菊池重作 衆議院議員
23期国会発言一覧

菊池重作[衆]在籍期 : |23期|
菊池重作[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは菊池重作衆議院議員の23期(1947/04/25〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は23期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院23期)

菊池重作[衆]本会議発言(全期間)
|23期|
第1回国会(1947/05/20〜1947/12/09)

第1回国会 衆議院本会議 第23号(1947/08/09、23期、日本社会党)

○菊池重作君 今日直面せる食糧問題の解決は、わが國の重大事なりと思考せられるのであります。この食糧問題の解決のかぎは、供出対策の成否いかんにあると言うも過言ではないのであります。そこで今日の自由討議の議題といたしまして、食糧供出対策を提案する次第であります。以下いささか所見を述べまして、各位の御批判に訴えたいと思うのであります。  今日遅配・欠配が連続いたしまして、食糧危機が叫ばれるゆえんはいずれにありやと申しますれば、供出が円滑にいかないからであります。農林当局の言明によりますれば、米の供出を一一〇%に見込んで計画を立てたところ、一〇四%しか供出されなかつた。その結果六%の誤算を生じ、供出の……

菊池重作[衆]本会議発言(全期間)
|23期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院23期)

菊池重作[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|
第1回国会(1947/05/20〜1947/12/09)

第1回国会 運輸及び交通委員会 第41号(1947/12/04、23期、日本社会党)

○菊池重作君 本請願は常總鐵道を常盤線に乘入の請願であります。常盤線が非常に混雜して輸送に困難を感じているので、これが電化の請願はすでに一昨日採擇になりまして、第一期事業といたしまして、取手までの電化が來年度に實施されるということを當局から言明を得ておるのでありますが、來年度に豫算を計上されましてこれにかかりましても、これが實施され、實際に電化が行なわれるのは二十四年度以降になると考えられるのであります。そこで當分の處置といたしまして、この常磐線の混亂を緩和し、現在ある資材、人員によつて最大限度に輸送力を發揮することが、現時の日本の鐵道として最も望ましいところであると考えるのであります。この常……

第1回国会 国土計画委員会 第19号(1947/10/28、23期、日本社会党)

○菊池重作君 四七三號、四七九號共に霞ヶ浦治水に關する請願であります。四七三號は縣會議長菊田七平君の請願であり、四七九號は縣知事友末洋治君の請願でありますが、霞ヶ浦は御存知の通り茨城縣の中央にありまして、茨城縣におけるところの最も肥沃なる耕地がその周圍にあるわけでありまして、霞ヶ浦は利根川の沿岸でありまして、ひとたび利根川の増水が起りますと堤防が決壊いたしまして、この霞ヶ浦に利根川の水が押込みまして、ひとたびこの水が入りますと、排水口の利根川の底が高いために、一月も二月も湛水が捌けない、そのために、この豐沃なるところの茨城縣の中心にあるところの耕地が、三萬町歩も四萬町歩も水のために稻が腐つてし……

第1回国会 治安及び地方制度委員会 第8号(1947/08/07、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 この問題とは別ですが、月曜日の委員會の開催は午後一時からにお願いできないでしようか。なるべく大勢出席の上協議したいと思います。

第1回国会 治安及び地方制度委員会 第31号(1947/11/06、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 最近は集團強盗というようなものが大分横行するようになつておりますが、もし地方のの農村にこういうものが出現したとき、いかなる方法によつてこれを逮捕するか。來るべき警察の機能で、はたしてこういうものが取締られるかどうか、非常に疑問に思うのですが、そういうときの方法はどんなことでやるか、お聽きしたい。
【次の発言】 そういう場合には、ただいまの境界線の五百メートルとかいう問題はなくなりますか。その點はどういうふうにやるのですかわからないのですが、責任感において協力するということだけでは、どうも安心できないと思います。

第1回国会 治安及び地方制度委員会 第40号(1947/11/24、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 議事進行について……。久山警保局長の答弁は、あまりに詳細にわたりすぎて、かえつてその要点がわからなくなつてしまうと思うのであります。私は今の半分くらいの時間で、もつと明らかに話せるのではないかと思います。その点委員長もよく注意されて、時間がないのでありますから、議事を進行させる意味において、もう少し答弁を簡単明瞭にしていただきたいと思います。

