江崎一治衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  1回発言    798文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  3回発言   5453文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  2回発言   2313文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  1回発言   1806文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  5回発言   6085文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 12回発言  16455文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第26号(1949/05/10、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、本両案に希望を付して賛成の意を表する次第であります。近時、原子核物理学の長足なる進歩発展は、かつて人類が経驗したことのない驚くべき能力をその應用分野に発見するに至つたのであります。この巨大な原子エネルギーが人類の幸福のために使われるか、または人類の破壊のために使わ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第35号(1950/04/08、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま議題となつておりますところの電波法案、放送法案、電波監理委員会設置法案並びに電波、放送両修正案に対しまして反対の意見を述べんとするものであります。政府は長期間にわたつて、電波の民間開放とか放送の民主化という看板で、電波関係三法案を国民の前に盛んに宣伝して来………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第41号(1950/04/25、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま上程されました電気通信事業の公共企業体経営移行に関する決議案に対して反対の意見を申し述べんとするものであります。決議案によりますと、敗戰後電気通信事業の復興が遅々として進まなかつたというのは、これは官営であつたからだと言つておるのであります。次に、これを民………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第8号(1949/12/22、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、政府に対しまして、日本国民としてはなはだ理解に苦しむ本問題につきまして緊急質問を行う次第であります。敗戰後すでに四年、どうやら明年は講和問題が急速に具体化する気運に向つておることは、ご同慶にたえない次第でありますが、実は、この講和問題の帰趨こそは、将来の日本民族に………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第7号(1950/07/22、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま上程されました鉄道公安職員の職務に関する法律案に対して反対の意見を述べるものであります。本法律案の提案理由によりますと、昭和二十四年度一年間におけるところの鉄道犯罪は実に四十二万件に達するというのであります。また輸送知識を利用する大規模な惡質知能犯があると………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第9号(1950/07/27、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま緊急上程されました低性能船舶買入法案に対しまして反対の意見を述べんとするものであります。本法案の提案の理由によりますと、内航貨物の激減によつに内航船舶に多大の過剰が生じ、ために九十万重量トン以上に及ぶところの低性能の船舶が繋船され、これがわが国海運界の非常………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第9号(1951/10/27、24期)

結論を先に申しましよう。私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま上程されましたところの国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案並びにその修正案、すなわち国鉄運賃の値上げ法案に絶対に反対するものであります。今回の国鉄運賃の値上げ問題は、一パブツク・コーポレーシヨンであるところの国鉄部内に限られた問題で………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第25号(1952/03/27、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま上程されました、海外からの日本国民の集団的引揚輸送のための航海命令に関する法律案に対しまして、本案の真のねらいがどこにあるかということを明確にして反対するものであります。だれでも、日本人である以上、一日千秋の思いで祖国に帰ることを待つておる罪のない人々に対………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第35号(1952/04/25、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま一括上程されましたところの四法案、すなわち日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障條約第三條に基く行政協定の実施に伴う水先法の特例に関する法律案並びに道路運送法等の特例に関する法律案に対しまして反対するのもであります。また国際観光ホテル整備法の一部を改正する………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第57号(1952/06/19、24期)

私は、ただいま上程されました航空法案並びに日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障條約に基く行政協定の実施に伴う航空法の特例に関する法律案に対しまして、日本共産党を代表して反対するのであります。以下、その反対の理由を明らかにしたいと考えるのでございます。まず第一番に航空法案について述べますが、諸君もよ………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第67号(1952/07/28、24期)

私は、ただいま議題と相なつております労働関係二修正法案に対し、日本共産党を代表して絶対に反対するものであります。(拍手)労働者がその最低生活を守るための争議行為が、武装せられた国の権力を握る支配階級によつて強制的に停止されることは、たといその手続上いかなる粉飾が加えられようと、労働者の受ける実害は何………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第70号(1952/07/31、24期)

