来馬琢道参議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」


参議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

   1期(1947/04/20〜)  150回出席(うち幹部出席  9回)   54回発言   60515文字発言

    参議院在籍時通算    150回出席(うち幹部出席  9回)   54回発言   60515文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位   60回出席  21回発言 司法委員会
 2位   46回出席  13回発言 法務委員会
 3位   14回出席   5回発言 選挙法改正に関する特別委員会
 4位   12回出席  11回発言 文化委員会
 5位    9回出席   4回発言 決算委員会
 6位    5回出席   0回発言 文部委員会
 7位    4回出席   0回発言 大蔵委員会

参議院委員会役職

委員長経験

参議院委員会での委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

理事経験

決算委員会理事(第5回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


参議院委員会発言一覧

第1回国会 参議院 司法委員会 第2号(1947/07/10、1期)

私どもが少し心配していることは、この度の司法省の改革によりまして、判事というものが人望を得て置かなければ次のジヤツジとしての職務に就くことができないというようなことになつて、裁判を行うのに人氣を得るよ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第8号(1947/08/05、1期)

この法案につきましてちよつと疑問とするところを明らかにして置きたいと思いますが、満洲国は外国であつて、日本内地ではなかつたということ、国情が非常に違つていて日本の内地とは一律に行かないこと等のことが、…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第11号(1947/08/11、1期)

今日は各方面の方から日本の姦通罪に対する御意見を承りました。短い時間であつたけれども相当あらゆる方面から話があつたように思いましたが、私は徳川時代の諺であろうと思うが、明治になつてからもしばしば聞かさ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第12号(1947/08/12、1期)

議事進行について……。只今配布せられました書類に口述人諸君の姓名が書いてあります。職業も幾分か書いてありますが、全国から集つて來られた方々でありまして、昨日今日のごとく我々の承知しておる方々でありませ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第13号(1947/08/13、1期)

この刷り物の百九十五條の「陵虐」の「陵」の字は誤植ではありませんか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第16号(1947/08/20、1期)

少し傍系の質問になりますが、はつきりしないからここでお伺いいたしますが、王族の問題をどういう方法によつて示されておるのですか。王族御自身だけならば本件と関係がないわけでありますけれども、そこに嫁してお…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第17号(1947/08/21、1期)

この問題は只今お話になつたことで分つているようなものでありますが、東京の戰災に遭つた土地の実情によりますと、只今強制疎開の跡についての意見も出ましたが、不幸なる借地人及び借家人は、小面積の土地でありま…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第20号(1947/08/29、1期)

この法案に対しまして討論に入る前にちよつと……。松村委員が述べられました点は私も大体において同感であります。建物疎開による問題を先頃委員会において審議いたしておりましたところ、今回その方は除かれました…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第30号(1947/10/06、1期)

過日十月一日から三日間開かれた全国社会事業大会に、司法部というものが第三部に入つておつて、畏くも天皇陛下、皇后陛下の御親臨を仰いで、高松宮殿下が総裁として非常に雄大なる規模で開かれました。私共も司法保…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第31号(1947/10/07、1期)

只今の名誉毀損のことでありまするが、この二百三十條ノ二が新らしく設けられた。これは私は予ねて本委員会において質疑いたしたことでありまして、昔の新聞紙條例が中頃新聞紙法となつて、今その機能は失われておる…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第32号(1947/10/08、1期)

速記を止めて下さい。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第33号(1947/10/09、1期)

松村さんの修正案に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第36号(1947/10/15、1期)

ちよつと簡單でありますが、私も北海道を旅行いたしましたが、帶広に下車いたしまして、視察をいたしまして、直ちに訓路へ向いますれば、容易に行けた所で、只今の説明によりまして、政府委員の説明によりまして、そ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第45号(1947/12/04、1期)

政府委委の方のお話はよく分りましたが、これは從來取扱つていた態度から見て、経驗から見て、ここへ支部を設けることがよろしいと思われますか、いかがですか。それによつて我々が態度を決める都合がありますから……会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 司法委員会 第47号(1947/12/06、1期)

私は本案に對して修正案を提出いたします。附則に次の三項を加える。「裁判所構成法による判事又は檢事の職に在つた者が、満洲国の審判官の職に在つたときは、その在職年數は、第四十一條及び第四十四條の規定の適用…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文化委員会 第3号(1947/08/26、1期)

この国語、国字について明治以來の歴史を考えて見ますと、文部省が国語国字についての調査をやつておられるために、いつでも積んでは又引倒してしまつて、又新らしく積み上げて行くという感じを持ちます。私はローマ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文化委員会 第4号(1947/09/23、1期)

かねがね聞いておりましたことでありますが、私共は只今の問題につきましては、是非この度こそ民主主教の打開せられたる、公に公開せられたる研究所ができまして、一人の貴族院議員のために引張られたり、一人の衆議…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文化委員会 第7号(1947/11/11、1期)

