国会議員白書トップ衆議院議員加藤寛治>委員会発言一覧(全期間)

加藤寛治 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

加藤寛治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは加藤寛治衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 加藤寛治 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第1号(2013/01/28、46期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの三原朝彦君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、渡海紀三朗君が委員長に御当選になりました。  委員長渡海紀三朗君に本席を譲ります。

第183回国会 農林水産委員会 第2号(2013/03/19、46期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 おはようございます。自由民主党長崎県二区の加藤寛治でございます。  このたび、私の地元最大の懸案事項の一つであり、また農水省にとっても大変大きな問題であります諫早湾干拓事業について質問をする機会を得ましたことに、委員長初め理事の方々の配慮に感謝をいたしておるところでございます。  それでは、諫早湾干拓事業について質問をさせていただきます。  まず、林農水大臣並びに江藤副大臣には、御多忙のところ御来県をいただき、二月二日、三日と二日間にわたり、地元の歴史的経緯や現在の取り組み、切実な声を聞いていただきましたことに心から厚く御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。 ……

第184回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第1号(2013/08/02、46期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの三原朝彦君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、渡海紀三朗君が委員長に御当選になりました。  委員長渡海紀三朗君に本席を譲ります。

第185回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第1号(2013/10/15、46期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの福田昭夫君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、竹本直一君が委員長に御当選になりました。  委員長竹本直一君に本席を譲ります。

第186回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第1号(2014/01/24、46期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの福田昭夫君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、竹本直一君が委員長に御当選になりました。  委員長竹本直一君に本席を譲ります。

第186回国会 農林水産委員会 第11号(2014/04/17、46期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 皆さん、おはようございます。自民党の加藤寛治でございます。  質問に入ります前に、先般の鳥インフルエンザ発生については、その後の第二例目の発生を防げたということは、初動対策において、政府並びに当該地域の県、市町村、関係者の適切な連携、防疫措置の成果であろうと思い、敬意を表しております。  それでは、質問の機会を得ましたので、感謝をしながら、質問に入ります。  まず、経営所得安定対策関係についてであります。  平成十九年のゲタ対策、ナラシ対策の導入においては、対象者について規模要件を設けたところでありますが、その後、民主党政権となり、平成二十二年から、全ての販売農家を対象に戸別……

第186回国会 農林水産委員会 第19号(2014/06/11、46期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 おはようございます。自民党の加藤寛治でございます。  質問する機会を得て、感謝をいたしております。  農協の現場に直接関係をした者として、農協改革について、四点ほどお尋ねをしたいと思います。時間が限られておりますので、簡明な答弁をお願い申し上げたいと思います。  農協改革についてでありますが、改革は、農協、農業に限らず、全ての産業において未来永劫の課題であろう、私はこのように考えております。しかしながら、改革は、改善であるべきであって、改悪であってはならないと思います。  また、農協改革は、農業を強くして、食料自給率の向上を図り、農家、農業所得をアップすること並びに食料安全保……

第187回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第1号(2014/09/29、46期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの小川淳也君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、渡辺博道君が委員長に御当選になりました。  委員長渡辺博道君に本席を譲ります。

第187回国会 地方創生に関する特別委員会 第4号(2014/10/17、46期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 自由民主党の加藤寛治でございます。  石破大臣には、地方の出身であると同時に、数多くの地方を回られておられる。もちろん、我が長崎県にも幾度となく訪れていただきました。そうした地方創生大臣として余人をもってかえがたしという思いの石破大臣に質問する機会を得まして、感謝をしながら質問に入りたいと思います。  私は、政治を目指した三十数年前から、地方に活力を与える地方創生が日本の国力の向上につながるとの思いを持ち続けてまいりました。  さるときある知事が、日本の国は東京さえちゃんとしっかりしておれば大丈夫だという発言をされたことが幾度となくありました。そのとき私は、テレビの画面からで……


47期(2014/12/14〜)

第188回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第1号(2014/12/25、47期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの坂井学君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、坂本祐之輔君が委員長に御当選になりました。  委員長坂本祐之輔君に本席を譲ります。