第1回国会 通信委員会 第9号(1947/08/26、23期、日本社会党)

○菊池重作君 郵便年金支給額増額の請願について御説明を申し上げたいと思います。大體請願人の請願要旨を讀み上げまして、そのあとに私の意見を加えて申し上げたいと思います。  一、請願の目的 郵便年金支給額を増額して下さい。  二、拙者は昭和十七年金一萬五千六百十一圓六十四錢を即時終身年金として拂込み、郵便年金に加入、當時の契約に基き一箇月金百圓ずつ支給されております。  三、しかるところ物價が騰貴して百圓の年金では生活できない。貨幣價値が下落してゐるのであるから年金支給額を引上げてもらいたい。拙者は當年六十五歳しかも扶養家族三人あり(十一歳十二歳の女兒と精神異状ある妻と)この年金拂込金は拙者全資力……

第1回国会 電気委員会 第5号(1947/08/08、23期、日本社会党)

○菊池重作君 常磐線の電化につきましては、計畫が出ておるのであります。實は昨日も常磐線の沿線の筋の方が陳情に参つたのでありますが、最近の常磐線の混雑は実に言語に絶するものがあります。そして最近東京から疎開した人たち、あるいは家のない人、あるいは海外引揚の人たち等がこの沿線に住宅をもつておつて東京へ通つておるわけでありまして、そのためにかくのごとき混雑を呈しておるのであります。かような状態にありますので、この常磐線の電化は最も急を要すると考えられます。特にほかの幹線、路線に比べまして、常磐線の電化が一番後れておるやに聞いておるのであります。昨日もいろいろ調査報告を聽きますと、現在の設備電力によつ……

第1回国会 農林委員会 第14号(1947/08/22、23期、日本社会党)

○菊池重作君 御承知の通りこの旱天續きのために、茨城縣におきましては非常な旱害を受けておるのであります。特に茨城縣におきますところの南部の豊沃な地帶、結城、筑波、稲敷、新治、鹿島、この方面の旱害が特にひどいのであります。茨城縣は關東におけるところの穀倉でありまして、特にこの地帶が最も豊沃な地帶でありまして、この方面の収穫がとれるととれないとによつて非常な影響をもたらすということは、私が申すまでもないことであります。現在この地方におけるところの揚水場の田畑におきましては、比較的収穫はとれる見込みでありますけれども、しかしながらこれに要するところの揚水費の増加というものは収支償わない状態になると思……

第1回国会 農林委員会 第54号(1947/11/28、23期、日本社会党)

○菊池重作君 農地改革も大分どこでも進歩したようであります。茨城縣におきましても大體九〇%近く進んでおるようであります。しかしながら全縣的に平均に見とそうですが、中にはまだ三〇%あるいは二〇%というような、きわめて低調な所があるのであります。こういう状況にある村はいかなる事情であるかということを調べてみますと、それは地主の農地委員が委員長であつて、自作農の農地委員がこれに同調をいたしまして、不在地主の土地買上を行つた後には、ほとんど委員會も開いておらないというような所が多いのであります。その他すべて成積の惡い所を見ますと、いずれも地主の農地委員が委員長をしておる所が多いのがあります。どうしてこ……

第1回国会 農林委員会 第57号(1947/12/03、23期、日本社会党)

○菊池重作君 ただいま政府提案の農地改革の關する修正法律案が全會一致をもつて通過いたしたのでありますが、私どもはこの案に全幅的に信頼するものではないのであります。先日農政局長に對しまして、私は農地委員會の構成を變更する意思はないかという質問をしたのでありますが、それに對しまして農政局長は、政府はそういう意思はないということを言明されたのであります。しかしながら現にこの農地委員會の構成が不合理であるために、農地改革が非常に阻害されておるところの事實が非常に多いのであります。實は今日茨城縣の大穗村から陳情にまいつておるのであります。同村におけるところの農地改革の現状は、どうなつておるかということを……


■ページ上部へ

第2回国会(1947/12/10〜1948/07/05)