私の考えをちよつと申しますと、團委員の言われましたことで視察の方はよろしゆうございますが、ただ一つお考え願つて置きたいことは、あの建物は皆宗教的建物ということになつて、神社も宗教ということになつており…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文化委員会 第8号(1947/11/20、1期)

只今高田君の言われました通りのことで我々異議ないのでありますが、片山總理大臣から費用の問題についてお話がありましたが、從來の国立公園というような整備につきましては、大變金をかけて一ケ所に相當の資金を集…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 参議院 文化委員会 第9号(1947/12/01、1期)

先頃中央大学講師の宮崎君から請願書が出まして、委員外議員として松村真一郎氏が來られて説明されたことでありますが、松村氏の述べられたことも、この宮崎静二氏の請願せられたことも、我々が普段言つておりますヘ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第1号(1947/12/10、1期)

只今の斎君の御動議に賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第17号(1948/04/27、1期)

岡田さんなりそれから風早さんなりの御意見でしたが、労働運動に対しては大層この法案が惡いように、惡用せられることに対して心配しておられるようでありますが、我々一般市民、国民といたしましては、このくらいな…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第18号(1948/04/30、1期)

この法案については、我々委員は熱心で而も冷静で、純理論から、又一面社会情勢から考えてみるべき境遇に入つたと感じます。松村委員の修正案は、純理論からいえばこれでよく、これがよいとなれば、前之園委員の言わ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第36号(1948/06/04、1期)

甚だ浅薄の質問のようですが、私共民間におつて聞いたところでは、弁護士に前判事という肩書を附けることは許されておりますが、前檢事という言葉はなかつたかと思います。あれはそういうことについて、何か考慮せら…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第47号(1948/06/25、1期)

私は曽て未成年禁酒禁煙の法律についていろいろ研究いたしたことがあります。当時法律を作ることはいいけれども、これを取締ることが困難で、日本の国法律がありながらそれが国民によつて守れられないということは甚…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 司法委員会 第1号(1948/09/13、1期)

法律に関係のあります方から見ますと、この度の帝銀事件の犯罪捜査ということは、人身保護法を成立させた国会議員といたしまして、いろいろ違法に近いことがあると言われるかも知れませんが、來馬琢道は一介の市民と…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文化委員会 第2号(1948/02/06、1期)

只今の問題で、先程委員長の擧げられた中で彼岸團子という言葉が………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文化委員会 第5号(1948/04/26、1期)

只今専門調査員からの御報告の中で、「おおやま」と仰しやいましたが、あれは「だいせん」とお読みにならなければいけません。報告のときに若しそうなりますと、大変聴き苦しく存じますから……。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文化委員会 第7号(1948/06/18、1期)

「文化の日」という名が出ますと、私共日本国民といたしましては、歴史及び史料の上に、最も明確な証拠に残つておる我が国の文化の功労第一人者というべき聖徳太子を思い、この聖徳太子の御命日が、大和の法隆寺の釈…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文化委員会 第8号(1948/06/22、1期)

祝祭日の件につきまして、私共が非常に只今の案に対して遺憾に思う、というのは少し語弊があるかも知れないが、物足らないように感じておりますのは、日本の国における偉人を記念する日とか、或いは日本における文化…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文化委員会 第9号(1948/06/29、1期)

過日來、この法案を拜見いたしますと、日本の現状で勲章を作つて、とやこうするということは似合わしからざることではないかという意見が、相当高い理想を持つた者の間に起りまして、もう少し国が進展して勲章を持つ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 参議院 文化委員会 第10号(1948/07/04、1期)

祝日という文字につきまして、私は先般來参議院において、国民の日という名を附けられた参議院の委員諸君の慧眼に敬服しておりましたのですが、今回衆議院の方から祝日という文字が定まつて参りまして、今更これを修…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 参議院 法務委員会 第11号(1948/11/30、1期)

宮崎縣にできましたのと対照いたしまして、鹿児島支部が若しできるといたしましても、その管轄区域は熊本縣に及ぶのでございますか。鹿見島だけでございますか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 参議院 法務委員会 第8号(1949/01/27、1期)

刑事問題。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 決算委員会 第2号(1949/04/15、1期)

私失礼を申上げて、申しにくいようなことが一つ感ぜられるのでございますが、この二十二年度の決算ということになりますと、今私がここに直感しております問題は、或る宗教團体が建物疎開を受けまして、そのときに交…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 決算委員会 第6号(1949/05/19、1期)

ここで聞いておいてよいことかどうか分かりかねますが、この神社、寺院、教会の共用地という種目の中に、元神社取寺院の境内であつたものを拂下げる、即ち無償還附をするのがもう目前に迫つておる土地もあつたわけで…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第13号(1949/05/12、1期)

