国会議員白書トップ衆議院議員大見正>委員会発言一覧(全期間)

大見正 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

大見正[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは大見正衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 大見正 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 経済産業委員会 第16号(2013/05/31、46期、自由民主党)

○大見委員 自由民主党の大見正でございます。  通告に従いまして、以下、順次質問させていただきます。若干質問を多く用意しましたので、簡潔に進めてまいりたいと思います。  東日本大震災と東京電力福島原発の極めて深刻な事故によりまして、従来の電力システムの抱えるさまざまな限界が明らかになったというふうに言えます。一方で、安価な、また安定した電力の供給というのは、国民生活と我が国の経済活動を支える基盤ということで非常に大事であります。そうした意味では、これまでのエネルギー政策を根本から見直していく必要があるということで、今回の電気事業法の一部を改正する法律案、実に六十年ぶりの大幅な改正となるというこ……

第183回国会 災害対策特別委員会 第8号(2013/05/21、46期、自由民主党)

○大見委員 自由民主党の大見正であります。  本日は、河田教授、また泉田知事、野田市長さん、それぞれ参考人として御出席をいただきまして、ありがとうございます。  私が事前に用意したものもありますけれども、せっかくお話をいただきましたので、いささか雑駁で、また、抽象的な質問になろうかと思いますけれども、何点か御質問をさせていただきたいというふうに思います。  河田先生の方からは、国難災害、これをしっかりと捉えて、受けとめて、対策をしていく必要があるではないかというようなこと。それから、泉田知事さんの方からは、以前、私も県会議員当時に、中越地震発災後半年ぐらいしてからお伺いをしたときに、やはり知事……

第183回国会 法務委員会 第6号(2013/04/03、46期、自由民主党)

○大見委員 おはようございます。愛知十三区の自由民主党の新人、大見正と申します。  私は、かつて中選挙区の時代に、衆議院議員の浦野烋興先生の地元の秘書として働いておりました。当時谷垣大臣とは同じ派閥ということもあり、かねてよりいろいろとお人柄を伺っておりました。今回初めて質問をさせていただけるということで、大変光栄に思っております。  もとより、地方議員出身ということでございますので、法律には明るくありませんけれども、国民目線で、再犯防止対策、東日本の法律面からの復興支援並びに司法制度改革について、順次質問をさせていただきます。  また、後藤副大臣、盛山政務官にもよろしくお願いを申し上げるとと……

第185回国会 災害対策特別委員会 第4号(2013/11/07、46期、自由民主党)

○大見委員 それぞれ参考人の皆さん方、短い時間の中でコンパクトに発言の御要旨をまとめていただきまして、ありがとうございました。  与えられた時間が十分ということでございますので、お一人一項目ぐらいずつしか御質問ができませんけれども、お許しをいただきたいというふうに思います。  まず、林先生におかれましては、南海トラフの地震あるいは首都直下型の地震、本当に南海トラフの地震につきましては臨戦態勢になってきておって、この十年が準備のための正念場だというお話をいただき、レジリエンスを高めることの重要性というのをいただきました。  その中で、きょう直接のお話ではなくて、この資料の後半にかかわる部分だとい……

第186回国会 経済産業委員会 第2号(2014/02/21、46期、自由民主党)

○大見委員 おはようございます。自由民主党の愛知十三区の大見正と申します。  私の地元は自動車産業が集積をしている地域でございますので、地元のことも含めまして、一昨日の茂木経済産業大臣の所信表明演説の中から、経済の好循環と景気回復の実感を全国津々浦々までに届けるために、産業競争力を一層強化する成長分野の一つの柱であります次世代自動車の開発や、高度道路交通システム、ITSの進展と、国際展開戦略などについて伺ってまいりたいというふうに思います。  初めに、電気自動車、EV、プラグインハイブリッド車、PHV、燃料電池車、FCVなどの次世代自動車の開発について伺います。  昨年開催をされましたITS世……

第186回国会 法務委員会 第5号(2014/03/19、46期、自由民主党)

○大見委員 おはようございます。自由民主党の大見正でございます。  きょうは、少年事件とそれから女子犯罪について順次お伺いをさせていただきたいというふうに思います。  三月は、卒業シーズン、それぞれ子供たちが進学や就職へと新しいステージに旅立っていくというところだというふうに思います。実は私は、地元で出身の母校の中学校の同窓会長をやっておりまして、卒業式の前に同窓会の入会式というのをやるんですね。そこで、同窓会に入会をしていただきましてありがとうございますというお礼と、それからはなむけの言葉を少し言うのが毎年の恒例になっているんです。  ふだんでありますと、これから新しい道を歩む皆さん方に少し……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 経済産業委員会 第11号(2015/04/24、47期、自由民主党)

