移動
国会議員白書トップ
衆議院統計
 23期衆議院統計
 24期衆議院統計
 25期衆議院統計
 26期衆議院統計
 27期衆議院統計
 28期衆議院統計
 29期衆議院統計
 30期衆議院統計
 31期衆議院統計
 32期衆議院統計
 33期衆議院統計
 34期衆議院統計
 35期衆議院統計
 36期衆議院統計
 37期衆議院統計
 38期衆議院統計
 39期衆議院統計
 40期衆議院統計
 41期衆議院統計
 42期衆議院統計
 43期衆議院統計
 44期衆議院統計
 45期衆議院統計
 46期衆議院統計
 47期衆議院統計
●は在籍期ページ

参議院統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

金子満広衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  33期(1972/12/10〜)    7回   42780文字
  35期(1979/10/07〜)    1回    7582文字
  36期(1980/06/22〜)    6回   37441文字
  38期(1986/07/06〜)    4回   31832文字
  39期(1990/02/18〜)    7回   31702文字
  41期(1996/10/20〜)    5回   18938文字




衆議院本会議発言一覧

第71回国会 衆議院 本会議 第14号(1973/03/08、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、国鉄運賃法等改正案について、総理並びに関係閣僚に質問いたします。言うまでもないことでありますが、この法案は、今年度の大幅な運賃値上げを手始めに、今後十年間に四回にわたって、相次ぎ値上げを行なおうとするものであります。物価高に苦しむ国民への新たな重大な挑戦といわな………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第49号(1973/07/03、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、自由民主党など四党提案の、中国の核実験に抗議し、フランスの核実験に反対する決議案に、遺憾ながら賛成できない理由を述べるとともに、われわれが核兵器の全面禁止の決議案を提案してきたことについて、その理由を明らかにしたいと思います。(拍手)そもそも、天下周知のように、………会議録へ(外部リンク)

第71回国会 衆議院 本会議 第62号(1973/09/22、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、田中内閣不信任決議案に対して、賛成の討論を行ないます。(拍手)田中内閣が成立して十四カ月、いまや庶民政治、庶民内閣などの宣伝は完全に消え去り、そこにあらわれたものは、国民生活を破壊し、国の現在と未来をますます危険に導く、おそるべき田中内閣の素顔であります。会議録へ(外部リンク)

第72回国会 衆議院 本会議 第10号(1974/01/24、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、田中内閣の内外政策に対し、総理並びに関係閣僚に質問いたします。今日、内には異常な物価高と国民生活の困難、外にはインドネシアをはじめ東南アジア諸国の反日抗議行動に見られるように、田中内閣の政治はいまや内外ともに重大な破局に直面し、国民の不安と怒りは全国に広がってお………会議録へ(外部リンク)

第74回国会 衆議院 本会議 第4号(1974/12/17、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、三木内閣の政治姿勢と内外政策に対して、総理並びに関係閣僚に質問をいたします。金権、腐敗政治に対する国民のきびしい追及の中で退陣した田中総理にかわって、新しく登場した三木総理が、はたして、就任前公言してきた事柄を、真に、ことばどおり実行するのかどうか、いま国民は、………会議録へ(外部リンク)

第76回国会 衆議院 本会議 第5号(1975/09/19、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、当面の緊急問題について、総理並びに関係閣僚に質問をいたします。御承知のように、今年は第二次世界大戦後三十年目に当たります。三十年前、多くの国民は、再びこのような惨禍を繰り返してはならないと心に誓い、そこから平和と民主主義、豊かな日本の建設を心から願ったのであります。会議録へ(外部リンク)

第78回国会 衆議院 本会議 第5号(1976/09/28、33期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、いま緊急に解明が求められているロッキード事件並びに国民生活防衛、平和の問題について、総理並びに関係閣僚に質問をいたします。まず第一に、ロッキード問題の解明についてただします。この問題で最も重要なことは、この事件がどのような本質を持ったものであるかということであります。会議録へ(外部リンク)

