水田三喜男衆議院議員 29期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


衆議院本会議(29期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第37回国会(特別:1960/12/05-1960/12/22)  2回発言   3461文字発言
  第38回国会(通常:1960/12/26-1961/06/08)  6回発言  14417文字発言
  第39回国会(臨時:1961/09/25-1961/10/31)  5回発言  12105文字発言
  第40回国会(通常:1961/12/09-1962/05/07)  7回発言  16340文字発言
  第41回国会(臨時:1962/08/04-1962/09/02)  0回発言      0文字発言
  第42回国会(臨時:1962/12/08-1962/12/23)  0回発言      0文字発言
  第43回国会(通常:1962/12/24-1963/07/06)  0回発言      0文字発言
  第44回国会(臨時:1963/10/15-1963/10/23)  0回発言      0文字発言

       29期通算   (1960/11/20-1963/11/20) 20回発言  46323文字発言

本会議発言一覧

第37回国会 衆議院 本会議 第6号(1960/12/12、29期)

ここに、昭和三十五年度補正予算を提出するにあたり、その概要を御説明いたします。私は、前国会におきまして、当面の経済情勢と今後の経済運営の目標について所信を明らかにいたしたのでありますが、幸いにして、わが国経済はその後も安定した基調の上に引き続き順調な拡大過程をたどっており、本年度の経済成長率は、年度………会議録へ(外部リンク)

第37回国会 衆議院 本会議 第7号(1960/12/13、29期)

今度の補正予算は、補正予算本来の性質に基づいた予算の補正でございまして、政府の実行したい施策を予算に盛ったという予算ではございません。当初予算がきまってから後に発生した事由によって年度内に補正することが必要であるという項目に限った予算でございますので、この点は御了解願いたいと思います。それから、給与………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第3号(1961/01/30、29期)

ここに、昭和三十六年度予算を堤出するにあたりまして、わが国財政経済政策に関する所信を申し述べ、あわせて、予算の大要を御説明いたします。わが国経済は、昭和三十三年秋上昇に転じまして以来、二年有余にわたり目ざましい発展を続けて参りましたが、今後におきましても、自由な通商のもとに、先進諸国に伍して日本経済………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第4号(1961/01/31、29期)

御質問にお答えします。まず、本年度の予算規模を画期的に大きくさせたことによりて、後年度の予算の弾力性を奪うことになりはせぬかという御質問でございましたが、本年度の予算規模は一兆九千五百億円でございまして、これを三十五年度の当初予算の一兆五千六百億に比べますと、確かに二割四分もふえたことになっておりま………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第8号(1961/02/21、29期)

財源についてのお尋ねでございましたが、二兆一千億円の計画の中で、道路公団と首都高速道路公団が分担する道路事業費は、五カ年間に四千五百億円であります。ですから、政府出資を除く以外は大部分借入金になるわけでございますので、今後年々数百億円の道路債――政府保証債を出すことになろうと思います。また、現に道路………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第9号(1961/02/23、29期)

農業基本法は今後の農政の向かうべき道を示すものでありますから、農業生産性の向上、農業構造の改善、農業生産の選択的拡大、農産物物価の安定というふうに、基本法の示しておる必要な施策については、財政事情と国民経済の関係を十分に考えて財政上の措置をとることはもちろんでございますが、農業問題におきましては、今………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第10号(1961/02/28、29期)

関税定率法の一部を改正する法律案、関税暫定措置法の一部を改正する法律案及び関税定率法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明いたします。現行の関税率体系は、昭和二十六年の全面改正以後、ほとんどこれを踏襲して現在に至っているのでありますが、この間、わが国の産業貿易構造は………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第16号(1961/03/14、29期)

国民年金特別会計法案につきまして、その法律案の趣旨を申し述べます。国民年金制度は、第三十一回国会において成立した国民年金法により創設されまして、そのうち、いわゆる経過的福祉年金につきましては、昭和三十四年十一月一日からその給付が行なわれており、さらに、いわゆる拠出制年金につきましては、本年四月一日か………会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 本会議 第3号(1961/09/28、29期)

