策立案能力あるいは発信能力が衰えているとい……

第193回国会 厚生労働委員会 第30号(2017/09/20、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○小倉大臣政務官 河野先生におかれましては、大変貴重な御意見をお聞かせいただきましてありがとうございます。  厚生年金加入に関する議論につきましては、加藤大臣が申し上げた点もございますし、一方で、御党が御指摘をされておりますように、保険料の二分の一の事業主負担、これを公費負担でどうするのかという、このような論点もあることも承知をいたしております。  ただ、いずれにしても、先ほどの答弁と重なる点もございますけれども、本件は地方議会議員の身分の根幹にかかわることでございますので、まずは地方議員の声をよく聞きながら、各党会派でしっかりと議論していただくことが重要であると総務省としても考えております。


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 総務委員会 第1号(2017/11/30、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 総務大臣政務官を拝命いたしました小倉將信です。  皆様方の格別の御指導をお願い申し上げます。(拍手)

第195回国会 総務委員会 第2号(2017/12/05、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 お答えいたします。  消費税率引き上げに伴う増収分の使途を見直し、幼児教育や高等教育の無償化などの人づくり革命を推進するための経済政策パッケージについては、現在、取りまとめに向けた議論が行われているところであります。そのため、委員御指摘のように、使途変更による地方への具体的な影響について、今のところお答えをすることは困難でございます。  現在の社会保障と税の一体改革のスキームは、国と地方の役割分担に応じた税収の配分も含め、国と地方が十分に協議をして決めたものであります。  したがって、このスキームの変更に際しましては、地方の理解を得ながら制度設計を進めることが重要と考えており……

第196回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2018/04/12、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  まず、人口減少が進む中で、地方公共団体が限られた人員で質の高い公共サービスを効果的、効率的に提供するためには、ICTを積極的に活用し、業務改革を進め、簡素で効率的な行政体制を実現をすることが必要という基本的認識を私どもは持っております。  その上で、委員に御紹介いただいた福岡市の取組は、チャットアプリを通じて、防災やごみ出し、子育てなどの生活に密着をした市政情報の中から、利用者のニーズに応じて情報をリアルタイムに届けるものと承知をいたしております。  私の地元の東京都の町田市もごみ分別アプリを導入しておりますけれども、福岡市さんはかなり広範にやられて……

第196回国会 決算行政監視委員会 第2号(2018/05/17、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 委員御指摘のとおり、私どもが国会の場で活動させていただいているのは、やはり、より多くの有権者の皆様方に投票していただいているというところが最も大きな根拠でございますので、低投票率というのは非常に大きな問題だというふうに思っておりますし、私どもも、総務省といたしまして、投票率の向上のために、選挙の公正を確保しつつ、有権者が投票しやすい環境をつくることは非常に重要なことだ、このように考えております。
【次の発言】 お答えを申し上げます。  ショッピングセンターを含みます共通投票所制度の創設というものを一昨年行いました。このショッピングセンターは実際に使われておりまして、平成二十九……

第196回国会 厚生労働委員会 第20号(2018/05/18、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  まず、地方公務員の臨時、非常勤職員の給与につきましては、委員御指摘のとおり、昨年の地方公務員法等の改正によりまして、一般職の会計年度任用職員制度を創設いたしまして、新たに期末手当の支給を可能といたしました。  それに加えまして、昨年の八月に発出をいたしました事務処理マニュアルにおきまして、初任給や再度任用時の給与につきましても、職務経験等の要素を考慮して定めるように助言をさせていただいております。  加えまして、任期つき職員の給与につきましても、ことしの三月に発出をいたしました総務省公務員部長通知におきまして、職務経験等を考慮した初任給の決定でありま……

第196回国会 厚生労働委員会 第36号(2018/07/13、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 お答え申し上げます。  災害時におけます避難所のトイレ対策は、避難者の健康管理はもとより、避難所の衛生対策を進める上でも大変重要な課題であると私ども認識しておりまして、委員御指摘いただいたトイレトレーラーにつきましても、非常に有効なツールの一つになり得るのではないか、このような思いで聞いておりました。  実際に、消防庁では、内閣府が作成をしました避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン、これをもとに、災害時のトイレについて、安全性や快適性に配慮するなど、昨年四月に、地方公共団体に対しまして、そういった取組を推進するように要請をしております。  こうした上で、地方公共団体が……

