石原円吉衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  1回発言    549文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   4441文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  6回発言  11260文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  8回発言  16250文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第27号(1949/05/12、24期)

ただいま議題となりました、政府提出、水産委員会付託にかかわる水産業團体整理特別措置法案に関し、その審議の経過及び結果の概要を御報告いたします。まず、本法案につきまして政府提案の理由を説明いたします。水産業協同組合法の制定に伴う水産業團体の整理等に関する法律中にその方途に関して規定してありますが、なお………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第19号(1949/11/28、24期)

ただいま議題になりました漁業法案及び漁業法施行法案に関しまして、水産委員会審査の経過並びに御報告を申し上げます。私は、この演壇に登るにあたりまして、熱涙をもつてその説明に当たるものであります。まず、両方案の提出されました政府の提案理由の内容を申し上げますと、終戰以来、漁業問題の全面的解決につき、去る………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第26号(1950/03/14、24期)

ただいま議題となりました漁業法の一部を改正する法律案に関しまして、水産委員会の審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。まず本法案は、去る二月二十日、田渕光一君外二十名より提案されたものでありまして、その内容の大要を申し上げますと、瀬戸内海海区のうち、徳島県蒲生田御岬と和歌山県日の御岬を結ぶ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第35号(1950/04/08、24期)

ただいま議題となりました漁港法案につきまして、その提案の理由並びに要旨を御説明申上げます。まず本法案提案の理由並びに本委員会における起草の経過につきまして申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第41号(1950/04/25、24期)

私は、提出者を代表いたしまして、ただいま上程になりました戰災都市復興促進に関する決議案の趣旨弁明をいたします。最初に決議案文の朗読をいたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第43号(1950/04/27、24期)

ただいま議題となりました臘虎膃肭獣猟穫取締法に一部を改正する法立案につきまして、水産委員会における審議の経過並びに結果につき御報告申し上げます。まず政府の提案理由及び内容について申し上げますと、らつこ、おつとせいの猟獲取締りにつきましては、現行取締法によりましては嚴正に努力して参つたのでありますが、………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第44号(1950/04/29、24期)

ただいま議題にとなりました水産資源枯渇防止法案について、本案の概要並びに、水産委員会の密談の経過及び結果につきまして報告いたします。まず政府の提案理由から申し上げます。わが国の水産業者は、終戰と同時に広大な漁区と漁船のほとんど全部を失い、あるいは拍傷いたしました当然の結果として国民の栄養食糧の極端な………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第45号(1950/04/30、24期)

ただいま議題となりました水産業協同組合法の一部を改正する法律案につき、水産委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、政府の提案理由を簡單に申し上げます。水産業協同組合法は、昨年二月十五日に施行されましてから一年余を経過したのであります。この間、組合の設立は着々と進み、認可された組………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 37回出席(長 28 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  6回発言   2474文字発言
  第6回国会 26回出席(長 18 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言   1631文字発言
  第7回国会 40回出席(長 37 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  4回発言   4738文字発言
  第8回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13) 10回発言  16458文字発言
  第9回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  7回発言  11565文字発言
 第10回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37) 19回発言  29141文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    651文字発言
 第12回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28) 16回発言  31074文字発言
 第13回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42) 31回発言  82770文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  24期通算 236回出席(長 83 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員153) 96回発言 180502文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
           210回出席(長 83 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員127) 88回発言 169501文字発言

 観光事業振興方策樹立特別委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  7回発言   3972文字発言

 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言   7029文字発言

 考査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 水産委員会委員長(第5回国会)
 水産委員会委員長(第6回国会)
 水産委員会委員長(第7回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第1号(1949/05/09、24期)

これより会議を開きます。私が年長のゆえをもちまして、委員長が選任せられるまで委員長の職務を行います。これより委員長の互選を行います。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第5号(1949/07/06、24期)

本日交通公社、観光連盟、観光通訳協会、日本ホテル協会等より、非常に参考になる話を拝聴して、得るとことが多いのであります。そこで私は一つの希望があるのであります。日本の観光事業が急速に伸展しないところの…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第6号(1949/08/10、24期)

