綾部健太郎衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  1回発言   1773文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  6回発言   4672文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  4回発言   3390文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  1回発言    167文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28) 12回発言  10002文字発言

本会議発言一覧

第45回国会 衆議院 本会議 第7号(1963/12/11、30期)

東海道本線鶴見列車事故について御報告を申し上げます。昭和三十八年十一月九日二十一時五十一分、東海道本線鶴見−横浜間におきまして、下り貨物列車の後部三両が脱線し、これにおりから進行してきた上り横須賀線電車が衝突脱線し、さらにこの電車が下り横須賀線電車に衝突する事故が発生し、百六十一名の死亡者と百十九名………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第5号(1964/01/24、30期)

お答えいたします。国鉄の運行は、安全、迅速、正確を旨としてやっておるのでございますが、近時、事故の起こりますことは、私の最も遺憾とするところでございます。本年におきましては、保安対策に重点を置きまして、力を入れまして、五カ年計画のたしか六百七十四億円のうち、三十九年度の予算において二百七億円を計上い………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第6号(1964/02/11、30期)

お答えいたします。私に質問が二つございました。海運業の再建に関しまして、OECDに加入することによって困りはしないかという御質問でございましたが、大蔵大臣が先ほど説明いたしましたように、海運業再建につきまして影響絶無とは申しませんが、それよりも、OECDに加盟することによりまして、日本の縛る利益が大………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第23号(1964/04/10、30期)

お答え申し上げます。私は、この想像し得られないようなゼネスト的のストライキが行なわれた場合の処分につきまして申し上げますが、その以前に、このストが行なわれましたならば、いかなる損害、いかなる迷惑を国民に与うるかということを、運輸省関係の職場につきまして御報告し、かような事態が起こるからして、それに参………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第24号(1964/04/16、30期)

私、運輸省の観光局におきますことにつきましては、大体勝沢さんが御指摘になったようなことは、全部やらんとしておるところのことでありまして、非常にいい御示唆を得まして、その線に沿ってやっていきたいと思います。なお、本年度、運輸省で、いま各大臣がお答えになった以外にやったことは、海外の宣伝の事務所を増設し………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第29号(1964/05/12、30期)

気象観測について、今次の凍霜害に関しまして遺憾の点があったのではないかという御質疑でございましたが、私どもといたしまして、気象庁といたしましては最善を尽くしたつもりでございます。ただ御質町のうち、福島観測所のことにつきましてお話がございましたが、学問的に申し上げましてあの気象観測所がどうこうというこ………会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 本会議 第38号(1964/06/19、30期)

お答えいたします。地震を予知することは、現在の地震に関する学術、技術水準では不可能であります、したがって、気象庁の業務といたしましては、地震の発生に関する予警報を発することは行なっておらないのであります。しかしながら、地震に原因する津波については、技術上すでに予知が可能になっておるので、今回の地震に………会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 本会議 第2号(1966/12/03、30期)

諸君の御推挙により、私は、衆議院議長の重職につくことに相なりました。まことに光栄の至りに存じます。私は、誠意を尽くして事に当たり、公正を旨として、議院の円満な運営をはかり、ますます国会の権威を高めるために最善の努力をいたす所存であります。会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 本会議 第3号(1966/12/15、30期)

これより会議を開きます。日程第一 議院運営委員長の選挙会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 本会議 第5号(1966/12/19、30期)

これより会議を開きす。会議録へ(外部リンク)

第53回国会 衆議院 本会議 第6号(1966/12/20、30期)

これより会議を開きます。旧勲章年金受給者に関する特別措置法案(第会議録へ(外部リンク)

第54回国会 衆議院 本会議 第1号(1966/12/27、30期)

諸君、第五十四回国会は本日をもって召集せられました。これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第48回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  0回発言      0文字発言
 第49回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第51回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  0回発言      0文字発言
 第52回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

  30期通算  46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 46)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 逓信委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22