移動
国会議員白書トップ
衆議院議員活動統計
 23期衆議院議員活動統計
 24期衆議院議員活動統計
 25期衆議院議員活動統計
 26期衆議院議員活動統計
 27期衆議院議員活動統計
 28期衆議院議員活動統計
 29期衆議院議員活動統計
 30期衆議院議員活動統計
 31期衆議院議員活動統計
 32期衆議院議員活動統計
 33期衆議院議員活動統計
 34期衆議院議員活動統計
 35期衆議院議員活動統計
 36期衆議院議員活動統計
 37期衆議院議員活動統計
 38期衆議院議員活動統計
 39期衆議院議員活動統計
 40期衆議院議員活動統計
 41期衆議院議員活動統計
 42期衆議院議員活動統計
*43期衆議院議員活動統計
*44期衆議院議員活動統計
*45期衆議院議員活動統計
*46期衆議院議員活動統計
衆議院議員一覧
参議院議員一覧
内閣総理大臣一覧

サイト内検索
■著書
世論の曲解
平成史
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治
選挙ポスターの研究

高橋千鶴子




衆議院本会議発言統計

43期(2003/11/09〜)    1回     897文字
44期(2005/09/11〜)    8回   13596文字
45期(2009/08/30〜)   13回   29718文字
46期(2012/12/16〜)    9回   15639文字

衆議院本会議発言一覧

第159回国会衆議院本会議第25号(2004/04/20、43期)

私は、日本共産党を代表し、まず、無事解放された人質の皆さんと御家族の皆さんに心からお喜び申し上げます。政府のイラク報告に関して質問します。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第163回国会衆議院本会議第7号(2005/10/18、44期)

私は、日本共産党を代表して、障害者自立支援法案について質問いたします。(拍手)まずお聞きしたいのは、政府が、さきの通常国会での審議をどう受けとめているのかということです。会議録へ(外部リンク)

第164回国会衆議院本会議第20号(2006/04/06、44期)

私は、日本共産党を代表して、健康保険法等の一部改正案及び医療法等の一部改正案について、総理及び厚生労働大臣に質問します。(拍手)小泉内閣の五年間、年金や医療などの連続改悪で、負担増と給付減が繰り返されてきました。その上、四月から、障害者自立支援法や介護保険の負担増が始まっています。この社会保障の切り捨てが、老後や病気などへの国民の力を削り取り、経済格差を押し広げてきました。会議録へ(外部リンク)

第164回国会衆議院本会議第31号(2006/05/18、44期)

私は、日本共産党を代表して、健康保険法及び医療法の一部改正案に対し、反対の討論を行います。(拍手)まず最初に、本法案は、国民の命と健康にかかわる極めて重大な法案であるにもかかわらず、昨日の厚生労働委員会において、自民、公明の与党が審議を打ち切り、採決を強行する暴挙を行ったことに、満身の怒りを込めて抗議をするものであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第166回国会衆議院本会議第10号(2007/03/03、44期)

私は、日本共産党を代表し、二〇〇七年度政府予算三案に反対の討論を行います。(拍手)初めに、与野党の合意がないのに、委員長職権で委員会の開会を強行し、法案の強行採決を行った伊藤達也財務金融委員長の解任決議案を民主党はなぜ取り下げたのか、全く理解できません。厳しく抗議します。会議録へ(外部リンク)

第166回国会衆議院本会議第27号(2007/05/08、44期)

私は、日本共産党を代表し、社会保険庁関連二法案について総理に質問します。(拍手)本法案は、これまで年金業務を担ってきた社会保険庁を解体し、新たにつくる非公務員型の日本年金機構に年金業務を行わせ、その業務の多くを民間委託できるようにする、まさに年金運営の民営化法案であります。会議録へ(外部リンク)

第166回国会衆議院本会議第37号(2007/05/31、44期)

私は、日本共産党を代表し、ただいま議題となりました厚生労働委員長櫻田義孝君の解任決議案に賛成の討論をいたします。(拍手)初めに、一週間のうちに二度も強行採決をするという暴挙に対し、満身の怒りを込めて抗議をするものです。会議録へ(外部リンク)

第170回国会衆議院本会議第16号(2008/12/24、44期)

私は、日本共産党を代表し、民主党、社会民主党、国民新党提出の雇用対策関連四法案に対し、賛成の討論を行います。(拍手)非正規切りがとまりません。新卒者の採用内定取り消しも急速にふえ、今や正社員にまで解雇の波が及んでいます。年の瀬も押し迫る中、多くの働く人々が突然仕事を奪われ、それどころか、住まいも失っ………会議録へ(外部リンク)

