小林亦治参議院議員 2期国会活動まとめ



在籍期: 2期(1950/06/04-) -  3期(1953/04/24-)
2期在籍の他の議員はこちら→ 2期参議院統計  2期参議院議員


参議院本会議(2期)

 2期本会議 -  3期本会議

本会議発言統計

   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  1回発言   1651文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  1回発言   3626文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  5回発言   9103文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言
  第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14)  1回発言   2096文字発言

        2期通算   (1950/06/04-1953/04/23)  8回発言  16476文字発言

本会議発言一覧

第10回国会 参議院 本会議 第51号(1951/06/02、2期)

私は只今の決算委員長の御報告に関しまして、日本社会党を代表いたしまして若干の御質問を申上げます。(「やれ」と呼ぶものあり)国務大臣であり、而も一国の司法権を管理する最高の地位である法務総裁というからには、必ずしも神様のような立派な者でなければならぬということは申上げません。併しながら、少くとも何人か………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第15号(1951/11/09、2期)

私は日本社会党を代表いたしまして、食糧増産対策としての開拓行政に関しまして、要望を加えまして政府に御質問を申上げたいと存じます。政府が最近までに躍起となつて唱えたところの米麦の統制撤廃案に関しては、朝野の間に極めて非難の声があつたのでありますが、国民の声などにはすでに耳の遠くなつた政府が、ドツジさん………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第10号(1952/02/04、2期)

私は日本社会党第二控室を代表いたしまして、全国の五百万農家、なかんずく十五万開拓農民のために、政府に御質問をいたしたいと存じます。食糧の不足を海外に期待することが如何に危險であり、国政としては愚策であるというのほかはありません。いわんや国内増産が可能である場合においては、なお然りであります。国の自存………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第24号(1952/03/25、2期)

私は日本社会党第二控室を代表しまして、只今の決議案に対して賛成の討論をなさんとするものであります。(「もういいよ」「黙つて」と呼ぶ者あり)先ず第一に、吉田内閣が幕府にあらずと言うならば、念のためにもう一遍日本国憲法を読み直さなければならんことであります。諸君御案内の通り(「的を外すなよ」と呼ぶ者あり………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第53号(1952/06/18、2期)

私は、只今上程の開拓者資金融通法の一部を改正する法律案に対し、止むを得ず賛成する理由を、只今委員長の御報告に加えまして、討論を以て述べてみたいと存じます。食糧の自給は国の独立にとつて最小限度の要件であると同時に、軍備よりも何よりも真つ先に取上げられなければならぬことは、殆んど常識であるにもかかわらず………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第56号(1952/06/27、2期)

私は日本社会党第二控室を代表しまして、今回上程の国会法の改正案に対する賛成の討論をなさんとするものであります。先ず第一に、国会の運営は、いつ如何なる場合でも憲法並びに国会法の枠内においてのみ許されなければならんことは当然のことであります。第二の問題として、国会の運営が憲法に規定なき事項に関しましては………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第64号(1952/07/07、2期)

先ほどの委員長の御報告の通り、農地改革という大きな使命を担つたところの自作農創設特別措置法及び農地調整法の適用を受けるべき土地の讓渡に関する政令等、いわゆる革命力を持つところのこれらの法規は、ポツダム政令でありますために、本年十月二十五日以降はその効力を失う結果、農地の取引が自由になり、再び不在地主………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第31号(1953/03/06、2期)

私は、第十二国会以来、本会議の壇上から、或いは委員会の席上において、国内食糧の自給度を完遂することが日本の独立への最大条件であることを強調し、その余地の十分に存することを唱えて参つたのであります。政府も又輿論化したこれらの主張に応えて昨年八月、食糧増産計画として今後十カ年を予定し、差当りその五カ年計………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

参議院委員会(2期)

 2期委員会 -  3期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第8回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  5回発言   7328文字発言
  第9回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言   2833文字発言
 第10回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24) 11回発言  12128文字発言
 第12回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  5回発言   3076文字発言
 第13回国会 52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 52) 30回発言  57356文字発言
 第15回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  6回発言   9849文字発言

   2期通算 116回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員116) 60回発言  92570文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。また、参議院では閉会中審査が次の選挙期に入る日付で行われることがありますが、この場合は前期に含めています。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45) 23回発言  42755文字発言

 決算委員会
            44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44) 23回発言  38716文字発言

 建設委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25) 12回発言   9845文字発言

 懲罰委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言   1254文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

■ページ上部へ

参議院質問主意書(2期)

 2期質問主意書 -  3期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期: 2期(1950/06/04-) -  3期(1953/04/24-)
2期在籍の他の議員はこちら→ 2期参議院統計  2期参議院議員
データ更新日:2019/07/15