第196回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2018/04/04、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 総務大臣政務官を拝命をいたしました小倉將信です。  奥野副大臣とともに大臣を補佐し、全力を尽くしてまいりますので、委員長始め理事、委員の皆様方におかれましては、御指導、御鞭撻、賜りますよう、どうぞお願い申し上げます。

第196回国会 総務委員会 第2号(2018/02/20、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  穂坂委員御指摘のとおり、国庫補助金等には、特定の施策を奨励をするための政策手段としての機能が期待をされております。  ただ、一方で、国庫補助負担金につきましては、これまで、各省庁の関与が地方団体の知恵や創意を生かした自主的な行財政運営を阻害しがちでありますとか、細部にわたる補助条件や煩雑な交付手続などが、行政の簡素効率化や財政資金の効率的な使用を妨げる要因となっているといった弊害が指摘をされているところでございます。  こういった認識を踏まえまして、交付に当たりましては、補助要件の緩和などを行うことによりまして、地方団体が地域の実情に応じて取り組むこ……

第196回国会 総務委員会 第3号(2018/02/22、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 お答えをいたします。  来年度の地方財政対策におきましては、地方交付税につきまして、吉川委員御指摘の法定率分のほか、総額を確保する観点から、平成二十八年度国税決算に伴う精算減の繰延べや地方公共団体金融機構の公庫債権金利変動準備金の活用などによりまして、財源を確保しております。  委員御指摘の資料、地方財政計画のポイントにおきましては、地方交付税の原資をできるだけ確保と記述しておりますが、今申し上げた趣旨で、原資というふうに記述をしているところであります。
【次の発言】 お答えをいたします。  委員が言及されました、消費税の使い道を見直すこととし、幼児教育の無償化や真に必要な子……

第196回国会 総務委員会 第4号(2018/02/28、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 日本の消防防災システムが特にアフターメンテナンスの観点から世界じゅうで高い評価をいただいているというのは、務台委員の御指摘のとおりでありますし、また、日本と気候とか建物の形状、そして町並みが似通っている東南アジアの地域を中心に、日本の消防防災システムが高い期待を寄せられているというのもお聞きをいたしております。  その上で、消防庁といたしましては、日本規格に適合し、すぐれた品質を有する消防用機器等につきまして、諸外国の消防防災関係者に御理解をいただくことで日本企業による海外販売を促進するように環境整備に取り組んでまいります。  まず、日本規格の英語版を消防庁のホームページで公……

第196回国会 総務委員会 第6号(2018/04/03、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  消防団は、地域におけます消防防災体制の中核的存在といたしまして、地域住民の安心、安全確保のために大きな役割を果たしていただいておりますが、一方で、消防団員数につきましては年々減少し、足元八十五万人程度となっております。  まずは、あらゆる災害に対応し、消防団の中心となる基本団員の確保にしっかりと取り組んでいただきたいと思いますが、その上で、今後、大規模災害時に新たに業務が発生をしたり、人手不足となる場合に限り出動する大規模災害団員の導入促進に取り組むこととし、本年一月に通知を発出したところであります。  同時に、消防団員の裾野を広げる取組といたしまし……

第196回国会 法務委員会 第19号(2018/06/08、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 お答えいたします。  住民基本台帳法七条におきまして、住民票の記載事項といたしまして、世帯主との続き柄を記載することとされております。  世帯主との続き柄の記載方法につきましては、住民基本台帳事務処理要領におきまして、妻、子、父、母を始め、縁故者、同居人などと記載することとされております。  事実婚の場合の続き柄の記載につきましては、同事務処理要領におきまして、法律上の夫婦ではないが準婚として各種の社会保障の面では法律上の夫婦と同じ取扱いを受けておりますため、夫(未届)、妻(未届)と記載することとされております。
【次の発言】 委員お尋ねの同性パートナーにつきましては、戸籍制……

第198回国会 消費者問題に関する特別委員会 第4号(2019/06/14、48期、自由民主党)

