移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計*
 19期参議院議員活動統計*
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

池田幹幸参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

 18期(1998/07/12〜)    3回    9407文字
 19期(2001/07/29〜)   10回   30767文字




参議院本会議発言一覧

第143回国会 参議院 本会議 第13号(1998/10/05、18期)

私は、日本共産党を代表して、自民、民主、平和・改革、三会派提出の金融再生法案など八法案及び日本共産党提出の金融正常化法案など四法案に関し、総理、大蔵大臣並びに各発議者に質問します。戦後最悪の不況のもとで、雇用の拡大、実質所得の回復など具体的な不況対策が切実に求められているのに、金融機関の不良債権の処………会議録へ(外部リンク)

第147回国会 参議院 本会議 第19号(2000/04/21、18期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました二法案について、総理並びに大蔵大臣に質問します。本題に入る前に、重大な問題となっている株価維持操作、PKOについて伺います。会議録へ(外部リンク)

第150回国会 参議院 本会議 第10号(2000/11/14、18期)

私は、日本共産党を代表して、財政政策について総理及び大蔵大臣に質問します。二〇〇〇年もあと一カ月余りとなりました。二十一世紀を目前にして、我が国経済は、自公保政権のもとで、国民にとって明るい希望の持てる状態にはありません。今なお九〇年代不況から抜け出せていません。しかも、財政危機はますます進行してい………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 参議院 本会議 第9号(2001/11/09、19期)

私は、日本共産党を代表して、財政政策について総理並びに財務大臣に質問します。完全失業率五・三%、不況はいまだかつて経験したことのない深刻な段階に突入しております。その上に、同時多発テロ、リストラ・空洞化の進展、ずさんな狂牛病対策の影響が景気の足をさらに引っ張っています。他方、財政危機はますます進んで………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第8号(2002/03/13、19期)

私は、日本共産党を代表して、公債発行特例法案並びに租税特別措置法案について、関係大臣に質問します。小泉総理は、構造改革なくして景気回復なし、改革なくして再生なしと言い続けております。しかし実際はどうか。日本経済は、小泉内閣誕生以来、再生に向かうどころか、一貫して縮小し続けているではありませんか。先週………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 参議院 本会議 第36号(2002/07/03、19期)

私は、日本共産党を代表し、カナナスキスにおけるサミット並びに日米首脳会談に関する報告について、総理に質問します。まず、中東問題について伺います。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 参議院 本会議 第8号(2002/11/22、19期)

私は、日本共産党を代表して、預金保険法改正案等三法案について、小泉総理に質問します。政府は、十月三十日、本法案の政策的基礎となった改革加速のための総合対応策を発表しました。そこでは、不良債権処理を加速することにより、金融仲介機能の速やかな回復を図るとともに、資源の新たな成長分野への円滑な移行を可能に………会議録へ(外部リンク)

第155回国会 参議院 本会議 第13号(2002/12/11、19期)

私は、日本共産党を代表して、預金保険法等一部改正法案及び金融機関等の組織再編成特別措置法案に反対する討論を行います。小泉内閣は、金融再生プログラムと改革加速のための総合対応策、いわゆる総合デフレ対策を打ち出しました。本二法案はその中に位置付けられたものであります。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第9号(2003/03/14、19期)

私は、日本共産党を代表して、所得税法等改正案及び公債特例法案について塩川財務大臣に質問します。小泉内閣は、構造改革なくして景気回復なしのスローガンの下、国民に痛みを押し付け、我慢を強い続けて二年近くになろうとしていますが、この小泉流構造改革によって日本経済と国民生活はどうなったでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第33号(2003/06/13、19期)

私は、日本共産党を代表して、保険業法の一部改正案について、竹中大臣に質問します。第一の問題は、本法案が、保険契約者の保護という看板とは裏腹に、大幅な保険金カットにより保険契約者である国民の生活設計に大打撃を与えるものだということです。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第41号(2003/07/18、19期)

私は、日本共産党を代表して、保険業法一部改正案に反対する討論を行います。本法案に反対する第一の理由は、契約者が受け取る保険金を最大四〇%も削減し、国民の将来に重大な打撃を与えるものだからであります。会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第25号(2004/05/28、19期)

私は、日本共産党を代表して、金融機能の強化のための特別措置に関する法律案及び預金保険法一部改正案について、小泉総理及び竹中金融担当大臣に質問します。バブル崩壊後の長期にわたる不況の中で、一部の大企業が史上空前の利益を謳歌するに至っていますが、他方、中小企業、地域経済は依然として冷え込んでいます。これ………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第30号(2004/06/14、19期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました財政金融委員会において審査中の金融機能の強化のための特別措置に関する法律案及び預金保険法の一部を改正する法律案の二法案について、速やかに財政金融委員長の中間報告を求めることの動議に対し、怒りを込めて反対の討論を行うものであります。そもそも、国会法五………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2016/12/11