第189回国会 農林水産委員会 第16号(2015/06/10、47期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 おはようございます。自民党の加藤寛治でございます。  質問通告に従いまして、順次質問をいたしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  農協は、一九四七年、昭和二十二年、戦後の食糧難時代に全国各地に設立をされて、農産物の増進、国民の食料安定供給を主目的に努力傾注をしてまいったものであります。ところが、その後全国各地で、経営難に陥り破綻する農協が多発をしたことから、救済策として、昭和二十九年に農協組織を再建するために導入されたのが中央会制度であると認識をいたしております。  以来、六十年が過ぎ去ってしまいました。いかにすばらしい制度であっても、改革、変化を遂げなけれ……

第189回国会 農林水産委員会 第24号(2015/12/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 このたび農林水産大臣政務官を拝命いたしました加藤寛治でございます。  森山大臣のもとで、副大臣、政務官、事務方と力を合わせて、農林水産行政の推進のために一生懸命頑張ってまいります。  委員長を初め委員の先生方の御指導と御鞭撻を心からお願い申し上げて、就任の挨拶にかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
【次の発言】 簗議員の質問にお答えをいたします。  酪農経営における自給飼料の活用を後押しするために、平成二十三年度から、飼料生産型酪農経営支援事業により、飼料作付面積に応じた交付金、一ヘクタール当たり一万五千円、支援を行っておるところであります。  また、二十……

第190回国会 財務金融委員会 第10号(2016/03/01、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 お答えいたします。  インボイス制度導入後も、農家が競り売りや農協などに委託して農産物を販売をする場合には、農協などが代替発行した請求書により仕入れ税額控除ができることとされております。  これは、農協を通じた農産物の委託販売や卸売市場での取引においては大量の出荷物を短時間でさばかねばならないこと、また、出荷物を課税事業者と免税事業者別に分けて管理できないこと、生産者が買い受け人と直接価格交渉を行う機会がないこと等の農産物流通の特性がございます。この方法によらなければ幅広い事業者に多大な影響を与えることから措置されたものと承知をいたしております。  一方、農協を通じて委託販売……

第190回国会 財務金融委員会 第12号(2016/04/05、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 お答えいたします。  都市農業に重要な農地の保全と税制は密接な関連がありますので、その保全を図るために税制のあり方を検討することは重要な課題と認識をいたしておるところでございます。  このため、現在、農林水産省及び国土交通省で策定をしている都市農業振興基本計画の案においては、農業者等の要望を踏まえて、保全すべき農地の資産価値や農業収入に見合った保有コストのあり方、そしてまた、生産緑地等を貸借する場合における相続税の納税猶予のあり方について、課税の公平性、政策的意義、土地利用規制とのバランス等を踏まえて検討することといたしております。  今春をめどに都市農業振興基本計画を政府と……

第190回国会 総務委員会 第4号(2016/02/24、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 お答えいたします。  今般の降雪による被害について、農林水産省では二月三日から四日にかけて担当官を現地へ派遣しまして、農作物被害に関する現地調査を行ったところでございます。  また、森山農林水産大臣も地元の鹿児島にお戻りになった際に、農協の組合長や生産部会長等の関係者からお話を直接伺うなど、被害の状況を把握されたと伺っておるところでございます。  私自身も、地元長崎県の農協の組合長からの要望や県からの被害状況の報告等により、実情を把握いたしております。  農林水産省では、こうした現地の情報や大臣の御指示を踏まえて、二月の二十三日に、速やかに営農再開に向けた残渣撤去、農業生産資……

第190回国会 地方創生に関する特別委員会 第11号(2016/04/22、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 宮崎委員にお答えをいたします。  今回、国家戦略特区で企業の農地所有を認める特例を講じることとしておりますが、これはあくまでも試験的に行うものでございます。  具体的には、企業が農地として利用しなくなった場合の確実な原状回復措置を講じた上で、国家戦略特区の中でも一定の要件を満たす地方公共団体に限定をしまして、また、期間も五年間ということに限定をして実施することといたしております。  法案が成立をしたとしましても、五年間の期間が経過した後はこの特例もなくなるわけでありますが、その後の取り扱いについては、現時点では何も決まっていないということでございます。