私は、ただいま上程されました海運力復興促進に関する決議案に対しまして、日本共産党を代表して、理由と明確にして反対の意を表するものであります。決議文には、外航船腹の拡充と、海運力の基礎の確立強化ということが主張されておりますが、吉田内閣は今日まで何をしたかということを、胸に手を置いて静かに考えてみるこ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  7)  4回発言    941文字発言
  第6回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  5回発言   3466文字発言
  第7回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  0) 10回発言  23859文字発言
  第8回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  7回発言  14850文字発言
  第9回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  3回発言   8178文字発言
 第10回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  9回発言  24313文字発言
 第11回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    605文字発言
 第12回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  6回発言  12004文字発言
 第13回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41) 28回発言  46035文字発言

  24期通算 112回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 90) 73回発言 134251文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            77回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 77) 51回発言  94238文字発言

 電気通信委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  0) 14回発言  27053文字発言

 人事委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言   1778文字発言

 建設委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  3回発言    883文字発言

 労働委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   3893文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6134文字発言

 逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 考査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    272文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 建設委員会理事(第5回国会)
 電気通信委員会理事(第6回国会)
 電気通信委員会理事(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1949/03/31、24期)

本日の政府委員の説明によりましてはつきりわかつたことは、住宅の建設、それから治山治水関係に対しましては、まつたく何もできないというような悲しむべき状態に追い込まれておるということであります。わが国にお…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1949/04/05、24期)

庶民住宅が昭和二十三年度は三十四億余り計上してありますが、今年は二十九億余りである。また文教施設、これは去年は六十億ありますが、今年は十一億九千万円でございます。しかるに、監獄を建てる費用が去年は五億…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1949/04/07、24期)

本多国務相にお尋ねするのでありますが、治山治水に関して、また住宅問題に関し、日本の経済安定のために、今日ほど建設行政を拡充強化しなければならぬときはないと思うのです。しかるに今大臣の御意向を承りますと…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1949/05/13、24期)

臨時職員はこの給與規定において非常に不利な條件になつておるようですが、人事院としてはどういうふうに考えておられますか。それから第二の人事官等の不信任投票云々の話については私どもも存じておる次第でござ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 考査特別委員会 第11号(1949/12/01、24期)

証人は永井博士と同じフイルドの学術を研究されたというので、特にお聞きしたいと思います。今証人のお話を承りますと、永井博士はじみなサブジェクトに対して長い間研究されたということを聞きました。そういう科学…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 電気通信委員会 第2号(1949/11/08、24期)

石炭手当に関しまして、政府はできるだけ早く善処すると言つておられるけれども、実際は共済組合の資金を流用するというような方法で、逃げておられるようであります。一方またあの配炭公団では、四百万トン以上の石…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 電気通信委員会 第3号(1949/11/22、24期)

本請願の要旨を申し上げますと、今国会に上程される電波法案は、海難と労働不安を増大し、無線通信労働者の生活権をはく奪するのみならず、警察力強化に一般無線局を利用しようとする不当なものであるから、該法案を…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 電気通信委員会 第4号(1949/11/28、24期)

本法案の第二条第二項の但書以下の説明を伺います。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 電気通信委員会 第5号(1949/11/29、24期)

聞くところによりますと、電気通信省の人事官会議におきまして、第三次首切りの問題が出ておるそうでありますが、第三次首切りをやるのかどうか。小沢大臣に御答弁願いたいと思います。それから厚生施設の問題で、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第3号(1950/01/27、24期)

私は主として電波法についてお伺いしたいと思います。まず第一番目に、この立法過程において、特に船舶関係の労働者がこれに相当大きな関係があるということで、労働者諸君の意見を十分に参酌して立案するのだとい…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第4号(1950/02/02、24期)

きようは大体放送法案について、質問を申し上げたいと思います。まず一番初めに、中村委員の先ほどの質問に関連いたしまして、お伺いしたいと思います。先ほど網島政府委員のお答えに、福岡に百キロの放送局をつくる…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第5号(1950/02/03、24期)

大臣に質問する項目について、先に質問いたします。まず放送法案でありますが、この法案によりますと、現在の放送協会を改組することになつておりますが、この実質的なねらいは一体どういうところにあるかを説明して…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第6号(1950/02/15、24期)

電波法につきまして御質問いたします。二十八條につきまして、電波の質を規定しておりますが、高調波の強度はどうかといつたような電波監理委員会での腹案がありましたら、これを発表していただきたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第8号(1950/02/24、24期)

