玉置一徳衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(30期)

29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  1回発言   2403文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  0回発言      0文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  0回発言      0文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  1回発言   7808文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  2回発言  10211文字発言

本会議発言一覧

第46回国会 衆議院 本会議 第6号(1964/02/11、30期)

私は、民社党を代表いたしまして、政府提出にかかります昭和三十八年度予算第三次補正の三案につきまして、反対の趣旨を明らかにしたいと思います。御承知のとおり、前回の補正は、主として公務員給与の引き上げ、食管会計と農業共済会計への繰り入れ、災害復旧費の追加、並びに国鉄と電電公社に対する追加融資等、政策的な………会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 本会議 第4号(1966/07/14、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、経済、外交、政治姿勢の三点にわたり、佐藤内閣の施策をたださんとするものであります。まず、第一に、当面するわが国経済の問題について質問を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第45回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第46回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45)  8回発言  20509文字発言
 第47回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言  16411文字発言
 第48回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  1回発言   3347文字発言
 第49回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
 第50回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言    687文字発言
 第51回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37)  7回発言  42724文字発言
 第52回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   6508文字発言

  30期通算 130回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員130) 19回発言  90186文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

建設委員会
            50回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 50)   4回発言   5083文字発言

農林水産委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)   8回発言  36667文字発言

物価問題等に関する特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)   0回発言      0文字発言

日本国と大韓民国との間の条約及び協定等に関する特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   0回発言      0文字発言

議院運営委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)   1回発言    687文字発言

予算委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)   4回発言  44878文字発言

決算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   0回発言      0文字発言

法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

災害対策特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

運輸委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   2回発言   2871文字発言

商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

産業公害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

石炭対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第46回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1964/02/11、30期)

ただいま議題となっております日本鉄道建設公団法でありますが、昭和三十七年五月三十一日に鉄道建設審議会におきまして建議されました問題をもとにいたしまして、今般政府から提案されたわけでありますが、ただいま…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1964/03/11、30期)

まず案文を朗読いたします。産業労働者住宅資金融通法等の一部会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第17号(1964/04/01、30期)

近畿圏整備本部の発足以来の経過、及び今後の事務処理の見通しにつきましては、ただいま岡本委員の御質問に対してお答えになったのであります。そこで、とりあえず三、四名で仕事をいたします大阪事務所を設置される…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 建設委員会 第29号(1964/05/15、30期)

時間がありませんので、簡潔に御質問申し上げたいと思います。国土開発縦貫自動車道建設法の一部改正を提案されておるわけであります。そうして中央自動車道の予定路線の変更と東北、中国、九州及び北陸自動車道の…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第33号(1964/04/08、30期)

芳賀委員から非常に詳しく御質問がございましたので、重複を避けまして、簡単に御質疑を申し上げます。そこで、前の三十三年三月の、農林漁業団体職員共済組合法ができましたときの附帯決議でございますが、「本法…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第55号(1964/06/05、30期)

一つ二つ、参考にお伺いしておきたいと思います。一つは、林野がはたして林業基本法にいうごとく、経営的に民間で小数の面積でやりまして、経営が成り立ち得るものかどうかということは、非常にむずかしい問題だと…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 農林水産委員会 第56号(1964/06/09、30期)

時間がまいりましたので、一言だけお伺いしまして、責任を果たしたいと思います。森林基本法といい、林業基本法といい、一番問題は、やはり国土保全と日本の森林の総生産を上げるということと、あわせて個々の持ち…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1964/02/28、30期)

ただいまの航空事故に関連いたしまして、一言運輸大臣にお伺いをいたしたいと思います。先ほどお話がございましたが、一九四八年、十六年前のかような古い飛行機をどこでも使っておるのかどうか、日本航空、全日空…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1964/12/04、30期)

佐藤外務大臣臨時代理に御質問をいたします。総理は、去る十一月二十一日の就任初の所信表明におきまして、自主外交を展開し、世界の福祉の向上に貢献することをわが国外交の基本姿勢にしたい、こういうように表明…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1965/03/03、30期)

私は、民主社会党を代表いたしまして、政府提案にかかります昭和四十年度予算三案につきまして、政府がこれを撤回し、以下私が述べる趣旨にのっとり、すみやかに組み替えを行ない、再提出されるよう要求する動議を提…会議録へ(外部リンク)

第50回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1965/10/14、30期)

一つお願いだけ官房長官にしておきます。公務員給与その他につきまして、財源その他で非常に御苦労いただいておることはよくわかりますけれども、いまの御発言では、補正予算は十一月の中旬ごろになるのではないか…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1966/02/05、30期)

今回の全日空の航空事故につきまして、御遭難されました方々並びに御遺族の方々に、党を代表いたしまして、私は心から弔慰を表したいと思います。そこで、簡単にこの際、わが国の航空行政につきまして、中村運輸大…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1965/12/24、30期)

古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法案が関係者の皆さんの非常な御努力と国会の皆さんの御協力、御援助で、この年末多忙な中をどうやら成立を見るような運びに至りましたことを心から御礼を申し上げたい…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1966/02/23、30期)

時間の関係もございますので、簡潔に質問をしていきたいと思います。まず第一に、農業基本法成立以来の農家の構造でありますが、一体きょうまでどうなっておるか。それは農業基本法の制定当時に想定したような推移…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 農林水産委員会 第36号(1966/05/12、30期)

農林漁業団体職員共済組合法等の一部改正につきまして、大体質疑も尽くされておると思いますけれども、党といたしましても、重要な問題でありますので、簡潔に政府に御質問をしておきたいと思います。私たちは、去…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 農林水産委員会 第40号(1966/05/26、30期)

私は、民社党を代表いたしまして、政府提案にかかる農地管理事業団法案並びに自民党、民社党共同提案にかかる修正法案に対する賛成討論をいたしたいと思います。農業基本法ができましてから六年を経過いたしますが…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 農林水産委員会 第45号(1966/06/08、30期)

野菜生産出荷安定法案につきまして御質問申し上げたいと思います。本法案は、消費者の物価対策が大きな政治社会問題となっている現状のもとで、消費者物価上昇に大きな寄与率を持つ野菜の生産、出荷安定対策を積極…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1965/12/23、30期)

私は、民社党を代表いたしまして、今回の補正予算に関連いたしまして、政府の海運政策、船員政策並びに日韓国交正常化を真に意義あらしめるために、政府の外交姿勢、ことに今後のアジアの外交姿勢につきまして、質問…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 農林水産委員会 第6号(1966/10/19、30期)

先般来、農林大臣が大臣就任につきましていろいろと新聞その他にお語りになっております問題について、この際、当委員会で内容を明らかにしていただきたいと思います。お互いにあげ足取りでもございませんので、率直…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 30期(1963/11/21〜)  2本提出

質問主意書一覧

遺族年金の支給要件緩和に関する質問主意書
第46回国会 衆議院 質問主意書 第10号(1964/06/26提出、30期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

河床低下に伴う農業利水の確保のための施設に関する質問主意書
第46回国会 衆議院 質問主意書 第11号(1964/06/26提出、30期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12