第190回国会 農林水産委員会 第2号(2016/03/09、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 お答えいたします。  政策大綱に即して、加工施設の再編や高度化等により、生産段階以降のコスト縮減を図ることで国内農業の競争力強化をさらに加速化するために、先日成立した平成二十七年度補正予算において、加工施設再編等緊急対策事業を措置したところでございます。  本事業では、乳業工場においては、輸入品との競合の少ない生クリーム等の品目への製造ラインの転換を新たに支援対象としたこと、そしてまた、食肉処理施設については、補助率を二分の一に上げるなどとともに、施設廃棄を行う場合にも支援対象としたこと、それに、製粉工場及び精製糖工場においては、新たに施設の再編合理化を支援対象としたことなど……

第190回国会 農林水産委員会 第4号(2016/04/21、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 岸本委員の御質問にお答えをいたします。  平成二十七年の農林水産物、食品の輸出額の上位十品目を挙げますと、一番にホタテガイ五百九十一億円、二番に日本酒、ウイスキー等のアルコール飲料三百九十億円、三番に真珠三百十九億円、四番にソース、たれ、ドレッシング等のソース混合調味料が二百六十四億円、五番目にたばこの二百三十六億円、六番目に炭酸飲料等の清涼飲料水が百九十七億円、七番目にサバの百七十九億円、八番目に貝柱調製品が百七十七億円、九番目にお菓子の百七十七億円、十番目が播種用の種が百五十一億円となっておるところでございます。

第190回国会 農林水産委員会 第5号(2016/04/26、47期、会派情報なし)【政府役職】

○加藤大臣政務官 合法木材についてのこの十年間の成果についてのお尋ねにお答えをいたします。  我が国では、グリーン購入法に基づき政府が調達する木製品については、林野庁が定めた木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明のためのガイドラインにより、合法性が証明されたものとしております。  本ガイドラインに沿って合法性の証明された丸太の量は、国産材については、平成十八年の九十一万立米から平成二十六年の八百五十八万立米、国内生産量に占める割合は五%から四〇%となっておるところでございます。  輸入材につきましては、平成十八年の五十八万立米から平成二十六年の百六十五万立米であります。総輸入量に占める割合は……

第190回国会 農林水産委員会 第6号(2016/05/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 金子委員の御質問にお答えいたします。  先ほど委員の方からも御指摘ございましたけれども、全くそのとおりだという思いから、農林水産省といたしましては、四月二十八日に、平成二十八年熊本地震で被災をされた方々の相談に応じるための窓口を、熊本県だけでなく、その他九州各県の支局、駐在所に設置したところでございます。  支局等の地方参事官は、くまなく各地域に出向きまして、農政を現場にしっかりと伝えながら、そしてまた現場の声をしっかりと酌み上げて、現場とともに解決をする機能を持っておるところでございます。  この地方参事官の機能を生かして、被災された農林漁業者が一刻も早く経営再開できるよう……

第190回国会 農林水産委員会 第7号(2016/05/11、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 小山委員の御質問にお答えいたします。  近年におきましては、抹茶や粉末茶等を使用した菓子などが次々に開発をされておる現況にございます。例えば静岡県におきましては、学校給食向けに本年開発された静岡茶ミルメークが、四月以降、県内各地の小中学校などの学校給食に提供されるなど、児童や生徒に手軽に茶に親しんでもらうための取り組みが行われておると聞き及んでおるところでございます。  農林水産省といたしましても、新商品の開発を初めとしたお茶の需要拡大が重要であると考えておるところでございますので、平成二十七年度補正予算や平成二十八年度当初予算におきましても、外食産業等と連携をしたフレーバー……

第193回国会 農林水産委員会 第19号(2017/06/07、47期、自由民主党・無所属の会)

