国会議員白書トップ衆議院議員井上英孝>委員会発言一覧(全期間)

井上英孝 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

井上英孝[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは井上英孝衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 井上英孝 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 国土交通委員会 第2号(2013/03/15、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝でございます。  本委員会におきましては、会派を代表して理事を務めさせていただいております。本委員会の運営の一助になれたらというふうに思っておりますので、どうか、金子委員長を初め委員各位の皆様方から御指導、御鞭撻を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。  また、本日は、太田大臣、鶴保、梶山両副大臣、そしてまた、松下、赤澤、坂井、それぞれの政務官の皆様方、本当に大変御多忙のところ御出席をいただきまして、ありがとうございます。お体を御自愛いただいて、御活躍されることを祈っておりますし、また、私を初め会派のメンバーの質疑に対して、一歩でも二歩でも踏み込んだ……

第183回国会 国土交通委員会 第6号(2013/04/19、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。  趣旨の説明は、案文を朗読してかえさせていただきたいと存じます。     建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たっては、次の諸点に留意し、その運用について遺憾なきを期すべきである。  一 耐震診断、耐震改修は、安全・安心のために必要な措置であり、その促進は喫緊の課題であるが、建築物所有者の負担を伴うものであることから、地方公共団体においても交付金を活用するなど財源確保に優先的に取り組むよう周知徹底及び支……

第183回国会 国土交通委員会 第8号(2013/04/26、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  泉先生同様、二十分という限られた時間でさせていただきますので、どうかよろしくお願いいたします。  私の方からも、まずはボーイング787の事案についての件をお聞かせいただきたいと思います。  一月七日そして十六日に、ボストンそして高松でそれぞれ事故が発生しまして、このボーイング787のこの議論、三カ月ほどになってまいりました。もうこの時期になってきますと、本当に大事な時期に来たのかなというふうに思います。  そういった中で、ボーイング787なんですけれども、ちょっと初歩的な確認の質問ですけれども、まずは、今、現状、世界で何機あって、日本で何機あるのか……

第183回国会 国土交通委員会 第11号(2013/05/14、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上でございます。  我が会派も、先週から、この道路法、港湾法、そして水防法並びに河川法に関しての審議を一定進めさせていただきました。先週は、我が会派の西岡議員から道路法に関して、また三宅議員から水防法、河川法に関して質疑をさせていただきました。私からも、残っております港湾法初め三法案について質疑をさせていただきたいと思います。  まず、道路法についてでありますけれども、この道路法の趣旨を確認させていただきたいと思います。  我が国の道路は、高度経済成長期に集中的に整備されたため、今後、道路橋を初めとした道路構造物の老朽化というのが急速に進行し、補修や更新の増加……

第183回国会 国土交通委員会 第14号(2013/05/24、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。  趣旨の説明は、案文を朗読してかえさせていただきたいと存じます。     民間の能力を活用した国管理空港等の運営等に関する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たっては、次の諸点に留意し、その運用について遺憾なきを期すべきである。  一 空港は、国及び地域にとって重要な公共インフラであることから、空港運営の形態にかかわらず、利用者や航空会社に対して、空港の機能が安全、安定的かつ利用しやすい形で提供されることが必要である。このため、本法による空港運営の民間……

第183回国会 国土交通委員会 第17号(2013/06/18、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 ただいま議題となりました雨水の利用の推進に関する件につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  なお、お手元に配付してあります案文の朗読をもって趣旨の説明にかえることといたします。     雨水の利用の推進に関する件(案)   近年、気候変動等に伴い、局地的豪雨が多発し、特に市街化が進んだ都市部において、雨水が下水道、河川等の対応能力を超えて流れ込み、地表に水があふれて都市機能に重大な影響を与える「都市型水害」が深刻化しており、国の財政制約が厳しくなっている中で治水対策を効果的に実施することが重要な課題となっている。   よって政府は、雨水の利用の推進に関……

第183回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第4号(2013/03/22、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 おはようございます。日本維新の会の井上英孝でございます。  昨年十二月に初当選させていただきまして、この政治倫理の確立と公職選挙法改正に関する特別委員会では初めての質疑となりますので、どうかよろしくお願いをいたします。  新藤総務大臣、朝からありがとうございます。新藤総務大臣も川口市の市議会議員の御出身だというふうにお聞きしています。私も大阪市会議員を経験させていただいておりまして、地方自治体の議員経験という意味で、大臣ともかなりの部分で、そういう面では意識は共有できるんじゃないかなというふうに感じております。  また、我々は日本維新の会として、立党の理念でもあります地域とい……

第183回国会 予算委員会 第14号(2013/03/14、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝でございます。  昨年十二月の衆議院選挙で当選をさせていただきまして、今回初めての予算委員会での質問となりますので、ふなれなものですけれども、どうか、麻生大臣、田村大臣、新藤大臣、よろしくお願いいたします。  財務大臣、多分、突然聞くことはないと思いますので、私の質疑を少し聞いておいていただけたら結構かと思いますので、よろしくお願いをいたします。  また、初めてということで、数字が出てくるような質疑もさせていただくんですけれども、今回ちょっと間に合わなかったということで資料を配付もできておりません。少し数字が並んでお聞き苦しい点もあるかと思いますけれども……

第185回国会 国土交通委員会 第4号(2013/11/08、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。  趣旨の説明は、案文を朗読してかえさせていただきたいと存じます。     特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府及び関係者は、本法の施行に当たっては、次の諸点に留意し、その運用について遺漏なきを期すべきである。  一 一般乗用旅客自動車運送事業が地域の公共交通機関として重要な役割を担っていることを関係者は認識し、高齢者、妊婦、障害者、訪日外国人等の幅広いニーズに的確に応えるとと……

第186回国会 国土交通委員会 第7号(2014/04/04、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝でございます。  まず、質疑に入る前に、沖ノ鳥島での事故で亡くなられた方々に対しまして、改めましてお悔やみを申し上げますとともに、また、けがをなされた方々にはお見舞いを申し上げたいというふうに思います。また、行方不明のお二人の捜索には、国土交通省を初め関係者が全力を挙げて御尽力いただきますように、改めて要望いたしたいと思っております。どうかよろしくお願いいたします。  それでは、港湾法の一部を改正する法律案につきまして質疑をさせていただきます。  私の地元は大阪で、大阪港があります。昨年、大臣にもお越しをいただいて、詳細を見ていただけたと記憶しております……

第186回国会 国土交通委員会 第14号(2014/04/23、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝でございます。  私からも、今般議題に上がっています道路法等の一部を改正する法律案について質疑をさせていただきたいと思います。  質疑も大分重ねてまいりましたので、聞くところもだんだん限られてもきておりますし、かぶった質問になるかもわかりませんけれども、どうか御容赦をいただいて、御理解をいただけたらと思います。  今回の改正の法律案において、我々会派、きょうはちょっと不在で孤軍奮闘という感じもするんですけれども、更新需要に対応した新たな料金徴収年限の設定というのが、やはり我々としても気になる点であります。そういったところを少しお聞きしたいと思います。  ……

