渡部行雄衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   3246文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3246文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第6号(1986/02/13、37期)

ただいま議長から御報告のとおり、本院議員渋谷直蔵先生は、昨年十二月十六日逝去されました。私は、議員各位の御同意を得て、議員一同を代表し、謹んで哀悼の誠をささげたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 22) 13回発言  81428文字発言
第102回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  5)  8回発言  22715文字発言
第103回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
第104回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  1)  6回発言  33261文字発言

  37期通算  72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 44 委員 28) 27回発言 137404文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 科学技術委員会
            35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員  0) 14回発言  28692文字発言

 内閣委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  6回発言  70608文字発言

 決算委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  5回発言  26683文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 安全保障特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6578文字発言

 農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   4843文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 科学技術委員会理事(第101回国会)
 科学技術委員会理事(第102回国会)
 科学技術委員会理事(第103回国会)
 決算委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第13号(1984/05/08、37期)

ただいま提案いたしました附帯決議案につきまして、提案者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第14号(1984/05/10、37期)

一つは、このレーザー光線というのは一般の光と同じ速度であるのかどうか。そしてそれはエネルギーそのものなのかまた物質なのか、その辺が一つ。それからあとは、日本の研究層の厚さはどのくらいになっているのか…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第15号(1984/06/26、37期)

まず私は、科学技術というものを人類全体の立場に立ってとらえた場合、一体我々はここから何を見出すべきであろうか、またどのような共通性と普遍性を見出したらよいだろうかと思うのであります。本来、科学は、世…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第16号(1984/06/28、37期)

ちょっとお伺いしますが、日本は海洋開発についてはフランス、アメリカ、イギリスあたりに比べておくれていると言われておりますが、このおくれを取り戻すためにそのポイントとなるものは何だろうか、これが第一点。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第19号(1984/07/12、37期)

まず私は、参考人の皆様に対しまして、御多用のところをせっかくおいでいただきましたことに心から感謝申し上げる次第であります。さて、最初に熊谷参考人にお伺いいたします。先ほどお話を聞いておりますと、二十…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第20号(1984/07/17、37期)

私は、今までに原子力船「むつ」の問題については、参考人からの事情聴取やあるいは実際に原子力船「むつ」を視察、調査をしたり、また当委員会で何回か議論をされてきたわけでございます。そういう意味で、もうこの…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第21号(1984/07/26、37期)

一つは、日本は今ロボットの技術水準はトップランナーにあるということを言われましたが、このトップランナーをずっと将来維持していくには今後どういうふうにすればいいのかという点が第一点でございます。それか…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第23号(1984/08/07、37期)

ただいまの動議につきまして、提案者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1984/03/01、37期)

防衛庁長官の関係で殻初にお伺いいたしますが、ただいま御説明のありました、去る二十七日正午前に発生した陸上自衛官による自動小銃乱射事件についてでございます。この事件の中で、長官はどのような教訓を酌み取…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1984/04/17、37期)

最初に委員長にお断りしておきますが、十二時十分から科学技術委員会の理事会がありますので、それまで質問を続けさせていただいて、そこで中断させていただきたいと思います。あとは本会議終了後引き続きやりたいと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1984/04/24、37期)

きょうは実は三時間くらいみっちりやろうと思ったのですが、二時間半になりました。それで自分の思ったような順序でやれなくなりましたし、また参考人の水上さんも大変お忙しいお体なようで、三十分しか時間はとれな…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1984/05/15、37期)

まず郵政大臣にお伺いいたしますが、今度提案されました郵政省設置法の一部を改正する法律案について、そのメリットをどこに求めておられるのか、御説明願いたいと思います。具体的に申し上げますと、今回の統合に…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1984/07/03、37期)

まず、臨時教育審議会設置法案の提案理由の中身について大臣にお伺いいたします。その一つは、「我が国の教育は、国民のたゆみない努力により著しく普及し、その水準は国際的にも高く評価されこういうふうにありま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第3号(1985/03/19、37期)

光というのは我々は目でとらえて感じているわけですが、ルビーとかあるいはその他のレーザー光線をつくる材料を通せば、レーザーとして全く変わった性質のものになっていくというのは、原理的にはどういうことなんで…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第5号(1985/04/04、37期)

一つは、最近情報の自由化ということが言われておりますが、そうした際に情報産業の競争の中で勝っていくポイントとなるものは一体何なのか。つまりハードウエアの性能、速度あるいはその量的なものとか質的なものと…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第8号(1985/04/23、37期)

先生にお伺いいたします。まず第一に、工業に目を向けて科学技術を工業化するための組織づくりが大事である、こういう趣旨のことを言われましたが、それはどういう組織を想定しておられるのか、その点が一つ。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第9号(1985/06/11、37期)

私は社会党の渡部と申しますが、三つばかりお伺いいたします。今お話を聞いても一番困ったなと思うのは、世界各国から日本は不公正な国である、日本人は小さな黄色い猿だ、こういう目で見られていることだと思いま…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第10号(1985/06/20、37期)

まず第一に、日本の科学技術政策が今日のようなあり方でいいのだろうか、こういう点について大臣にお伺いいたします。今までとかく問題になっていたのは、科学技術面での組織が非常にばらばらで、有機的な連携もな…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第11号(1985/06/25、37期)

ただいまの動議につきまして、提出者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。案文を朗読して、趣旨の説明にかえさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1985/04/18、37期)

まず、時間の関係で内閣官房長官からお伺いいたします。今度、昭和五十九年十二月二十一日付で戦後処理問題懇談会報告というものが出されたわけでございますが、この報告を見れば、まず恩給欠格者問題、それから戦…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号(1985/04/18、37期)

最初に、林野庁長官にお伺いいたします。ことしは国際森林年に当たる最も記念すべき年であるわけですが、それにもってきて内閣総理大臣は、花と緑の一大キャンペーンを張って国民にその重要性を説いておられるわけ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 安全保障特別委員会 第5号(1986/05/19、37期)

最初に、海外援助のあり方についてお伺いいたします。まず、この海外援助というものは今度のマルコス疑惑で国民の注目を浴びているわけですが、この目的をはっきりさせていただいて、そしてそのあり方全体について…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1986/02/24、37期)

まず、総理にお伺いいたしますが、今の流れからいって、解散権の問題についてまず最初にやっておきたいと思います。というのは、解散権というのはよく伝家の宝刀だとかいろいう言われておりますが、そういう権能が総…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1986/03/20、37期)

まず、院長にお伺いいたします。第一に、今の憲法第九十条は、会計検査院と内閣、そして国会に対して何を求め、どういうことを期待しておるのか、その点についての御見解をお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1986/04/07、37期)

最初に、内閣官房長官にお伺いいたしますが、予算というのは、すべて決算の総括の上に編成されるべきであるというのは申すまでもないと思います。したがって、常に表裏一体をなすものでなければならないわけで、もち…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1986/04/15、37期)

長官にお伺いいたしますが、今度の会計検査院の報告を見ますと、五十八年度環境庁決算は違法あるいは不当と指摘されることが全然なかったことは本当に立派なことだと思います。しかし、環境庁も相当の予算を使って環…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1986/04/21、37期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました昭和五十八年度一般会計予備費使用総調書及び各省庁所管使用調書(その1)、(その2)の各件について、不承諾の意思を表明いたします。予備費の大…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  2本提出

質問主意書一覧

ソ連抑留捕虜の労働賃金補償に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1984/12/04提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約第六十七条の誤訳に関する質問主意書
第103回国会 衆議院 質問主意書 第17号(1985/12/09提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22