移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計*
 3期参議院議員活動統計*
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

松永義雄参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  2期(1950/06/04〜)    4回   11816文字
  3期(1953/04/24〜)    4回   22680文字




参議院本会議発言一覧

第12回国会 参議院 本会議 第22号(1951/11/26、2期)

私は只今議題となりました綱紀斎生の決議案に関して、もとより賛成でありますが、二つの希望を添えて政府公務員の自粛と緊張とを期待するものであります。その第一は、政府及び政府機関の公務員の粛正と共に、民間経済人の粛正を敢行し、その自粛を願うものであります。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 参議院 本会議 第24号(1951/11/28、2期)

私は社会党第三控室を代表しまして、只今議題となつています法人税法案及び所得税法案について賛成いたすと共に、三つの強い希望を申上げたいと存ずるのであります。その第一は、終戰直後の日本経済復興のために通貨膨脹政策がとられまして、これがために商工業は或る程度の復興を見ましたが、勤労階級は低賃金と物価高のた………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 参議院 本会議 第42号(1952/05/23、2期)

私は社会党第二控室を代表いたしまして、只今議題になつております食糧管理法の一部を改正する法律案に反対するものであります。その理由は、第一に、本案は、つまるところ農民から安く麦を買つて消費者に高く売り、新たに民間の産業資本家に中間搾取を認めんとする悪案であるのであります。勿論政府の統制下にあります現在………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 参議院 本会議 第16号(1952/12/24、2期)

私は日本社会党第二控室を代表いたしまして、永非純一郎君提案の修正案に賛成し、昭和二十七年度予算補正三案の政府原案に対し反対の意思を表明するものであります。その理由の第一は、独立後の新らしい財政の方向は、ドツジ・ラインの修正でなければならないのでありまして、このために我々は超均衡財政を均衡財政に置き替………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第12号(1954/02/25、3期)

只今議題となりましたしやし繊維品の課税に関する法律案に対して、社会党第二控室を代表して数点の質問をいたしたいと思うのであります。第一に質問いたしたいことは、繊維品課税が消費税でありますから、物価の値上げを来たすということであります。本法案に明らかに繊維品課税は消費者の負担にするのであるということを規………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 参議院 本会議 第46号(1954/05/14、3期)

只今議題となりました補助金等の臨時特例等に関する法律案の特別委員会における審査の経過並びに結果について御報告申上げます。特別委員会は、去る三月一日本法律案の審査のために設置されたものでありますが、委員会におきましては、翌二日委員長及び理事の互選を行い、来二十二回に亘りまして慎重に審議いたしたものであ………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 参議院 本会議 第5号(1954/12/06、3期)

私は日本社会党第二控室を代表いたしまして、只今上程せられました政府提案になる補正予算三案に対して、反対の意を表するものであります。政府のデフレ政策は、金融の引締と財政の緊縮により、一兆円の枠内において二十九年度の予算を編成して来たのでありますが、今日の情勢を見ますと、金融引締による被害は、農民、中小………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 参議院 本会議 第7号(1955/01/24、3期)

私は日本社会党第二控室を代表しまして、鳩山内閣の施政方針並びに財政、外交の基本政策につき数点の質問をいたしたいと思います。鳩山内閣は選挙管理内閣として成立したのでありますが、一昨日一応の政策が羅列されたわけであります。予算及び法律の裏づけの義務のない政策であるために、宣伝的総花政策を掲げるというよう………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11