移動
国会議員白書トップ
参議院議員活動統計
 1期参議院議員活動統計*
 2期参議院議員活動統計
 3期参議院議員活動統計
 4期参議院議員活動統計
 5期参議院議員活動統計
 6期参議院議員活動統計
 7期参議院議員活動統計
 8期参議院議員活動統計
 9期参議院議員活動統計
 10期参議院議員活動統計
 11期参議院議員活動統計
 12期参議院議員活動統計
 13期参議院議員活動統計
 14期参議院議員活動統計
 15期参議院議員活動統計
 16期参議院議員活動統計
 17期参議院議員活動統計
 18期参議院議員活動統計
 19期参議院議員活動統計
 20期参議院議員活動統計
 21期参議院議員活動統計
 22期参議院議員活動統計
 23期参議院議員活動統計
*は在籍期

衆議院議員活動統計

衆議院議員一覧
参議院議員一覧

内閣総理大臣一覧

国会議員白書について


サイト内検索
■著書
徹底検証・安倍政治
平成史(新版)
世論の曲解
「政治主導」の教訓
変貌する日本政治

星野芳樹参議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



参議院委員会発言統計

  1期(1947/04/20〜)  147回出席   70回発言   73052文字発言

※なお、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。


参議院委員会発言一覧

第1回国会 参議院 外務委員会 第2号(1947/10/01、1期)

只今の資料配付について参考になりそうな方に配付するというような、何か基準のない、坂西さんの御判定によるようなことでは何となく心許ない。それぞれ正式な理事というものがありますし、それから各会派というもの…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 外務委員会 第3号(1947/10/08、1期)

色丹の方だけですか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 外務委員会 第4号(1947/10/14、1期)

大体報告でよく分りましたから、討議に入つたらどうかと思いますが、いかがでしようか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 外務委員会 第5号(1947/12/04、1期)

岡田委員及び大隈委員の意見には全く賛成であります。これは全く必要ないものと認めます。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第2号(1947/08/05、1期)

外務大臣が、殘留者がソ聯地區に約八十五萬人、この全部の送還が終るのは來年の秋になると言われたのですが、本年は殘り五ケ月、明年が十二ケ月、合せて十七ケ月で、丁度來年の暮になる、而も結氷期ということがあり…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第7号(1947/08/30、1期)

本日大臣にお聞きしようと思つて参つたのですが、大臣がお見えになりませんで甚だ遺憾の意を表するものでありますが、局長がお見えですから局長から大臣に代つて御説明できないでしようか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第9号(1947/10/14、1期)

私素人考えになるか知れませんけれども、樺太では、住民は殆んど邦人であつたと思うのであります。それでこれは申訳ないことでございますけれども、医師の制度というのも、帝国主義時代には、邦人を扱うのと、原住民…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第11号(1947/10/21、1期)

庶民金庫の貸付が、元來放出になるべきところまだ三億五千万円が放出になつていないでそのままになつておりますが、引揚者は庶民金庫によつて、金を借りることが唯一の自力更生の手段であり、非常にこれを渇望してお…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第12号(1947/11/11、1期)

今の問題はもうよいのですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第2号(1948/01/21、1期)

問題は急を要するのですが、次の機会といつて自然休会になつてしまうということのないように、成るべくその前に願います。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第4号(1948/01/29、1期)

時間が大変とるのを避けるために、私議論をいたしませんが、一言断つて置きますが、私の考えといたしましては、引揚げて來られました方に国旗を重点的に配給するということには反対であります。その理由を説明して、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第5号(1948/02/05、1期)

私はこの在外同胞引揚に関する特別委員會が差迫つておる引揚者の生業資金の問題、それから在外同胞を早く歸すという問題、これに重點的に推進して頂くことを熱望する者でありますが、この前以來引揚者に對して全部国…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第10号(1948/06/10、1期)

問題は小さい問題ですが、十二、三日前に本委員會の特別委員長中平氏、理事山田氏と共に、私上野驛にシベリヤから歸つて來る人を迎えに行つたのです。ところがその食糧が、御飯の量がどうも見掛けが少ない。餘りにひ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第1号(1948/10/09、1期)

異議なし。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第7号(1948/03/26、1期)

何か入れた方がいいと思いますね。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第12号(1948/04/02、1期)

この三項のところですね、二項目に檢察官適格審査委員會の内容があるわけですが、それに国會議員、檢察官、法務廳官吏、裁判官、辯護士、日本學士院會員という構成があるわけでありますが、国會議員は国民の代表であ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第13号(1948/04/05、1期)