第2回国会 治安及び地方制度委員会 第10号(1948/02/26、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 地方財政の枯渇しておる点では非常に心配しておるわけですが、現在官有林の拂下げ、これについては特定の人にばかり拂い下げておるのでありまして、民有林と官有林の價格に非常な相違がある。ここに非常に利権かあるわけなのですが、地方財政委員会において、こういう官有林の拂下げというものに課税するようなことを研究したことがあるかどうか、課税の対象としてどういうものであるか、その点をお聽きしたいと思います。

第2回国会 治安及び地方制度委員会 第42号(1948/06/23、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 ただいま厖大な資料をもらつたので、まだ一まわり目を通しておりませんから、こまかい点については留保いたしますが、ちよつと見ましても、地方の税金は非常にかさんでおるのであります。このかさんだ理由は、六・三制であるとか、地方警察、その他いろいろあるでありましようが、最近こういうふうにたくさんの税金が地方にかけられると、地方の自治体は破産する以外にないと思うのでありますか、これに対して、野溝國務大臣にお伺いしたいのですが、こういうふうに地方へかかつてくる、またかけなければならない、この税金のかかる原因である、六・三制の費用、あるいは地方警察の費用というようなものを全部國庫で負担すべき……

第2回国会 治安及び地方制度委員会 第44号(1948/06/25、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 先日茨城縣水海道方面の集團窃盗の件につきまして質問をしたのですが、その折事情を調査して報告するという当局の話でありましたが、その後何らか話があつたかどうか伺いたい。
【次の発言】 ひとつ請求してもらつてください。

第2回国会 治安及び地方制度委員会 第45号(1948/06/26、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 総理大臣にお伺いしたいのですが、最近私どもの机の上に毎日のように全國の各町村長からはがきが届いております。その書面によりますと六・三制による出費を全額國庫負担として、即時断行してもらいたい。こういう意見であります。私どもも代議士として國民の選挙によりまして出て來ておる関係上、この点をぜひ聽いておかなければならないと考えますので、質問するわけであります。  現在の地方自治体の出費というものは非常に嵩んでおりまして、六・三制は申すに及ばず、地方警察あるいは水害予防、災害復旧というようは点で非常に出費が殖えておるのでありまして、このままいけば、町村の財政は破滅に陷るよりほかないので……

第2回国会 治安及び地方制度委員会 第47号(1948/06/29、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 ただいま猪俣君からの質問によつて、いろいろ薀蓄のある内容をお聽きすることができたのであります。実は私どももこの法案に対していろいろ危惧の念をもつておりましたけれども、私どもは法律に素人でありまして、その急所をつかむことができなかつたのであります。今猪俣君からのお話を聽きまして、まことに適切な質問であろと考えますので、本委員会における討議は終了いたしておりま出すけれどもうそういう意味合において、特別の処置をもちまして、今の質問に対して政府当局からの答弁をお願いしたいと思います。
【次の発言】 先ほど議事進行についての発言によつて政府委員の答弁をお願いしておるわけですが、時間がな……

第2回国会 治安及び地方制度委員会 第49号(1948/07/01、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 どうも野溝國務大臣と鈴木さんとの質問應答は、ぴつたりピントが合つていない。鈴木さんは公務員以外の者は絶対に入れないという点だけで、簡單だと思うのです。それを答弁の方は、ここがはつきりしてない。公務員として、任務を帶びてそこを臨檢に來たとか、監視に來たとかいう人以外は入れないというようにしてもらえばいいのだが、そちらの方の話は警察官であればはいつてもいいというようにしか聞えないのですね。そごをはつきりしてもらいたい。

第2回国会 治安及び地方制度委員会 第52号(1948/07/04、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 代つて簡單に理由を申し上げます。先ず電気、ガス税反対の請願を申し上げます。本税は課税の根本要素たる担税能力と付らの関係もない人頭割当的な消費税であり、悪平等を越えた貧乏人いじめであるというのが第一の理由であります。そもそも家庭におきまして、電気をもつて、ガスをもつて炊事を行う場合、その消費量は決して担税能力を表わすのではなく、金持ちも貧乏人もほぼ均等に近い消費をするものでありますが、かかるものに同一の率で税金を課することは貧乏人いじめである。第二には生産方面における電気、ガスはいずれも工場の基礎資材であり、從つて電気、ガス税はすべてのものの生産費に影響するから、経営者はこれを……