第186回国会 総務委員会 第18号(2014/04/24、46期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  お三方の参考人の先生方、本当に本日はお忙しいところお越しをいただきまして、また、貴重な御意見を賜りましたことを、まずもって御礼申し上げる次第でございます。  また、今回質問する機会を賜りまして、委員長初め理事そしてまた委員各位の先生方の御理解に深く感謝を申し上げる次第でございます。  それでは、持ち時間が決められておりますので、早速質疑に入らせていただきます。  まずは、今回、地方自治法の改正案では、今、橋下大阪市長が、大阪について、私も大阪市の選出の議員として、ほとんどしゃべられたんじゃないかなというふうに思っております。その中で、少し内容で……

第187回国会 国土交通委員会 第2号(2014/10/15、46期、維新の党)

○井上(英)委員 維新の党の井上英孝でございます。  本日は、先般表明されました太田大臣の所信についてお聞きをさせていただきたいと思います。(発言する者あり)  ちょっとざわついているので質問しにくいんですけれども、まずは太田大臣の所信の中でも一番最初に触れられている災害対策について、お話をお聞きさせていただきたいと思います。  今臨時国会におきましても、先ほどの理事会で委員長から御報告がありましたけれども、土砂災害防止法の改正案が国会に提出されることになったということでありまして、正直、今の現段階では機会があるかどうかというのはわかりませんけれども、詳細につきましては、その機会があれば、掘り……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第19号(2015/07/10、47期、維新の党)

○井上(英)委員 維新の党の井上英孝です。  この特別委員会、きょうで百時間を超えるというような長きにわたって、本当に各委員の先生方もお疲れさまでございます。  その中で、やはり先ほどから申し上げているように、もちろん政府案があり、そしてまた、我々は今回独自案ということで、対案という形で提出をさせていただいて、こういう特別委員会でこのように、政府案とそして我々維新案と比較をしながら、建設的な委員会運営というか議論ができるというのは非常にいいことだというふうに改めて申し上げたいと思います。  そういう中で、平和安全法制に関して、政府案に続いて我が党も提出をさせていただきましたので、本日は、政府案……

第189回国会 国土交通委員会 第2号(2015/03/20、47期、維新の党)

○井上(英)委員 維新の党の井上英孝です。  今村委員長を初め、また各党の理事の先生方、そしてまた委員の先生方、この通常国会、またどうか御指導いただきますように、よろしくお願いをいたします。また、太田大臣初め政府三役、そして国交省の関係者の皆さん方からも重ねて御指導賜りますように、よろしくお願いを申し上げる次第でございます。  また一方で、午前中、我が党の足立委員からの質疑もありましたけれども、ぜひ、特に参考人の皆様方におかれては、真摯で積極的な答弁を改めてお願いしたいなというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。  それでは、早速ですけれども、質疑に入らせていただきます。リニア……

第189回国会 国土交通委員会 第4号(2015/04/17、47期、維新の党)

○井上(英)委員 維新の党の井上英孝です。  三十分という時間ですので、早速、今回の水防法の改正案について質疑をさせていただきたいと思います。  まずは、やはり、近年多発する浸水被害への対応を図るため、想定し得る最大規模の洪水、いわゆる内水、高潮に係る浸水想定区域制度への拡充、さらには雨水貯留施設に係る管理協定制度の創設などの措置を講ずる、そしてまた、下水道管理をより適切なものとするため、下水道の維持修繕基準の創設等所要の措置を講ずるというのが、今回の水防法の改正案の趣旨だというふうに思っています。  具体的には、多発する浸水被害への対応を図るため、ハード、ソフト両面から対策を推進するというこ……

第189回国会 国土交通委員会 第6号(2015/04/22、47期、維新の党)

○井上(英)委員 維新の党の井上英孝です。  それでは、本日の地域公共交通の活性化に関する法律の改正案につきまして質疑をさせていただきたいと思います。  質疑に入る前に、今、宮崎委員と参考人とのやりとりもありましたけれども、やはり的確に答弁をしていただきたいなというふうに思います。  先日、我が会派の足立委員が、ちょっと激情型的な性格もありますけれども、何度も局長の皆さん方にお聞きするとか、そういうこともありました。前回、うちの下地委員のときも、沖縄の件でそういうこともありました。やはり皆さん方といい意味で緊張感を持って、しっかりと質疑、そして答弁をやっていって、建設的な委員会運営というのを進……

第189回国会 国土交通委員会 第15号(2015/06/12、47期、維新の党)

○井上(英)委員 維新の党の井上英孝です。  きょうは、朝から本当に、波静かなこの国交委員会では珍しくばたばたといたしまして、太田大臣初め政府三役、それから参考人の皆様方、また、傍聴席の皆様方も大変たくさんきょうは来ていただいております。ばたばたしまして、運営を担っている理事の一人として改めて皆様方におわびを申し上げるとともに、御理解をいただいて御容赦いただければというふうに思います。  やはり、さまざまな各会派の思いもありますので、こういうことも時にはあるんじゃないかというふうに思いますけれども、まずは、先ほどから言われているような、法案審議をしっかりやっていくというのが何よりも我々の責務だ……

第189回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号(2015/05/28、47期、維新の党)

○井上(英)議員 牧委員にお答えをいたします。  昨年六月の憲法改正国民投票法の成立により、投票権年齢が十八歳に引き下げられることになりましたところ、同時に選挙権年齢と民法の成年年齢も引き下げるのが望ましいというような意見もあったものの、まずは、少なくとも、投票権年齢と同じ参政権グループであります選挙権年齢を先行して早急に十八歳に引き下げてそろえることが立法政策上望ましいという問題意識に基づきまして、今回は民法や少年法は改正の対象としなかったというところでございます。  一方で、本法案では、国は、国民投票の投票権を有する者の年齢及び選挙権を有する者の年齢が十八歳以上とされたことを踏まえて、選挙……

第189回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第5号(2015/06/02、47期、維新の党)

○井上(英)議員 福島委員にお答えいたします。  先ほどから議論がありますように、やはり選挙活動の自由は保障されるべきだというのは、もう当然のことであります。  ただ、一方で、教育の政治的中立性という考え方の中で、先ほど福島委員もおっしゃったように、教員の地位利用による特定の政党とか候補者を支持することを強要するようなことは限られるべきであるというふうに我々も思っておりますので、そういった中で、ガイドラインも含めて、胸襟を開いて議論をさせていただきたいと思います。  以上です。
【次の発言】 木下委員にお答えいたします。  先ほど教育現場の話もありましたけれども、さまざまな点に言及された質疑を……

第189回国会 予算委員会 第3号(2015/01/30、47期、維新の党)

○井上(英)委員 維新の党の井上英孝です。  非常に限られた、残り二十六分という時間ですので、早速質疑に入らせていただきたいと思います。  安倍総理は、昨年十二月に行われました総選挙におきまして、自民党単独で見ても、過半数を大きく超える二百九十一議席という圧倒的多数を得られました。自民党、アベノミクスが信任されたというふうにおっしゃっております。  確かに、全国的に見ればそのとおりかもしれないんですけれども、しかし、大阪は少しちょっと違うんですね。  大阪で比例票を見ますと、我が党維新の党の得票率が三二・三七%、総得票数は百十四万票。これに対して、自民党の得票率は二四・七九%、総得票数八十七万……

第190回国会 国土交通委員会 第5号(2016/04/01、47期、おおさか維新の会)

