国会議員白書トップ衆議院議員務台俊介>委員会発言一覧(全期間)

務台俊介 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

務台俊介[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは務台俊介衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 務台俊介 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 国土交通委員会 第4号(2013/04/03、46期、自由民主党)

○務台委員 ありがとうございます。長野二区選出の、新人の務台俊介でございます。  私の地元はアルプスの麓でございまして、国土交通省には、砂防から河川から国営公園から道路から、さまざまな分野で大変お世話になっております。  御存じのとおり、長野県は十数年前に長野オリンピックというのをやりました。そのオリンピックを支えるために、公共事業が飛躍的にふえた時期がありました。長野新幹線も、オリンピックに間に合わせるようにつくっていただきました。本当にありがたいことだと思います。  ところが、その後の県政の政権交代で打ち出された脱ダム宣言の結果、大幅に公共事業が削減されたということになっております。その結……

第183回国会 災害対策特別委員会 第5号(2013/05/10、46期、自由民主党)

○務台委員 自民党の務台俊介でございます。  昨日は本会議で、古屋大臣、五十四問の質問にお答えになって、本当にお疲れさまでございました。私がきょう委員会で質問する質問がなくなってしまうのではないかと心配だったんですが、私は、昨日の質疑に余り重ならないような形で、別の観点からの質問をさせていただきたいと思います。  私は、十年ほど前に総務省消防庁の防災課長をさせていただきまして、その際に、日本の災害法制の歴史を勉強させていただく機会がございました。  お手元に資料をお配りさせていただいておりますが、日本の重要な災害法制というのは、大きな災害がある都度、制度がつくられてきた、そういう歴史がございま……

第183回国会 消費者問題に関する特別委員会 第7号(2013/05/23、46期、自由民主党)

○務台委員 ありがとうございます。自由民主党、長野二区選出の務台俊介と申します。  きょうは、四人の参考人の皆様、本当に貴重な話を伺って、勉強になりました。  西藤さんは食品産業の立場から、それから山根参考人は消費者の立場から、それから鬼武さんは流通の立場から、それから池戸先生は学識経験者として、バランスのとれたお話を伺えたと思います。  その中で、聞いていてなるほどと思ったのは、西藤さんは、やはり食品産業の面から、コスト、負担ということが大いなる懸念事項だというお話でございます。一方で、主婦連の山根様は、できるだけ多くの情報が消費者に的確に伝わるという、一種の価値観の相違でしょうか、そんなお……

第185回国会 災害対策特別委員会 第8号(2013/11/19、46期、自由民主党)

○務台議員 古屋消議連会長のもとで法案の準備をさせていただいている務台でございます。  黄川田先生がおっしゃいましたように、ことしは消防団設立百二十周年でございまして、国会の総意として、この法案に盛り込まれた中身を国会として出していきたい、プレゼントしたい、そんな気持ちでいっぱいでございます。  よろしくお願いいたします。
【次の発言】 お答え申し上げます。  今回の法案の第十四条で、国土強靱化基本計画と自治体のつくる地域計画は調和をとらなければならないと書いてございまして、この規定の趣旨は、国土強靱化に関して地域の取り組みと国全体の取り組みが相まち、整合的に推進されることが効率的、効果的な強……

第186回国会 国土交通委員会 第14号(2014/04/23、46期、自由民主党)

○務台委員 ありがとうございます。長野二区の務台俊介でございます。  きょうは、一時間にわたって質問させていただく機会を与えていただきまして、ありがとうございました。  まず、道路法改正審議に先立ちまして、過日の韓国における痛ましい旅客船沈没事故に関し、お伺いしたいと思います。  この事故での犠牲者の皆様には心からお悔やみ申し上げます。その上で、報道によりますと、我が国が支援を申し出たものの韓国政府がこれを断った、そういうお話がありますが、それが事実だとしたら大変残念なことだと思いますが、外務省から事実関係を伺いたいと思います。また、仮に支援するとしたらどのような支援体制であったのか、そこの点……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 災害対策特別委員会 第3号(2015/03/20、47期、自由民主党)

