小川三男衆議院議員 30期国会活動まとめ



在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


衆議院本会議(30期)

30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第45回国会(特別:1963/12/04-1963/12/18)  0回発言      0文字発言
  第46回国会(通常:1963/12/20-1964/06/26)  0回発言      0文字発言
  第47回国会(臨時:1964/11/09-1964/12/18)  0回発言      0文字発言
  第48回国会(通常:1964/12/21-1965/06/01)  1回発言   2936文字発言
  第49回国会(臨時:1965/07/22-1965/08/11)  0回発言      0文字発言
  第50回国会(臨時:1965/10/05-1965/12/13)  0回発言      0文字発言
  第51回国会(通常:1965/12/20-1966/06/27)  1回発言   2799文字発言
  第52回国会(臨時:1966/07/11-1966/07/30)  0回発言      0文字発言
  第53回国会(臨時:1966/11/30-1966/12/20)  0回発言      0文字発言
  第54回国会(通常:1966/12/27-1966/12/27)  0回発言      0文字発言

       30期通算   (1963/11/21-1967/01/28)  2回発言   5735文字発言

本会議発言一覧

第48回国会 衆議院 本会議 第14号(1965/03/05、30期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま提案されました新東京国際空港公団法案について、首相並びに関係閣僚の所信をただしたいと存じます。(拍手)まず第一に、私は、政府の交通政策並びに航空政策の基本について質問いたします。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 本会議 第18号(1966/02/22、30期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま上程されました国鉄運賃法の一部を改正する法律案に反対の討論を行ないます。(拍手)まず第一に、政府・自民党は、財政法第三条及び財政法第三条に関する特例法が国鉄と郵便の料金決定を国会にゆだねている重大な使命と、その責任をみずから放棄している点を追及しなければなりません………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(30期)

30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第48回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  6回発言  21225文字発言
 第49回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言   5861文字発言
 第51回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29)  3回発言  20396文字発言
 第52回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   9666文字発言

  30期通算  71回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 71) 13回発言  57148文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            66回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 66)  9回発言  29421文字発言

 建設委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   9306文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   7134文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  11287文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1965/02/09、30期)

昨年十二月の十一日の参議院の予算委員会で、加瀬委員から計数をあげて各省にわたって詳細な質疑が行なわれておりますので、私はそれと重複を避けて、大要について伺っておきます。その前に航空審議会の答申案はす…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1965/04/02、30期)

大臣も不在でありますし、関谷先生と重複する点がありますので、これを整理してまいります。資料だけ用意してもらいたいのです。それは、羽田、大阪両空港のバランスシート、最近のものです。それと、公団設立後、公…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第20号(1965/04/08、30期)

最初に運輸大臣にお伺いしますが、もちろん、大臣は東京上空の管制図などをごらんになられたと思いますけれども、空港の使用している空域に比較して、横田基地を中心にする東京西北部の上空は、ほとんど米軍に専用さ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1965/04/14、30期)

航空審議会の平山委員長にお伺いしたいのですが、航空審議会の審議会自体はいまもなお解散することなく開催されておるわけですか。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 運輸委員会 第28号(1965/04/30、30期)

日本社会党を代表して反対討論を行ないます。本国会に提出されました新東京国際空港公団法案の審議は、本委員会において数回にわたって行なってまいりましたが、それを通じて特徴的にあらわれているのは、第一に、…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 建設委員会 第18号(1965/05/18、30期)

首都圏整備は、工業団地の造成等大きな問題でありますが、これに関連しまして、東京都の水を確保する、あるいは工業用水を確保する上に、利根水系の大きな整備が行なわれなければならないはずであります。その中で、…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1965/08/19、30期)

大臣、お疲れでしょうから簡単にいたしますが、日本政府ではいまもって発表しておりませんが、アメリカとの間の輸送力増強に関する合意議事録を発表してもらうことはできませんか。会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1965/08/11、30期)

公団で目下建設中のダムが、矢木沢、下久保の二カ所ございます。またすでに建設省で建設いたしまして、目下建設省の直轄管理になっておりますものが藤原、相俣、それから最近竣工いたしました薗原とございます。それ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1965/12/27、30期)

大臣はまだちょっと来られませんか。その後の事務的な折衝の経過の概要を、ここに御要求がございますので申し上げますと、十一月の三日に至りまして、運輸省事務次官が千葉県知事を訪問いたしまして、今後の新空港…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1966/04/06、30期)

運輸大臣に伺いますが、いま運輸省設置法の審議の中で、空港公団の発足を予定して人員の確保についての論議があった。この空港公団はいつごろ発足させる目算を持っているのか。それから代替地につきましては、これ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 農林水産委員会 第46号(1966/06/09、30期)

野菜生産出荷安定法案に関連しまして、野菜の生産と出荷の安定を確保するためには、まずその基礎である農地を確保しなければなりません。ところが、東京都を中心に南関東ではほとんど農地の非常な壊廃が行なわれてい…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1966/07/11、30期)

運輸大臣にお尋ねしますが、運輸省関係で幾つかの審議会がありますが、審議会の答申についてはあなたは尊重される意思がおありですか。まずそれを伺いたい。それから次に伺うのは、国会では、航空審議会の答申に基…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1966/07/29、30期)

ここに運輸省の「新東京国際空港補償について」という資料がある。これと一緒に入っているこの新空港予定地の地図、これは運輸省で作成したものですか。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(30期)

30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
30期在籍の他の議員はこちら→30期衆議院統計 30期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22