国会議員白書トップ衆議院議員浜地雅一>委員会発言一覧(全期間)

浜地雅一 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

浜地雅一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは浜地雅一衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 浜地雅一 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2013/04/11、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。私も鬼木先生と同じ福岡に住んでおりまして、九州比例単独の公明党の議員でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  私は、前職は弁護士をしておりまして、実際、事務所を開いて、九州の場所でいわゆる消費者の保護及び企業側の顧問業務ということで、やはり消費者保護ということも一生懸命やってきたわけでございますけれども、大臣にお聞きしたいのが、前回の大臣の所信の中でこのような言葉がございました。真に消費者目線に立った行政を推進し、主体的に自立した消費者を育成する各般の施策を推進していきたいというようなお言葉がございました。  この中で大臣……

第183回国会 消費者問題に関する特別委員会 第7号(2013/05/23、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょうはさまざまな質問をさせていただきたいと思います。  まず、ケネディ大統領がおりますけれども、我々は皆消費者であるという言葉を残しております。我々公明党も、生活者の目線に立った政治というものをこれまで一貫して行ってまいりました。ですので、消費者行政というのは非常に我が党としても力を入れてきた分野でございます。  しかし、反面、難しいのはバランスだろうと思っております。悪質な業者をこの市場から退出させる、そのためには規制をする。しかし、やはり規制をすることになりますと健全な事業者まで過度な負担が起きてしまうというところで、やは……

第183回国会 消費者問題に関する特別委員会 第10号(2013/06/13、46期、公明党)

○浜地委員 皆様おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、与党側で質問に立たせていただくのは私のみでございますので、しっかりとやらせていただきたいと思います。  この法案は、これまで被害が少額で、または、例えば高齢者の方で、被害回復をやるのは煩雑である、また、そこまでやらなくていいんじゃないかと泣き寝入りをしていました被害者を救うという部分では非常に重要な法案である、そのように私は感じております。特に、初めから被害者を食い物にしようという、いわゆる悪徳業者のような業者は市場から退場させる、そういう部分では非常に重要な法案であるというふうに感じております。  しかし、ただ一……

第183回国会 内閣委員会 第1号(2013/02/14、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。新人でございます。初めて質問させていただきます。よろしくお願いします。  きょう、私、新人でありながら御質問させていただくのは、議員になる前は弁護士でございました。その前が、実は、父とともに中小企業を経営しておりまして、十年前にその父と経営していた企業が倒産をしたという経験がございます。その後弁護士になって、現在も中小企業の支援に邁進をしておったんですけれども、そういう意味で、きょうは新人でございますが質問させてくださいということで、質問しております。  まずは、今回のこの改正案でございます。先ほどから六十四条の金融機関との連携ということで、機構及び金……

第183回国会 内閣委員会 第4号(2013/03/27、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  前回も私、自己紹介をさせていただきました新人でございます。この法案は、以前の国会におきまして、先輩の議員の皆様方が練りに練り上げられた中、残念ながら廃案となり、その後修正を経まして、今国会に提出されております。したがって、前回の議論を知らない私が質問させていただく機会を賜りまして、大変ありがたく存じております。  私、今回この法案を初めて、前回の法案をわからずに拝見させていただきました。ですから、私がまず思った感想というのは、情報を管理する方の行政の効率化というのはよくわかる、しかし、やはり、一般の管理される側の国……

第183回国会 法務委員会 第12号(2013/05/10、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。一年生議員でございます。  きょうは、私、この法務委員会に出席するのも初めてでございまして、初めて出席した私に質問の機会を許していただきました委員長また委員の皆様、まことにありがとうございます。また、よろしくお願い申し上げます。  先ほどから大きな議論が続いておりましたが、私、少し小さな問題にはなろうかと思うんですが、質問をさせていただきます。  破産手続について少し質問させていただきます。  といいますのは、私は、議員になる前は福岡で弁護士をしておりました。現在も登録はしておるんですけれども、個人の小さい事務所を開いて、いわゆる会社の法務から、または……

第185回国会 国家安全保障に関する特別委員会 第11号(2013/11/12、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地でございます。  私もこの大事な特定秘密保護法案の質疑の機会をいただきまして、皆様方にまず感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。  ただ、そういいましても、十五分しかございませんので、急いでやりたいと思います。  きょうは、皆様のもとに、ある地方紙の社説を配付させていただいております。時間がないので私の方で要旨を申し上げたいと思うんですが、これはある地方紙で、約四十七万部発行されておりますので、結構な市民の方がごらんになっている社説であろうかと思っています。この見出しが、秘密保護法案、「市民が逮捕される日」という、ちょっとセンセーショナルな記事があったものです……

第185回国会 国家安全保障に関する特別委員会 第13号(2013/11/14、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  本委員会におきましては、二度目の質疑となります。  先ほど、午前中の自民党の委員の皆様の質問を聞いておりまして、森大臣から、この十五年間で何と重要な情報が五件も漏れたということをお聞かせいただきました。  私、昨年十二月初当選ですから、これまでは司法の場に身を置いている人間として、やはりこういった防衛の問題、また外交の問題、非常に重要であるということをまたしっかりとこの一年間で認識をさせていただきました。公明党としても、この法案の重要性、必要性というものをしっかりと訴えていかなきゃならないというふうに、改めて決意をさせていただいております。  ただ……

第185回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2013/10/30、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  前回の通常国会に続きまして、今回も、この臨時国会、消費者問題特別委員会に所属をさせていただきました。皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。  前回、通常国会で私も質疑に三十分立っておりまして、この法案というのはほぼ論点が出尽くしたかなという感がありました。しかし、六月に一度質問させていただいて、きょう久々にこの法案の審議ということで眺めてみますと、六月に私が思った以上に、この法案の必要性というものを感じております。また、きょうは参考人の皆様のお話を聞いても、やはり消費者被害というのはなかなか回復困難なんだな、この制度は必要だなということは感じてお……

第185回国会 内閣委員会 第4号(2013/11/13、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  通常国会に続きまして、この臨時国会でも内閣委員会に所属をさせていただきました。皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。  夏の間にも、国内の視察ということで沖縄の方に内閣委員会で行かせていただきまして、大変貴重な経験をさせていただきました。この場をかりまして、皆様に御礼を申し上げます。  私は九州でございます。九州各地を回っておりまして、我が党も政権与党の一員に加わりまして、この一月から、安倍政権のアベノミクスに対して、東京や大企業はいいけれども、九州では、こういった田舎の方ではなかなか経済波及効果がないというような声がよくござ……

第186回国会 議院運営委員会 第33号(2014/06/12、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、四人の参考人の皆様、本当に示唆に富む御意見をいただきまして、ありがとうございました。私、十分ずつ聞いている限りでも非常に勉強になりまして、目からうろこの部分もございまして、本当に勉強させていただきまして、改めて感謝を申し上げます。  先ほど永野参考人の方から、サードパーティールール、人的情報源のお話がありまして、与党案、野党案でも、ここだけに絞るべきか云々がございます。  しかし、私は、一回生議員でございまして、サードパーティールールというものに対する理解を、この審議を通じて少しずつ深めてきた人間でございます。国会の中でも、まだこのサード……

第186回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2014/03/25、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、消費者庁に対する一般質疑ということで、十五分間お時間をいただきました。一般的な質問をしようと思って、準備をしてまいりました。  先日、昨年の国民の消費者被害というものが発表されまして、御存じのとおり、六兆円ということでございました。私、このニュースを聞いたときはたしかちょうど宿舎にいて、ぼうっとNHKのニュースを見ていたときに、ああ、消費者被害の数が出たんだなと思って、ぱっと六兆円と聞いて、直観的に多いなというふうに思いました。  皆さんお感じのとおり、GDPの約一割を超える、五百兆のうちの六兆円ということですから、私……

第186回国会 消費者問題に関する特別委員会 第7号(2014/04/17、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一です。  きょうは、参考人の皆様、本当にありがとうございます。示唆に富むお話をお伺いしまして、本当にたった十五分では短いなというふうに感じております。  私は九州の比例区の選出でございまして、比例だけで選挙区がございますので、正直言いまして、この協議会ができるときに、私が住んでいる福岡という大都市だったり、あとはほかの、福岡以外が田舎とは申しませんが、地方の小さな自治体がございまして、この協議会の体制づくりにやはりいろいろな濃淡が出てくるんじゃないかというふうに心配をしております。  その中で、中山区長にまずお伺いしたいんですけれども、まず、先進……

第186回国会 消費者問題に関する特別委員会 第8号(2014/04/22、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  今回のこの不当景品類及び不当表示防止法等の一部を改正する法律案は、かなり審議は進んできたと思いますけれども、きょう三十分時間をいただきました。まことにありがとうございます。  まず、森大臣は、消費者庁の所管以外の、子育ての件であるとか、または十月の臨時国会の大変な法案もございましたけれども、私も一国会議員として拝見をしておりまして、本当にその御奮闘に心から敬意を表したいと思っております。  余りそれを言うと怒られるんですけれども、そういう審議の場じゃないよというふうに言われるんでございますけれども、先ほども、佐賀まで消費者の被害……

