国会議員白書トップ衆議院議員佐藤英道>委員会発言一覧(全期間)

佐藤英道 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

佐藤英道[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは佐藤英道衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 佐藤英道 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第182回国会 農林水産委員会 第2号(2013/01/24、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  国会での初質問が地元北海道とえにしの深い酪農、畜産に関するものになることに非常に感謝もしておりますし、大変に緊張もしております。どうかよろしくお願いをいたします。  今月十九日の土曜日に、稲津政務官また北海道議会議員の皆さんと一緒に、北海道内の酪農家、畜産農家を訪問し、農家の方々から直接生の声を伺ってまいりました。また、JA北海道を初め、たくさんの農業関係者の方々からも御要望、御意見をいただいておりますので、それらに基づいてお話をさせていただきたいと思います。  まず初めに、何といってもTPPの問題についてであります。  北海道の農業産出額で……

第183回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2013/05/29、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。北海道選出、公明党の佐藤英道でございます。  当委員会におきましては、初めての質問でございます。どうかよろしくお願いいたします。  今週の月曜日、五月二十七日に札幌で、千島歯舞諸島居住者連盟の北海道の総会が行われました。荒井委員長とともに私も当日参加をさせていただきました。山本大臣や岸田外務大臣におかれましても、代理の方々が心のこもった御挨拶をされていらっしゃいました。  四月二十九日の日ロ首脳会談が行われた直後の総会とありまして、参加者の方々も、領土問題の解決に向けて具体的な交渉の進展をこれまで以上に期待をされておりました。まずは冒頭、御報告をさせていた……

第183回国会 農林水産委員会 第2号(2013/03/19、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 北海道、公明党の佐藤英道です。  林農林水産大臣の所信表明を謹んでお伺いさせていただきました。  大臣は、冒頭、農は国の基という言葉を御紹介されながら、農林水産業の重要性を心を込めて訴えられておりました。大臣のおっしゃるとおり、食を支え、国土を支える農林水産業は、国を国たらしめる重要な要素であり、農の衰退は、すなわち国の衰退につながります。  担い手の減少と高齢化、それによる農地の荒廃を食いとめるべく、平成二十一年まで、自民・公明政権はさまざまな措置を行ってきました。  と同時に、改革によって生じる急速な変動による影響で、これまで頑張ってこられた農林水産業者が、生業を失い、生……

第183回国会 農林水産委員会 第4号(2013/04/04、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  昨日、衆議院予算委員会の地方公聴会が行われまして、私は仙台の会議に参加をしてまいりました。四人の陳述人の中でお二人が水産関係者の方でありまして、現状について率直な御意見をお聞かせいただきました。  まず、宮城県漁業協同組合経営管理委員会の菊地伸悦会長は、いわゆる瓦れきの問題について、陸地の瓦れきはほぼ処理されたけれども、海の中にはいまだに多くの瓦れきが残っている、国に何とかしっかりと予算をつけて処理を進めてもらいたいという声をいただきました。  また、風評被害の実情について意見をお伺いしたのに対し、石巻魚市場株式会社の須能……

第183回国会 農林水産委員会 第5号(2013/04/10、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  まず、本年三月三十一日に中国で三名の感染が公表されましたH7N9型鳥インフルエンザの問題について、冒頭お伺いをさせていただきたいと思います。  厚生労働省によれば、このH7N9型は、これまで人への感染は確認されていなかったものでありますけれども、本年二月十九日以来、中国においては、現在までに二十一名が感染、うち六名が死亡されております。患者との濃厚接触者が六百二十一名確認されておりますけれども、発症は今のところ確認をされていないということであります。人から人への感染は今のところはないのではないかということでありますけれども……

第183回国会 農林水産委員会 第7号(2013/05/14、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  初めに、TPPについて伺います。  先日、超党派の豪日若手国会議員交流プログラムの一員として、オーストラリアを訪問させていただきました。  オーストラリアは、人口約二千三百万人、面積は日本の約二十倍、農業が国の主要な輸出産業であります。農地面積は日本の約九十倍、農家一戸当たりの農地面積は実に一千九百倍にもなります。そのオーストラリアも年々農業生産量が減少しており、また、気候に影響されやすい麦が主要産品であることから、たびたびの不作に見舞われるなど、苦労して農業を守っているようでございました。  そのような中でTPPの交渉に参加しているわけです……

第183回国会 農林水産委員会 第9号(2013/05/22、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 五月十四日の新聞の朝刊を見て、私は大変にびっくりいたしました。  新聞の記事によれば、日本とオーストラリアのEPA交渉で、豪州産冷凍牛肉の関税が三八・五%から二〇%に引き下げられる方向で近く妥結される見通しになった、さらに冷蔵牛肉の引き下げも検討している、さらにプロセスチーズの原料の低関税の輸入枠を拡大される、そう報道されておりました。  その日の会見で、大臣は、そうした基本合意はないときっぱりと否定をされました。  翌日、同じ新聞の一面に訂正記事が掲載されまして、てっきり十四日の報道は誤りでしたという内容かと思いきや、二〇%ではなく三〇%でしたという訂正でありました。これで……

第183回国会 予算委員会 第14号(2013/03/14、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  初めての予算委員会での質問でございますので、どうかよろしくお願いを申し上げます。  去る三月十一日、東日本大震災の発生から二年を迎えました。私は北海道の選出でありますけれども、東日本大震災で大きな被害のありました宮城県の出身です。仙台空港や津波で壊滅的な被害を受けた閖上地域がある名取市が私のふるさとであり、あの震災の津波によって多くの友人や知人も失われました。  改めまして、東日本大震災でお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、大切な御家族、御友人を亡くされた方々、困難な避難生活を余儀なくされておられ……

第183回国会 予算委員会 第19号(2013/04/05、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  きょうは、お忙しい中、大変ありがとうございます。また、貴重な御意見、大変に学ばせていただいたところであります。  私、北海道の選出でありますけれども、きょう視察をさせていただいた仙台空港のある宮城県の名取市出身であります。針生先生のお住まいの閖上地域も名取市でありまして、大変に関心深く、本当に貴重な御意見をいただいたと思っております。  時間の関係もありますので、それぞれお伺いをさせていただきますけれども、せっかくの機会なので、四人の方々全員にお答えしていただきたいと思うので、まず御質問を最初に申し述べさせていただきたいと思います。  まず、……

第183回国会 予算委員会 第23号(2013/04/16、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。総理も、そして総理の奥様も、何度も訪れられ、こよなく愛されている北海道の選出であります。  総理が御出席されての予算委員会、初の質問であります。どうぞよろしくお願いをいたします。  日本とロシアの友好を担った政治家は数多くいらっしゃいますが、一九九一年、ソ連の首脳として初めて来日をされたゴルバチョフ大統領の訪日に御尽力をされた、総理のお父上であられる安倍晋太郎元外務大臣の存在なくして、今日の日ロの関係はないと私は思っている一人であります。特に、安倍元外務大臣の最後の政治活動となったゴルバチョフ大統領との会談のエピソードは余りにも有名であります。 ……

