移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

石田博英衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  23期(1947/04/25〜)   11回   14173文字
  24期(1949/01/23〜)   16回   22516文字
  25期(1952/10/01〜)    0回       0文字
  26期(1953/04/19〜)    0回       0文字
  27期(1955/02/27〜)    6回   16205文字
  28期(1958/05/22〜)    1回    1473文字
  29期(1960/11/20〜)    4回    7528文字
  30期(1963/11/21〜)    9回   18870文字
  31期(1967/01/29〜)    0回       0文字
  32期(1969/12/27〜)    0回       0文字
  33期(1972/12/10〜)    2回   12344文字
  34期(1976/12/05〜)    4回    7686文字
  35期(1979/10/07〜)    0回       0文字
  36期(1980/06/22〜)    1回    2680文字




衆議院本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第32号(1947/08/30、23期)

お許しを得まして、議事進行に関し一、ニ政府の所信を質してみたいと思います。ほれた弱みにはあばたもえくぼ、ということがあります。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第50号(1947/10/28、23期)

ただいま諸君がお聴きの通り、わが党岩本君の討論中、社会党の叶凸君から、生産物割当に対する責任は農林大臣にありという岩本君の発言に対して―――――――であるという発言をせられた。諸君がお聴きの通りであります。この発言は、本員はきわめて不穏当なものと認定いたしまするし、また諸君においても同様であろうと私………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第51号(1947/10/29、23期)

私は、日本自由党、日本農民党、第一議員倶楽部を代表いたしまして、社会党所属議員叶凸君を懲罰委員会に付するの動議を提出いたすものであります。動議の提出の理由を御説明申し上げます。諸君御承知の通り、昨二十八日本会議において、臨時農業生産調整法案が自由討議の議題に供せられ、日本自由党所属岩本信行君が討議を………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第74号(1947/12/08、23期)

日本自由党は、田口助太郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第12号(1948/01/31、23期)

私は、日本自由党を代表いたしまして、本決議案に賛成の意を表するものであります。昨年夏、七月、八月、九月の三度にわたりまして、東北、関東両地方を襲いました大水害は、過去数十年間においてその類例を見ないとういうほど激甚なものでありました。その被害の状況につきましては、ただいま山崎委員長から詳細申し述べら………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第7号(1948/11/09、23期)

常任委員長の選挙は、その手続を省略して、議長において指名せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第8号(1948/11/10、23期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわちこの際、林百郎君提出、総理大臣の施政方針に関する緊急質問を許可せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/11/16、23期)

私は、民主自由党を代表いたしまして、ただいま提出せられましたる決議案に賛成の意を表するものであります。本年夏、北海道、東北、関東各地を初め全国を襲いましたところのアイオン台風の被害並びにその他の災害の実況につきましては、ただいま提案者からるる説明がありましたので重複を省きます。けれども、この際災害復………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第4号(1948/12/06、23期)

私は、ただいま議題と相なつております議員芦田均君、北浦圭太郎君、川橋豊治郎君の逮捕について院の許諾を求める件につき、民主自由党を代表しまして所見を述べ、討論を行う者であります。これらの方々は、いずれも数回当選せられた議会政治の功労者であり、またともに日本自由党において私どもと党籍を同じくし、今日不幸………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/12/11、23期)

ただいま議題に供せられました昭和二十二年度及び同二十三年度衆議院予備全支出の件に関して御説明をいたします。昭和二十二年度国会予備金のうち、衆議院予備経費の予算額は四百五十万円でありまして、昨昭和二十二年十二月五日までに支出いたしました分については、前常会において承諾を得ておりますから、今回報告の上御………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第11号(1948/12/13、23期)

ただいま議題となりました国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案について、提案の理由を御説明いたします。本案は議院運営委員会において立案したものでありました、国会議員の歳費は、今回内閣総理大臣を初め特別職の官吏の俸給の改正に対應いたしまして、この改正案を提出した次第であります………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第4号(1949/03/25、24期)

民主自由党は栗山長次郎君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第6号(1949/03/28、24期)

三宅正一君は、しばらく追放に該当せられておつて、戰後のわが国の政治の現実について御存じがないと見えます。(拍手)從つて、前もつて、三宅君がお休み中におきまする、現在三宅君が所属しておられる社会党の片山内閣がどういうことをやつて参つたかということを、念のために申し上げておきたいと思うのであります。(拍………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第7号(1949/03/29、24期)

ただいま共産党の志賀義雄君からなされました御質問は、大部分御意見にわたつておることと私は考えます。さらにまたこの問題につきましては、運営委員会におきまして、すでに約一週間にわたりまして、しばしば質疑應答を重ねて参つたのであります。志賀義雄君が、今日われわれの見解であると称して述べておられることにつき………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第8号(1949/03/30、24期)