○加藤(寛)委員 おはようございます。自由民主党の加藤寛治でございます。  久しぶりの質問でございますので、よろしくお願いいたします。  農業は、自然との闘いに加えて外国との闘いでもあることから、大変厳しい環境にあることは論をまたないところであろうと思います。また、農業は、国民の生命の源である食料安保と、多面的機能等の大変重要な役割も果たしております。そこで、農業に対しては適宜適切な対策を打つことは不可欠であろう、このように理解をいたしております。  これまで、昭和二十二年には農業共済制度、昭和四十一年には指定野菜価格安定制度、また平成に入ってからはナラシ対策制度と、それぞれ農業振興対策に効果……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 地方創生に関する特別委員会 第1号(2017/11/02、48期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの亀井亜紀子君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、渡辺博道君が委員長に御当選になりました。  渡辺博道君に本席を譲ります。

第196回国会 地方創生に関する特別委員会 第1号(2018/01/22、48期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの亀井亜紀子君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、渡辺博道君が委員長に御当選になりました。  委員長渡辺博道君に本席を譲ります。

第196回国会 農林水産委員会 第6号(2018/04/04、48期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 おはようございます。自由民主党の加藤寛治でございます。  久々の質問の機会をいただいて、感謝をしながら質問を進めてまいりたいと思います。  国家の使命、我々政治家が果たさなければならない責任は、まず国民の安全、安心な生活を保障することが第一義であろう、このように受けとめております。もちろん、安全、安心な生活、暮らしには、一つには、国防が強固で、平和な中で暮らせること、それともう一つには、経済基盤がしっかりしていて、食料の安定供給が確実、不変であることであろう、このように考えております。  国防については今国会でも憲法改正等を含めて論議をされておりますが、きょうは、食料安定供給……

第197回国会 地方創生に関する特別委員会 第1号(2018/10/24、48期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの今井雅人君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、松野博一君が委員長に御当選になりました。  委員長松野博一君に本席を譲ります。

第198回国会 地方創生に関する特別委員会 第1号(2019/01/28、48期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの今井雅人君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、松野博一君が委員長に御当選になりました。  委員長松野博一君に本席を譲ります。

第198回国会 農林水産委員会 第7号(2019/04/17、48期、自由民主党)

○加藤(寛)委員 おはようございます。自由民主党の加藤寛治でございます。  質問の機会に感謝をしながら、早速質問に入ります。  農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部を改正する法律案について質問いたします。  農業の振興、発展、成長産業化を図る目的で、平成二十六年以降、農地中間管理機構が活動を開始して五年になります。各都道府県に農地中間管理機構を設置して農地の分散錯圃を解消していくことにより、担い手農家への農地の利便性を図り、集積、集約化を進めることによって機械化が促進され、経営規模拡大につながり、また、農業の生産性、生産額を向上させることにより、ひいては、農業収入の増大につなげて、担い手……

第199回国会 地方創生に関する特別委員会 第1号(2019/08/01、48期、自由民主党・無所属の会)

○加藤(寛)委員 これより会議を開きます。  衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。  これより委員長の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの今井雅人君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、松野博一君が委員長に御当選になりました。  委員長松野博一君に本席を譲ります。

第200回国会 経済産業委員会 第7号(2019/11/20、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○加藤副大臣 山崎委員の御質問にお答えいたします。  営農型太陽光発電は、営農の継続と売電収入による農家所得の向上が期待できる取組だと考えております。このため、農林水産省は、昨年五月に、担い手が営農する場合と荒廃農地を活用する場合には一時転用期間を三年以内から十年以内へ延長するとか、地方農政局等での相談窓口の設置をしたり、また優良事例等の周知等の促進策を公表して、取組を支援しておるところでございます。  取組の目標というのは設定はしてはおりませんけれども、営農型太陽光発電の取組実績というのが、平成二十五年度から二十九年までを見てみますと、件数にしまして九十六件から千九百五件と二十倍増、それと、……

