移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

田中角栄衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  23期(1947/04/25〜)    3回    6875文字
  24期(1949/01/23〜)    5回    7812文字
  25期(1952/10/01〜)    1回    1426文字
  26期(1953/04/19〜)    0回       0文字
  27期(1955/02/27〜)    8回   25826文字
  28期(1958/05/22〜)    1回    2041文字
  29期(1960/11/20〜)   26回   55773文字
  30期(1963/11/21〜)   43回   95951文字
  31期(1967/01/29〜)    0回       0文字
  32期(1969/12/27〜)   15回   62578文字
  33期(1972/12/10〜)   42回  249755文字
  34期(1976/12/05〜)    0回       0文字
  35期(1979/10/07〜)    0回       0文字
  36期(1980/06/22〜)    0回       0文字
  37期(1983/12/18〜)    0回       0文字
  38期(1986/07/06〜)    0回       0文字




衆議院本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第15号(1947/07/10、23期)

私は、自由討議がいかにあるべきものか、先日第一回に行われました自由討議がどういうふうであつたかということを、申し上げたいと思うのであります。新国会法によりまして、本会議において、議員相互に自由討議の機会を与えられましたことは、形式主義に流されやすい本会議に、清新なる活を入れたものでありまして、新国会………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第36号(1947/09/25、23期)

自由党と社会党に比べまして、民主党は十分しかございませんために、多少早口で申し上げますが、簡明に申し上げますから拍手を願います。わが国中小企業振興対策について、ニ、三私見を申し述べたいと思います。御承知のごとく、わが国の産業の長い歴史は、中小企業をもつて母体として築かれてまいつたのであります。第一次………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第20号(1948/11/25、23期)

池谷信一君の御質問に対して、私から一身上の弁明をさせていただきたいと思います。私は、一昨日突然、飯田町の事務所と牛込の自宅の家宅捜索を受けました。私はただちに高等檢察廳に佐藤檢事長をたずねて、その事情を伺うつもりでおりましたが、あいにく不在でございまして、野村次席檢事にお会いいたしまして、その間の事………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第35号(1950/04/08、24期)

ただいま議題と相なりました建築士法案につきまして、建設委員会における審議の経過並びに結果について御報告を申し上げます。まず本法案の趣旨を簡單に御説明申し上げます。建築物の災害等に対する安全性を確保し、質の向上をはかることは、個人の生命財産の保護と、社会公共の福祉の増進に重大なる関係を有するものであり………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第7号(1950/12/02、24期)

ただいま議題となりました、山本利寿君外百七名提出の松江国際文化観光都市建設法案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。最初に本法案の提案の理由及び法案の要旨について申し上げます。松江市は日本文化発祥の地として広く知られ、古典的日本美を残存し、その明媚なる風光と、さら………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第8号(1950/12/04、24期)

ただいま議題となりました、川端佳夫君外百二十名提出の松山国際観光温泉文化都市建設法案並びに原健三郎君外四名提出の芦屋国際文化住宅都市建設法案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果につき御報告を申し上げます。両法案は、その内容において類似のものでありますので、本委員会におきましては一括し………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第27号(1951/03/29、24期)

ただいま議題となりました公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法案につきまして、建設委員会における審議の経過並びにその結果について御報告を申し上げます。まず、本法案を政府が提出するに至りましたおもなる理由を申し上げます。昭和二十五年度は、一昨年シヤウプ氏の勧告の次第もありまして、公共土木施設の災害復旧事………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第39号(1952/05/08、24期)

ただいま議題となりました道路法案及び道路法施行法案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を簡單に御報告申し上げます。両法案提案の理由並びにその要旨をまず申し上げますと、現行道路法は大正八年に制定されたまま、現在に至る約三十年間、ほとんど改正らしき改正を加えられることなく、わが国の道路管………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第21号(1952/12/25、25期)

ただいま議題となりました、田中角栄君外二十五名提出の道路整備費の財源等に関する臨時措置法案につきまして、建設委員会における審査の経過並びに結果を簡単に御報告申し上げます。まず、本法案の提案の理由並びに内容について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第19号(1955/05/26、27期)

ただいま議題となりました自転車競技法等の臨時特例に関する法律の一部を改正する法律案外二件につき、商工委員会における審議の経過並びに結果を概略御報告申し上げます。自転車競技法等の実施の実情につき種々検討を加えて参った結果、現行法に基き通商産業大臣の諮問機関として設置されておる競輪運営審議会におきまして………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第27号(1955/06/11、27期)

ただいま議題と相なりました中小企業金融公庫淡の一部を改正する法律案外二件につき、商工委員会における審議の経過並びに結果を概略御報告申し上げます。まず、中小企業金融公庫法の一部を改正する法律案ついて申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第30号(1955/06/17、27期)

ただいま議題となりましたアルコール専売法の一部を改正する法律案及ひ中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案の、商工委員会における審議の経過並びに結果を御報告いたします。まず第一に、アルコール専売法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第42号(1955/07/15、27期)

ただいま議題となりました輸出入取引法の一部を改正する法律案外二件につきまして、商工委員会における審議の経過並びに結果を概略御報告申し上げます。まず、輸出入取引法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第45号(1955/07/22、27期)

ただいま議題となりました石炭鉱業合理化臨時措置法案外二案の、商工委員会における審議の経過並びに結果につき報告いたします。まず、石炭鉱業合理化臨時措置法案につき申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第48号(1955/07/27、27期)

ただいま議題となりました重油ボイラーの設置の制限等に関する臨時措置に関する法律案の、商工委員会における審議の経過並びに結果について御報告を申し上げます。わが国のエネルギー資源の賦存状況は、石炭及び水力がその大部分を占めておるのでありますが、ここ数年来、石油需要の急激な増大に伴い、わが国におけるエネル………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第14号(1958/03/11、27期)

放送法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。現行放送法が制定されましたのは昭和二十五年五月であります。当時の放送界は日本放送協会の独占の状態でありまして、いわゆる民間放送なるものは一局も存在しなかったのであります。ただ、漸次民間放送局の出現の機運は予見できる情勢でありまし………会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 本会議 第24号(1958/04/01、27期)

お答えいたします。合法にして正常な労働運動の発達を願っている私でございますから、労働運動の不当干渉となるような警察権の介入は不当にいたしておりません。先般来の警察官の出動は、違法行為の未然防止と、組合運動が行き過ぎて公安を害したり、社会秩序を乱さないための予防措置として、最小やむを得ない限度のもので………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第17号(1960/03/30、28期)