○小倉委員 皆様、おはようございます。自民党の小倉です。  きょうは質問のお時間をいただきまして、どうもありがとうございます。  私も、委員長、与野党の理事、委員の皆様方と一緒に、今月の頭、徳島県に行ってまいりまして、いわゆる徳島の拠点、消費者行政新未来創造オフィスに行ってまいりました。  私、今回が最初じゃなくて、実は、二年近く前の二〇一七年の九月に一度、総務省の政務官をやっていたときに視察をしてまいりまして、自民党の消費者問題調査会の事務局長をやっておりますもので、ことしの一月にも同じように徳島県に行ってまいりました。今回で三回目ということで。  実は、今から三年前、消費者庁の移転の話が出……

第198回国会 総務委員会 第4号(2019/02/21、48期、自由民主党)

○小倉委員 自民党の小倉將信です。  貴重な時間、質問させていただきまして、まことにありがとうございます。  また、当初は総務大臣が予算に呼ばれているということでございまして、通告は政務官以下にさせていただいております。政務官以下で御回答いただければというふうに思います。  早速質問に移りますが、まず、地方財政一般について御質問をさせていただきたいと思います。  来年度の地方財政計画を見ますと、地方税収が過去最高に達しております。そのこともありまして、地方交付税は前年度を二千億円上回る十六・二兆円を確保すると同時に、臨財債は前年度と比べて七千億円減と大幅に抑制されておりまして、更に重要なのは、……

第201回国会 予算委員会 第7号(2020/02/05、48期、自由民主党・無所属の会)

○小倉委員 自由民主党・無所属会派の小倉將信です。  本日は、予算委員会の質問の時間をいただきまして、まことにありがとうございます。四十五分間いただきましたので、規制改革、行政改革、そして経済の問題について質問させていただきたいと思います。  私は、今の政権のマクロ経済運営、大胆な金融緩和、機動的な財政政策、そして成長戦略の実現、極めて適切な経済運営ではないかと思います。  私、日銀におったんですけれども、思い出すのは、日銀に入る前、政府と日銀の内定者のソフトボール大会というものがありまして、私も参加しました。たしか、日銀のチームの名前がインフレファイターズだったんです、今はデフレファイターズ……

第201回国会 予算委員会 第16号(2020/02/26、48期、自由民主党・無所属の会)

○小倉委員 第二分科会について御報告申し上げます。  本分科会は、総務省所管について審査を行いました。  詳細につきましては会議録に譲ることといたしますが、その主な質疑事項は、新型コロナウイルス感染症への対応、地域医療に対する支援、地方自治体の災害対策に対する支援、5G導入のための取組、森林環境譲与税制度のあり方、災害時におけるフェイクニュースの規制等であります。  以上、御報告申し上げます。


各種会議発言一覧(衆議院)

47期(2014/12/14〜)

第189回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2015/03/10、47期、自由民主党)

○小倉分科員 自由民主党の小倉將信です。  貴重な質問の機会を与えていただきまして、本当にありがとうございます。  また、高市大臣、朝から本当にお疲れさまでございます。  まず、地方創生についてお伺いをしたいと思います。  言うまでもなく、地方創生は、増田寛也元総務大臣のいわゆる極点社会のレポート、二〇四〇年までに消滅をする都市が八百九十六自治体、全体の半数を上回るという衝撃的なレポートを出発点といたしまして地方創生の取り組みが本格的に動き出し、そして大きな目標として、二〇六〇年までに日本の人口一億人を維持するというようなことがあろうかと思います。  それで、その手段についてなんですけれども、……

第189回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2015/03/10、47期、自由民主党)【議会役職】

○小倉主査代理 これにて渡辺孝一君の質疑は終了いたしました。  次に、藤井比早之君。
【次の発言】 これにて藤井比早之君の質疑は終了いたしました。  次に、前田一男君。
【次の発言】 これにて中野洋昌君の質疑は終了いたしました。  次に、太田和美君。

第190回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2016/02/25、47期、自由民主党)【議会役職】

○小倉主査代理 これにて後藤祐一君の質疑は終了いたしました。  次に、藤井比早之君。
【次の発言】 これにて藤井比早之君の質疑は終了いたしました。  次に、鷲尾英一郎君。
【次の発言】 申し合わせの時間が過ぎておりますので、簡潔にお願いいたします。
【次の発言】 これにて石崎徹君の質疑は終了いたしました。  次に、田村貴昭君。
【次の発言】 これにて古川康君の質疑は終了いたしました。  午後一時から再開することとし、この際、休憩いたします。     午後零時九分休憩