民主自由党は若林義孝君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第29号(1949/05/14、24期)

お立場が違うと、はなはだけつこうな御義論ができるもので、私ども片山内閣並びに芦田内閣二代にわたる議会運営の経過を野党といたしまして見て参りました者から、ただいま社会党の反対の御議論を承つて、まことに笑止千万であります。(拍手)卑俗な言葉を用いますならば、へそが茶を沸かす議論であるといわざるを得ないの………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第15号(1949/11/24、24期)

民主自由党は中川俊思君を指名いたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第21号(1950/03/04、24期)

私は、自由党を代表いたしまして、ただいま提出されております。天野久君外数名の諸君の提出にかかわる大蔵大臣兼通産大臣不信任に関する決議案、並びに共産党の提出いたしております同様趣旨の決議案に対しまして、反対の意を表明いたす次第でございます。(拍手)ただいままで、それぞれ提出者から提案理由の説明があつた………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第37号(1950/04/15、24期)

ただいま議題となりました国会閉会中委員会が審査を行う場合の委員の手当に関する法律の一部を改正する法律案及び衆議院事務局職員定員規程中一部改正案について、提案の理由を簡單に御説明いたします。まず閉会中委員会が審査を行う場合の委員の手当に関する法律の一部改正の案について申し上げれば、国会閉会中委員会にお………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第5号(1949/12/17、24期)

ただいま議題に供せられました昭和二十三年度、昭和二十四年度衆議院予備金支出の件について御説明いたします。昭和二十三年度国会予備金のうち、衆議院予備経費の予算額は七百万円でありまして、昨昭和二十三年十月二十六日までに支出された分については、すでに前の常会において承諾を得ておりますから、今回報告の上御承………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第7号(1950/12/02、24期)

私は、自由党を代表いたしまして、ただいま提出せられてお与まする決議案に対し、第一に、この決議案の提出者の資格に疑点があること、第二に、この決議案の文面とその裏に盛られておる内容とに著しい差異があること、第三に、この決議案の前提となるべき現下の客観情勢に対する認識が、まつたくあきれ返つた誤認の上に立つ………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第29号(1951/03/31、24期)

関税定率法の一部を改正する法律案の両院協議会の経過及び結果について御報告申し上げます。協議委員は、先刻議長より指名せられまして後、ただちに協議委員の議長、副議長の互選を行い、その結果、議長には不省私が、副議長には倉石忠雄君が当選いたしました。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第35号(1951/05/17、24期)

食糧管理法の一部を改正する法律案の両院協議会の経過並びに結果について御報告申し上げます。本案は、御承知のごとく衆議院において可決せられ、参議院で否決されましたため、去る三月三十一日、両院協議会を開くことになつたものであります。両院協議会は、三月三十一日初回の会議を開き、衆議院の田中啓一君、参議院の羽………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第40号(1951/05/25、24期)

ただいま議題となりました日本国有鉄道法の一部を改正する法律案の両院協議会成案について、協議会の経過並びに結果を簡單に御報告申し上げます。本案は、御承知の通り去る三月三十一日両院協議会に付されたものでありまして、時あたかも地方選挙の直前でありましたため、協議会においても、できるだけすみやかに成案を得て………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第46号(1951/06/02、24期)

ただいま議題となりました教育公務員特例法の一部を改正する法律案の両院協議会成案について、協議会の経過及び結果を簡單に御報告申し上げます。協議委員の互選によりまして、議長には不肖私、副議長には倉石忠雄君が当選いたしました。なお参議院側の議長は堀越儀郎君、副議長は矢嶋三義君であります。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第10号(1952/02/05、24期)

ただいま議題に供せられました昭和二十五年度及び昭和二十六年度衆議院の予備金支出の件について御説明いたします。昭和二十五年度衆議院予備金のうち、昭和二十五年十二月九日までに支出された分については、すでに前の常会において御承諾を得ておりますからこれを除き、今回御承諾を得る分は、その後支出いたされました六………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第3号(1951/12/13、24期)

ただいま議題となりました国家公務員法等の一部を改正する法律案について提案の理由を簡單に御説明いたします。本案は議院運営委員会において立案したものでありまして、御承知のように、国会職員は本年十二月末日まで一般職に属する職員とされているのでありますから、明年一月一日以降一般職から特別職へ切りかえをいたす………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第34号(1955/06/28、27期)

ただいま議長から御報告に相なりました故衆議院議員細野三千雄君に対し院議をもって弔詞を贈呈し、その弔詞はこれを議長に一任するの動議を提出いたします。(拍手)細野さんは、去る二十五日、病のため逝去されました。私は、この際、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、つつしんで哀悼の辞を申し述べたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 本会議 第2号(1957/11/02、27期)