前会に引続きまして、電波法案につきまして質問したいと存じます。第四十條におきまして、AC條約では、公衆通信の国際通信業務を行う船舶の通信長としては、二級の通信士を認めておるのですが、日本だけ特別にこれ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第9号(1950/03/08、24期)

電波法案に関する請願につきしまして御説明を申し上げます。請願者は国鉄労働組合、全逓信労働組合、全逓信従業員組合、全日本海員組合、全気象職員組合、無線同窓会、並びに船舶通信士協会、この人たちが陰山君を代…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第10号(1950/03/24、24期)

二月二日付の政府資料によりますと、本年の一月の二十五日までに民間放送の許可申請が約四十件余り出ておりますが、資本金別にいたしますと、一番大きなものが一億八千万円、これはセントポールの放送局であります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第11号(1950/04/04、24期)

電波監理委員会設置法案に関連しまして、質問をしたいと思うのですが、電気通信公報第百四十七号にありますが、電波監理長官委任規程というものが出された。これの第一條の二十七号に、「電波の管理に関する国際的取…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第12号(1950/04/07、24期)

ただいま議題となつておりますところの、電波関係三法案に関しましては、それらの審議過程におきまして、徴に入り細にわたつて共産党の態度を明確にしておりますので、本日はきわめて簡単に要旨をまとめまして、それ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 電気通信委員会 第13号(1950/04/13、24期)

私は日本共産党を代表いたしまして、ただいま議題となつております電信電話料金法の一部を改正する法律案に対しまして、反対の意見を述べたいと存じます。吉田内閣の一年間の政治の実績を見ますと、町には失業者が…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1950/07/18、24期)

海上保安庁から、職員八千名の増加ということが報告されておりますが、これはどういう海上勤務員であるか、陸上勤務員も含むのかどうか。またそれに要する予算はどれくらい必要なのであるか。また船はどれくらいふや…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1950/07/20、24期)

燃料問題に関連して……。念のために委員長並びに政府の人たちにお伺いしておきたいのですが、昨日ガソリン価格の問題について、物価庁の第三部長川上説明員から立ち入つた、つまり外油との関係の話があつて、わざわ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1950/07/22、24期)

たしか五月の十三日ごろだと記憶しますけれども、総裁が関西に行かれる車中談といたしまして、この二年間くらいの間に五万名から十万名くらいの人員の整理をやるのだということを放言しておられますが、その点はどう…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1950/07/26、24期)

海運界の日本における総船舶のトン数のうち、どれだけが外航に就航し得るものがあるか、その点を伺いたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1950/07/27、24期)

私は日本共産党を代表いたしまして、本法案に反対の意を述べるものであります。本法案提案の理由によりますと、内航貨物の激減によつて、内航船腹に多大の過剰が生じたために、九十万重量トン以上の低性能船舶が繋…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1950/07/31、24期)

私は日本共産党を代表いたしまして、ただいま議題となつておりますところの鉄道建設並びに電化促進に関する決議案に対しまして条件を付しまして賛成の意を表するものでございます。本決議案の趣旨によりますと、国…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1950/09/20、24期)

この際海上保安庁の責任者にお伺いしておきたいのでありますが、実はわれわれ一行が北海道に現地調査に行つたのです。その際漁民の口から直接聞いた話でありますけれども、特にオホーツク海沿岸の漁民は、マツカーサ…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1950/12/06、24期)

ただいままで運輸大臣の抱負をるる聞いたのでありますが、日本の鉄道の新線計画は御存じの通り、鉄道敷設法の別表にきめられている。地方ではこれは一つの特権として考えておりまして、しかもずいぶん長い間戰争中、…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1950/12/09、24期)

国家公務員の給与の改訂が先般行われましたにもかかわらず、その生活は非常に困窮しております。一般の民間の企業に対しまして、三割以上の給与の差があるのであります。この公務員が自分の職責を十分果し得るように…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1950/12/08、24期)

先般当国会におきまして、四十九億五千万円余の裁定がきまつたのでありますが、これについての処置は、あの裁定の趣旨に従つて、国鉄公社と労働組合の間で団体交渉によつてきめるということになつておりますが、この…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1951/02/09、24期)