ただいま上程になりました北陸地方開発促進に関する決議案につきまして、自由民主党、日本社会党及び民主社会党を代表いたしまして、提案の理由を御説明申し上げます。まず、決議案の案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第6号(1962/01/23、29期)

私は、自由民主党を代表し、政府の施政方針について、政治、外交、経済、文教、労働等、当面する重要問題に関し、若干の質問を行ない、政府の所信をただしたいと存じます。(拍手)現下内外の諸情勢は、はなはだ複雑多岐であり、今後の施政にあたっては、細心の配慮と強い勇気を要することは言うまでもありません。総理大臣………会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 本会議 第4号(1962/08/11、29期)

お答えいたします。三点につきまして、予備費を使わなければならないような事態があるにもかかわらず、予備費で使うような考えを持っておって、補正予算を提出しないと言っておるが、一体どうかという問題でありますから、この三点に対して具体的にお答えを申し上げたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 本会議 第5号(1962/08/14、29期)

産業投資特別会計法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を申し述べます。御承知の通り、政府は、前国会におきまして、いわゆるガリオア・エロア等の戦後の経済援助の最終的処理をはかるため、日本国に対する戦後の経済援助の処理に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定を提出し、国会の議決を得ており、また………会議録へ(外部リンク)

第42回国会 衆議院 本会議 第2号(1962/12/10、29期)

石炭対策のうち、産炭地における中小企業者の問題について、私に関する部分だけお答えを申し上げたいと存じます。産炭地における中小企業につきましては、三つぐらいに問題が分類せらるるわけであります。会議録へ(外部リンク)

第42回国会 衆議院 本会議 第3号(1962/12/12、29期)

給与改定の予算化に際し人事院勧告をどのように考えたかという、第一問につきまして申し上げますと、勧告を尊重することを基本といたしたわけであります。初任給の引き上げ、俸給表の改定、それから期末勤勉手当の増額と支給の合理化というような問題に対して、必要な財源措置をいたしたわけであります。また、その第二の、………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第2号(1963/01/23、29期)

わが国は、今や、国際経済社会の有力なる一員として、貿易立国の精神に徹しつつ、強力に自由化を推進するとともに、健全にして均衡のとれた成長のための基盤を一段と強化すべき新たな年を迎えたのであります。私は、この年の課題にこたえるための努力の焦点を一つにしぼれば、それは輸出力の増大であると信じております。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第3号(1963/01/25、29期)

経済及び予算の問題については総理大臣からお答えがありましたので、残余の問題については予算委員会でお答えをすることにし、特に御要求がありました石炭問題のうち、融資困難な事情にある炭鉱に対する御質問に対してお答えをいたします。政府といたしましては、将来有望ではありますが、当面市中その他からの設備資金等の………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第5号(1963/02/05、29期)

私に対する御質問は、農林関係予算と総予算との比率が、三十七年より三十八年は下がったじゃないかという御質問でございます。御説の通り、食管特別会計繰入金が百七十五億円ありますし、災害復旧事業費の高潮を含めた減が四十八億円ありますので、農林関係予算の予算総ワクに占める割合は若干下がっておりますが、これらの………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第7号(1963/02/08、29期)

所得税法の一部を改正する法律案及び法人税法の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。政府は、今後におけるわが国の社会、経済の進展に即応する基本的な租税制度を確立するため、昨年八月税制調査会を設けまして、鋭意検討を加えて参りましたが、昨年末同調査会から、最近における社会、経済情勢の変化に応じて………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第8号(1963/02/19、29期)

お答えいたします。第一の問題は、租税負担の適正化とは軽減及び調整を意味するのかという御質問でございますが、中小企業を育成強化するためでありますので、租税特別措置等を意味するものであります。会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第9号(1963/02/22、29期)

加藤さんにお答えいたします。対米貿易の問題につきまして、輸出と輸入について非常に日本が入超であるということを言われたわけであります。三十六年度は、御承知の通り、輸出が十二億ドル余であり、輸入が十九億ドル余でありますから、七億七千万ドルの入超でございますが、これは御承知の通り、日本の経済が非常に過熱的………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第22号(1963/05/14、29期)

五カ年計画に要する財源を四千五百億と想定をして、これが確保についての政府の決意をただされたわけでありますが、御承知のとおり、生活環境施設整備緊急措置法の五カ年計画案の決定は、閣議決定によるということでございます。現在、総額につきましては、厚生、建設両省において検討中でありますので、数字を申し上げるこ………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第23号(1963/05/16、29期)

浦野さんにお答えいたします。本法律案の措置としては、資金の確保、課税の軽減ということだけでありますが、そのほかの財政金融等の措置を必要としないかということでございますが、もちろんお説のとおりでありまして、各般の問題に対して推進をいたす予定でございます。会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第24号(1963/05/17、29期)

春日さんにお答えをいたします。私に対する第一の問題は、本法律案は、金融を国家権力の統制下に置いて、戦前の重要産業統制法のようなものになるのじゃないかということでございます。春日さんもそうお考えになっておられるわけではないと存じますが、この法案作成の過程において、このような考え方が起きては困るというこ………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第28号(1963/05/31、29期)

荒舩さんにお答えいたします。天災融資法の問題、激甚災の指定の問題等につきましては、農林大臣からお答えがございましたが、いずれにいたしましても、降ひょう、突風の災害につきましては、これが復旧に遺憾なき処置をとってまいりたいと考えます。会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第29号(1963/06/04、29期)

お答えいたします。私に対する第一点は、利率を政令に委任した理由でありますが、いま総理大臣から申されたとおり、貿易・為替の自由化に対抗しまして国際競争力を強化していきますためには、金利政策を弾力的にかつ機動的に行なわなければならないということは御承知いただけると思います。市中金融機関の預金金利を弾力的………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第31号(1963/06/07、29期)

仮谷さんにお答えいたします。第一点は、地方公共団体の災害に対する救助費及び復旧費の財源確保に対して、政府はどうするかということでございますが、御承知のとおり、国庫補助、地方起債、特別交付税等によって常に配分をいたしておるわけでありますが、三十八年度の特別交付税の配分に対しても、万全の処置をいたしたい………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第37号(1963/06/22、29期)

