国会議員白書トップ衆議院議員辻政信>26期国会活動まとめ

辻政信衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言   5049文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   5049文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第20号(1954/03/13、26期)

防衛法案に関連いたしまして、防衛計画の根本問題についてお尋ねいたします。第一に内閣総理大臣にお伺いすることは、日本の防衛態勢を、アメリカに依存した、かたわの姿にするか、それとも、一人歩きのできる均整のとれた形にされるかという点であります。安保条約によつて日本の安全を保障する方針を継統する限りにおきま………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第45号(1954/05/07、26期)

私は「社会党の皆様とはまつたく異なる立場において、この法案をよりよくしたいということを念願いたしますがゆえに、多くの欠点を持つ政府の原案を無修正で通すことには遺憾ながら賛成し得ないものであります。この法案は、三党協定の要綱に基いてつくられたものでありますが、協定に漏れた部分が事務官僚によつて不用意に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  8回発言  21765文字発言
 第17回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言  10331文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言   5043文字発言
 第19回国会 51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51) 31回発言  94719文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   3579文字発言
 第21回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  3)  2回発言    687文字発言

  26期通算  93回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 91) 49回発言 136124文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 70) 42回発言 107275文字発言

 予算委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  2回発言  23059文字発言

 懲罰委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  3回発言   5274文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言     45文字発言

 水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    471文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 水産委員会 第28号(1953/10/27、26期)

岡崎外務大臣に簡単にお尋ねいたします。私はごく最近李承晩ラインを見て参りましたが、現地の実情は、先ほど参考人から申されたより、もつとはげしいものがあるという感じであります。それで、国際公法を無視しまし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1953/06/27、26期)

私はただいまの問題をめぐつて、昨日からいろいろ与党と野党の間の政争を見て参りましたのですが、そうしてたいへん心外に感じたことがあります。いやしくも国家活動の中には、事の性質によつて公開すべきものと公開…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1953/06/29、26期)

一昨日の本委員会における私の質問が東条時代そつくりの質問であり、国会を侮辱し委員会を侮辱するという発言が鈴木義男さんからあつたのであります。これがはたして国会を侮辱するものかどうかという点を、速記録に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1953/07/07、26期)

去る六月二十七日の私の発言中、同僚議員を侮辱するような点がありましたならば、それは私の本意ではありませんから一言申し上げておきます。但しこの際一言つけ加えておきます。私の発言に関連しまして、軍閥とか軍…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1953/07/15、26期)

緒方副総理に、総理大臣の代理としてお答えを願いたいと思うのであります。第一は、本法案の取扱いにおきまして、私ども生き残つておる軍人の立場から申し上げますと、まだ動ける者は若年停止をさらに繰上げられても…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1953/07/17、26期)

この問題と関連しておるのでありますが、最近、台湾の旧軍人で恩給をもらつておつた人たちから、復活してもらいたい、こういう請願が来ておるのであります。文官についても同様であろうと思います。私は、戦争には負…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1953/07/20、26期)

関連質問。ただいまの回答を聞きましてまことにがつかりした一人であります。塚田さんが新進気鋭でその地位につかれまして、悪い役人どもがふるえ上るだろうと実は私は喜んでおりました。ショウカイセキが辛亥革命で…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1953/07/08、26期)

大蔵大臣にまずお伺いをいたします。今年度の国会運営のための予算が、昨年に比しまして四億二千五十五万円の増加になつておりますが、この増加を認めなければ、国会の運営ができないものとお考えになつたかどうか。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/11/02、26期)

この提案と施行につきましては異存がございませんが、この機会に一言お願いしておきたいことかあります。それは私の郷里石川県におきましては湖の干拓事業をやつております。そのために昨年充てられた予算が約一千万…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/11/06、26期)

私は休会中二週間の予定で李承晩ラインと竹島を見て参りました。それは内閣委員といたしまして、海上保安庁の機構と運営について、はたして適当であるかどうかということを検討するのがおもな使命でありました。この…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/11/07、26期)

最近郷里をまわつてみまして感じたことは、せつかく政府が遺族と老齢軍人に恩給を支給しようとして、その予算が計上されておりながら、その交付される手続業務等が渋滞をしておりましていつもらえるかわからない、こ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/12/04、26期)

ただいまの冨吉委員の発言に私まつたく同感であります。一番ひどいのは、私の経験したところでは通産省関係で、十時ごろ行きましてもだれも出ておらない。そうして課長以上の者は高級自動車に乗つて出勤するのですか…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1953/12/05、26期)

私は九月の上旬に約十日ばかり北海道を視察して参りまして、その際に感じました点は、訓練、装備、配置、給与、各方面にわたりまして保安庁の皆様、外局の事務当局に御連絡申し上げておいたはずであります。非常に広…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/12/07、26期)