第90回国会 衆議院 本会議 第4号(1979/11/30、35期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、当面する国政の重要問題について内閣総理大臣にお尋ねをしたいと存じます。私は、総理の所信表明を注意深く聞きました。しかし、残念ながら、そこには総選挙での自民党に対する国民の厳しい審判を謙虚に受けとめる態度がなく、従来型の路線の延長を表面上の低姿勢で粉飾したものと言………会議録へ(外部リンク)

第94回国会 衆議院 本会議 第25号(1981/05/15、36期)

私は、日本共産党を代表して、総理の訪米報告について質問をいたします。言うまでもないことでありますが、今回の日米首脳会談と日米共同声明の最大の問題点は、何よりもまず、鈴木総理自身が西側の団結を強調し、レーガン政権の超タカ派的な世界戦略への全面的な同調を、日米同盟の名のもとに誓約をしたことであり、その世………会議録へ(外部リンク)

第95回国会 衆議院 本会議 第6号(1981/10/06、36期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりましたいわゆる行政改革推進のための一括処理法案に対して、総理大臣並びに関係大臣に質問をいたします。今国会の男頭における総理の所信表明及び衆参両院の審議を通じて明白にされたことは、いま政府・自民党が推進している行政改革とは、紛れもなく国民犠牲の臨調答申その………会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第4号(1982/01/28、36期)

私は、日本共産党を代表して、総理並びに関係大臣に質問をいたします。私は、まず初めに、激動する国際情勢に対応する総理の基本的な認識についてただしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第96回国会 衆議院 本会議 第33号(1982/08/18、36期)

私は、日本共産党を代表して、鈴木内閣不信任決議案に対し、賛成の討論を行います。(拍手)言うまでもないことでありますが、いまわが国政治に課せられている最大の責務は、金権腐敗政治の徹底的な究明であり、核戦争の阻止と軍縮、国民生活の安定と日本経済の危機の打開であります。会議録へ(外部リンク)

第98回国会 衆議院 本会議 第4号(1983/01/28、36期)

私は、日本共産党を代表して、当面する国政の重要問題について、総理に質問をいたします。中曽根内閣が成立して二カ月がたちました。この間の経緯は、中曽根内閣がいかに危険な内閣であるかということをますます明らかにしてまいりました。それは、みずからを改憲論者として宣言したことを初め、日米軍事同盟の強化と軍備の………会議録へ(外部リンク)

第100回国会 衆議院 本会議 第5号(1983/09/13、36期)

私は、日本共産党を代表して、当面する重要な幾つかの問題について、中曽根総理にただしたいと思います。まず最初に、大韓航空機撃墜事件について伺います。会議録へ(外部リンク)

第107回国会 衆議院 本会議 第4号(1986/09/17、38期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して中曽根総理に質問をいたします。言うまでもなく今国会は、さきの同時選挙と第三次中曽根内閣の成立を受けての本格的な審議をする国会であり、その成り行きは、国民の生活と安全、我が国と近隣諸国、世界の平和にとっても重大な意味を持つ国会となっております。会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第5号(1989/02/14、38期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、当面する重要な国政問題について総理に質問をいたします。言うまでもなく、今国会は、我が国の政治史上前例のない腐敗政治の中で開かれています。そして昨日は、リクルート疑惑の中核、江副前会長などが贈収賄容疑で逮捕され、事態は緊迫した局面を迎えています。そこで、総理、この………会議録へ(外部リンク)

第114回国会 衆議院 本会議 第19号(1989/06/08、38期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、宇野新総理に対して基本的な政治姿勢の問題について質問をいたします。まず初めに、私は、中国の首都北京で、民主化を求める数万、数十万と言われる学生、市民に対して、中国共産党と中国政府当局が戦車を含む軍隊を突入させ、野蛮きわまる無差別の発砲、乱射によって数千に及ぶ死傷………会議録へ(外部リンク)

第116回国会 衆議院 本会議 第4号(1989/10/05、38期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、当面する国政の重要問題について海部総理に質問を行います。言うまでもありませんが、今臨時国会は、さきの参議院選挙で示された国民の審判にこたえることであります。それは何よりも、消費税を廃止することである、及び金権政治の根幹である企業献金を禁止することであります。同時………会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 本会議 第8号(1991/01/29、39期)