○井上(英)委員 おおさか維新の井上英孝です。  最後の質問ということで、限られた時間ですので、早速質疑に入らせていただきたいと思います。  きょうは、また民泊を少しやらせていただきたいなと思っています。  先般、大臣所信に対する質疑をやらせていただいたときにも、我が党の椎木議員から民泊については触れさせていただきました。そのときには厚生労働省の参考人にお越しをいただいて議論をやらせていただきましたけれども、きょうは内閣府からお越しをいただいております。国交省を含めて質疑をさせていただきたいと思います。  大臣所信でも民泊に触れられたように、今年度、少なくとも、大臣も含めて民泊には非常に積極的……

第190回国会 国土交通委員会 第8号(2016/04/19、47期、おおさか維新の会)

○井上(英)委員 それでは、流通業務の総合化及び効率化の促進に関する法律の一部を改正する法律案ということで、会派として最後になりましたけれども、三十分間質疑をさせていただきます。  まずは、質疑に入る前に、熊本県を中心に地震が発生をいたしまして、本当に、お亡くなりになられた方には心からお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われた方々には心からお見舞いを申し上げたいというふうに思います。そういった気持ちも踏まえた上で質疑をさせていただきたいと思います。  まずは、モーダルシフトについてお伺いいたします。  モーダルシフトは、CO2排出削減効果が高く、また労働力不足対策にも資するということで、平……

第190回国会 国土交通委員会 第9号(2016/04/20、47期、おおさか維新の会)

○井上(英)委員 それでは、港湾法の改正案について質疑をさせていただきますけれども、朝から数多く課題も指摘をされてきているかと思いますので、重なる点も多々あるかと思いますけれども、御理解いただいて、おつき合いをお願いしたいと思います。  まずは、先月三月三十日に発表されました明日の日本を支える観光ビジョンというのが公表されたわけですけれども、その中で、訪日外国人の旅行者というのを、東京オリンピックが開催される予定の二〇二〇年に約四千万人、それから二〇三〇年にはそれを六千万人という目標ということになっています。  そういった中で、訪日のクルーズ旅客で、二〇二〇年までに五百万人という目標が掲げられ……

第190回国会 国土交通委員会 第10号(2016/04/22、47期、おおさか維新の会)

○井上(英)委員 それでは、十五分という限られた時間ですので、早速質疑に入らせていただきます。きょうは、航空局に聞かせていただこうと思っています。  先月二十六日に、大阪の八尾空港で小型航空機が空港内に墜落をした、搭乗者四名が亡くなるという事故がありましたが、このところ、小型航空機による事故が相次いでいるように思います。昨年七月には、調布飛行場で小型航空機が墜落をして住民の方を含む三名の方が亡くなられている。八尾の事故の直前の先月十七日には、千葉県でグライダーが墜落して搭乗者二名が亡くなったという事故が起こっている。これらの事故で亡くなられた方々に本当に心からお悔やみを申し上げる次第でございま……

第190回国会 国土交通委員会 第13号(2016/05/11、47期、おおさか維新の会)

○井上(英)委員 それでは、早速質疑に入らせていただきます。  今回の海上交通安全法の改正案で想定されるケースというのは、どの海域でも起こり得るものであります。すなわち、津波に代表される自然災害や海難事故、また平時でも狭隘な海域で交通がふくそうするといった事態は、決して東京湾だけの話ではないというふうに思います。  今国会で与えられた質問の機会で、私は、日本の海事産業の振興というのが必要という問題意識のもと、質問をさせていただきます。  東京湾に限らず、我が国を取り巻く海域の安全というのをしっかり確保するということは、日本の海事産業の振興を目指すに当たって、よって立つべき前提であるというふうに……

第190回国会 国土交通委員会 第14号(2016/05/13、47期、おおさか維新の会)

○井上(英)委員 それでは、早速質疑に入らせていただきます。  本日は、三菱自動車の不正事案について質疑をさせていただきますけれども、三菱自動車工業の燃費試験における不正事案につきましては、国の自動車認証制度並びに自動車産業全体への社会的信頼というものに対する大いなる裏切り行為であり、断じて許しがたい事案じゃないかなというふうに思います。  過去のリコール隠し事案で三菱自動車は会社として社会的にも大きな制裁を受けて、その教訓を深く胸に刻んで再生を図ってきた。多くの国民が期待をしていたというふうに思いますが、その期待も裏切ったということになります。その罪は非常に重いんじゃないかなというふうに考え……

第190回国会 予算委員会 第14号(2016/02/18、47期、おおさか維新の会)

○井上(英)委員 おおさか維新の会の井上英孝です。  非常に限られた時間ですので、早速質疑に入らせていただきます。  本日は、塩崎厚労大臣にお越しをいただいております。大きく年金と生活保護についてお聞きさせていただこうかなというふうに思っています。  もちろん、年金、国民年金制度と生活保護制度ということで、根本的に制度が違うということがあるのは重々承知をしておるわけですけれども、一方で、何か比較する基準というのを考えたときに、受給金額というのが大きく取り上げられることがよく、国民の中の、特に高齢者の間で非常に議論がある。恐らく、ここにおられる委員の先生方も、よく地元にお帰りになってこういう話を……

第192回国会 予算委員会 第4号(2016/10/04、47期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  私は、我が党を代表して、平成二十八年度一般会計補正予算案外二案に賛成の立場から討論をいたします。  今回の補正予算案は、五月末の伊勢志摩サミットでの議論も踏まえ、経済対策として編成されたものであります。国内の消費が低迷しており、世界経済の見通しも不透明なため、この時期の景気対策には合理性があると考えます。  この予算案では、インフラ整備や一億総活躍社会の実現に向けた施策を盛り込んでおります。インフラ整備は、将来世代への負担がふえないよう、その効果が厳しく精査されるべきであると考えます。今回の補正予算案で二兆七千億円の建設国債が発行されることにつ……

第193回国会 国土交通委員会 第16号(2017/05/17、47期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  きょうは、西銘委員長、そしてまた筆頭の皆様方を初め、関係者の皆様方の御容赦をいただきまして質問の機会を与えていただきまして、ありがとうございます。そしてまた、海事局、港湾局、自動車局、質問に当たって御協力をいただきましたことに心から感謝を申し上げて、質問に入りたいと思います。  きょうは港湾法の一部を改正する法律案ということで、背景、必要性というのに、訪日クルーズ旅客数の拡大に向けた課題と熊本地震を踏まえた課題ということを受けて、法案の改正ということであります。  まずは、訪日クルーズ旅客数について。  本年一月三十一日に、官民連携による国際ク……

第193回国会 予算委員会 第10号(2017/02/09、47期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝でございます。  最終の質疑者かなと思っていたら、また僕の後にあるらしいので、もうちょっと延びます。  麻生財務大臣、本当にずっとお座りになって大変だと思いますけれども、きょうは私の質疑には答弁はありませんので、ゆっくりしておいていただけたらというふうに思うんですけれども、山本大臣、金田大臣、松野大臣、本当にありがとうございます。  私の方からは、通告をさせていただいているとおりにやらせていただきたいと思いますけれども、まずはテロ等準備罪についてやらせていただきたいと思います。  今日まで、二月一日に平成二十九年度の予算審議が始まって、今、土日を抜いて七……