私は北海道の給与改善について、前回の委員会でその一部だけを申し上げましたが、この機会に附帯条件をつけまして、本案に賛成するものであります。その附帯条件とは、政府は至急北海道の特殊性にかんがみ、該地域…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第1号(1954/06/10、26期)

ただいまの皆さんの御議論を拝聴いたしましたが、私は、この事件の処理について一つの大きな根本の問題が落ちておる、こういうふうに見るのであります。その理由は、今回の乱闘事件は明らかに両派社会党の計画的、組…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第3号(1954/06/12、26期)

その除こういう事態があつたのであります。私は事実はふだんから非常にあの方の人格に政党政派を越えて敬意を表しており、この事件を治めるのは河上委員長以外にないと思いまして、その議席にたずねて、これではいけ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第5号(1954/06/15、26期)

動議を提出いたします。議員堤ツルヨ君懲罰事犯の件外四十五件の懲罰事犯の件は、いずれも懲罰を科すべきものとし、国会法第百二十二条第四号により、全員除名すべしとの動議を提出いたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/12/11、26期)

ただいまの大村委員の御質問に対して私もまつたく同感であります。その具体的な例を一つ申し上げますが、私の郷里の統計調査事務所では今年の作柄を大体八二%と見ておるのです。ところがそれが県知事の方では七〇%…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1953/12/17、26期)

私はただいま自由党の三議員からきわめて良心的な御質問があつたことに、敬意を表するのであります。その立場としては、野党的な立場でなく、政府を攻撃するというような立場でなしに、ほんとうに健全な保安隊をつく…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/12/23、26期)

練馬の第一管区において起りました。汚職事件は、吉田総監の引責辞職で一段落ついたものと考えてよろしゆうございますか、長官にお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/12/24、26期)

ただいまの下川委員の質問に関連いたしまして、伺いますが、この数寄屋橋事件と同じような事件が、終戦の翌々年の八月十五日に支那において行われました。支那におりましたアメリカの将兵は非常な優越感を持つて乱暴…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1953/12/25、26期)

最近北海道に汚職事件が生じまして、そうして毛布関係で今起訴された例がありますね。あれはたしか厚生課長であつたと思います。これはどこの毛布をどういうふうに仕入れてどう売つたのですか。それと事は少し違い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1954/02/24、26期)

関連して……。各委員から詳細を尽されておりますから、二点だけ伺います。昨年の十月のこの委員会で、三橋局長にお伺いしたところ、事務処理能力は一日に約一万という御回答があつたのであります。本日は約四千、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第7号(1954/02/25、26期)

二月二十日の朝、李ラインにおきまして海上保安庁の巡視船の「さど丸」が韓国の警備船金星号に拿捕された事件が起つておるのであります。新聞によつて見ただけでございますから、その様子は的確であるかどうかはわか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1954/03/03、26期)

日本の敗戦の原因が科学技術の落伍にあつたということを私は痛感するのであります。将来の日本民族の運命を決するものもまたこの科学技術の振興いかんというふうに考えておるのであります。昔のように満州をとるとか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1954/03/18、26期)

ごく簡単に。この法案に伴う予算措置の説明が欠けておりますが、どうなつておりますか。なお本案についての委員会報告書の作成については委員長に御一任願います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1954/03/20、26期)

各委員が述べられました意見は私も養成でありますが、この案を見て実はがつかりいたしましたのは、泰山鳴動してねずみ一匹という感じを受けたのであります。人員整理につきましては、機構改革を伴わないでもやるとい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1954/03/22、26期)

簡単に一点だけ。この人員整理の案は塚田長官の信念が、官僚どもの組織的抵抗に破れた案だ、こう思うのであります。自由党も官僚の組織的抵抗に負けた。自由党の最大のスローガンは行政改革であります。そこで問題は…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1954/03/23、26期)

こういう相当厖大な資料をただいまいただいて、そうして次官から五分くらいの説明を聞いて、それに基いて適正な質問をせよということは無理であります。こういう資料はもう少し前もつてわれわれに研究する余裕を与え…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第15号(1954/03/24、26期)

国立学校の六万六名の定員の内訳はどうなつておりますか。教授何名、助教授何名、事務何名、そしてそれに基いて二千二百六十六名の定員減の内訳はどこにしわよせをしているか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第16号(1954/03/25、26期)

この御説明と資料によりまして私の感じたところを一、二お伺いします。第一点は財務局の五百六十名の件であります。関東財務局を内閣委員として視察をしました所見を申し上げますと、現場で働いておるあの人たちは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1954/03/30、26期)