第185回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2013/12/04、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  きょうは、三人の参考人の皆様方、大変に遠路はるばる御苦労さまでございます。そしてまた、長時間お疲れさまでございます。  私は、選挙区が北海道でございますので、元島民の方々を初めとする返還運動関係者の方々とは日ごろからお話を伺う機会がございます。きょうは、返還運動のさらなる推進に向けて、そしてまた所期の目的に達することができるよう、三人の先生方から御意見を伺ってまいりたいと思います。  そしてまた、特に、ことしの十月の八日に、我が公明党の山口那津男代表を初めとする公明党の議員で北方領土返還運動原点の地である根室市を訪問させていただきまして、納沙……

第185回国会 国土交通委員会 第5号(2013/11/12、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  ただいまは、家田先生、小嶋先生、秋山先生、交通政策基本法にかかわる貴重な御提言をいただきましたこと、まずもって心から感謝と御礼を申し上げたいと思います。  私は北海道が選挙区でございまして、特に、何といっても地域公共交通の問題に関しては非常にやはり関心があり、北海道にとっては極めて喫緊の重要な課題でもございます。  北海道というと、JRの問題等もありますけれども、離島も抱えます、離島の交通路の問題もあります。また、やはり札幌集中という問題もありまして、北海道の交通網は、札幌、そしてまた中都市へ向かうアクセス等々が中心になっておりまして、いわゆ……

第185回国会 国土交通委員会 第8号(2013/11/22、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  質問に入る前に、昨日、秋田県におきまして、復旧作業に当たる五人の作業員の方が土砂崩れで生き埋めになったという知らせが入ってまいりました。懸命な救出活動が続けられておりますが、大変残念なことに、お一人の方がお亡くなりになられたそうであります。謹んでお悔やみを申し上げますとともに、くれぐれもさらなる二次被害とならないようお願い申し上げますとともに、とにかく何とか早く救出をしていただきたい、心からお願いを申し上げたいと思います。  私は、北海道の選出の議員であります。本日、JR北海道の野島社長に対して質問をするということは極めて残念であり、まさに断……

第186回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2014/02/25、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  昨日、当委員会の視察で沖縄を訪問させていただきました。率直な意見交換など大変に有意義な視察でありまして、安住委員長を初め関係各位に心から御礼を申し上げたいと思います。  私は、前に質問されました伊東良孝委員と同じ北海道でありますけれども、沖縄戦におきましては、北海道民も一万人以上が亡くなっております。その鎮魂のための慰霊碑、北霊碑が沖縄県の糸満市に建っておりますけれども、遠く、慰霊に行けない北海道の遺族にかわって、沖縄の方々はこの慰霊碑を守ってくださった歴史がありまして、この場をおかりして心から感謝を申し上げたいと思います。  一昨年、五年ぶ……

第186回国会 環境委員会 第7号(2014/04/15、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  私は北海道でございますので、四人の参考人の先生方の御意見は大変に傾聴させていただきました。特に、北海道はエゾシカの問題が、かなり大きな問題として直面しておりますので、そうした観点で幾つかお聞きをさせていただければと思います。  特に、北海道、エゾシカにつきましては、北海道全体に急増しているところでありまして、深刻な農林業被害をもたらしておりますし、森林内の植生に過度な採食圧がかかって、それによる植生の著しい変化は、そこに生息する鳥類や昆虫などの生息状況にも大きな影響を与えていると今言われているところであります。さらに、近年では、大雪山や夕張岳……

第186回国会 国土交通委員会 第5号(2014/03/26、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  最初に、道路の除雪費について、通告はしておりませんけれども、一言申し上げたいと思います。  太田大臣は、昨日二十五日、閣議後の記者会見で、二月の記録的な大雪を受け、二十道府県に道路の除雪費補助九十八億円を追加配分する一方、臨時特例措置として、山梨、埼玉、群馬、長野の四県と全国の八十九市町村に対し四十九億円を補助すると発表されまして、関係者の方々から大変に喜びの声が寄せられているところでございます。  特に、今冬は通常の積雪地以外でも大雪に見舞われたことから、除雪費補助の対象範囲を拡大したのが特徴であり、特に、今回の臨時特例措置について、大臣は……

第186回国会 国土交通委員会 第7号(2014/04/04、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道です。  私の方からも、港湾法の一部を改正する法律案について、順次お伺いをさせていただきたいと思います。  京浜港、阪神港を国際コンテナ戦略港湾に選定して、まさに選択と集中の考えのもとで国際競争力を高めていく、この政策は、ぜひとも私は進めていく必要があると考えております。国際基幹航路の寄港の維持拡大を図ることの意義を含めて、今回の法改正の狙いを、まず改めて御説明いただければと思います。
【次の発言】 ぜひ国を挙げて取り組んでいただければと思います。  今回の法改正に当たっては、国際コンテナ戦略港湾政策推進委員会において、関係者との間で相当突っ込んだ意見交換をし……

第186回国会 国土交通委員会 第12号(2014/04/16、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道です。  初めに、建設分野における担い手の確保についてからお伺いをさせていただきます。  建設の需要は、二〇〇〇年代に入りまして、右肩下がりに下がりました。建設分野の労働力も調整を余儀なくされ、建設業で働く人も減ってきたわけであります。  ところが、震災復興という重要な建設需要が起き、アベノミクスによる景気好転のために急速に建設需要が増大をしているわけであります。建設業の担い手不足が大いに懸念されましたが、大臣がリードをされて行われた労務単価の引き上げなどさまざまな努力によって、建設業を取り巻く労働力の需給バランスは何とか保たれているのでは……

第186回国会 国土交通委員会 第14号(2014/04/23、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  昨日、当委員会の視察として、首都高速道路一号羽田線、都心環状線の老朽化対策の作業現場、また、環状二号線開通後の交通状況などについて視察をさせていただきました。大変に有意義な、また貴重な視察でありまして、委員長を初め、また、道路局長を初め関係者の方々に心からお礼を申し上げます。  そして、それと同時に、先ほど大臣もお話をされておりました、そしてまた、きのう道路局長も社会資本整備審議会道路分科会の提言について御説明をしていただきましたけれども、まさしくこの提言どおり、この老朽化対策は待ったなし、そういう感を私自身も抱いたわけで……

第186回国会 国土交通委員会 第17号(2014/05/21、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道です。  去る五月の十日、十一日、太田大臣に北海道を御訪問していただきました。大臣として初の北海道視察でありましたが、日程的には大変な強行軍でありました。苫小牧、白老、札幌、北斗市、七飯町、函館市と、二日間で広い地域を精力的に御視察され、多くの関係者が皆大変に喜んでおりました。心からお礼を申し上げたいと思います。  今回の大臣の北海道視察は、何といっても、ことしの四月に新体制でスタートしたJR北海道に対して、本社を訪問され、安全、安心、道民を初め全国民の信頼を再構築するための布石を打たれるということが一番のポイントであったと思います。  大……

第186回国会 国土交通委員会 第18号(2014/05/23、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道です。  初めに、建設業を取り巻く最大のテーマの一つ、担い手確保についてお伺いをさせていただきます。  この担い手確保につきましては、本年一月に建設産業活性化会議を設置し、外国人材の活用のための実習制度の改善などに取り組まれております。  先月の二十四日、国交省と日建連初め関係五団体とで合同会議が開かれ、五年以内に建設業界の女性を倍増させる目標を掲げたということでございました。  先日、地元の会合で、若い御夫婦で鉄筋工事業を営む方にお話を伺いました。奥様も、これは私の天職ですと大変に誇りを持ってお仕事に従事されて、自信を持って語っていらっし……

