坂田英一衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   1996文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言   1049文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  1回発言    952文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  3回発言   4731文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27) 10回発言  30756文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  2回発言   6811文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28) 18回発言  46295文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第32号(1964/05/29、30期)

ただいま議題となりました両案について、委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、内閣提出、漁業災害補償法案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 本会議 第40号(1965/04/30、30期)

ただいま議題となりました二案について農林水産委員会における審査の経過及び結果について御報告いたします。まず、内閣提出、農地管理事業団法案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 本会議 第4号(1965/08/03、30期)

農業の近代化等については総理からお答え申し上げておりますので、それ以上述べるということになりますと、たいへん長くなりますから、省略いたします。ただ一つ申し上げたいことは、農業基本法にのっとりまして、それぞれ施策を講じておることは御存じのとおりであります。ただ、これに基づいて構造改善をやっておりますが………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第5号(1965/10/16、30期)

農業の生産性が非常に悪い、伸びないというお問いでありますが、全く、農業と非農業との生産性及び所得の格差は、非農業部面の成長が著しいこともあって、現在かなりの開きがあり、かつ、基調として格差が改善される傾向にあるとは言いがたい状況にございます。ただし、農業の場合にはこれを一時に直すことが非常に容易でな………会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第7号(1965/10/21、30期)

日本国と大韓民国との間の漁業に関する協定の実施に伴う同協定第一条1の漁業に関する水域の設定に関する法律案について、その趣旨を御説明いたします。まず、提案理由について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第8号(1965/11/05、30期)

今回の事故に際しまして、遭難船主に対する漁船保険金の早期支払いにつとめまして、すでに十月二十五日に支払いを完了いたしております。なお、民間保険につきましては、十月二十一日、二十二日に支払い済みでございます。また、代船建造に必要な資金につきましては、農林漁業金融公庫による災害利率六分五厘による融資を行………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第13号(1966/02/02、30期)

お答えいたします。農産物に対する需要の増大に対して、たいへん減ってきた、食糧の需給と生産の長期見通しに反しておるというような御質問でありますが、政府といたしましては、これらに対して別に政策を変えておるわけでないので、一貫しておるのでございまして、生産性を向上しつつ、その生産の増大につとめておることは………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第14号(1966/02/08、30期)

今回の犠牲者に対しまして、心からお祈り申し上げると同時に、また、御遺族に対しましては、ほんとうにお悔やみ申し上げる次第でございます。私に対する御質問は富里地区の問題でございますが、富里地区は、蔬菜、落花生等の畑作を主として、経営規模も大きく、安定した裕福な農村地帯でございます。今回の新国際空港設置の………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第20号(1966/03/01、30期)

先般国会に提出いたしました昭和四十年度農業の動向に関する年次報告及び昭和四十一年度において講じようとする農業施策につきまして、その概要を御説明申し上げます。申すまでもなく、これらの報告及び文書は、農業基本法に基づいて政府が国会に提出いたすものであります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第24号(1966/03/08、30期)

先般政府は、林業基本法第九条の規定に基づきまして、昭和四十年度林業の動向に関する年次報告及び昭和四十一年度において講じようとする林業施策を国会に提出いたしましたが、以下、その概要を御説明いたします。第一に、最近における林産物の需給、林業経営の態様等、林業の動向について、特に三十九年以降を中心といたし………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第28号(1966/03/17、30期)

先般、国会に提出いたしました昭和四十年度漁業の動向等に関する年次報告及び昭和四十一年度において沿岸漁業等について講じようとする施策につきまして、その概要を御説明いたします。これらの報告及び文書は、沿岸漁業等振興法第七条の規定に基づいて政府が毎年国会に提出いたすものであります。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第30号(1966/03/22、30期)

入会林野等に係る権利関係の近代化の助長に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。わが国の農山村におきましては、古くから入会林野等の利用が行なわれてきたのでありますが、今日なお、その面積は二百万ヘクタールをこえ、全国の民有林野面積の一三%に及んでいるのであります。これらの林野の利用状況………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第33号(1966/03/29、30期)

農地管理事業団法案について、その趣旨を御説明します。農業生産を維持増大して国民食糧の安定的な供給を確保するとともに、農業と他産業との間における所得及び生活水準の格差の是正をはかることが農政の基本であると考えます。そのためには、零細な兼業農家を含め農家全体を対象として農業生産を振興し、その所得を高める………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第42号(1966/04/19、30期)

野菜生産出荷安定法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。最近における国民所得の増大に伴う国民の食生活の向上により、野菜に対する需要は増大を続けておりますが、野菜生産の現状は天候に支配せられるところが大きい上、その生産及び出荷体制が必ずしも十分に整備されていない等のため、野菜農業の健全なる発展………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第48号(1966/05/10、30期)

岡本議員にお答え申し上げることは農地との関係の部面であると思います。この土地を計画的に有効に利用する上において、本法案の適切なる実行に待つよりほかにないと思うのでございまするが、ただ、農耕地の中に無計画に虫食いのように住宅が建てられるということになりますと、土地の価格にも影響し、あるいは用排水等にも………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第1号(1965/12/20、30期)

竹島の専管水域に関する問題につきましては、先ほど総理並びに外務大臣からお答え申し上げたとおりでございますから、私からの答弁は省略さしていただきます。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第4号(1966/07/14、30期)

ただいま総理大臣から、大体全部の点を御答弁になったようでありますが、なお私からも追加して申し上げたいと思うのであります。まず第一には、この米価審議会において答申を得なかったということは、農林大臣の責任ではないかという問題でございます。もちろん、米価審議会において答申のなかったのは今度初めてでございま………会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第5号(1966/07/22、30期)

私に御質問のありました天災融資法の適用の点でございますが、これは早く調査をいたしまして、でき得る限り早く天災融資法の発動ができるようにいたしたいと、かように存じておる次第であります。それから、これに関連いたしまして、借りかえ措置がどうなるかという問題でございますが、借りかえ措置ができることになってお………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 79回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 61 委員 18)  1回発言    882文字発言
 第47回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第48回国会 48回出席(長  0 代理理事13 代理 0 理事 27 委員  8)  0回発言      0文字発言

  30期通算 133回出席(長  0 代理理事13 代理 0 理事 92 委員 28)  1回発言    882文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
           105回出席(長  0 代理理事13 代理 0 理事 92 委員  0)  1回発言    882文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  0回発言      0文字発言

 災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 農林水産委員会理事(第46回国会)
 農林水産委員会理事(第47回国会)
 農林水産委員会理事(第48回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第21号(1964/03/17、30期)

農林漁業金融公庫法の一部を改正する法律案に関する附帯決議について、自由民主党、日本社会党、民主社会党の三党共同による附帯決議の提案をいたしたいと存じます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22