周東英雄衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  23期(1947/04/25〜)   15回   35811文字
  24期(1949/01/23〜)   17回   38597文字
  25期(1952/10/01〜)    1回    4081文字
  27期(1955/02/27〜)    3回   11001文字
  28期(1958/05/22〜)    2回    3707文字
  29期(1960/11/20〜)    7回   18220文字
  30期(1963/11/21〜)    0回       0文字
  31期(1967/01/29〜)    0回       0文字




衆議院本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第12号(1947/07/05、23期)

私は、ただいま上程いたされました、食糧放出に対して連合国最高司令官に対する感謝決議に対し、日本自由党を代表いたしまして、賛意を表するものであります。御承知の通り、現下の重要問題であります基礎産業の復旧も、インフレーションの抑止も、はたまた適性物價、最低賃金の決定等の問題も、そのいずれもが、食糧の供給………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第23号(1947/08/09、23期)

供出制度に関しての自由討議が議題でありますが、このねらいは、各政党も今日の食糧危機に対して、第一は、いかにして農家の供出を円滑にさせるかという点、第二は、いかにして国民経済上農家の生産意欲を高揚せしめて、できるだけ少しの土地でも最も有効に活用して食糧の増産をさせるか、この二つの点が中心になつておると………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第38号(1947/09/30、23期)

わが自由党は、ただいま問題になつておりまする臨時石炭鉱業管理法案、すなわち、いわゆる炭鉱の国家管理案に対しまして、反対をいたすものであります。今その結論に対しまして、順次論旨を進めて、反対の理由を申し上げたいと思います。今日石炭の増産ということが、窮乏経済の切抜けないし日本産業経済の復興の基礎をなす………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第15号(1948/11/18、23期)

北村さんにお答えをいたします。供出後の米麦の自由販賣ということについては、これは民自党の政策であります。從つて、新内閣におきましても、この政策を放棄しておることはございません。ただ、これが実施にあたりましては、その時期と方法について十分検討する必要があるのであります。ことに、今日の事態といたしまして………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第16号(1948/11/19、23期)

笹森君の御質問にお答えいたします。食糧増産確保のために、被害耕地その他農業生産手段の復旧に関する予算をすみやかに出すようにということでございます。ただいま、食糧増産確保のために、ぜひとも緊急必要な復旧費について、相当額を大蔵省当局に要求いたし、折衝中であります。近くでき上り次第提案を見ることと思いま………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第17号(1948/11/20、23期)

榊原君の御質問にお答えいたします。いろいろ農村改革に対しまして適切な御意見を承りまして、敬意を表するものであります。第一点の、超過供出後において自由販賣をするかというお尋ねでありますが、これが切りかえにつきましては、今日の情勢におきまして、よほどその時期と方法について愼重を要するものと考えます。従い………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第21号(1948/11/26、23期)

森山君の御質問にお答えします。ただいまのお話、まことにもつともでございますが、全体の方針といたしまして、各地方の実情にまかしているのでありまして、これを直接に干渉するという方針はとつておりません。從いまして、宮崎縣の調査の結果によりますと、大体牛を飼養いたしております者の中にも、むしろこれに賛成して………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第5号(1948/12/07、23期)

辻君の質問にお答えいたします。第一の、現内閣の農林行政の基本方針についてのお尋ねであります。現下の情勢と將來の見通しからいたしまして、農林行政の基本は、食糧を中心とする農林水産物の生産力の向上と、農林漁業経営の安定保持ということを中心として立てらるべきものと考えます。御承知のように、現下の農村の実情………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第6号(1948/12/08、23期)

苫米地さんの御質問にお答えいたします。第一点は、科学技術を農業に導入することが食糧の自給度を高める上において必要であると思うがどうかという御質問であります。まことに同感であります。今日、国土を極端に狭められた日本といたしまして、でき得る限り国内における食糧生産の自給度を高めることは最も必要であります………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第8号(1948/12/10、23期)

田中さんにお答えいたしますが、実は予算総会におりまして、親しく御意見を拝廳することができませんでした。速記録を拜見いたしまして、適当なときに答弁いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第11号(1948/12/13、23期)