多賀谷さんにお答えいたします。産炭地振興のために北九州に造幣局の工場等をつくると総理が言明されたということについての御質問でございますが、御承知のとおり、閣議では、産炭地振興のために産業振興をはかることはもちろんでありますが、政府関係機関等の移転、新設等につきましても格段の意を払うように決定いたして………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第40号(1963/06/26、29期)

私に対する質問の第一は、中小企業協同組合法の小組合の組合員に対して、税制上、金融上、特別の処置を講じなければならないということになっておるが、特別の処置とは具体的にどのようなものか、また、政府はいままでどのような特別な処置をしたかということでございます。御承知のとおり、小組合員も含めまして、これと同………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第41号(1963/06/27、29期)

基本法二十四条の規定に基づきます中小企業に対する適正な融資、指導というこの指導の具体的問題に対しての問題と、もう一つは、民間金融の一定割合を中小企業のために確保すべくもっと積極的な施策の用意があるかということでございますが、御承知のとおり、民間の金融機関につきましては、中小企業に対する資金の量及び条………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第42号(1963/06/28、29期)

一つは、会議の設置は地方自治を侵害しないかという問題でございますが、ただいま総理大臣からお答えをいたしました通り、広域行政の円滑化に資するためのものであり、しかも地方公共団体が組織するものに国の出先機関が構成メンバーとして参加するのでございますから、現在よりもより相互協調を深めることでありまして、地………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第43号(1963/06/29、29期)

お答えいたします。国民金融公庫法は、御承知のとおり、一般の金融機関から金融を受けられないものを対象にいたしておりますので、これをもって十分とは考えておりませんが、御承知のとおり、第一段階において、二十億円のワクをつくって、少しでも被買収者の方々の生業資金にこたえたい、このように考えておるわけでござい………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第44号(1963/06/30、29期)

公務員の給与が民間の給与に比べましてかなり低いというために、国費でせっかく養成をしました技術屋が民間にとられてしまうということに対して、公務員と民間給与の格差に対してどう考えるかということでございます。この問題につきましては、技術職員の給与の改善につきまして、人事院の科学的、専門的調査の結果を待ちま………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第45号(1963/07/01、29期)

私に対する第一の御質問は、ただいま法定である郵便貯金の金利をなぜ政令に委任するのかということでございます。この問題については、いま総理大臣からも御答弁がございましたが、基本的にはそのとおりでございます。しかし郵便貯金というものが、大衆、零細な預金者であるということと、もう一つは、資金運用部の資金とし………会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 本会議 第48号(1963/07/04、29期)

学長の内閣任命につきましては、総理大臣からお答えをしたとおりであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第44回国会 衆議院 本会議 第3号(1963/10/18、29期)

私は、今般、日加閣僚委員会並びに国際通貨基金、世界銀行等の年次総会に出席するため、カナダ及び米国を訪問してまいりました。国際会議に列席しまして痛感いたしますことは、国際金融経済上におけるわが国の立場が近年とみに重要性を加え、いまや、わが国は国際経済の発展にとって不可欠の役割りを果たすに至っておるとい………会議録へ(外部リンク)

第45回国会 衆議院 本会議 第6号(1963/12/10、30期)

ここに、昭和三十八年度補正予算を提出するにあたり、その概要を御説明いたします。まず、一般会計予算の補正におきましては、国家公務員等の給与改善、食糧管理特別会計への繰入れ等、当初予算作成後に生じた事由に基づき緊要となった経費を追加することとなし、これに応じまして、法人税等経済の拡大に伴う租税及び印紙収………会議録へ(外部リンク)

第45回国会 衆議院 本会議 第7号(1963/12/11、30期)

輸送力激増に対応して、政府は積極的に財政援助をしなければならないという御説でありますが、国鉄は御承知のとおり戦後一個の企業体、公共企業体という新しい体制を整えたわけであります。しかし公共性の非常に強い企業体でありますし、通勤輸送、幹線輸送等の整備の事業がたくさんありますので、自己資金をもってこれをま………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第3号(1964/01/21、30期)

昭和三十九年度予算の提出にあたり、その大綱を御説明いたしますとともに、財政金融政策の基本的考え方について所信を申し述べたいと存じます。本年は、わが国がOECD加盟、IMF八条国移行に伴い、名実ともに国際経済社会の有力な一員となる本格的な開放体制移行の年であります。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第4号(1964/01/23、30期)

予算に関するお答えの前に、利子平衡税問題に対してお答え申し上げます。いま外務大臣がお答えを申し上げましたとおり、利子平衡税に対しては、これが法案の審議経過を見守っておるわけでありますが、これが日本の経済及び国際収支に及ぼす影響に対しても十分の配慮をいたしております。しかも、利子平衡税の問題については………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第5号(1964/01/24、30期)

税制、金融、国際収支の問題に対しては、ただいま総則大臣からお等えがございましたので、管理物価を引き下げるか、間接税、特に砂糖及びたばこの引き下げを断行する意思はないかという御質問に対してお答えを申し上げます。御承知のとおり、間接税は昭和三十七年に大幅な減税をいたしました結果、おおむねその税負担は妥当………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第6号(1964/02/11、30期)

OECDに対する加盟の利益があるかということでございますが、その問題に対しましては、総理大臣、外務大臣からお答えになりましたが、大蔵省関係としまして、財政金融、特に国際流動性の問題、経済、貿易等につきまして、これから国際的に開放経済に対処して、いろいろ日本も前向きで利益を守っていかなければならぬこと………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第7号(1964/02/12、30期)

所得税法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。政府は、今後におけるわが国の社会経済の進展に即応する基本的な租税制度を確立するため、一昨年、税制調査会を設け、鋭意検討を加えてまいりましたが、昨年末、同調査会から、最近における経済情勢の推移に応じて、現行税制につき、さしあたっ………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第8号(1964/02/18、30期)

新道路五カ年計画の発足に際して、ガソリン税の引き上げ等特別財源の整備を行なったけれども、それについては三十九年度一般会計歳出四百五十億では少ない、こういうような趣旨であったと思います。一十九年度の道路整備事業費は二千七日六十五億でありまして、うち一般財源を四百五十億円歳出に組んでおるわけであります。………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第11号(1964/02/27、30期)

一年間公共料金抑制の立場から、地方公営企業に対して利子の補てん、一般会計からの補充、なお、企業債の金利の引き下げ、償還期限の延長等ができないかということでございますが、物価抑制のために政府が一年間行なっておりますこれらの施策に対しては、地方公共団体も十分協力を願いたいことでありますし、一時的な資金不………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第15号(1964/03/19、30期)