第186回国会 国土交通委員会 第21号(2014/06/11、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道です。  最初に、北海道の道路の問題について御要望を申し上げたいと思います。これまで、地元から何度も何度も要望を受けておりました北海道縦貫自動車道の士別多寄―名寄間、そして横断道の陸別―小利別間の凍結解除についてでございます。  北海道の名寄市の以北から旭川への救急搬送件数がおよそ倍になったことや、二〇〇六年にふるさと銀河線が廃線となり、足寄と北見の間がバスでこれまでの一・四倍の所要時間になったことなどを踏まえて、今鋭意御検討をいただいていると承知をしているところでございます。  防災や減災、強靱化の観点からも、地方の自立の観点からも、道路……

第186回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(2014/04/03、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。北海道の選出、公明党の佐藤英道でございます。  当委員会では初めての質問でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。  今回は、若い世代が安心して就労できる環境等についてをテーマに質問をさせていただきます。  ライフスタイルの多様化や少子高齢化により、若者の働き方や暮らし方が変化しております。非正規労働者や共稼ぎ世帯がふえた今、若者が本来望んでいるワーク・ライフ・バランス、いわゆる仕事と生活の調和も崩れていると言われております。  価値観の多様化が進んだ現代では、子どものいない共稼ぎ世帯や単身世帯などがふえており、例えば、正社員の夫と専業主婦の妻そし……

第186回国会 青少年問題に関する特別委員会 第6号(2014/06/10、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  青少年問題について、何点かお伺いをさせていただきます。  まず一点目、居所不明児童問題、居どころが不明な児童にかかわる問題であります。  昨今、我が国の重要課題の一つとして、人口の急減への対応が上がっております。今後官民一体となって取り組む課題ではあると思いますけれども、国が出生率の向上を目指す一方で、子どもが事件や事故によって命を落としているという現実は、極めて残念なことでございます。  学校基本調査によれば、居所不明児童が平成二十五年で全国で七百五人と報告をされました。このたび、厚木市においても大変に痛ましい事件が発生していたことが判明し……

第187回国会 農林水産委員会 第1号(2014/10/14、46期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 このたび、農林水産大臣政務官を拝命いたしました佐藤英道でございます。  西川大臣のもとで、あべ副大臣、小泉副大臣そして中川政務官と一体となって、我が国の農林水産業発展のために全力を尽くす覚悟でございます。  委員長を初め、御出席の委員各位の御指導を切にお願い申し上げたいと思います。  大変にお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 地方創生に関する特別委員会 第6号(2015/05/19、47期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 農地の市街化区域編入の際に、農振農用地の代替地を要求することはないかという御指摘でございましたけれども、都市計画法によりまして、都道府県が都市計画を変更して市街化区域に土地を編入することについては、国土交通大臣が同意しようとするときには、あらかじめ農林水産大臣に協議をすることになっているところであります。この場合、農林水産大臣は、地域において実施している土地改良事業等の関係など、農林漁業に及ぼす影響等について検討し、意見を述べることになっております。その際、農用地区域内の農地を市街化区域に編入する場合に、編入面積に見合う農用地区域内農地を代替地として求めることはしておりません……

第189回国会 農林水産委員会 第1号(2015/03/10、47期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 引き続き、農林水産大臣政務官を務めさせていただくことになりました佐藤英道でございます。  林大臣のもとで、あべ副大臣、小泉副大臣、そして中川政務官とともに、我が国の農林水産業の発展のために引き続き全力を尽くしてまいります。  委員長を初め、御出席の委員各位の御指導を切にお願い申し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

第189回国会 農林水産委員会 第9号(2015/05/14、47期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 まず、地方参事官、福島県にかかわってのお話もございました。  これは、国が施策を推進する上でのカウンターパートナーとなる県庁や農業団体と幹部レベルで密に連携し、各地域の課題解決に向け調整を行う必要があるために、県庁所在地に配置をしようとしているものでございます。  しかしながら、委員の地元であります、原子力災害の被災地である福島県につきましては、その復興は最重要な課題でありますことから、県庁所在地以外のいわき市等におきましても、当面の間、活動拠点を置いて、震災復興や風評の被害対策に関する相談に対応をするとともに、福島市とともに地域センターを設置していたいわき市にも地方参事官を……

第189回国会 農林水産委員会 第21号(2015/09/02、47期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 委員御指摘のとおり、今回の統合におきましては、相乗効果を発揮するとともに、組織の規模が大きくなることなどによる弊害が生じないようにすることは極めて重要であると考えております。  このため、現在、関係法人におきまして、縦割りの防止や機動的な法人運営の確保のために、一点目として、主務大臣が示す目標の達成に向けた組織や研究分野の横断的な研究推進体制の構築、二つ目に、理事長のリーダーシップのもと、各役員の所掌と責任の明確化、役職員間の不断の情報共有等によりまして、これまで以上に迅速かつ的確な意思決定の業務の遂行を可能とする管理連絡体制の構築が検討されているところでございます。  こう……

第189回国会 農林水産委員会 第24号(2015/12/10、47期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 引き続き農林水産大臣政務官を務めさせていただくことになりました佐藤英道でございます。  森山大臣のもと、伊東副大臣、齋藤副大臣、そして加藤政務官と一体となって、我が国の農林水産業発展のために身を粉にして働いてまいる決意でございます。  江藤委員長を初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻、よろしくお願いいたします。(拍手)

第190回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2016/04/26、47期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 委員御指摘のとおり、本年一月一日から、ロシア水域におけるサケ・マス流し網漁が禁止をされたところでございます。そうした中、北海道等からの要請に沿いまして、平成二十七年度補正予算等により緊急対策を講じたところでございます。  この緊急対策におきましては、我が国二百海里水域、公海における代替漁業への転換支援等の漁業者対策、さらに種苗生産施設等の整備、そしてサケ・マス加工原料緊急対策等に必要な経費として平成二十七年度補正予算に百億円を計上するとともに、減船対策として既存基金による救済費交付金の交付を行うこととしておりまして、スピード感を持って対策を進めていきたいと思っております。

第190回国会 国土交通委員会 第13号(2016/05/11、47期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 瀬戸内海で行われておりますこませ網漁につきましては、県知事の許可漁業でありますことから、許可隻数が多い香川県及び岡山県に、夜間操業が認められている漁船隻数を確認いたしましたところ、平成二十七年におきましては、香川県の延べ許可隻数百三十九隻のうち、四十三隻であります。また、岡山県の延べ許可隻数七十二隻のうち、三十七隻となっております。
【次の発言】 これら夜間操業が認められている漁船のうちAISを搭載しているものは、香川県では全ての漁船が搭載している状況にあります。
【次の発言】 岡山県は、ちょっと今のところ数字がまだ把握できておりません。わかり次第、御報告をさせていただきたい……