○務台委員 アルプスの麓の選挙区から出てまいりました務台俊介です。  私の選挙区が属する長野県におきましては、昨年は、あらゆる種類の災害が襲った年でございました。昨年二月には雪害、夏には南木曽の土砂災害、御嶽噴火という火山災害、そして十一月には、長野県北部地域を襲った神城断層地震災害が発災しました。山谷大臣には、白馬村、小谷村にもお越しいただき、感謝申し上げたいと思います。  この三月十一日は、東日本大震災から丸四年を迎える日でした。そして、本日は、あの忌まわしい地下鉄サリン事件が起きてから二十年目のその日でございます。こうした経験を経て、我が国の防災体制は、ある意味で大きく進化してきたという……

第189回国会 財務金融委員会 第2号(2015/03/04、47期、自由民主党)

○務台委員 北アルプスの麓の選挙区から参りました務台俊介です。  安曇節の本拠でございまして、麻生先生も安曇節をよく御存じでございまして、本当に、こういう機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  きょうは所得税法等の一部改正法案の質問をさせていただきますが、税に関しては、自民党の税調、党税調の場で議論を練り上げてきて論点が相当出尽くしている、法律になった時点ではほっとしているというのが本当のところではないかと思います。  そういう中で、きょうは、少しちょっと別の切り口で質問を組み立てさせていただいておりまして、ぜひ御教示をしっかり賜ればというふうに存じます。  まず、法人税について……

第190回国会 災害対策特別委員会 第7号(2016/05/25、47期、自由民主党)

○務台委員 自民党の務台俊介です。  私は、一昨日の衆参災害対策特別委員会の合同視察に参加させていただきました。そして、その前には、五月一日、二日と個人で現地に赴かせていただきまして、関係者と意見交換をさせていただきました。発災から二週間経過時点、それから一カ月経過時点と、それぞれのフェーズで災害後の状況が大きく変化しているということを感じさせていただきました。  発災後の政府の対応は素早く、国民、住民の皆様の評価も高いと承知しております。私は、一昨年末に長野県北部を襲った神城断層地震の際の安倍総理、そして当時の山谷防災大臣を初め政府の迅速な対応にも目をみはるものがあったというふうに感謝してお……

第190回国会 財務金融委員会 第4号(2016/02/17、47期、自由民主党)

○務台委員 自由民主党の務台俊介です。  きょうは、特例公債法そして消費税について伺わせていただきます。  まず、公債の大量発行についてはさまざまな弊害が指摘されているところでございます。しかし、理論と実際は異なるという局面もあろうかと思います。現実には、国債発行によるメリットというものも確かにある。千六百兆円とも千七百兆円とも言われる個人金融資産がこのように膨大にある中で、この資産を政府が有効に活用するというのも一つの考え方であると思います。  これだけ大量発行の国債の累積にもかかわらず、なぜ国債の金利が上がらないのか、円の価値が保たれるのか、これまでは幸運にもそのリスクを免れてきたにすぎな……

第190回国会 総務委員会 第4号(2016/02/24、47期、自由民主党)

○務台委員 ありがとうございます。  総務委員会に配属になりまして初めての質問ということで張り切っておりまして、ちょっと質問が多過ぎて、はしょるかもしれませんが、お許しいただきたいと思います。  総務委員会に来まして、黄表紙という、地方税参考計数資料というのを久しぶりに見せていただいて、あっと思ったことがありました。それは、九ページを見ると、何と二十八年度予算ベースで、国税と地方税を足し合わせると、国、地方の租税総額が百兆円を超えるということなんです。すごいなというふうに思いまして、今まで余りそういう視点で見たことがなかったんですが、今年度決算がどうなるか別として、予算ベースで初めて百兆円を超……

第192回国会 経済産業委員会 第1号(2016/10/14、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 このたび公正取引委員会に関する事務を担当することになりました務台俊介でございます。  松本副大臣とともに松本大臣を補佐し、公正かつ自由な競争環境の整備に努め、我が国経済がより豊かで活力あるものになるよう、全力で職務を遂行してまいりたいと思っております。  浮島委員長を初め理事、委員各位には、一層の御指導、御鞭撻をよろしくお願いします。  ありがとうございます。