公定歩合引き上げ後の中小企業金融に対しての御質問でございます。総理大臣がおおむねお答えをいたしましたが、二、三申し上げます。第一点は、公定歩合引き上げが決定せられた直後に、日銀総裁を大蔵省に招致いたしまして、これが引き上げによりまして中小企業にしわが寄らないように、万全の措置をとられることを要望して………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第16号(1964/03/24、30期)

小松さんにお答えをいたします。画一、一律的な引き締めを行なわないと言っておったものが、なぜこのように二厘も大幅に公定歩合を引き上げたのかということでございますが、このおおよその問題に対しては、いま総理大臣からお答えをしたとおりでございます。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第17号(1964/03/26、30期)

外国為替及び外国貿易管理法及び外資に関する法律の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。わが国は、世界経済の趨勢に即応し、国際分業を通じて経済活動の効率を高め、わが国経済の一そうの繁栄をもたらすため、解放経済体制への移行を進めており、その一環として、来たる四月一日に国際通貨基金協定第八条に規………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第18号(1964/03/27、30期)

江田さんの御質問の第一点は、春闘に対する態度でございますが、春闘における賃上げにつきましては、労使の自主的交渉によってきまるものでありまして、政府としまして、春闘に対して具体的規制を行なう考えはないのであります。しかし、開放経済への移行に備え、また、今後の経済の安定成長を期する上にも、労使双方の良識………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第22号(1964/04/09、30期)

騒音等基地対策費の増額をはかれないか、なお、公共施設以外の個々の住民に対しての民生安定上の見舞い金というような形で交付金等を出せないかということでございます。学校、病院に対する防音工事につきましては、事業はかなり進捗いたしておりますが、大蔵省といたしましても、すみやかにこれを完了せしむるように、三十………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第23号(1964/04/10、30期)

私の関係の職場は、印刷、造幣、専売等でございます。ストは、国民に多大の影響を及ぼし、世論のきびしい批判を受け、組合員にとりましてもマイナスとなる面が非常に多いことでありますから、組合員各位に強く訴える等いたしまして、こうした違法のストを回避するためにあらゆる努力を傾けたいと考えます。しかし、万一スト………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第24号(1964/04/16、30期)

私に御質問の第一点は、地方制度調査会等からの答申によりまして、地方財政健全化のためにどのような改善策をとったかということでございます。この問題につきましては、三十九年度の予算編成にあたりまして、公立小中学校校舎の単価を引き上げております。工業高校建物等の単価も五・五%程度引き上げておるわけでございま………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第25号(1964/04/23、30期)

中央中小企業調停審議会の予算の件でございます。御承知のとおり、専門委員を置きまして、具体的案件の調査、検討、資料の収集等をはかりますために必要な経費を計しいたしております。三十九年度の予算は百八十五万五千円でございます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第28号(1964/05/07、30期)

厚生省の原案と提出政府案と違う、この違うのは大蔵省が反対したからだというような御説でございますが、法律案作成の過程においていろいろな議論がございましたが、最終的政府案として決定をしたものは、いま御審議を願っておるものでございます。第二点は、国庫補助率を五%引き上げたと仮定した場合、一体幾らかかるのか………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第29号(1964/05/12、30期)

第一は、今回の凍霜害につきまする農業所得に対する減免措置の問題でございます。御承知のとおり、減免につきましてはこれらの措置を適切に行なうという考え方に立っておるわけでございます。損失につきましては、農業所得の計算上控除が認められておりますし、また、当該年度で全部が片づかない場合には、三カ年間にわたり………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第38号(1964/06/19、30期)

災害復旧に対する財政及び金融その他の問題に対してお答えを申し上げます。関係地方公共団体及び自治体等が現在救助作業を行なっておるわけでございます。鉄道、電信、電話等の施設被害につきましても応急対策を努力いたしております。これらの費用に対しまして、お説のように、いやしくも予算上の拘束によりまして救助作業………会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第3号(1964/11/21、30期)

私は、今回成立しました新内閣におきましても、引き続き大蔵大臣を拝命することになりましたが、任務の重大さを痛感し、微力を尽くして職責を全うする覚悟を新たにいたしておるのであります。(拍手)本国会は、新内閣発足後初めての国会でございますので、補正予算の御審議をお願いする機会に、財政金融政策につきまして所………会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第4号(1964/11/24、30期)

お答えいたします。第一点は、金融機関の状態及び金融の正常化についてでございます。金融の正常化について進めなければならぬことは御指摘のとおりでございます。会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 本会議 第5号(1964/11/25、30期)

私からお答えをする二、三点に対して申し上げます。第一点は、災害予算の予備費の弾力性が欠けておるということでございます。すなわち、公共土木施設及び農林水産業施設災害復旧事業等につきましては、公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法等に基づきまして、各省の査定を待ちまして、予備費の支出という段取りになるわけ………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/01/25、30期)

第四十八回国会に臨み、昭和四十年度予算の御審議を求めるにあたり、その大綱を御説明いたしますとともに、財政金融政策の基本的な考え方について所信を申し述べたいと存じます。(拍手)本年は、昭和四十年代の始まる年であります。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第6号(1965/01/28、30期)

私からお答え申し上げる第一は、選別融資の方向にあるというが、かかる重点的、効率的な融資のルートをつくるとすると、中小企業や農業のような金融に圧迫がこないかという御心配でございますが、選別融資ということは、単に政府が資金の統制をしようなどという考えではなく、業界において自主的に、より効率的な資金ルール………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第7号(1965/02/12、30期)

購入飼料のうち、ふすま、トウモロコシ等については、その全量を国が管理すべきだというお話でございましたが、ただいま農林大臣からお答えしたとおりでございます。ただ、トウモロコシについて食管でこれを管理するということについては、適当でないという考えでございます。しかし、異常な需給の逼迫等に対処いたしますた………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第9号(1965/02/19、30期)

私がお答えすべきものは二点でございます。その一点の、事業費が計画どおり確保できるかということにつきましては、ただいま自治大臣がお答えをしたことで足ると思いますが、要約して申し上げますと、新産業都市や工特地域の地方団体は、産業立地条件的に見ますと、非常に恵まれた団体でございます。でございますから、建設………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第10号(1965/02/23、30期)

