武村正義衆議院議員 国会活動データ「本会議発言」



衆議院本会議発言統計

  38期(1986/07/06〜)    0回       0文字
  39期(1990/02/18〜)    1回    1227文字
  40期(1993/07/18〜)   24回   65944文字
  41期(1996/10/20〜)    0回       0文字




衆議院本会議発言一覧

第126回国会 衆議院 本会議 第20号(1993/04/14、39期)

残りました四つの質問につきまして、お答えを申し上げます。一つは、単純小選挙区制度になれば本当に選挙に金がかからなくなるのかというお尋ねでございますが、私どもは、制度が変わって金がかからなくなるとは申し上げておりません。当然一定の金はかかります。たとえかかりましても、これまでのように政治家個々が金にか………会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 本会議 第4号(1993/10/13、40期)

政治改革に一貫して熱心にお取り組みをいただいていることに敬意を表します。御指摘のとおり、政党も、政治家も、そして有権者の間にも、革命的な意識の改革を促すことが大事だという御指摘は同感であります。そして、腐敗防止の御指摘のような面での新しいシステムを構築することについても、私は賛成であります。今、新た………会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 本会議 第5号(1993/10/14、40期)

暫定政権であることを明言すべきではないかというお尋ねをいただきました。今の羽田副総理の御発言にかかわるわけでございますが、確かに今回の政権の誕生のきっかけに、私ども、統一会派としてさきがけ日本新党が政治改革政権の提唱をさしていただきました。そのことがきっかけになっていることは御承知のとおりでございます。会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 本会議 第11号(1993/11/30、40期)

きょうから御審議をいただきます補正予算の提出をわざとおくらしたんではないかというおしかりでございますが、そんなことはありません。確かに、十月の半ばごろでございましたか、不肖私も定例記者会見で質問を受けまして、十一月の二十日過ぎを目標に全力を挙げて作業を進めている、こういうお答えをしたことがありますし………会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 本会議 第13号(1993/12/13、40期)

いよいよウルグアイ・ラウンド交渉が大詰めの段階を迎えております。御承知のとおり、今回の交渉は、世界百十六カ国のまさに国益と国益のぶつかり合いでありますし、その利害をどう調整をするかという最終場面を迎えているわけでございます。この交渉の基本としましては、すべて交渉の結果がまとまるまでは公表をしないとい………会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 本会議 第19号(1994/05/13、40期)

私は、新党さきがけ・青雲を代表し、新しく就任された羽田内閣総理大臣に対しまして、二、三の基本的な問題についてお尋ねをいたします。まず、このたび、大変厳しい政治情勢の中で困難な旅立ちをされた羽田総理を初め新しい閣僚の皆様には、どうぞ改革の旗をしっかり継承をして、精いっぱい頑張っていただきたいと思います………会議録へ(外部リンク)

第130回国会 衆議院 本会議 第2号(1994/07/20、40期)

私からも、野合政権の御批判に対する考え方を一言申し述べます。昨年から、日本の政治もいよいよ連立政権の時代に入っております。今さら申し上げるまでもありませんが、連立政権、主張が異なる複数の政党が相寄って樹立する政権でございます。その基本になるものは、あくまでも政策における合意であります。このような政党………会議録へ(外部リンク)

第130回国会 衆議院 本会議 第3号(1994/07/21、40期)

三点お尋ねをいただきました。まず、政権に対する、私どもの新党さきがけに対する御批判でありますが、この政権は政策合意を基本として成立をしている、これはもう十分御承知をいただいているはずでございます。政策のすり合わせのないままという発言は、取り消していただきたいと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 本会議 第3号(1994/10/05、40期)

来年は戦後ちょうど五十年を迎えますが、今でもなお、さきの戦争の評価やそれに関連する諸問題をめぐってさまざまな論議がございます。私は、この機会に改めて、あの時期の日本民族の思想と足跡について、冷静で客観的な歴史研究や幅広い視野からの総括が行われてもよいのではないかというふうに考えております。与党におい………会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 本会議 第4号(1994/10/06、40期)

我が国金融・資本市場は、取引高、参加者の多様性という点で世界の三大市場の一つと言われるまでにその規模は拡大をしてきております。また、八〇年代を通じて増加した国際的な資金交流ニーズにも対応をして、内外の投資家による国際的な資金調達及び運用の場としての機能を充実させてきているところでございます。資本市場………会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 本会議 第6号(1994/10/18、40期)

ただいま議題となりました所得税法及び消費税法の一部を改正する法律の施行等による租税収入の減少を補うための平成六年度から平成八年度までの公債の発行の特例等に関する法律案、所得税法及び消費税法の一部を改正する法律案及び平成七年分所得税の特別減税のための臨時措置法案、以上三件につきまして、その趣旨を御説明………会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 本会議 第10号(1994/11/02、40期)