第192回国会 経済産業委員会 第7号(2016/11/16、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 委員御指摘のとおり、消費者の安全、安心を確保するためには、消費生活相談員相談体制の整備などの地方消費者行政の充実強化を図ることがとても重要だと考えております。  これまでも、地方消費者行政推進交付金を通じて地方公共団体の取り組みを支援してきたところでございます。二十九年度の予算概算要求においても、地方公共団体における取り組みを強力かつ安定的に支援するため、地方消費者行政推進交付金を増額要求しているところでございます。  全国知事会の要望や国会の附帯決議も踏まえ、地方消費者行政強化作戦で掲げている、どこに住んでも質の高い相談、救済を受けられる地域体制を全国的にあまねく整備するた……

第192回国会 国土交通委員会 第8号(2016/12/09、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 本村委員にお答えします。  消費税転嫁対策特別措置法は、第三条におきまして、禁止される行為を列挙しております。一号では減額及び買いたたき、二号では商品購入、役務利用または利益提供の要請、そして三号では本体価格での交渉の拒否、そして四号で報復行為をそれぞれ禁止しており、同法は建設業にも適用されております。  なお、特措法施行が平成二十五年十月からでしたが、この二十八年十月までの三年間で三千六十二件の指導、三十六件の勧告が行われておりますが、うち建設業者にかかわるものの指導三百六十五件、勧告四件という結果が出ております。

第192回国会 災害対策特別委員会 第2号(2016/10/20、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 内閣府大臣政務官の務台俊介です。  東日本大震災以来、本年に入ってからも、熊本地震や一連の台風災害を初め、各地で自然災害が発生しております。これらの災害によりお亡くなりになられた方々と御遺族に対しまして深く哀悼の意を表しますとともに、被災者の方々に心からお見舞いを申し上げます。  また、九月一日の岩手県岩泉町の被災現場視察時におきます私の不適切な行動につきましては、この場をおかりしまして改めて深くおわび申し上げます。  今後は、一層の責任感と緊張感を持って、松本洋平副大臣とともに松本純大臣を補佐し、災害対策や国土強靱化に全力を尽くしてまいります。  秋葉委員長を初め理事、委員……

第192回国会 消費者問題に関する特別委員会 第2号(2016/10/26、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 消費者行政を担当いたします内閣府大臣政務官の務台俊介でございます。  消費者の安全で安心な暮らしを守るため、松本内閣府副大臣とともに松本大臣を支えてまいりますので、原田委員長を初め理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。

第192回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2016/11/22、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 オンラインゲームにおける高額課金の防止について、業界団体や事業者におきましては自主的な取り組みを実施しているものと認識しております。  例えば、有料でアイテム等を提供する際のゲーム画面に表示すべき内容、具体的にはアイテムの提供割合とかアイテムの取得にかかる推定金額に関する表示、これらに関する自主ルールを運用したり、未成年者がゲーム内で利用可能な金額上限の設定などを実施しているというふうに認識しております。  こうした業界団体の自主的な取り組みに加えて、未成年者の保護者の取り組みもとても大事だと思っております。具体的には、未成年者が保護者のクレジットカードを利用して高額請求をさ……

第192回国会 地方創生に関する特別委員会 第2号(2016/11/25、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 地方創生、地方分権改革等を担当する内閣府大臣政務官の務台俊介でございます。どうかよろしくお願いいたします。  松本副大臣とともに、山本大臣を支え、力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、木村委員長を初め理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

第192回国会 地方創生に関する特別委員会 第3号(2016/12/08、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 議員御指摘のとおり、日本版DMOの候補となり得る法人である日本版DMO候補法人を登録する制度の創設からほぼ一年となりますが、本年二月に二十四法人を登録したのを皮切りに、広域連携、地域連携、地域単独の三種類のDMO、合わせて現在百十一の法人が登録されております。この中には、例えば、委員の御地元の大阪府においては、地域連携DMOとして、公益財団法人大阪観光局がございます。今後とも急速な増加が期待されているという状況にございます。  これを促進するため、日本版DMOの基本的な考え方等の普及を図るべく、「「日本版DMO」形成・確立に係る手引き」を昨年十一月に内閣官房と観光庁が共同で作……