国と地方財政の健全化につきましては、国も地方も十分前向きで検討していかなければならないことは論をまちません。また、国と地方との財政の関連性につきましても、密接不可分のものでございます。ただ、ここで申し上げておきたいことは、いままでは高度成長が続きましたので、地方財政計画と相当大きな遠いのある決算が行………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第11号(1965/02/26、30期)

第一の住民税につきましては、いま自治大臣がお答えをしたとおりでございますが、ただ、現行制度の中で高額所得者に累進的課税をとったらどうかということでございますが、御承知のとおり、税制調査会の答申にも、市町村民税につきましては、その性格にもかんがみ、現行の税率における累進度は緩和することが望ましい、こう………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第12号(1965/03/02、30期)

政府は、中小企業金融に対して常に配意をいたしておるわけであります。まず第一番目に、四十年度財投による中小三機関の融資額は、御承知のとおり、三十九年度当初に比べまして、二〇%アップの四千三百八十億円でございます。なお、財政資金による買いオペレーション等を行なう場合に、中小企業に対して十分の配慮をいたし………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第16号(1965/03/11、30期)

私からお答えをいたします第一点は、現在の医療手当を生活保護的なものを含めたものにすべきではないかということでございます。昭和四十年度におきましては、特別被爆者の範囲の拡大、健康診断の拡充、医療手当の増額等の措置を講じまして、原爆障害対策費総額において、三十九年度より二億九千六百万円を増額しまして、十………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第17号(1965/03/12、30期)

総理大臣から大体お答えがございましたが、二、三補足して御説明申し上げます。第一は、倒産、不渡り手形に対する調査等については、民間機関等に依存しておって、政府は何らの措置をしておらないというようなことでございますが、御承知のとおり、三十九年十月以降、全国銀行協会連合会が、全国の手形交換所で、負債の状態………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第18号(1965/03/16、30期)

私からお答えいたしますのは二点でございます。その第一点は、今回御審議を願っております農地管理事業団の構想は、当初の構想よりも非常に後退をして縮小されたということでございます。本件につきましては総理大臣及び農林大臣が詳しくお答えを申し上げましたが、とにかく、農地の流動化を促進し、自立経営農家をつくるた………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第19号(1965/03/18、30期)

精神衛生対策の予算が不足であるということでございます。しかし、政府は、精神障害者対策の強化ということに対しては、四十年度予算編成にあたりましても最重点施策としてこれを取り上げたわけでございます。一挙に施設を整備できないということにつきましては、財政上の理由だけではなく、御承知のとおり、人的、物的な設………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第21号(1965/03/23、30期)

私からお答えするものは三点でございます。非常に重要なことでございますから申し上げます。第一点は、政府はこのような施策を行なうための財源をもって健保や地方公営企業の赤字対策等にしてはどうかということでございます。農地改革は、ひとり農民の、農村の民主化、農業生産力の発展のみならず、戦後の日本経済の発展に………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第23号(1965/03/26、30期)

公害につきましては、政府が金を出したり、また地方公共団体が金を出すことによって解決をするという考え方もございますが、公害防止の基本的な責任は企業者であります。でありますから、企業者がこの公害防止に対してもっと積極的に責任を負うようにしなければなりませんし、そのためには法制の整備も必要だと考えます。し………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第26号(1965/04/01、30期)

私がお答えしますものは二点でございます。その一点は、いま通産大臣からお答えがありましたが、会社更生法の改正につきまして、一定期間に納入した下請代金は共益債権とすべし、こういうことでございます。更生手続前に生じました下請代金は、その他一般の債権との均衡もありますので、現に慎重に検討いたしております。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第28号(1965/04/06、30期)

第一点は、酪農振興のため補給金財源として、輸入差益金のみではなく、一般会計を主にして負担すべきである、こういうことでございます。御承知のとおり、本法の二十一条に基づきまして、補給金の財源といたしましては、輸入差益金のみに依存をいたすものではなく、予算の範囲内におきまして、畜産振興事業団に対する補給金………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第30号(1965/04/09、30期)

第一の問題は、保険給付額のスライド制につきまして、賃金水準が一〇%上下の場合行なうべきであるという問題でございますが、現行の労災補償保険法では、賃金水準の二〇%以上の変動に基づいて給付額の改定を行なうということになっておるわけでございます。この二〇%というのは、労働基準法における休業補償の問題と同趣………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第38号(1965/04/22、30期)

私から四点にわたってお答え申し上げます。第一点は、地方の固有財源充実のために、交付税や補助金及び国税の一部を地方に移譲する等抜本的な財源措置を講じてはどうかということでございます。本件につきましては、総理大臣及び自治大臣からただいま申されたわけでありますが、国民の租税負担というものを前提といたします………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第39号(1965/04/27、30期)

第一の融資ルールの問題につきましては、御指摘のとおり、金融制度調査会を中心にして検討いたしておるわけでございます。特に、オーバーローンの是正に関する答申等もございまして、大蔵省といたしましても、これがルールの確立に対して、政府は官製のものを押しつけるということでなく、金融界、産業界、そういう各界の方………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第41号(1965/05/07、30期)

私からお答えするものは三点であります。その一つは、貿易外収支の改善のため観光振興に努力をせよということでございますが、御説のとおりでございます。渡航の自由化を行なってから、ずっと実績を見てまいりますと、日本人が出ることが多く、入ることが少ないという結果、観光収支におきましては千数百万ドルの赤字という………会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第43号(1965/05/13、30期)

私からお答えをいたすものは二点でございます。その第一点は、去る三月三十一日に出された中央森林審議会の答申、及びただいま農林大臣からお話がございましたが、非収益事業に対する負担の問題でございます。この答申は出されたばかりでございまして、現在種々検討中のものであり、確定的な意見を申し上げられる段階にはご………会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 本会議 第5号(1971/10/21、32期)

対米偏重、すなわち日本の貿易は米国に片寄り過ぎておるのではないか。そのような貿易構造を是正して、すべての国との貿易交流を拡大するほうがいいのだという御質問でございますが、趣旨はそのとおりでございます。わが国の貿易が年間四百億ドル、すなわち十五兆円ベースにも達しておるのでございますから、世界経済に大き………会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 本会議 第14号(1971/11/16、32期)