二十三條第三項の「議決を相當と認める」というところに對しては「相當と認める」ということであれば、相當と認めなければ問題にならないという意味であつて、法務總裁の獨裁的な權限を増すことになるので私は反對で…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第17号(1948/04/27、1期)

最初に竹中さんにお伺しますが、竹中さんは軽犯罰法が労働組合の正当なる発達を阻害する虞れがあるという理由を以て、大多数の国民の利益を擁護する労働組合運動には適用しないという條項を入れられたいというように…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第18号(1948/04/30、1期)

只今提出された中村委員の案に対して私は賛成する者であります。その理由は、こういう文を前文に附するということが、法律の形式上はどうかという御議論があるでしようが、本法案が労働運動に適用されるのではないか…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第20号(1948/05/04、1期)

裁判官、檢察官の俸給を改善するということは、誠に結構で、大いに賛成する者でありますが、私先日九州地方の司法の視察に参りまして、諸所の檢察官の方とお目にかかりまして、その方々の声に、俸給を貰つても裁判官…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第21号(1948/05/05、1期)

政務次官に伺いますが檢事の増俸する理由は、裁判官に準ずる仕事をしておるということでありますが、更にそれに対して準じておる仕事をしておる者に、裁判所の事務官として檢察事務官というものがありますが、これは…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第27号(1948/05/21、1期)

ちよつと一言伺いますが、尾津さんは家に毎日お帰りになりましたか、お帰りにならないことが多いですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第37号(1948/06/08、1期)

私に無所属墾談会を代表して本委員委の席を汚す者として本修正案に対して賛成であります。理由は一々申しませんが、この本法案は、裁判官の重要なる責務と責任と職務に対し十分なる報酬をするという問題ですが、更に…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第41号(1948/06/15、1期)

少し遡るんですが、百四十五條の「衆議院若しくは参議院の議員又はその職に在つた者。」、この「衆議院」は新憲法以來の衆議院ですか、ずつと遡るわけですか、どうですか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第44号(1948/06/22、1期)

只今松井委員から御質問の二百三十七條ですな、政府委員のお考えは、法の建前としてはそうでしようが、もう少し具体的にですね、この告訴を取下げられないためにいろいろできる不便があると思います。例えば名誉毀損…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第46号(1948/06/24、1期)

個別の質問をする先に政府委員の今後の説明にちよつと希望があるのです。政府委員の説明は、以前の法案と変りがないというと、ずつとそれで済ましてしまうようですが、この刑事訴訟法の改正というものは、新憲法発府…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第48号(1948/06/26、1期)

只今高等裁判所の設置について、宮崎縣にするか、鹿児島縣にするかという、前之園委員、水久保委員の御意見がありましたが、これは御両者が故郷を思つておられるという関係もありますが、私は故郷は群馬縣で非常に遠…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第52号(1948/07/04、1期)

この少年法について一つ質問があるのですが、それは、この少年法が少年を非常に保護しておるという点は結構なのですが、少年法が満十八才から二十才までに繰上げて適用されるという結果、第三條のごときは、その運用…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第53号(1948/07/05、1期)

本修正案に対して、修正個所については、全部賛成するものであります。但しこの修正案に盛られていない原案について、私個人としては未だ聊か不満もあるのであります。それは七十三條の第三項でありますが、勾引状又…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第2号(1948/10/19、1期)

その次の問題はどうですか、木下委員から出ておりますが……。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第3号(1948/10/22、1期)

私は、主に官房長官に伺いたいのですが、先程矢野委員の一般質問に触れましたが、引揚問題の最も重要な問題である未帰還者に対する待遇でありますが、現在では未帰還者給與法によつて、本人に一ケ月百円、留守扶養家…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第7号(1948/11/17、1期)

それは衆議院と交ぜたらいるのじやないか、私どもの方も婦人はいないけれど、衆議院には松谷さんがいるだけで……。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第8号(1948/11/25、1期)

関連しておるので伺います。未帰還者について災害補償法が適用されるとしても、その計算の根本になる未帰還者給與法が月額百円などという小さい額では、先程委員から指摘された通り不公平だと思う。これは絶対に直ら…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 法務委員会 第6号(1948/11/18、1期)

開会に先き立つて政府委員に一言申しますが、本日は十時の法務委員会の開会で、委員一同が十時から揃つているに拘わらず、政府委員が実に五十分近くの遅延をされております。民主主義の根本要義は先ず時間の厳守から…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 法務委員会 第10号(1948/11/29、1期)