第一表にあります新車の建造勘定は、どこに入つておりますか。次にさつき尾崎委員から関連質問で多少触れられたようでありますが、支出の面、すなわち物価騰貴の支出の画に及ぼす影響の問題でございますが、先ほど…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1951/02/19、24期)

今まで港湾で船舶が火災を起した場合、どういう処置をとつておつたか、お話願いたい。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1951/03/22、24期)

大臣は時間がないようでありますので、簡單に二、三の点だけお伺いいたします。船員にとりましては外航従事令というのは、非常に重要な死活問題でありますので、この外航従事令がどこの権限によつて出されるのか。も…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1951/03/23、24期)

この低性能船舶買入法が設定された当時の海運の状況は、余剰船舶が非常に多い。しかも非常に低性能であるという。これが日本海運のがんになつておつたと言つておるのでありますが、その後状況が大分変化したと思いま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1951/03/24、24期)

昨日の帝都高速度交通営団法に関する質問に引続いてお伺いをいたします。今年度は新線計画にわずか三億しかかけておらないのに、この帝都高速度だけに資金運用部資金を多額に使うことになるのでありますが、これは国…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1951/03/26、24期)

配付されました船舶職員法案の別表第一に航行の区域、船舶のトン数、船舶職員並びにその資格がずつと書いてありますが、その下に定員が書いてありませんが、この定員はどういうことになつておりますか。ほかに何か印…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1951/03/31、24期)

私は日本共産党を代表いたしまして、この法案に対して根本的に反対するものであります。共産党は東京都に地下鉄ができて便利になるということについては、決して反対をいたしません。双手をあげて賛成する。ところが…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 運輸委員会 第29号(1951/05/23、24期)

われわれが運輸委員会から地方に派遣されましていろいろ調査しますと、新線建設に対する地方民の要望は、非常に熾烈なものがあるわけです。従いまして新線建設に対しては、その手段を選ばずに、自分の方を最優先的に…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1951/02/26、24期)

私は日本共産党を代表いたしまして、ただいま上程されました三予算案に対して、反対の意見を述べるものであります。以下系統的に本予算の本質を明らかにして行きたいと考えます。まず第一に、この予算は日本人の予…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1951/08/18、24期)

関連して一つお伺いしたいのですが、今までに青函連絡船の航路で機雷がどれくらい発見されたのか、その点がわかつておつたらお知らせを願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1951/10/22、24期)

この際山崎運輸大臣に主として政治的な問題についてお伺いをしたいと思う。こまかいことは別の当局にお伺いします。今回の国鉄運賃の値上げの理由として、当局の説明を聞きますと、二十六年度の国鉄予算は昨年の八…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1951/10/23、24期)

関連して伺いますが、先ほど原委員から国鉄の人員整理についてお尋ねがありましたときに、大体その整理の方針は、管理部門が二五%、それから現業が五%という方針でやつて行くのだというお話を承つたのでありますけ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1951/10/25、24期)

関連してお伺いしておきたいのですが、今の長崎総裁の言によりますると、二万二千三百二十二人の人員整理を、九月現在の人員から行う、しかし一万三千の者が長欠者であり、これを含んでおるから、実際の首切りの人員…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1951/10/26、24期)

この十月に国電のダイヤの改正をやつたそうでありますが、これによると乘務員の勤務時間が、戰争中の東條時代と同じようになつたということを聞くのですが、その状態は改正前とはどのように変化したのか、御説明を願…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1951/11/15、24期)

この法律案の提案理由の説明、並びに石野委員その他の委員の御質問によつて、大体了承したのでありますけれども、二、三御質問を申し上げたいと思います。第五項に「職員が公務上負傷し、又は疾病にかかり」云々とあ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1951/11/19、24期)

岡田委員並びにただいま門司委員からの質問によりまして、大体われわれの知りたいことが明らかになつたのでありますが、二、三まだ疑問の点がありますので、その点をお伺いしたいと思います。第五次船第六次船、第七…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1952/02/04、24期)