私に対する御質問の第一は、生産性の向上に伴いまする労働者に対する分配の問題、麦るいは、それにからんで、経営者健が今コストインフレという問題を取り上げて労働者の賃上げ要求を押えようとしていることについて、どういう考えであるかという御質問であるようであります。私は、生産性の向上に伴いまする労働者の賃金収………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第7号(1958/02/01、27期)

松野君の御質問のうち、私に関する分についてお答え申し上げます。まず第一に、賃金と物価の悪循環をもたらすような現在の労働運動のあり方について政府はどう考えるかということでございますが、基本的に、労働省は、わが国経済の進展に伴いまして、労働者諸君の生活条件の向上をはかっていくのが役目でございます。従って………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第9号(1958/02/18、27期)

最低賃金法案について、その趣旨を御説明いたします。終戦以来、わが国における労働法制は、労働組合法、労働関係調整法、労働基準法など急速に整備されたのでありますが、これらの法制により近代的労使関係が確立され、また、産業の合理化を促進し、わが国の経済復興に寄与するところ少くなかったことは、否定し得ない事実………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第18号(1958/03/20、27期)

だんだん健全になっております労働組合運動が、あの法律に規定しております他人の生命や財産を侵そうとする目的を持ったり、あるいは凶器を持ったりするようなことはないと信じますから、この法律は労働組合運動には適用いたしません。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第24号(1958/04/01、27期)

お答えを申し上げます。中央労働委員会が労、使、公益三者によって構成されておりまして、その三者の協議によって労働関係の紛争を予防し、あるいはこれを解決いたしまして、産業平和の確立と経済の発展に寄与することを期待しておりますのは、これは労調法の基本的な考え方でございます。従って、でき得れば三者の意見が一………会議録へ(外部リンク)

第36回国会 衆議院 本会議 第4号(1960/10/22、28期)

最低賃金法を全国一律八千円というふうに改める意思がないかという御質問でございますが、先般制定せられました最低賃金法は、ただいまその行政効果を上げるために鋭意努力をいたしておりまして、現在適用労働者数が三十万をこえておる状態でございます。これを向こう三カ年のうちに二百五十万人に適用するよう努力をしたい………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第4号(1961/01/31、29期)

雇用促進事業団の運営につきましては、松野君御指摘の通り、その世間から期待されております任務にかんがみまして、機構、人事、運営にあたって、情熱と使命感をもってやって参りたいと考えておる次第であります。ILO八十七号条約の批准につきましては、この条約は、ILOの各種条約のうちで基本的なものの一つでござい………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第9号(1961/02/23、29期)

私に対するお尋ねの第一点は、構造改革に伴いまして農業人口から二次産業、三次産業へ移っていく者に対する処置であると存じますが、この数は、所得倍増計画によりますと、三十五年度から四十五年度までの十一年間に大体二百四十二、三万と推定されるわけであります。まず第一に、これに対しましては、二次産業、三次産業の………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第17号(1961/03/17、29期)

第一の、正当な要求に対してはあたたかい態度をもって臨めということでありますが、この点につきましては、政府は、公労協の賃金の問題について、諸般の事情から、相当程度の賃金の上昇は認めるべきものであるという方針をとりました。そうして、従来は、団体交渉その他の公社側、現業側の回答はゼロであるのが通例でありま………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第23号(1961/03/30、29期)

鉱山の災害が続発いたしておりますことにつきましては、労働者保護並びに一般の産業安全の責任を持っておりまする立場から、きわめて遺憾に存じます。ここに、犠牲になられた方々の霊に対しまして、つつしんで哀悼の意を表しまするとともに、ただいま行なわれました御決議の趣旨を尊重いたしまして、特に中小企業の安全設備………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第40号(1964/06/24、30期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま上程されている社会党提出の池田内閣不信任案に対し、反対の討論をなそうといたすものであります。先ほどの、社会党河上委員長の提案理由説明を伺っておりますと、その理由と動因は、主として政府提出のILO八十七号条約批准案件の取り扱いに関するものでありまして、このほ………会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第4号(1964/11/24、30期)

労働行政の目的は人でありますから、したがって、その基調は人命尊重になければならぬことは言うまでもございません。したがって労働行政は、生産第一主義より安全第一主義で行なうように指導いたしておるつもりでございます。ただ、科学技術の進歩発展に法律が追いついていかない問題につきましては、法令の改正あるいは行………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第6号(1965/01/28、30期)

私に対する質問は非常に数が多いので、詳細は委員会等でお答えをいたすことにいたしまして、大綱についてお答えをいたしたいと存じます。まず第一に、失業対策事業の賃金が、本年度予算に計上されているものでは、生活保護費よりも低くなって、働くほうがばかをみるということになるのではないかということでございますが、………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第12号(1965/03/02、30期)

