池田正之輔衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  2回発言   4336文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   4336文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第32号(1953/07/30、26期)

私は、自由党分党派を代表して、政府に重大なる警告を発しながら、遺憾ながらこの条約に賛成の意を表するものであります。本条約の締結を通じてとられた吉田内閣の外交運営の非民主性を、まず私どもは冒頭に指摘しなければなりません。本条約の対象をなす通商航海事項は、国家の産業経済に及ぼす影響のはなはだ大なる点にか………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第37号(1953/08/06、26期)

私はまず政府に申し上げておきますが、私がこれから申し述べますことは、冷静に、厳粛にお聞きを願いたいということ、しこうして、私のこの質問に対する答弁は、政府の責任ある見解として、国権の最高機関であるところの当院の速記録に正確に記録しておくという態度と責任をもつて御答弁願いたいということであります。そこ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 39回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員  4) 17回発言  22843文字発言
 第19回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  3回発言   9112文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員 29) 20回発言  31955文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  3)  9回発言  14696文字発言

 決算委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  2回発言   5559文字発言

 予算委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  2回発言   5869文字発言

 議院運営委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  6回発言   2278文字発言

 法務委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   3553文字発言

 内閣委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第16回国会)
 議院運営委員会理事(第16回国会)
 予算委員会理事(第16回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1953/05/27、26期)

外務大臣と保安庁長官の二人です。そこでまず私ここで伺いたいことは、日本が独立国になつたとは申しながら、まだまだいろいろ主権が回復しておらない面がございます。その一つに日米行政協定がありまして、この中…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1953/06/17、26期)

議事進行について。きよう私がここへ来て意外に感じたことは、この外務委員会というものは、今度の議会においても、現段階において一番大事な委員会なんです。それなのに、この間はしなくも下田局長は事務的な答弁を…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1953/06/20、26期)

関連して。ただいまの並木君のMSAに関する質問に対しても、また先ほど午前中の戸叫さんの質問に対しても、あるいは本会議においても、外務大臣は、政府はまだ何も折衝をしていないからわからないということで逃げ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1953/07/01、26期)

この際外務大臣に二、三お尋ねしておきたい思うのですが、政府はMSAの援助については今まで何ら折衝しておらぬということを繰返して言つて来た。しかるに突如としてその返事が二十四時間以内に届いた。これはわれ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1953/07/10、26期)

今の上林君のお尋ねに関連してまず伺つておきたいと思うのです。今までの補償はつまり立木の中間補償ということになつておる。それからそのほかの、たとえば肥料あるいは山菜、私の持つている資料によりますと、その…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1953/07/25、26期)

この機会に簡単に有田さんの質問に関連してお尋ねいたします。今の外務大臣の御答弁を聞いておるとわからないのですが、ただいまのものではいけない、一体どの程度ならよいか。あなたも数字ははつきり言えないでし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1953/07/29、26期)

緊急動議を提出いたします。もう時間もおそいし、この程度で十分皆さん御論議なさつたようですから、質問を打切つて、めんどうくさいから、このままただちに採決した方がいいと思います。採決の動議を提出いたしま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1953/07/30、26期)

本条約に対しまして、私は自由党分党派を代表して残念ながら賛成をいたします。まず第一点は、ただいまも指摘されたように、吉田内閣は本年の四月にこの条約を締結した。しかし吉田内閣は三月十四日に大多数の不信…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1953/09/17、26期)

まず私は外務大臣に、先ほど同僚の帆足君からお尋ねした中共行きの旅券の問題について伺います。この問題はむしろ具体的に、この委員会の席上でなしに、話合いをした方がいいと私も考えておつたのでありますが、たま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/05/25、26期)

予算の審議期間の問題ですが、さつき椎熊君から、新しく選出された方々の審議権の問題について申されましたが、私はまた違つた角度から考えてみたい。それは同じ吉田内閣が、官房長官も言つておるように、予算はあま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1953/05/27、26期)

私の方も、明後日の本会議で原則としてやる、どれとどれをやるということは別として、原則としてやるということで、全体のとりまとめは明後日の議運で決定いたしたい。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1953/05/29、26期)

私の方も賛成いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1953/06/17、26期)

私の方は、これを見ることはよいと思いますが、その時期と方法において当を得ていないから、そういう意味で反対です。留一春一言われわれの方は、今度の保安隊の演習というものは、今までの演習と実質的に違う。きの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第7号(1953/06/18、26期)

私の方は、原則として一応本会議でやるべきであるという建前を堅持しておる。根本精神としてはそうあるべきで、それを曲げるべきでない。あくまでもわれわれ今後の議会運営については……。もう論議も尽きておると…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1953/06/25、26期)

ただいまの件でございますが、まず最初に宿舎の問題から申し上げます。宿舎の問題につきましては、この前の理事会でしたか、小委員会でしたかで、東京に家を持つて実際にいらない人が使つておるという話が出まして、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1953/07/03、26期)

先ほど来の川崎委員その他の委員諸君と政府閣僚との間の質疑応答を聞いておりますと失言だらけで、これはこのままで行くとどこまで行つてもはてしがない。そうしてこの問題につきましては、われわれとしては先般来の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1953/07/08、26期)

木村長官にまずお伺いしたいのでありますが、同僚諸君からいろいろ御論議がありましたので、私は簡潔に二、三の点についてお尋ねいたします。まず最初にきわめて素朴な質問でありますけれども、先ほど同僚諸君から…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1954/02/15、26期)

私から一点だけお尋ねしておきます。先ほど総裁はリベートの問題について、御存じないとか、あるとか、ちよつとはつきりしないようでありましたから、その点に関してあなたが御存じであつたか、知らなかつたか、そこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第49号(1954/09/16、26期)

一言私から小原法相にお尋ねしたいのですが、今同僚諸君からお話がありましたけれども、これにはお答えがなかつたのであります。先ほどあなたは、検察の権威が地に落ちたという問題に対して、さようなことはないとお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第44号(1954/04/24、26期)

時間の制約がありますから、ただいま佐竹君の質問に対しての加藤法務大臣からのお答えの中で、犬養前法務大臣が職を賭して第十四条を発動したというお言葉があつたのでありますが、一体職を賭さなければならなかつた…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22