第193回国会 予算委員会 第12号(2017/02/17、47期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  本日は、豊田会長、土肥会長、坪井理事長、五藤会長と、四名の意見陳述人の皆様方におかれましては、大変お忙しいにもかかわりませず、この地方公聴会に御参会をいただきまして、本当にありがとうございます。心から敬意と感謝を表する次第でございます。  もう時間も限られていますので、質問に入らせていただきたいと思いますけれども、まずは、先ほど豊田会長の陳述の中に、財政健全化、それから税と社会保障の一体改革、さらには土肥会長も同じようにお触れになったかと思いますし、また、坪井理事長におかれては、消費税また固定資産税とか税に対してというお話もありました。  五藤……

第193回国会 予算委員会 第16号(2017/02/27、47期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  二月の一日から平成二十九年度の予算審議が始まりまして、本日で締めくくり総括も入れて七十六・五時間ということで、採決が与党から要求されたことに我々は妥当だと判断して応じさせていただいております。そういう中で、今後まだまださまざまな議論を続けていかないといけない面は今後も委員長のもとでしっかりと進めていっていただいて、充実の議論というのが行えるように、よろしくお願いをしたいと思います。  質問に入る前に、先ほど中野委員も触れましたけれども、先週末、プレミアムフライデーがありまして、プレミアムフライデーがあるので予算委員会は午前中に終わらそうというこ……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 国土交通委員会 第2号(2017/12/06、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。よろしくお願いします。  もう最後ということで、皆さん、大分お疲れのようかと思いますけれども、三十分、よろしくお願いいたします。  それでは、早速質疑に入らせていただきます。  大臣所信でも触れられましたけれども、民泊について少しお聞きをしたいと思います。  私の地元大阪では、この二〇一七年、本年の一月から九月で、訪日外国人、大阪に来ている外国人が八百三十二万人となっております。昨年比で一一七%増というふうになっております。この時点で九月ですから、あと残り三カ月を足しますと、約一千万、恐らくことしは超えるというふうにも見込まれています。  我々は、二〇……

第196回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2018/04/12、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 よろしくお願いいたします。日本維新の会の井上英孝です。  最後の質疑ということで、頑張りますので、よろしくお願いいたします。  先週、松山大臣から、科学技術イノベーション関連の多岐にわたる政策についての所信表明というのがありまして、伺わせていただきました。本日は、それらの政策に沿って、各論も含めて、担当事務局並びに大臣に質問をさせていただきたいと思います。  スマートフォンや自動走行といったわかりやすいものを始めとして、世界的に新たな技術やアイデアによるイノベーションというのが日進月歩で本当に進行している中、我が国におけるイノベーションというのが停滞をして国際的な競争力が低下……

第196回国会 国土交通委員会 第2号(2018/03/06、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 おはようございます。  最終の質疑予定者だったんですけれども、ちょっと繰り上げてやらせていただくことになりました。多分、その意図、意図といいますか、なぜかというと、我々は、理事懇も含めて与野党で合意をしている本日のこの委員会立てということなので、決まったことは粛々とやるべきじゃないかということで、質疑はさせていただくということを申し上げておりましたので、質疑をするということが決まっているので、多分、先にやることになったかと思います。また、立憲を始め野党の理事、オブザーバーの先生方におかれましては、理解をいただきまして、機会を与えていただきましたことに改めて感謝を申し上げます。……

第196回国会 国土交通委員会 第4号(2018/03/16、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 最後ですので重複したりすることもあるかと思いますけれども、御容赦をいただいておつき合いいただけたらというふうに思います。  質問に早速入りますけれども、まずは、道路財特法の一部改正により、道路の改築に対する国費率のかさ上げ措置の延長及び補助国道の修繕にかかわる国費率かさ上げ措置の新設には、道路整備事業の推進に大きな支援になるので、賛成であります。  道路は、円滑な交通処理に資するだけでなく、良好な町並みを形成し、安全で、市民生活や事業活動というのを支える最も根幹的な社会基盤であるというふうに思います。  そのため、各自治体における道路の管理が着実に行われるよう、交付金などによ……

第196回国会 国土交通委員会 第5号(2018/03/20、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 大臣要求もちょっと僕はないので、繰り上げて質疑をしろということなので、矢上筆頭を始め野党の先生方には御理解いただきまして、ありがとうございます。  早速質疑に入らせていただきたいんですけれども、きょうは国際観光旅客税の法案審議ということなんですけれども、ちょっと森友に関して、昨日からけさにかけて緊急性の高い報道等もありましたので、法案審議の時間を少し割かせていただいて、二問だけ聞かせていただきたいんです。  まずは、昨日の報道で、森友文書、森友に関する事案の文書を財務省が改ざんしたということで、今、火を噴いた状態になっているんですけれども、森友文書の財務省の改ざんを、口裏合わ……

第196回国会 国土交通委員会 第6号(2018/04/04、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  質疑に入らさせていただきます。伊藤局長にきょうはお越しをいただいて、住宅局に聞かせていただきます。  国民生活に必要で、根幹をなす表現としてよく、衣食住、やはりそれが充実していくということが人間の生活水準というのが満たされていく指標の一つだというふうに思うんですけれども、若者がやはり家を持てる夢を持つ、また高齢者は、その年代に合わせて、ライフステージに合わせて住みかえを実現するといったような観点から、既存住宅流通の促進というのは国民生活にとって非常に重要であると思いますし、大臣所信でもそのように述べておられましたけれども、今月一日から流通開始の安心……

第196回国会 国土交通委員会 第7号(2018/04/06、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それでは、今回の都市再生特措法案の一部改正について質疑をさせていただきます。  今回の法改正で大きなテーマとされています都市のスポンジ化という言葉でありますけれども、最近になって聞かれるようになった印象というのが非常にありますが、相続された家屋等における未利用のままの放置、廃業後、積極的な利活用が行われない商店など、住宅の供給超過による賃貸物件の空室の増加など、スポンジ化という現象が進んでいるということはもうどの地域でも想像にかたくないというふうに思います。  その一例として、二〇一三年度時点で八百二十万戸だった空き家というのが、現在、一千万戸程度……

第196回国会 国土交通委員会 第8号(2018/04/11、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 大臣、行っていただいて結構ですと言う前に、もう大臣は出て行かれましたので、粛々と質疑をそのまま進めさせていただきたいと思います。  先日、コンパクトシティー、都市再生の特措法改正というのがありまして、その法案の中でコンパクトシティーについてもお尋ねをさせていただきましたけれども、引き続いて、人口減少社会というのがどんどんと進んでいくという中で、社会的、行財政的、そしてまた環境的な面で持続可能な社会というのを構築するためには、実現には大変な道のりというのが想定されるんですけれども、やはり、極めて重要な施策ではないかなと思います。  もちろん先日は賛成もさせていただいて、この特措……

第196回国会 国土交通委員会 第9号(2018/04/13、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  参考人の先生方におかれましては本当に貴重な時間をお割きいただきまして、参考人の質疑のこの機会にお越しをいただきまして、心から敬意と感謝を表する次第でございます。  冒頭、なかなか本席に座れていなくて大変失礼をいたしておりまして、心からおわびを申し上げますとともに、ちょっと国対だとか、これは議員間の仕事なんですけれども、国対だとか議運に出ろだとか、ちょっと人数が少ないもので、もうありとあらゆる仕事をやらされますので、どうしても時間がなくて本席に座る時間が短かったんですけれども、別室で聞ける限りお話は聞かせていただいていますので、質疑をさせていただきた……