第186回国会 内閣委員会 第10号(2014/04/04、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、参考人の先生方にお集まりいただきまして、基礎研究の分野の方々、そしてその後の臨床研究に携わる方々、そして最後には実用化に携わる方々ということで、まさに各分野に分かれての、またつながってのお話を聞くことができまして、私も先ほど、四十分だったわけでございますけれども、十分ずつお聞きいたしまして、それだけでも非常に理解が深まりまして、本当に改めて感謝を申し上げたいと思います。  まず一問目に、私は、本会議で政府に対してこの法案の質問をさせていただきました。  当初、こちらの法案ができるときは、いわゆる日本版のNIHということ……

第186回国会 内閣委員会 第16号(2014/04/25、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  まず冒頭、甘利大臣、大変にお疲れさまでございます。基本合意には至らなかったということでございますけれども、きょうも、朝、私も、テレビでございますけれども、大臣の記者会見を拝見いたしまして、本当に政治家としての命をかけてのお仕事をされているなというふうに感じまして、本当に敬意を表しながら、また、基本合意には至っておりませんけれども、本来なら、至らないところがまだまだ距離が遠いのか、限りなく近いのか、お聞きしたいところでございますけれども、二十分の時間でございますので、この法案の審査に入りたいと思っております。  まず、今回の地域活……

第186回国会 内閣委員会 第24号(2014/06/18、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。おはようございます。  私も、十五分の時間をいただきまして、このIR法案、質疑をさせていただきたいと思っております。  まず冒頭、我が党は慎重なのかとよく聞かれます。私自身は、大学を卒業して、キャリアのスタートを切ったのは外資系の証券会社でございまして、今でも私の友人は外資系の証券会社、金融におるんですけれども、よく耳にするのが、IR法案、十二月にぶら下がったままだけれどもどうなったの、公明党さんが反対しているんじゃないかというようなことも聞かれるんです。  私個人の意見としましては、やはり、一社で約一兆円規模の投資を用意している、そういった会社もある……

第186回国会 法務委員会 第5号(2014/03/19、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  昨年の法務委員会での一般質疑も時間を頂戴いたしまして、ことしも三十分間時間を頂戴しまして、委員長、また理事の皆様、委員の皆様に感謝を申し上げます。  きょうは、私、夫婦の離婚後の子供との面会交流、または養育費の問題、ひいていいますと、やはり家族全体のあり方というものを題材に質問させていただきたいと思っております。  御存じのとおり、現在、一年間に結婚する、婚姻をするカップルというのが大体年間六十六万三千組と言われておりますけれども、片や離婚するカップル、こちらの方が一年間で二十三万一千組という統計が出ておりまして、これを見て、六……

第186回国会 予算委員会 第4号(2014/02/04、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  公明党を代表しまして、ただいま議題となりました平成二十五年度補正予算案について、賛成の立場から討論をいたしたいと思います。  今年度の補正予算のポイントは、四月からの消費税率引き上げに対応しつつ、景気回復と復興の加速化を進める予算であるということです。  第一に、四月からの消費税率引き上げに対応する予算である点です。  日本経済が着実に回復に向けて動き出している今、消費税引き上げによる景気の腰折れを防ぎつつ経済成長を軌道に乗せていくためには、企業の競争力強化策は欠かせません。  今まで製造業だけが対象であったものづくり補助金の対象を商業やサービス業……

第186回国会 予算委員会 第8号(2014/02/14、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、予算委員会の一般質疑で二十分の時間をいただきました。皆様、本当にありがとうございます。  まず一問目は、若者の就労支援について、田村厚労大臣にお話をお聞きしたいと思っております。  若者の支援を取り上げましたのは、我が公明党は、若干若返りまして、衆参合わせて五十一人の議員がおるんですが、青年委員会といいまして、大体三十代、四十代の前半までの議員が今十五名おります。約三割が青年議員ということで、昨年の夏にも安倍総理の方に若者支援対策ということで提言を申し上げまして、日本再興戦略の方にも一部反映をしていただいております。 ……

第186回国会 予算委員会 第13号(2014/02/24、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。私もちょっと自己紹介をさせていただきたいと思います。  九州・沖縄の比例ブロックの選出の議員でございます。一昨年初当選でございますので、皆様方、お会いした方もいらっしゃいますが、初めての方もいらっしゃるかと思います。きょうは、鹿児島県選出の大先輩の先生方と、また、九州の大先輩の先生方に囲まれまして、若干緊張はしておりますけれども、しっかり皆様に御意見を聞きたいと思っております。  まず、伊藤知事の方にお聞かせいただきたいんです。  奄美の奄振についてなんですが、実は、公明党、奄美のティダ委員会というのがございまして、奄美の各首長さんと定期的に意見交換を……

第187回国会 消費者問題に関する特別委員会 第5号(2014/11/06、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  有村大臣に初めて質問をさせていただきます。  私も、初当選以来、特別委員会はこの消費者問題特別委員会に属しておりまして、約二年、この委員会に属させていただきました。  本当に活発によく動いている委員会だなというのが印象でございまして、昨年では、被害回復のための集団的訴訟、これも非常に画期的であったと思っております。そして、前国会では、この景表法の改正を行い、そのときに、前大臣でございますが、森前大臣も、課徴金制度については個人的な熱い思いもありながら、条文に盛り込まれて、早速、この臨時国会でこの法案がまとまって出てきたということで、消費者庁全体の動……

第187回国会 総務委員会 第2号(2014/10/16、46期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  今国会よりこの総務委員会に所属することになりましたので、皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。  高市大臣の所信についての御質問をいたします。十分しかありませんので、もうあいさつはここではやめます。  大臣の所信を聞いておりまして、地方創生の部分にスポットを当ててお聞きをしておりましたけれども、その中で、いわゆる地方の中枢拠点都市圏、三十万ぐらいの都市、それ以上の都市を予定されていると聞いています。その後、定住自立圏、これは五万ぐらいの都市、その後に、過疎地域などの条件不利地域についても手当てをしていくというような内容でござい……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第5号(2015/05/29、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  持ち時間が二十分でございますので、きょうは、米軍部隊等の武器等防護と、新しく新設されます自衛隊法九十五条の二について、テーマを絞って御質問させていただきたいと思っています。  その前に、先日、この審議に臨むに当たりまして、この法案を審査する我々の責任として、自衛官の方のお話を私は聞いてきました。この中には、実際に海外の任務をされた方もいらっしゃいました。今回の審議に一番望むもの、それを私はお聞きしましたけれども、我々自衛隊の活動がどう国益にかなうのか、これを一番に論じてほしい、そのような彼らの意見でございました。我々は国益にかな……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第16号(2015/07/01、47期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  私に再び質問の時間をいただきまして、与野党の皆様に感謝を申し上げます。ありがとうございます。  きょうは、国会の関与ということをテーマに質問したいと思っております。  我々の北側副代表が、自衛隊の海外派遣についての三つの視点ということで、まずはいわゆる正当性、国会の関与、そして自衛隊の安全確保ということ。この三つの視点としましたうちのやはり一番重要なものは、私は国会の関与であろうと思っております。しっかり民主的コントロールがきくということが重要だろうと思っております。  まず、防衛出動に関する国会承認についてお聞きをいたします。  基本的なこととし……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第18号(2015/07/08、47期、会派情報なし)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  まずは、五名の参考人の皆様方、大変御多忙の中、貴重な御意見をいただきましたことに感謝を申し上げます。  佐伯参考人にお聞きをしたいと思うんですが、特に佐伯参考人は、弁護士の先生が周り三人で、国際政治学者の方が一人という中、本当に、きょうは地方に来て、いわゆる一般の生活といいますか、そういったことをされている方の御意見を中心に聞きたいと思いましたので、佐伯参考人の意見を中心に聞きたいと思っています。  佐伯参考人は、商工会の会長もされておりますが、自衛隊関係の防衛協会の会長もされているというふうに先ほど御紹介がございました。  ですので、自衛隊のリス……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第22号(2015/07/15、47期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  私は、ただいま議題となりました政府提出二法案に対して賛成、野党提出三法案について反対の立場から討論をいたします。  我が国を取り巻く現在の安全保障環境が厳しさを増していること、これは誰の目にも明らかであります。数百発の弾道ミサイルを保有する隣国もあり、また、頻発する地域紛争、テロの脅威から国際社会が一丸となってこれに対処すべき時代となりました。  現在の環境下でどうやったら日本の平和を守れるか、国際社会で紛争が起こらないようにするのか、そのためには抑止力を高めること、これが重要であります。  例えば、現在は日米共同でミサイル防衛システムを構築してお……

第189回国会 総務委員会 第3号(2015/03/05、47期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地でございます。  きょうは、私が最後の質問者でありますので、時間厳守でやりたいと思います。  大臣、大変お疲れのところ、済みません、ちょっと細かい話からさせていただきます。大変申しわけございません。  地方自治体の入札にかかわるといいますか、入札以外の、随意契約の金額の上限についてお話をさせていただきたいと思います。  地方自治体だったら地方議会でやったらどうだと思うんですが、実は、地方自治法に、地方自治体が発注できる随意契約、入札によらない工事の発注の上限額が決められております。御存じのことと思います。地方自治法の二百三十四条にその定めがありまして、実際、この金額とい……

