移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

鈴木義男衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  23期(1947/04/25〜)   23回   44453文字
  24期(1949/01/23〜)    9回   49643文字
  25期(1952/10/01〜)    1回    8625文字
  26期(1953/04/19〜)    2回    6255文字
  27期(1955/02/27〜)    3回   15392文字
  29期(1960/11/20〜)    3回   17334文字




衆議院本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第16号(1947/07/12、23期)

上林山君のご意見に対して、一言御釈明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第34号(1947/09/20、23期)

ただいま角田君から、最近に起こりました二つの不祥事件について御質問がありました。まことに、ともに遺憾な事件であります。この機会に少しく詳しく申し上げておきたいと存ずるのであります。まず田中檢事の事件でありまするが、まことのお言葉の通り遺憾に存ずるのであります。前里某という者と少しく前から懇意になつて………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第54号(1947/11/05、23期)

私に対する御質問の要旨がはつきりしなかつたのでありますが、何か新しくわくをつくることが不都合であるというような御趣旨に聞こえたのでありますが、私は別に新しいわくをつくるというようなことを申したのでありまして、新聞記者諸君がいろいろな質問を発せられまして、未だわくにあらざる「皇道」について問題が起こつ………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第58号(1947/11/13、23期)

石原君の御質問にお答えいたします。林国務大臣の一身上の問題については、いろいろ傳えられるところがありますが、いずれも正確とは申し上げかねるのであります。そのうち御報告申し上げる時期が参ると存じますが、ただいまは、まだその時期ではないのであります。私が十一月一日の閣議、しかも閣僚以外は全部斥けまして、………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第75号(1947/12/09、23期)

花村君の私に対する御質問は、あまりたくさんなかつたようでありまするが、治安維持のために晝夜心を砕いておりますることは、花村君と同感であります。できるだけ檢察陣営を充実いたしまして、不幸にして檢事を急速に充実させることはできないのでありまするから、副檢事を増員いたしまして、さらに司法警察官と同樣の権限………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第8号(1948/01/27、23期)

ただいま佐竹君から、平野前農相の追放問題について御質問があつたのであります。平野君の問題は、その経過上にいろいろの波瀾がありましたために、はなはだしい誤解が広く行われておるのであります。また佐竹君の御陳述の中にも、たくさんの事実の間違があるのでありまするから、この機会に、私から一應経過を御説明申し上………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/01/28、23期)

私に対する御質問は、ラジオの放送についてのようでありましたが、私、その放送を聴いておりませんので、よく存じませんが、先日自由党のお方々が私をお訪ねになりまして、不正取引に関する問題について私が話したことは、自由党を目標として申したのではないかというような御質問がありましたので、決してそういうことはな………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/02/02、23期)

山崎議員の御質問は、近時の犯罪の増加を憂えられまして、これに対して政府の対策を問われたのでありまするが、具体的の問題として、寿産院の問題を取上げられたわけであります。まことに嘆かわしい事件でありまして、私どもは、この問題は、刑事事件といたしましては、すでに検挙をし、起訴をいたしまして、ただいま公判に………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第35号(1948/03/30、23期)

警察のことは、御承知のように自治体警察も国家警察もともに公安委員会の管轄に属するのであります。まだ議会にその代表が出ておりませんので、便宜私からお答えいたしますが、やみ取引に対して警察官がもう少し手心を加うべきではないか。取上げられたために強盗になつたという実例を引かれたのでありますが、かつぎ屋を見………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第41号(1948/04/13、23期)

警察を代表する者が国会にただいま出ておりませんので、国務大臣として私からお答えをいたします。川合君の御質問は、浜松における乱闘事件でありまして、まことに不祥事でありまして、政府といたしましても遺憾に存ずるところであります。原因はまことにつまらないことから端を発したのでありまするが、しかし、ああいう乱………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第44号(1948/04/30、23期)

今回神戸・大阪に発生いたしました朝鮮人の騒擾事件は、まことに遺憾な事件であります。私は、二十七、八の両日にわたり、現地についてつぶさに調査いたしてまいつた次第であります。これを詳細に申し述べまするには長時間を要しまするので、ここにごく簡略に概要を御報告申し上げ、他は御質問等に應じて委員会等において申………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第46号(1948/05/07、23期)

警察のことは、御承知の通り国家公安委員会の管轄であり、内閣総理大臣の管轄でありまするが、総理大臣が所用で退席いたしましたので、総理大臣の命によつて私からお答えをいたします。ただいまの明禮君の御質問は、いずれも理由のある御質問と信じます。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第47号(1948/05/21、23期)

食糧檢閲のために警察官が多数出動をいたしておりますことは、ご質問の通りであります。御承知のように、食糧管理法は嚴重に食糧の横流しを禁止いたしておりますので、そういう疑いがあります限り、日本の警察官は、鉄道公安官たると国家地方警察官たると自治体警察官たるとを問わず、これを操作する義務をもつておるのであ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第48号(1948/05/22、23期)

