長谷川峻衆議院議員 29期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(29期)

26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第37回国会(特別:1960/12/05-1960/12/22)  0回発言      0文字発言
  第38回国会(通常:1960/12/26-1961/06/08)  2回発言   6278文字発言
  第39回国会(臨時:1961/09/25-1961/10/31)  0回発言      0文字発言
  第40回国会(通常:1961/12/09-1962/05/07)  0回発言      0文字発言
  第41回国会(臨時:1962/08/04-1962/09/02)  0回発言      0文字発言
  第42回国会(臨時:1962/12/08-1962/12/23)  0回発言      0文字発言
  第43回国会(通常:1962/12/24-1963/07/06)  0回発言      0文字発言
  第44回国会(臨時:1963/10/15-1963/10/23)  0回発言      0文字発言

       29期通算   (1960/11/20-1963/11/20)  2回発言   6278文字発言

本会議発言一覧

第38回国会 衆議院 本会議 第17号(1961/03/17、29期)

私は、自由民主党を代表して、迫り来たる三十一日の公労協スト対策並びに官紀素乱に関し、政府の確たる所信をたださんとするものであります。(拍手)汽車がとまる、郵便がおくれる、だから就職や大学受験に間に合わぬ、電報がものの役に立たない、市外電話がさっぱり通じない、覆面のオルグ団が機関士に襲いかかっていく、………会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 本会議 第54号(1961/06/08、29期)

私は、提案者を代表して、趣旨弁明をいたします。去る六月三日、政防法の本会議開会に際し、計画的に議長席を占拠して議長の着席をはばみ、その職責の遂行を妨害し、議事進行を停滞せしめた社会党の暴力行為は、議院の品位をはなはだしく失墜し、議会の秩序を乱したもので、われらは断じて許すべからざるものであると思うも………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(29期)

26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第37回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言    290文字発言
 第38回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 17)  4回発言   1917文字発言
 第41回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第42回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  2回発言   8685文字発言
 第43回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員  7)  8回発言  21125文字発言
 第44回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  4)  1回発言     88文字発言

  29期通算  94回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 51 委員 43) 16回発言  32105文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  4)   7回発言  19368文字発言

法務委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  6)   0回発言      0文字発言

公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)   3回発言   6526文字発言

国際労働条約第87号等特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)   0回発言      0文字発言

議院運営委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)   4回発言   1917文字発言

社会労働委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)   0回発言      0文字発言

逓信委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   0回発言      0文字発言

オリンピック東京大会準備促進特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   1回発言   1428文字発言

外務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

科学技術振興対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   2866文字発言

建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

議院運営委員会理事(第38回国会)
法務委員会理事(第38回国会)
文教委員会理事(第42回国会)
文教委員会理事(第43回国会)
国際労働条約第87号等特別委員会理事(第43回国会)
文教委員会理事(第44回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第37回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1960/12/20、29期)

大臣に、私は、今社会党の委員からいろいろ技術的な問題が出たのですが、選挙法改正について、せんだって池田総理は、本会議の席上所信表明の中で、少なくとも、選挙は政策で争ったけれども、選挙法の改正については…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 議院運営委員会 第24号(1961/04/11、29期)

うちの方としても、ILOの特別委員会をお願いしようと思っておったが、特別委員会は絶対作らないのだというような話は、話し合いの中にあったとは考えられない。それからもう一つは、前段の方の国会正常化の問題…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 議院運営委員会 第25号(1961/04/12、29期)

今の下平君の、各党とも批准したいという気持がある、そこで土俵は問題にならぬという議論ですが、そうなれば、批准したいということが一つの前提で、土俵は問題じゃないというなら、私は、特別委員会によってやろう…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 議院運営委員会 第27号(1961/04/14、29期)

児玉さんの言われる労懇もの答申――答申といえば答申なんですが、それは実施しようとしまいと、政府の問題なんだが、そこでILOを批准しようとして、この労懇の答申によるところの国内法の整備あるいは労使の不介…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 議院運営委員会 第30号(1961/04/21、29期)

あなたの議論は、理屈としてはよくわかるのです。しかし、今度の場合、ILO条約批准という一つの共通の場がある、全部に反対という意味じゃなくして、そういう意味での、便宜論になるかもしれぬけれども、従来、特…会議録へ(外部リンク)

第42回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第2号(1962/12/22、29期)

ただいま中曽根委員から、南極再開に対する具体的な質問があり、それに対する科学技術庁あるいは文部省からの明瞭な御答弁をいただいたので、私は中曽根委員のおっしゃったように、先日、全米科学財団の招待で南極に…会議録へ(外部リンク)

第42回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1962/12/22、29期)

私は、先日全米科学財団の招聘によりまして、同僚中曽根君と一緒に南極大陸に行って参りました。それについて若干御報告申し上げながら文部当局に質問したいと思います。この際に私たちは地図と地球と太陽というふ…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 オリンピック東京大会準備促進特別委員会 第6号(1963/05/22、29期)

関連して。いま梶本観光局長からホテルの説明がありましたが、オリンピックにホテルが足りないのが非常に問題になっておる。せっかく外人が大勢来るであろうし、またこれをできるだけ受け入れをしようという気持ちに…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1963/05/29、29期)

私は今度の統一選挙を見て、ひとつこれは委員の皆さん方にもお考えおきを願いたいと思っていることがあります。それは、統一選挙の執行団体が三千二百十三というように行なわれ、しかもこれがことしで五回目の統一選…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1963/02/06、29期)

関連。先ほど同僚委員から私の名前を、南極観測再開について引き合いに出されたようでありますから、先日委員会がありましたが、わが党だけの委員しか出ておりませんので、この際にあわせて御報告方々御了解を得た…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1963/02/08、29期)

関連して……。それは非常に大事な問題だと思うのです。先ほどから主計官の答弁を聞いておりますと、調査会の答申を尊重されたとある。そして将来の負担の問題については、自分の方では四十年度以降は政府の方針とし…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1963/05/22、29期)

せっかく各行の局長が来ておりますから、関連してひとつ厚生省の児童局長に御質問しておきます。ということは、さっきも触れましたように、今日幼児の教育というのは非常にやかましくなってきた。しかし一方農村の…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1963/05/31、29期)

この際に文部大臣並びに文部省当局に御見解をお尋ねしたいと思います。明年のオリンピックを控えて、政府並びに国民一般もようやくオリンピック熱というものが盛り上がろうとしております。これは、オリンピックの…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 文教委員会 第24号(1963/06/12、29期)

通称認証官学長の法案が二月の二十七日にここで趣旨説明がありまして以来、いままでほかの法案の審議の関係から全然手がつかないでおったのでありますが、きょう私はこの法案について、若干の質疑を試みたいと思うも…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 文教委員会 第28号(1963/07/05、29期)

ただいま自由民主党、日本社会党、民主社会党の三党で提案いたしました学校教育法の一部聖改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容を御説明申し上げます。昭和二十五年短期大学が創設されましてから今日…会議録へ(外部リンク)

第44回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1963/10/17、29期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票によらないで、小泉純也君を委員長に推薦したいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(29期)

26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員
データ更新日:2019/02/20