第171回国会衆議院本会議第13号(2009/03/10、44期)

私は、日本共産党を代表し、政府提出の雇用保険法改正案及び野党提出の雇用対策関連三法案について質問をします。(拍手)一月の自殺者が二千六百四十五人にもなったといいます。派遣切りされ、窓から飛びおりたいと思った女性がテレビで映し出されたように、今日の雇用、経済情勢の悪化が背景にあることは否定できません。………会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第9号(2010/02/23、45期)

私は、日本共産党を代表して、平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律案について質問します。(拍手)子ども手当は、民主党が総選挙の政権公約のトップに掲げた、まさに鳩山内閣の目玉政策であります。その法案審議に当たっては、当然、鳩山総理自身が答弁の責任を果たすべきであります。総理出席がないまま審………会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第14号(2010/03/16、45期)

私は、日本共産党を代表して、二〇一〇年度における子ども手当支給法案に対する討論を行います。(拍手)今日、子育て世帯の多くは所得が低く、政府の調査によっても、経済支援を求める声が七割にも達しています。とりわけ、子供の七人に一人が貧困であり、日本は所得の再分配によって逆に貧困率が高まる唯一の国であること………会議録へ(外部リンク)

第174回国会衆議院本会議第23号(2010/04/16、45期)

私は、日本共産党を代表し、労働者派遣法改正案について質問します。(拍手)一九八五年に労働者派遣法が成立してから四半世紀になります。職業安定法四十四条は、労働者供給事業、いわゆる人貸し業を明確に禁止しています。にもかかわらず、労働者派遣事業をその例外として認め、労働者派遣法が制定されました。我が党は、………会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第5号(2011/02/24、45期)

私は、日本共産党を代表して、平成二十三年度における子ども手当の支給に関する法律案について質問いたします。(拍手)貧困と格差の拡大が子育て世代に深刻な打撃を与えています。日本は、先進諸国の中でも子供に関する予算が極端に低く、所得の再分配をしても逆に貧困率が高まる唯一の国であり、子育て支援策の拡充は待っ………会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第21号(2011/05/19、45期)

私は、日本共産党を代表し、東日本大震災復興基本法案について質問します。(拍手)初めに、このたびの東日本大震災で犠牲になられた皆さん、被災された皆さんに、改めて心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第27号(2011/06/10、45期)

私は、日本共産党を代表し、東日本大震災復興基本法案に対し、反対の討論を行います。(拍手)大震災から、あすで三カ月となります。今なお行方不明者が八千百四十六名も残され、懸命の捜索活動も続けられております。いまだに多くの被災者が、避難所や自宅での不自由な避難生活を強いられ、あすの暮らしが見えない状況に、………会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第35号(2011/07/28、45期)

私は、日本共産党を代表し、原子力損害賠償支援機構法案及び仮払い法案に反対の討論を行います。(拍手)福島県原子力損害対策協議会は、二十一日、すべての県民が放射線の見えない恐怖に長期間さらされている、これまで築き上げてきた地域社会や地域経済の崩壊も危惧される危機的な状況にあるとして、東京電力と国に対して………会議録へ(外部リンク)

第177回国会衆議院本会議第39号(2011/08/23、45期)

私は、日本共産党を代表して、平成二十三年度における子ども手当の支給等に関する特別措置法案に反対の討論を行います。(拍手)最初に指摘しなければならないのは、子ども手当が政争の具として扱われたということです。会議録へ(外部リンク)

第179回国会衆議院本会議第10号(2011/11/18、45期)

私は、日本共産党を代表し、東日本大震災復興特区法案について質問します。(拍手)震災から八カ月余りが過ぎました。被災自治体は、発災直後から、復興のためには特区が必要だと訴えていました。その姿がなかなか示されないばかりか、国がどこまで財政支援をするのかがわからず、復興計画や復興事業も進みませんでした。本………会議録へ(外部リンク)

第180回国会衆議院本会議第10号(2012/03/23、45期)

私は、日本共産党を代表し、児童手当法改正案に反対の討論を行います。(拍手)二〇〇九年の政権交代直後、民主党が真っ先に実行したのは、生活保護世帯の母子加算の復活と、相対的貧困率の公表でした。子供の七人に一人が貧困という衝撃的な数字とともに、子ども手当は、貧困の連鎖を断ち切るカンフル剤として、また、先進………会議録へ(外部リンク)

第180回国会衆議院本会議第18号(2012/05/08、45期)

