二見伸明衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

32期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

32期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  0)  4回発言  51225文字発言
第102回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  0)  3回発言  32600文字発言
第103回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  1)  2回発言  27626文字発言
第104回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  2)  5回発言  53803文字発言

  37期通算  70回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員  3) 14回発言 165254文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員  0) 13回発言 156236文字発言

 対フィリピン経済援助に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   9018文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 予算委員会理事(第101回国会)
 予算委員会理事(第102回国会)
 予算委員会理事(第103回国会)
 予算委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1984/02/18、37期)

最初に政党法についてお伺いをし、それから、質問要旨には載せておりませんでしたけれども、共通一次についてその次に若干お尋ねをしたいと思います。最初に、政党法でございますが、政党法の法制化ということにつ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1984/02/21、37期)

殻初に、環境アセスメントについてお尋ねをしたいと思います。環境庁長官にお尋ねいたしますけれども、環境影響評価法案は、昭和五十六年の第九十四国会に提出されてから五十八年の第百国会まで約三年間を費やしな…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

真藤総裁はお見えになられてますか。最初に、総理にお尋ねしたいと思いますが、現在電気通信事業法の法制化が進められておりますし、電電公社も今度は電電株式会社へと衣がえをされるわけであります。ことしはIN…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1984/03/29、37期)

最初に、暫定予算ということについてお尋ねしたいと思うのですけれども、会計年度は、四月一日から翌年の三月三十一日までが会計年度であります。大変不思議なことに、政府の予算については四月五日に成立をすれば暫…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1985/02/14、37期)

私は、最初に老人問題について総理並びに厚生大臣の御見解を承りたいと思います。御存じのように、我が国の人口の高齢化は平均寿命の伸長と出生率の低下が相まちまして世界に例を見ない速度で進行いたしております…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1985/02/15、37期)

GNP比一%問題は今国会の最大の焦点でございまして、したがいまして、一月三十一日の田辺書記長も、そして矢野書記長もこの問題を最重要課題として取り上げたわけであります。そして田辺書記長に対しても、守りた…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1985/03/09、37期)

長かった予算審議ももうまさに終わらんとしておりまして、順調に進めばきょう終わるわけであります。しかし、着地に失敗いたしますと、きょう採決できずに月曜日ということになりますので、着地に失敗しないようによ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1985/12/11、37期)

最初に、先ほど堀先生の方からも厳しい御指摘がございましたけれども、各党党首に出されましたいわゆる中曽根総理大臣、自民党総裁中曽根康弘君の書簡であります。確かに自民党総裁中曽根康弘という名前にはなってお…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1985/10/30、37期)

最初に靖国神社問題についてお尋ねしたいのですが、その前に、図らずも先ほど岡田委員と総理の間で国家論が出ましたので、実は私も総理にちょっとお尋ねをしたいと思います。別にここで総理と国家論について中曽根・…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1986/02/08、37期)

真藤社長がお見えになられておりますので、今では民間人でございますし、お仕事もおありと聞いておりますので、最初にNTTの問題について二、三お尋ねをしたいと思います。私は、電電公社が昨年四月一日に民営化…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1986/02/13、37期)

私は、公明党・国民会議を代表して、ただいま議題となりました昭和六十年度補正予算二案に対し、反対の討論を行うものであります。その第一は、積極的な内需拡大策の実施を怠り、税収の減額修正を余儀なくされたこ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1986/02/24、37期)

最初に、通告した質問に先立ちまして、フィリピンの問題について外務大臣に三点にまとめてお尋ねをしたいと思います。マルコス大統領はフィリピン全土に非常事態の宣言をしました。一方アメリカは、改革派に武力行…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1986/03/05、37期)

私は集団的自衛権に関して、いわゆる情報交換であるとか、それから米艦護衛であるとか、それから極東有事における便宜供与のあり方などについてお尋ねをしたいと思います。二月六日の衆議院予算委員会における我が…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1986/03/08、37期)

最初に、いわゆる与野党幹事長・書記長会談の合意についてお尋ねをしたいと思います。午前中の稲葉委員の質問に対して総理が基本的な立場をお答えになられました。例えば、今度所得税の減税についてが第一項目にあ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

32期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22