第192回国会 国土交通委員会 第2号(2016/10/19、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  去る十月十四日、大臣の所信を伺いました。国民の命と財産を守り、国民の生活と我が国経済の基盤を支える重要な所管を持つ国土交通省であることを踏まえまして、以下、質問をさせていただきます。  初めに、防災・減災の観点からお伺いをさせていただきます。  ことしの四月に震度七の熊本地震が発生いたしました。八月には台風が相次ぎ、いずれも全国に甚大な被害をもたらしました。私の地元北海道におきましても、過去最大級の水害となり、大切な人命も奪われました。ここで改めて、お亡くなりになられた方々に、そして家族の方々に衷心より哀悼の意を表しますと……

第192回国会 国土交通委員会 第5号(2016/11/16、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道です。  初めに、観光による地方創生について伺います。  日本を訪れる外国人観光客がついに二千万人を突破いたしました。大臣は、今月一日の会見で、地方の観光資源の魅力を磨き上げ、空港や港湾のインフラ整備など、これまで以上にスピード感を持って進める必要があると決意をあらわされました。  大臣の言われるとおり、二〇二〇年に四千万人、二〇三〇年には六千万人へと訪日外国人観光客を伸ばしていくためには、現在のように東京や名古屋、京都、大阪といったゴールデンルートに集中しがちな観光客の流れを、ほかの道都や県都、さらに道都、県都から道内、県内の地方の観光地……

第192回国会 災害対策特別委員会 第4号(2016/11/24、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  きょうは、四人の先生方、貴重な御意見を本当にありがとうございました。  私は今、北海道に住んでいるのでありますけれども、出身は東北でございまして、あの東日本大震災で一千人以上の方がお亡くなりになった、また行方不明の方がいらっしゃる宮城県の名取市でございます。  きょうは本当に、岩泉の伊達町長、また南富良野の池部町長の被災地の生のお話を伺って、大変に胸に迫る思いがありました。きょうは、ぜひとも応援団の一人として、幾つかお伺いをさせていただきたいと思っております。  最初に、伊達町長におかれましては、お話の冒頭、岩泉乳業のお話……

第193回国会 国土交通委員会 第2号(2017/03/03、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  まず、自動運転についてお伺いをさせていただきます。  過日、石井大臣は所信表明におきまして、自動車の自動運転について、昨年設置された国土交通省自動運転戦略本部におきまして必要なルールの整備や中山間地域の道の駅などを拠点としたシステムの実証を推進すると表明をされました。  私の住む北海道の農山漁村では、集落が超広域エリアに散在し、生活利便施設などが遠い環境にある中で、人口減少や運転確保が困難などの理由によって、地域の路線バスの維持が困難となる状況が見受けられ、高齢者などの交通弱者にとって、町中と自宅を結ぶ生活にとって必要不可……

第193回国会 国土交通委員会 第7号(2017/04/07、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  安全で安心な住まいの提供は住宅政策の柱であると考えております。住宅セーフティーネットの第一の目的、誰しもが経済的に困窮した場合でも低廉な家賃で安全な住宅に安心して住めることは、憲法で保障する健康で文化的な最低限の生活を守ることにつながると考えております。  住宅セーフティーネットの第一は公営住宅であると考えるわけでありますけれども、ただ、国の財政が逼迫する中で、セーフティーネットとしての住宅ストック全てを官が抱えていくというのは困難であり、民間の力を活用することも大切であります。このたびの住宅セーフティーネット法の改正案は……

第193回国会 国土交通委員会 第9号(2017/04/14、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道です。  本日は、熊本地震からちょうど一年となります。震度七の揺れに二度も見舞われ、約十九万棟の住宅が被害に遭った未曽有の震災であります。混乱と不安の中から何とか立ち上がり、生活再建を目指す被災者の方々の心労ははかり知れません。  ここで改めて、お亡くなりになった方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、御遺族の皆様、震災により被害をこうむられた皆様に、衷心よりお見舞いを申し上げたいと思います。  石井大臣におかれましても、被災直後にいち早く現地に赴かれるなど、国土交通省を挙げてインフラの整備などに当たってこられました。国道五十七号線や阿蘇大……

第193回国会 国土交通委員会 第12号(2017/04/28、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道です。  去る四月八日付の地元北海道新聞に、「赤字バス路線補助削減へ 国交省 経費の四〇%上限に」という報道がございました。この報道につきまして、私のところにも心配するさまざまな声が寄せられております。  北海道は、今、JR北海道の路線存続問題で、JRや北海道庁、沿線の地元自治体を初め、全ての関係者が、路線の存続とバスなどの代替交通機関も含めたさまざまな議論が重ねられている真っ最中であります。そうした状況で、今回の報道が与えたインパクトは非常に大きいものがございました。  そこでお伺いいたしますが、まず、今回のこの報道の事実関係を伺いたいと……

第193回国会 国土交通委員会 第16号(2017/05/17、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道です。  まず初めに、クルーズ船にかかわる現状と見通しについてお伺いをさせていただきたいと思います。  去る五月八日、私は、公明党の国土交通部会として横浜港を視察してまいりました。御承知のとおり、横浜港は、政府が掲げる二〇二〇年の訪日クルーズ旅客五百万人の達成に向けて、静岡県の清水港や長崎県の佐世保港などとともに、官民一体で開発を進める国際拠点港に選定されております。  私がお伺いしたその日は、大型クルーズ船二隻が同時に停泊しておりまして、周辺はまさに、観光する欧米人の方々で異国情緒あふれる雰囲気でもございました。また、車椅子の高齢者の方か……

第193回国会 国土交通委員会 第17号(2017/05/19、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  通告に従いまして質問させていただきたいと思います。  まず、下水道問題についてお伺いさせていただきます。  日本の汚水処理は全国で九〇%が整っているわけでありますけれども、浄化槽、集落排水とともに、国土交通省は、自治体などと一体となって、下水道の整備を通じて生活衛生の向上に大きく寄与してきたと思います。  ただ、急激にふえているゲリラ豪雨などの水害は、特に東京などでは、河川の破堤や溢水といった外水によるものは三割、全体の七割は内水氾濫が直接的な原因でありまして、下水道の重要性は高まっていると思います。  下水道の総延長四十……

第193回国会 国土交通委員会 第21号(2017/05/30、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  参考人の先生方、本日は、貴重な御意見、大変ありがとうございました。  この法案を審議するに当たりまして、私自身も、公明党の国土交通部会といたしまして、いわゆる国家戦略特区の東京都大田区の現状について、民泊を視察してまいりました。関係者の方々にさまざまな御意見や御感想を伺ってきたところでございます。  視察前には若干懸念していたこともございましたけれども、安全や衛生面の問題や近隣トラブル等が生じていないということも伺いましたし、また、適正に管理がなされれば問題は生じないということも確認をしたところでございます。  また、大田……

