清瀬一郎衆議院議員 27期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


衆議院本会議(27期)

25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第22回国会(特別:1955/03/18-1955/07/30)  2回発言   2890文字発言
  第23回国会(臨時:1955/11/22-1955/12/16)  1回発言    395文字発言
  第24回国会(通常:1955/12/20-1956/06/03)  3回発言   4982文字発言
  第25回国会(臨時:1956/11/12-1956/12/13)  0回発言      0文字発言
  第26回国会(通常:1956/12/20-1957/05/19)  0回発言      0文字発言
  第27回国会(臨時:1957/11/01-1957/11/14)  0回発言      0文字発言
  第28回国会(通常:1957/12/20-1958/04/25)  0回発言      0文字発言

       27期通算   (1955/02/27-1958/05/21)  6回発言   8267文字発言

本会議発言一覧

第22回国会 衆議院 本会議 第37号(1955/07/05、27期)

ただいま議題となりました憲法調査会法案につきまして、提案の理由と、この法律案の概略とを御説明いたします。申し上ぐるまでもなく、現行の日本国憲法は、昭和二十一年、すなわち、わが国の主権が連合国最高司令官の制限のもとに置かれておった時代に制定せられました。ことに、その法文は、同司令部の示唆と指導のもとに………会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 本会議 第38号(1955/07/07、27期)

私が一昨日あの発言をなしたことにつき、私を懲罰委員会の審査に付すべしとの動議につきまして、簡単に一身上の弁明をいたします。一昨日私がなした憲法調査会法案の趣旨説明に関係いたしまして、飛鳥田君の質問に対し私のいたしました答弁のうちに、わが現行の日本国憲法を、将来憲法調査会の審議を経て作成せらるべき日本………会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 本会議 第2号(1955/12/02、27期)

須磨君は、国民の道義、わけても青少年の教養につき御質問されたのでございます。国民道義の確立は、申すまでもなく、国家再建の第一の条件でございます。わけても、青少年は国家再建の原動力でございます。それゆえに、その教養については、国の将来を決するものとして非常なる注意を払っております。このために、今後、青………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第21号(1956/03/13、27期)

今回政府から提出いたしました地方教育行政の組織及び運営に関する法律案について、提案の趣旨を御説明申し上げます。この法案は、現在の教育委員会制度を改正いたしますと同時に、地方公共団体における教育行政の組織、運営に諸種の改善を加えようとするものであります。御承知のごとく、地方公共団体における教育事務は、………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第25号(1956/03/22、27期)

まことにお気の毒なことと存じております。教育施設につきましては、学校も、公民館も、図書館も、被害はございません。ただ、幼稚園が一つ焼けました。しかしながら、先刻承わる通り、一千三百余りの世帯が被害を受けたのでありまするから、子供は多数罹災しておることと存じます。これらに対しては災害救助法の適用があろ………会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 本会議 第54号(1956/05/24、27期)

私に対するお問いの第一は、今回の教科書法案は教科書の国定化を促進するものじゃないかということでございます。この法案は、民間人の創意と工夫によって編さんされたものを基礎といたしまして、これを検定するのであります。検定をりっぱにするために、いろいろ工夫はいたしましたが、どこどこまでも検定制度でございまし………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(27期)

25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第26回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言
 第27回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第28回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  0回発言      0文字発言

  27期通算  35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(27期)

25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
27期在籍の他の議員はこちら→27期衆議院統計 27期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22