第200回国会 農林水産委員会 第1号(2019/10/23、48期、自由民主党・無所属の会)【政府役職】

○加藤副大臣 このたび農林水産副大臣を拝命いたしました加藤寛治でございます。  江藤大臣を先頭に、伊東副大臣、河野大臣政務官、藤木大臣政務官と力を合わせて、農林水産業を強くし、美しく豊かな農林漁村を次世代に継承できるよう、尽力してまいります。  吉野委員長始め委員各位の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。(拍手)


各種会議発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会第六分科会 第2号(2013/04/15、46期、自由民主党)

○加藤(寛)分科員 自由民主党、長崎県二区の加藤寛治でございます。  再度質問の機会を得ましたことに感謝をいたしております。  林大臣、江藤副大臣、長島政務官には、大変お疲れのこととは思いますけれども、しばらくおつき合いを願いたいと思います。  私は、地方議会におりましたときに、平成二十一年に誕生した前政権に一刻も早く退場を願い、新政権の樹立を果たさなければならないと強く念じておりました。  なぜならば、それは、一つには、農業、すなわち、国民の命をつなぐ、また命を守る食料産業、農業の基本である農業基盤整備事業等の予算を六十数%削減したからであります。このことは、農業の何たるかを全く理解していな……

第186回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2014/02/26、46期、自由民主党)

○加藤(寛)分科員 自民党の加藤寛治でございます。  今後十年間の農業政策のあり方について、お尋ねをしたいと思います。  政府におかれても、農林水産業・地域の活力創造プランということで、農業所得の倍増に向けて、これから新たな農業、農村政策が始まろうといたしておるわけでございます。  そこで、私が常々考えておりますことの一つ、農は国家の大もとなりということはもう古くから言われて久しいわけでございますけれども、しかし、このことは、いかに時代が変わろうとも、未来永劫変わることのない真理であろう、私はこのように考えております。そうした観点に立って、これからの問題についてお伺いをさせていただきたいと思い……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 内閣委員会農林水産委員会連合審査会 第2号(2015/12/03、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 関税撤廃による合板、製材についての御質問についてお答えをいたしたいと思います。  合板、製材等の林産物につきましては、現在の関税率が一〇%以下となっている中で、長期間の関税撤廃期間の設定やセーフガードを措置したところであります。  したがって、TPP合意による影響は限定的と見込まれるわけでありますが、他方、長期的には国産材の価格の下落も懸念されるわけでありますので、このため、今般決定した総合的なTPP関連政策大綱においては、合板、製材の生産コスト低減等により国際競争力を強化していくこととされておるところでございます。  具体的には、大規模、高効率の加工施設の整備、そしてまた原……

第189回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2015/03/10、47期、自由民主党)

○加藤(寛)分科員 おはようございます。  本日は、林大臣を初め、大変御苦労さまでございます。自民党の加藤寛治でございます。  今回の質問をする機会を得ましたことに感謝をしながら、質問をいたしたいと思います。  地方創生における農業政策の取り組み方針について、三点についてお伺いをしたいと思います。  順序が逆になるかもしれませんけれども、まず、独立法人農研機構カンキツ研究口之津拠点の今後の取り扱いについてお伺いをしたいと思います。  御案内のように、地方創生が急務の中で、国の機関の地方移転の一環として、従来ある国の機関を有効に活用すべきではないかと考えております。  私の地元の農研機構カンキツ……

第190回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2016/02/25、47期、自由民主党)【政府役職】

○加藤大臣政務官 お答えいたします。  農林水産省では、侵入防止柵の設置や捕獲等の地域ぐるみで行う被害防止の取り組みについて、鳥獣被害防止総合対策交付金により支援をしてきたところでございます。  配分に当たりましては、都道府県からの要望に対して、各地域の被害状況や事業計画の評価ポイント等の基準に基づいて各都道府県に配賦をしてきたところでございます。  農林水産省では、これまでも全国の都道府県等に対して、被害防止の取り組みがしっかりと講じられるように指導助言を行ってきたところでございます。神奈川県や県内市町村に対しましても、より一層被害防止活動が活発に行われるように働きかけて強化をしてまいりたい……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

加藤寛治[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書