お答え申し上げます。三木君は、戰後の農村対策として、農業生産力の増強は、農地改革が実行され、農業協同組合はできたが、これだけでは農村経済の安定も生産力も増強しないであろう、以下いろいろお述べになりました政策をとらなければ目的を達しないが、政府はいかなる方策を持つかというお尋ねであります。お話の通りで………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第12号(1948/12/14、23期)

お答えします。ただいまの野坂さんの御質問でありますが、大体名目賃金並びに実質賃金の増加傾向につきましては、労働大臣からお答えした通りであります。從つて、税引きの実質賃金におきましても、一四七、四割七分上つております。しかしカロリーにおいて下つておるだろうという御指摘でありますが、政府はこれに対しまし………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/12/15、23期)

お答えをいたします。砂利等に関する價格調整の今の行き方はお話のような点がありまして、欠点もありますが、特需方面の需要を満たすために、ただちにこれを廃止することは困難であります。ただ今日におきましても、官職なり公共團体の直営事業等に関しましては、特に債務調整公團の手を経ずにやることを許しております。こ………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第16号(1948/12/18、23期)

ただいま御決議になりました肥料輸入に対する感謝決議の趣旨は、政府におきましても、まつたく同感でありまして、連合国の御厚意に対しましては厚く感謝いたす次第であります。戦後におきまして、思想あるいは経済方面におきまする混乱の事情は、その基く原因の大きな点は、主として食糧の不安にあつた次第であります。それ………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第20号(1948/12/22、23期)

ただいま御決議になりました蚕糸業安定緊急対策に関する決議の御趣旨は政府においてもまことに同感であります。蚕糸業が、かつてはわが国における輸出の大宗であり、また今後におきましても、国際貸借の決済上最も重大なる産業であることは、御承知の通りであります。これが振與につきましては、万全の策を立てるべく政府に………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第16号(1949/11/25、24期)

私は、民主自由党を代表して、ただいま上程せられております森農林大臣不信任案に対し反対の意見を述べるものであります。(拍手)森君は至誠の人でありまして、その経歴からいたしまして、農林漁業に対しては深い見識と熱意を持つている人であります。森君が国務大臣に就任以来傾けられた農政に対する意見というものは、実………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第5号(1950/07/17、24期)

私に対しては復興計画についてのお尋ねであります。まず前に出ておつた復興五箇年計画の成行きはどうなつたかということでございますが、これはまだ今日以上に不確定の條件が非常に多いものを前提として立てられておりますので、これはとらなかつたのであります。しかし、今日の事態におきまして、インフレは防止され、価格………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第6号(1950/07/21、24期)

吉川君にお答えいたします。肥料の問題が農家にとつて最も重大な問題であるという御意見に対しては同感であります。従つて、肥料公団の廃止後における肥料の価格について御心配の事柄はもつともであると思いますが、この点につきましては、あなた方のお考えは、どこまでも補給金をやつて、合理化せざる生産者をそのままに生………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第4号(1950/11/25、24期)

水谷君にお答えいたします。自立経済達成に関する予算措置があるかというお尋ねであります。水谷君のお話のように、あるいは援助資金等が遠からずなくなる場合を予想して日本の自立経済達成に関する施策をとることが必要であるので、政府としてはそれに対しまして着着準備を進めておることは御承知の通りであります。しかし………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第5号(1950/11/26、24期)

私にお尋ねの二、三点についてお答えいたします。稲村君は、わが政府が農村について考えていないということの一つの設例として、統制撤廃をするということが農民に非常に迷惑になるようなことをおつしやいましたが、一体戰争前において統制のなかつたとき、しかして戰争が始まつて主食の統制が始まらんとしたときには、農民………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第11号(1950/12/07、24期)

お答えいたします。米価審議会を法制化する意思はないか、また財政法第三條の規定によるような形にかえる意思はないかというお尋ねであります。ただいまのところ、さような考えを持つておりません。ただ私がこの際つけ加えておきたいことは、むしろ審議会の形式ではなくて、何とかして米価の算定方式を、各方面の経済学者ま………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第5号(1951/01/26、24期)

本日第十回国会の再開にあたりまして日本経済に関する最近の諸情勢と政府の経済施策の大綱につきまして所信を朗らかにする機会を與えられましたことは、私の最も欣快とするところであります。わが国経済が、昭和二十四年以来の経済安定諸施策の実施によりまして経済の安定と正常化に多大の成果を收め、さらに安定から自立に………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第6号(1951/01/27、24期)

