国会議員白書トップ衆議院議員早川崇>23期国会活動まとめ

早川崇衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  2回発言   7464文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  1回発言   2128文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  3回発言   9592文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第38号(1947/09/30、23期)

私は国民協同党の石炭関係を担当しておるものといたしまして、目下議題になつておりまするところの臨時石炭鉱業管理法案につきまして、若干の所見を述べまして、大体におきまして、この法案に対しまして賛意を表するものであります。(拍手)諸君、現在の日本の経済状況は、きわめて惡質なる縮小再生産と惡性インフレの循環………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第66号(1947/11/25、23期)

ただ今議題となりました臨時石炭鉱業管理法案について御報告申し上げます。委員会の経過の概要につきましては、去る二十二日の本会議におきまして、委員長より中間報告を申し上げましたが、同日院議をもつて、本案の審査期限を二十四日の午前中と定められました。いろいろな事情もありまして、その審査期限内に審査を終了す………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第71号(1948/06/26、23期)

私は本月十五日南紀州一帶に起りました第二次震災救済に関しまして、政府のこれに対する対策につき緊急質問せんとするものであります。新聞紙上報ずるところが地勢の関係上遲れましたので、この被害の実情に関しましては、未だ十分認識されておらないのであります。しかしながら、その後私の手もとに達しました被害の実情は………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  5)  5回発言  16335文字発言
  第2回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  9)  3回発言   1165文字発言
  第3回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  23期通算  44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員 16)  8回発言  17500文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

鉱工業委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員  2)   4回発言  13294文字発言

決算委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   3回発言   1165文字発言

水害地対策特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   1回発言   3041文字発言

経済安定委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

鉱工業委員会理事(第1回国会)
鉱工業委員会理事(第2回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第1号(1947/07/01、23期)

ちよつとあとからでおかしいのですが、理事の選任に僕らの党も一人ぐらい各党で入れた方が運営しやすいのぢやないかと思います。うつかり聞いておりましたのですが、選考の大体の事情をもう一度お聴かせ願いたい。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第2号(1947/07/09、23期)

この石炭小委員以外の者で希望あれば、そこは多少彈力性をもたして御考慮願えるかどうか、その問題を一つ………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第17号(1947/10/10、23期)

議事進行に関しまして……。国協黨の要望を代表いたしまして、一言委員長竝びに委員各位の御善處を要望いたしたいと思う次第であります。ただいまで、旬日にわたつて委員會を開いてまいつたのでありますが、その間議…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第24号(1947/10/27、23期)

国民協同黨の代表質問を試みたいと思うのでありますが、私たちは非常に詳細にわたつて大臣に御質問するつもりはなくして、大體今までの淵上さんその他西田さん、岡田君あたりが詳細に質疑されましたことを土臺にいた…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 水害地対策特別委員会 第4号(1947/08/21、23期)

東北関係の水害對策に関しましては、すでに前囘において大體全貌が明らかになり、ほとんど論及せられてあることでございますから、私は他の被害地に関する問題に對しまして、大蔵大臣竝びに安定本部長官にお伺いした…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1948/05/24、23期)

私は委員長にお願いしたいのでありますが、田中君の質問の御趣旨もそうでありますし、行政の能率的運営という立法趣旨に照らしまして、新聞紙上始終論じておられますところの行政整理の問題、定員をどうするかという…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1948/06/18、23期)

冨田委員の修正案に賛成いたします。冨田君より提出せられました修正案に対する分のみを切離して採決いたします。冨田君の提案せられました修正案に御賛成の方の御起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第28号(1948/07/04、23期)

本修正案に賛成の意を表する者でありますが、次の数点に関して條件というよりは、政府の確認を得たものとして賛成したいと思うのであります。第一点は、田中委員からも質問があつた通り、終戰後のどさくさで非常に…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12