○大見委員 おはようございます。自由民主党の大見正です。  きょうは、質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございました。十五分の時間でありますので、通告によりまして、順次質問をさせていただきます。  きょうは、ガスシステム改革について質問をいたします。  初めに、総合エネルギー市場についてお伺いをいたします。  今回の改革では、電力システム改革の第三弾目の電気事業法の改正とともにガスシステムと熱供給システムの改革を行うことで、電力市場や都市ガス市場の垣根を撤廃して、総合エネルギー市場をつくり、エネルギー選択の自由度を拡大させ、料金を最大限に抑制することで消費者の利益を向上させると同時に……

第189回国会 文部科学委員会 第12号(2015/05/27、47期、自由民主党)

○大見委員 自由民主党の大見正でございます。  きょうは、参考人の皆さん方にはそれぞれお忙しい中お出かけをいただき、貴重な御発言をいただきました。本当にありがとうございました。私からも御礼を申し上げたいと思います。  義務教育学校の設置というのは、制度としてこういうものを設置できるということで、基本的には、設置者の気持ちというか、そういったもので選ぶことができるというように私は理解をしておりますので、どういうところに着目をして設置をするかしないかというところ、これが非常に大事になってくるのではないかなというふうに思います。  それで、今お話をるる伺いまして、それぞれメリットがあるというところは……

第190回国会 経済産業委員会 第11号(2016/05/13、47期、自由民主党)

○大見委員 おはようございます。自由民主党の大見正です。  きょうは二テーマ、質問をさせていただきたいというふうに思います。  初めに、三菱自動車が軽自動車四車種の燃費試験データを不正に操作した問題について、質問をさせていただきたいと思います。  燃費データが操作をされておりました三菱自動車名古屋製作所、これは愛知県岡崎市にあるんですけれども、選挙区でいいますと、経産委員会では民進党の中根康浩議員の選挙区でありますけれども、最寄りの駅というのは私の選挙区であり、実は私の自宅からは車で十分ほどのところでありまして、当然、関係する企業も大変近くにたくさんあるということで、関心を持っているところであ……

第192回国会 経済産業委員会 第7号(2016/11/16、47期、自由民主党・無所属の会)

○大見委員 おはようございます。自由民主党の大見正でございます。  質問の機会を得て、大変うれしく感じております。  久しぶりの経済産業委員会の開催というところでありますけれども、その間に、世耕大臣におかれましてはモスクワの訪問、またアメリカでは、トランプ氏がアメリカの大統領になったということで、大変大きな出来事もございました。ロシアのウリュカエフ経済発展大臣には、きのうでありますけれども、捜査当局に拘束をされたということで、この件もお伺いをしたいところでありますけれども、私は、実は通告をしてしまった後でございますので、なかなか詳しいことを聞くことができないかもしれません。  アメリカの大統領……

第193回国会 財務金融委員会 第2号(2017/02/15、47期、自由民主党・無所属の会)

○大見委員 おはようございます。自由民主党の大見正です。質問の機会を与えていただいて、感謝を申し上げます。  昨日の麻生財務大臣の所信表明を受けまして、質問をさせていただきます。  日本経済は、安倍政権の四年間の取り組みによりまして、名目GDP、有効求人倍率などの各種の指標が着実に改善するなど、経済の好循環が生まれていると感じております。今後も、この流れを確かなものとし、成長と分配の好循環を加速していく必要があると感じております。  しかしながら、米国トランプ大統領の就任により、ツイッターでの投稿などにより、自動車産業を中心に、今後の我が国の経済の行方にも大きな影響が出るのではないかと心配する……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 経済産業委員会 第11号(2018/05/16、48期、自由民主党)

○大見委員 自由民主党の大見正です。質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  IoTやAIなど、ICTの技術革新によりまして、第四次産業革命が世界的規模で社会構造の急激な変化を起こしております。アマゾンやグーグルなどといった米国企業が、インターネット上から得られるビッグデータを囲い込んで、プラットフォーマーとしての付加価値を総取りするような、そうした構造が生まれつつあるというふうに認識をしております。  こうした第四次産業革命による急激な変化は、我が国の基幹産業であります製造業にも大きな影響を与えており、この変化をしっかりとチャンスに変えていかなければいけないというふうに考え……