私はここに希望並びにお願い、御報告等を兼ねて申し上げたいのでありますが、伊勢志摩国立会園地帶の賢島というところに観光ホテル建設の議がまとまりまして、七月二十一日に創立委員会を済ましたのであります。資本…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第8号(1949/09/09、24期)

ちよつと時間の関係上時機が来たら発言を許してもらいたいのです。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第10号(1949/10/10、24期)

適切当を得ます。この配付されました資料について、資料を作成された当局の人たちに質問なさることはございませんか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1949/04/20、24期)

これより会議を開きます。この際お諮りいたします。去る八日佐竹新市君、及び去る十六日柳沢義男君がそれぞれ委員を辞任されましたので、漁港に関する小委員、及び水産物集荷配給に関する小委員が一名ずつ欠員とな…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第1号(1949/10/27、24期)

これより会議を開きます。私が年長のゆえをもちまして、委員長の選任せられるまで、委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第6号(1949/11/17、24期)

今申し上げるのが適当かどうか知りませんが、ホテルの登録と申しますか、権限の問題でありまして、私の所の伊勢、志摩国立公園は、今ホテルの建設に着手しつつあるのでありますが、これは従来全部と言ういいほど、厚…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第40号(1950/04/28、24期)

御異議なければ、さよう決します。午前十一時二十一分休憩会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第43号(1950/06/30、24期)

速記に残るのだから正確なことを言うておいてもらわぬと、君自身で困るぞ。いずれにいたしましても、今漁民組合に触れましたのは、一般に漁民組合につきまして、社会党で漁民組合を組織化したことがあるわけであり…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第44号(1950/07/01、24期)

あの印刷物でありますが、これに対して意見を述べてみます。なおそれに対する長官の方針は善処の中に含まれているかどうか。私はあの書物はただちに廃刊にすべし、同時に廃刊の理由をはつきりと全国の水産関係者にわ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第45号(1950/07/04、24期)

ついででありますから申し上げますが、ただいま問題になつております水産金融の問題は、私が申すまでもなく、一日もゆるがせにできないのでありますが、これは水産庁において今の漁業手形利用の制度、その他水産金融…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1950/07/15、24期)

この海区の問題と、もう一つの問題になる点は、ちようど水産庁の最高官吏があき巣ねらいをやつた。一口に言えばそうであります。農林大臣もすでにかわろうということは、はつきりわかつておるが、後任はわからない。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1950/07/17、24期)

ちよつと時間が遅れましたけれども、一言委員長に希望を申し述べておきたいのであります。先刻漁港の災害復旧に関する問題が相当論議されたのでありますが、私は非常に心細い感じがするのであります。御承知のよう…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1950/07/19、24期)

私も川村委員とほぼ同様の意見を持つておるものであります。この場合金融の小委員会を開きまして、委員長は本日御出席の各銀行及び金庫より御出席を願うことと思うのであります。そこでわれわれは水産の金融、漁村の…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1950/07/21、24期)

伊勢湾の掃海を、鳥羽を中心としてかなり大仕掛にやつておられることは、地元の関係者として非常に感謝するものであります。ああいうやり方で保安庁の方で予算に何かゆとりがつかないものかという希望的想像を持つも…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/07/24、24期)

ただいまの田淵君の発言に対しては、私も同感の点がたくさんあるのであります。この会期中に解決しなければならぬものが、かなりたくさんあるのでありまして、その意味から本委員会が済んだ直後に、わが党委員諸君だ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1950/07/25、24期)

行政機構拡充に関する小委員会の審議の結果について御報告を申し上げます。本小委員会におきましては、水産省設置につき、愼重に審議を重ねました結果、お手元にお配りしたような成案を得たのであります。よつて小…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1950/07/28、24期)

本委員会の劈頭におきまして問題となりました、中央海区調整委員の問題、並びに久宗、松元両君の問題について、当時家坂長官は、善処するということを本委員会において言明しておるのでありますが、いまだそれに対す…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1950/07/31、24期)