ただいま議題となりました関税定率法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。本法律案は、ウルグアイ・ラウンド交渉の結果合意された世界貿易機関を設立するマラケシュ協定の実施等のため、関税率及び関税制度について所要の改正を行うものであります。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第1号(1995/01/20、40期)

今回の地震対策につきましては、関係省庁において既に次々と緊急対策を講じていただいておりますが、財政当局としましても、これらの措置に支障がないよう、補正予算を含め必要な財政措置を総動員して最善を尽くしてまいります。財政投融資につきましても、各公共団体等の要望を受けて、地方債の引き受けを初め適切に対処を………会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第5号(1995/02/10、40期)

ただいま議題となりました平成七年度における財政運営のための国債整理基金に充てるべき資金の繰入れの特例等に関する法律案及び租税特別措置法の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、平成七年度における財政運営のための国債整理基金に充てるべき資金の繰入れの特例等に関する法律案につきまして、御説………会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第6号(1995/02/14、40期)

まず、特殊法人についての感想でございますが、率直に言って、かなりの成果を上げることができた、こう思っております。過去、歴代の内閣が、この特殊法人の問題については何回もチャレンジをしてまいり咳した。そういう成果と比較いたしましても、今回、文字どおり半年間の短い期間の中でありますが、総理の熱意と各閣僚の………会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第10号(1995/02/24、40期)

今般、平成七年一月十七日に発生した阪神・淡路大震災等に対応し必要な財政措置を講ずるため、平成六年度補正予算(第2号)を提出することとなりました。その御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要を御説明申し上げます。今回の阪神・淡路大震災は、阪神・淡路地域に未曽有の被害をもたらしました。ここに改めて、亡………会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第20号(1995/04/13、40期)

ただいま議題となりました保険業法案及び保険業法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。初めに、保険業法案につきまして御説明を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第26号(1995/05/15、40期)

平成七年度予算につきましては、去る三月二十二日という早い時期に成立を見、既に着実な執行がなされているところでございますが、今般、さきに決定されました緊急円高・経済対策を受けて、阪神・淡路大震災からの復旧・復興事業等を盛り込んだ平成七年度補正予算を提出することとなりました。その御審議をお願いするに当た………会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第27号(1995/05/16、40期)

選挙になれば、社会党に限ったことではなく、どの政党も議席数をふやすべく最大限努力を傾けるものであります。したがって、仮定の話とはいえ、社会党が議席を減ずるという前提での御質問にはお答えできません。むしろ、連立政権をともにする社会党が、参議院選においても堂々と御健闘されることを期待申し上げたいと思いま………会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 本会議 第2号(1995/10/02、40期)

選挙制度についてのお尋ねでありますが、羽田議員も御承知のように、選挙制度には完全無欠で理想のものは存在いたしません。そういう中で、真剣な議論を重ねて、我々は新しい選挙制度を選んだわけであります。選んだ以上は、次回の衆議院選挙は目をつむってこの新しい選挙制度のもとで実施をすべきだと考えますし、実施をし………会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 本会議 第3号(1995/10/03、40期)

私も、消費税の御質問でありますが、村山総理大臣の御答弁と全く同じ見解であります。法の見直し規定の趣旨に沿って、予断を持たないで真剣に検討をしてまいりたいと思います。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 本会議 第4号(1995/10/04、40期)

参議院本会議における私の発言をめぐって、新進党に対し穏当を欠いた点があったことをおわびいたします。財政演説を始めます。会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 本会議 第5号(1995/10/05、40期)

総理に対するお尋ねと重複しますが、経済対策について申し上げます。我が国経済は、バブル崩壊の後遺症に加え、年初以来の震災、円高等の影響によりまして、昨年末から本年度前半にかけての景気の足取りが鈍くなっていたところであります。このような状況に対処するために、私どもは、四月の緊急円高・経済対策を初めとして………会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 本会議 第7号(1995/10/19、40期)

ただいま議題となりました租税特別措置法の一部を改正する法律案の趣旨を御説明申し上げます。この法律案は、最近における社会経済情勢にかんがみ、株式市場の活性化の観点から、上場会社等による利益をもってする株式の消却の促進を図るため、上場会社等が株式の利益消却を行った場合のみなし配当について、特例措置を講ず………会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 本会議 第14号(1995/11/10、40期)

大和銀行のニューヨークにおける一連の事件について申し上げます。今回の事件は、大和銀行からの報告によりますと、大和銀行ニューヨーク支店において、昭和五十九年から十一年間にわたり元職員による権限を逸脱した米国債の簿外取引等が行われ、約十一億ドルの損失が発生するとともに、同行の現地法人であるダイワ・トラス………会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2019/03/10