これに関連して……。次回の委員会に備えるために、大体どういう点に焦点があるかということについて、やはり一応の質疑をやつておくことがいいかと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1952/02/07、24期)

こまかい点はあとにいたしまして、この際大臣に重点的に御質問申し上げたいと思います。平和、安保両條約の発効後、われわれの住む日本が一体どうなるのかということについては、国民が重大な関心を持つております。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1952/02/09、24期)

関連して……。浮遊機雷の問題はいつも問題になるのでありますが、今まであの青函連絡船関係で、この浮遊機雷がどれくらい発見されておりますか。それから休職者の数を相当見込んであります。これなんかはおもに病…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1952/02/11、24期)

きようは主として海上保安庁の問題についてお伺いしたいと思います。まず第一に、海上保安庁の巡視艇の現有勢力について、この前は二十七年の四月までに百六十四隻ばかり準備するのだという御回答があつたのですが…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1952/02/22、24期)

ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件に基く運輸省関係諸命令の措置に関する法律案の提案理由の説明の中で、航海制限等に関する件についての提案説明のときに、あまり十分な説明がなされなかつたように思う…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1952/02/25、24期)

前々回のこの委員会で、海上保安庁の問題について村上運輸大臣に詳細にお伺いしたのだけれども、かんじんのところへ来ると、私はほんとうのところわからぬのだというようなお答えでありました。そこで大橋国務相は治…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1952/03/06、24期)

ただいま関谷委員並びに尾崎委員から運輸省所管の海上保安庁の問題について質問があつたのですが、私は違つた角度からもう一つつつ込んで御質問したいと思います。日本の国防計画といいますか、保安機構といいます…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1952/03/25、24期)

ただいま岡田委員の質問におきまして、大体利息に相当する金額が五千九百万円余ということを言つておられるのであります。これは四億五千万円からの元金に対して、大体二年十箇月近くの利息に相当する金額にしてはあ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1952/03/27、24期)

海外からの日本国民の集団引揚げをやろうというのでありますが、この集団引揚げのために船を準備しなければならないほど、現在どこにどれくらい未帰還邦人が残つているのか、その点を具体的にお示し願いたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1952/04/15、24期)

先ほどから村上運輸大臣は、今回のもく星号の遭難に関しまして、今後は安全第一主義をとつて進むということを言明されたのでありまして、講和発効後はスキャップインが自然消滅する。従いまして航空法を国会に提出し…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1952/04/16、24期)

少しばかりお伺いをしたいと思いますが、この法案要綱の第四番目に「政令で定める技術上の基準によつて観測しなければならない」とありますが、この「政令で定める技術士の基準」というのは何をさしているのですか。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第20号(1952/04/17、24期)

簡單にお伺いしたいと思うのですが、今東京の町を歩いてみると、ずいぶん自動車がふえています。戰前よりもはるかにふえていると思うのですが、現在全国にどのくらい自動車がありますか、トラック並びに乘用車につい…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1952/04/19、24期)

海上弊備隊の人員については、六千人増員するように予算措置もできているようでありますが、そのうち三千名をまず採用するというお話であつたのでありますが、これに対する船の準備はどうなつておりますか。これよ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第22号(1952/04/21、24期)

本法案の適用は主として機帆船がその目標になつておるのですが、現在日本におけるところの機帆船の営業者は、大体資本金はどれくらいの程度なのですか。その内訳はどういうふうになつておるか、その点わかつておりま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1952/04/22、24期)

議事進行について発言したいと思います。当委員会では往往にして相当重要な法案であるにもかかわらず、法案の提案理由の説明をして、十分な審議をしないで即日これを採決してしまうという悪弊があると思うのです。こ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1952/04/23、24期)

まず基本的な問題からお伺いしたいと思います。船舶の入港料というのがありますが、これは接岸する場合とそれから防波堤の中に入る場合、また港外に碇泊する場合と、料金が違うと思いますが、現在日本で実施しており…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第25号(1952/04/24、24期)

昨日の委員会ではかんじんのところに行くとわからぬということになつている。そこできようは責任ある大臣の御出席を御配慮願うことになつておりましたが、どうなつておりますか。一項によりますと、「日本国は、合…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第26号(1952/05/07、24期)