第193回国会 国土交通委員会 第23号(2017/06/07、47期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  去る五月二十九日、衆議院の国土交通委員会の理事として、福岡県の博多駅前道路陥没現場の調査並びに国際物流・交流拠点としての博多港の機能の調査について視察に伺ってまいりましたので、その視察を踏まえて幾つか質問させていただきたいと思います。  まずもって、今国会の港湾法の改正を受けまして、今後は全国にクルーズの受け入れ拠点をふやしていくべきであると実感したところでございますが、クルーズ拠点の整備については、博多港のクルーズ船の対応を視察したところ、この港は、係船に必要な部分だけを島のように沖合に設置して、その結果、岸壁より長い船……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 農林水産委員会 第2号(2017/11/29、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  選挙区は、農林水産業が基幹産業であります北海道でございます。また、出身は、今ほど御質問されました木村先生や上杉先生と同じみちのく、東北でございまして、米どころの宮城県でございます。どうか、委員の皆様、よろしくお願いをしたいと思います。  また、齋藤大臣、また礒崎副大臣、野中政務官、御就任おめでとうございます。どうぞよろしくお願いを申し上げたいと思います。  早速、質問に移ってまいりたいと思います。  まず、北朝鮮のミサイルへの対応でございます。  本日未明、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、我が国の日本海側、青森県沖のEEZに着弾したとのこと……

第195回国会 農林水産委員会 第4号(2017/12/05、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  早速質問に入らせていただきたいと思います。  まず、地方競馬の振興策についてお伺いをさせていただきたいと思います。  地方競馬の収益は、主催自治体が行う畜産振興を初め、社会福祉や医療、教育、文化、スポーツ、災害からの復旧復興などにも使われることになっております。のみならず、地方競馬を開催していない自治体も対象となる地方公共団体金融機構の貸付金金利引き下げの財源としても使われているわけであります。また、地方競馬全国協会を通じて、広く馬の改良増殖や畜産振興のためにも用いられていることから、地方競馬は、その主催の有無にかかわらず……

第195回国会 農林水産委員会 第6号(2017/12/12、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  きょうは、通告に従いまして、畜産物の価格について、また、食品流通構造改革について、日・EU・EPA対策について、随時伺ってまいりたいと思います。  まず最初に、食品流通構造改革についてお伺いをさせていただきたいと思います。  去る十二月の八日に発表された農林水産業・地域の活力創造プラン、私も読ませていただきました。その中で、特に卸売市場を含む食品流通構造改革について、タイトルも特出しされておりましたが、明記をされていたところでございます。  この問題についてお伺いをしてまいりたいと思いますけれども、我が党としてもこの問題に……

第196回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2018/07/09、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  私の方からは、北方領土問題についてお伺いをさせていただきたいと思います。  さて、本年五月二十五日から二十六日にかけまして、安倍総理はロシアのモスクワとサンクトペテルブルクを訪問されまして、プーチン大統領との首脳会談に臨まれたわけでございます。会談は、合計で約二時間四十五分。日ロの経済協力や朝鮮半島情勢などのほかに、日ロ間の最大の懸案である北方領土問題についても意見を交わされたと報じられているところでございます。  今回で二十一度目の日ロ首脳会談となったわけでありますけれども、今回の会談による成果について、特に期待の集まる日ロの共同経済活動の……

第196回国会 農林水産委員会 第2号(2018/03/15、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  ことしの冬は、大寒波の影響で、全国で豪雪被害が続出をいたしているところであります。また、大変に残念なことに、とうとい命を落とされた方々もいらっしゃいます。衷心よりお悔やみを申し上げますとともに、けがをなされた方、また、住居に被害をこうむった方々、また、農業を始め生業に大きな被害をこうむられた方々、皆様方に心よりお見舞いを申し上げたいと思います。  初めに、本年の豪雪による農林水産業への甚大な被害についてお伺いさせていただきたいと思います。  平成二十五年度、例年は降雪や積雪の少ない関東地方、さらに甲信地方等に大規模な大雪が……

第196回国会 農林水産委員会 第5号(2018/03/28、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  去る三月十五日、大臣の所信表明に対する質疑におきまして、今冬の豪雪災害対策について御要望させていただいたところでございます。大臣御答弁のとおり、経営体育成支援事業を決定いたしていただいたところでございます。  それを受けまして、去る三月二十四日、私は、ハウス被害の大きかった北海道の新ひだか町を訪問しまして、JAの日胆管内の組合長の方々と懇談をいたしまして、今回の支援事業について御説明をするとともに、御意見を伺ってきたところでございます。また、被災した新規就農者の方々とも懇談させていただきましたけれども、今回の支援策について……

第196回国会 農林水産委員会 第6号(2018/04/04、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  初めに、農林水産業における外国人技能実習制度についてお伺いをさせていただき、本法案の質問に移りたいと思います。  今週の四月二日、私は北海道の平取町にありますびらとり農協を訪問してまいりました。そこで、外国人の技能実習制度についてさまざまな御意見を伺ってきたところでございます。びらとり農協は、「ニシパの恋人」で有名なトマトの名産地でもございまして、いち早く六次化にも取り組み、トマトジュースを中心とした加工品も全国的に流通をしているところでございます。  このびらとり農協では、平成十五年以来、中国人の技能実習生の受入れを始めて、ことしで十五年目……

第196回国会 農林水産委員会 第9号(2018/04/12、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  本日は、前田参考人、尾崎参考人、青木参考人、泉参考人、貴重な御意見また御提言、ありがとうございました。  それでは、早速質問に移らせていただきたいと思います。  まず、尾崎参考人、尾崎高知県知事にお伺いをさせていただきたいと思います。  農水の政務官をやらせていただいた二〇一六年の二月の十一日、貴県をお伺いさせていただきました。おおとよ製材さん、また、雲の上のホテル、雲の上のギャラリー、また、檮原町の森林組合、檮原町の総合庁舎なども見せていただきまして、特に森林組合につきましては知事も一緒に視察にも同行していただきまして、……

第196回国会 農林水産委員会 第11号(2018/04/18、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  初めに、漂流漁船対策について伺いたいと思います。  昨年来、北海道を始め北日本の沿岸に北朝鮮からの漂着船が多数発見され、中には上陸し窃盗を働く者が出るなど、地域住民は大変に不安を抱えながらの生活を余儀なくされております。中には、漁船を装った不審船が覚醒剤や密輸品などを運んだ事例もあり、決して漁船だからと甘く見てよい存在だとは思いません。  農水省は今年度、二隻の監視船の新造を決定しておりますが、今後、海上保安庁などとの協力による警戒監視体制の強化は、我が国の主権と国民の安全を守る上で必要不可欠であると考えます。  昨年、海……

第196回国会 農林水産委員会 第13号(2018/05/10、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  初めに、農作物、畜産物と物流輸送についてお伺いをさせていただきたいと思います。  私の地元北海道は、全国の食を支える農畜の一大生産地でもございます。実際、北海道で生産される農作物、畜産物全体の七割が、本州はもとより全国各地、九州にまでも輸送をされているところでございます。その量は、実に一日当たり約一万トンでございます。  北海道が食料基地として全国の食、命ともいうべきでありますけれども、命をつないでいるとすれば、物流網は命綱であるとも私は思っております。この命綱が切れてしまうと、本州以南については北海道からの食料が途切れる……

