国会議員白書トップ衆議院議員早川崇>24期国会活動まとめ

早川崇衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  2回発言   8428文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  0回発言      0文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  1回発言   4092文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  1回発言   3658文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  1回発言   8673文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  5回発言  24851文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第14号(1949/04/07、24期)

私は社会革新党を代表いたしまして、首相の施政演説に対する一般質問を試みんとするものであります。第一にお伺いいたしたい問題は、国際情勢の危機の認識の問題であります。本問題に関しましては、一昨日の本会議におきまして、浅沼稲次郎君の質問に答えまして、首相はきわめて樂観的な見解を表明せられたのであります。し………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第36号(1949/05/22、24期)

私は、新政治協議会を代表いたしまして、本法律案に反対の意を表する次第であります。(拍手)第一に反対理由は、かくのごとく全国民的な反対を買つておりますところのこの法案の審議の手続の問題であります。十七日に提案せられて、わずか四日間の委員会において、広く公聴会を開くこともいたさないで、突然本会議に上程せ………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第6号(1950/07/21、24期)

私は、国民民主党を代表いたしまして、共産主義運動取締りに関する緊急質問を試みたいと思うのであります。現在の国際政治、国内政治の最大の問題は、共産主義に対する克服の問題であるのであります。言いかえれば、独裁的な全体主義と、自由を基調とした民主主義との闘争でございまして、これ以外の第三の立場は、もはやな………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第10号(1950/12/06、24期)

私は、民主党を代表いたしまして、ただいま提案いたされました小坂予算委員長解任次議案に賛成の意を表する次第であります。(拍手)先般、電力再編成にからみまして、ボ政令の強行により国会審議権の無視された直後におきまして、再び予算委員会における小坂君の少敬老の審議権無視をもとにいたしまして、かかる解任決議案………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第15号(1952/02/27、24期)

私は、改進党を代表いたしまして昭和二十七年度予算案に対して反対の意を表する次第でございます。(拍手)以下数項にわたりまして反対の理由を説明いたしたいと思います。第一は、本予算案の審議の方式それ自体に対するものであります。皆さんの御承知のように、昭和二十七年度の予算の最も重要な部分をなすものは、防衛分………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 10)  1回発言    697文字発言
  第6回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  1)  1回発言   1011文字発言
  第7回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  1)  4回発言   5009文字発言
  第8回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  3)  3回発言   8542文字発言
  第9回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第10回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第12回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言  34564文字発言
 第13回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  3回発言  15625文字発言

  24期通算  91回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員 54) 14回発言  65448文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員 12)  6回発言   6717文字発言

 予算委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  6回発言  57164文字発言

 労働委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  4)  2回発言   1567文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水産委員会理事(第5回国会)
 水産委員会理事(第6回国会)
 水産委員会理事(第7回国会)
 労働委員会理事(第8回国会)
 労働委員会理事(第9回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1949/04/20、24期)

これは和歌山縣の問題でありますから、私から趣旨を説明させていただきます。漁業法案に関連する問題でありますから、当然そのときに議審議はあられることと存じますが、要するに年々問題になつておりますところの…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1949/11/17、24期)

ちよつと一点だけお聞きしたいのですが、調整委員会の問題に対しまして紀伊水道を瀬戸内海海区から除外するのが当然だという意向が強いようでありますが、そうした場合の入会関係、あるいはまた瀬戸内海に対する魚族…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1950/02/24、24期)

先ほど小委員長のお話で、この一部改正法律案と前の小委員会の決定と若干食い違つておるというお話でありましたので、ちよつと補足的に提案者の一人として、御説明したい点は、この法案においては、ただはずすという…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第21号(1950/03/16、24期)

質疑と関係ないのですが、本会議に関係がありますので、ちよつと御報告申し上げます。一昨日の漁業法の一部改正法律案の討論にあたりまして共産党の井之口議員の発言中、━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第42号(1950/05/02、24期)

この問題に関しまして、私は二、三の点について非常に憤慨にたえませんので、意見を申し述べて、善処願いたいと思うのであります。第一は、参議院の水産委員長がけしからぬという問題であります。そもそも四十八日…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第43号(1950/06/30、24期)

私はこの案に対して私の考えを簡単に申し述べて、政府の善処を要望したいと思います。この人選をながめますと、率直に申しまして政府のお手盛りの案でありますというよりは、むしろ久宗君あたりの個人的な好みによつ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1950/07/26、24期)

それでは大蔵大臣がおられますので、大蔵大臣、農林大臣、安本長官、文部大臣に逐次御質問いたしたいと思います。先ほど自由党の橋本龍五君から第一に御質問ありました現下の国際情勢と日本のこれに対する経済政策の…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1950/07/26、24期)

私は国民民主党を代表いたしまして、本一部改正法律案に対しまして、賛成いたしたいと思うのであります。日雇い労働者の失業状態に対しまして、本法律案の一部改正は、根本的な解決ではありません。しかしながら、…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1950/07/29、24期)

職員の給與と関係する国鉄の経営に関しまして、二点だけ質問いたしたいと思います。第一点は、六月の朝鮮事変以来、厖大な軍需輸送が国鉄においてなされたと思います。その軍需輸送による国鉄経営に対する影響いか…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1951/11/01、24期)

私は国民民主党を代表いたしまして、主として総理大臣、総理大臣がお答えできない場合には大蔵大臣でもけつこうでありますが、一般的問題に関して御質問いたしたいと思うのであります。第一点は、今後の日本の国内…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1951/11/02、24期)

私は昨日の一般質問に引続きまして、主として財政金融、経済自立問題につきまして、御質問いたしたいと思うのであります。周東安本長官は昨日の私の質問に対しまして、企業の自主性を尊重しつつ計画経済をやつてお…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1952/02/04、24期)

私は民主党を代表いたしまして、戰争犠牲者の国家補償問題について質問いたしたいと思います。第一に、過般の予算委員会におきまして、池田大蔵大臣は、自由党の尾崎委員の質問に対しまして、国家の防衛力の基礎は…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1952/02/26、24期)

私は野党各派を代表いたしまして、塚田委員長の不信任案を提案し、その趣旨を説明せんとするものでございます。昭和二十七年度の予算の主要部分をなすものは、防衛分担金、安全保障諸費等の防衛費でございます。し…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1952/04/02、24期)

時間があり歯せんので、二、三点だけ岡崎国務大臣に伺いたいと思うのであります。行政協定の実施に伴い第一に問題になりますのは、駐留軍に関係する防諜規定の問題であります。伝えられるところによりますと、政府…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22