私に対する御質問は、憲法違反であるかないかという問題でありますが、第二十五條の、日本国民は健康で文化的な生活を営む権利を有するという規定に反しないかこれは御承知の通り、立法の理想を述べた規定でありまして、そのことは、第二項に、国はすべての生活部面について、社会福祉、社会保障、公衆衛生に向上及び増進に………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第49号(1948/05/25、23期)

田口君の御質問は、信越工場武生工場の不正肥料配給事件の司法処理はどうなつているかということであつたようであるが、私としては、この報告を受けた記憶がありませんので、檢察局長を呼びまして尋ねましたところが、本廳としても、この報告をまだ受けておらないそうでありまして、すべて全国の事件は全部本廳に報告される………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第55号(1948/06/04、23期)

榊原君から癩患者の犯罪について御質問でありまするが、癩患者の犯罪はまことに困つた問題でありまして、もとより檢察当局としては、区別をして取扱うようなことはないのであります。しかしながら、癩患者であるということを発見いたしますれば、できるだけ通常の刑務所に收容せずに、特別の刑務所に收容をするか、あるいは………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第56号(1948/06/05、23期)

ただいま樋貝君より御質問がありまして、いろいろな点に触れられたわけでありまするが、中には、私どもも報告を受けておらないような事実をたくさん御存じであられまして、よほどその点に事実の相違があるやに解せられるのであります。よく御了解を願いたいと思うのであります。五月十日をもつて訴願委員会を廃止することは………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第58号(1948/06/08、23期)

倉石君の第一の御質問は、生産管理についで裁判所の態度が統一されておらないとうことでありまするが、裁判は独立でありまして、政府が何ら干渉をするわけにいかぬのであれまするが、確かに統一しておらないことは事実であります。生産管理の性格が千差万別であるから、自然そういうふうに相なるであろうと思うのでありまし………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第60号(1948/06/10、23期)

新聞記事が誤解をひき起しましたことにつきましては、深く遺憾とするところであります。一昨日の朝、一人の新聞記者が私のところにおいでになりまして、いろいろなお話をしましたときに、西尾問題についての感想を求められたのであります。もちろん、これはただいま特別調査委員会において調べておることでありまするし、ま………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第61号(1948/06/11、23期)

昨日、鍛冶君の最後の御質問に対してお答えいたさなかつたのは……会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第65号(1948/06/17、23期)

赤松君の第一の御質問は、りん請書が私の所へ到達した日が十日であるのか十一日であるのかということでありましたが、十四日の委員会では、突然で、書類を見ないで出席をいたしたのでありますから、私の記憶違いであつたのでありまして、十日に受取つたことに相違ないのであります。第二の、再調べを命じたかというお問いで………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第68号(1948/06/22、23期)

清沢君の御質問は、理研小千谷工場に起つた生産管理処分に関する取調べの問題であろうと思うのであります。お断りを申し上げておきまするが、警察は法務廳の管轄にないのでありまして、警察の方は国家公安委員が管轄をいたしておりまして、その最後の監督権は総理大臣がもつておるのであります。法務廳の方では、人権蹂躙の………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第73号(1948/06/29、23期)

私の…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第26号(1950/03/14、24期)

私は、日本社会党を代表して、本法案に対して反対の意見を開陳するものであります。本法案の立案に際しましては、われわれも参議したのでありまして、その大部分については賛成するにやぶさかでないのであります。なお、その細かい点については不満足な点も少くないのでありますが、根本的な三、四の点については、われわれ………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第10号(1950/07/29、24期)

近時政府の言動のうちには、憲法を無視し、あるいは憲法の精神をまつこうから蹂躪するかのごとき態度が少くないのでありまして、この際私は、この憲法制定に親しく当られましたる総理大臣に若干所見をただしたいのであります。その第一は朝鮮事変に関連してであります。吉田総理は、過般来たびたび、朝鮮事変の勃発に際して………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第1号(1950/11/21、24期)

本院議員大和義栄君は、去る八月二十七日、病を得て逝去されました。まことに痛惜の至りにたえません。この際私に諸君の御同意を得て、議員一同を代表し、つつしんで哀悼の言葉を述べたいと存じます。大和田君は福島県の御出身でありまして、県立蚕業学校を卒業の後、県下各養蚕組合の指導員に招かれ、養蚕技術の指導啓発に………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第29号(1951/03/31、24期)

ただいま議題となりましたる大橋法務総裁の不信任決議案の提案理由を説明いたします。これは野党各派の共同提案になるものであります。案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第5号(1951/10/16、24期)

私は、日本社会党を代表して、過般の総理大臣の演説に対して若干の質問を試みんとするものであります。問題は多岐にわたるのでありますが、許されたる時間の関係上、主として講和條約並びに日米安全保障條約に集約してただし、時間がありましたら、その他の問題に及びたいと存ずるのであります。そのうちには棚橋君や三木君………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第10号(1952/02/05、24期)