御研究になつておることとは全然別なことですが、法務廰当局に伺いたいのですが、最近中央電話局で以て、委員長以下逮捕した事件がございまして、この経過と理由を、今日御返事ができなければ、明日お願いいたします…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 法務委員会 第11号(1948/11/30、1期)

昨日私が質問した、数日前丸の内電話局の組合員を逮捕した事件について、その理由と事情を伺いたいという質問をして置きましたが、これに対してお答えをお願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第2号(1948/12/03、1期)

引揚同胞対策審議会設置法改正に関する法律案が通りまして、その具体的な処置について今会期中にしないと休会になつてしまつて、うやむやの内にそれが決定されるというようなことがあるといけませんから。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第3号(1948/12/08、1期)

どつちの收容所ですか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第4号(1948/12/10、1期)

私の一昨日の発言の中に、「暴漢」という言葉がありましたが、これは委員長の再三のお話もあり、委員会を穏かに進めて行くという意味において、速記から除いた戴きたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第5号(1948/12/14、1期)

死んだか、死んでないかということははつきりしないでも、暴行が行われたということだけはこれは明らかなので、今後は暴行一切が行われては困るので、これを根絶するためにやはり調査は必要と思う、その意味でやはり…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第6号(1948/12/17、1期)

岡元愛祐委員長が出ておられるので、事情はよく御存じのことと思いますが、念のためちよつと加えますが、今まで軍人軍属でまだ在外にあつて帰らなかつた人には、特別給與及び家族扶助が出ていたわけです。ところが同…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 法務委員会 第4号(1948/12/10、1期)

只今の問題について私は大野委員の意見に賛成するものであります。その理由は松井委員も今刑の量定を裁判官が、檢事の求刑を参考とするということを言われたが、実際参考としているのであります。参考とする以上はす…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 法務委員会 第7号(1948/12/13、1期)

先程鬼丸委員より熱烈に指摘されたのですが、鬼丸委員が見えていないので、代つて質問いたします。この会期が終りになつてから、ばたばたと幾つも法律案が出て参りまして、法案の名前さえも覚えきれないという状態で…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 法務委員会 第8号(1948/12/14、1期)

労働者農民党を含む無所属懇談会を代表してちよつとこの法案について意見を言つて置きますが、経済界の変動、貨幣價値の変化に伴つて罰金刑を大幅に上げるということは当然の措置であつて、今回これが行われることは…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第6号(1949/03/10、1期)

それではこれより在外同胞引揚に関する特別委員会を開催いたします。本日は梁瀬美智子氏の証人喚間を行います。初めに宣誓をいたさせます。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第10号(1949/03/25、1期)

質問に対して返事をしておる最中ですから、もう四、五分待つたら……質問しておる最中に動議を出すから混乱する、返事をしておるのですから……。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第11号(1949/03/29、1期)

今の問題に対してですね、今後こういう不祥事件を防ぐという問題を一つも討議しないのですか。今の矢野さんの御意見のように、何か他の議員との、あちらがよかつたこちらがよかつたというような意見で終つている。問…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第14号(1949/04/08、1期)

赤鹿さんに伺いますが、そうすると、あなたのいられた將校收容所では、幾人くらい將校がいられたか。そういて一般的な待遇ですね、それもときによつて違うでしようが、初めの頃と終りの頃と、感情的でなく具体的にど…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第15号(1949/04/12、1期)

今の証言について……初め承徳ではあなたは名前を祕して兵卒の中に入つておられたのですね。ずつとウランバートルまで行くまで長でも何でもない一人の兵隊だつたわけですが、技術大学の建設場に行くとき初めて二百人…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第16号(1949/04/13、1期)

先程天田委員の質問に答えまして、処罰の場合ですね、日本人間のは無干渉だと、蒙古人との関係に対しては先方で処罰すると、最も重要な問題である仕事ですね、このノルマの遂行不遂行、これに対する処罰、これが部隊…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第17号(1949/04/14、1期)

只今池田証人の証言によると、いわゆる曉に祈るという刑に処したのは、第一回に十五名、第二回に十五名、その外に十一名と証言されましたが、十一名という数を記憶されておるところを見ると、その一つ一つを相当記憶…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第18号(1949/04/16、1期)

私は天田委員の言われる通り、吉村隊事件についてはもう証人は必要ないと思うのであります。ただ、今委員長が言われたようなことはですね。これを法律的に裁く検察廳、裁判所の立場としては、徹底的に呼ばなければな…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第19号(1949/04/19、1期)