研究開発は、国民福祉の向上と経済発展のため不可欠な要請でございまして、その振興は政府の重要な使命でございます。経済社会の要請に応じ、総合的で大規模な研究開発を、官民の能力を結集しまして推進をする大型プロジェクト制度の役割りは、ますます重要になると思われるのでございます。しかしながら、このような技術開………会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 本会議 第20号(1971/12/03、32期)

今般、新潟沖におけるジュリアナ号事故につきましては、たいへん遺憾でございます。通商産業省といたしましては、係官を現地に出張せしめますとともに、業界技術陣を動員いたしまして、海上保安庁を中心に事態収拾に当たっておるわけでございます。被害がこれ以上拡大しないように全力を傾けておる次第でございます。会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 本会議 第25号(1971/12/21、32期)

まず、自由化対策について申し上げます。今回の通貨調整によって、日米間の大きな懸案事項はおおむね解決したものと考えておるわけでございますが、今後の通商問題の基本といたしましては、対外経済政策に関する八項目の線に沿って進めてまいるべきだと考えます。その意味で、八項目に沿いました農林、通産物資等の自由化政………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第4号(1972/01/31、32期)

私に対する御質問に対してお答えをいたします。第一は、中国向け輸出入銀行延べ払い適用等についてでございますが、前向きかつ積極的に対処することとなし、ケース・バイ・ケースで処理をいたすつもりでございます。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第9号(1972/03/07、32期)

松尾さんにお答えいたします。平価調整による輸入品の消費者物価への反映等についてでございます。円平価が切り上げられたのでありますから、輸入品はそれだけ安く輸入できるわけでございまして、その安くなった分が消費者物価に適正に反映されなければならぬことはもちろんでございます。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第11号(1972/03/14、32期)

競輪資金は、工業の振興と公益事業に大別し配分をいたしておるわけでございます。補助金配分の手続といたしましては、毎年新聞公告、官報告示等をいたしまして募集いたしました補助要望に対しまして、基準により慎重審査の上、車両競技審議会の議を経まして、大臣認可の上決定をすることにいたしておるわけでございます。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第13号(1972/03/17、32期)

工業再配置促進法案につきまして、その趣旨を御説明いたします。わが国の経済社会は、工業化と都市化を基調として成長、発展を続けてまいり、その結果、国民の生活水準は著しく向上いたしたのでございます。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第21号(1972/04/14、32期)

私から二点についてお答えを申し上げます。ただいま総理大臣がお述べになりましたように、因果関係の推定と通産省の関係について、まず申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第26号(1972/05/09、32期)

中小企業基本法第八条に基づいて、先般政府が国会に提出をしました昭和四十六年度中小企業の動向に関する年次報告及び昭和四十七年度において講じようとする中小企業施策の概要を御説明申し上げます。まず、昭和四十六年度の中小企業の動向について見ますと、長期化した不況の中で、国際通貨調整問題も加わり、中小企業の事………会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 本会議 第30号(1972/05/19、32期)

私から三点お答えを申し上げます。第一点は、農産品の残存輸入制限品目は二十四でございまして、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス等に比べても高くない、これ以上自由化を進めてはならない、進めるべきではないという御意見でございますが、申すまでもなく、保護貿易主義を押えまして自由貿易体制を維持していくことは………会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 本会議 第2号(1972/10/28、32期)

第七十回国会が開かれるにあたり、当面する内外の諸問題について、所信を述べます。本年七月国政を担当することになりましてから今日に至るまで、国民の皆さまから寄せられた激励に対し心からお礼を申し上げます。(拍手)特に、日中国交正常化のために中国を訪問した際に寄せられた各界各層をあげての御理解に対し、深く感………会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 本会議 第3号(1972/10/30、32期)

成田君の質問に対してお答えをいたします。まず第一は、日中国交正常化についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 本会議 第4号(1972/10/31、32期)

お答えをいたします。日中正常化についてまずお答えをいたします。会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 本会議 第5号(1972/11/08、32期)

日中共同声明につきまして、ここに衆議院の御理解と御支持を得ましたことを感謝いたします。政府といたしましては、本日の決議の趣旨を十分尊重し、日中共同声明の精神にのっとり、日中両国間の恒久的な平和、友好関係を確立するために努力してまいる所存であります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第3号(1973/01/27、33期)

第七十一回国会の再開にあたり、施政に関し、所信を申し述べます。世界が注目し、待望していたベトナム和平は、明日を期して実現することになりました。これは長かったベトナム紛争が解決に踏み出したというだけでなく、新しい平和の幕明けであります。人類が恒久平和と社会正義に基づく繁栄の実現に向かい、新しく進むべき………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第4号(1973/01/29、33期)

まず第一に、内閣に対する御所論に対してお答えをいたします。さきの総選挙で、自由民主党は、二百八十四という絶対多数の議席を獲得し、引き続き政権を担当いたしておるのでございます。しかし、私は、総選挙を通じまして、国民の政治に対する期待や不満を痛いほどに感じ取ったのでございます。これらの期待にこたえていく………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第5号(1973/01/30、33期)

第一は、ベトナム問題についてでございますが、政府は、今般、米国をはじめ関係当事者の努力により、南ベトナムの民族自決権を尊重したベトナム和平協定が調印されたことを歓迎するものであります。米国の南ベトナムに対する軍事的支援につきましては、米国は、南ベトナムの要請により、国連憲章第五十一条にいう集団的自衛………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第6号(1973/02/14、33期)

第一は、今回の通貨不安が発生した経緯と理由に対して述べよということでございます。本年に入ってから、イタリアの二重市場制導入、スイスの変動相場制移行に端を発した欧州の通貨不安は、二月一日以降、西ドイツへの大量のドル流入となり、重大な局面に発展をしたのでございます。このことにつきましては、一部の欧州通貨………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第9号(1973/02/22、33期)

私から、二点にわたってお答えをいたします。第一点は、財政投融資計画には、御指摘のとおり、資金運用部資金及び簡保資金のほか、産業投資特別会計の支出及び政府保証による資金調達が掲げられておるわけでございます。産投会計の支出につきましては、同会計の歳出予算として、また政府保証による資金調達につきましては一………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第10号(1973/02/23、33期)

私から四点にわたってお答えをいたします。予算の執行の当否は、決算報告によって明らかになることであります。また、その結果を、新しい予算編成や、執行の適正、合理化に資するものでもあります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第11号(1973/02/27、33期)

