始関伊平衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  1回発言   2138文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  1回発言   2138文字発言

本会議発言一覧

第68回国会 衆議院 本会議 第40号(1972/06/16、32期)

私は、自由民主党、日本社会党、公明党及び民社党を代表しまして、ただいま議題となりましたポリ塩化ビフェニール汚染対策に関する決議案につき、趣旨弁明を行なわんとするものであります。まず最初に、決議案の案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 24)  4回発言  21776文字発言
 第64回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第65回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 12)  0回発言      0文字発言
 第66回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  2)  1回発言    206文字発言
 第67回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 10)  1回発言   4862文字発言
 第68回国会 46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員 20)  3回発言  12029文字発言
 第69回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  1)  1回発言   3359文字発言

  32期通算 157回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 85 委員 72) 10回発言  42232文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 72)  0回発言      0文字発言

 産業公害対策特別委員会
            43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員  0)  4回発言  21776文字発言

 公害対策並びに環境保全特別委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  0)  4回発言  15388文字発言

 公害対策特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  0)  2回発言   5068文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 産業公害対策特別委員会理事(第63回国会)
 産業公害対策特別委員会理事(第64回国会)
 産業公害対策特別委員会理事(第65回国会)
 公害対策特別委員会理事(第66回国会)
 公害対策特別委員会理事(第67回国会)
 公害対策特別委員会理事(第68回国会)
 公害対策並びに環境保全特別委員会理事(第68回国会)
 公害対策並びに環境保全特別委員会理事(第69回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第19号(1970/09/08、32期)

主として山中長官にお尋ねをいたします。去る八月一日に公害対策本部というものが発足いたしまして、佐藤総理がみずから本部長になられ、山中長官が副木部長になられて、各省から比較的経験のある有能な人材を集め…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第20号(1970/09/09、32期)

いま日本じゅうの注目を引いております田子の浦のヘドロ公害問題につきまして、きょうは竹山知事はじめ参考人の方々、われわれの委員会においでをいただきまして、ただいまそれぞれのお立場から御所見を聞かしていた…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第21号(1970/10/06、32期)

先ほど来参考人の方々から、公害に取り組む真摯な姿勢、それから今日までの努力のあと、今後の展望、さらに公害防止取り組みに関連して国全体の進むべき方向というような点につきまして、さすがに含蓄の深い御所見を…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 産業公害対策特別委員会 第22号(1970/10/07、32期)

私は主として宮沢通産大臣にお尋ねいたします。公害と経済の関係でありますが、経済成長率を落としても公害対策を優先する、こういう考え方ないしは主張が最近では一般的になっていると思います。おそらく大臣も、…会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 公害対策特別委員会 第5号(1971/10/08、32期)

本委員会におきましては、去る九月十六日から、議長の承認を得て、長野県、富山県、岐阜県、愛知県及び静岡県下の公害対策状況等、特に大気汚染の問題、水質汚濁の問題及び自然保護の問題を中心として調査を行ないま…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 公害対策特別委員会 第2号(1971/11/11、32期)

去る十月十四日に小林委員長はじめ当公害対策委員会の一行六、七名が船橋市を中心とするいわゆる葛南地区の地盤沈下の状況を視察いたしました。これは船橋市の渡辺市長が地盤沈下非常事態宣言というものを発表いたし…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第11号(1972/04/18、32期)

私は自由民主党を代表いたしまして、ただいま議題となっております公害等調整委員会設置法案に対する修正案について、その趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第13号(1972/04/26、32期)

公害による被害者救済のためのいわゆる無過失賠償責任制度の法制化について本委員会に二つの案が提出されています。政府案とその対案たる性格を持つと思われる野党側案とでありますが、この両案を対比しながら審議を…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第17号(1972/05/17、32期)

時間が非常に少ないのでございますが、なるべく簡単にお尋ねをいたしますので、御答弁もひとつ簡明にお願いしたいと思います。最初に、因果関係の推定規定の問題があるわけでございますが、この法律案で私どもしろ…会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第6号(1972/10/11、32期)

ただいまは四人の参考人の方々から、それぞれたいへん貴重な御見解をお述べいただきましてありがとうございました。きょうは火力発電と環境保全という一般化されたあるいは抽象化されたテーマのもとに意見をお述べ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22