渡部行雄衆議院議員 34期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


衆議院本会議(34期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

  第79回国会(臨時:1976/12/24-1976/12/28)  0回発言      0文字発言
  第80回国会(通常:1976/12/30-1977/06/09)  0回発言      0文字発言
  第81回国会(臨時:1977/07/27-1977/08/03)  0回発言      0文字発言
  第82回国会(臨時:1977/09/29-1977/11/25)  0回発言      0文字発言
  第83回国会(臨時:1977/12/07-1977/12/10)  0回発言      0文字発言
  第84回国会(通常:1977/12/19-1978/06/16)  0回発言      0文字発言
  第85回国会(臨時:1978/09/18-1978/10/21)  0回発言      0文字発言
  第86回国会(臨時:1978/12/06-1978/12/12)  0回発言      0文字発言
  第87回国会(通常:1978/12/22-1979/06/14)  1回発言   2893文字発言
  第88回国会(臨時:1979/08/30-1979/09/07)  0回発言      0文字発言

       34期通算   (1976/12/05-1979/10/06)  1回発言   2893文字発言

本会議発言一覧

第87回国会 衆議院 本会議 第10号(1979/02/27、34期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となっております核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の一部を改正する法律案に対し、反対の立場から討論を展開せんとするものであります。(拍手)すなわち、本法案の主たる内容は、使用済み核燃料の再処理を行って核燃料サイクルの確立を図ろうとするも………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(34期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第79回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第80回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言  14072文字発言
 第81回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第82回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   8862文字発言
 第84回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  4回発言  20822文字発言
 第85回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   4886文字発言
 第86回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第87回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  3回発言  17303文字発言
 第88回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  34期通算  51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51) 13回発言  65945文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 建設委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42) 12回発言  56272文字発言

 科学技術振興対策特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言   9673文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第80回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1977/03/04、34期)

建設大臣がまだ来てませんから、国土庁長官の方から先にやります。それでは、最初に国土庁長官にお尋ねいたしますが、まず豪雪対策の問題についてであります。会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1977/04/08、34期)

最初に、公共事業の日本経済に果たす役割りと今後のあり方について、お尋ねいたします。政府は、昭和五十二年度の予算の中で特に公共事業費の伸びを、景気浮揚の表看板として高く評価し、自画自賛しておられるよう…会議録へ(外部リンク)

第80回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1977/05/25、34期)

最初に、国土庁長官にお伺いいたしますが、むつ小川原開発についてでございますけれども、これは、いま大変、住民の反対等もありまして、非常に重大な段階に来ておると思うのです。そこで、このむつ小川原開発の今後…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1977/10/26、34期)

私は質問に先立って、一言お願い申し上げておきますが、質問時間が非常に制約されております関係上討論式に問題ごとの堀り下げはとうてい不可能でございますので、最初に全体的に御質問申し上げますから、それぞれの…会議録へ(外部リンク)

第82回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1977/11/02、34期)

最初に大蔵省に御質問申し上げますが、前回の委員会で私が省エネルギー問題に対する減税のことで質問申し上げましたところが、住宅を新築した場合あるいは既存の住宅を断熱化された住宅に改造した場合、五十三年度税…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1978/02/10、34期)

建設大臣にお伺いいたしますが、今度の予算は、何といっても景気浮揚の大きな役割りを担っていると言われておるわけです。実は昨年もそういう看板であれだけの大型予算を組んでやったわけでございますが、実際にはそ…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1978/03/03、34期)

まず最初に大臣に、この間の去る二月十日の私の質問に対する答弁について、非常にそのまま承服しかねるような発言がありましたので、それを冒頭ただしておいてから道路関係法案についての御質問をしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 建設委員会 第8号(1978/03/29、34期)

私は住宅金融公庫法の一部を改正する法律案について質問をするものでございますが、まず最初に、本改正案で個人住宅にかかる貸付金の問題についてお伺いいたします。その第一点は、本改正案が「住宅の建設の促進に…会議録へ(外部リンク)

第84回国会 衆議院 建設委員会 第15号(1978/06/14、34期)

最初に国土庁にお伺いいたしますが、まず私は二線引き畦畔の問題について質問を展開するものでありますが、時間が非常に少ないために、二線引き畦畔についての歴史的な沿革や言葉の持つ意味等の説明についてはこれを…会議録へ(外部リンク)

第85回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1978/10/20、34期)

私は、去る六月十四日の本委員会において、いわゆる二線引き畦畔に関する問題について質問をいたしましたが、その意を十分尽くすことができませんでしたので、引き続き質問をしたいと思います。そこで、実態をよく…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 科学技術振興対策特別委員会 第5号(1979/03/22、34期)

まず、長官にお伺いいたしますが、長官は、原子力損害の賠償に関する法律の一部を改正する法律案の提案理由説明の中で、原子力の開発利用を進める上で安全の確保を図ることか大前提であると申されましたが、具体的に…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1979/02/21、34期)

まず建設省からお伺いいたしますが、その第一点は、今日、日本における海外建設工事の実態についてでございますが、たとえば全体の受注状況、その推移あるいは受注した国数、労働者数、その主な仕事の内容などについ…会議録へ(外部リンク)

第87回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1979/03/08、34期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま議題となりました特定市街化区域農地の固定資産税の課税の適正化に伴う宅地化促進臨時措置法の一部を改正する法律案について、反対の立場から討論いたします。すなわち、本法…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(34期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
34期在籍の他の議員はこちら→34期衆議院統計 34期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22