第196回国会 国土交通委員会 第11号(2018/04/18、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 トリをとらせていただいて、また質疑をさせていただきたいと思います。日本維新の会の井上です。よろしくお願いいたします。  大塚先生にはいつも、おまえの質問を聞かなかったら夜もぐっすり寝られへんと言われて期待をされていますので、しっかりと質問をさせていただきたいというふうに思います。  きょうはバリアフリーということで、先週、参考人の先生方にもお越しをいただいて充実した審議が進んでいるかと思いますけれども、本当にいろいろといろんな観点から質疑もありましたので重なる部分も出てくるかと思いますけれども、御容赦いただきますようによろしくお願いいたします。  我が国の総人口は、昭和四十二……

第196回国会 国土交通委員会 第13号(2018/05/11、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 それでは早速質疑に入らせていただきます。  近年、アジアを始めとする諸外国では、経済発展、そしてまた都市の成長というのが著しく、途上国を中心に人口がどんどん増加して、所得水準の向上に伴って、中間層と呼ばれる中所得者層が大幅に増加するということが想定されています。各国で、こうした経済成長を支えるための、やはりインフラ整備の需要というのが急速に伸びていっているというふうに思います。  OECDの統計によれば、世界の交通インフラ市場は、二〇一五年から二〇三〇年までの平均で、それまでと比較して、鉄道分野で二倍を超える、空港分野で七倍を超えるという拡大が見込まれております。我が国の関連……

第196回国会 国土交通委員会 第14号(2018/05/16、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。よろしくお願いします。  大塚委員も楽しみにしているので、質疑に入りたいと思います。  この間、統括官がちょっと答弁が足りなさそうな雰囲気だったので、引き続いて海外インフラ法について、昨日本会議で成立して参に送られたんですけれども、足りなかったところを少しやらせていただきたいなと思います。  前回の法案審議の際にも質疑をさせていただいたんですけれども、海外インフラシステムの受注額というのを、二〇二〇年、東京オリパラの年までに三十兆円に引き上げていこうという目標を持っているということであって、インフラシステムの輸出戦略についてとか、インフラシステムの海外……

第196回国会 国土交通委員会 第16号(2018/05/22、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  本日は、山野目、橋本両参考人におかれましては、本当にお忙しい中、今週お忙しい中、この席にお越しをいただきまして意見を開陳いただいて、本当にありがとうございます。  私もきょう七人目で、この参考人質疑では七人目で最後なので、もうほとんど多くの委員先生方がお聞きになられているのでちょっと重なる点も出てきますけれども、御理解をいただきまして御容赦いただきますようにお願いをいたします。  山野目参考人が先ほど、所有者所在不明土地問題について初めて講じられる体系的な法制上の措置だというふうにおっしゃっておられました。  そういう意味では、まずはさまざまな……

第196回国会 国土交通委員会 第17号(2018/05/23、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。所有者不明土地の特措法の法案の質疑に入らさせていただきます。  所有者不明土地、聞く話では、九州の面積ぐらい所有者の不明の土地があるということで、昨日の参考人の質疑の際にも山野目先生に少しその件についてお伺いをしたら、土地というものが有効な資産であった時代と、それからまた、特にここ近年、そうじゃない環境がある。そういう中で、そういう所有者不明で、登記をしない、相続しないというような流れがあるんじゃないかというようなお話があったやに思うんですけれども、ただ、それは実際、環境の話で、システムとしてやはりきっちりとできていれば、そういう所有者の不明ということ……

第196回国会 国土交通委員会 第18号(2018/05/25、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 きょうはちょっと会派の都合もありまして、委員長を始め、理事、オブザーバーの委員の先生方の御理解を得て少し質疑時間を早くさせていただくということで、本当にありがとうございます。  それでは早速、シップリサイクル法についての質疑をやらせていただきます。  船舶は、日本の貿易の九九%以上というのを担っている主要な輸送手段であります。これまで、船舶の安全性能をどれだけ高めるか、また、船舶の燃費向上や、船舶の運航中の海洋汚染をどのように防ぐかということにつきましては、国際的な議論や対策というのが進められてきました。  しかし、船舶の耐用年数が過ぎた後、最後に船舶を解体するときの対策、つ……

第196回国会 国土交通委員会 第20号(2018/06/12、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 最後の質疑なのでやらせていただきます。大塚委員もぎりぎり、ありがとうございます。  それでは冒頭、森友に関してちょっとお聞きをしたいんですけれども、八億余り、八・二億円、八億二千万の値引きというのが、これが妥当だったのかどうかというのがやはり我々一番こだわっている点でありますけれども、改めて、八・二億円が値引き金額として妥当だったのかどうか。お聞かせいただけますでしょうか。
【次の発言】 妥当ということでありますけれども、もうこれは与野党含めてずっと聞かれていることなんですけれども、今回、当該の敷地を見積もるに当たって、積算するに当たって、値引き金額を設定するのに、瑕疵が生ま……

第196回国会 国土交通委員会 第21号(2018/06/19、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  まず、法案審議に入らせていただく前に、もう与野党関係なく触れられておりますけれども、昨日発生しました大阪の地震、大阪府の北部地域を中心に被害が出ました地震であります。私も自宅で揺れたんですけれども、非常に大きい揺れでした。  まずは、亡くなられた方々を含め、御遺族に心からお悔やみを申し上げたいというふうに思います。そしてまた、被害に遭われた全ての方々に、改めてお見舞いを申し上げたいというふうに思います。  まずは冒頭、石井大臣に、今後、この地震に対する、今回のこの地震に対する対応もそうですし、また今後の不測の事態に備えていただくということで、大……

第196回国会 予算委員会 第6号(2018/02/06、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 最後のバッターということで、よろしくお願いをいたします。  質疑に入らさせていただく前に、昨日、陸上自衛隊のヘリコプターが墜落するという事故が発生をいたしまして、隊員の方に心から御冥福を申し上げますとともに、被害に遭われた方にお見舞いを申し上げたいと思います。  政府におきましても、原因究明そして再発防止、そしてまた被害者の方々へきっちりと対応していただくように、まずもって要望しておきたいというふうに思います。  それでは、通告に沿って質疑をさせていただきますけれども、まずは、初めに、生活保護基準、生活保護の制度についてお伺いをしたいと思います。  生活保護の基準が見直されま……

第196回国会 予算委員会 第16号(2018/02/22、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 もう十二時も回ったので、ちょっと皆さん方も疲れてこられているかもわかりませんけれども、私の質問時間十一分ということで、おつき合いをいただけたらというふうに思います。日本維新の会の井上英孝です。  麻生財務大臣始め茂木大臣、加藤大臣、ありがとうございます。  それでは、早速質疑に入らせていただくんですけれども、ちょっと質問の前に。  きのう、質問してくれと午後になって言われたんですね。委員会の設定は、働き方改革ということを議論しているわけですから、与党、野党どちらが悪いということは全く言及はしませんけれども、もう少し、大臣のスケジュールもありますし、各委員、先生方のスケジュール……

第196回国会 予算委員会 第24号(2018/05/10、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  柳瀬参考人、きょうはお越しいただきましてありがとうございます。  それでは、私の与えられた時間は八分というふうに非常に限られた時間ですので、早速お聞きしたいと思うんですけれども、まずは、やはり今回の獣医学部の新設に至った岩盤規制の突破について少しお話を聞きたいなと思うんです。  今回の岩盤規制というのは、もともと文科省の告示第四十五号によって、医師、歯科医師、獣医師、そして及び船舶職員の養成にかかわる大学等の設置の申請というのは半世紀にわたって門前払いされてきていた。そこに、国家戦略特区によって、一年間の特例でとはいえ、認可申請を可能にすること……