このいわゆる人民裁判に対して喚問するについての私の意見は、喚問するとすればこの委員会は権威ある結論を出さなければならない。併し本委員会の根本的目的は引揚促進であり、受入態勢の整備である。この受入態勢に…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第22号(1949/05/06、1期)

高橋証人に伺いますが、先程吉村部隊で送られた人の死亡者は、他の部隊よりひどかつたというような証言がなされましたが、それをもう少し具体的に述ベて頂きたいのです。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第23号(1949/05/11、1期)

矢野委員からの注意はこういうわけなんです。こういう証人の喚問などというようなときは、原則として書いてある物を見ないで、記憶にあるものを言うというのが原則なんです。そうでないと書いた物を作つて來たとかい…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第24号(1949/05/12、1期)

その手紙は渡辺広太郎が自身で書いたものであるという確証があるものですか。或いは外の者が書いたかも知れないという可能性が残つておるのですか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第25号(1949/05/15、1期)

吉村隊事件のことで、この前委員長不在中、岡元委員長代理に申上げたのですが、委員長が舞鶴においての談話が新聞に出たのです。それが、この吉村隊事件は刑事問題にはなるまいと思うという記事が出ておる、こうしま…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第26号(1949/05/17、1期)

この問題について岡元委員とかく小数意見があるというのを割当て、討議を避けようというのは重要な問題である。我々は飽くまで……(「そうじやない」と呼ぶ者あり)みんながどうしても納得しない点については、少数…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第27号(1949/05/19、1期)

北條君の案ですね、これは満場一致で決定する趣旨を盛つたと思うのです。そのときに、私は最後の点については聊か意見を述べて速記にとどめたい、それがなければこちらへ移れないということを申上げて、そうして速記…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第4号(1949/10/24、1期)

今のことについて……船長吊上げ事件とか、京都駅騒擾事件とかいつて、まあそれで新聞紙上に報道されたもので分り易いことは分り易いですが、すでに済んだことをそれを再び非常に、何というか挑発的な、こういう言葉…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第4号(1949/04/05、1期)

今までいろいろな請願がありましたが、その請願というのは、土地の事情としては誠に必要であるが、実際国家の経済上、財政上考慮して、直ちに適当かどうかということを討議すべきことで、又問題が非常にあたつたと思…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第7号(1949/04/26、1期)

この際地方に、この国民の直接請求の権限を危うくするがごとき事件が起きておりますので、これに対して法務総裁、法務廳として如何なる措置をなされるか、態度を持たれるかを伺いたいと思うのであります。この事件と…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第16号(1949/05/18、1期)

第五條の二項に「日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壞することを主張する政党その他の團体に加入している者は、中央委員会の委員となることができない。」と、こうあるのですが、こういう暴力で破壞する…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第1号(1949/06/13、1期)

日附は忘れましたが、新聞紙上に参議院議長が、法務委員長の見解で、参議院の見解ではないというようなことを話されていたのですが………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第1号(1949/10/26、1期)

ちよつと速記を止めて懇談しませんか。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第2号(1949/11/01、1期)

只今のお話では大蔵省は失業保險が適当じやなくて、退職手当ということを考えておつて、それの具体的な予算措置の準備をし関係方面と折衝をする、そういうことをされたりか。そういうことをされていないと失業保險に…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第3号(1949/11/09、1期)

委員長から休憩のお話がありますが、本員は人事院の給與問題について引揚者に関連する問題について質問を持つておりますが、果して政府委員が午後出席できるかどうか確かめた上でして頂きたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第6号(1949/11/18、1期)

ちよつと注意して頂きたいのですが、今の話、終戰後のことを一部始終述べられますが、本委員会は現在の残留者の状況、それからこれを如何に引揚げを促進すべきかという問題を調査するので、終戰当時のことなどは相当…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 法務委員会 第5号(1949/11/29、1期)

この刑事補償法の改正の提案理由を御覧になると、拘束の場合、一日五円以内だつたのを四百円以内とし、八十倍になつておりますね。それに二百円以上という親切な規定まで加わつておるのですが、死刑の方は五十万円以…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 外務委員会 第2号(1950/02/13、1期)

私は、今日吉田首相が金子委員の質問に答えて、日本が飽くまで軍隊を持たず、武装を持たずして守つていけるという確信を披瀝されたことは甚だ欣快に堪えないのでありますが、ところがですね、…会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2016/12/11