第192回国会 東日本大震災復興特別委員会 第2号(2016/10/27、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 復興大臣政務官の務台俊介でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  総括業務及び地震、津波災害からの復興に関する事項を担当いたしますとともに、岩手復興局に関する事項を担当いたします。  九月一日の岩手県の台風災害被災現場視察時におきます私の不適切な行動については、この場をおかりして深くおわび申し上げます。  今後は、より一層の責任感と緊張感を持って関係副大臣とともに今村大臣を支え、被災地の皆様の心に寄り添った復興の加速化に全力を尽くしてまいりますので、吉野委員長を初め、理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。  ありがとうございます。(拍手)

第192回国会 内閣委員会 第1号(2016/10/14、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 内閣府大臣政務官の務台俊介でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  海洋政策・領土問題、行政改革、食品安全、規制改革等を担当いたしております。  秋元委員長を初め理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。(拍手)

第192回国会 内閣委員会 第2号(2016/10/19、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 規制改革会議は、平成二十五年の一月発足以来、四次にわたる答申を取りまとめ、これをもとに、六百五十三項目にわたる改革事項が盛り込まれた規制改革実施計画が閣議決定されてきております。  その中でも、特に岩盤規制と言われるような、一般用医薬品のインターネット販売、農協改革、患者申し出療養制度など、改革を進めてきているところでございますが、規制改革ホットラインなどを通じて、幅広く国民の皆様の声を受けた改革事項も進めてきた、このように考えております。  今後、新しく設置した規制改革推進会議のもとで、さらなる規制改革を一層進めていく必要がある、このように考えております。

第192回国会 内閣委員会 第5号(2016/10/28、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 金子委員から、災害時の福祉避難所等のあり方を中心としての御質問があったというふうに理解しております。  障害者、妊産婦といった皆様、あるいは特に支援を要する高齢者の皆様は災害時に特に配慮されるということが非常に大事であり、そのためには福祉避難所の確保が大変大事だというふうに思っております。  熊本地震に際しましても、福祉避難所の重要性を念頭に、政府としては、被災直後に通知を発しまして、避難所における良好な生活環境の確保の一環として、福祉避難所の設置を求めているところでございます。  今回は、あらかじめ指定された福祉避難所の活用を行うとともに、エコノミークラス症候群などにも配慮……

第192回国会 農林水産委員会 第3号(2016/11/22、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 今回の農協改革に関する意見は、規制改革推進会議農業ワーキング・グループとして、前身の規制改革会議による平成二十六年六月の答申以来、農協改革に関し議論、提言した立場から、改革の現状をフォローアップし、農協が自己改革によって目指すべき姿を示したものと理解しております。  農協改革につきましては、本年四月に施行された改正農協法に基づき、五年間の改革集中推進期間において自己改革が進められているものと承知しておりますが、よりよい自己改革の遂行に資するよう、改革の方向性とその具体的な手段を示すことにより、各農協組織において、これを基礎としながら、おのおのの実情を踏まえつつ改革が進められる……

第192回国会 予算委員会 第4号(2016/10/04、47期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○務台大臣政務官 当時、九月一日に伺った折には、しっかりと現地の皆様の声を聞いて政府の対策にその実態を生かす、そういうこともありまして、しっかりと防災服を着て行ったというふうに考えております。
【次の発言】 先生おっしゃるとおり、現地の皆様の被災された実情に心を寄せるためにそういう形をつけて行くというふうに理解しております。  今回、私が長靴を持参せず、そして、あまつさえ、秘書官に背負われて沢を渡ったということは、大変被災地の皆様のお気持ちを逆なですることだということで、深く反省させていただいております。

第193回国会 厚生労働委員会 第18号(2017/04/28、47期、自由民主党・無所属の会)

○務台委員 おはようございます。長野二区選出の務台俊介でございます。  質問の機会を与えていただき、まことにありがとうございます。  まず、資料を見ていただきたいと思います。  私は今六十歳で還暦でございますが、私の生まれた昭和三十一年、人口ピラミッドで見ると、六十五歳以上の人たちが非常に少ないピラミッド形を示していた時代でございました。そして、六十年後の去年、二十八年の人口ピラミッドを見ると、これが大分様相が変わってきた。六十五歳以上の皆様のシェアが全体の三分の一を占める、それに対して年少人口が非常に先細る、そんな図になっております。  これが当時の予算と今日の予算にどのように反映しているか……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 環境委員会 第2号(2017/12/05、48期、自由民主党)