ただいま大臣のもく星号の遭難に関する御答弁の中で、極東空軍がこの事件の原因を解決するためのキー・ポイントを握つておる、この資料がなければわからぬというような答弁があつたが、一体それはどういうことなのか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第27号(1952/05/09、24期)

共産党のこの法案に対する態度を最初に明確にしておきます。日本共産党はこの気象業務法案に対して反対をいたします。この気象業務法案は、気象であるとか、地震、津波等の予報、警報を正確に発することができるよ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第32号(1952/05/15、24期)

簡單にこの法案について御質問を申し上げます。今度の改正の重大なポイントといたしまして受益者にその分担金を課すことができるように改正せられたのでありますが、この受益者というのは、どういう範囲を言うのです…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第33号(1952/05/16、24期)

大臣は時間がないそうでありますから、航空法に関する質問は次回に譲りまして、今日はただ一問だけ、目下非常に重大な問題でありますので、お尋ね申し上げたいと思うのです。新聞で見ますと、政府はソビエトに対し…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第35号(1952/05/20、24期)

日本の漁業者にとつては、東支那海の漁撈の問題と北洋漁業は非常に重大だと思うのです。そこで今領海の問題がありましたが、国際法においては三海里というように御説明がありましたけれども、ソビエト側の主張はたし…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第37号(1952/05/27、24期)

材料の船価に及ぼす影響について説明があつたのですが、日本の貿易態勢に非常に大きな関係があると思います。アメリカから高い石炭と鉄鉱石を輸入しているというようなことでは、日本の鉄鋼界はいつまでたつても国際…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第38号(1952/05/30、24期)

前会の委員会で坪内委員から説明がありました事項について、御質問申し上げたいと思います。わが国の造船業界の外国資本の導入につきましては、三〇%くらいのところをもつて限度としたい、こういうようなお話があつ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第41号(1952/06/07、24期)

二、三お伺いしたいと思います。この雑島航路整備法の対象となる島は、北は北海道から南は九州に至るまでどれくらいあるのか、その点をお伺いしてみたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第42号(1952/06/10、24期)

道路交通事業者が、その企業体全部を担保にして金を借りなければならないというような状態に、現在立ち至つておるのかどうか。その点陸運関係の方の御説明をいただきたい。この点に関しましては戰争中事業を統制い…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第46号(1952/06/18、24期)

私はただいま上程されておりますところの航空法案並びにその修正案に対しまして、日本共産党を代表いたしまして反対をする次第であります。この航空法案はいわく因縁つきの法案でありました。これは通産委員会所管…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第47号(1952/06/19、24期)

同僚委員から大体この事故の問題について質問され、意を尽したように思いますが、二、三の点について長崎総裁にお伺いしたいと思います。ちようどこの日暮里事件の起ります一年二箇月前の同じ日に、桜木町事件が起…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜) 11本提出

質問主意書一覧

健康管理期間中における電気通信従業員の馘首に関する質問主意書
第6回国会 衆議院 質問主意書 第55号(1949/11/19提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

電気通信財政における借入資本の運用及び償還に関する質問主意書
第6回国会 衆議院 質問主意書 第78号(1949/11/25提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

電気通信省の行政整理行過ぎに対し、採用に関する質問主意書
第6回国会 衆議院 質問主意書 第79号(1949/11/25提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

警察電話施設運用の独立採算に関する質問主意書
第6回国会 衆議院 質問主意書 第80号(1949/11/25提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

日本電話設備株式会社の業務移管に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第22号(1950/02/01提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

混血児に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第51号(1950/02/22提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

彦根市の失業者に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第52号(1950/02/22提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

刑務所の服役者に関する質問主意書
第9回国会 衆議院 質問主意書 第25号(1950/11/22提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

滋賀県安土町等における逆水工事に関する質問主意書
第9回国会 衆議院 質問主意書 第27号(1950/11/22提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

滋賀県下における失業者及び半失業者に関する質問主意書
第9回国会 衆議院 質問主意書 第28号(1950/11/22提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

配電会社の電力料金不当徴収に関する質問主意書
第9回国会 衆議院 質問主意書 第30号(1950/11/24提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22