第197回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2018/11/29、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  限られた時間ですので、質疑に入らせていただきたいというふうに思います。平井大臣、よろしくお願いいたします。  まず最初に、先週金曜日、十一月二十三日の深夜、パリのBIEの総会で、二〇二五年の万博、日本万博の開催というのをかち取ることができました。  これは、政府はもちろんですけれども、ここにおられる委員の先生方始め国会議員の先生方、それから経済界、そしてまた開催都市であります大阪府、大阪市、さらには国民といった、まさにオール・ジャパンの体制で、強力な体制で誘致活動を進めてきたことが世界各国から評価されて、それが一番の勝因ではないかなというふうに考え……

第197回国会 国土交通委員会 第2号(2018/11/16、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  それでは、時間も限られていますので、早速質疑に入りたいと思うんです。  きょうは災害対策についてをメーンで聞かせていただこうと思っているんですけれども、ちょっとその前に、冒頭、十一月六日十一時四十九分配信のデジタルのニュースで、私も報道ベースで初めて目にしたんですけれども、「日本、韓国をWTOに提訴へ 造船企業への支援を問題視」という、ここはもう書いている記事をそのまま今読ませていただいたんですけれども、このWTOへの提訴についての経過、プロセスを説明いただけますでしょうか。
【次の発言】 もう一つ、先ほども言いましたけれども、結局、造船業の世……

第197回国会 国土交通委員会 第3号(2018/11/21、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  限られた時間なので、早速質疑に入らさせていただきます。重複するところもあると思うんですけれども、御容赦いただけたらというふうに思います。  まずといいますか、本法案について質問させていただきますけれども、日本は海に囲まれた島国でありますし、海洋国家であります。国土面積は三十八万平方キロメートル、世界では六十番目という比較的小さい国ではありますけれども、経済的な管轄権、つまり排他的経済水域の広さというのは国土面積の十二倍あり、沿岸海域である領海を合わせると世界で六番目に広い海が我が国の海ということになります。  洋上風力発電は広い海を利用することがで……

第197回国会 国土交通委員会 第4号(2018/11/30、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  先ほどから爽やかなお二人が質疑をされて、さらに、爽やかな僕が三番手としてやりたいと思います。福田先生、首を振らないようによろしくお願いします。  それじゃ、早速質疑に入らせていただきますけれども、先般行われました大臣所信の質疑で、災害に関してお伺いをさせていただいたんですけれども、ちょっと時間が足りず、何点かお尋ねしたい点が残りましたので、まず、その残余の質疑から先にやらせていただきたいと思います。  まずは、前回積み残した分で、台風二十一号についてお伺いします。  私の地元大阪始め、近畿地方を広く、広域的に、台風二十一号、非常に大きい爪跡を残して……

第197回国会 国土交通委員会 第6号(2018/12/05、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 よろしくお願いします。  もういつものことながら、時間も限られていますので、質疑に入らせていただきます。  油圧機器メーカーでありますKYBについてお聞きをしたいと思います。  KYBとその子会社のカヤバシステムマシナリーが製造した免震・制振オイルダンパーで、検査データの書きかえにより、大臣認定や顧客との契約に適合しない製品が出荷されていたという問題が、先々月、十月十六日に発生をした、この件についてお伺いをいたします。  今回のこの問題の対象となる物件は四十七都道府県で一千件近くに上ることから、各地で不安が広がっています。私の地元の大阪府も、そういう被害といいますか、遭ってい……

第198回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号(2019/04/11、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  まず冒頭、委員長を始め、両筆頭始め、理事会メンバー、オブザーバーメンバー、けさの理事会を失礼いたしました。御理解いただいたことに感謝を申し上げたいと思います。  それでは質疑に入らせていただきます。  まずは、知的財産戦略についてお伺いしたいと思います。  先月三月十八日、岡山県は、二〇一九年度、海外での育成品種や県ブランド農産物などの知的財産保護の強化に乗り出すというニュースがございました。海外では、桃やブドウなど、それぞれの県ブランドの農産物の模倣品というのが横行しておって、そして、あげくの果てには第三者が商標出願するというような事態まで起きて……

第198回国会 国土交通委員会 第2号(2019/03/08、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  なにわ筋線の話の後ということで、私はなにわ筋線には触れないんですけれども、大阪市民としては大事なインフラじゃないかなというふうに思っていますので、本当の話なので、ぜひよろしくお願いしたいというふうに思います。  私からは、航空業界で続いています飲酒に絡む問題についてお伺いをしたいと思います。  昨年十月に日本航空の男性副操縦士が過剰な飲酒によりロンドンで現地警察に逮捕され、有罪となった件を始め、ANAウイングス、スカイマーク、日本エアコミューターなど、次々に不祥事が発覚をいたしました。  国交省では、昨年十一月に航空従事者の飲酒基準に関する検討会と……

第198回国会 国土交通委員会 第3号(2019/03/13、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それじゃ、二十分ということで、限られた時間ですので進めさせていただきたいと思います。  今回、奄美群島振興開発特別措置法、そして小笠原諸島振興開発特別措置法、それぞれの延長ということでありますけれども、我々、冒頭申し上げておきますけれども、歴史的経過も踏まえて、本法案には賛成、その後諮られている附帯決議には反対という立場になっています。  附帯決議に関しましては、金子筆頭、矢上筆頭を始め、各理事、オブザーバーの皆様方に大変御苦労いただいて、文案を含めて決して反対という意味ではないんですけれども、五年間、五年間、ずっと、毎回毎回継続していく特別措置法……

第198回国会 国土交通委員会 第5号(2019/04/10、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  この法案質疑に入らせていただく前に、まずは、アイヌの方々が、先ほど各委員からもお話があったように、差別や仕打ちなどを受けてこられたこの歴史的経過に遺憾の意を表したいというふうに思います。また、やはりそういった歴史的経過の転換を図るためにさまざまな活動で尽力してこられた先人を始めとしたアイヌの方々に、本当に心から敬意を表したいというふうに思います。  そのお話をさせていただいた上で、質疑に入らせていただきたいというふうに思います。  本法案提出に当たり、先住民族の権利に関する国際連合宣言、これは平成十九年に採択をされています。それから、先住民族へ……

第198回国会 国土交通委員会 第6号(2019/04/12、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それじゃ、質疑に入らせていただきます。  まず最初に、高力ボルト不足の問題についてお聞きをしたいと思います。  昨年の夏ごろから、高層ビルなどの建物や橋などの鉄骨をつなぐ際に必要な高強度のボルトが全国的に不足し、納期が通常の四倍に当たる平均約六カ月となっているということであります。  高力ボルトを使用する建設業者の八割超えが工期に影響が出ているということが、昨年十一月二十二日、国土交通省が九日間にわたって調査をされたというふうに聞いていますけれども、国土交通省の調査で公表されております。  来年二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックや大型再開発などに……

