国会議員白書トップ衆議院議員本田太郎>委員会発言一覧(全期間)

本田太郎 衆議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

本田太郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは本田太郎衆議院議員の委員会および各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。
 本田太郎 衆議院議員「委員会統計」(全期間)には委員会および各種会議の活動状況の集計結果を示しています。


委員会発言一覧(衆議院)

48期(2017/10/22〜)

第197回国会 財務金融委員会 第2号(2018/11/20、48期、自由民主党)

○本田委員 おはようございます。自由民主党の本田太郎でございます。  質問の機会を頂戴いたしまして、まことにありがとうございます。私からは、二点について質問をさせていただきたいと思います。  まず一点目は、軽減税率についてであります。  法律で定められましたとおり、来年十月には消費税が一〇%に上げられる予定であります。消費税増税は、主に、増税前の駆け込み需要、また消費増税後の反動減、そして消費増税後の実質所得の減少を通じた消費の下押しという三つの要因によって実体経済に影響を及ぼすというふうに言われております。  実際、前回の二〇一四年四月の消費増税時には、増税後に実体経済が想定よりも大きく下振……

第198回国会 議院運営委員会 第25号(2019/05/23、48期、自由民主党)

○本田委員 本日はありがとうございます。自由民主党の本田太郎でございます。  本日は、質問の機会をいただき、ありがとうございます。早速ですが、田中弥生検査官候補者に質問をさせていただきたいと存じます。  候補者は、非営利組織論、評価論を専門分野とされ、同分野について高い見識をお持ちでいらっしゃいます。また、行政改革推進会議、政策評価審議会、財政制度等審議会において国の行財政や政策評価などに関する審議に参画されるなど、国民の視点に立った行政運営にも精通をしておられます。  会計検査院は、日本国憲法第九十条の規定により、国の収入支出の決算の検査を行うほか、法律に定める会計の検査を行う機関であります……

第201回国会 財務金融委員会 第3号(2020/02/14、48期、自由民主党・無所属の会)

○本田委員 おはようございます。自由民主党の本田太郎でございます。  本日は、質問の機会をいただき、まことにありがとうございます。  時間も限られておりますので、早速質問に入らせていただきます。  昨日、日本国内では初めて、神奈川県におきまして、新型コロナウイルス感染者の方が亡くなられました。心より御冥福をお祈り申し上げます。  また、その方の義理の息子さんであるタクシードライバーの方や和歌山県の医師の方など、いまだ感染ルートが特定されない方々への感染も確認されており、感染ルートの特定や感染拡大防止へのさらなる努力が必要だと考えております。  新型コロナウイルスの感染拡大につきましては、中国の……


各種会議発言一覧(衆議院)

48期(2017/10/22〜)

第196回国会 予算委員会第三分科会 第1号(2018/02/23、48期、自由民主党)

○本田分科員 おはようございます。  質問の機会を頂戴しまして、まことにありがとうございます。  早速ですが、まずは、税関関係について質問をさせていただきます。  二〇一七年の訪日外国人者数は、約二千八百六十九万人までに到達をいたしました。二〇一二年が八百三十六万人ですから、わずか五年で三倍以上に急増したということであります。政府においては、二〇二〇年までに四千万人、二〇三〇年までに六千万人の目標を掲げておられると承知しています。  そうした観光政策のもと、私の地元、京都舞鶴港におきましても、数年前までにはほとんど見かけなかった外航クルーズ船の入港が増加をしております。観光関連産業の皆様はもち……

第196回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2018/02/23、48期、自由民主党)

○本田分科員 自由民主党の本田太郎でございます。  質問の機会を頂戴しまして、まことにありがとうございます。  早速質問に入らせていただきます。  まず私も、郵便局に関する質問からさせていただきたいと思います。  私は、京都五区、いわゆる日本海側に面した、田舎と言われるような地域に住んでおります。私の住んでおります市には、実はコンビニエンスストアは三軒ほどありますけれども、ファストフードは一軒、マクドナルドのみがあるというような地域に住んでおりまして、少子高齢化が進む現在、その地域が郵便局をどれだけ必要としているかということを身にしみてよくわかっているつもりでおります。  少子高齢化が進む現在……

第201回国会 予算委員会第七分科会 第1号(2020/02/25、48期、自由民主党・無所属の会)

○本田分科員 自由民主党の本田太郎でございます。  本日は、質問の機会をいただき、ありがとうございます。  五問予定しておりますので、早速質問に入らせていただきます。  まずは、自動運転について質問いたします。  5Gの実用化やAI機能の向上など、科学技術の急速な進展が見込まれる中、今後、自動車の自動運転技術の発展により、我が国は多くの恩恵を受けることができる可能性がございます。  例えば、都市部においては運送事業者のドライバー不足の解消に寄与できますし、また、中山間地域においては高齢者など交通弱者の足の確保であったり、既存の公共交通機関の路線廃止に対して、自動運転を使った新たな交通手段の確保……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/21

本田太郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書