第2回国会 農林委員会 第14号(1948/06/07、23期、日本社会党)

○菊池重作君 ただいま鈴木君から詳しいお話がありましたから簡單に申し上げます。わが茨城縣の麦作の状況は、この間視察に行つてくだすつた人たちによつて報告されましたけれども、この間の視察は大体雹害を中心にして、その他の病虫害は從になつておつたように考えられるのであります。なるほど雹害の被害は実に惨憺たるものがあることは申すまでもないのでありまして、これに対する対策を特に要望することは申すまでもありませんけれども、その後におきまして急速に病害が蔓延してきまして、わずか一週間ばかりの間にほとんど小麦が白く立ち枯れてしまつたというような状態にあるわけであります。これをよくごらんになつていただけばわかりま……

第2回国会 文教委員会 第3号(1948/05/05、23期、日本社会党)

○菊池重作君 文化日本建設は教育の全國的普遍化にあると思います。今までの教育は教育機関が東京に集中されておつたきらいがあると考えられまするので、今日新教育態勢がすでに確立せられ、新制大学の基準、また決定を見ておる今日、教育の機会均等及び学校の地方分散の要はいよいよ切なるものがあると痛感するのであります。ここにわが茨城縣は水戸市に綜合大学を建設いたしたいと思いまして、本請願をいたしたのであります。古來わが茨城縣の地は文化日本史上特異の存在を示し、わが國の文化の進展に幾多貢献をなしたることは歴史の示すところであります。殊に縣と水戸市を中心とする教育環境は文教の府としてまことにふさわしいものであると……


■ページ上部へ

第3回国会(1948/10/11〜1948/11/30)

第3回国会 農林委員会 第1号(1948/11/09、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 ただいま長官は山口君の質問に対しまして、事情やむを得ないものには強権発動を今までしかなつた、こう言われておりますが、茨城縣等におきましてはそうではない。実際の事情やむを得ないものにまでどしどし強権発動をやられておる。安孫子局長の話によると、やつておらないと言いますが、実際やつておる。現に茨城縣におきましては、麦の供出が完了できないで非常に困つておるのであります。それはどうしてできないかと申しますと、縣の方針によつて補正割当をやつた。ところが、末端の町村に行きますと、食糧調整委員というものがかつてな補正をやりまして、被害を受けないものにまで補正を平均にやつておる。そういう結果被……

第3回国会 農林委員会 第10号(1948/11/26、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 茨城縣の雹害に対しましては、区域は非常に小さかつたけれども、非常に被害が大きかつたために、種、苗そういうものが全滅しておる、従つて種、苗の補給等についてもいろいろ心配をしていただくように縣の方からも、農林省の方へ陳情があつたわけです。それから営農資金に対する融資の問題等も申請したわけでありますが、それに対しまして、いかなる方策がとられたか、その点を御説明願いたいと思います。
【次の発言】 献穀といいましても、一握り持つて行くりと、それからこれを悪用いたしまして、一升も二升も献穀するということになつて來るとこれは取締りがつかないと思うのでありますが、この点はどんなふうに提案者が……


■ページ上部へ

第4回国会(1948/12/01〜1948/12/23)

第4回国会 農林委員会 第3号(1948/12/07、23期、日本社会党)

○菊池(重)委員 金融問題について二、三質問いたしたいと思います。農業手形の貸付けは、大体去年と同じような形式でやられると思いますが、当面の問題といたしましては農村としてはすぐ農業手形の必要にも迫られておらないと思います。一番必要なのは春肥の購入でありまして、その当時になりますと農村資金が非常に枯渇して、肥料の購入に困るのですが、昨年の春肥の購入につきましては、当時協同組合と農業会の切りかえのときで、徹底しない感もあつたでしようが、この農業手形というものが末端によく流通されておらなかつたのでありまして、今年はこの点に留意いたされまして、よく徹底して、この困る農民に貸し付けられるようにお願いした……


菊池重作[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院23期)

 期間中、各種会議での発言なし。

菊池重作[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|23期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

菊池重作[衆]在籍期 : |23期|
菊池重作[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院議員(五十音順) 23期衆議院議員(選挙区順) 23期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。