○務台委員 自由民主党の務台俊介です。  このたび、環境委員会に初めて所属させていただきました。そして、早速質問の機会をいただきまして感謝申し上げます。大臣ほか政務三役の皆様には、御就任おめでとうございます。この場をおかりしてお祝い申し上げます。  就任されてから、事実上、最初の質疑者の立場を、私、いただきまして、本当に光栄に存じます。本日は、私のふだんからの問題意識も踏まえた質問をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。  中川環境大臣の所信的御挨拶を伺い、改めて、環境行政の裾野が大変広がっていることを感じました。  大臣は、環境省が発足した平成十三年に大蔵省から環境省……

第196回国会 環境委員会 第4号(2018/03/20、48期、自由民主党)

○務台委員 ありがとうございます。  公害健康被害の補償等に関する法律の一部改正法案について御質問させていただきます。  この法律ができた昭和四十九年の翌年に、私は長野県から東京に出てきて大学に入学しました。希望に燃えて上京した東京でございましたが、全てが快適とは言えない、そういう現実もございました。通学の満員電車、それから住居の狭さ、そして空気の悪さは特に辟易しました。  私は、安曇野、松本という非常に空気のきれいなところで生まれ育ったんですが、長野県にいたときは鼻毛が伸びるということはございませんでした。ところが、東京に来ると鼻毛が伸びるんです。(発言する者あり)加齢ではないですね。そして……

第196回国会 総務委員会 第4号(2018/02/28、48期、自由民主党)

○務台委員 務台俊介でございます。  二年ぶりの総務委員会での質問でございます。まとまった時間を与えていただいて、心から感謝を申し上げたいと思います。  まず、総務省に、平成二十九年度の国税、地方税、そして、それを合わせた租税総額の見込みについて伺いたいと思います。
【次の発言】 ただいま局長からお話しいただきましたが、総務省が公表している平成三十年度の地方税に関する参考計数資料によりますと、ことし、国税六十一・三兆円、地方税が三十九・六兆円、合わせて百・九兆円となりまして、これは初めて百兆円を超える租税総額となります。  平成三年に一旦九十八・二兆となった額が、その後、民主党への政権交代が行……

第196回国会 総務委員会 第11号(2018/05/17、48期、自由民主党)

○務台委員 自由民主党の務台俊介です。  統計法及び独立行政法人統計センター法の一部を改正する法律案について質問させていただきます。  この数年、日本の統計制度については各方面からさまざまな意見が出てきております。その背景には、客観的な証拠に基づくエビデンスベースでの政策決定が求められている中で、我が国では、ともすると統計の最大のユーザーである政府の立案過程において統計や業務データが十分に活用されず、往々にしてエピソードベースでの政策立案が行われてきたという指摘があると思います。EBPMを推進するためには、その根拠となる統計等の整備、改善が重要であり、EBPMと統計改革は車の両輪として一体とし……

第197回国会 環境委員会 第2号(2018/11/20、48期、自由民主党)

○務台委員 おはようございます。  原田義昭環境大臣、大臣御就任まことにおめでとうございます。環境委員会で新大臣への最初の質問をさせていただくことを光栄に思います。  先週の原田環境大臣の簡潔な所信表明挨拶を伺い、感じたことは、横文字が大変多くなっているなということ。  ちょっとピックアップしますと、グリーンファイナンス、イノベーション、SDGs、COP24、ESG、クールチョイス、カーボンプライシング、ワイズコンサンプション、プラスチック・スマート、リスクコミュニケーション、SATOYAMAイニシアチブ、ライフサイクル、エコチル等の言葉です。SATOYAMAイニシアチブに至っては、里山という……

第197回国会 総務委員会 第2号(2018/11/15、48期、自由民主党)

○務台委員 石田真敏大臣、総務大臣御就任おめでとうございます。心からのお祝いの気持ちを込めて、大臣の所信的御発言に対しての質問をさせていただきます。  石田大臣は、地方の疲弊は待ったなしの状態だという認識を示されました。そして、二〇四〇年ごろに顕在化する諸課題に地方公共団体が対応するため、総務省はさまざまな観点から検討を進めるとし、現在、地方制度調査会でも必要な地方行政体制のあり方を審議していただいているということも紹介されました。  私は、地方の疲弊の一つの例が、地方議会議員、なかんずく町村議会議員のなり手不足という現象にあらわれているように思えてなりません。本日は、短い時間ですが、この問題……