先程大綱だけを聴いて、実はまだ條文の精読はしていないのでありますが、外国という字がありました。私は司法委員会のときに、満洲国及び朝鮮等において法律事務に携わつた諸君を、我が国における官歴及び業歴と同樣…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第14号(1949/05/16、1期)

私は五十五年前から出版に関係しておりまして、新聞紙法の保証金という制度のごときは、実に我我が苦しんだ次第であります。一千円の公債証書が納めることができないで、百七十五円の公債証書を納めれば発行できると…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第18号(1949/05/21、1期)

その只今の御意見は、衆議院において本案審議中にすでに発言されたのでありますか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第19号(1949/05/22、1期)

只今修正案を可決いたしたのであります。然るところ本法律案は頃常に簡單なものであります。それで衆議院提出の本案の表題はこのままにいたしまして、内容については尚委員長において専門員と御協議の上然るべく整理…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第20号(1949/05/23、1期)

只今の松井委員の修正に対して私は松井委員の言われる趣旨は了解いたしますが、たださえ裁判所その他において事務煩瑣で困難しておるという現状において、弁護士が権利として先程の調査及び証拠の蒐集を始めることに…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第1号(1949/06/13、1期)

この頃最高裁判所からああいう通牒が議長宛に來たので、世間の人はいろいろ批評しておるんですが、その批評は、まだどこの人もはつきり捕促することができなくて、盲滅法の批評をしておるという工合に考えてもいいと…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第7号(1949/07/02、1期)

私は浅草に住んでおりますので、随分若い警察官とも接触をいたしますし、又中には酒を賣つておるところへ來て、調べに來ながらいわゆる少し微醺を帶びて去つて行くのを見受けることもあつたしするので、いろいろなこ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第8号(1949/07/27、1期)

私は只今のいろいろな御意見に対して今自分も研究いたしておりますが、国民といたしまして、只今の質問應答を聞いておりまして、非常に不案に感ずることは、法務廳の方、国会の方でかくのごとくいろいろ憲法の人権擁…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 参議院 法務委員会 第10号(1949/10/24、1期)

それで今日の話が終つたとすれば、私共が調査して歩いているうちにしばしば話題に上りましたことですな。最高裁判所と法務委員会との間における確定判決に対する批判問題、これは法務委員会が委員会の議を経て、何か…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 参議院 法務委員会 第6号(1949/12/02、1期)

私は趣旨においては異論ありませんが、この第二十五條の新しくできました中に「充分な」という文字がありますが、我が国においては時としては数字の十となつたこともあるし又この「みつる」の充を使つたこともあるの…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 決算委員会 第3号(1950/03/24、1期)

第二分科の審査の経過並びに結果について御報告を申上げます。第二分科は裁判所、法務庁、内閣、文部省、厚生省、労働省、運輸省及び通産省の各所管事項について審査いたしたのであります。昭和二十二年度の決算は、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 決算委員会 第4号(1950/04/05、1期)

大蔵省の方に伺いますが、四十二頁のところに備考として初めの行に「終戰処理費支弁によつて取得した国有財産並びに財産税及び戰時補償特別税によつて取得した国有財産の総額を計上していない。」とあります。その理…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 選挙法改正に関する特別委員会 第10号(1950/03/15、1期)

只今の菊井課長の説明によりますと、「二人以上」というのは同じ選挙の種類と申しますが、即ち参議院における地方議員と全国議員というようなものが組んで、連名で葉書を出すということをいうのでありましようか、或…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 選挙法改正に関する特別委員会 第11号(1950/03/17、1期)

長崎県の場合において、先ず対馬へ行くときには佐賀県を経由して福岡県を経由しなければならん。(笑声)その問題も追加して考えて頂きたい(「その通り」と呼ぶ者あり)…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 選挙法改正に関する特別委員会 第13号(1950/04/01、1期)

只今委員長の宣言もあつたわけですから、ここで委員長が又新らしいことを持ち出して、とにかくこれは参議院の方で希望するものであるからという歴史を残すために交渉する方向に進むのか、もう大体これだけ骨を折つた…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 選挙法改正に関する特別委員会 第14号(1950/04/06、1期)

羽仁委員の第百三十七條の修正の趣旨に対しまして、学校の児童の上に「未成年者及び」という字を入れることにいたしまして、羽仁委員の趣旨を本院の意見としてこれを本会議で述べて置くことが必要であると存じます。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 選挙法改正に関する特別委員会 第16号(1950/04/14、1期)

ちよつと伺いますが、私が先だつて本会議で反対演説をいたしました趣旨、即ち選挙投票所の入口から一町離れた場所にあるポスターを全部剥がせということが都道府県の選挙管理委員会に命ぜられておるのでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 参議院 法務委員会 第2号(1950/02/02、1期)

それでこの規定の改正のために反対に人員が過剰になるというような問題が起らないのでありますか、この頃そういう傾向は多少あると思うが、実状を伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12