第189回国会 総務委員会 第9号(2015/03/24、47期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  きょう、私が最後の質疑者でございますので、しっかり質問をしていきたいと思います。  まずは、きょう、ようやくといいますか、NHKの審議にこの委員会として入ることができました。公共放送という、やはり日本国民の資産でもありますこのNHKの予算審議、これはもう国会としての本分でございますので、ようやくこの審議に入れたことを我々公明党としても大変評価したいと思っております。しっかりとこの中身について、NHKの予算について話をしていきたいと思っています。  私としましては、まず、報道機関のあり方、これで一番大事なことは、やはり、事実を正確に視聴者に伝えて、視……

第189回国会 総務委員会 第11号(2015/04/16、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  先日行われました統一地方選の前半戦、非常に投票率が低かったということで、きょうは、投票についてのさまざまな質問を、実際に私が今回の統一地方選を応援する中で投票のやり方等々について聞いた声をもとに、質問したいと思います。  御存じのとおり、知事選が四七・一四%、県議選が四五・〇五%、政令指定都市の市議選が四四・二八%という、まさに史上最低の投票率を今回記録いたしました。前回は東北での震災が起こった後での統一地方選であったにもかかわらず、それよりも下回ったということでございます。  まず、高市大臣に、選挙を所管します大臣として、この……

第189回国会 総務委員会 第15号(2015/05/21、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、海外通信・放送・郵便事業支援機構法案の審議に当たりまして、十五分でございますけれども、質問をさせていただきます。  まず、情報通信産業というのは、文字どおり、生産性の高い、非常にもうかる分野でございまして、日本全体としてもなかなか全産業が生産性が低い中、この情報通信部門の海外展開というのは、非常に必要性があろうかと思っております。  しかし、聞くところによりますと、世界の情報通信インフラ市場の現状においては、日本は劣位をしている、なかなかシェアが伸びていないというお話も聞きますが、きょう、前提としまして、世界の情報通信……

第189回国会 総務委員会 第16号(2015/05/26、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  本日も、十五分間の時間をいただきまして、一般質疑をさせていただきます。  きょうは、四月に新聞等でよく報道されました、いわゆるGPSの位置情報の捜査機関への開示ということで、プライバシーが問題になるんじゃないかということでさまざま新聞紙上にうたわれておりました。大体六月ぐらいをめどに研究会の成果が出まして、総務省のガイドラインの見直しが行われるのではないかということを聞いております。  まず、前提としまして、令状等の捜査に対してGPSの情報を出すときに、なぜ総務省がガイドラインで決めているのかというところの確認が必要だと思ってお……

第189回国会 総務委員会 第18号(2015/08/27、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  早速質問に入りたいと思っております。  きょう、私の方は、連携中枢都市等の広域連携の推進状況について確認をし、来年度の予算確保に向けての総務省の現在のお考えを聞きたいと思っております。  私も昨年の臨時国会よりこの総務委員会に所属をいたしまして、当時は、地方創生のキーワード、現在も当然重要なキーワードでございますが、それが本当にセンセーショナルに発表され、さまざまな取り組みが本格化してまいりました。  総務省でも、この地方創生の中で、きょう表で配っておりますが、連携中枢都市圏を構築しよう、また二段目の、定住自立圏を構築しよう、そ……

第189回国会 法務委員会 第29号(2015/07/07、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  刑事訴訟法の改正につきましては、テーマごとにこの法務委員会で質疑が進められているというふうに聞いております。きょうは、証拠開示そして保釈についてというテーマでございまして、このテーマに沿って行わせていただきたいと思っております。  大臣にまずお伺いをいたします。  刑事訴訟法といいますと、対立利益が二つございまして、捜査段階、いわゆる被疑者段階におきましては、被疑者の人権を第一に考えよう、しかし、その反対利益として捜査の必要性があるので、このバランスをとろうというのが刑事手続の大原則でございます。  その後、起訴されて被告人にな……

第189回国会 予算委員会 第13号(2015/03/03、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、外交、安全保障の集中審議でございますので、私は、このテーマに絞ってしっかりした議論をさせていただきたいと思っています。  閣議決定が昨年夏に行われました。現在、自民党と我々公明党で、与党協議ということで、この閣議決定に沿った形で法案化の作業が進められております。  私が聞いたところによりますと、今、方向性を決めている、ですので、特段何か、一つ一つ決まったわけではないということを聞いておりますので、きょうも、総理に対しては、結論的なものを聞くつもりはございません。現在の総理の御認識についてお聞きをしたいと思っています。 ……

第190回国会 安全保障委員会 第2号(2016/02/23、47期、公明党)【政府役職】

○浜地大臣政務官 皆様、おはようございます。外務大臣政務官の浜地雅一でございます。  外務大臣政務官といたしまして、国民の皆様の期待に応えられる外交を推進するため、岸田外務大臣をしっかりと補佐してまいります。そして、我が国の安全と繁栄のための外交政策の推進に全身全霊をかける決意でございます。  左藤委員長を初め理事そして委員各位の皆様方の御支援と御協力を心からお願いを申し上げます。  ありがとうございます。

第190回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2016/03/31、47期、公明党)【政府役職】

○浜地大臣政務官 皆様、おはようございます。外務大臣政務官を拝命しております浜地雅一でございます。  外務大臣政務官としての責任を全うし、岸田外務大臣を補佐し、そして沖縄政策、北方問題の解決に向け、全身全霊をかけ取り組む決意でございます。  渡辺委員長を初め理事、委員の皆様方の御支援と御協力、何とぞお願い申し上げます。  ありがとうございます。(拍手)

第190回国会 外務委員会 第2号(2016/03/09、47期、公明党)【政府役職】

○浜地大臣政務官 皆様、おはようございます。外務大臣政務官を拝命いたしました浜地雅一でございます。  先日の御挨拶の機会をいただきましたが、公務のため欠席をさせていただきました。本日、改めて御挨拶をさせていただきます。まずは、皆様方の御理解に感謝を申し上げます。  本年は、日本外交にとり、勝負の年でございます。御存じのとおり、議長国としてのG7伊勢志摩サミット、また日中韓サミットの主催、そして日本が主導しますTICADの初のアフリカ開催など、これらに全身全霊をかけて貢献してまいりたいと思っております。  特に、担当でございますアジア大洋州、南部アジア、そしてアフリカ諸国との関係強化に努めます。……

第190回国会 経済産業委員会 第3号(2016/03/16、47期、公明党)【政府役職】

○浜地大臣政務官 お答えいたします。  今委員の方から共和党の候補の話が出ましたが、現在の米国政府のこのパリ協定についての評価でございます。  これは、米国政府としましては、全ての国が参加する野心的な国際合意であるといって高く評価をしております。したがいまして、同協定への署名及び締結についてはできる限り速やかに行う意向であるというふうに我々日本政府としては承知をしております。  しかし、大統領選挙後の共和党政権に仮になった場合の対応については、これは予断をすることは差し控えたいと思っております。  いずれにしましても、米国を含みます各国の動向をしっかりと注視してまいりたいと思っております。  ……

第190回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2016/03/30、47期、公明党)【政府役職】

○浜地大臣政務官 外務大臣政務官を拝命しております浜地雅一でございます。  拉致問題は、基本的人権の侵害という国際社会の普遍的な問題でございます。外務大臣政務官として、岸田外務大臣を全力で補佐し、拉致問題の早期解決に向けた国際的な機運を高めるため、全身全霊をかけて取り組んでまいります。  今津委員長を初め理事、委員の皆様方の御支援と御協力を何とぞよろしくお願い申し上げます。

第192回国会 安全保障委員会 第4号(2016/11/25、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、岸田外務大臣御出席のもと、一般質疑が開かれることになりました。これまで、野党の皆様方にも前回、防衛大臣のみの、大臣に対する、所信に対する質疑をしていただきまして、きょうはそろっての質疑でございますので、最後まで、ぜひ五時までやり遂げたいというふうに思っております。  きょうは、南スーダンPKOに自衛隊を派遣する国際的な意義について、稲田防衛大臣ではなく岸田外務大臣にお聞きしたいと思っております。  前回、南スーダンのPKOの派遣延長、そして駆けつけ警護の付与につきまして、さまざま議論があったわけでございますけれども、私……

第192回国会 安全保障委員会 第5号(2016/12/13、47期、公明党)

○浜地委員 委員長、ありがとうございます。公明党の浜地雅一でございます。  まずは、両参考人の先生方に感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。  先ほどからお話を聞いておりますと、制裁のお話も出ておりまして、私もそのお話をしようと思っておりました。しかし、当初の十分ずつの先生方の意見表明ですと、もう少し我々も聞きたいという思いがあります。  そこで、我が国のミサイル防衛、弾道ミサイル防衛につきまして私は御質問しますが、両先生方、もしその点でお話し足りないことがあれば、たくさんお話をしていただければと思っております。  BMD防衛で、イージス防衛と、また、ターミナル圏内に入った場合はPA……

第192回国会 財務金融委員会 第2号(2016/10/19、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  私、本委員会で、初めて財務金融委員会に所属をさせていただきますので、委員長及び委員の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。  そして、麻生大臣、これから質疑をさせていただきますが、よろしくお願いいたします。大臣に質問できることを楽しみにしておりました。  きのう所信を聞きまして、早速、与党の質問ということで、私も超特急で準備をしました。今回から与党は特に早く通告をし、我が党もしっかり役人の皆様方に、残業しないでやるということでございますので、きのうも何とか早目に通告をしたつもりでおりますけれども、御迷惑をかけたのではないかとい……