第196回国会 農林水産委員会 第14号(2018/05/15、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  土地改良法の一部を改正する法律案について、随時お伺いをしてまいりたいと思います。  私が住んでおります北海道のお米は、現在では、ゆめぴりか、ななつぼし、ふっくりんこの三銘柄が特A品種として有名になるなど、主食用銘柄の主要産地となっておりますけれども、これもひとえに、土地改良事業により、水田の大区画化、かんがい施設や排水施設など生産基盤をしっかりと整備したおかげであると考えております。  土地改良区は、土地改良事業を実施することを目的に設立された公共的な法人でございますけれども、北海道では、現在七十三の土地改良区が存在してお……

第196回国会 農林水産委員会 第16号(2018/05/23、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  四人の参考人の先生方、貴重な御意見、大変にありがとうございました。  御提言を踏まえまして幾つかお伺いをさせていただきたいと思いますけれども、まず、四人の参考人の方にお伺いしたいと思います。  卸売市場法が制定された昭和四十年代と比較いたしますと、現在、食品流通を取り巻く環境はやはり大きく変化をしてきたと思っております。  そこで、まず一点目は、情勢の変化でありますけれども、卸売市場法制定当時と今とを比較して、産地とか消費はどのように変化してきているのか、どのように認識されているのかがまず一点。  それからもう一点は、卸売市場の役割であります……

第196回国会 農林水産委員会 第17号(2018/05/24、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  昨日は、当委員会におきまして、四人の参考人の方々に、卸売市場法の改正案などにつきまして、貴重な御意見をいただきました。  きょうは、四人の参考人の方々の御意見も踏まえまして、幾つか確認をさせていただきたいと思います。  申すまでもなく、農業、漁業は自然相手の仕事でありまして、常に同じ品質、同じ量を出荷することは相当困難であります。青果や果実、花卉、鮮魚といった生鮮食品は、天候などの自然環境の細かな動きによって大きな変動を余儀なくされることから、農家の所得や食料供給、そして農水産物の価格は容易に安定しないわけであります。  ……

第196回国会 農林水産委員会 第21号(2018/06/07、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  初めに、経済財政運営と改革の基本方針二〇一八、いわゆる骨太の方針についてお伺いをしてまいりたいと思います。  我が国の農林水産業を取り巻く大変に厳しい環境のもとで、農林水産省は、齋藤大臣を中心に、攻めの農業を掲げて、農業の成長産業化に懸命に取り組んでおられていると思います。  同時に、食料安全保障への取組、具体的には、日本の農を守り、農家の皆さんに安心して生産していただける環境づくりが極めて重要であります。  過去には、EPAやFTAなど自由貿易協定は、我が国農林水産業への犠牲とセットで考えられがちでありましたけれども、し……

第196回国会 農林水産委員会 第22号(2018/06/19、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  法案に対する質疑の前に、昨日大阪府北部で起きました地震によって犠牲になられた方々に対しまして心から御冥福を申し上げますとともに、被災された方々に対しまして心からお見舞いを申し上げたいと思います。  さて、私自身、札幌市というところに住んでおりまして、都市農地が果たしている多様な機能の重要性も強く感じているところでもございます。そうした農地を維持し続ける農家の方々の御努力に少しでもお役に立ちたいという思いもございます。  そうした中、都市農業は、四年後に大きなターニングポイントを迎えます。いわゆる二〇二二年問題でありますけれども、私自身、農林水……

第196回国会 予算委員会 第13号(2018/02/19、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  冒頭、今月三日から、記録的な豪雪によってお亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、御遺族の方々、またけがをされた方々、また、さまざまな形で甚大な被害をこうむっておられる方々に心からお見舞いを申し上げたいと思います。引き続き厳しい積雪に見舞われている地域があり、今後、さらなる注意をお願い申し上げたいと思います。  また、特に先週末には、豪雪被害の自治体から国土交通省に対して、除雪に関する支援等に関する要請が寄せられました。現地調査を迅速に進め、助成を早期決定するなど、一日も早い復旧に政府を挙げて一層の取……

第197回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2018/12/03、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  北方領土問題の早期解決と日ロ平和条約の早期締結に向けて、随時質問を行ってまいりたいと思います。  去る十一月十四日、シンガポールで、二十三回目となる日ロ首脳会談が行われたわけであります。安倍総理は、日ロ平和条約の締結について、一九五六年日ソ共同宣言を基礎として平和条約の交渉を加速させることでプーチン大統領と合意したと語りまして、七十年余りに及ぶ両国の領土交渉と平和条約の問題解決への決意を述べられたわけであります。  引き続き、日本時間の十二月二日未明、前回から二週間という大変短いスパンでありましたけれども、訪問先のアルゼン……

第197回国会 議院運営委員会 第6号(2018/11/14、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道です。  早速、岡村肇検査官候補者にお伺いをさせていただきたいと思います。  候補者は、御略歴等から見ても、当然、会計検査実務にはお詳しいとは思いますけれども、改めて、会計検査院の役割、使命をどのようなものと認識されていらっしゃるのか。また、現在の課題はどこにあるとお考えなのか。さらにまた、検査官に任命されたら今後どのようなことを意識しながら取り組んでいこうとされているのか、まず抱負を伺いたいと思います。
【次の発言】 毎年、会計検査院は多くのことを指摘されておりますけれども、これは見方を変えれば、会計検査院の指摘を受けた問題が各府省にしっ……

第198回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2019/04/24、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  初めに、日ロ平和条約交渉についてお伺いをさせていただきたいと思います。  昨年十二月の当委員会でも、二十五回目となりましたことし一月の首脳会談について、大臣の見解と所見をお伺いをさせていただきました。当時は、いよいよ平和条約の締結へ何らかの具体的な進捗が見られるのではないか、そうしたやはり期待が大きく膨らんでおりました。  しかし、最近の報道を見る限りでは、ことしに入ってからロシア側からは、かたくなとも言える発言が相次いでいるようにも見えます。こうした状況に元島民の方々も、新聞などの報道に落胆のコメントを寄せていらっしゃるのも事実であります。……

第198回国会 議院運営委員会 第25号(2019/05/23、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  検査官の田中弥生候補者に何点か質問させていただきたいと思います。  まず、会計検査院の役割、使命をどのように認識をされているのか。また、現状の課題をどのように捉えていらっしゃるのか。また、検査官は三人で相互に補完しながら会計検査院をリードしていくことが重要と考えておりますが、既に任命されている二人の検査官が、お一人は実務経験豊富な公認会計士の検査官、さらには検査実務全般を熟知した会計検査院の事務総局出身の検査官という体制の中で、候補者はどのような役割を果たしていこうとされているのか、抱負を伺いたいと思います。

第200回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2019/11/27、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  冒頭、去る十月三十一日未明に、我が国が誇る世界遺産であり、沖縄県民の方々のアイデンティティーでもある首里城におきまして、大規模な火災が発生いたしました。正殿始め主要七棟、四百点にも及ぶ貴重な収蔵品を焼失するなど、まことに痛ましい惨事に見舞われました。首里城関係者の皆様、沖縄県民の皆様に対し、心からのお見舞いを申し上げたいと思います。  私自身、沖縄北方特別委員会の理事の一人として何ができるのかを真剣に考え、早期再建に向けて全力で協力をしてまいる決意であります。  十月三十一日未明の火災発生以降、消火活動から始まり、再建に向けてのさまざまな取組……