第198回国会 環境委員会 第4号(2019/04/02、48期、自由民主党)

○務台委員 おはようございます。自由民主党の務台俊介でございます。  本日の質問の機会、新元号の発表の翌日ということで、とてもありがたいと思っております。  令和という新元号、切れがよく、発音しやすく、また、万葉集から引いたということで、改めて我が国の歴史文化の豊かさに日本人自身が自分の国に誇りを持つということにもつながる、そんなふうに感じました。海外の反響も大きく、早速、チベット語でレイワは希望という意味があるんだ、そんな情報ももたらされております。  季節の移り変わりを詠んだ歌からとったということで、歴史文化に加えて環境面でも世界をリードするんだ、そういう意味がこの新元号に込められている、……

第198回国会 総務委員会 第15号(2019/04/23、48期、自由民主党)

○務台委員 おはようございます。自由民主党の務台俊介です。  あと一週間で平成の御代が幕を閉じます。令和の時代の幕あけにふさわしい、めり張りがあり、麗しい質疑となることを期待しております。  本日は、日本人の名前のローマ字表記における姓と名の順番の問題について質問したいと思います。過日、四月十六日の参議院外交防衛委員会で少し話題になっておりましたが、改めて政府の考え方について伺いたいと思います。  まず初めに、事実関係でございますが、石田総務大臣に伺いたいと思います。  大臣は、御自身のお名前が総務省のホームページの英語版でどのように表記されているか、あるいは大臣室のネームプレートでどのように……

第200回国会 環境委員会 第2号(2019/11/12、48期、自由民主党・無所属の会)

○務台委員 おはようございます。長野県選出の衆議院議員の務台俊介でございます。  被災地の長野県を代表して質問させていただく機会を与えていただいたこと、ありがとうございます。  一連の台風災害の被害は甚大で、まず、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りしたいとともに、被災された方々には心からお見舞い申し上げたいと思います。  今回の台風十九号に伴う浸水域は非常に広大で、昨年一年分の台風被害の浸水域を一回の台風で上回ったと指摘されております。時間が経過する中で、災害対応のフェーズがどんどんと変わってきておりまして、きょうは、その中で、災害廃棄物の処理の問題を取り上げさせていただきたいと思います……

第200回国会 災害対策特別委員会 第4号(2019/11/28、48期、自由民主党・無所属の会)

○務台委員 自由民主党・無所属の会の務台俊介でございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  台風十九号による甚大な被害が生じてから、あっという間に一カ月半が経過しました。私の地元も千曲川の堤防決壊により大きな被害が出ました。この間の災害対応に関し、農林水産委員会で農業被害回復について、環境委員会では災害ごみへの対応について質問をさせていただきました。今回はそれらを総括する観点で、災害対策特別委員会でも質問の機会を与えていただいたことに感謝申し上げます。  武田防災大臣には、千曲川の決壊があったまさにその当日に今井政務官と長野市の現場にお入りいただきました。……

第200回国会 総務委員会 第3号(2019/11/19、48期、自由民主党・無所属の会)

○務台委員 御指摘の趣旨の規定は、労働者派遣法にございます。派遣法の四十条の九では、派遣先が、当該派遣先を離職した者を離職後一年以内に派遣労働者として受け入れることを禁じております。この規定は組合に対しても適用されるため、組合が、組合員である事業者を離職した者を組合の職員として採用した上で、離職後一年以内に当該事業者に派遣することはできないことになります。  したがって、委員御懸念のような、いわゆる労働者の置きかえは生じないというふうに考えております。

第200回国会 農林水産委員会 第2号(2019/10/24、48期、自由民主党・無所属の会)