自主財源強化のための抜本的対策、行財政体制の強化についてまずお答えをいたします。地方団体が住民の要請にこたえ、自主的な財政運営を通じて、社会福祉の充実、社会資本の整備など、住民福祉の向上をはかるためには、一般財源の伸長をはかることがきわめて重要であると思います。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第12号(1973/03/01、33期)

第一は、円平価の再調整が物価安定に役立つように措置をせよということでございますが、円切り上げ等による輸入品価格の低下を消費者に適正に還元するために、主要な輸入物資の価格動向の追跡調査並びに並行輸入の条件整備、それから独占禁止法の厳正な適用、流通機構の近代化等の施策を一そう充実してまいりたいと考えます………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第13号(1973/03/02、33期)

和田君の御質問にお答えをいたします。新しい情勢に即応して四次防を中止したり防衛二法を撤回したらどうかという趣旨の御発言でございますが、国際情勢に緊張緩和の傾向が見られておることは、わが国にとって望ましいことでございます。一方、四次防は憲法の許容する範囲内でわが国の自衛のために必要な最小限度の防衛力を………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第14号(1973/03/08、33期)

江藤隆美君にお答え申し上げます。まず第一は、新しい国鉄の使命をどう考えるかという基本的な問題についてでございますが、国有鉄道は丁国民の足であり、輸送の大動脈であります。明治から百年余、わが国経済の拡大は鉄道の発達とともにありましたことは、歴史の示すとおりであります。戦後復興に果たした鉄道の使命は高く………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第15号(1973/03/09、33期)

坂本君にお答えいたします。第一は、経済社会基本計画において示されました経済成長率九%と、列島改造論における一〇%成長率との関連についてでございますが、「日本列島改造論」は、巨大都市への人と文化と経済の流れを地方へ転換をさせて、住みよい豊かな地域社会を全国土にわたって実現をするための私の所見であります………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第18号(1973/03/27、33期)

私から四点にわたってお答えをいたします。第一点は、医療制度改革に対する基本方針を明らかにせよということでございます。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第19号(1973/03/29、33期)

大学教育の荒廃の現状をどう認識し、また、今後の大学教育のあり方についてどう考えるか、このような第一問に対して、まずお答えを申し上げますと、大学の現状につきましては、御指摘のような問題が数多く存在することは事実であります。広く、高い知識を吸収し、人格の陶冶を求めて大学に学ぼうとする国民の希望に正しくこ………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第21号(1973/04/03、33期)

第一は、本法案提案の真のねらいは何かということでございますが、経済の基本は自由経済体制を守ってまいるということでございます。自由主義経済体制下におきましても、買占め等が不当に国民生活の安定を阻害している場合には、何らかの規制を行なわなければならないのは当然であります。反面また、規制が行き過ぎて、戦時………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第22号(1973/04/05、33期)

山田芳治君の御質問にお答えをいたします。まず第一は、都市交通体系と職住の遠隔化に対する対策についてでございますが、都市交通体系は、国土利用計画や都市計画を踏まえて、都市活動によって発生する大量で多様な交通需要に対して、合理的かつ有機的に対応し得ることが必要であります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第23号(1973/04/06、33期)

川俣健二郎君にお答えをいたします。まず第一番目は、五万円年金を受給できるのは受給者の一割五分で、これでどうして五万円年金と言えるかという御趣旨のようでございますが、今回の改正は、厚生年金の標準的な年金額を五万円にしようとするものであります。昭和四十八年度中に新たに老齢年金を受ける二十年以上加入の人に………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第25号(1973/04/12、33期)

松永光君に答弁をいたします。まず第一は、この法律案を提出した真意及び施策遂行の決意についてでございますが、人間形成の基本が小中学校で定まることを思えば、義務教育を充実し整備することは、何よりも大切な問題であります。今回、これらの教育職員に対して、給与の増額予算を計上し、法律案を提出をいたしましたのは………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第26号(1973/04/13、33期)

上坂昇君にお答えをいたします。まず第一間日は、実質的な円切り上げに追い込まれた原因は、政府の内政面における福祉重点への施策転換が進まなかったことにあるのではないかという趣旨でございますが、さきに閣議決定された経済社会基本計画でも明らかにされておりますように、最近の内外情勢の変化に対応して、従来の成長………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第27号(1973/04/17、33期)

小川省吾君の御質問にお答えをいたします。まず第一は、地方自治に対して基本的にどのように考えておるかということでございますが、住民の福祉に直結する事務は地方公共団体が自主的に処理するようにすることが、地方自治の本旨でもあり、望ましい国民生活を築くゆえんでもございます。したがって、いたずらに中央に権限が………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第28号(1973/04/19、33期)

渡辺惣蔵君にお答えをいたします。第一問は、列島改造論についてでございますが、列島改造が必要であるということは、何人もいなみ得ない事実だと思います。それは、現に総人口の三二%余の人々が国土の一%に集中をしておるという現実から、公害問題、住宅の不足、地価の値上がり、物価問題、すべてが起こっておるのであり………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第29号(1973/04/24、33期)

竹内猛君にお答えをいたします。第一は、今後の森林、林業政策のあり方についてでございますが、政府としては、森林の公益的機能の維持増進と、森林生産力の増大をはかる観点から、今国会に提案している国土総合開発法案におきまして、森林として保全すべき森林地域を定めることといたしておるのであります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第30号(1973/04/26、33期)

山中貞則君にお答えをいたします。まず、今回の有額回答の問題でございますが、国鉄労使が交渉の場で有額回答が行なわれたわけでございますが、それは昨年の裁定額と同額であり、八百億円余の財源を必要といたしますことは御承知のとおりでございます。昨四十七年度も、国鉄運賃法を提出、御審議をいただいておったわけでご………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第31号(1973/05/08、33期)

渡辺三郎君にお答えをいたします。まず第一に、エネルギー節約政策を打ち出し、電力需要の伸びを規制したらどうかということでございますが、エネルギー需要の増大を緩和し、また、環境を保全する観点からも、エネルギーの効率的利用、エネルギー原単位の改善、産業構造の転換は、わが国にとって重要な課題であります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第46号(1973/06/26、33期)

林義郎君にお答えいたします。第一は、公害被害の発生を未然に防止するためには、今後どのような措置を講じたらよいかという趣旨の御発言でございますが、水銀、PCB等の環境汚染に見られるように、科学技術は、プラスの効用と同時に、社会的に思いがけない悪影響を及ぼす場合があることを深く認識する必要があります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第52号(1973/07/19、33期)