紀伊水道及び有明海の問題であります。これが本日参議院においてどういうことにきまるか、予則はできないのでありまするが、要するに、われわれが心血を注いで漁場の改善をはかり、そうして増産、増殖の実を上げると…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1950/08/03、24期)

燃油のことでありますが、遅がけで参つたので、先々の委員諸君の質疑応答がわかりませんので、あるいは重複になるかもしれぬのであります。御了承願います。八月一日づけで、通産事務次官、農林事務次官、運輸事務次…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1950/10/06、24期)

真珠の問題につきまして、数日前に養殖業者より突如として二、三の問題の陳情を受けたのであります。その陳情の中には納得し得るものも相当あつたのでありまして、ことに真珠に対する物品税の問題であります。それか…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1950/11/24、24期)

内水面漁業調査の報告を申し上げます。班の編成は田口委員、鈴木委員、不肖私、水産庁より黒田竹弥、小関信章、調査員、喜田真。会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1950/11/25、24期)

緊急動議を提出いたします。かつて私が水産委員長冬至に、わが国の協同組合の実態を調査するためアメリカよりハワード・H・ゴルードン氏が来日され、相当の長い期間調査されたのであります。その節私は他の委員と…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1950/11/28、24期)

議事進行について……。ただいま補正予算が予算委員会で審議中のようでありまするが、これが結了先立ちまして、われわれ水産関係の予算につきまして、委員諸止の意向をとりまとめて予算委員会に反映せしめる措置を、…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1950/11/30、24期)

関連して伺いますが、この問題は先刻来北海道の川村君、松田君より質疑がありますので、何か北海道だけの問題のように聞えるきらいがあります。よつて私は全然関係のない立場から、日本の漁業の取締り、資源の調査に…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1950/12/07、24期)

真珠に対する物品税のうち「真珠又ハ」の字句を削除することになりましたので、真珠業者は多年の煩雑な手続の問題が解消されることになりまして、これがために多大なる能率の増進になることと思います。このことは真…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1950/12/08、24期)

この四項目に対する説明がありましたが、この四項目なるものは、一分の値上げをしなくても当然やらなければならない事柄であります。これをもし市場が六分に値上げをしなかつたとしたら、当局はやらないのか、ここに…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1950/12/09、24期)

この会期も本日で結了のようでありまして、明日より通常国会に入るわけでありまするが、水産に関する諸施設はまことに不徹底でありまして、その関係が水産省設置問題に拍車をかけて来た形であります。現在水産省設置…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1950/12/12、24期)

国政調査委員派遣のことでありますが、最近わが国の遠洋漁業の関係は非常に窮迫しておる事情があると思うのであります。つまり支那海、朝鮮海及び北海道をめぐる各漁業、太平洋、いずれも遠洋漁業と目される方面は、…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/01/26、24期)

講和問題につきましてダレス大使がお見えになつたのでありますが、この機会に、産業、経済、その他各部門より、それぞれの立場からわが国の実情並びに要望等を申し出ようとすることは、新聞紙上その他でよく了解する…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1951/01/29、24期)

理事の補欠選任につきましては、これを委員長に一任して指名によられんことを望みます。前回の質問に対する当局の答弁を求めます。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1951/02/01、24期)

ただいま委員長より発表された懇請案は、日本の漁業の将来に対して要望すべき大筋のきまりをここにつけたいという案であると見るのであります。参議院の案はそれを解剖して、部分的なやや具体案があるように心得るの…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1951/02/06、24期)

この協同組合の財務処理の政令案でありますが、これは時宜に適した案であると考えるのであります。協同組合の根本の使命というものは、共同購買、共同販売、この二つが根源をなすものである。それに対して団体法の改…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1951/02/16、24期)

かねて小委員長におきましては、水産省設置の問題につきまして、小委員長個人としてオーケーをとるべく手続き中であります。この問題については、本委員会が終りましてから、委員諸君にお残りを願つて、今後の方法に…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1951/02/19、24期)