第192回国会 財務金融委員会 第8号(2016/11/16、47期、公明党)

○浜地委員 皆様、おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  時間も限られておりますので、この法案について早速お聞きをしたいと思っています。十五分でございますので、基本的なところを押さえたいと思います。  先ほどの山田委員の質問とも随分かぶっているところもございますけれども、まず、この金融機能強化法の、国の金融機関に対する資本参加の継続の必要性について麻生大臣に質問したいんですが、きょう私の方でお配りしました資料は、日銀の十一月の月例報告のときに日銀の方で作成をしました「最近の金融資本市場の動き」ということで、「国内の金融環境」の資料でございます。  (一)がいわゆる貸し出しのDI、……

第193回国会 安全保障委員会 第2号(2017/03/09、47期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  きょうは私が最後の質疑者でございますが、少し時間が押しております。この後、衆議院で、北朝鮮のミサイル発射に対する強い非難決議を我々全員で採択しようと思っておりますので、なるべく早く終わって次の本会議に備えたいと思っておりますので、簡潔な答弁をお願いしたいと思っています。  一つ、ちょっと地元のお話をさせていただきたいと思っています。  宮崎県に新田原飛行場、新田原基地がございます。ここのいわゆる防音対策に対する補助金等が出ておりますけれども、この対象範囲、第一種区域と申しますけれども、ここが縮小されるのではないかということで、私の方にも地元の皆様か……

第193回国会 安全保障委員会 第3号(2017/03/10、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  私も、きょう十五分質問をさせていただきます。  稲田防衛大臣にまず御質問をさせていただきたいと思います。  今回議題となっております駐留軍の再編特措法でございますが、これは、言うまでもなく、以前示されましたロードマップというものがまだまだ進展をしておりませんし、また、実際に再編の交付金をいただく自治体の方も、これから受け入れということでございますし、この交付金の使い道についても非常に使い勝手がよくて、ぜひ継続してほしいという御要望が昨年来から、私も党内で安保部会長としての立場でお受けをしておりました。ですので、この法案がしっかり……

第193回国会 安全保障委員会 第6号(2017/04/21、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。十五分間よろしくお願い申し上げます。  まずは冒頭、きょうは、与党第一会派でございます自民党の先生方から御質問を始められるのが通例でございますけれども、私は他の委員会で質問がかぶっておりますので、御配慮いただきまして、理事の皆様、また委員の皆様に感謝を申し上げます。ありがとうございます。  十五分しかありませんのですぐ始めたいと思いますが、まずはちょっと一点、外務省に確認をしたいことがございます。  今、在韓、韓国にいらっしゃる米国人に対して、退避勧告等、米国政府から何らかの警戒情報が発せられていますかという質問をしたいんですけれど……

第193回国会 安全保障委員会 第9号(2017/08/10、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょう、我々与党の時間は二十分ということでございましたので、自民党の皆様から時間をいただきまして、公明党で二十分質問させていただきます。ありがとうございます。  ただいま小野寺防衛大臣より、特別防衛監察の結果報告がございました。この結果を七月の二十八日に公表されましたので、我々公明党内でもヒアリングを行いました。その声をまず小野寺防衛大臣に聞いていただいて、総括的な受けとめをその後お聞きしたいと思っています。  やはり、厳しいところは、そもそもの発端でございます昨年七月の情報開示請求です。この際に、CRF副司令官は、日報が行政文……

第193回国会 外務委員会 第8号(2017/04/05、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  まず冒頭、岸田大臣におかれましては、NSCの会合からすぐに駆けつけていただきまして、本当にありがとうございます。  けさも、ほかの、私、財金にも所属していますが、財金でも、六時四十二分の北朝鮮のミサイル発射というのが話題になっておりました。二月の十二日、三月の六日、そして四月の五日でございますので、毎月のように北朝鮮は弾道ミサイルを発射しておりまして、これをまず強く非難をするとともに、また、公明党としましても、北朝鮮ミサイル問題対策本部を早急に開きまして、政府とともにこの対応に当たっていきたいというふうに思っております。  昨日……

第193回国会 外務委員会 第12号(2017/04/28、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一と申します。  三人の参考人の先生方、きょうは、お忙しい中、貴重な御意見をいただきましたことに、まずは心から感謝を申し上げたいと思っております。  皆様方それぞれに質問をさせていただきたいと思いますが、質問の回数につきましては、時間の関係もございまして、もし少ない質問でございましたら、御容赦いただければというふうに思っております。  私、この日印の原子力協定を、いわゆる我が国の原子力産業の国際展開であるという点からだけではなくて、やはりインドとの間では、特にモディ首相との間で、戦略的パートナーシップということで、インドと日本とのかなり深い両国の関……

第193回国会 外務委員会 第16号(2017/05/31、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  私も二十分時間をいただきましたので、早速質問に入りたいと思います。  まずは、TOC条約、テロ等準備罪等々について、一問お聞きをしたいと思っています。  私も法務委員会に一時所属をいたしまして、このテロ等準備罪の審議に当たりまして、五月の十九日に衆議院の法務委員会を通過し、二十三日に衆議院で通過をしたわけでございますが、私は、その法務委員会の中で、一つ、岸田大臣が五月二日に国連薬物犯罪事務所、UNODCを訪れた話を引用させていただきました。大臣はそのときは委員会には出席をなされておりませんでしたけれども、まさにこのときは、法務委……

第193回国会 財務金融委員会 第2号(2017/02/15、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。引き続きまして、質問させていただきたいと思います。  私も、先週行われました安倍総理また麻生副総理の訪米について、まずはお聞きをしたいと思っております。  まず、麻生大臣、訪米、大変お疲れさまでございました。まさにトランプ大統領が大統領就任前からさまざまな発言をされまして、国民の中に安保の面また経済の面で不安があったわけでございます。  特に、安保の面でございますと、駐留米軍経費の問題。これも、安倍総理が帰ってこられた後に、NHKの番組でこの問題は終了したのではないかという表明をされました。非常に国民の中では懸念が払拭された、大変安……

第193回国会 法務委員会 第12号(2017/04/21、47期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  三十五分、質問の時間をいただきました。公明党としましては、國重理事の方がこのテロ等準備罪の要件をかなり細かく昨日も聞かれておりました。そこで、私としては、TOC条約、この条約との関係について党としても聞きたいというふうに思って質問を準備しておりますが、その前に、一昨日の質疑の中で、特に捜査との関係について私自身気になるところがございましたので、そこの確認から始めたいと思います。  それは、一般人が処罰の対象にはならないけれども捜査の対象になるんだ、一般人は捜査の対象になるんだというような質疑がなされたというふうに私は記憶をしております。逢坂理事の御……

第193回国会 法務委員会 第16号(2017/05/12、47期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  私も、四十五分間という貴重な時間をいただきましたので、しっかり質疑をしたいと思っています。  今、自民党の委員の方々の質問を一時間聞いておりましたけれども、きょうは非常に中身のあるといいますか、非常に落ちついた、また、重要な点について議論がされているというふうに思っています。基本的なところから、また細かい部分まで、しっかりと法案全体を見渡すような質問であったかなと思っております。  特に赤澤委員の質疑の中で、オリンピック前が、テロも含め、また人身売買取引等の組織的犯罪が非常にふえるというようなことを、実際の事実をもとにしてお話を……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 安全保障委員会 第2号(2017/12/01、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。さきの国会に引き続きまして、この安保委員会で理事を務めさせていただきます。  今、この日本が置かれています安全保障環境は最も厳しい時期に参っておりますので、この安全保障委員会は大変重要な委員会になってまいります。充実した審議とともに、やはり通すべき法案はしっかりと迅速に通す、そのために私も汗をかいていきたいと思っておりますので、またどうぞよろしくお願い申し上げます。  先ほど、小野寺防衛大臣より、十一月二十九日の火星15と称する北朝鮮の弾道ミサイルの報告がございました。今さまざま分析中ということで、なかなか、また安全保障上の問題もあ……

第196回国会 安全保障委員会 第5号(2018/04/12、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  私も、与党として、十五分時間をいただきました。  今お手元に、前回の南スーダンの特別防衛監察を受けて、その結果とともに発表されました再発防止策のポイントをお配りしました。これは、小野寺防衛大臣が二回目の大臣になられて初めてのお仕事が、この再発防止の徹底策を国会の場で説明する場だったというふうに思っています。  この一の(二)のところで、やはり、常々言われておりますが、とにかく日報の管理は統幕の参事官に一元管理するんだと。今回さまざま出てきたイラクまた南スーダンのものというのは、その一元管理の過程において出てきたものでございますので、大臣が二回目の防……

第196回国会 安全保障委員会 第8号(2018/05/25、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一です。  私も、十分、時間をいただきまして、質問をしたいと思います。  まず、このイラクの日報についての報告書についてきょうは質疑ですが、きのう米朝の首脳会談が中止になって、これから北朝鮮情勢がまた緊迫をするような可能性がある中で、そういった話でなくて、このイラクの日報をこの安全保障委員会でやらなきゃいけないということに対して、私は非常に残念に正直思っております。  それと、きのう我が公明党でも、このイラク日報の報告を受けまして部会を開かせていただきまして、さまざまな意見がありました。その中で、いわゆるこのイラクの日報について、開示請求をなさっていることを知っている……