お答えをいたしますが、第一に日本経済と国際経済との結びつきについてどう考えるかといつて種々お尋ねがありましたが、私ども日本経済の自立ということを考える場合におきまして、その一つの支柱として貿易の振興を考えるということを申し上げたのであります。この貿易の振興ということは、当然国際経済に今後結びついて行………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第7号(1951/01/29、24期)

お答えをいたします。経済自立に関しての基本構想についてまずお尋ねがありました。ただいま政府において立てました一応の計画におきましては自立経済であります。どこまでも貿易において收支償わしめる方法をとり、しかして二十八年度において、輸入大体十五億程度、輸出十七億程度ということを目標といたし、これに対して………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第11号(1951/02/10、24期)

お答えいたします。二月一日の米国農務省の発表ということを外電が伝えておりますが、これに関しましてはまだ公電を入手しておりません。総司令部等に対して、ただしておりますが、その方におきましても、今日までのところ、まだ確実な報告を入手いたしておらぬのであります。しかし、かりにこれが正確なものといたしまして………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第35号(1951/05/17、24期)

お答えいたします。日米経済協力という問題につきまして昨日マーカツト声明が出た、これを元にしてのお尋ねであります。しかしてお尋ねの要旨は、あの声明によると、協力の結果はインフレが高進し、民需が圧迫され、労働者が圧迫せられはしないかという御質問のようであります。そういう御心配はいらぬのでありまして、大体………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第4号(1951/10/15、24期)

お答えします。講和條約成立後における日本経済の自立についてのお尋ねであります。詳しくは委員会等において述べたいと思いまするが、これを要するに、戦後における、講和條約締結後における対外、対内各方面からする新しい経済負担の増加ということを内蔵しているわが国経済としては、これを克服しつつ自立経済を遂行する………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第7号(1951/10/22、24期)

荒木君にお答えいたします。講和後の経済基本政策についてのお尋ねであり、それに関連して自由経済を基本として行く行き方でよいかというお尋ねであつたようであります。講和後におけるわが国経済の復興ということが非常に重大なものであることはお話の通りであるます。われわれもまた、講和後における賠償その他各般の負担………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第10号(1951/10/30、24期)

電力の問題についての非常な御心配から起る御質問に対しては、よく了承いたしました。政府といたしましては、本年度の電力危機に対処いたしましては、大体次のような方針のもとに強力に施策を進めつつあります。御承知のように、今年の電力危機の一つは、当初計画いたしておりましたよりも、生産の増強によつて九%ほどの需………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第6号(1952/01/23、24期)

諸君、わが国は近く発効する平和條約の成立に伴い、国際経済に復帰し、自立国家としての名誉ある地位を確立いたし、世界の平和と共通の福祉の増進に積極的に寄興し得ることとなるのでありまするが、この機会におきまして、私は、日本経済に関する最近の諾情勢と政府の経済政策の大綱につきまして所信を明らかにいたしたいと………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第7号(1952/01/25、24期)

お答えいたします。まず備蓄輸入に関する問題につきましては、ただいま大蔵大臣からお話をいたしましたように、大体の跡始末はできておりますが、私が一つ苫米地さんに申し上げたいことは、他を責むることだけでなくて、この備蓄輸入の奨励につきましては民間の要望もあり、当時の事情として、従来の輸入に関する許可制度に………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第8号(1952/01/26、24期)

お答えいたします。東南アジア開発に関しては、日本は金も何もないから技術だけかというお尋ねであります。これは一昨々日の施政方針にも申し上げましたように、氏本といたしましては、技術、また輸出銀行を通しまして、資金あるいはプラント輸出等による器具機械等によりまして庵援助を考えておる次第であります、同時に、………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第41号(1953/03/14、25期)

私は、自由党を代表して、ここに提出になつておりまする吉田内閣不信任に関する決議案に対し反対を表明するものであります。(拍手)ただいま、提案者を代表して、改進党の北村君から詳細に提案理由が述べられましたが、残念ながら首肯すべき何ものもないのみならず、(拍手)ことさらに事実を歪曲して国民を迷わさんとする………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第24号(1955/06/07、27期)

