西村関一衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言   4498文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  1回発言   2998文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言   5046文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  3回発言  12542文字発言

本会議発言一覧

第48回国会 衆議院 本会議 第8号(1965/02/16、30期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま趣旨説明のありました国際連合憲章の改正の批准について承認を求めるの件に対し、またこれに関連して、政府に対し次の五つの点につき質問をしようとするものであります。質問の第一は、今回の改正の意義についてであります。会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 本会議 第9号(1965/11/09、30期)

外務大臣椎名悦三郎君は、去る二月二十三日、第四十八回国会本会議において不信任決議案を出され、たとえ否決されたとはいえ、これを可とする者百四十八名から痛烈な批判を受けたのであります。いままた再度外務大臣不信任決議案を今国会に上程されるに至ったことは、椎名悦三郎君のためにまことに遺憾と思うところでありま………会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第41号(1966/04/15、30期)

私は、ただいま趣旨説明のありましたアジア開発銀行協定につき、日本社会党を代表し、総理並びに関係各大臣に、以下若干の質問を行なおうとするものであります。(拍手)まず第一は、わが国外交の基本方針についてであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 67) 12回発言 106996文字発言
 第47回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第48回国会 48回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 48) 15回発言  82894文字発言
 第49回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   4710文字発言
 第50回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言    633文字発言
 第51回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 26) 17回発言  70115文字発言
 第52回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2249文字発言
 第53回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  30期通算 178回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員157) 47回発言 267597文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 64)  5回発言  53652文字発言

 議院運営委員会
            60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 60)  9回発言   6072文字発言

 外務委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 19) 24回発言 147979文字発言

 建設委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  5回発言  40601文字発言

 災害対策特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   4710文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  1回発言   7626文字発言

 内閣委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   5117文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1840文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 科学技術振興対策特別委員会理事(第45回国会)
 外務委員会理事(第51回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第20号(1964/09/09、30期)

原子力の平和利用につきましては、われわれも政府の方針を支持いたしまして、原子力基本法の精神に基づいて協力をいたしてまいったのでございます。過般の原子力船開発事業団法案の審議にあたりましても、この見地か…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第20号(1964/04/10、30期)

河川法の審議にあたりまして、一般的な立場からの審議は、建設委員プロパーの方がなさることでございますから、私は主として農業の面から見ました新河川法案の問題点について、若干の質問をしてみたいと思うのでござ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第21号(1964/04/14、30期)

ただいま、谷口参考人から、滋賀県知事としてのお立場からの御意見の開陳がございましたが、二、三の点についてお伺いをいたしたいと思います。一つは、秒間二十トンの水を、別の水路もしくはパイプによって、下流…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第22号(1964/04/15、30期)

政務次官が途中から退席せられるそうでございますから、冒頭に政務次官にお伺いをいたしたいと思います。本法案につきましては、いままでも審議が続けられておるのでございます。前国会においても問題になったとこ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第35号(1964/06/05、30期)

私は、本日、大所高所から大臣に質問したいと思っておりましたが、大臣がお帰りになりましたので、次の機会に大臣に質問をいたすことを保留させていただきたい。委員長におかれましても、また理事会におかれましても…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第37号(1964/06/12、30期)

いままで、問題点について、また法律論の立場から、各委員からの質疑が続けられてまいりましたし、また、大臣及び政府委員等におかれましても、それぞれ熱心な答弁がございましたから、一応問題点の把握について、ま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 内閣委員会 第38号(1964/05/28、30期)

二、三の点について、主として大臣にお伺いをいたします。第一は、植物ウイルス研究所の新設に関してでございます。第四十三国会におきまして、農林水産委員会における湯山質員に対して、政府委員からの答弁がなさ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第2号(1964/02/06、30期)

ただいま同僚湯山委員からるる質問があり、大臣の御答弁があったわけです。本第四十六回通常国会においても、本委員会におきまして農林大臣から所信の表明がございました。その所信表明につきまして、若干の質問をい…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号(1964/02/20、30期)

戦時中から戦後を通じまして、植林伐採の不均衡は、膨大な造林未済地を残しまして、二十三年度には百十六万町歩に及んだのであります。このような山林の荒廃が、多くの災害を引き起こすところの原因ともなったのでご…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第40号(1964/04/22、30期)

土地改良法の改正案につきまして、審議が続けられておるのでございますが、農業基本法の趣旨に即応いたしまして、社会的、経済的な諸条件の変化に適応するために、改良事業がより効果をあげ、事業の円滑化をはかって…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第44号(1964/05/07、30期)