第196回国会 内閣委員会 第2号(2018/03/09、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  この後、本会議もございますので、効率よく質問を進めたいと思っています。  まず冒頭、きょうは、法人の設立、会社の設立について、内閣の方ではこれをオンライン化、またワンストップ化するという検討が図られているというふうに聞いております。  昨年六月の未来投資戦略二〇一七におきまして、法人設立に関し、利用者が全手続をオンライン、ワンストップで処理できるようにする、そして、制度面、技術面の総合的な観点から、この夏までに、この夏とは去年の夏です、官民が一体となって本格的に検討を開始し、本年度中に結論を得るというような閣議決定もございます。  また、昨年末の新……

第196回国会 内閣委員会 第9号(2018/04/11、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  私も四十分、お時間を頂戴しましたので、質疑をさせていただきたいと思います。  まずは、先ほども他の委員が言及されました日本の北極政策についてお聞きをしたいと思っています。  きょう、私、北極政策をなぜ問おうかと思ったということなんですが、今回、第三期海洋基本計画が策定間近ということで、新聞等では海洋の安全保障がクローズアップされるのでないかということで、私も注目をしておりました。党の方で安全保障の部会長をさせていただいておる関係で、安保環境というところで非常に注目をしておったんですが、そこで逆に目にとまったのがこの北極政策でした。  単純に、私、北……

第196回国会 内閣委員会 第12号(2018/04/20、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  一時間、たっぷりと時間をいただきましたので、ゆっくり質疑をしたいと思いますが、私、内閣委員会で質問に立つのは三回目なんですが、そのうち二回は野党の皆様がいらっしゃらない中での質問になります。きょう私はPFIを中心に、特に水道事業、野党の皆さん、私、本会議場でも代表質問に立ちましたが、私の質問に対してもかなり不規則発言もあり、ぜひそういったことも含めて、実は私の質疑もじっくり聞いていただきたいなという気持ちで気合いを入れて来ましたが、きょうは与党の皆さんだけということでございますが、しっかりと政治を前に進めるために、落ちついて質疑……

第196回国会 内閣委員会 第16号(2018/05/16、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  公明党としましては一時間質疑時間をいただきましたが、私は三十分間、二人に分けて質問をしたいと思っています。  私の質問は概括的なところをお聞きしようかと思っておりますけれども、まず、今回のTPP11、非常に画期的な条約に基づく関連法の整備に入れるなと思っております。  といいますのは、私も二年前、外務省で政務官をさせていただきました。国際社会における貿易のルールというところでは、WTOというところがございます。多くの加盟国がある中で、担当の皆さんは頑張ってはいらっしゃいますけれども、なかなか自由貿易に向けての全体の動きというのは進まなかったのが実感……

第196回国会 内閣委員会 第19号(2018/05/23、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  まず、きょうは、第一会派でございます自民党の加藤先生に順番を変えていただきまして、ありがとうございます。感謝申し上げます。  二十分しかいただいていませんので、端的にもう質問に入りたいと思っております。  まず、基本的な定義の確認からさせていただきます。  今回のこのギャンブル等の意義でございますけれども、法案を見ますと、自公維の法案提出者にお聞きをしておりますけれども、いわゆる法律で定める公営競技、そして遊技でありますパチンコ、その他射幸行為をギャンブル等というふうに定義をされております。  私があらかじめ聞いたところによりますと、パチンコは含ま……

第196回国会 内閣委員会 第20号(2018/05/24、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、三人の参考人の先生方、大変勉強になりました。ありがとうございます。  十分ずつ聞いておりましたけれども、もう少し皆様方の各分野での経験を通したお話を聞きたいというふうに思っております。  そこで、それぞれの分野、西村参考人は、精神科医であり、またNPOの代表でもございます。そして、田中さんは、御自身も経験があり、かつ今は民間団体で活躍をされている。そして、三上先生は、弁護士として、特に多重債務の分野の問題からこのギャンブル依存症対策のさまざまな活動をされているわけでございますが、その中で、御自身の分野の中で、もっとこういう制度があれば今の……

第196回国会 内閣委員会 第23号(2018/05/31、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  きょう、四人の参考人の先生から大変に示唆に富む指摘をいただきまして、本当にありがとうございます。  早速質問に入りたいと思いますが、少しだけ私のカジノに対する経験といいますか、それをお話ししたいと思っています。  私、カジノ施設には二カ所行ったことがございます。一つはシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズと、あとは韓国の、家族旅行をしたときに、ホテルの、ツアーか何かで三千円だけ使っていいですよというチケットをいただいて、行ったことがございました。三千円、すぐ終了したわけでございますけれども。  マリーナ・ベイ・サンズを見たときに、やはり、初めてこのI……

第196回国会 予算委員会 第9号(2018/02/09、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  きょうは三十分質問の時間をいただきまして、理事の皆様、また委員の皆様方に感謝を申し上げたいと思っております。  まず冒頭、一問だけ、小野寺防衛大臣に御質問をさせていただきたいと思います。  ただ、質問に入ります前に、現在、福井県のあわら市を中心に発生をしております豪雪災害に対しまして、非常に国道八号線中心に車が滞留をしているという状況でございます。自衛隊の皆様方は約千七百名の方々が出動され、まさに手作業で自動車の啓開に当たられているということで、大変感謝の念をまず申し上げたいと思っております。  国民の中でそういった自衛隊の災害……

第196回国会 予算委員会 第10号(2018/02/13、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。三十分、時間を頂戴いたしました。  まず冒頭、北陸地方で発生をしております豪雪被害に対する政府の対応についてお聞きをしたいと思っております。  福井県を中心に、二月の四日から断続的に寒波が襲っております。積雪は百四十センチを超えまして、これは三十七年ぶりの大雪でございます。残念ながら、死傷者も出てしまいました。  まずは、被害に遭われました方々に心からお悔やみとお見舞いを申し上げたいと思っております。  国道八号線には、一時、一千五百台もの車両が立ち往生しましたが、これにつきましては、自衛隊を中心に手作業で懸命な作業を行っていただきまして、現在は解消さ……

第197回国会 安全保障委員会 第2号(2018/11/13、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  まずは岩屋防衛大臣、大臣御就任、大変おめでとうございます。  もう御存じのとおり、私も九州比例区単独の議員でございますが、ですので、九州各地の議員の自民党の先生方とも御一緒する機会は多うございますけれども、私、一年生議員のときに、全くこの安全保障については知識がない中、一度、岩屋防衛大臣と同席した席上で、しっかり私、安全保障の専門家に公明党でなりたいというお話を実は一年生のときにさせていただきましたが、その後、安全保障委員会にも属させていただきましたし、昨年は安全保障の部会長としてさまざま勉強をさせていただいていますので、今後と……

第197回国会 法務委員会 第3号(2018/11/14、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  まず、私、法務委員会に正式に所属するのは初めてでございます。理事の皆さんとはもう既にさまざまな意見交換をしておりますが、委員の皆さんにはまだ御挨拶をしておりませんでした。  また、山下法務大臣とも、正式には大臣就任の祝辞を述べておりませんでした。大変おめでとうございます。きのうも本会議の方で、私の質問に対しましてかなり細かく、まだ検討事項もある中でお答えいただきまして、本当にありがとうございます。  きょうは給与法の質疑でございますので、早速、この給与について聞きたいと思っています。  裁判官の報酬についてお聞きをいたします。  もう御存じのとおり……

第197回国会 法務委員会 第5号(2018/11/21、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  入管法の質疑に入らせていただきますが、中身に入る前に、我が党としましても、今回の技能実習制度のデータの集計ミス、これについては厳しく御指摘をしたいと思っております。  先ほど、この集計ミスの理由、また、なぜ現状の失踪動機を、より高い賃金を求めてという理由は聞きましたので、もう大臣にはお聞きをしませんが、今回の法案審議に入る中において混乱を来した、これは間違いございません。与党としましても、また公明党としましても、対策本部はございますが、きのうの本部でも厳しい指摘があったわけでございます。  一言、今回の集計ミスに関する大臣の所見……

第197回国会 法務委員会 第6号(2018/11/22、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一と申します。  きょうは、六人の参考人の先生方、大変に貴重な意見をいただきまして、ありがとうございました。全員の参考人の皆様方に時間の関係で質問できない場合もございますので、あらかじめ御了承いただければと思っています。  レロンソン参考人にお聞きしたいと思います。  三年ぶりだと思います。ホーチミンで一度お会いをしまして、あのときに日本とベトナムの関係をしっかりつなぐというレロンソン参考人の熱いまなざしを、今思い出しながら話をしてまいりました。  きょうは、まさに日本人の参考人の方がいらっしゃる中で唯一ベトナム国籍の参考人でございますので、また、ベトナム側から見た日……

第197回国会 法務委員会 第8号(2018/11/27、48期、公明党)

○浜地委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。(発言する者あり)
【次の発言】 案文の朗読により趣旨の説明にかえさせていただきます。     出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項について格段の配慮をすべきである。  一 特定技能外国人の受入れに当たっては、生産性向上や国内人材の確保のための取組を十分に行ってもなお人手不足の状況にある分野であることを客観的データ等を用いて適切に判断し、かつ、所要の技能を有することを試験等により正確に判定し、制度の……