一昨日、政府は、国際収支改善のための一連の総合的な政策を決定、実施することといたしました。また、九月十八日には、輸入担保率の引き上げを行ないました。これよりさき、すでに去る七月に、民間設備投資の繰り延べの要請と、公定歩合の引き上げが行なわれたのでありますが、なお逆調を続けております国際収支に対し、さ………会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 本会議 第5号(1961/09/30、29期)

中小企業に対する金融問題でございますが、行き過ぎた設備投資を少し押える必要が出てきているというための金融措置でございますので、この措置によって、中小企業にしわ寄せが特にこないようにという配慮を、私どもは十分しておるわけでございますが、一番心配なのは、中小企業の金融は、一般の市中金融機関からの金融が何………会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 本会議 第6号(1961/10/06、29期)

現行法規以外の特別法をいつ国会に提出するかという御質問でございましたが、次期国会に提出することを目途にただいま努力中でございます。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 本会議 第7号(1961/10/10、29期)

特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を申し述べます。政府は、今回人事院勧告に基づいて、昭和三十六年十月一日以降、一般職の職員の給与を改定することとし、別途法律案を提出して御審議を願うことといたしているのでありますが、これに伴いまして、従来より一般職の職員との均衡………会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 本会議 第16号(1961/10/27、29期)

今回の株式下落の特徴は、従来安定株主と見られておった法人筋の換金売りが直接の原因になっておりまして、一般の大衆投資家の不安動揺による投げ売りが見られないということが、今度の株価下落に見られる一つの特徴でございます。株式投資は、元来、長期の採算の上に立って行なわるべきものでございますので、従って、経済………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第5号(1962/01/19、29期)

本年は、国際収支の均衡を回復するという当面喫緊の課題にこたえるため、引き締め政策を堅持しつつ、経済の成長に伴い顕在化するに至った各面における不均衡の是正をはかり、長期にわたる国力発展の基礎を充実すべき年であります。顧みまするに、政府は、昨年半ばより国際収支改善のため、一連の政策を実施し、内需の抑制と………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第7号(1962/01/24、29期)

予算の規模の問題、財政投融資の問題については、もう総理からお答えがあったようでございます。財政が経済にどういう影響を与えるかという問題は、財政、予算の規模だけでこれを判断することはできないと思います。財政支出をどういう財源でまかなっておるかという健全性の問題、その内容、どういう点に重点的に支出される………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第9号(1962/02/06、29期)

所得税法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。御承知のように、政府は国民の税負担の現状に顧みまして、昭和三十六年度の税制改正に引き続く税制の体系的整備の一環として、昭和三十七年度において中小所得者の負担の軽減を主眼とする間接税及び所得税の減税と、国、地方団体を通ずる税源配………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第10号(1962/02/09、29期)

農業金融についての御質問でございましたが、農業資金は、他産業に比べて特に低利でなければならないという足鹿さんの御意見には、全く同感でございます。ところが、先ほど河野農林大臣が、抜本的な措置を考えたいというお話でございましたが、農林金融には抜本的な措置を考えるべき問題が非常に今多いと思います。たとえば………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第23号(1962/03/13、29期)

エネルギーに関する総合対策の観点から、今年度の予算編成におきましては、石油関税の引き上げ分に見合った額を、石炭対策の経費として強化するという方法をとりました。特定の関税収入を直ちに特定施策の目的税とするということはできないと思いますが、総合対策の観点から、今後もこの関税収入に見合ったものを、エネルギ………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第27号(1962/03/23、29期)

これまでのいきさつを説明するようにということでございましたので、一応御説明いたします。地方公務員の共済年金制度につきましては、御承知のように、昭和三十四年の二月に地方制度調査会から答申がございまして、それ以後関係省においてずっと検討を進めてきたところでございますが、大蔵省としましても、国家公務員に準………会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 本会議 第34号(1962/04/10、29期)

この法案と関係して資金の問題についての御質問がございましたが、昭和三十七年度の一般会計におきましては、中小企業振興資金等助成法に基づく設備近代化、工場等の集団化、共同施設の設置等のために、国庫補助額を昨年の三十億から本年度は約六割増の四十七億円に大幅に増額しました。そのために、国庫補助額と府県の負担………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(29期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第43回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第44回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  29期通算   3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 決算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(29期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22