第198回国会 国土交通委員会 第7号(2019/04/17、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それじゃ、きょうは省エネ法案の質疑をさせていただきたいと思います。  限られた時間ですので早速入りますけれども、重なっているところもあるかと思いますけれども、御容赦いただきまして、よろしくお願いしたいというふうに思います。  まず、二〇一八年、昨年十二月、年末に開催した社会資本整備審議会建築分科会建築環境部会の会合で示した、今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方についてという第二次報告案の、この報告案では、延べ面積三百平方メートル、三百平米未満の小規模建築物について、省エネ基準の適合義務制度の対象としないという趣旨を明記された。  ZEHの普……

第198回国会 国土交通委員会 第8号(2019/04/24、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  無電柱化についてお伺いしたいというふうに思うんですけれども、四十五分に大臣が出られるということなんで、冒頭、先に大臣にお聞きをしたいと思うんです。  無電柱化推進法というのは二〇一六年十二月十六日に公布、施行され、同法に基づいて国土交通省は、昨年四月、二〇一八年度からの三年間で緊急輸送道路を始めとする千四百キロメートルの無電柱化に着手をする無電柱化推進計画というのを策定した。  また、昨年の台風二十一号による暴風雨で関西地方を中心に甚大な被害がもたらされ、特に大阪南部では、約一千本の電柱が倒壊したことにより、大規模な停電が発生し、また道路の寸断を招……

第198回国会 国土交通委員会 第9号(2019/05/08、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それじゃ、道路運送車両法の改正につきましての質疑をさせていただきたいと思います。  今回の改正は、自動運転の実現、自動車の自動運転ですね、自動車における自動運転の実現というか、技術の進化、それに伴ってのメーカーや業界団体に対しての必要な改正だというふうにおおむね理解をしているんです。  自動運転の実現により、社会変革に対する期待というのは非常に高いと思います。官民ITS構想・ロードマップ、概要にも書いていますけれども、二〇一八においても、「自動運転システムの開発・普及及びデータ基盤の整備を図ることにより、二〇三〇年までに「世界一安全で円滑な道路交通……

第198回国会 国土交通委員会 第11号(2019/05/15、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それでは早速、油賠法の法案についての質疑をさせていただきたいと思います。  与野党問わず、たくさんの質疑が来ていますので、重なる部分も出てくるかと思いますけれども、御容赦をいただいて、確認をさせていただけたらと思いますので、よろしくお願いをいたします。  まず、船舶からの燃料油による油濁損害の責任と賠償について規定する条約というのが、二〇〇一年三月、二千一年の燃料油による汚染損害についての民事責任に関する国際条約というのができました。また、座礁した船舶やその積み荷などの難破物の除去についての責任と賠償を規定する条約として、今度は二〇〇七年五月に、二……

第198回国会 国土交通委員会 第13号(2019/05/22、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  もう多くの方が質疑をされていて、重なるところもあるかもわかりませんけれども、よろしくお願いをいたします。  それじゃ、建設業法の改正についてお聞きをいたします。  建設業は、インフラの整備などで地域の経済社会を支えるのみならず、災害が発生した際には迅速に応急復旧や復興に当たるなど、地域の守り手として重要な役割を果たしております。  しかし、これまでの建設業は、長時間労働で、週休二日もままならず、魅力のある職業とは言いがたい状況にあったと思います。この結果、若年者の入職というのが極めて少なく、著しい高齢化が進んでおります。このままでは、なりわいとして……

第198回国会 国土交通委員会 第15号(2019/05/29、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それでは、早速質疑に入らせていただきたいと思います。  きょうは、一般ということで、自転車等の交通安全問題を始めとした交通関係についてお伺いしたいと思うんです。車両法等で、きょうは道路局長、自動車局長、来ていただいているんですけれども、長官官房審議官もきょうは警察庁からお越しをいただいているということで、ありがとうございます。早速質疑に入らせていただきます。  自転車の活用推進については、平成二十九年、二年前、五月一日に自転車活用推進法というのが施行されました。昨年六月には同法に基づいて自転車活用推進計画というのが閣議決定をされるなど、国土交通省を……

第198回国会 国土交通委員会 第17号(2019/06/12、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  航空法の改正ということで、質疑に入らせていただきたいと思います。  我が国の航空機産業は、全体として、二〇二〇年、オリパラの年には約二兆円、そして、その十年後の二〇三〇年には約三兆円の規模となることが見込まれております。自動車に続き基幹産業として発展することが期待されている中、三菱航空機が来年半ばの運航開始を目指して、我が国初の国産ジェット旅客機MRJを現在開発中であります。  航空機は一度の事故により甚大な被害が生じるため、何よりも高い安全性が求められることになりますが、多くの国民は、MRJが、安心して利用することができる、世界に誇る航空機となる……

第198回国会 予算委員会 第10号(2019/02/20、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  もう最後ということで、時間も限られていますので、早速質疑に入らさせていただきたいというふうに思います。  まずは、外交についてお聞きをしたいんですけれども、本日、けさの報道で、日米首脳電話会談をおやりになられるということを聞きましたけれども、約一週間後、米朝首脳会談というのを前にしたこの時期に、非常に大事な時期だと思いますけれども、当然、総理は何よりも重要な拉致問題の解決に向けて密接に方針をすり合わせたいということでお答えをいただいていますけれども、改めて、この解決に向けた決意をお聞かせいただけますでしょうか。

第200回国会 国土交通委員会 第2号(2019/10/30、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  まず初めに、このたびの台風十五号、十九号、そしてまた先週二十五日に東日本のエリアを襲った記録的な大雨によりお亡くなりになられた方々に哀悼の意を表したいというふうに思います。また、被災された全ての皆様方に心よりお見舞いを申し上げ、皆様の安全と一日も早い復興というのをお祈り申し上げたいというふうに思います。  このたびの台風の災害について、二点ほどお伺いをさせていただきたいというふうに思います。  まずは、先日の台風十五号では、成田空港への鉄道やバスというのが不通になることで空港がいっとき陸の孤島というふうになりまして、約一万三千人の方々が空港で一夜を……

第200回国会 国土交通委員会 第4号(2019/11/13、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それでは、早速質疑に入らせていただきます。重複するところもあると思いますけれども、よろしくお願いいたします。  二〇一二年の固定価格買取り制度の導入後、再生可能エネルギーの普及というのが急速に広まってまいりまして、洋上風力発電にも期待が高まっているというふうに思っています。  再生可能エネルギーのうち、コスト面などの手軽さとか高い買取り保証で、まず太陽光発電というものの人気が高まりましたけれども、再生可能エネルギーは多数ありますので、風力発電にもやはり期待が高まってきているというふうに思います。  洋上風力発電のメリットは、陸上に比べてより大きな風……

第200回国会 国土交通委員会 第5号(2019/11/27、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  時間も二十分と限られていますので、質疑に入らせていただきたいと思いますが、まず冒頭、今回の災害で亡くなられた方にお悔やみを改めて申し上げたいというふうに思いますし、被害に遭われた方にお見舞いを申し上げたいというふうに思います。  その中で、今回は防災情報についてを聞かせていただきたいと思います。  きょうは、内閣府から統括官、それから消防庁から防災部長にお越しをいただいていますけれども、防災部長の質問はちょっと飛ぶかもわからぬのですけれども、その辺、ちょっと御容赦いただけたらというふうに思います。  近年、防災情報について改善が図られており、いろい……