お答えを申し上げます前に、私もつつしんで犠牲者の方々に哀悼の誠をささげたいと存じます。御質問の第一は、保安監督行政の所管の問題でございます。現在鉱山保安行政は、御承知のごとき経緯のもとに通産省の所管になっておるのでありますが、私といたしましては、今回の事故にかんがみ、この問題について検討をいたさなけ………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第17号(1965/03/12、30期)

親企業が会社更生法の適用を受けました結果、下請企業に連鎖倒産が起こったり、あるいは、そのほか、倒産しないまでも、種々の困難を生じ、ひいては下請企業従業員の労働条件の低下を来たす、これが望ましくないことはむろんでありまして、基準行政の強化を通じまして、親企業に対してその責任を分担するように強い指導をい………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第24号(1965/03/30、30期)

ILO百十五号勧告は、私どもといたしましておおむね妥当なものと考えて、その線に沿って労働者住宅政策を推進いたしておるところでございますが、ただいま建設大臣から指摘されましたように、わが国の実情の中で問題点もございますので、細部にわたって全面的にこれを実施するというのには問題があるように思います。しか………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第30号(1965/04/09、30期)

趣旨の説明を申し上げます前に、一言発言をいたしたいと存じます。本日午前六時三十分ごろ、日鉄鉱業伊王島鉱業所でガス爆発が起こり、現在までに七名の死亡が確認され、なお十七名について救出作業が続行されております。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第31号(1965/04/13、30期)

鉱山保安法の改正の問題につきましては、いま通産大臣がお答え申し上げましたとおりでございまして、直接私の所管ではございませんが、労働大臣の持っておりまする勧告権を行使いたしまして、災害の未然防止に努力いたしたいと存じております。遺族に対する補償、及び就職、職業訓練についてでございますが、遺族に対します………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第43号(1965/05/13、30期)

私に対する御質問は、漁業に従事している勤労者諸君の福祉関係の向上、労働条件の向上、それからILO条約の批准の問題であると承知いたしておりますが、前段につきましては、確かに御指摘のとおり問題が多いと存じます。その改善につきまして、関係各省と協議の上、努力をいたしたいと存じております。また、ILO百十二………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第2号(1973/12/03、33期)

私は、自由民主党を代表し、総理の所信表明について、若干の質問を行ないたいと存じます。(拍手)その第一は、今回の石油危機を誘発した中東戦争に対処するわが国の外交姿勢に関するものであります。会議録へ(外部リンク)

第77回国会 衆議院 本会議 第3号(1976/01/26、33期)

私は、自由民主党を代表して、総理の施政方針演説に対し、若干の質問を行うことといたします。一昨年暮れに成立いたしました三木内閣は、三つの使命を持って出発したのであります。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第4号(1977/02/04、34期)

去る二十六日の産労懇におきまして、いま佐々木議員の御指摘のような内容を持った提案が宮田鉄鋼労連委員長からございました。それで、私どもは、いまこの議場でも議論されておりますわが国のこれからの経済問題の処理の中には、やはりどうしても人が中心にならなければならぬ。その人の力の中で、組織体としての人の力を円………会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第10号(1977/03/11、34期)

雇用保険法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。わが国経済は、今後、経済成長率が低下するものと見られており、これに伴って、景気の変動や産業構造の変化等が雇用の面に与える影響がますます大きくなるものと考えられております。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 本会議 第32号(1977/06/03、34期)

今回の日ソ漁業交渉の遅延、それから今後の漁獲規制等に伴って休業を余儀なくされた北洋漁業関連の水産加工業その他十種の業種につきましては、すでに雇用調整給付金の対象と決定をいたしております。また、漁獲規制あるいは減船その他によって離職を余儀なくされた漁業離職者であって、そして陸上部門の産業に再就職を希望………会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 本会議 第3号(1977/10/06、34期)

特に私の御指名がなかったようでありますが、せっかく議長から呼ばれましたので、所管のことについてお答えをいたしたいと存じます。雇用問題が重大であり、かつ雇用問題を処理するのには、雇用問題だけ別に取り上げて処理はできないことは言うまでもないのでありまして、したがって、五十二年度当初予算の前倒し発注あるい………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第16号(1981/04/07、36期)

ただいま議長から御報告がありましたとおり、本院議員川口大助君は、去る二月二十六日、御入院中の東京大田区東京労災病院において、結腸がんのため逝去されました。まことに痛恨哀惜の念にたえません。私は、ここに、諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、謹んで哀悼の言葉を申し上げたいと存じます。(拍手)会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/10/18