移動
国会議員白書トップ
衆議院議員活動統計
 23期衆議院議員活動統計
 24期衆議院議員活動統計
 25期衆議院議員活動統計
 26期衆議院議員活動統計
 27期衆議院議員活動統計
 28期衆議院議員活動統計
 29期衆議院議員活動統計
 30期衆議院議員活動統計
 31期衆議院議員活動統計
 32期衆議院議員活動統計*
 33期衆議院議員活動統計*
 34期衆議院議員活動統計*
 35期衆議院議員活動統計*
 36期衆議院議員活動統計*
 37期衆議院議員活動統計*
 38期衆議院議員活動統計*
 39期衆議院議員活動統計*
 40期衆議院議員活動統計*
 41期衆議院議員活動統計*
 42期衆議院議員活動統計*
 43期衆議院議員活動統計*
 44期衆議院議員活動統計*
 45期衆議院議員活動統計*
 46期衆議院議員活動統計*
 47期衆議院議員活動統計*
*は在籍期

参議院議員活動統計

衆議院議員一覧







サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

小沢一郎衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

 32期(1969/12/27〜)    0回       0文字
 33期(1972/12/10〜)    0回       0文字
 34期(1976/12/05〜)    0回       0文字
 35期(1979/10/07〜)    0回       0文字
 36期(1980/06/22〜)    2回    1157文字
 37期(1983/12/18〜)   11回   16247文字
 38期(1986/07/06〜)    0回       0文字
 39期(1990/02/18〜)    0回       0文字
 40期(1993/07/18〜)    1回   10327文字
 41期(1996/10/20〜)    3回   24669文字
 42期(2000/06/25〜)    1回    8260文字
 43期(2003/11/09〜)    1回    3137文字
 44期(2005/09/11〜)    2回   12999文字
 45期(2009/08/30〜)    0回       0文字
 46期(2012/12/16〜)    0回       0文字
 47期(2014/12/14〜)    0回       0文字




衆議院本会議発言一覧

第93回国会 衆議院 本会議 第16号(1980/11/17、36期)

私は、ただいま議長から発議されました、この国会の会期を十一月十八日から十一月二十九日まで十二日間延長する件につき、自由民主党を代表して、賛成の討論をいたすものであります。(拍手)第九十三回臨時国会は、本日十七日をもって会期が終了することになっていますが、この臨時国会は、さきの衆参同時選挙において国民………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第28号(1981/05/28、36期)

ただいま議題となりました裁判官弾劾法の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。改正点の第一は、現行の裁判官弾劾法第十五条第三項では、最高裁判所長官に対し、一定の場合に、裁判官について罷免の訴追を求めるべきことを義務づけておりますが、この請求義務を負う者を最高裁判所に改め、最………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第37号(1984/07/20、37期)

ただいま議題となりました米の需給安定に関する決議案につきまして、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合及び日本共産党・革新共同を代表し、提案の趣旨を御説明申し上げます。案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第36号(1985/06/14、37期)

ただいま議題となりました国会法の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。政治倫理確立のための具体策を調査検討するため、政治倫理に関する協議会が昨年二月六日に設置されましたが、以来、一年有余にわたり鋭意協議を重ねました結果、このたび結論を得るに至りました。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 本会議 第14号(1985/12/20、37期)

ただいま議題となりました議員定数の是正に関する決議案につきまして、自由民主党・新自由国民連合、日本社会党・護憲共同、公明党・国民会議、民社党・国民連合、日本共産党・革新共同及び社会民主連合を代表し、提案の趣旨を御説明申し上げます。案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第8号(1986/02/21、37期)

昭和六十一年度の地方財政計画の概要並びに地方税法及び国有資産等所在市町村交付金及び納付金に関する法律の一部を改正する法律案及び地方交付税法等の一部を改正する法律案の趣旨について御説明申し上げます。昭和六十一年度の地方財政は、累積した巨額の借入金を抱え、引き続き厳しい状況にあることにかんがみ、おおむね………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第9号(1986/02/25、37期)

上野先生にお答えいたします。地方公共団体の出資の件でございますけれども、建設大臣からも詳しくお答えがございましたので、補足的に申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第12号(1986/03/20、37期)

中村先生にお答えいたします。地方自治についてでございますが、地方公共団体が、住民のニーズにこたえまして、その役割を十分に果たしていくためには、地方の自主性を強化するとともに、何といっても、地方財政基盤の充実強化を図ることが第一であります。今後とも、地方分権推進の観点から、事務事業の見直しを積極的に進………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第19号(1986/04/11、37期)