第201回国会 議院運営委員会 第14号(2020/03/25、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  私の方からも、人事官候補者でございます古屋浩明参考人に何点かお尋ねしたいと思っております。  まず、私の方からも、新型コロナウイルスへの対応についてお伺いしたいと思います。  新型コロナウイルス感染症への対応に当たっては、政府の対応に支障を来さないよう、国家公務員の方々の感染防止対策も徹底していくべきと考えておりますけれども、現在の取組についてはどのような御認識でいらっしゃるのか、まずお伺いします。
【次の発言】 次に、高齢期の働き方について伺います。  少子高齢化が進展する中で、労働力の人口を確保しながら社会全体の活力を……

第201回国会 議院運営委員会 第18号(2020/04/07、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道です。  初めに、新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、闘病中の方々の一日も早い御回復をお祈り申し上げます。  ただいま総理から御報告があったとおり、大都市圏を中心とした感染拡大の状況を踏まえれば、緊急事態宣言は必要なものと考えます。  時間が限られています。四点まとめてお尋ねします。  第一に、宣言によって国民の生活はどう変わるのか。国民は大変に不安に思っています。緊急事態宣言によって対象区域とされた一都一府五県の住民の皆様に何を期待するのでしょうか。対象都府県の住民の方だけではなく、自粛期間中に全ての国民が安心……


各種会議発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 予算委員会公聴会 第1号(2013/04/11、46期、公明党)

○佐藤(英)委員 公明党の佐藤英道でございます。  きょうは、御多忙の中、貴重な御意見を本当にありがとうございました。  まず初めに、全国労働組合総連合の小田川事務局長にお伺いをさせていただきたいと思います。  本年度の予算案に対して、私はもっと厳しい御意見をいただけるのかなと思っておりましたけれども、さまざまな御意見もありましたけれども、賛同できるものもあるというお話が冒頭ございました。賛同できるものについては、どういったところを御賛同できるのか、まずお伺いをさせていただければと思います。
【次の発言】 ありがとうございます。  本当に、組合の皆様方は、働く方々の味方としてさまざまな施策を講……

第183回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2013/04/12、46期、公明党)

○佐藤(英)分科員 公明党の佐藤英道でございます。  予算委員会の分科会での質問は初めてでございます。どうぞよろしくお願いいたします。  今、沖縄の問題でありましたけれども、私は北海道でございます。まず、北方領土問題についてお伺いをさせていただきたいと思います。  二月に森元総理がプーチン大統領と会談をされました。その中身についてはさまざまに報道されているところでありますけれども、日ロ関係の重要性について確認をされ、領土問題についても議論をされたとのことであります。私は、今後の領土問題解決への協議再開、協議進展への期待を大変に強く感じた一人であります。  また、今月十日には岸田外務大臣がラブロ……

第183回国会 予算委員会第七分科会 第2号(2013/04/15、46期、公明党)

○佐藤(英)分科員 公明党の佐藤英道でございます。  これまで北海道議会議員を務めてまいりました、一年生議員であります。茂木大臣には初めての質問でありますので、どうかよろしくお願いをいたします。  自公政権が再スタートしてから三カ月半、株価など経済指標を見る限り、アベノミクスは想定どおりに順調に進んでいると思います。大胆な金融緩和、機動的な財政出動に続く三本目の矢である、民間投資を喚起する成長戦略という観点から、エネルギーと地方、地域経済の活性化に絞って御質問をさせていただきたいと思います。  先月、総理と会談されたジョセフ・スティグリッツ氏は、成長戦略について、長期的な課題に予算を振り向け自……

第186回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2014/02/26、46期、公明党)

○佐藤(英)分科員 北海道選出、公明党の佐藤英道でございます。  去る二月七日、北方領土返還運動全国大会に出席をいたしました。北方領土返還運動は、ことし六十九年目となりましたが、来年、年度でいうと再来年度、七十年。残念なことに七十年も続けなければならなかったということになりますが、一つの節目を迎えることになったわけであります。  当然、元島民の方々も七十年分のお年を召されました。半数の方が亡くなられ、平均七十九歳、御高齢の問題は、すなわち後継者の問題ともなります。同時に、返還まで返還の運動を継続していく、また、返還後は北方領土問題という残念な歴史があった、その問題を解決するためにこれほど長きに……

第186回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2014/02/26、46期、公明党)

○佐藤(英)分科員 北海道選出、公明党の佐藤英道でございます。  下村大臣初め、文部科学省の皆様方に質問をするのは初めてでございます。どうぞよろしくお願いをいたします。  総理は、第一次政権の百六十五国会の所信表明演説で、教育の目的について、志ある国民を育て、品格ある国家、社会をつくることとされ、吉田松陰が、わずか三年ほどの間に、若い長州藩士に志を持たせる教育を行い、有為な人材を多数輩出し、松下村塾が明治維新胎動の地となった事実を通しまして、家族、地域、国、そして命を大切にする、豊かな人間性と創造性を備えた規律ある人間の育成に向け、教育再生に取り組むと述べられております。  現在、精力的に教育……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 内閣委員会農林水産委員会連合審査会 第2号(2015/12/03、47期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 御指摘のように、私も北海道でございまして、北海道におきまして、生産者の方々、懇談をするたびにさまざまな御意見をいただいております。  確かに、不安の声があることも事実であり、そのこともよく承知をしていることであります。しかし、今伊東副大臣も答弁されたとおり、このたびの国会決議を後ろ盾に交渉し、関税撤廃の例外を確保するとともに、重要五品目を中心に有効な措置を認めさせることができた、交渉結果として大きな結果であったと私も承知をしているところであります。

第189回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2015/03/10、47期、公明党)【政府役職】

○佐藤大臣政務官 委員御指摘のように、強い農業づくり交付金におきましては、産地の競争力強化等を図るために、農業者団体による集出荷貯蔵施設等共同利用施設の整備を支援しているところであります。  現場からは、確かに、引き続き根強い施設整備への要望が寄せられているわけでございますけれども、本交付金におきましては、平成二十七年度要求前倒しとして、平成二十六年度の補正予算において百七十六億円を措置させていただきました。また、二十七年度当初予算におきましては、対前年度予算額と同水準の二百三十一億円を確保させていただきました。  これにより、厳しい財政状況の中ではありましたけれども、平成二十七年度当初と平成……

第193回国会 決算行政監視委員会第三分科会 第1号(2017/04/10、47期、公明党)

○佐藤(英)分科員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  きょうは、六つのテーマでお話をさせていただきたいと思います。  まずは、「世界盆栽大会inさいたま」についてお伺いをさせていただきたいと思います。  いよいよ今月の四月二十七日木曜日から、世界盆栽大会がさいたまスーパーアリーナで開催をされます。世界盆栽大会は今回で八回目の開催、一九八九年の第一回大会の開催以来、二十八年ぶりの日本での開催となりました。今大会は、盆栽発祥の日本で開催されることもありまして、世界じゅうの盆栽関係者や愛好家が多数来場される熱い大会になるのではないかと予想されるところでございます。  会場となりま……

第193回国会 予算委員会第一分科会 第2号(2017/02/23、47期、公明党)