○務台委員 ありがとうございます。自民党の務台俊介です。  台風十九号の被災地の長野を代表して、質問の機会を与えていただきまして、まことにありがとうございます。  まず、十九号災害で犠牲になられた皆様に心から御冥福をお祈りします。また、被災された皆様にも心からお見舞いを申し上げたいと思います。  東日本を広く被災地とした今回の台風災害は、いまだに被害の全容が把握できない状況でございます。  台風が首都圏を抜けた十三日の早朝、私は、NHKテレビで、千曲川が数カ所で決壊し濁流が堤内地に勢いよく流れ込んでいる情景を目にし、思わず絶句しました。特に、私の選挙区の豊野地区へも、千曲川堤防が決壊した穂保地……

第201回国会 総務委員会 第5号(2020/02/20、48期、自由民主党・無所属の会)

○務台委員 質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。自由民主党の務台俊介です。  令和二年度の地方財政計画、地方税法、地方交付税法の改正に関連してお話を伺いたいと思います。  今回の提案の中身は、現下の課題に的確に対応した中身だと承知しております。全国の自治体が今、予算編成の真っただ中であり、この作業を円滑にバックアップするために、早期の改正の賛成をお願いしたいというふうに思います。  さて、高市総務大臣は、所信の御挨拶の中で、都市部から地方への人の流れを創出すると、創出という言葉を使っておられます。私の地元でも、多くの若い層が現に移住をし、また、移住を考えておられます。高速イ……


各種会議発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会第六分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)

○務台分科員 長野県第二選挙区選出の務台俊介と申します。  私の選挙区は、北アルプスの東側に沿ってずっと縦に長い選挙区でございまして、地形的には、盆地もありますが山間地が多いということで、長島先生の選挙区にちょっと似ているのかもしれません。  昨日、私は、地元の北安曇郡の小谷村というところで、地元の支援者の皆様と車座で集会をしてまいりました。そこで、きょうこういう質問をするという話をしたんです。実は小谷村は、御多分に漏れず人口がどんどん減っていきますが、唯一元気のある、唯一と言っては語弊がありますが、元気のある要素があるんです。  それは、小谷村に大網という、限界集落の典型的な、山の上にある集……

第186回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2014/02/26、46期、自由民主党)

○務台分科員 自由民主党の務台俊介でございます。  一年ぶりの予算委員会の分科会ということで、張り切っております。私は、自民党の中で災害対策特別委員会の事務局の次長という役割を仰せつかっておりまして、今回の豪雪被害に当たっても、自民党の中の議論を踏まえて、図らずも今回の事案によってあぶり出されたさまざまな問題について、特に国土交通省関係を中心に御質問をさせていただきたいと思います。  今回の記録的な豪雪により、各地で観測史上最多積雪を記録し、新幹線はもとより、JR、私鉄、高速道路、国道、地方道等が数日間にわたって全面的に閉鎖、麻痺し、人命も失われ、国民生活に甚大な影響が発生しました。予想をはる……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 憲法審査会 第2号(2015/05/07、47期、自由民主党)

○務台委員 自民党の務台俊介でございます。  現行憲法の平和主義、基本的人権の尊重、国民主権といった基本理念は、人類の歴史を踏まえたものであり、しっかりと継承していかなければならないということは、この場の全員が共有していることではないかというふうに思います。その立場を踏まえながら、戦後七十年を迎える今年、国際情勢の激変、我が国の国際的立場の変化を踏まえた国の基本法のあり方を議論することもまた歴史の要請であり、これは国会議員の責務ではないかというふうに思います。  一方で、憲法九条をめぐる議論、あるいは家族観を憲法に反映することなどについての考え方については、国民の間に大きな意見の隔たりがあるこ……

第189回国会 憲法審査会 第4号(2015/06/11、47期、自由民主党)

○務台委員 船田先生、吉村先生も発言されましたが、私は、憲法審査会の議論は、冷静な環境のもとで、中長期的視野で大局的に行われるものと考えておりまして、別委員会で現に行われている法案審議についてこの場で結びつけた議論を行うことについては、謙抑的でなければならなかったと考えております。  特に、平和安全法制について審査会の場で、憲法適合性を問い、その場で直ちに結論を求め、返答するというのは、余りにも乱暴ではなかったかというふうに思います。発言の内容の重大性に鑑みれば、質問、答弁ともより慎重な配慮があり得たと思っております。  今回の参考人、当然のことながら、安保、国防、外交の専門家ではございません……

第189回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2015/03/10、47期、自由民主党)