本案に対しましては、しばしば質疑を重ね、なお川端小委員長より詳細な御説明もあつたのでありまして、もはやその論議は盡きておると思います。よつて質疑を打切り、討論を省略してただちに採決せられんことを望みま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1951/02/22、24期)

官房長官の御答弁を求めるのでありますが、首相が自発的にダレス氏に書簡を出したことは、その首相の心持、並びに日本の漁業の将来の善処方については妥当なものであると考えておるのであります、しかし、それは一部…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1951/02/24、24期)

日本は加入いたしておりませんけれども、今日までの諸外国の捕鯨に関する條約の條文の内容と申しまするか、條約の骨子になつておるところはどういう点でありますか。一応條約局長より、大体の荒筋だけを御説明願いた…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1951/02/27、24期)

先刻どなたからでありましたか、マツカーサー・ラインを撤廃せよというお説があつたのであります。上田さんかと思いますが……。十幾日か前に船長さんはつかまつて調べられた、ところがマツカーサー・ラインなるもの…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1951/03/01、24期)

この問題につきまして、前日の参考人の説明によりますと、マツカーサー・ラインを完全に中国は認めない、それはショウカイセキと申し合せてやつたことで、中国は知らないということは、はつきりと何人の者にも言明し…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1951/03/03、24期)

ごの歯舞の漁区の解除の問題につきましては、昨年私ら水産常任委員会が北海道現地調査に参つたときに、釧路から別動隊を設けて、現地に行こうという意見も出たのでありますけれども、予定の時間の関係上、遺憾ながら…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第27号(1951/03/31、24期)

かねてから私の担当する水産行政充実に関する小委員会におきまして、わが国重要産業である真珠養殖事業について、立法措置を講ずるようになつていたのでありますが、この基本方針により、真珠事業法案の決定を見まし…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第28号(1951/05/08、24期)

藤田新長官が新任されたにつきまして、所感及び希望をここに申し述べたいのであります。われわれは水産庁をつくることに終戦後の国会において努力をいたしまして、水産庁ができた。そのときに、長官は官僚ではいけな…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第31号(1951/05/15、24期)

漁港の指定に関する運輸省の協議につきまして、昨日の自由党の政務調査会の協議会でありますが、その席上に資料として出された書類の中に、運輸まの見解が出ておるのであります。それを読み上げてみますと、「重要な…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第32号(1951/05/17、24期)

ちよつと質問があります。課長は漁港の予算の割振りについて、新規のものをよけいふやした場合には、継続のものは自然完成が遅れる、そういう点に非常に御心配をなさつておる、こういうことを言われたのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1951/05/28、24期)

海藻の高度利用に関する政府の助成予算の問題であります。これはわれわれ委員会の根本方針といたしましては、海藻は、いわゆるヨード、カリ――カリは硫酸カリもあれば塩化カリもあります。それからアルギニン酸、ク…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第39号(1951/06/02、24期)

湯河理事長よりるる御意見を承つたのであります。私どもは、古い前から水産金融の独立ということを心掛けて、努力して参つたのでありまするが、今回の漁業権の補償金を基礎として水産銀行をつくるという農林大臣の方…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1951/08/06、24期)

私はこの際水産議員連盟の決議によりまして行動いたしました点を御報告かたがた、委員諸君並びに水産庁当局の善処を希望するものであります。それは今回吉田総理を初め講和条約のため渡米をする、その講和全権代理と…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1951/08/17、24期)

さんまの問題も長時間を要するのでありますが、北海道長官は社会党であるそうであります。その関係で、北海道の水産に関する役人にも、相当社会党に感染して、社会党とみなされる人も相当あるそうであります。そうい…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1951/10/12、24期)

ちよつと関連してお尋ねをいたします。今回の燃油の値上げにあたりまして、国会が開会をするとうるさいから、国会の開会しない前に値上げをしてこれを発表しようという、これは安本かあるいは物価庁かどつちか知りま…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/10/16、24期)