近藤鉄雄君にお答えいたします。まず第一は、中小企業のための基本政策についてでございますが、わが国経済は、内外の諸情勢の激変に対応いたしまして、中小企業のあり方や中小企業政策の進め方も、新しい観点に立っていくことが必要であると考えるのであります。会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第58号(1973/09/07、33期)

谷川和穂君にお答えをいたします。今事件に対する政府の基本姿勢、今回のような問題にもかかわらず、日韓両国は歴史的に見ても非常に深い関係にある、今後の日韓関係のあり方についての基本姿勢はどうかという意味の御質問にまずお答えを申し上げたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第8号(1974/01/21、33期)

戦後三十年、世界は、いま新しい転換の時代を迎えております。わが国は、戦後の廃墟から立ち上がって、復興経済、自立経済、国際経済へと三段飛びの発展をなし遂げ、いまや主要工業国の一員として、国際的にも確固たる地歩を占めるに至りました。資源と資本に乏しいこの狭い国土に驚異的な高度工業社会を築き上げたのは、わ………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第9号(1974/01/23、33期)

成田君にお答えいたします。まず第一は、国民のための政治についてでございますが、申すまでもなく、政治は、一政府、一政党のみにかかわるものではございません。当面する難局を打開するためには、政府も、与野党も、国民も、その総力を結集していかねばなりません。国民のためにこそある政治は、議会制民主主義の確固たる………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第10号(1974/01/24、33期)

金子満広君にお答えいたします。第一は、政治責任についてでございますが、わが国は、国民のたゆみない努力と勤勉によりまして驚異的な経済発展をなし遂げ、いまや、主要工業国の一員として国際的にも確固たる地位を占めるに至ったわけでございます。しかし、狭い日本の国土に短期間のうちに高度工業社会を築き上げましたわ………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第14号(1974/02/22、33期)

山田耻目君にお答えいたします。第一は、税に対する基本姿勢でございます。所得税の基本が総合累進課税にありますことは申すまでもございませんが、各種の政策的要請から総合課税とされていないものがあることは、御指摘のとおりでございます。たとえば、利子、配当につきましては、貯蓄の奨励、個人株主の育成という見地か………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第15号(1974/02/28、33期)

山田芳治君にお答えを申し上げます。第一は、超過負担問題等についてでございますが、政府は、従来から地方公共団体の超過負担につきましてその解消につとめてまいったわけでございます。昭和四十七年度におきまして、公立文教施設整備等六事業について実態調査を行ない、その結果に基づいて、四十八年度に引き続き四十九年………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第19号(1974/03/22、33期)

川俣健二郎君にお答えいたします。まず第一は、雇用保険法案は既得権の侵害にならないかという趣旨の発言でございますが、本法案は、失業保険制度を改善、発展させ、失業保険機能の強化をはかっておるわけでございます。また、真に対策を必要とする失業者に手厚い措置を講ずることとしており、さらに、雇用機会の不足してい………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第20号(1974/03/26、33期)

岡田哲児君にお答えいたします。まず第一は、国際石油情勢と外交のあり方についての御発言についてでございますが、今回の石油危機は、昨年十月の中東紛争を契機として発生したものでございますが、その背景としては、一九六〇年代から七〇年代における石油需給事情の変化、石油エネルギー需要の急速な増加や、原子力エネル………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第21号(1974/03/28、33期)

唐沢俊二郎君にお答えいたします。第一は、不当事項の根絶についての御発言でございますが、予算の執行にあたりましては、各省各庁において、その衝に当たる関係職員が、法令等の定めるところにより、適正かつ効率的な処理を行なうよう、十分留意をいたしておるところであります。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第23号(1974/04/04、33期)

和田貞夫君にお答えをいたします。まず第一に、海外経済協力の件でございますが、申すまでもなく、人類世界の平和を真に確保するため最大の政策は、南北問題の解決にあるわけでございます。先進工業国と開発途上国とが相携えて平和の確保に努力すべきであることは、申すまでもないことでございます。特に、わが国は資源を持………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第25号(1974/04/11、33期)

柴田健治君にお答えをいたします。まず第一は、世界的食糧需給の動向についての御発言でございますが、一昨年秋ごろから穀物等の国際需給が逼迫しましたが、昨年は主要生産国の生産の回復が進み、異常な需給の逼迫事態は緩和の方向に向かっております。しかしながら、今回の需給逼迫で払底した各国の在庫回復の必要や、一部………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第30号(1974/05/14、33期)

井上泉君にお答えいたします。第一は、農業危機と農業基本法についての御発言でございますが、世界的な食糧需給の基調から見ましても、わが国の食糧自給率の維持向上をはかることは重要な課題でございます。農業基本法に定められております農政の目標、及びその目標を達成するための施策の基本が、現在の情勢に適合しなくな………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第31号(1974/05/17、33期)

佐藤敬治君にお答えいたします。まず第一は、三割自治を解消せよという問題でございますが、生活環境施設の整備、福祉行政の充実等についての住民の要請はきわめて強いものがありまして、地方公共団体の財政需要は著しく増大をしておるのであります。政府としては、従来から、地方公共団体の自主財源の充実強化のための努力………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第33号(1974/05/23、33期)

佐野進君にお答えいたします。まず第一は、物価動向等についてでございますが、政府は、物価の抑制を政策の最優先課題と考え、財政金融政策を中心とする総需要抑制策、生活関連物資等の価格抑制のための緊急対策等、あらゆる政策努力を集中してまいったわけでございます。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第1号(1973/12/01、33期)

第七十二回国会が開かれるにあたり、当面緊急を要する諸問題について所信の一端を申し述べます。(拍手)中東戦争を契機とする石油の生産と供給の制限は、世界各国に対して大きな影響を与えております。なかんずく、エネルギーの大半を海外の石油に依存しているわが国産業経済に与える影響は大きく、国民生活の安定向上を妨………会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第2号(1973/12/03、33期)

勝間田君にお答えをいたします。第一は、物価騰貴の原因とその責任等についてでございます。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第3号(1973/12/04、33期)

瀬長亀次郎君にお答えをいたします。まず第一問は、成長政策、列島改造論、国総法等についてでございますが、これまでも申し上げておりますとおり、わが国経済は、国民のたゆみない努力によって、世界に例を見ないほどの経済の発展をなし遂げ、その過程で国民の生活水準も格段と向上し、国際社会でのわが国の地位もとみに重………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/10/18