○務台分科員 アルプスの麓の選挙区から参りました務台俊介でございます。  ただいまは群大の医療事故の件に関しまして、非常に深刻な御質問がございました。医療行為のチェック体制に関して、医療の先進国の日本ではあり得ないような事態だと驚愕しております。  本日、私は、もう一つの課題である、地方における医師不足、特に産婦人科医、あるいは小児科医の不足について御質問させていただきたいと思います。  私の地元の大町市、北安曇郡、北アルプスの山麓でございます。長野オリンピックをしっかりとこなした世界的なスノーリゾート地域でございまして、大臣もスキーをなさったことがあるんじゃないかというふうに思います。先ごろ……

第190回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2016/02/25、47期、自由民主党)

○務台分科員 ありがとうございます。長野二区の務台俊介でございます。  文科省は、学術研究、科学技術、非常に幅広い分野を所管しておりますが、きょう、私は、その中で、特に北極に関する施策の展開についてお伺いしたいというふうに思います。  北極については、これまで我が国では余り目を向ける向きが少なかったように承知しております。しかし、地球温暖化ということで欧州とアジアを結ぶ北極海航路を視野に入れると、戦略的な北極政策を今から進めておくことが必要ではないかというふうに考えられます。  私は、北極のフロンティアについて考える議員連盟、いわゆる北極議連にメンバーとして参加させていただきまして、過日は立川……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2018/02/23、48期、自由民主党)

○務台分科員 衆議院議員の務台俊介です。  きょうは、質問の機会を与えていただいて、ありがとうございます。  自民党の中で、再生可能エネルギーの推進、これをしっかりやっていこうという議論に積極的に参加させていただいております。きょうはその立場から御質問をさせていただきたいと思います。  平成二十三年三月十一日の東日本大震災から、間もなく七年が経過しようとしております。その教訓を踏まえ、再生可能エネルギー、その中でも分散型の再生可能エネルギーシステムの重要性の認識がますます高まっていると思います。  あの事故の後、前のアメリカの原子力規制委員会委員長のグレゴリー・ヤツコさんが、多くの電力を巨大発……

第198回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2019/02/27、48期、自由民主党)

○務台分科員 おはようございます。  本日は、質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  私が政治家になったんだなという実感を覚えることの一つに、戦没者の魂との接点が飛躍的にふえているということがございます。  私は、長野県護国神社の例祭に総代会の会長として参列し、戦没者のみたまに手を合わさせていただいておりますが、それに加え、各地の戦没者慰霊祭、神社の霊社みたま祭り、あるいは旧陸軍墓地の慰霊祭といったものにも毎年参加させていただいております。  これらはいずれも、この地域からお国のために出征し、一命をささげた英霊を慰める儀式であり、遺族会の皆様を中心に催行されております。公的……

第201回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2020/02/25、48期、自由民主党・無所属の会)

○務台分科員 中山間地を選挙区に抱える自民党の務台俊介です。  教育と地方創生の関係について、きょうは伺わせていただきたいと思います。  その地域に教育機関があるか否かで、地域の元気度は大きく異なってまいります。教育はそれ自体に価値がありますが、それが及ぼす地域への影響ははかり知れないものがあります。それを考えた上での各種の施策を打っていく必要がある、そうした観点で質問をさせていただきます。  まず、中山間地にとって、小学校、中学校の存在は、コミュニティー存立のシンボルでございます。それがなくなると地域社会は存続できない、そんなことではないかと思っておりますが、文科省の小規模校に対する政策を伺……

第201回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2020/02/25、48期、自由民主党・無所属の会)

○務台分科員 衆議院議員の務台俊介です。  きょうは、予算委員会第七分科会で質問させていただきます。  地球環境の変動は、既にその影響をさまざまな社会の局面に及ぼしております。昨年の台風災害、そしてこの冬の少雪、雪の少なさ、これについても、地球温暖化の影響がないとは言えないと多くの人が感じております。  私の地元の長野県や白馬村では、この状況に危機感を覚えて、昨年末に気候非常事態宣言を行っております。それに対しての我が国の対応は、やや緩慢なようにも見受けられ、野心的で思い切った対応が必要である、このように考えております。  特に若い世代の意識は大きく変わっております。しがらみがないために、正し……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

務台俊介[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書