辻先生にお答えいたします。自治医大は、御承知のとおり、医療に恵まれない僻地等における地域医療に進んで挺身する気概と高度な医療能力を有する臨床医の養成を目的といたしまして、全国の都道府県が共同してつくったものでございます。僻地、離島等におきましては、あらゆる疾病に適切に対応する必要があり、包括医療の実………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第22号(1986/04/18、37期)

竹村先生にお答えいたします。まず意見書の問題でございますが、地方団体からの意見書は、この再編成によりまして地域医療の確保に支障が生ずるのではないかとの心配から出ているものと考えております。したがいまして、私どもは、この実施に当たりましては、地域医療の確保に配慮し、地元と十分協議して、その理解のもとに………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第24号(1986/04/25、37期)

地方自治法の一部を改正する法律案の趣旨について御説明申し上げます。この法律案は、地方制度調査会の答申に基づき、機関委任事務制度について職務執行命令訴訟制度を見直すとともに、機関委任事務に係る議会及び監査委員の関与を拡充し、監査委員制度について監査委員の職務権限の拡大等その整備を図り、議会制度について………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第27号(1986/05/09、37期)

特定地方交通線の問題でございますが、これが住民生活や地域産業に与える影響につきまして、懸念を表明している関係地方公共団体もあることは承知いたしております。自治省といたしましても、基本的には、特定地方交通線対策の実施に当たりましては、地域の実情や関係地方公共団体の意見を尊重し、地元の理解と協力の上に立………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第28号(1986/05/13、37期)

地方税法及び国有資産等所在市町村交付金及び納付金に関する法律の一部を改正する法律案の趣旨について御説明申し上げます。この法律案は、日本国有鉄道の経営形態の改革及び鉄道事業法の制定に伴い、地方税制について所要の改正を行うものであります。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第2号(1996/01/24、40期)

第百三十六回国会の開会に臨み、橋本総理の施政方針演説に対し、新進党の政治方針について所信を申し述べます。(拍手)まず、橋本新総理に御就任のお祝いを申し上げます。まことにおめでとうございました。(拍手)また、村山前総理、本当に御苦労さまでした。会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第2号(1997/01/22、41期)

第百四十回国会の開会に当たり、橋本総理の施政方針演説に対し、新進党の政治方針及び重要政策について所信を申し述べます。昨年暮れペルーで発生した日本大使公邸占拠事件は、本日で三十六日目となりました。人質となられている方々や御家族の方々のお気持ちを察するに、政治家の一人として身を切られる思いであります。日………会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第20号(1997/12/11、41期)

私は、新進党を代表して、ただいま議題となりました橋本内閣に対する不信任決議案について、提案の趣旨を御説明いたします。まず、決議案の案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第143回国会 衆議院 本会議 第5号(1998/08/11、41期)

私は、自由党を代表し、小渕新総理の所信表明演説に対し、自由党の政治方針及び重要政策について、所信を申し述べます。総理におかれましては、我々の主張に対し、御見解をお聞かせいただきたいと存じます。まず初めに、小渕新総理に対しまして、小沢一郎として、全く個人的立場からでございますけれども、このたびの総理就………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第6号(2003/02/04、42期)

自由党の小沢一郎でございます。小泉総理の施政方針演説に対し、自由党の理念、政策と私の所信を申し上げ、今、日本の進むべき針路を明らかにしたいと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第159回国会 衆議院 本会議 第16号(2004/03/18、43期)

ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員池田行彦さんは、去る一月二十八日、六十六歳で逝去されました。政界の重鎮として、ますますの御活躍が期待された矢先、いかに天命とは申せ、貴方を失いましたことは、痛恨の極みであります。ましてや、紀子夫人をはじめ御家族皆様の御心情は、いかばかりかと存じ、お慰………会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第3号(2007/01/29、44期)

民主党の小沢一郎でございます。安倍総理の施政方針演説に対し、民主党の掲げる生活維新の理念、政策と私の所信を申し上げながら、総理の御意見を伺います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第170回国会 衆議院 本会議 第3号(2008/10/01、44期)

麻生総理大臣の所信表明に対し、民主党・無所属クラブを代表して、私の所信を申し上げながら、総理の御見解をお伺いいたします。(拍手)まず最初に、総理大臣というもののあり方についてお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/09/22