第193回国会 予算委員会公聴会 第1号(2017/02/21、47期、自由民主党・無所属の会)

○小倉委員 自由民主党の小倉將信です。  公述人の皆様、丁寧な御説明、どうもありがとうございました。  今回の予算案とともに提出をされました財務省の財政見通しの試算を見ますと、三%の経済成長シナリオでもなお二〇二〇年の基礎的財政収支が六・四兆円の赤字ということで、二〇二〇年のプライマリーバランスの黒字化目標、これを達成するのは依然としてかなりチャレンジングな状況であるというのは間違いないと思います。  そういった中で、このプライマリーバランスの黒字化目標を達成するためには、歳出歳入の両面にわたる改革、見直しに加えまして、この経済成長シナリオが、期待や楽観ではなくて、やはり現実のものとして実現を……

第193回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2017/02/22、47期、自由民主党・無所属の会)

○小倉分科員 自由民主党の小倉將信です。  本日は、質問の機会を頂戴いたしまして、ありがとうございます。  私の地元は東京都の多摩市と町田市でございまして、戦後、都心に通う通勤の方々のベッドタウンとして発展を遂げた町でもありますが、町田市の中心市街地は、実は昔から商都というふうに言われておりまして、江戸末期から明治維新にかけて、あそこら辺は一帯が絹の道というふうに言われておりました。山梨や長野あるいは八王子あたりから生糸が運ばれてきて、それを横浜港に運ぶ、その中継点として町田が発展を遂げてきた、このような経緯もございまして、実は町田は商都というふうにも言われております。  今も、武相商業圏とい……

第193回国会 予算委員会第六分科会 第2号(2017/02/23、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○小倉主査代理 時間が来ているので、簡潔にお願いします。
【次の発言】 これにて大畠章宏君の質疑は終了いたしました。  次に、吉田宣弘君。
【次の発言】 これにて吉田宣弘君の質疑は終了いたしました。  次に、渡辺孝一君。


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2018/02/23、48期、自由民主党)【政府役職】

○小倉大臣政務官 お答えを申し上げます。  人口減少や少子化が進む中におきましても、地方公共団体におきましては、みずからの課題に自主的、主体的に取り組みつつ、持続可能な形で行政サービスを提供していくことが重要である、このように考えております。そのためにも、各地方公共団体において、効率的で利便性の高い行政基盤を確立していくとともに、地方公共団体間の連携や外部資源の活用を積極的に進めていくことが重要であると考えております。  また、地方公共団体が持続的な形で行政サービスを提供していくためには、その裏づけとなる税財源が不可欠でありまして、こうした観点からは、地方税や地方交付税など、地方が自由に使える……

第198回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2019/02/27、48期、自由民主党)

○小倉分科員 どうもありがとうございます。自民党の小倉です。  まず、統計の問題についてお伺いをしたいというふうに思います。  大臣、副大臣、若松町にある統計局の資料館に行かれたことはありますでしょうか。実は、この統計局の資料館は、明治百五十年を記念いたしまして、統計に関係のある偉人のさまざまなパネルを展示してございます。私が行ったときに目についたのは大隈重信先生でありまして、この大隈重信先生は、明治維新からわずか十三年後の一八八一年の五月三十日に統計院を設立いたしました。  そのときの発言が非常に私は重要だと思っておりますので、あえて申し上げると、「現在ノ国勢ヲ詳明セザレバ政府則チ施政ノ便ヲ……

第201回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2020/02/25、48期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○小倉主査 これより予算委員会第二分科会を開会いたします。(発言する者あり)  御静粛にお願いします。  私が本分科会の主査を務めることになりました小倉將信でございます。よろしくお願いいたします。  本分科会は、総務省所管について審査を行うことになっております。  令和二年度一般会計予算、令和二年度特別会計予算及び令和二年度政府関係機関予算中総務省所管について審査を進めます。  政府から説明を聴取いたします。高市総務大臣。
【次の発言】 この際、お諮りいたします。  ただいま総務大臣から申出がありました総務省所管関係の予算の概要につきましては、その詳細は説明を省略し、本日の会議録に掲載いたした……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

小倉将信[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書