食料品総合小売市場管理会法案の提案理由の説明を伺いまして、本法案がねらいといたしておりますものは、近年食料品の消費者物価が非常に上がってきておる、特に野菜、果実、魚介等の生鮮食料品の値上がりがはなはだ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第61号(1964/06/17、30期)

まず第一の質問は、林業生産の増大化をはかってまいりますために、林業経営の共同化を推進していかなければならないという問題があると思うのでございます。林野庁の林業構造改善事業の構想は、二十ヘクタール以上の…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1965/02/15、30期)

私は、一月四日に出発をいたしまして、二十五日間南北ベトナム、ラオス、カンボジアを旅行してまいり、主観をまじえないで客観的に現地の状態をつぶさに視察をし、また、いろいろな事実に基づいて私なりのベトナム問…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1965/03/05、30期)

二月以降アメリカ空軍並びに南ベトナムの空軍が四回にわたって北ベトナム民主共和国の領内を爆撃いたしております。また、伝えられるところによりますと、ラオスにも侵入をしている、こういうことでございますが、こ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1965/03/10、30期)

ベトナム情勢がいよいよ緊迫化いたしてまいりまして、去る八日にはアメリカの海兵隊が二個大隊ダナンに上陸をしたというようなこともあり、北ベトナム及びラオスに対するアメリカの爆撃もその数を増してきておるとい…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1965/03/12、30期)

ただいま本委員会において議題となっておりまする案件につきまして、私は党を代表して去る二月十六日の本会議において政府に質問を試みたのでございます。質問の要旨は次の五つの点からなっております。第一、今回…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1965/04/02、30期)

外務大臣にお尋ねをいたしますが、先般の本委員会におきまして、ベトナム戦争をどのようにして終結させるか、またこれに対する日本としての役割りは何であるかということについてお尋ねいたしましたところが、そのこ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1965/04/07、30期)

ただいま外務大臣が本委員会に進んで発言を求められまして、過般の日韓交渉について自画自賛的な発言をせられました。また菊池委員からもこれを高く評価する意味の発言がありましたが、われわれ野党側といたしまして…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1965/04/14、30期)

先ほどからの同僚委員からの質問に対する外務大臣の答弁を伺っておりまして、私はなるべく政府の立場を理解しようという気持ちで伺っておりましたが、どんなにひいき目に考えましても納得ができません。この重大な危…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1965/04/23、30期)

私も、本日の三名の参考人の皆さま方のお話を伺いまして、非常に参考になり、教えられるところが多かったことを感謝しているものであります。そこで、時間もございませんので、三点ばかりそれぞれお三人の参考人の…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1965/04/28、30期)

外務大臣にお尋ねをいたしますが、去る二十七日、昨日の参議院外務委員会におきまして、外務大臣は、アメリカの北ベトナム爆撃の理由は当然であるというお答えをなすっておられるのであります。これは、従来から日本…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1965/05/07、30期)

去る二月八日ガット規約の改正が行なわれまして、同時に今後南北問題の解決の具体策を検討いたします貿易開発委員会が発足いたしましたことは、ガットの十八年の歴史の中におきまして画期的な意義を持つものであると…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1965/05/12、30期)

ベトナム戦争はますます苛烈かつ危険な状態に突入いたしているのでございますが、本日の新聞によりますと、南ベトナム軍の将兵が沖縄でゲリラ訓練を受けておるということが報道せられております。これは、沖縄の人た…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1965/05/19、30期)

質問を始めます前にまず委員長に一言感謝をいたします。本委員会におきましては条約案件も全部審議が終わりまして、しかも本日は会期末のかなりきびしい情勢の中に本委員会を開いていただき、質問をする機会を与えら…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 議院運営委員会 第32号(1965/04/09、30期)

私、議運の新米なので、よくわからないのですけれども、理事会できめて、やるということになっているのに、なぜおくれておるのか。しかもきょう返事をするという約束でありますのに、いま小平理事のお話では、来週の…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1965/04/15、30期)

どういう目的で、どこへ行くのですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 議院運営委員会 第47号(1965/06/01、30期)

これは昭和二十九年から今日まで、申し合わせの末尾にありますような「趣旨に明らかに反した場合」というのがあったでしょうか、なかったでしょうか。もしあったとすれば、どういうふうに取り扱われたか。これが、た…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第7号(1965/10/04、30期)

今回の災害にあたりまして、政府、衆参両院から、それぞれ被災地に調査団が派遣せられまして、私もその一員として近畿の一部を回ったのでございます。その実情につきましては、すでにそれぞれの団長からも報告があり…会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1965/10/05、30期)

私は、議運については経験の浅い者であります。しかし、この第五十国会が召集されてまだ会期もきまらない、まだ発足もしないという現状で、いまここで議運が開かれておるわけです。それに対して、問題の争点は、やは…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1966/02/18、30期)