第197回国会 法務委員会 第10号(2019/01/23、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。本年もよろしくお願い申し上げます。  きょう早速、私、二十分しか時間がございませんので、質問に入りたいと思っております。  まず、外国人材の受入れに関する点について質問したいと思っています。  私、きょう、資料を持ってまいりました。一枚目のこれは、外務省の人権人道課で今策定を急いでおります、ビジネスと人権に関する国別行動計画策定という作業を、外務省の方で今鋭意作業中というふうに聞いております。まさに、仕事と人権に関するものが国際社会でもクローズアップをされ、国際スタンダードになりつつあるということだろうと思っております。当然、今後、外国人材が多く入って……

第198回国会 安全保障委員会 第5号(2019/03/28、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  十五分、時間を頂戴しました。きょうは、私、昨日の参議院で通過をしました長期契約法について質問をしたいと思っております。  前回やればよかったじゃないかということでございますが、野党筆頭の本多筆頭の御協力も得て、順番を入れかえた関係で、私、質疑時間がございませんでしたので、確認の意味で……(発言する者あり)いやいや、悪い意味じゃない。ありがとうございます。済みません、ちょっと誤解が生じたら大変申しわけございません。させていただきたいと思います。済みません。大変失礼がありました。(発言する者あり)いえいえ、そうですね。  ちょっと気を取り直しまして、長……

第198回国会 法務委員会 第3号(2019/03/13、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一です。  私、最後の質疑者でございますので。皆様、お疲れさまでございます。  二十分でございますので、早速質問に入りたいと思います。簡潔な答弁をお願いできればと思います。  まず、保証金の徴収の禁止について御質問をしたいと思っています。  今回、送り出される外国人の方々が保証金を取られている場合は上陸できない、また、それが後にわかった場合にはさまざまなペナルティーが科されるわけでございますが、この法務委員会で、昨年、参考人の方をお呼びしました。ベトナムの送り出し機関の代表者の方が語っておられましたが、ベトナムでは通常、保証金を徴収して送り出すのがスタンダードである、……

第198回国会 法務委員会 第5号(2019/03/22、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  今回の裁判所定員法の判事の増員の理由の一つに家事事件での増加ということがございましたので、きょうは、その家事事件の一つの特徴でございます成年後見制度について議論をしたいというふうに思っております。  御案内のとおり、二十八年の五月に成年後見制度の利用促進に関する法律が議員立法で成立をしたわけでございまして、この議員立法の成立に関しましては我が党も尽力をしたというふうに自負をさせていただいております。  その法律の成立後、平成二十九年の三月に、促進会議において基本計画案をつくりまして、閣議決定をされました。そこでは、いわゆるこの成……

第198回国会 法務委員会 第6号(2019/03/26、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。二十分、時間を頂戴しました。  きょう、私は、一般質疑でございますので、少し細かい論点、保証について議論をしてみたいと思っています。  御案内のとおり、二〇一七年五月に、民法の一部改正、大改正が成立をしまして、二〇二〇年の四月一日から施行の予定となっております。その中で、保証契約について、特に根保証と言われるものにつきましては、極度額を定めないと無効になる、そして、特に事業用の貸金につきましては、公証人による保証人の意思確認が必要になったわけでございます。  貸金については、この根保証について、特に極度額また公証人による意思確認ということが非常に周知を……

第198回国会 法務委員会 第7号(2019/04/02、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一です。  きょう、私が最後の質疑者でございまして、皆様方が御質問された論点と多少重なる点もあろうかと思いますが、順次質問をしていきたいと思っています。  まず、基本的なところで、子の引渡しについて基本的なところを確認したいと思っています。  今回、民事執行法において初めて国内での子の引渡しというものが明文化をされるわけでございまして、これは、これまで物という動産執行の類推適用であったものが、しっかりと子の福祉にも配慮した規定を置かれることを大変評価をしたいと思っています。  その前提として、ハーグ実施法において既に子の返還というものが規定されておったわけでございます……

第198回国会 法務委員会 第9号(2019/04/10、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  私も二十分、時間をいただいていますので、早速質問したいと思います。  前回の委員会では参考人の方に来ていただきまして、大変我々も勉強になりました。特に子の引渡しについて、実際に実務を経験された弁護士の先生のお話でありますとか、また、特に多重債務に苦しむ、特に所得の低い方への対応をしている弁護士の先生方のお話もいただきまして、大変参考になったところでございます。  そこで、そういった参考人の方のお話を聞く中で、やはり私は、法律援助、法テラスの援助の充実というものが一つ必要ではないかなというふうに感じた次第でございます。  そこで、まず冒頭、簡単にお聞……

第198回国会 法務委員会 第12号(2019/04/24、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  早速質問をしたいと思います。少し私が早く終われば、時間調整をしてみたいと思っておりますけれども。  まず、門山政務官、技能実習制度の運用に関するプロジェクトチームの調査のヘッドとして大変御尽力いただいたことを評価をしたいわけでございますが、しかし、そもそもこのプロジェクトチームで調査をしなければならなかったのは、もともと聴取票の集計ミスがあったわけでございます。この点については、そのことでやはり当委員会、特に理事会の場において、さまざまこの数字について理事の皆さんと協議をしまして、特にそのことも影響してこの法務委員会の審議がおくれているということは……

第198回国会 法務委員会 第13号(2019/04/26、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  きょうは平成最後の法務委員会になりますので、この歴史的な瞬間に質問をさせていただくことを大変うれしく思っております。次にお会いするときには令和の時代になりますので、まさに、新しい法律を成立させ、次の時代に必要な法案を、この法務委員会中心に、また山下大臣中心に提出をしていただければというふうに思っております。  質問に入る前に、先ほどの和田委員の、非常に、安全保障上の問題というのは我が党でも共有をしておるところでございます。一時、大臣とも少し勉強会をしたことがございましたが、大臣になられましたので中断をしておりますけれども、ぜひこの問題、さまざま財産……

第198回国会 法務委員会 第15号(2019/05/10、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一です。  きょう、私、最後の質疑者でございまして、大分質問もかぶるかと思いますが、最後に質疑をしますと、ふだん野党の皆様方の御苦労もわかるかなと思っております。済みません、質問がかぶることの理由づけでございまして……(発言する者あり)いや、そうでございません、済みません。  それで、ちょっと基本的なところからお聞きするしかないわけでございますけれども、今回、戸籍制度のマイナンバー制度参加ということによりまして、先ほどから山下大臣に対しても、やはり個人情報の保護、情報漏えいについて、さまざま御指摘がございました。そして、山下法務大臣は、法務省自体は、今回、マイナンバー……

第198回国会 法務委員会 第18号(2019/05/22、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  まずは、皆様方の貴重な御意見をいただきまして、心から感謝を申し上げたいと思っております。  私も法曹資格を持っておりますけれども、この縁組関係については、いわゆる民法の世界の中だけで勉強しただけで、実際に実務に携わっていらっしゃる方、また実際に御経験をされているお話を聞きまして、やはりこの親族関係というのは非常に重いものであるなと、我々議員としても、やはりこの法案に臨むに当たっては、もっと手綱を締めて、当事者の思いに立って審議をしなきゃいけないなというふうに思い起こさせていただいたことをまずもって感謝を申し上げたいと思っております。  まず、大村参……

第198回国会 法務委員会 第20号(2019/05/29、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  二十分、一般質疑の時間をいただきまして、きょうは、登記所備付け地図という、法務行政においては基本中の基本と言えるところだと思いますが、実はそういう私も、かなり細かく詳細を聞かれるとまだまだ理解していない部分はあるものですから、この基本的な登記所備付け地図というものについてまず議論をさせていただきたいと思います。  きょうは資料一で見本を持ってまいりまして、これは法務省の方で作成したいわゆる十四条地図の見本でございます。基本的なところから聞きますが、なぜ、そもそも、登記所備付け地図を今整備を進めておられますけれども、これをする必要……

第198回国会 法務委員会 第21号(2019/05/31、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  早速、質問に入らせていただきたいと思います。  今回の司法書士法及び土地家屋調査士法の改正案につきましては、私、ちょっとフライング的に、たしか一月の二十三日の一般質疑におきまして、使命規定の書きぶりについても我が党の意見をお伝えさせていただきまして、御要望のとおりの書きぶりになったことをまず感謝をしたいと思っています。また、二日前の一般質疑におきまして、きょう、私は時間がないものですから、先行しまして、土地家屋調査士さんのADR、いわゆる境界相談センターの活用についても大臣にお願いをしたところでございます。  きょうは、書士法また家屋調査士法の改正……

第200回国会 安全保障委員会 第7号(2019/12/05、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  三十分時間をいただきましたので、早速質疑を始めたいと思いますが、昨日、アフガニスタンで、中村哲医師の訃報に接しました。医療支援だけでなく、さまざまな広い範囲での人道支援をされております中村哲医師の訃報に接しまして、心よりお悔やみを申し上げたいというふうに思っております。しっかりとまだまだアフガニスタンにおきましてはテロの脅威というのが続いているんだなということを、改めて思い知らされた次第でございます。  冒頭、私の方では、中東派遣について、余り細かい質問ではございませんが、一問、防衛大臣にお聞きをしたいと思っております。  中東……

