福永健司衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08) 41回発言  57651文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  3回発言   4563文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05) 44回発言  62214文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第3号(1984/02/06、37期)

これより会議を開きます。議院運営委員長の政治倫理に関する協議会設会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第4号(1984/02/08、37期)

これより会議を開きます。永年在職議員の表彰の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第5号(1984/02/09、37期)

これより会議を開きます。国務大臣の演説に対する質疑  (前会の続)会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第6号(1984/02/22、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第7号(1984/02/24、37期)

これより会議を開きます。人事官任命につき同意を求めるの件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第8号(1984/02/28、37期)

これより会議を開きます。国務大臣の発言(昭和五十九年度地方財政計会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第9号(1984/03/09、37期)

これより会議を開きます。昭和五十五年度一般会計歳入歳出会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第10号(1984/03/13、37期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第11号(1984/03/27、37期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第12号(1984/03/29、37期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第13号(1984/03/30、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第14号(1984/04/03、37期)

これより会議を開きます。健康保険法等の一部を改正する法律案(内閣会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第15号(1984/04/05、37期)

これより会議を開きます。永年在職議員の表彰の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第16号(1984/04/12、37期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第17号(1984/04/13、37期)

これより会議を開きます。日本育英会法案(内閣提出)及び日本体育・学会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第18号(1984/04/17、37期)

これより会議を開きます。日程第一 水俣病の認定業務の促進に関する会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第19号(1984/04/19、37期)

これより会議を開きます。日程第一 千九百八十三年の国際熱帯木材協会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第20号(1984/04/20、37期)

これより会議を開きます。厚生年金保険法等の一部を改正する法律案会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第21号(1984/04/25、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第22号(1984/04/27、37期)

これより会議を開きます。内閣総理大臣の発言会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第23号(1984/05/08、37期)

これより会議を開きます。日程第一 昭和五十九年度の財政運営に必要会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第24号(1984/05/10、37期)

これより会議を開きます。日程第一 日本原子力研究所法の一部を改正会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第25号(1984/05/15、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第26号(1984/05/17、37期)

これより会議を開きます。日程第一 雇用保険法等の一部を改正する法会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第27号(1984/05/18、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第28号(1984/05/23、37期)

これより会議を開きます。会期延長の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第29号(1984/06/15、37期)

これより会議を開きます。内閣総理大臣の発言(帰国報告について)会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第30号(1984/06/19、37期)

これより会議を開きます。内閣総理大臣の演説(帰国報告について)に対会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第31号(1984/06/21、37期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第32号(1984/06/26、37期)

これより会議を開きます。日本ユネスコ国内委員会委員の選挙会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第33号(1984/07/06、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第34号(1984/07/12、37期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第35号(1984/07/13、37期)

これより会議を開きます。議員請暇の件会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第36号(1984/07/17、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第37号(1984/07/20、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第38号(1984/07/27、37期)

これより会議を開きます。日程第一 道路運送法等の一部を改正する法会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第39号(1984/08/02、37期)

これより会議を開きます。日程第一 船員法の一部を改正する法律案会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第40号(1984/08/07、37期)

これより会議を開きます。日程第一 健康保険法等の一部を改正する法会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第41号(1984/08/08、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第1号(1983/12/26、37期)

ただいま諸君の御推挙により、衆議院議長の重職につくことになりました。まことに光栄に存じますとともに、その職責の重大さを痛感いたしております。現下、わが国を取り巻く諸情勢はきわめて厳しいものがあり、国会に課せられました責務もますます大きなものになっております。私は、議会制民主政治の本旨にのっとり、議院………会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 本会議 第2号(1983/12/28、37期)

これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第1号(1984/12/01、37期)

諸君、第百二回国会は本日をもって召集せられました。これより会議を開きます。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第2号(1984/12/13、37期)

これより会議を開きます。永年在職議員の表彰の件会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第3号(1984/12/19、37期)

これより会議を開きます。日程第一 裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22