幸い保安庁の長官、水産庁の長官のおそろいのところでありますから、今後の日本の海上の保安のあり方につきまして承つておきたいのであります。漁業の面から申しますると、マツカーサー・ラインというものがあります…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1951/10/18、24期)

今回の災害は、二階党委員等よりお述べになつたと思いまするが、意外な大きな被害であります。それは風力が比較的弱くて水との闘いであつた。そのために、漁村方面は幾らかゆだんをしておつた点もあるようであります…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1951/10/20、24期)

この演習地の問題につきましては、あなたの方と外務省との間に、今日まで何か折衝があつたでしようか。御承知のように、漁業協定によつて漁民がどうなるかという脅威を感じておるやさきでありまして、その場合に沿岸…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1951/10/25、24期)

本案は今大臣の説明をされる通り、長い間の懸案でありまして、すみやかに審議をして早く本会議に上程すべきであると考えるのであります。つきましては鹿児島、大分、宮崎、山口県等、今回の大災害におきまして約一万…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1951/10/27、24期)

減船の小さな表でありますが、この中の動力船六千五百隻のうち、修理不可能のものは四千隻であるということははつきりしておるようでありますが、無動力船の方はどういうことになりますか。なおお話のございました…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1951/10/30、24期)

ずいぶんだくさん質問せなければならない点があるのでありますが、小型機船底びき網漁業処理要綱のうち第二項に各瀬戸内海伊勢湾並びに噴火湾等のトン数、馬力等のことが書いてございます。その前後において、暫定的…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1951/11/01、24期)

根本において賛成するものでありますが、この法案なるものがほんとに理想的に実行できぬ限りは、日本の沿岸漁業は壞滅に帰すると思うのであります。この議論は長く続いておるのであつて、水産庁当局は、いかなる整理…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1951/11/08、24期)

松田委員の緊急動議はまことに時宜に適したことであると思いますので、私はこれに賛成するものであります。いわゆる今度の漁業協定に関する委員会の顧問を衆参両院より一人ずつ選ばれた。このことは、要するに委員長…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1951/11/10、24期)

日、米、加の漁業協定の義は、だんだんと日を重ねて、大体アメリカ等の意向もはつきりして参つたようであります。それにつきましては、衆議院の水産常任委員は非常に重大なる責任の立場にあると考えるのであります。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1951/11/13、24期)

ちよつとただいまのことに関連しますが、漁業権証券課税の問題は、参議院との関係が非常にデリケートであると思うのであります。その点委員長においては十分御考慮の上で発表せられんことを切に希望いたしておきます…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1951/11/17、24期)

この散会直後に、日・米・加漁業協定の問題につきまして小委員会を開きたいと思います。その小委員会を開くにつきましては私は特に一つの要望があるのであります。これは非常に重大でありまして、この小委員会の審議…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1951/11/20、24期)

水産資源法案に関する前国会の小委員のその後の経過並びに結果を御報告申し上げます。本案の緊要たることは今さら申すまでもないのでありまして、第十国会において小委員会並びに本委員会において成案を得ましたこ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1951/11/27、24期)

真珠養殖事業法案に対する提案理由を説明いたします。わが国におきましては、古来より英国のダイヤモンドとともに、宝石界の双璧として世界独自の優秀なる養殖真珠が産出されるのでありますから、この事業を国策的…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1951/11/28、24期)

この真珠養殖事業法案を本日御審議願いますのに先立ちまして、これに関連するところの予算の関係を水産当局より御説明を願いたいのであります。それから明年度の本法案の運営のために要する経費として、目下大蔵省…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第6号(1951/10/22、24期)

日本の漁業者、漁民は約千八百万人であります。この人たちが海岸に居住をして、そうして終戰前にすでに大半の漁船を失い、漁具を失い、漁港を破壊され、以来六年、その間非常なる忍苦に耐えて辛うじて生活をして参つ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/12/13、24期)