私は、日本社会党を代表して、八千万国民がひとしく危惧の念を抱いておる防衛対策について質問せんとするものであります。第一に、現行憲法のもとで、政府は警察予備隊を廃して防衛隊または保安隊なるものを置かんとしているというのはほんとうであるか、そういうことを合法的にやれると思つておられるかどうかということで………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第17号(1952/02/29、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、八千万国民がひとしく聞かんと欲するところをたださんとするものであります。佐々木君は政府にかわつて御答弁になつたようでありまするが、(拍手)これは正反対の方面から承りたい。松本君の質問と重複するところがあります若干堀り下げて御質問いたしたいと存ずるのであります。吉田………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第24号(1952/03/26、24期)

私は、日本社会党を代表して、ただいまの野党共同提案の決議案に賛成の意を表するものでありす。(拍手)ただいま三木君が述べられました通り、このたびの行政協定が、実質上一種の條約たることは明らかなことでありまして、かのごとく重大なる国家間の契約を、わが憲法の建前のもとにおいて、これを国会にはかることなく、………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第65号(1952/07/04、24期)

日本社会党は、原案はもとより、かかるぬえ的修正案に対しても、はつきり反対の意思を表明するものであります。(拍手)参議院は新たに第二條を追加しましたが、かかる実効なき訓示規定は、これをいくら入れても、思想の彈圧については何らの意義を持たないものであります。また新たに外患の罪に関する諸規定を入れたのであ………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第34号(1953/02/28、25期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま上程されておりまする警察法改正案に対して基本的な問題若干について、主として総理大臣並びに法務大臣、本多国務大臣等に質問せんとするものであります。総理大臣が出席されないことは、はなはだ遺憾に存じます。政府は、近来、占領政策の行き過ぎを是正すると称して、わが国民主化の………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第16号(1954/03/06、26期)

私は、日本社会党を代表して、議員有田二郎君の逮捕許諾請求に関して責任大臣として犬養法務大臣のとりましたる態度、並びに自由党の党議を支持して司法権の独立を干犯せんとしたる吉田総理以下、(拍手)先日の決議に賛成投票し、かつ法務大臣と連帯責任関係にある各閣僚の責任を問わんとするものであります。(拍手)まず………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第9号(1955/01/24、26期)

ただいま議長から御報告に相なりました故衆議院議員河原田稼吉君に対し院議をもつて弔詞を贈呈し、その弔詞はこれを議長に一任するの動議を提出いたします。(拍手)同僚河原田稼吉君は、一昨二十二日、病をもつてにわかに逝去されました。まことに哀悼の至りにたえません。私は、ここに、諸君の御同意を得まして、議員一同………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第38号(1955/07/07、27期)

私は、提案者を代表して、議員清瀬一郎君の懲罰を求むる動議の趣旨弁明を行わんとするものであります。(拍手)私は、平素憲政の先輩として法曹界の長老として尊敬する清瀬氏を弾劾することは、私情において忍びず、衷心これを遺憾とするものであります。けれども、問題は公けのことであり、国会における最高の政治道義の問………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第49号(1955/07/28、27期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま問題となっておりまする憲法調査会法案に対し、反対の意見を表明するものであります。(拍手)保守党の諸君、ことに提案者の諸君は、口を開けば、現在の憲法は押しつけられた憲法である、あるいは、いろいろな言葉をもってこれに軽べつの意を表し、はなはだしきは侮辱をするごとき言動………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第26号(1956/03/23、27期)

私は、われわれが提案いたしておりまする選挙法中の一部改正法律案について、その提案の趣旨を説明せんとするものであります。(拍手)選挙法をむやみにいじりたがるのは、その政界が内面的に欠陥がある、自信のない証拠でありまして、あまり感心しないことであります。(拍手)しかし、やむを得ないものがあるとすれば、い………会議録へ(外部リンク)

第37回国会 衆議院 本会議 第7号(1960/12/13、29期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、新しく成立した第二次池田内閣に対して、当面する諸問題について若干の質問を試みんとするものであります。民主社会党は、本年一月立党して、初めて総選挙という国民の洗礼を受けたのでありまして、所期の目的を達し得なかったとはいえ、国民から三百四十六万余票の信任を得ることがで………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第5号(1961/02/03、29期)

私は、民主社会党を代表して、同じく今回の事件について、政府に対し緊急質問を行なうものであります。今回の嶋中邸刺殺傷事件も、古くは安保反対デモの際にふるわれた右翼団体の数々の暴行、河上氏、岸氏等に傷害を与え、ついに浅沼氏を倒した、いわゆる右翼テロと同一水脈に属するものであることは明らかであります。(拍………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第9号(1962/02/06、29期)

私は、民主社会党を代表して、ただいま趣旨説明のありました行政事件訴訟法案について若干の質問を試みようとするものであります。わが国の行政救済の制度は、訴願法といい行政裁判法といい、明治二十三年、官権万能の時代にきわめて限られたものとして制定されて、終戦に至ったのでありまして、その救済はすこぶる不完全な………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/10/18