第196回国会 災害対策特別委員会 第5号(2018/04/12、48期、自由民主党)

○大見委員 おはようございます。自由民主党の大見正です。  大臣所信について、通告に従い、順次質問をさせていただきます。  大臣の所信に、大規模・広域的災害時に被災した地方公共団体による災害救助事務が迅速かつ円滑に実施されるよう、災害救助制度の検討を進める旨の発言がございました。災害救助法とは、言うまでもなく、大規模災害が発生した際に、応急的に、必要な救済を行い、被災者の保護と社会秩序の保全を図る制度であります。災害救助法の適用により、昨年七月の九州北部豪雨では避難所の設置等が行われ、ことしに入っての北陸豪雪では障害物の除去や炊き出し等が行われたと聞いております。  大規模災害の際に課題となる……

第196回国会 文部科学委員会 第12号(2018/05/18、48期、自由民主党)

○大見委員 自由民主党の大見正でございます。  質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  本日は、日本語指導が必要な児童生徒についてお伺いをしてまいりたいというふうに思います。  平成二十八年度の日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査で、日本語指導が必要な外国籍の児童生徒は三万四千三百三十五人で、前回の調査より一六・七%ふえ、日本語指導が必要な日本国籍の児童生徒数は九千六百十二人で、二一・七%ふえていると報告をされました。  この報告書に基づきまして、順次質問をさせていただこうと思います。  まず、指導体制についてでありますけれども、文部科学省の学校基本調査により……

第197回国会 文部科学委員会 第4号(2018/11/20、48期、自由民主党)

○大見委員 おはようございます。自由民主党の大見正と申します。  本日は、野村参考人、河合参考人、大坂参考人のお三方につきましては、お忙しい中、また急な参考人質疑ということで十分な準備の時間もなかったのではないかと思いますけれども、丁寧な御発言をいただきましたことを心から御礼申し上げたいと思います。  私は最初の質問者だというふうに思っておりますので、いささか私のお尋ねすることが総括的な御質問になろうかというふうに思います。また、論点をそれぞれ同じ目線で見ていきたいということもありますので、お許しをいただきたいと思います。  先ほど、野村参考人からは、原賠法の歴史あるいは国際的な位置づけ、今後……


各種会議発言一覧(衆議院)

47期(2014/12/14〜)

第193回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2017/02/22、47期、自由民主党・無所属の会)

○大見分科員 おはようございます。自由民主党の大見正と申します。  本日は、予算委員会の第二分科会、最初に質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。  きょうは分科会ということもありますので、ふだんなかなか聞くことができないような、少し変わった視点からの質問をさせていただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。  大規模災害などが発生をしたときに、上空から被災地を撮影して状況を把握するドローンの活用というのが進んでおります。消防庁では、平成二十九年度から都道府県の消防学校にドローンを配置して、地域の消防団にも活用してもらうという予算が計上されており……

第193回国会 予算委員会第八分科会 第2号(2017/02/23、47期、自由民主党・無所属の会)

○大見分科員 おはようございます。自由民主党の大見正と申します。  きょうは、国土交通大臣を初め関係の皆さん方に、地元の話も含めて数点質問をさせていただきます。よろしくお願いいたしたいと思います。  初めに、ライフジャケットについて御質問をさせていただこうというふうに思います。  船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則の一部を改正する省令が本年二月一日に公布され、原則、全ての小型船舶乗船者にライフジャケットの着用が義務づけられることになったと伺っております。  テレビを見ましても、一人で漁をやっておられる方などでは、以前の番組ではライフジャケットをつけておらない方もおられたような気もしますけれど……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2018/02/23、48期、自由民主党)

○大見分科員 おはようございます。自由民主党の大見正でございます。  本日は、分科会トップバッターとして質問の機会を与えていただきましたことを心から感謝を申し上げたいというふうに思います。  大きく三点質問をさせていただきたいと思います。  初めに、水中文化遺産というものについて質問させていただきたいと思います。  それは何ぞやということでありますけれども、世界の海には約三百万そうの沈没船があると言われております。  一九六〇年代以降に、スキューバダイビングの普及とともに、水中考古学が盛んになってまいりました。それに伴いまして、いわゆるトレジャーハンターという方たちが、水中遺物の引揚げ、あるい……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

大見正[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書