水産資源法案の一部修正につきましては、ただいま田淵委員の申される通りの経過であります。この問題は今度提案するまでには、参議院の水産委員との同調を必要とする点もありますので、提案する以上は、また再び修正…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1952/02/15、24期)

このまぐろ関税問題につきましては、水産議員連盟よりダレス顧問に対して懇請をいたしたところが、まことに懇切ていねいなる御回答が参つておるのであります。これによりましても、日本側が紳士的にあくまでも持続し…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1952/02/18、24期)

最近に保安庁と警察予備隊が合併されて一つの組織になるということを聞いておりまするが、その場合における海上の漁業関係の取締りその他全般的な問題に対して、水産庁においては、現在のところどのような構想を持ち…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1952/02/23、24期)

公海漁業につきましては、今回のこの出漁が平和條約成立以後の第一の着手となることでありまして、このことの業者の態度いかんは、関係諸外国に非常なる刺戟を與えるおそれがありまして、その結果非常な永久にわたる…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1952/02/29、24期)

先の本委員会におきまして、水産行政機構に関することについて特に委員長にとりはからい方を委託をしてあるのであります。最近聞くところによれば、運輸省の港湾局を国土省に移すというようなことに類似した、たくさ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1952/03/01、24期)

公海漁業につきまて、本日日水、大洋、日魯の各代表者の御出席を求めて、そうして本日審議に入るまでの経過を簡單に申し上げたいと思うのであります。申すまでもなく今回の公海に対する出漁は、日米加漁業協定の成立…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1952/03/03、24期)

本案の第四条をそのままにして、第五条を修正することが私ども多年の研究の結果理想といたしておりましたが、この点に対しては種々今後に期待をいたしまして、この修正案に賛成をするものであります。私は真珠事業法…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1952/03/08、24期)

土屋局長に以下数項お尋ねをいたします。今回のかに工船等の出漁は、講和條約成立にあたりまして日本の漁民が海外へ進出するところの第一歩でありまして、いわゆる日本の関係漁業者は非常にこれを期待し、前途に望…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1952/03/15、24期)

詳細の御説明でよくわかりましたが、そこで平塚さんの御予定通りに万一行かぬ場合には、金融の関係でカン詰業者が保有できる。それを売りくずすというようなことが起らないものか。もしそういうことになれば、せつか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第21号(1952/03/18、24期)

鈴木、松田両委員より北海道、青森、岩手の漁業災害についてお話があつたのでありますが、まことに同情にたえないものがあります。ことに氷塊のようなものが流れて来て漁港をこわすというようなことは、われわれは想…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第23号(1952/03/27、24期)

資源保護法案につきましては、昨年参議院との間に申合せがあるはずであります。これはこの国会においてその申合せを必ず実行をして、そして実現を期するように委員長におかれて特段の御配慮を希望するものであります…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第24号(1952/03/29、24期)

本月の十八日に公海漁業の小委員会を開きましたが、小委員会の審議の状態は非常にやかましくなりまして、結局決定する前に一応当局より委員会へ施行すべき案を示してもらいたい、方針を示してもらいたいという要望を…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第28号(1952/04/04、24期)

開発銀行の貸出し方針というものについて、大体の考え方を承つておきたいのであります。復興金融金庫が終戦直後にできまして、そうしてそれの全部が現在では開発銀行へ引継がれたわけであります。この復興金融金庫…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1952/04/12、24期)

福田さんは銀行局の総務課長さんでありまして、およそ銀行局の仕事のすべての立案、その他実行等の枢軸をなすものと思うのであります。そういう方が御出席になつたことは、本委員会においても非常にけつこうだと思う…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第31号(1952/04/22、24期)

この災害の融資につきましては、前からすこぶる緊張した論議が進められておるのであります。ただいまの松田委員との資疑応答によつて、おそいながらも北海道の方は一時的な応急措置が講ぜられるようでありますが、そ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1952/05/15、24期)

