岡本富夫衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  1回発言   1676文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  1回発言   1133文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  0回発言      0文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  2回発言   2809文字発言

本会議発言一覧

第82回国会 衆議院 本会議 第8号(1977/10/28、34期)

ただいま議題となりました両法律案につきまして、科学技術振興対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、日本原子力船開発事業団法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 本会議 第24号(1978/04/20、34期)

ただいま議題となりました原子力基本法等の一部を改正する法律案につきまして、科学技術振興対策特別委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。わが国におけるエネルギーの長期安定的な確保を図るため、原子力発電を中心とする原子力の開発利用を推進するという政府の方針が明らかにされておりますが、現在………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 15) 11回発言  62250文字発言
 第81回国会  6回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第82回国会 14回出席(長  6 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   2700文字発言
 第83回国会  3回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第84回国会 41回出席(長 19 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  0回発言      0文字発言
 第85回国会  8回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第86回国会  5回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  0)  9回発言  48814文字発言

  34期通算 121回出席(長 32 代理理事 0 代理 0 理事 28 委員 61) 21回発言 113764文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
            44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44)  0回発言      0文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
            32回出席(長 32 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  1) 10回発言  51514文字発言

 公害対策並びに環境保全特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  7回発言  42457文字発言

 建設委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  3回発言  11700文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   8093文字発言


委員会委員長経験

 科学技術振興対策特別委員会委員長(第81回国会)
 科学技術振興対策特別委員会委員長(第82回国会)
 科学技術振興対策特別委員会委員長(第83回国会)
 科学技術振興対策特別委員会委員長(第84回国会)
 科学技術振興対策特別委員会委員長(第85回国会)
 科学技術振興対策特別委員会委員長(第86回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 建設委員会理事(第79回国会)
 建設委員会理事(第80回国会)
 商工委員会理事(第87回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1977/02/18、34期)

財源措置については、ただいまの委員の方からお話がありましたので重複を避けますけれども、ただ一言、大臣に申し上げておきたいことがあるのです。特定財源だからといって余りガソリン税を上げたり、あるいはLPガ…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1977/03/16、34期)

古川委員の質問に、ちょっと関連をして、わずかな時間ですから。まず、先ほどの答弁いろいろ聞いておりましたが、私まず治水、利水、排水、この行政の一元化というものが大事だと思うのです。あっちの省と、こっち…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1977/05/25、34期)

私は新産業都市及び工業整備特別地域、この問題について若干、質問をいたします。国土庁の方で、これを、ことしから五カ年延長するということでありますが、いままで、いろいろと、この地域におけるところの結果が…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第4号(1977/03/10、34期)

午前中に引き続きまして、大阪国際空港のエアバス導入問題について質問をいたします。最初に、運輸省の航空局長に、エアバスのテストフライト、これは大体いつごろおやりになるつもりですか、一遍お聞きしておきた…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第5号(1977/03/15、34期)

最初に環境庁長官にちょっとお聞きしておきたいことがあるのですが、「文藝春秋」のあなたが野坂さんとの対談の中で、読んでおりますと「私、核保有論者じゃございませんから。書いたものをよく読んで御発言願います…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第10号(1977/04/21、34期)

本論に入る前に、私も環境アセスメントのことを一遍詰めておきたいと思ったのですが、いま、もしできない場合は「並み並みならぬ決意で」ということであるが、その「並み並みならぬ決意」とは何なのか、これをお聞か…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第11号(1977/04/26、34期)

私は、ちょっと具体的な問題をお聞きしたいのです。まず、環境庁大気保全局長、これは長官に聞こうと思ったのですが、今回のテストフライトの結果、自信を持ってエアバス導入を許可できるのかどうか。これをひとつ簡…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第12号(1977/05/13、34期)

最初に、山陽新幹線公害についてお聞きいたします。きょうは国鉄の吉村環境保全部長が来ているのですね。あなたは昭和四十三年ごろ大阪の鉄道工事局の部長をやっておりましたね。いかがですか。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第13号(1977/05/17、34期)

先日の委員会に引き続きまして、環境アセスメント問題をもう少し詰めておきたいと思います。そこで、このアセスメント問題については、たしか一九七二年六月にストックホルムで開かれた国連人間環境会議で、前の大…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 公害対策並びに環境保全特別委員会 第14号(1977/05/19、34期)

新産業都市並びに工業整備特別地域整備促進法によるところの新産都市並びに工業整備地域に対する質問をいたします。五十二年から五カ年これが延長されたようでありますけれども、その理由をまずお聞きしたいと思う…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1977/03/03、34期)

私は最初に二問ばかり緊急の問題を先に質問いたしたいと思います。その一つは、本日の十二時のNHKのニュースを見ておりますと、大阪国際空港にエアバスの導入ということで運輸省から発表いたしておりますが、こ…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1977/11/25、34期)

久しぶりに商工委員会へ参りまして質問をいたしますが、田中通産大臣とは昨年の予算委員会以来でございますけれども、御承知のように、エネルギー問題、特に石油がこれから三十年ぐらいたてばなくなるのではないかと…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1978/12/23、34期)

私は、きょうは電気自動車の普及について、意見を交えながらひとつ締めくくりをしておきたいと思うのです。と申しますのは、昨年の十一月二十五日、当委員会におきまして電気自動車の大切なことを申し上げ、そして若…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1979/02/13、34期)

最初に私が経済企画庁長官、それから通産大臣にお聞きしたいのは、この六月に予定されておるところの東京サミットへの腹構えについて、お聞きをいたしたいと思うのです。そこで、昨年ボンにおけるところの先進国会…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1979/03/20、34期)

いま議題となっております法案は、私も五年前に当委員会で審議をしたことがありますが、そのときには、五年延長するとまことにすばらしくなるのだというような、ビジョンのような話を聞いて安心したのですけれども、…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1979/03/23、34期)

非常に委員会がおくれましたが、まことに遺憾だと思います。そこで、鉱業等に係る土地利用の調整に関する事務の処理の概要について、公害等調整委員会から報告を受けておるわけでありますが、この中で、鉱区禁止地…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1979/04/11、34期)

ただいま議題となっております海外経済協力基金法の一部の改正、これはなぜ必要なのか、またいつごろから必要性が起きて、経済企画庁で検討なさって提出しようとしたのか、まず経済企画庁からお聞きしたい。やはり…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1979/04/24、34期)

最初にお聞きいたしたいことは、五十一年の十一月に、行管から都市ガスあるいはまた液化石油ガスの安全確保に関するところの勧告が出ておりますが、これに対してその後どういう措置をとったか、あるいはこの事故をど…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1979/05/09、34期)

参考人の皆さんには大変御苦労さまです。最初に進藤参考人にお聞きいたします。先ほどもお話がありましたが、家電商品の省エネルギーを相当やってこられたということでありますが、ほかに具体例がありましたら、ひ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1979/05/25、34期)

今度の事故でお亡くなりになった方には大変お気の毒でございます。御冥福をお祈りいたします。実は私現地におととい参りまして、皆さん方にもお会いいたしましたのですが、時間がなかったから簡単に質問をして帰っ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1979/05/30、34期)

最初に大臣に、わが国の中小企業対策について何かサッチャーさんから企業に余り力を入れるなというような話があったということですが、わが国の中小企業は、経済構造が二重構造になっておるということをやはり頭に置…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22