先ほど来穂積委員の質問に対して、主として外務大臣がお答えになったのでございますが、私は、ベトナム戦争の終結について日本政府がとるべき態度、方策、抱負経綸というものが、初めて開かれましたこの外務委員会に…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1966/03/23、30期)

私は海外に出張いたしておりまして昨晩帰ってまいりましたので、田原委員の質疑応答についても十分よく検討いたしておりませんが、ただいま戸叶委員からの御質疑もあり、御答弁も承ったのでありますが、若干問題と感…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1966/03/30、30期)

かねて社会党が招いております中国の外交学会から派遣予定されておりまする代表団の入国につきまして、社会党が代理申請をいたしておったのでありますが、昨日、政府は拒否の方針を決定したという通告をなさったので…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1966/04/13、30期)

ただいま戸叶委員から詳細にわたって質問がございましたから、私は一点だけお伺いをいたしたいと思います。大体この協定の趣旨は、生産国を保護するということが主たる目的のようでございます。また消費国において…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1966/04/15、30期)

去る三十日の本委員会におきまして、日本に亡命を要請しております金九氏暗殺首謀者と称しております金志雄の問題について質疑を行なったのでございます。その事実を法務省当局は認められたのでございますが、私がこ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1966/04/22、30期)

ただいま戸叶委員から大事な点について触れられたのでありますが、われわれといたしましても、この条約並びに議定書の承認を求めておられます趣旨、理由につきましては、大筋のところにおいてはわかるのでございます…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1966/04/26、30期)

同僚の穂積委員その他の方々からの質問で大体われわれがお伺いしたいと思いますことは一通り尽きておると思いますので、私は一、二の事柄についてお伺いをしてみたいと思います。まず松尾参考人にお伺いをいたしま…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1966/05/13、30期)

三点ばかりお伺いをいたしたいと思います。まず最初に、去る九日の夜、中国が第三回目の核実験を行なったのでございます。このことにつきまして政府はどのような見解をお持ちでございますか。きょうの新聞の報ずる…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1966/05/25、30期)

アジア開発銀行の質問に入ります前に、午前中の原潜寄港に対する戸叶、帆足両委員の質問に対する外務大臣の御答弁が私は意に満たないところがありましたので、この点やはりアジアの問題に非常に関係がございますから…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1966/06/01、30期)

先ほど自民党の同僚の議員から、原子力潜水艦の寄港の問題について質問がございましたが、大臣は終始潜水艦の推進力を重油等から原子力に切りかえておるだけであって、何ら問題はないというようなことを言っていらっ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1966/06/22、30期)

関連して。――この協定が締結されまして両国間の経済的、文化的交流がより便宜を受け伸展するという点につきましては、われわれとしても何らこれに異論を差しはさむものではございません。ただこの際、一、二のこと…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1966/06/24、30期)

ただいま与党の菊池委員から、ベトナム戦争終結に対する日本政府のとるべき態度について、かなり突っ込んだ質問がありまして、その点においては私もきわめて同感を覚えるのであります。そのやりとりの中におきまして…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1965/12/25、30期)

私もソビエトから招かれておったけれども、議運の委員であることから、まずそれは受けるべきでないというのでやめたのですが、こういうことが例になると、この聞きめたことが何にもならぬことになってしまう。いま中…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 議院運営委員会 第8号(1966/02/08、30期)

参議院の秘書のピストル事件に関しまして、秘書の適正化、議員活動の半身ともいうべき秘書の取り扱いについては、世論も非常に高まっている際であります。理事会においては、この問題について衆議院としての態度をど…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 議院運営委員会 第40号(1966/05/17、30期)

わがほうの理事諸君からの話によりますと、四十日が三十五日と三十三日、なお三十四日というところまでいったけれども、三十四日は困るということで御破算になったということでありますが、委員長、どうなんですか。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 議院運営委員会 第43号(1966/05/31、30期)

私は、いろいろな機関を利用して宜伝をするということはけっこうだと思います。それは党としてやるべきことなんであって、代議士個人がそれぞれかってな企画で、売らんかなというような状態でやるということは、これ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1966/04/14、30期)

いま新潟の知事選挙のことが問題になっておりますが、私のところに四月五日付で投書が参っております。私はこういうものを本委員会で発表することをはなはだ残念に思うものであります。日本の検察当局は、国民の信頼…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 議院運営委員会 第8号(1966/11/11、30期)

いま野党側の委員の皆さんから出ておる意見で大体尽きておると思う。特に中嶋、安宅両社会党の理事の発言で、意のあるところは十分尽きておると思う。官房長官の御答弁につきましては、われわれはまだ納得がいってな…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22