この法律を拝見しますると、ただ単に水面を使用するということのみに限られておるようでありまするが、演習中に実弾射撃等の影響を受けて、後日にもあるいは機雷の爆発であるとか、その他科学的な関係から海水が汚濁…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1952/05/17、24期)

この問題に対しての田口委員の質問に対するただいまの答弁は非常に不可解であります。この問題によつて生ずる損害は、アメリカの軍隊との関係であります。しからば、アメリカより賠償を受けねばならぬ問題であります…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1952/05/20、24期)

鈴木、林両君の御発言通りに実行せられるよう、賛成の意を表します。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第40号(1952/06/04、24期)

取締りの問題で長時間を費したあとでありますが、御当局の御答弁はどうも核心にふれないように思うのであります。第一瀬戸内海なるものは、毛利氏の時代から海賊の巣である。伊勢湾もその通りであつて、われわれも先…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1952/06/07、24期)

昨日の私の質問に対する石原外務次官並びに土屋欧米局長の御答弁の一部を要約いたしますと、今回提出された目、米、加漁業條約は、これまでの漁業上の国際條約の前例を破つて、国際間の公海企業の自由を制限する片務…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第42号(1952/06/10、24期)

まだ十分提案者の説明も聞かないのでありまして、慎重審議すべきものと考えるのであります。つきましては、今度この法案が成立しまして、参議院の通りに衆議院も同調してやる場合には、これはすみやかにおおよそ全国…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第43号(1952/06/12、24期)

協同組合の問題は再三論議されるのでありますが、従来は慶するに三百という数に制限されておる点が非常に窮出なのであります。この三百以内というような制限をつけたということはどこから出たかと申しますと、これは…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第44号(1952/06/14、24期)

私はあくまで私の申し上げた方法が今回に処する最も妥当適切、有利なる條項であるとかたく信ずるものであります。しかしながら小委員会で正式の決定は見ていないのであります。しかるうちに理事会の決定があつて、委…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第45号(1952/06/18、24期)

前刻以来、協同組合法の一部改正について論議をせられておりますが、提案者の松田委員の申されることも非常に考えるべき点が多いと思うのであります。また小松君の、民主主義の立場から、政府に権限を持たすことはい…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第46号(1952/06/20、24期)

これは直接運輸大臣の所管とも申しかねますが、この機会に水産業者の希望しておる点を申し述べてお考えを願い、またそれに対する御意見もあつたら、この際お聞かせを願つておきたいのであります。水産議員連盟にお…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第47号(1952/06/23、24期)

これは突然拝見しまして、まだ詳しくわからぬのでございますが、この水底という文字から申しますると、従来海底電線とかいう言葉が通用語になつておつたのでありますが、それが水底線路ということになりますと、ある…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第48号(1952/06/27、24期)

私は今回アメリカにおけるまぐろ関税に対して、まことに日本に対する好意ある措置がとられたので、この際決議案を提出して御決議を願いたいと思うのであります。その案文を朗読いたします。まぐろ関税に関する感謝…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第49号(1952/06/30、24期)

これは委員長にまわしてもらつて、委員長はわれわれにお諮りを願う……。散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第50号(1952/07/26、24期)

先刻来の質問の問題はこれは非常に重大でありまして、かつて私は、この損害の賠償なるものは、そのとき限りでやつてはいけない。漁場を荒らし魚族を散乱せしめ、演習があると当分は漁獲ができない。また爆発物の沈下…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第51号(1952/07/29、24期)

質疑の前に御参考に御報告を申し上げておきます。水産議員連盟におきましては、一昨二十六旧と二十八日の二日間連続して連盟会議を開きまして、二つの決議をいたしたのであります。その一つは、極東貿易に関係ある日…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第52号(1952/07/30、24期)

通商産業政務次官が御出席になりましたので、一応御質問を申したいと思うのであります。そのうちもつとも重大視するところの中共との貿易に関することであります。きのう通産省からも御出席になつたのでありまして、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  1本提出

質問主意書一覧

電源の帰属に関する質問主意書(共同提出)
第10回国会 衆議院 質問主意書 第65号(1951/02/20提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22