清瀬一郎衆議院議員 28期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


衆議院本会議(28期)

25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第29回国会(特別:1958/06/10-1958/07/08)  0回発言      0文字発言
  第30回国会(臨時:1958/09/29-1958/12/07)  0回発言      0文字発言
  第31回国会(通常:1958/12/10-1959/05/02)  3回発言   6212文字発言
  第32回国会(臨時:1959/06/22-1959/07/03)  0回発言      0文字発言
  第33回国会(臨時:1959/10/26-1959/12/27)  0回発言      0文字発言
  第34回国会(通常:1959/12/29-1960/07/15) 29回発言  35745文字発言
  第35回国会(臨時:1960/07/18-1960/07/22)  2回発言  11659文字発言
  第36回国会(臨時:1960/10/17-1960/10/24)  2回発言   1064文字発言

       28期通算   (1958/05/22-1960/11/19) 36回発言  54680文字発言

本会議発言一覧

第31回国会 衆議院 本会議 第33号(1959/03/31、28期)

私は、ここに、自由民主党を代表いたしまして、憲法第九条の自衛権並びに安全保障条約の効力に関する二、三の質問を試みたいと存じます。憲法第九条の解釈としましては、わが国に自衛権を認めたものであるか、また、自衛のためには戦力が持てるのかどうか、この問題は吉田内閣以来、たびたびの国会で、すでに問題と相なって………会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第4号(1958/12/13、28期)

御推挙によりまして、しばらくこの席を汚します。諸君の御協力によりまして大過なきを期したいと存じております。よろしくお願いいたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 本会議 第4号(1958/12/13、28期)

先例によりまして、年長のゆえをもって議員一同を代表いたしまして、ただいま御当選に相なりました議長及び副議長に対しお祝いの言葉を申し上げ、また、前議長及び前副議長に対して謝辞を述べたいと存じます。(拍手)本日、加藤鐐五郎君が本院議長に、正木清君が本院副議長に当選いたされました。われわれ一同ここに衷心よ………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第3号(1960/02/01、28期)

本日、私は、諸君の御推挙により、衆議院議長の職につくことに相なりました。まことに光栄の至りでございます。感激にたえません。つきましては、諸君の御協力を得て、常に公平無私、国会の円満なる運営をはかる覚悟でございます。新しい年を迎え、複雑なる国際情勢のもとにおいて、わが国の繁栄を期し、世界平和の確立に寄………会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第4号(1960/02/02、28期)

これより会議を開きます。人事官任命につき同意を求めるの会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第5号(1960/02/03、28期)

これより会議を開きます。公職選挙法改正に関する調査をなすため委員二十五人よりなる特別委員会、科学技術振興の対策を樹立するため委員二十五人よりなる特別委員会、国土の総合開発について諸施策を樹立するため委員二十五人よりなる特別委員会を設置するの件(議長発議)会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第6号(1960/02/09、28期)

これより会議を開きます。日本国とアメリカ合衆国との間の会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第7号(1960/02/11、28期)

これより会議を開きます。外務委員長辞任の件会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第8号(1960/02/16、28期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第9号(1960/02/25、28期)

これより会議を開きます。日程第一 皇孫殿下御誕生につき天皇陛下並びに皇太子殿下に賀詞を差し上げるの件会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第10号(1960/03/03、28期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第11号(1960/03/04、28期)

これより会議を開きます。横浜体育館における集団惨事に関する緊急質問(安井吉典君提出)会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第12号(1960/03/15、28期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第13号(1960/03/18、28期)

これより会議を開きます。小牧飛行場における自衛隊機、全会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第15号(1960/03/25、28期)

これより会議を開きます。日程第一 治山治水緊急措置法案会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第16号(1960/03/29、28期)

これより会議を開きます。日程第一 地方税法の一部を改正する法律案(内閣提出)会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第17号(1960/03/30、28期)

これより会議を開きます。国土開発縦貫自動車道建設審議会委員の選挙会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第18号(1960/03/31、28期)

これより会議を開きます。日程第一 精神薄弱者福祉法案(内閣提出)会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第20号(1960/04/05、28期)

これより会議を開きます。三池炭鉱の就業妨害事件に関する会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第21号(1960/04/07、28期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第22号(1960/04/15、28期)

これより会議を開きます。議員小西寅松君逝去につき院議を会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第23号(1960/04/19、28期)

これより会議を開きます。案(馬場元治君外四十三名提会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第24号(1960/04/21、28期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第28号(1960/04/26、28期)

これより会議を開きます。科学技術庁設置法の一部を改正す会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第29号(1960/05/06、28期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第30号(1960/05/13、28期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第32号(1960/05/19、28期)

これより開会いたします。会期延長の件会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第33号(1960/05/20、28期)

これより会議を開きます。(拍手)日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約の締結について承認を求めるの件会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第35号(1960/05/27、28期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第36号(1960/06/14、28期)

これより本日の会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第38号(1960/06/17、28期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第34回国会 衆議院 本会議 第41号(1960/07/15、28期)

これより会議を開きます。……。会議録へ(外部リンク)

第35回国会 衆議院 本会議 第1号(1960/07/18、28期)

諸君、第三十五回国会は本日をもって召集せられました。これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第35回国会 衆議院 本会議 第5号(1960/07/22、28期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 衆議院 本会議 第1号(1960/10/17、28期)

諸君、第三十六回国会は本日をもって召集をせられました。これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第36回国会 衆議院 本会議 第2号(1960/10/18、28期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(28期)

25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第29回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
 第30回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   5681文字発言
 第31回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  0回発言      0文字発言
 第32回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第33回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

  28期通算  33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 33)  1回発言   5681文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文教委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  1回発言   5681文字発言

 懲罰委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第30回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1958/10/08、28期)

同僚自由民主党の委員を代表いたしまして、この法案の審議に必要な数点をお伺いします。質問に先だちて、一つ書類の提出を願っておきたいと思います。それは、この短期大学問題は、ここ数年間文部省でも、中央教育…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(28期)

25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
28期在籍の他の議員はこちら→28期衆議院統計 28期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22