私は、日本共産党を代表し、年金機能強化法案並びに被用者年金一元化法案に対する質問を行います。(拍手)両法案を含む七つの法案が、社会保障と税の一体改革の名のもとに、特別委員会で一括審議されようとしています。しかし、民主党の新しい年金制度はおろか、医療や介護保険制度についても法案はまだ提出されておらず、………会議録へ(外部リンク)

第180回国会衆議院本会議第19号(2012/05/10、45期)

私は、日本共産党を代表し、子ども・子育て新システム三法案について質問します。(拍手)民主党は、〇九年総選挙で、チルドレンファーストを掲げて政権交代を実現しました。その中心施策だった子ども手当は、一度も完成形を見ないまま、児童手当に戻りました。私は、増税だけが残ったと、この壇上で討論を行ったばかりであ………会議録へ(外部リンク)

第180回国会衆議院本会議第28号(2012/06/26、45期)

私は、日本共産党を代表し、消費税増税法案を初め八法案に反対の討論を行います。(拍手)野田内閣は、社会保障と税の一体改革と称して、七本の法案を一括して特別委員会に付託しました。ところが、公の審議の一方で、水面下での三党協議を行い、二十一日、新たな二法案や修正案を提出したのです。中央、地方公聴会での意見………会議録へ(外部リンク)

第183回国会衆議院本会議第20号(2013/05/09、46期)

私は、日本共産党を代表し、災害対策基本法等一部改正案について質問します。(拍手)東日本大震災の検証を進めながら行った昨年の災害対策基本法改正案審議においては、災害対策の基本的理念の明確化や、復興の枠組みの整備を図ることが、積み残された課題とされていました。本法案並びに同時に提出された大規模災害からの………会議録へ(外部リンク)

第183回国会衆議院本会議第27号(2013/05/23、46期)

私は、日本共産党を代表し、公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律案に反対の討論を行います。(拍手)厚生年金基金は、厚生年金の一部を基金が代行して運用する制度として、一九六六年に創設され、国の指導監督のもとに維持されてきた制度であります。会議録へ(外部リンク)

第185回国会衆議院本会議第11号(2013/11/19、46期)

私は、日本共産党を代表して、持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律案に反対の討論を行います。(拍手)まず、先週十五日の厚労委員会において、三野党が十分な審議を求めていたにもかかわらず、与党によって一方的に審議が打ち切られ、採決が強行されたことに、強く抗議をするものです。会議録へ(外部リンク)

第185回国会衆議院本会議第14号(2013/11/26、46期)

私は、日本共産党を代表し、ただいま議題となりました防災・減災等に資する国土強靱化基本法案に反対の討論を行います。(拍手)三・一一東日本大震災から二年八カ月余が過ぎました。この間も、甚大な災害が次々と列島を襲い、南海トラフ地震、首都直下地震など、巨大地震が必ず起こると指摘される中で、大規模災害から国民………会議録へ(外部リンク)

第185回国会衆議院本会議第15号(2013/11/28、46期)

私は、日本共産党を代表し、薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律案に反対の討論を行います。(拍手)本法案は、一般用医薬品のインターネット販売を全面解禁するものです。会議録へ(外部リンク)

第186回国会衆議院本会議第13号(2014/04/01、46期)

私は、日本共産党を代表し、医療・介護の総合確保法案について質問します。(拍手)きょう四月一日、消費税が十七年ぶりに増税されます。社会保障改悪とあわせ、史上空前の十兆円もの負担増となり、国民生活にはかり知れない打撃を与えるもので、強く抗議します。会議録へ(外部リンク)

第186回国会衆議院本会議第24号(2014/05/15、46期)

私は、日本共産党を代表して、医療介護総合法案に反対の討論を行います。(拍手)初めに、昨日の厚労委員会において、全野党の反対を押し切って採決を強行したことに、満身の怒りを込めて抗議をします。会議録へ(外部リンク)

第187回国会衆議院本会議第8号(2014/10/28、46期)

私は、日本共産党を代表し、労働者派遣法改正案に対し、質問します。(拍手)安倍総理は、所信表明演説で、大胆な規制改革なくして成長戦略の成功はありませんと述べ、雇用を、医療や農業と並べて、岩盤のようにかたい規制と強調しました。会議録へ(外部リンク)

第187回国会衆議院本会議第9号(2014/10/31、46期)

私は、日本共産党を代表して、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案について質問します。(拍手)政府と経団連などが主催し九月に行われた女性が輝く社会に向けた国際シンポジウムのハイレベル・ラウンドテーブルで、総理は各国の女性たちを前に、二十一世紀こそ女性に対する人権の侵害のない世界にと強い決意を………会議録へ(外部リンク)