第200回国会 安全保障委員会 第9号(2020/01/17、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  私も十五分時間をいただきましたけれども、短時間でございますので、しっかりと基本的なところからお聞きをしていきたいと思っています。  今回、十二月の二十七日に閣議決定を行った上で、本年の一月十日に防衛大臣が中東への調査研究目的での出動命令を出されたことは、もう周知の事実でございます。  ここにいらっしゃる委員の方はもう御案内でございますけれども、この調査研究目的での自衛隊の派遣というものは、本来は防衛大臣の命令だけで発せられるもので、閣議決定は必要ないわけでございます。本来法律要件となっていないこの閣議決定を行った上での中東派遣を……

第200回国会 法務委員会 第2号(2019/10/23、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  河井大臣、御就任なされまして初めての質問でございますので、よろしくお願いしたいと思っております。  質問に入る前に、先ほど越智委員の質問の中で、河井大臣が、外交、安全保障の専門家として、総理補佐官としても世界を飛び回られたお話を聞いておりました。  法務省としても、私も法務の理事、二年目に入るわけでございますが、ここ最近は法務省も司法外交ということを目玉にされております。私自身も、大体、外務や安保委員会に長く所属しておりまして、四年前、外務政務官も務めさせていただきましたが、まさに国際社会は弱肉強食で、ややもすると法の支配という……

第200回国会 法務委員会 第5号(2019/11/06、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  森大臣、どうぞよろしくお願い申し上げます。  まず、急遽の御就任となりましたけれども、森大臣、弁護士御出身でございます。そしてまた、先ほどもお話がありましたとおり、消費者被害に対する実務家時代の御経験もあるということでございます。  私は、一年生議員のときに消費者特別委員会に所属をしておりまして、そのとき、担当大臣が森大臣でございました。その後は、特定秘密保護法をやりまして、私も特別委員会に入れていただきましたが、あのときはまだ世間の理解がなく、その後、私はどちらかというと外交、安保の分野に移ったわけでございますが、改めて、あの……

第200回国会 法務委員会 第7号(2019/11/13、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  給与法の質疑に入らせていただきますが、今国会、提出されております大きく三本の閣法のうちの本当にやっと一本目が審議になるということで、我が法務委員会としても、大事な法案が、この後、会社法や外弁法が控えておりますので、極力急いで審議をしなきゃいけないなというふうに理事の一人として思っております。  きょうは、私の方、非常に技術的な質問が多うございますので、大臣始め政府三役の方には大変申しわけないんですが、答弁者として指名をしておりませんので、質疑を聞いておいていただければと思っております。  まず一問目なんですが、先ほど鬼木委員から……

第200回国会 法務委員会 第9号(2019/11/19、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一です。  私も、会社法の改正案、順次質問をしたいと思っております。結構細かく聞きたいと思いますので、大事なところは大臣にお聞きしまして、あと細かなところは政府参考人の皆様方に答弁をいただきたいと思っております。  まず、私は、株主総会資料の電子提供措置についてお聞きをしたいと思っています。  この改正法ではなく、二十六年以前のもので既に、会社法二百九十九条の第三項では、株主総会の招集通知、これも株主の個別の承諾があれば電磁的方法により通知を発することができる、書面によらなくてもよいという規定もございますし、そういった、株主の承諾があれば株主総会資料についてもいわゆる……

第200回国会 法務委員会 第11号(2019/11/22、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  時間がございませんので、早速、修正案について御質問をしたいと思っております。  今回、政府原案でございました会社法三百四条、三百五条の不当目的等の内容に着目をしました株主提案権に対する拒絶条項を削除されることになったわけでございます。  ここは、当然、これまでの判例法理、いわゆる権利濫用法理を具体化をするような条項でございましたので、確かに、文言を一つ一つ見ますと、どういう解釈ができるのかということは、これはいたし方ないところだったと思っています。ですので、私も前回の質疑では、その文言に従って、この委員会の答弁の中でより明確にす……

第200回国会 法務委員会 第12号(2019/11/27、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  二十分時間をいただきましたので、私も再犯防止推進計画等々について質問をさせていただきたいと思っております。  もう何度もこの委員会で出ておりますが、四月の二十一日から二十七日まで京都コングレスが開催をされるわけでございますけれども、世界一安全、安心な日本をアピールするというのが一つの主眼でございまして、まさに再犯防止に取り組む姿勢というものが一つの、日本のアピールの一番大きな点であろうというふうに思っております。  御案内のとおり、この再犯防止推進計画、これは毎年白書を出しておりまして、まだ閣議決定はされておりませんけれども、我が党の部会においても……

第200回国会 法務委員会 第13号(2019/11/29、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  私も二十分の時間をいただきましたので、この外弁法の改正案、しっかりと質疑をしていきたいと思っております。  いよいよ国際仲裁、また国際調停ということが、我が国においても国としてしっかり注目をされて、ここ二、三年であろうというふうに思っております。骨太の方針にしっかり明記をされて、法務省が調査費としてバックアップを本格的に始めたのがやはり約二年ぐらい前だっただろうと思っております。  来年の三月には、虎ノ門でいよいよ仲裁センターができるわけでございまして、平米数も千二百十平米と聞いております。かなり広いかなと思っておりますが、しかし、シンガポール等に……

第201回国会 法務委員会 第2号(2020/03/10、48期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  私も、二十分、質問をさせていただきたいと思っております。  まず、新型コロナ感染症対策にかかわる法務省の対応について、御質問を一問させていただきたいと思っております。  我が党は、さまざまな業界団体から、今回の新型コロナ感染症対策としてどんな影響があるのかをお聞きしているところでございますが、法務省に関係するところとして、日本語教育振興協会、日本語学校を運営される皆様方の集まりでございます、ここからの御要望をお聞きしましたので、それを一つ大臣にお答えいただきたいと思っております。  今週から、報道にありましたとおり、中国、韓国からのビザ、査証が、発……

第201回国会 法務委員会 第6号(2020/03/31、48期、公明党)

○浜地委員 おはようございます。公明党の浜地雅一でございます。  私は、十五分間、この裁判所定員法の質疑をさせていただきたいと思います。  質問に入る前に、今、各裁判所でマスクの義務づけをやはり原告代理人、被告代理人に義務づけられているような裁判所もあると聞いています。大変いいことだと思っておるんですが、実は、なかなかマスクがなくて法廷に入りにくいというような声もございます。御案内のとおり、裁判所に行きますと、裁判官の席と原告席、被告席というのはかなり離れておりますので、飛沫が飛ぶような距離ではないかと思います。恐らく委員長と私の距離よりも遠い距離で、どんな狭いところでも法廷は距離がございます……


各種会議発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 憲法審査会 第3号(2013/03/21、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。新人でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  私、前職は弁護士でございましたけれども、法学としての憲法議論とは異なりまして、きょうは、国の方向性を示します本審査会で議論させていただきます機会をいただきましたこと、まことに皆様に感謝を申し上げます。  まず二院制につきましては、我が党としては、二院制を維持すべきという意見でございます。  参議院の廃止論、今もかなり盛り上がってはおりますけれども、やはり、憲法四十二条が二院制を定めた趣旨であります、二院制の方が議会の行動をより慎重に、抑制と均衡を果たすことができること、また、先議院の審議を補完し、……

第183回国会 憲法審査会 第5号(2013/04/11、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地でございます。  初めに、本日は司法の章の逐条審査ではございますが、まず冒頭、新聞報道によりまして、砂川事件について、当時の最高裁の長官が上告審の見通しを米国側に伝達したというような報道がございました。仮にこれが事実でありますと、司法権が政治から一定の距離を置いた上で客観的に法律上の争訟を判断するという、この役割を逸脱するものでございまして、国民の裁判所に対する信頼を失墜させる行為であるというふうに思います。この点は厳しくやはり国会としても申し上げておきたいというふうに思っております。  次に、論点に入りますと、まず、憲法裁判所の導入についてでございます。  まず、我が……

第183回国会 予算委員会第八分科会 第2号(2013/04/15、46期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  九州比例ブロックの単独候補として初当選をさせていただきました。今後とも、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。  きょう朝九時から、太田国土交通大臣を初めとしまして、国交省の皆様には大変長い質疑になっております。できるだけ簡潔に、短く終わらせていただきたい、そのように思っております。  まず一番最初の質問は、公共工事の入札価格の適正化ということについて御質問をさせていただきたいと思っています。  私は候補の時代に九州を回っておりまして、建設また土木業者の方々から、最近の入札価格が低下をして非常に苦しいという声を聞いてまいりました。  実は、私自身……

第186回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2014/02/26、46期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  私が最後の質問者になります。林大臣を含めまして農林水産省の皆様、大変にお疲れさまでございました。また、宮路先生、今村先生、主査、副主査を務めていただきまして、また、事務方の皆さんも大変お疲れさまでございます。  なるべく短く簡潔に終わりたいと思いますけれども、私の方は、食品残渣の再利用についてまずはお聞かせいただきたいと思っています。  食品リサイクル法が食品残渣の再利用について定めておるわけでございます。当然、こちらは農水省だけではなくて、環境省、また経産省も絡んでおりますので、私の質問の中で、農水省の管轄の中で答えられる範囲で結構でございます……