○佐藤(英)分科員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  まず、民族共生象徴空間、百万人が集うこの象徴空間についてお伺いをさせていただきたいと思います。  北海道初であります国立博物館であるアイヌ民族博物館が、二〇二〇年の開館を目指して準備が進められております。あわせて、国立民族共生公園、また慰霊施設も整備されることになっております。  昨年十月には、北海道におきまして、官房長官みずから、大変御多忙の中、地元白老町の方々と直接お会いをしていただき、大変に感謝しておりましたし、本当にありがとうございました。官房長官からは、百万人が訪れる施設を目指そうと御提案をいただいておりまして……

第193回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2017/02/22、47期、公明党)

○佐藤(英)分科員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  きょうは、日ロ共同経済活動並びに我が国の外交方針についてお伺いをさせていただきます。  通告とは逆になりますけれども、初めに、我が国の外交方針についてお伺いをさせていただきたいと思います。  二〇一二年の自公政権の復活から、はや四年が過ぎました。この間、安倍総理のリーダーシップのもと、また岸田外務大臣の精力的な活動のもと、経済成長とともに外交における進展も数多く見られるところでございます。  特に、過日行われました日米首脳会談の評価、世論は七割弱が支持を表明したところでありますけれども、何よりも、米国という同盟国、重要な……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 内閣委員会農林水産委員会連合審査会 第1号(2018/05/18、48期、公明党)

○佐藤(英)委員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  私は、農林水産委員会に所属をしております。また、日本の一大食料基地でもございます北海道選出の議員でもございますので、このたびの審査におきましては、日本の農林水産業を守り抜くために、そういう観点に絞って質問をさせていただきたいと思います。  まず、このTPP11につきましては、報道されているとおり、既にタイが参加を表明をしております。さらに、韓国、インドネシア、コロンビア、台湾、英国など、多くの国と地域が関心を抱いているようでございます。日本がリーダーシップを持って取りまとめた国際的な経済連携協定に新たな参加国がふえていくこ……

第196回国会 予算委員会第四分科会 第1号(2018/02/23、48期、公明党)

○佐藤(英)分科員 公明党の佐藤英道でございます。  林文部科学大臣におかれましては、当時、農林水産大臣時代に私も政務官として一緒に仕事をさせていただきました。大変に貴重な御指導をいただき、大変に感謝をしているところでございます。  当時は農林水産省でございまして、農業はまさに国の基であるというお話がございましたけれども、やはり教育も国の基であると私も思っております。大臣はミュージシャンでもございますので、本当に文化行政始め文部科学行政に対しても非常に御見識があると思っております。ぜひとも御答弁のほどよろしくお願いを申し上げたいと思います。  まず初めに、今まさに韓国で開催中の平昌オリンピック……

第198回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2019/02/27、48期、公明党)

○佐藤(英)分科員 公明党の佐藤英道でございます。  私の方からは、厚生労働省にかかわる案件について幾つかお話をさせていただきたいと思います。  まず、先週木曜日、二月の二十一日木曜日、夜二十一時二十二分でありますけれども、北海道の胆振中東部におきまして震度六の地震が発生をしたところでございます。  今回の地震は、昨年九月六日の胆振東部地震と関連する地震であるとも言われているところでございます。胆振東部地震からの復旧復興に向けて、連日、地元の方々を中心に多くの努力が進められているさなかでありまして、そのやさきの地震でありまして、現地にお伺いしたときにも、皆様方、またかという思いでいらっしゃって……

第198回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2019/02/27、48期、公明党)

○佐藤(英)分科員 公明党の佐藤英道でございます。  先週木曜日、二月の二十一日でありますけれども、夜の二十一時二十二分、北海道の胆振中東部で震度六弱の地震が発生をいたしました。  昨年九月六日の胆振東部地震と関連する地震であると考えますが、あの地震でお亡くなりになられた方々に改めて心から哀悼の意を表しますとともに、御家族、また、けがをされた方々、また、現在も避難生活を余儀なくされておられる皆様方に、改めてお見舞いを申し上げたいと思います。  さて、昨年九月の胆振東部地震におきましては、石井国土交通大臣、陣頭指揮で、それこそ、TEC―FORCEの方々、リエゾンを始め多くの国土交通省の職員の皆様……

第198回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2019/02/27、48期、公明党)

○佐藤(英)分科員 おはようございます。公明党の佐藤英道でございます。  吉川農林水産大臣の御地元、私も北海道でございますので、北海道の問題を中心に、豚コレラ対策など、喫緊の農業問題についてお話をさせていただきたいと思っております。  まず、吉川大臣に対しては初めての質問の機会を頂戴したところでございます。地元でございますので、まずは、吉川大臣、農林水産大臣に御就任をされましたこと、私も北海道の一人として心からお祝いを申し上げた上で、質問に入らせていただきたいと存じます。  まずは何といっても、北海道、昨年九月の六日、北海道胆振東部地震が発生をいたしました。また、先週の木曜日、二月二十一日には……

第201回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第1号(2020/04/06、48期、公明党)

○佐藤(英)分科員 公明党の佐藤英道でございます。  大臣におかれましては、どうぞ、結構でございます。
【次の発言】 きょう私の方からは、新型コロナウイルス感染症拡大による影響並びに対策についてお伺いをしてまいりたいと思っております。  特に北海道は、観光産業がそれこそ基幹産業の大きな一つであります。そうした中で、週末は北海道の観光地、特に温泉地等々をお伺いして実態を伺ってまいりました。札幌の定山渓温泉、函館の湯の川温泉、釧路市の阿寒湖温泉、登別市の登別温泉、洞爺湖町の洞爺湖温泉、昨日も洞爺湖町の洞爺湖温泉を伺ってきたところでありますけれども、それ以外にも、小樽や苫小牧、根室や石狩、知内町、中……

第201回国会 予算委員会第一分科会 第1号(2020/02/25、48期、公明党)

○佐藤(英)分科員 公明党の佐藤英道でございます。  本日は、国会所管について質問を随時させていただきたいと思います。  私は、一昨年の十月から一年半近く議院運営委員会理事を務めておりまして、国会運営全般にかかわらせていただいております。その中で、事務総長を始め、衆議院事務局や法制局の幹部の皆様方とかかわりを持ってまいりました。  それまでは、委員部や調査室等の職員の方々と個別のおつき合いはあったわけでありますけれども、議運の理事になりまして、議運で国会の予算について決定することもあり、衆議院の事務局や法制局の組織全般について関心を持つようになってまいりました。  一度、事務局や法制局の各部署……

第201回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2020/02/25、48期、公明党)

○佐藤(英)分科員 公明党の佐藤英道でございます。  赤羽大臣におかれましては、どうぞ席を外されて結構でございます。
【次の発言】 私の方からは、まず、新型コロナウイルスによる肺炎など感染症拡大による、観光業など、国土交通省の関係機関にかかわる対策などについて、影響などについてお話を伺ってまいりたいと思います。  去る二月一日、私は、札幌市内の定山渓温泉を訪れまして、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が観光業に与える影響について調査をしてまいりました。定山渓温泉旅館組合によりますと、あるホテルにおきましては、中国人観光客の宿泊予約のキャンセルが、この先、二月、三月の二カ月間で五、六千人にも……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

佐藤英道[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書