第201回国会 国土交通委員会 第2号(2020/03/06、48期、日本維新の会・無所属の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それでは、早速、大臣所信に対する質疑をさせていただきたいと思いますが、まずは新型のコロナウイルスについてお聞きしたいと思います。  本当に、コロナウイルスで亡くなられた皆様方にはお悔やみを申し上げたいというふうに思いますし、今なお感染されている皆様方含め、全ての、患者だった方も含めて、お見舞いを申し上げたいというふうに思います。  COVID―19につきましては、中国人旅行者などが減少したため、観光業に大きな影響というのを及ぼしているかと思います。同時に、企業のサプライチェーンにも深刻な被害を及ぼしているというふうに考えています。  民間の調査によ……

第201回国会 国土交通委員会 第3号(2020/03/18、48期、日本維新の会・無所属の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。よろしくお願いいたします。  きょうは土地基本法の審議ということで、質疑に早速入らせていただきたいと思います。  人口減少の進展などの社会経済情勢というのが非常に大きく変化があり、その変化に伴って、土地をめぐる問題というのは、バブル期のころは地価の高騰といった問題がありましたけれども、そういう地価高騰の問題から、今度は所有者不明土地の増加というのに移ってきているというふうに認識をしております。  所有者不明土地は、相続が生じても登記がなされないことなどを原因として発生することが多く、民間の土地取引や公共事業の用地買収の際に支障になることに加えて、防災や……

第201回国会 国土交通委員会 第5号(2020/03/31、48期、日本維新の会・無所属の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上です。  それでは、限られた時間ですので、早速お話を聞かせていただきたいと思うんですけれども、きょうは、参考人三名の方、時節柄、出にくいところをわざわざお越しをいただきまして、本当にありがとうございます。  それでは、聞かせていただきたいと思うんですけれども、まず秋山参考人にお伺いをしたいと思います。  先ほどお話がある中で、一定、施設は整備が進んできたと。障害者トイレが八六・七、段差解消が九〇・四、視覚障害者誘導用ブロック九四・七。さらには、車両も、船舶、ノンステップバスと、それぞれ整備率が上がってきているということをおっしゃっておられたんですけれども、そ……

第201回国会 予算委員会 第12号(2020/02/17、48期、日本維新の会)

○井上(英)委員 日本維新の会の井上英孝です。  本日最後の質疑者ということで、よろしくお願いをしたいと思います。  早速ですので、新型コロナウイルスの感染問題を中心に質問させていただきたいと思います。  まず、先日の十三日に、新型コロナウイルスに感染しておられた八十代の女性の方がお亡くなりになりました。多くの亡くなられた方々に心から御冥福をお祈り申し上げたいというふうに思いますし、御家族に心からお悔やみを申し上げますとともに、そして、日夜、身を粉にして対策に取り組んでおられる政府、そして関係省庁、機関職員、さらには医療関係者など、多くの新型コロナウイルスに関して従事されている方々に心から敬意……


各種会議発言一覧(衆議院)

47期(2014/12/14〜)

第189回国会 憲法審査会 第2号(2015/05/07、47期、維新の党)

○井上(英)委員 維新の党の井上英孝です。  維新の党の現行憲法に対する考え方、そして認識をお伝えしたいと思います。  まず初めに、維新の党は、統治機構改革により、この国の形を決める仕組みをグレートリセットすべきであると考えています。  我が国は今、経済のグローバル化と国際競争の荒波の中で、新陳代謝がおくれ、国力が停滞あるいは弱体化し、国民は多くの不安を抱えています。我が国がこの閉塞感から脱却し、国民の安全、生活の豊かさ、伝統的な価値や文化などの国益を守り、かつ国の将来を切り開いていくためには、より効率的で自律分散型の統治機構を確立することが急務であると考えます。  このような統治機構を確立す……

第189回国会 憲法審査会 第4号(2015/06/11、47期、維新の党)

○井上(英)委員 維新の党を代表いたしまして発言させていただきます。維新の党の井上英孝でございます。  先週の参考人質疑は大変興味深く、我々の議論にとって多くの示唆を与えてくれるものでありました。改めて参考人の先生方に感謝を申し上げるとともに、参考人質疑の内容も踏まえつつ、維新の党を代表して、本日のテーマに関する我が党の考え方をお伝えしたいと思います。  まず、現行憲法の制定過程に関しては、GHQの影響下でつくられたという事実は当然承知をしております。しかし、我が党内の議論においては、戦後七十年がたとうとする現在、こうした押しつけ憲法論というような制定経緯に関する議論を行っていても生産性がない……

第190回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2016/02/25、47期、おおさか維新の会)

○井上(英)分科員 おおさか維新の会の井上英孝です。  よろしくお願いをいたします。  大臣初め副大臣、政務官、参考人、本当にきょうはありがとうございます。  また、適宜抜けていただいても結構ですので、いていただくときにいていただけたら結構ですので、その辺は。また、赤羽先生も御苦労さまです。よろしくお願いします。  それでは、限られた時間ですので早速質疑に入らせていただきたいと思いますけれども、きょうは、少し局地的といいますかローカルといいますか、そういう話に終始させていただきたいというふうに思っています。  私の選挙区に、国道四十三号線というのがあります。関西の方はよく知っている、有名な国の……

第193回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2017/02/22、47期、日本維新の会)

○井上(英)分科員 日本維新の会の井上英孝でございます。  予算委員会の第一分科会ということで、質疑を三十分間させていただきますので、よろしくお願いをいたします。  それではまず、いきなりちょっと第一分科会とは離れているんですけれども、御無理を申し上げて、きょうは経産省の住田審議官にお越しをいただいております。どうもありがとうございます。  万博についてということで、これから閣議了解も控えているということもありまして、内閣府を所管している、内閣官房も含めた、話のできる第一分科会で、そういう絡め方でお越しをいただきましてありがとうございます。  我々大阪は、私は大阪出身なので大阪の話をちょっとさ……


48期(2017/10/22〜)

第198回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2019/02/27、48期、日本維新の会)

○井上(英)分科員 日本維新の会の井上英孝です。  きょうは、総務のこの分科会で質問の機会を与えていただいて、ありがとうございます。そしてまた、大臣、よろしくお願いをいたします。  ちょっと順番を、通告はさせていただいたんですけれども、変えさせていただいて、まずは、先ほど奥野委員からもありましたけれども、ふるさと納税に関してまず質問させていただきたいと思います。  今、泉佐野市とのやりとりが非常に話題といいますか、なっていますけれども、石田大臣も、もうほぼ、泉佐野でしたら隣町といいますか、本当に大阪と和歌山の府県沿いのエリアに当たります。泉佐野の千代松市長は、私も自民党時代に大阪市議をしている……

第201回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2020/02/25、48期、日本維新の会・無所属の会)

○井上(英)分科員 日本維新の会の井上英孝です。  それでは、早速質疑に入らせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。  きょうは、出入国在留管理庁の高嶋次長にお越しをいただきました。よろしくお願いをいたします。私からは外国人労働者の受入れについてお聞きをしたいと思いますので、少し質問数も多いのでしっかりお答えいただきますように、よろしくお願いをいたします。  まずは、外国人労働者の受入れを拡大する特定技能という在留資格を創設することなどを内容とする改正出入国管理難民認定法が、昨年四月から施行されました。法務省は、特定技能一号の在留資格が認められ日本で働いている外国人労働者数につい……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

井上英孝[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書