本法案の総括的な質問といたしまして、二点お伺いいたします。第一点は、この人員整理は根本的な機構改革をやらないところに大きな矛盾と不徹底さがあると思いますが、これにうたわれた通り、機構の簡素化と能率の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第20号(1954/04/06、26期)

質問したいことが非常に多く、与えられた時間が制限せられておりますので、簡単に聞きますから簡単に長官もお答え願いたい。第一にお伺いしたいことは、日本防衛の根本方針をどこに置いておられるかという点であり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1954/04/09、26期)

現在保安隊の持つておる兵器の中に、アメリカのいわゆる秘密兵器はないというような御答弁でしたが、火炎放射器はどうですか。これは確かに秘密兵器であり、われわれにも参観させないはずであります。それでも、ない…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1954/04/12、26期)

関連いたしましてお伺いしますが、アイゼンハウアー大統領は文民ですか、軍民ですか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1954/04/17、26期)

この前おもなことは質問いたしましたが、簡単に補足質問をいたします。今度の自衛隊の任務は、国内の直接侵略と間接侵略に対する防衛になりますが、過去の日本の自衛は大陸に第一線を持つて、国内を戦場にしなかつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第27号(1954/04/20、26期)

ただいまの質問に関連いたしまして簡単に承ります。この表によりますと、越中島の統幕庁舎が四百五十五万で四十日間で完成しております。しかもそれが三月三十一日に完成することになつておりますが、統幕の庁舎の予…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第28号(1954/04/27、26期)

議事進行。非常にさしでがましいような発言でございますが、ただいまの質問応答を通じて私の印象に残ることは、外務委員会へ出たような感じを受けるのであります。本委員会では防衛関係の重要な審議をやつておるので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第31号(1954/05/06、26期)

私はこの法案をよりよくするという見地におきまして、質問の要点をごく簡潔に三点に限りまして、自衛隊の最高指揮官たる吉田総理大臣の御見解をお伺いしたいと思うのであります。その第一点は、指揮官と幕僚の本質に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第34号(1954/05/17、26期)

三橋恩給局長は、この旧軍人関係恩給権擁護全国連合会代表柴山兼四郎氏提出の恩給支給促進に関する請願を、この会に出られるのにお読みになつておいでになつたかどうか、それを承りたい。それからずつと前のこの委…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第35号(1954/05/19、26期)

私はこの委員会におきまして、しばしば事務当局に、恩給交付の手続を迅速にして、わずかに二千円や三千円の恩給を旱天の慈雨のような気持で待ち焦がれておる遺族の人た知の心を心として、一日も早く支給されるという…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第38号(1954/05/25、26期)

国防会議の問題につきまして二、三お伺いいたします。「内閣総理大臣は、左の事項については、国防会議にはからなければならない。」ということが防衛庁設置法案の第四十二条に書いてございますが、ただいま配付され…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第44号(1954/10/04、26期)

私吉田委員のおつしやつたことに完全に同感なんです。実は私は三年前は被告で皆さんに調べられた方なんです。大橋武夫法務総裁は私を追放違反で告発して一その際の私の体験を申し上げてみますが、大橋法務総裁の特審…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第47号(1954/10/27、26期)

ただいまの御説明を承つて私がまことにふしぎに感じますことは、国家全体の経済状況が昨年よりもはるかに悪く、中小企業がばたばた倒れようとしておる国家の現状にかかわらず、本年度の新規要求において百六十三億円…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1954/02/06、26期)

私は憲法改正と、防衛問題につきましてお尋ねいたしたいと思います。政府は今般保安隊を自衛隊に改められまして、直接侵略に対しても国土を守るということを、御決意なさつたようでありますが、もし日本が外敵の侵略…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1954/12/03、26期)

竹島におきまして十一月二十一日の朝、海上保安庁の巡視船へくらが撃たれたという記事を新聞で見ましたが、このことについて山口海上保安庁長官からまずその景況を簡単に御説明願います。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1954/12/06、26期)

この法案を通すかいなかを決定するに先だちまして、民主党を代表して対馬、壱岐等の不安な現状に対して、政府は将来どういう対策を講ぜられるかを結論的にお伺いいたしたいと思います。午前十一時十一分休憩会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1954/12/14、26期)

動議を提出いたします。理事は、その数を七人とし、委員長において御指名せられんことを望みます。委員長は会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1954/12/16、26期)

一言申し上げておきます。民主党の防衛に関する根本方針は、国力に相応する少数精鋭の自衛力を充実するという点でありまして、砕いて申しさすと、アメリカの傭兵的性格を一掃して、日本の自主的な自衛軍にするという…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22