称は、自由党を代表して、ただいま議題となりました昭和三十年度一般会計予算案外二案につき、自由党及び日本民主党の共同修正案並びにその修正部分を除く政府原案に対して賛成し、社会党両派の提出せる予算の編成がえを求める動議に対して反対の討論を行うものであります。(拍手)私は、順序として、予算編成に対するわが………会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 本会議 第9号(1955/12/14、27期)

私は、自由民主党及び日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました日韓問題に関する決議案の趣旨弁明を行わんとするものであります。まず、決議案を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第14号(1956/02/28、27期)

私は、自由民主党を代表して、ただいま議題となりました昭和三十一年度一般会計予算案外二案の予算案につき賛成し、社会党提出にかかる予算の編成がえを求むる動議に対し反対の討論を行わんとするものであります。(拍手)順序として、私は、昭和三十一年度予算各案のおもなる特色を解明し、次に社会党の編成がえ動議の内容………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第35号(1960/05/27、28期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま建設大臣より御報告のありました、去る五月二十四日未明、北海道、東北各県、三重、和歌山、高知、徳島、鹿児島、宮崎等ほとんど全国の太平洋岸に来襲いたしました津波による災害に関し、若干の質問をいたし、これが復旧に対する総理、大蔵、農林、運輸等、関係大臣の所見を伺………会議録へ(外部リンク)

第36回国会 衆議院 本会議 第5号(1960/10/24、28期)

公明選挙を実現いたしますことは、民主政治の確立の根本でございます。政府といたしましては、ただいま本院において議決せられました決議を尊重いたしまして、公明選挙の実をあげることに一そうの努力をいたしますとともに、選挙制度の改正につきましても、総選挙後、各方面の意見を聞き、適正な改正をいたすことに努力いた………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第4号(1961/01/31、29期)

農業者の所得、従って、また、その根本をなす農業所得が、他産業に比較して均衡を得ておらない、この際大きく農政が転換を要求されておるということは、御指摘の通りでありまして、これに対処いたしまして、近く農業基本法を提出して皆様の御協賛を得ることになっておりまするが、その内容についてというお話でございます。………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第9号(1961/02/23、29期)

農業基本法案につきまして、その趣旨の御説明をいたします。申し上げるまでもなく、わが国の農業は、過去幾世代にわたって、国民食糧その他の農産物の供給、資源の有効利用、国土の保全、国内市場の拡大等、国民経済の発展と国民生活の安定に寄与して参りました。また、農業従事者は、この農業のにない手として、多くの困苦………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第10号(1961/02/28、29期)

農産物に関する為替及び貿易の自由化に関しましても、昨年の六月にきめられました貿易・為替自由化大綱にのっとって処置をいたして参るつもりであります。砂糖の自由化をしばらく見送りましたのは、ただいま企画庁長官から申し上げた通りであります。私どもは、畑作地帯における農家所得を確保し、かつ、国内生産の甘味資源………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第17号(1961/03/17、29期)

お答えをいたします。全国の農民が長くから希望をいたし、それに沿いまして政府が出しました農業基本法に対し、農林省における職員のごく一部が反対をし、それがベース・アップ等に関連をいたしまして、すわり込みあるいはデモを行ない、あるいは庁中において不穏な張り紙をする等は、断固許されるものではございません。私………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第29号(1961/04/13、29期)

石川君にお答えをいたします。御指摘のように、公共用地取得制度調査会においては、事業認定があれば、知事または農林大臣の許可を要しないことにするようにという答申のありましたことは、御指摘の通りでありますが、私どもは、まだ事業認定の段階におきましては、農地利用者の調整とか、あるいは耕作者の地位の安定という………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第44号(1961/05/23、29期)

愛知用水公団と水資源公団との関係についてお尋ねでありますが、ただいま企画庁長官からお答えがありましたことで大体尽きております。ただ、愛知用水公団の事業は一応近く完了いたします。しかし、ただいま国会で御審議を願っておりまする愛知用水公団法の一部改正法律案が成立いたしますと、豊川用水事業に直ちに取り組む………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第45号(1961/05/25、29期)

農業災害補償法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨の御説明をいたします。現行農業災害補償制度は、その実施以来、数次の改正を加えつつ、すでに十数年を経過しておりますが、その間に、この制度が災害対策として農業経営の安定に多大の寄与をして参りましたごとは、周知の通りであります。しかしながら、最近に………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2019/03/10