野田武夫衆議院議員 31期国会活動まとめ



在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


衆議院本会議(31期)

27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)  0回発言      0文字発言
  第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)  0回発言      0文字発言
  第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)  0回発言      0文字発言
  第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)  0回発言      0文字発言
  第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)  0回発言      0文字発言
  第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)  0回発言      0文字発言
  第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05) 13回発言  16315文字発言
  第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)  0回発言      0文字発言

       31期通算   (1967/01/29-1969/12/26) 13回発言  16315文字発言

本会議発言一覧

第61回国会 衆議院 本会議 第5号(1969/02/12、31期)

お答えいたします。いまお述べになりましたように、自治省は、地方行政の改革を推進するために、昨年全国の都道府県及び市町村に対しましてアンケート調査を実施いたしました。その結果に基づきまして、地方公共団体の立場から見て国の行政について改革を必要とする項目を取りまとめまして、地方行政の合理化に関する行政改………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第6号(1969/02/18、31期)

公営交通事業においては、できるだけその企業自身の努力によって経費の高騰を押え、料金値上げを抑制するよう努力はいたしておりますが、御指摘のとおり、なかなか地方公営企業におきましてもその経営は困難でございます。いまお話がありました、元利負担によって経営を圧迫されているというのは特に地下鉄道でございまして………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第9号(1969/02/27、31期)

今回の農地法の改正によって、農地の固定資産評価についてどうかというお尋ねでございましたが、固定資産税における土地の評価は、自作地、小作地の区分とは関係ございませんで、売買実例価格を基礎として適正な時価を評定するとされておりますので、小作料の統制が廃止されましたからといって、農地の評価につきましては、………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第10号(1969/02/28、31期)

地方税法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨と内容の概略を御説明いたします。明年度の地方税制の改正にあたりましては、住民負担の現状にかんがみ、個人の住民税、個人の事業税等について負担の軽減、合理化をはかるとともに、市町村が宅地開発に伴い必要となる公共施設の整備に要する費用に充てるため、目的………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第15号(1969/03/18、31期)

産炭地域の地方団体に対しましては、石炭鉱業の合理化に伴いまして特別の財政需要が増加しておることは、いまお話しのとおりでございます。これらに対しましては、いわゆる地方交付税及び地方債の重点的な配分を通じて所要の財政措置を講じてきております。昭和四十三年度におきましても、事業費につきましては地方債をもっ………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第16号(1969/03/20、31期)

事業主の勤労部分に対する所得控除はどうかというお尋ねでございますが、先ほど大蔵大臣からお答えいたしましたとおり、地方も国と同じような考えでございまして、事業の経営による所得は事業そのものでありまして、給与所得者に対してとられておりますような給与所得控除のようなものは、これを認めることは適当ではない、………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第23号(1969/04/08、31期)

最近相次いで起こっております温泉、観光地の旅館、ホテルその他の災害は、まことに遺憾に存ずる次第でございます。その対策といたしましては、関係省庁の連絡協議会を設けまして、人命の安全確保をもちろん第一義として検討してまいりましたが、その結果、当省といたしましては、早期発見、早期通報、早期避難に関する設備………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第26号(1969/04/15、31期)

今回の改正案では、簡易ガス事業の許可は通産局長が行なうこととなっておりますが、これは、通産局長が所管しております一般ガス事業と簡易ガス事業との調整をはかるためにとられた措置でありまして、今後の運用にあたりましては、通産大臣と協議の上で地元市町村の意向を十分尊重するとともに、地方ガス事業調整協議会に必………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第27号(1969/04/17、31期)

地方財政法第三十条の二の規定に基づき、地方財政の状況を御報告申し上げます。まず、昭和四十二年度の地方財政のうち、普通会計の決算について申し上げますと、決算規模は、歳入五兆九千二百六十三億円、歳出五兆七千二百五十五億円でありまして、前年度に比べますと、歳入において七千四百八十六億円、一四・五%、歳出に………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第41号(1969/05/30、31期)

特に過疎対策を御心配になっておるようでございますが、ただいま総理、大蔵大臣からお答えいたしたとおり、政府といたしましては、真剣にその対策に取り組んでおります。自治省といたしましては、まず過疎地域と中核都市を一体として考えて、当該地域の振興をはかるために、広域市町村圏構想を活用して、道路網の整備や交通………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第46号(1969/06/12、31期)

お答えいたします。憲法第二十七条の規定に反するというお尋ねがございましたが、勤労の権利は、具体的に各種の勤労獲得の機会をすべての国民に保障するという意味ではなく、国はそのように努力すべきものであり、それができないときは失業保険その他適当な失業対策を講ずる義務があるとするものでありまして、国の政治的な………会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第47号(1969/06/13、31期)

稲作対策事業の補助金は、直接地方財政に関係はございませんのと、この取り扱いは、従来の補助金を取り扱っておりました手続に準じて行ないますので、この際特別の立法の必要はないと存じております。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第61回国会 衆議院 本会議 第48号(1969/06/17、31期)

公害行政の地方公共団体の果たすべき役割りは非常に大きなものがあることは御意見のとおりであります。したがって、その重要性にかんがみまして、御指摘のような地方自治法の改正につきましても十分検討してまいりたいと存じております。財政措置の問題の御質問がございましたが、公害対策に対する地方財政の処理には十分留………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(31期)

27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第55回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員 25)  1回発言    146文字発言
 第56回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  1回発言    144文字発言
 第57回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  1回発言    146文字発言
 第58回国会 36回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 35 委員  0)  1回発言    146文字発言
 第59回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  1回発言    153文字発言

  31期通算 101回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 70 委員 30)  5回発言    735文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 石炭対策特別委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員 29)  5回発言    735文字発言

 外務委員会
            47回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 46 委員  0)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第55回国会)
 外務委員会理事(第56回国会)
 外務委員会理事(第57回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第57回国会)
 外務委員会理事(第58回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第58回国会)
 外務委員会理事(第59回国会)
 石炭対策特別委員会理事(第59回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第55回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1967/02/21、31期)

これより会議を開きます。衆議院規則により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第56回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1967/07/28、31期)

これより会議を開きます。衆議院規則により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第57回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1967/12/04、31期)

これより会議を開きます。衆議院規則により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第58回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1968/01/30、31期)

これより会議を開きます。衆議院規則により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第59回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1968/08/01、31期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(31期)

27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院統計 31期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22