第187回国会 憲法審査会 第3号(2014/11/19、46期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  まず、きょうは、五名の意見陳述人の皆様、まことに貴重な意見、ありがとうございます。  そして、きょうは、東北、こちら岩手の盛岡で公聴会を開かせていただきました。震災から三年半たち、しっかりと復興に向けて、我々国会議員、もう一度心を合わせて頑張らなきゃいけない、それを決意させていただきまして、皆様、本当にありがとうございます。  先ほどから集団的自衛権の話題になっておりますので、少し、私の意見とともに、御質問をさせていただきます。  先ほど、集団的自衛権というのは我が国と密接に関係する他国が攻撃されたときにそれを守るものだというような議論がございまし……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 憲法審査会 第2号(2015/05/07、47期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  私、一言だけお話をしたい点が、国民の責務について先ほどからお話がございました。立憲主義の立場からいきますと、基本的には、国民の責務というのはやはり抑止的であるべきだろうというのは各党派共通していると思いますが、どうしても、この憲法議論の中で国民の責務をもう少し書こうというお話がございますので、果たしてどこまでこの立憲主義の中で国民に責務を課すことができるのかというところは議論を深めていただきたいと思っております。  現在の日本国憲法は、三つの義務しか規定をしておりません。御存じのとおり、勤労する義務、納税する義務、そして自分たちの子女を教育させる義……

第189回国会 憲法審査会 第4号(2015/06/11、47期、公明党)

○浜地委員 公明党の浜地雅一でございます。  まず、先ほど我々の北側幹事の方から、公海上での米艦の防護についての必要性のお話がございまして、一部委員の方から、周辺事態で対応できるということでございますが、これは間違いです。周辺事態は後方支援しかできませんので、米艦等を防護することはできないということを、まず冒頭、はっきりと言っておきます。(発言する者あり)  かつ、今言われておりますので、個別的自衛権の着手ということが曖昧であるので、今回、しっかりと集団的自衛権の一部ということで整理をしております。着手という概念も非常に評価を含む概念であるということをまず冒頭、申し上げたいと思います。  前回……

第189回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2015/03/10、47期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  まず、大臣を初めとしまして厚労の皆様、きょうは長い分科会になっておりまして、大変お疲れさまでございます。  きょうは分科会でございますので、私、地元で聞いたいろいろな声をきょうはお届けしたいと思って質問させていただきたいと思っております。  人工内耳について御質問させていただきます。  もう既に大臣は当然御案内のとおりとは思いますけれども、改めまして、人工内耳とは、非常に高度の難聴者で、普通の補聴器をつけてもやはりなかなか聴力が出ない、効果が乏しい方でございまして、耳の皮膚の下、耳の中に受信装置を埋め込む手術をしまして、そして電極が中耳を通って聴……

第193回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2017/02/22、47期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、三十分時間をいただきまして、世耕大臣、また、国交省と厚労省にも来ていただいておりますけれども、ぜひよろしくお願い申し上げます。  まずは、第一点目、船用の燃料油の国際SOx規制について、これの国内対策についてお聞きをしたいと思っております。  大臣御案内のとおり、二〇一六年の十月に国際海事機関、IMOと言いますけれども、ここで、硫黄酸化物、SOx及び粒子状物質、PM、これの削除のための国際規制が強化をされることが決定いたしました。  具体的に申し上げますと、燃料油に含まれます硫黄分の濃度を、二〇二〇年度から、一般海域におきましては、これ……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第二分科会 第2号(2018/02/26、48期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  きょう、私は最後の質疑者になります。野田大臣、二日間、大変お疲れさまでございました。また、主査、副主査の先生方、大変お疲れさまでございました。  きょうは、日本郵政の参考人の方にも参加をいただきまして、ありがとうございます。なるべく簡潔に質問を終わりたいと思っておりますが、きょうは郵便ネットワークの維持について少しお伺いをしたいと思っています。特に、郵便ネットワークの中でも、簡易郵便局のネットワーク維持という点に焦点を当てて少しお話をさせていただきたいと思っております。  昨年の十一月に、総選挙が終わりまして、公明党の福岡県本部で、いわゆる簡易郵……

第196回国会 予算委員会第六分科会 第1号(2018/02/23、48期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  きょうは環境省所管でございますけれども、まず環境省の御質問をした後に、大変恐縮でございますが、少し農水関係にも関係する質問を最後にさせていただきたいと思います。  質問に入ります前に、きょうは、環境省所管、午前中に一件、質疑者の方がいらっしゃったというふうに聞いています。私の方で都合がありまして、きょうはなるべく遅い時間にということでお願いをしました。その都合で、もしかしますと中川大臣には大変お待ちになったかと思っておりまして、この場をかりまして感謝を申し上げたいと思っています。  そして、きょうは長時間にわたりまして、主査の田中先生、お疲れさま……

第198回国会 予算委員会第五分科会 第1号(2019/02/27、48期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  まずは、きょう大変長い分科会、政務の皆様方、そして事務方の皆様方、お疲れさまでございます。  そういう私もきょう三つの分科会をかけ持ちをしておりますので、もし時間が早く終われば、少し時間も押しておりますので、早目に終わりたいと思っております。しっかり簡潔に質問をして、簡潔に御答弁をいただければと思っております。  まずは、薬剤師と薬局のあり方について御質問をさせていただきたいと思っております。  私も部会等でお話を聞いておりますが、今回、厚労省の方では、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律案について、一部改正をされようと……

第198回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2019/02/27、48期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一です。  皆様、大変お疲れさまでございます。私が最後の質疑者でございますので、早く終われれば早くみんなで帰りたいと思います。私も三つ分科会を担当しまして疲れておりますので、端的に答弁していただいて結構でございます。  まず、キャッシュレスポイント還元制度についてお聞きをしたいと思っております。  今回の消費税対策としてのキャッシュレス還元事業が政府の対策として打ち出されまして、私も最近はコンビニで小銭を出すのが恥ずかしくなってきましたので、一定のアナウンス効果があるのかなというふうに思っておりますが、この制度に当たっては、まだ制度が詰め切れていないところが多いんじ……

第198回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2019/02/27、48期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  きょうも、第二分科会で質問をさせていただく機会をいただきました。  昨年も、この総務の所管でございます第二分科会で質問をさせていただきまして、そのときにも、郵便ネットワークの維持という点を御質問をさせていただきました。きょうも、郵便ネットワークの維持について何点か聞いてまいりたいというふうに思っております。  昨年、私、特に簡易郵便局の皆様方とさまざま懇談をした話を質問にぶつけたわけでございますが、その中で、昨年も紹介しましたが、福岡県の簡易郵便局の青年部という方々が示されたデータをもとに質問をさせていただきました。  基本的には、後継者不足が続……

第200回国会 憲法審査会 第3号(2019/11/14、48期、公明党)

○浜地委員 会長、御指名ありがとうございます。公明党の浜地雅一でございます。  私からは、先週、複数の委員の先生方から言及がございました憲法裁判所について、私の意見を申し述べたいと思っております。  先週の視察報告では、リトアニアでは、憲法裁判所が憲法保障機能として憲法の安定性に寄与している、そのように視察団の皆様方が伺ったと御発言がございました。また、ドイツのメラース教授から、憲法裁判所に対する強い信頼がうかがわれるとの発言があったことも御紹介をいただきまして、大変参考になりました。欧州各国では、憲法裁判所が憲法保障機能として定着しているということを実感をいたしました。  一方で、エストニア……

第201回国会 決算行政監視委員会第三分科会 第1号(2020/04/06、48期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  私も、この決算委員会第三分科会、お時間をいただきまして、冒頭一問、まずは経産大臣に御質問をしたいと思います。  やはり中小企業、小規模企業に対するさまざまな支援のメニューが今考えられておりまして、私も、きょう朝、公明党の、緊急経済対策、政府からも流れについて御説明を受けました。ぜひ各業界の状況に応じたきめ細やかな中小・小規模企業への経済支援をお願いしたいというふうに思っております。  といいますのも、これは二月末でしたけれども、私は福岡でございますけれども、宿泊業界はやはり五割減でした。飲食業界は二割から三割減だったわけでございますが、例えば、お……

第201回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2020/02/25、48期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。高市大臣、よろしくお願い申し上げます。  高市大臣におかれましては、新コロナウイルスのさまざまな御対応でお疲れのところと思います。一問だけ質問しますので、そこまでちょっと御辛抱していただいて、その後、御退席いただいて結構でございます。お疲れさまでございます。  きょうは、実は、奄美群島について、総務省所管のことを総務省の皆様方にお聞きをしたいと思っております。  私は九州比例区の選出でございまして、福岡を中心に活動しておりますが、実は、公明党内には奄美ティダ委員会という組織がございまして、奄美の首長さんと、定期的に奄美のさまざまな御要望をお受けして、……

第201回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2020/02/25、48期、公明党)

○浜地分科員 公明党の浜地雅一でございます。  きょうは、長い分科会、皆様お疲れさまでございます。  国土交通大臣始め政務の皆様方は、新コロナウイルスの対応もございますので、私の質問は門政務官に対する一問しかございません。大臣また副大臣、退室をされて結構でございます。  大臣、一言だけ、奄美の質問をこれから私しておきますので、ぜひ、要望としては、奄美群島に一度お時間があるときに来ていただきたい。  いいですか、御答弁。ぜひよろしくお願いします。ありがとうございます。
【次の発言】 御要望だけと思いましたが、御答弁いただきましてありがとうございます。奄美ティダ委員長を党内でやっておりますので、地……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

浜地雅一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書