私は、日本共産党を代表して、湾岸戦争を中心とする当面の内外の重要問題について総理に質問をいたします。世界の平和を脅かす湾岸戦争が開始されてから二週間になろうとしています。戦争は長期化の様相を見せ、無辜の人民の殺りくと破壊、大量の原会議録へ(外部リンク)

第121回国会 衆議院 本会議 第6号(1991/09/10、39期)

私は、日本共産党を代表して、小選挙区制の導入を中心としたいわゆる政治改革三法案について質問をいたします。総理、今や小選挙区制に対する国民の批判は日ごとに高まっています。国民の多数の声となっていることは事実であります。今国会の開会から今日までの短い期間に、小選挙区制反対の請願署名は既に百数十万に達して………会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第3号(1992/01/29、39期)

私は、日本共産党を代表して、宮沢総理の施政方針演説に対する質問を行います。激動する内外情勢のもとで、今、日本の政治に求められていることは、歴史の流れに沿って冷戦の遺産を清算し、国民生活優先、そして平和、民主主義への転換を実現することであります。ところが今、国民の前には、世界の進歩に逆行する矛盾がさま………会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 本会議 第33号(1992/06/15、39期)

私は、日本共産党を代表して、PKO協力法案等、すなわち、自衛隊海外派兵法について、断固反対の討論を行います。(拍手)私は、まず、反対理由を述べる前に、自衛隊を海外派兵するため、自公民三党が、参議院に続き衆議院においても、審議打ち切りを初め議会制民主主義否定の数々の暴挙を重ねてきたことに対し、全身の怒………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第3号(1993/01/26、39期)

私は、日本共産党を代表して、総理の施政方針演説に対する質問を行います。総理、今政界の流行語になって大きく広がっているのが「改革」「変革」という言葉であります。総理の新春インタビューも、また今回の施政方針演説でもこの言葉が強調されました。これほどまでに改革を言わなければならないほど、自民党政治に対する………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第26号(1993/05/13、39期)

私は、日本共産党を代表して、まず、文民警官高田晴行さんを初め、カンボジアで犠牲になられた方々に対して心から哀悼の意を表明し、パリ和平協定を全面的にじゅうりんしているポル・ポト派を厳しく糾弾し、その上に立って総理並びに関係大臣に質問をいたします。カンボジアに本当の平和をもたらすその上で、ポル・ポト派の………会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 本会議 第34号(1993/06/18、39期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました宮沢内閣不信任決議案について、「信任せず。」の一点に賛成し、党の立場を明確にして、討論を行います。(拍手)第百二十六国会が最終盤を迎えた今日、自民党・宮沢内閣に社公民各党が加わり、そしてマスコミまで総動員し、政治改革と偽って進めてきた小選挙区制導入………会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 本会議 第22号(1997/04/04、41期)

私は、日本共産党を代表して、先ほど提案されました米軍用地特別措置法一部改正法案についで、橋本総理に質問をいたします。言うまでもありませんが、沖縄米軍基地は、第二次世界大戦終戦時に、米軍がハーグ陸戦法規に違反して住民の土地を強奪してつくられました。さらに、銃剣とブルドーザーによって無法に拡張されたこと………会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第3号(1997/10/02、41期)

私は、日本共産党を代表して、橋本総理に質問をいたします。まず初めに、総理の政治姿勢の基本についてであります。会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 本会議 第31号(1998/04/21、41期)

私は、日本共産党を代表して、労働基準法の一部を改正する法律案に対して、総理に質問をいたします。まず最初に、改正についての基本的な考え方を伺います。会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第26号(1999/04/27、41期)

私は、日本共産党を代表して、ガイドライン関連法案に怒りを込めて反対の討論を行います。言うまでもなく、この法案の本質は、海外でアメリカが引き起こす戦争に日本が自動的に参加するという、まさに戦争法案そのものであります。会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 本会議 第52号(1999/08/11、41期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま議題となりました小渕内閣不信任決議案に対し、賛成の討論を行います。(拍手)小渕内閣を信任せずの最大の問題は、数を頼んで審議も尽くさず、道理も国会ルールも踏みにじって、悪法の数々を問答無用とばかりに強行し、またその構えをとっていることであります。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2017/10/18