井上普方衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   7941文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   7941文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第4号(1984/02/08、37期)

日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、質問いたします。今国会は、総選挙後の特別国会であります。それだけに、国民は選挙時におけるところの各政党の公約を鮮烈に脳裏に刻んでおるのであります。総理の施政方針演説は、本来選挙時の公約が盛り込まれると国民は期待いたしておるはずであります。その期待、公約を見事な………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   6691文字発言
第102回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 14)  6回発言  42294文字発言
第103回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  3)  1回発言   4012文字発言
第104回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  1回発言  12801文字発言

  37期通算  61回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 39)  9回発言  65798文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  2回発言  18891文字発言

 外務委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  6)  7回発言  46907文字発言

 逓信委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第102回国会)
 外務委員会理事(第103回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1984/05/09、37期)

あるいは次元が低い問題かもしれませんけれども、ひとつお伺いいたしておきたい。今世の中を非常に騒がしておる問題で「疑惑の銃弾」なるものがある。ところがこれは、五十六年に三浦さんなる人の奥さんがロサンゼ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1985/04/03、37期)

私は、日米経済摩擦の問題につきましてまず伺いたいと存じます。先般も同僚の浜田君から、一見識としては立派な御意見をここで述べられたと思うのであります。しかしながら、私は観点を変えまして、この問題につい…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1985/05/10、37期)

ボン・サミットに出発せられるに当たりまして、この委員会におきまして、SDIの取り扱いについていろいろと質問がございました。その際に安倍外務大臣は、SDIの研究参加は慎重に考えて自主的に判断しなければな…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1985/05/15、37期)

このたびの米州投資公社を設立する協定を読ましていただきますと、疑問が非常にたくさん出てまいるのであります。そこで、日本の対外援助というものは、今まで人道主義にのっとってやられるということが中心であり…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1985/05/17、37期)

ただいまも小林大先輩が、日本の中南米経済援助の危険性につき質問されましたが、私もアメリカの戦略援助の一環ではないかという気がいたしますので、ひとつお伺いいたしたいのであります。この協定の第三条第八項…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1985/06/07、37期)

郵政省にお伺いします。通信主権と世の中で言われておる言葉がありますが、通信主権ということについて郵政省の考え方をお示し願いたいのです。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1985/02/25、37期)

国鉄問題につきまして質問をいたしたいと存じます。土曜日に亀井再建監理委員長のお話を承りまして、あの人なりの筋の通ったお話をして、私も、なるほどこういう考え方で行くんだなということが了解ができたのであ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1985/12/06、37期)

私は問題を一点に絞りまして、きょうはお伺いいたしたいと思います。南アフリカ共和国のアパルトヘイトの問題についてでありますが、この問題につきましては国際世論の非常な非難があり、本年の十月の九日に安倍外…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1986/02/12、37期)

国鉄問題につきまして質問いたしたいと思います。国鉄問題につきまして再建監理委員会の案が出まして、政府も準備をなさっておるようでございますが、しかし、もう既にこの国鉄問題につきましては、あたかも国鉄は…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22